本日は2本目の記事を配信するつもりではなかったのですが、どうしても1つ、引用しておきたい話題を発見しました。そこで、非常に異例ではありますが、夕刊を配信しておきます(もっとも、「夕刊」と呼ぶには遅すぎるかもしれませんが…笑)

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さらば、放送法第4条

安倍政権、放送法第4条の撤廃の方向へ

今週の木曜日、共同通信がこんな記事を配信しています。

政治的公平の放送法条文撤廃/党派色強い局可能に(2018/3/15 09:40付 共同通信より)

すでに読んだという方もいらっしゃると思いますが、これは、共同通信が「安倍政権が検討している放送制度改革の方針案が明らかになった」と報じたものであり、共同通信自体がさまざまな新聞に記事を配信しているため、おもに地方紙で取り上げられたものです。

共同通信は「政府の内部文書」を入手したとしつつ、これによると、「規制の少ないインターネット通信と放送で異なる現行制度を一本化」するとともに、「放送局に政治的公平などを義務付けた放送法第4条を撤廃する」ことなどが織り込まれているとしています。

この報道が事実ならば、私は安倍政権の方針を、全面的に歓迎したいと思います。なぜなら、放送法第4条は、有効な罰則を伴っておらず、事実上、有名無実化してしまっているからです。

たとえば、昨年7月の「加計学園騒動」では、前川喜平・前文科省事務次官の国会答弁を、主要な放送局がこぞって取り上げたことが記憶に新しい点です(「放送法遵守を求める視聴者の会」による調査等については、当ウェブサイトでも『テレビの偏向報道はなくなるのか?』あたりで取り上げています)。

これについて私は、以前から、「どうせ実務的に罰則が適用できないような法律だったら、いっそのこと廃止して、もっと新規参入の自由を促す方向に持っていくべきだ」と考えて来たのですが、どうも安倍政権の方向性も、こちらを向いているようです。

ところで、リンク先の共同通信の記事では、

放送局が増えて、より多様な番組が流通することが期待される一方、党派色の強い局が登場する恐れもあり、論議を呼ぶのは必至だ。

と述べています。

この「議論を呼ぶ」という表現、日本のマス・メディアが好んで使う欺瞞です。要するに、自分たちマス・メディアそのものが歓迎していない方向性については、「議論を呼びそうだ」などと言いながら、実質的に自分たちマス・メディアそのものが反対の論陣を張る、という卑劣な方式です。

しかし、この「党派色の強い局が登場する恐れ」とある下りについて、共同通信さんにお伺いしたいのですが、はたして「党派色の弱い局」というものは存在するのでしょうか?私が知る限り、少なくとも在京の地上波放送局については、NHKを筆頭に、「党派色の強い局」しか見当たらないのですが…(笑)

マス「ゴミ」の皆さんは猛反発?

ただ、見方を変えると、マス・メディア(あるいは最近の流行語でいえばマス「ゴミ」)が強く反発するということは、それだけ、マス・メディアにとっては都合が悪い情報だ、ということかもしれません。

(※余談ですが、マス「ゴミ」という表現は、「ゴミのような情報ばかり垂れ流す新聞やテレビ」に対し、インターネット側から自然発生的に登場した、一種の「ネット・スラング」です。)

そう思って記事を検索していたところ、本日の夕方、読売新聞の電子版である『読売オンライン』に、こんな記事が掲載されました。

首相、批判的報道に不満か…民放解体を業界警戒(2018年03月17日 15時16分付 読売オンラインより)

タイトルに「首相が批判的報道に不満」「業界側は民放解体を警戒」などとありますが、なぜ放送法第4条を撤廃したら、「民放解体」となるのでしょうか?

読売新聞は、今回の規制緩和が「『放送法の規制がかからないネットテレビ』などの放送事業への参入を狙ったもの」だと指摘。そのうえで、「政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない」と強く批判しています。

え?「特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない」?あまりにもバカらしくて、思わず乾いた笑いが出てしまいます。すでに放送されてますやん!読売新聞さん、そうおっしゃるならば、テレビ放送が「特定の党派色をむき出しにしていないかどうか」を検討する方が先でしょ?

読売新聞は

ネット事業者などに放送事業の門戸を開放すれば、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる。首相の動きに、放送業界は「民放解体を狙うだけでなく、首相を応援してくれる番組を期待しているのでは。政権のおごりだ」と警戒を強めている。

と述べていますが、別にちゃんとした番組を作っているのならば、新規参入が生じたところで、何も困らないはず。「地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる」というのならば、それは既得権益にあぐらをかいて来た彼ら自身に問題があるということではないでしょうか?

放送法第4条はあってなきが如し

ところで、地上波のテレビは、すでに政治的中立性を無視しています。その証拠が、当ウェブサイトでもときどき引用する、「社団法人日本経済研究センター」が実施した有権者へのアンケート調査です。

経済政策と投票行動に関する調査 「子ども手当支持」は3割、政策には厳しい目(2009年9月10日付 社団法人日本経済研究センターウェブサイトより)

これは、民主党への政権交代が実現した2009年8月の衆院選直後に行われたもので、リンク先資料の7ページ目には、「投票に際して最も重視したことを判断するための情報源」と実際の投票行動の関係を調べた図表が掲載されています。

これをもとに、情報源の別に、比例区でどこの政党に投票したのかという答えを合わせたところ、次のような状況です(図表)。

図表 情報源と比例区投票先の関係
情報源 自民党 民主党
①テレビ(410人) 15.6% 55.6%
②新聞・雑誌(228人) 20.6% 48.2%
③インターネット(84人) 34.5% 28.6%
④候補者・政党(143人) 31.5% 33.6%
⑤選挙公報(98人) 22.4% 38.8%
⑥家族・友人(53人) 9.4% 41.5%

(【出所】(社)日本経済研究のレポートP7を参考に著者作成)

ここで注目すべきは、「投票行動を①テレビ(ニュース番組、ワイドショーなど)や②新聞・雑誌の情報で決めた」と答えた層の、民主党投票率の高さです。ほかの4つの層と比べて、この2つの層の民主党への投票率は、明らかに高いことがわかります。

このように考えていくと、当時のマス・メディアの報道は、明らかに常軌を逸していたと断言できます。いや、今でもマス・メディアの報道は「常軌を逸している」のかもしれません。むしろ、単純に、有権者が賢くなって、マス「ゴミ」の報道に騙されなくなっているという方が実情に近いと思います。

放送法第4条と独占はセット

私は、放送法第4条という、「意味のない条文」についてはさっさと廃止し、より自由競争を促す方向に持っていくべきだと考えています。

このように申し上げると、ときどき、当ウェブサイトにも、「どこの馬の骨ともわからない人間が記者会見場に紛れ込むのはまずいのではないか?」といったご意見を頂くことがあるのですが、民主主義社会においてはそのような心配は無用です。

いままでの日本では、マス・メディアに対しては「性善説」に立ってきました。つまり、「新聞・テレビはきちんとした情報を流してくれるから、一般国民は、新聞・テレビが流す情報を安心して受け取って良い」という暗黙の前提条件です。

ただ、NHKを除けば、新聞社もテレビ局も、基本的には民間企業です(共同通信は株式会社組織ではなく一般社団法人ですが、「公的機関」ではありません)。いや、NHKですら、国民の監視の目が行き届かない団体であり、これを「公的機関」と呼ぶのは問題でしょう。

そのように考えていけば、まずテレビ局やラジオ局に対しては、放送免許という形で「参入障壁」が存在しているものの、放送法第4条で「政治的公平」を義務付けることで、この「参入障壁」の存在を正当化して来たのです。

なお、新聞については、テレビ局の「放送法第4条」に相当する法的規制は存在しません。これは、形のうえでは、新聞業には誰でも新規参入できるからでしょう。しかし、当ウェブサイトでも何度も論じてきたとおり、現在の日本のテレビ局は、参入障壁に守られていながら、放送法第4条を守っていません。

そうであるならば、法規制としては次の2つしかあり得ません。

  • 放送法第4条に厳罰を設け、テレビ局に政治的公平を守らせる。
  • 放送法第4条などを廃止する代わり、テレビ局の新規参入を容易にする(例:電波オークションなど)。

当ウェブサイトでもときどき引用する、「放送法遵守を求める視聴者の会」という組織の主張は、前者でしょう。しかし、当ウェブサイトの主張は、後者です。有名無実化した条文ならばさっさと廃止すべきです。

いや、私自身、むしろテレビ局が放送法第4条を積極的に死文化していることが、業界の自殺行為だと見ています。すでにインターネットという、放送局の存立基盤を脅かす社会的な情報プラットフォームが出現し、インターネットにつながる人の数はますます増えています。

放送法第4条があろうがなかろうが、どのみち、地上波テレビが信頼を失い、見なくなる人が増えるのは時間の問題です。しかし、ここで放送法第4条を廃止し、テレビとネットの融合を図れば、多チャンネル時代が実現し、なかには生き残っていける地上波テレビ局もあるでしょう。

「もりかけ問題」の正体

私には昨年以来、首尾一貫した仮説があります。それは、「もりかけ問題」の正体とは、ずばり、既得権益を失いつつあるマス・メディアによる、最後の「報道テロ」だ、というものです。

昨年7月を思い出してください。加計学園「問題」により、既存メディアが実施する世論調査では、安倍政権の支持率が軒並み低下し、まさに「政権崩壊直前」の水準になった社もありました。しかし、10月に行われた衆議院議員総選挙では、自民党が事実上、圧勝を果たしました。

つまり、昨年7月の「加計学園騒動」は、テレビ、新聞などのマス・メディア(あるいはマス「ゴミ」)が国民世論を支配する力を失った、非常に象徴的な事件だったといえるのです。

マス「ゴミ」のみなさんは、性懲りもなく、今度は「森友学園事件」を蒸し返し、これにより政権妨害に出ていますが(実際、麻生副総理はG20への参加を見送りました)、これなど、マス「ゴミ」と野党と官僚が、共謀して、国民が選んだ政権を倒そうとしていると批判されても仕方がありません。

国民に選ばれていない、「野党、官僚、マス・メディア」の「既得権益の3点セット」が政府を妨害するという構造は、すでに国民から見抜かれてしまっているのです。その意味で、彼らには、あまり日本国民を舐めないでもらいたいものです。

いずれにせよ、この放送法第4条の問題については、当ウェブサイトでも、折に触れて取り上げていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/12/13 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連総会の開催日程にわざわざ竹島軍事演習仕掛けた韓国 (7コメント)
  • 2018/12/13 14:00 【時事|国内政治
    野党の皆さんへ、「確実に政権が取れる方法」をお教えします (12コメント)
  • 2018/12/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国要人のインタビュー記事から感じる日韓関係の破滅 (10コメント)
  • 2018/12/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本に「慎重な対応」を求めてきた、韓国外相のセンスのなさ (11コメント)
  • 2018/12/13 05:00 【経済全般
    ファーウェイ「初任給40万円」記事と不自然な中国大使館発表 (7コメント)
  • 2018/12/12 16:30 【マスメディア論|時事
    本日のウソニュース「韓国が事実上の日韓断交申し入れへ」 (4コメント)
  • 2018/12/12 12:12 【時事|外交
    カナダの元外交官を拘束した無法国家・中国と対峙する諸国 (16コメント)
  • 2018/12/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    安倍総理よ、韓国政府による明確な合意違反を見逃すのか? (9コメント)
  • 2018/12/12 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中国の存在感高まる韓国 「中国格上げ・日本格下げ」の意味 (8コメント)
  • 2018/12/11 16:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、南北鉄道連結工事の着工式を強行する構えか? (8コメント)
  • 2018/12/11 12:00 【時事|金融
    米国の新たな北朝鮮金融制裁、日本にとって他人事ではない (5コメント)
  • 2018/12/11 08:00 【時事|経済全般
    粛々とサイバーセキュリティ進める安倍政権と猛反発する中国 (13コメント)
  • 2018/12/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国統一部次官の訪日とは、ツートラック外交の極みなのか? (7コメント)
  • 2018/12/10 15:00 【時事|外交
    世界は中国共産党と共存できるのか? (16コメント)
  • 2018/12/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決巡り、さりげなくウソを混ぜる韓国政府関係者 (19コメント)
  • 2018/12/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアを通して見る韓国社会の病理 ウソツキはだれ? (11コメント)
  • 2018/12/09 08:00 【時事|経済全般
    高輪ゲートウェイに見るJR東日本の傲慢 説明責任を果たせ (36コメント)
  • 2018/12/09 05:00 【時事|外交
    韓国KTXの事故喜ぶ恥知らずなブログ 同一レベルに堕ちるな (21コメント)
  • 2018/12/08 08:00 【時事|金融
    ユーロ圏の矛盾が噴出 フランスは民主主義を捨てたのか? (39コメント)
  • 2018/12/08 05:00 【外交
    日本国民に問う。北朝鮮という国を存続させておいて良いのか? (16コメント)
  • 2018/12/07 11:00 【政治
    米政府も一目置く、嫌韓と一線を画す論客・鈴置高史氏 (55コメント)
  • 2018/12/07 08:00 【雑感オピニオン
    師走の雑感:ウェブ言論空間と民主主義について考えてみる (8コメント)
  • 2018/12/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮」を通してクリアになる、韓国という国の本質とは? (28コメント)
  • 2018/12/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 これまでの動きと韓国政府の「出方」を整理する (32コメント)
  • 2018/12/06 05:00 【金融
    日本国債の不都合な真実:ハゲタカは日本にとって格好のカモ (15コメント)
  • 2018/12/05 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】またしても徴用工判決 (16コメント)
  • 2018/12/05 12:30 【時事|韓国崩壊
    国際関係とは、純粋に法律だけの問題です (16コメント)
  • 2018/12/05 10:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工 元駐日大使が「日本は韓国理解する心のゆとり持て」 (19コメント)
  • 2018/12/05 08:00 【韓国崩壊|金融
    日本が本気で経済制裁すれば、数字の上では韓国経済崩壊か? (12コメント)
  • 2018/12/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    12月24日が、「日韓関係終了の日」になってしまうのか? (14コメント)
  • 2018/12/04 11:00 【時事|外交
    朝日社説の安倍批判はG20が日本にとって大成功だった証拠 (17コメント)
  • 2018/12/04 08:00 【時事|金融
    韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性 (29コメント)
  • 2018/12/04 05:00 【時事|外交
    G20 会った相手と「会わなかった相手」から読む安倍外交 (11コメント)
  • 2018/12/03 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国大統領が初めて徴用工に言及も、韓国への経済制裁が視野に (31コメント)
  • 2018/12/03 08:00 【時事|韓国崩壊
    朝日新聞にも掲載された徴用工巡る「3者基金構想」の愚劣さ (11コメント)
  • 2018/12/03 05:00 【時事|外交
    「2回目の米朝首脳会談」?北朝鮮が核放棄に応じますかね? (9コメント)
  • 2018/12/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    アルゼンチンG20会談で見えた、「日韓関係の冷え込み」 (29コメント)
  • 2018/12/02 05:00 【時事|外交
    ツイッターとG20集合写真から見えるトランプ氏の世界戦略 (18コメント)
  • 2018/12/01 08:00 【政治
    国連国際法委員会の採択文書について、もう少し眺めてみる (18コメント)
  • 2018/12/01 05:00 【雑感オピニオン
    ウェブ評論の世界から、「ルールを守ること」を考えてみる (8コメント)
  • 2018/11/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞が報じた徴用工判決巡る「日本側の対抗措置」とは? (32コメント)
  • 2018/11/30 10:00 【政治
    徴用工判決巡り、中央日報さんはいったいどうしたいのですか? (23コメント)
  • 2018/11/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国崩壊は自業自得だが、日本はそれをあざ笑うべきではない (15コメント)
  • 2018/11/29 13:15 【時事|韓国崩壊
    補足論点:韓国の裁判所は万能なのか?荒唐無稽な徴用工判決 (36コメント)
  • 2018/11/29 11:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】またしても韓国で自称元徴用工に損害賠償命令 (20コメント)
  • 2018/11/29 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    河野太郎外相の個人ブログの「為替スワップ」、行間を読む (1コメント)
  • 2018/11/29 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV100万件の御礼とウェブ評論の今後 (3コメント)
  • 2018/11/28 14:00 【時事|国内政治
    「今の道徳教育の危険性」をかたる前川元次官の説得力のなさ (12コメント)
  • 2018/11/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、河野外相発言に「不適切」と猛反発も打つ手なし? (29コメント)
  • 2018/11/28 08:00 【時事|国内政治
    もりかけ問題、どうなった? 内閣支持率が上昇する理由 (10コメント)
  • 2018/11/28 05:00 【金融
    読者コメントに思う:時限的に「無税国家」を実現してみては? (33コメント)
  • 2018/11/27 11:00 【時事|韓国崩壊
    仏像が韓国のもの?韓国市民団体主催の呆れた討論会 ほか (10コメント)
  • 2018/11/27 08:00 【時事|韓国崩壊
    河野外相「駐韓大使帰国なし」報道に見る韓国紙の曲解と本音 (20コメント)
  • 2018/11/27 05:00 【経済全般
    宝くじで「絶対に負けない方法」を編み出しました (13コメント)
  • 2018/11/26 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「南北鉄道連結事業は北朝鮮制裁の対象外」、本当? (20コメント)
  • 2018/11/26 10:00 【時事|韓国崩壊
    「米政府、日韓に歩み寄り促す」?それは「韓国に」言うべき (27コメント)
  • 2018/11/26 06:00 【時事|韓国崩壊
    辛うじて踏みとどまる日韓関係、小康状態はいつまで続く? (22コメント)
  • 2018/11/25 12:00 【政治
    「韓国政府、日本と断交を決意」?悪質サイトのウソニュース (23コメント)
  • 2018/11/25 05:00 【政治
    月間PV100万件間近 「文章作成術」について考えてみた (9コメント)
  • 2018/11/24 12:00 【時事|韓国崩壊
    国として終わった韓国:慰安婦財団解散騒動の報道あれこれ (15コメント)
  • 2018/11/24 06:00 【韓国崩壊
    結局、慰安婦問題も国内問題。日本国民の覚悟が問われている (21コメント)
  • 2018/11/23 12:00 【マスメディア論
    国民の敵・NHK「受信料2.5%引き下げ」の欺瞞を許すな (20コメント)
  • 2018/11/23 06:00 【日韓スワップ|時事|金融
    利上げも利下げもできない韓国のジレンマとは? (17コメント)
  • 2018/11/22 12:15 【時事|韓国崩壊
    外国では慰安婦は「性奴隷問題」。この現実から逃げるな! (50コメント)
  • 2018/11/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり狡猾だった韓国政府「合意の破棄・再協議要求せず」 (26コメント)
  • 2018/11/22 06:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団解散めぐり抑制的な日本政府の「別の意図」とは? (29コメント)
  • 2018/11/21 15:45 【時事|韓国崩壊
    政府、慰安婦財団解散に現時点では抗議だけ その真の狙いは? (26コメント)
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇 (19コメント)
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (6コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (8コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (7コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (21コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (24コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (19コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (22コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (13コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。