やっと「後編」に取り掛かることができました。『借金と通貨危機を考える(前編)』の続編として、本日は「国の借金」について議論しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編の振り返り

借金と通貨危機を考える(前編)』の「続編」を、ようやく執筆することにしました。

考えてみれば、私は計画性がない人間なので、「前編」のつもりで記事を執筆しておきながら、中途半端に「後編」をほったらかしにしているということがときどきあります。もしかすると私のような人間の場合、「前編」と「後編」を最初に一気に書き上げてしまった方が良いのかもしれません(笑)。

さて、「前編」では、「金融商品の世界では、誰かの負債は誰かの資産である」という議論を展開しました。日本語で「借金」という言葉には、どうしても悪いイメージが付きまといますが、「誰かからおカネを借りることは決して悪いこととは限らない」という、当たり前の話を説明したつもりです。

また、銀行などの金融機関から低金利でおカネを借りて、収益性の高い事業分野に経営資源を投入すれば、おカネを借りなかったときよりも高い収益率を実現することができるという理論を紹介しました(いわゆる金融負債のレバレッジ効果)。この議論は是非、財務官僚の皆さんにこそ読んでほしいと思います。

そのうえで、「デフォルト」(借りたおカネを返せない状況に陥ること)が発生するケースとして、

  • 個人の場合:収入に比べて過大な借金を背負う場合
  • 会社の場合:事業収益率・利益率が落ちているのに無理やり借金を拡大する場合

などを例示しましたが、本日はいよいよ、「なぜ日本の政府債務は問題ではないのか」について考えてみたいと思います。

(※なお、当たり前の話かもしれませんが、本日の議論は『借金と通貨危機を考える(前編)』とセットで読んで頂くことを前提としています。前編の方で行った議論は、本日は繰り返していないからです。)

中央政府の負債を議論する

「国の借金」は間違い、正確には「中央政府の金融負債」

その前に、前編でも紹介したこの記事を、再度、眺めておきましょう。

「国の借金」9月末で1080兆円 国民1人あたり852万円(2017/11/10 18:03付 日本経済新聞電子版より)

昨年11月10日付の日経によると、「国の借金」の残高が、9月末で1080兆円に達したのだそうです。国民1人あたりで852万円という、非常に大きな金額です。この金額は、少なくとも起業して3年目の私にとっては非常に巨額です。

ただ、「天下の日経新聞様」の記事だからといって、油断してはなりません。この「国の借金」「国民1人あたりの借金」という用語は、会計的に見ても経済学的に見ても、明らかに間違っているからです。正確な概念は、「中央政府の金融負債」です。

まず、「1080兆円を借りている」のは「国民」ではありません。「日本政府」です。そして、「国民1人あたり」で割ってもまったく意味がありません。なぜなら、中央政府自体、経済主体としては日本国民とは全く別に存在していて、国民には第一義的にこれを返す責任など存在しないからです。

次に、「借金」について議論するならば、それを「貸している側」についても議論しなければなりません。「1080兆円を貸している」のは、究極的には日本国民であって、外国人ではありません。正確に言えば、国債などの形で日本銀行、民間金融機関、生損保、年金などの機関投資家が投資しているのです。

正確な債務金額

では、日本政府の正確な債務金額は、いったいいくらなのでしょうか?これについて、「資金循環統計」から判明する2017年9月末時点における中央政府の金融負債の金額は、1076兆5422億円です(図表1)。

図表1 中央政府の金融負債の残高(2017年9月末時点)
項目金額備考
国債・国庫短期証券987兆2475億円ここに「財融債」は含めない
借入金52兆6643億円相対での借入金
株式等13兆0354億円
その他23兆5950億円
合計1076兆5422億円

(【出所】資金循環統計より著者作成)

先ほどの日経記事では「1080兆円」でしたが、日銀統計では「1076.5兆円」となっており、微妙に金額は異なります(おそらくその理由は、国債などの金融負債が時価評価されているからでしょう)。それでも中央政府(日本政府)がざっくり1000兆円を超える負債を抱えていることは事実です。

なお、細かいことを言うと、資金循環統計上は「財政融資資金」という勘定が存在していて、「財融債」と呼ばれる債券(99兆8860億円)は、この1076兆5422億円に含まれません。したがって、「日本国債の正確な発行残高」を議論する際は、この財融債を含める必要があります(図表2)。

図表2 日本国債の正確な発行残高(2017年9月末時点)
項目金額使途
利付国債878兆7122億円「赤字国債」など
国庫短期証券108兆5353億円外為特会など
財融債99兆8860億円財政融資資金
日本国債合計1087兆1335億円

(【出所】資金循環統計より著者作成)

そして、図表1に財融債を含めれば、「国の借金」(?)とやらは1178兆円程度、ということです。では、どうして財務省はこの財融債約100兆円を「国の借金」に含めていないのでしょうか?その理由は、この「財融債」部分については、おそらく「別会計」扱いにされているからなのでしょう。

そして、財政融資資金は社会保障基金などからも25兆円程度のおカネを受け入れていて、合計122兆9933億円を公的金融機関貸出として、民間企業や家計、地方自治体などに貸しています。つまり、中央政府が金融機関のようなこともやっているのです。

それはともかくとして、財政融資資金を除外した中央政府の「正確な債務残高(時価評価ベース)」は1076兆5422億円であり、「日本国債の正確な発行残高(時価評価ベース)」は1087兆1335億円です。これが「正確な議論」の第一歩です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



借金だけ議論しても意味がない

借金とセットで議論すべき2つのポイント

さて、前編でも申し上げましたが、「借金」を議論する時に重要な点が、2つあります。それは、

  • ①借りたおカネを何に使っているか、
  • ②誰からおカネを借りているか、

という点です。

たとえば、ひと昔前社会問題になったのが「サラ金」です。強引な取り立てや違法な高金利などで、借金苦の挙句、一家無理心中を図るという痛ましい事件も相次ぎましたが、これは「借りた相手」と「資金使途」の双方に問題があったケースです。

これに対して、現代社会では多くの人が金融機関から住宅ローンを借りています。これは、給料の範囲内で無理なく返済できる限りで、低金利かつさまざまな税制優遇措置とセットで借りられるものであり、「住宅ローンが返せなくなって生活が破綻する人が続出する」という話は聞いたことがありません。

つまり、「サラ金からカネを借りてパチンコや競馬などのギャンブルで身を持ち崩す」のと、「金融機関から住宅ローンを借りてまじめに働いて給料の範囲でおカネを返し続ける」のとでは、えらい違いがあります。これが、「誰から借りて何に使っているか」を議論するうえで、最も重要な点なのです。

借金の議論の重要なポイント①「何に使っているか」

まず、最初のポイントは、「何に使っているか」、です。

政府が借り入れている額は、財融債約100兆円を除けば、図表1に示したとおり、ざっくりと1077兆円です。しかし、この1077兆円というおカネは、公務員の給料に消えたり、不良債権処理に消えたりしているわけではありません。

まず、意外に思うかもしれませんが、政府は1077兆円という借金を抱えながら、同時に222兆円という巨額の金融資産を持っているのです(図表3)。

図表3 中央政府の金融資産の残高(2017年9月末時点)
項目金額備考
株式等38兆9292億円天下り先への政府出資等
対外証券投資118兆5200億円外貨準備の一部か?
外貨預金12兆8083億円外貨準備の一部か?
政府預金17兆8429億円日本銀行預け金
その他の対外債権債務12兆2537億円
その他21兆5769億円
合計221兆9310億円

(【出所】資金循環統計より著者作成)

しかも、ここに列挙されているのは「金融」資産だけです。国有地や政府庁舎、森林、国宝などの莫大な財産は、ここにはカウントされていません。

ここで、118兆5200億円という巨額の資産が目につきますが、これは「対外証券投資」がと呼ばれていますが、この部分は「外貨準備」の一部分です。通常、諸外国の場合、外貨準備は中央銀行が管轄していますが、わが国の場合は不思議なことに、財務省が「外為特会」で管理しています。

12兆8083億円という巨額に達する外貨預金も、おそらく外貨準備の一部でしょう。合算して131兆3283億円という途方もない金額が、為替介入の結果として、財務省の管理する「外為特会」に資産として計上されてしまっているのです。

これらの外貨準備を全額、債券市場・外国為替で売却してしまうのは非現実的です。なぜなら、それをやってしまうと、一気に円高になるのに加え、米国債市場が暴落してしまうからです。しかし、「国の借金を減らさなければならない」のなら、まずはこの131兆円という外貨準備をどうにかすべきでしょう。

これに加えて、出資金などの金融資産も40兆円近く存在していますが、これは役所が権益として持っている「天下り先」の法人に対する出資と見て間違いありません。ということは、財政再建をするならば、増税よりも何よりも、真っ先にこの「天下り先」を全廃し、これらの法人の残余財産を国庫に返納させるのが筋でしょう。

いずれにせよ、「借金」は1075兆円あるのかもしれませんが、「財産」が222兆円もあるのですから、本来問題にすべき「借金」は、その純額である853兆円であるはずです。ただ、853兆円という金額自体も一見すると巨額に見えますが、次に述べる理由により、これは問題となりません。

借金の議論の重要なポイント②「誰から借りているか」

というのも、借金について論じるときに問題になるもう1つのポイントが、「誰から借りているか」という論点だからです(図表4)。

図表4 日本国債に投資しているのは誰か?(2017年9月末時点)
経済主体金額備考
中央銀行445兆0868億円日本銀行
預金取扱機関183兆0321億円銀行、信金、信組など
保険・年金基金234兆8214億円生保、損保など
その他金融仲介機関25兆3424億円証券会社など
一般政府49兆8234億円地方公共団体など
家計12兆2115億円
海外119兆6790億円
その他14兆6946億円
合計1087兆1335億円

(【出所】資金循環統計より著者作成)

ギリシャが債務不履行を起こした理由は、自国が支配していない「ユーロ」という共通通貨で国債を発行していたからですが、日本の場合は政府機関の一部を除き、ほぼ、外貨建でおカネを借りている状況にはありません。

それだけではありません。図表4を見て頂ければわかりますが、国債残高1087兆円のうち、外国人投資家が保有している金額は119兆6790億円で、10%少々です。これでも過去に比べれば比率は上昇したのですが、それでも決定的な影響を与えるものではありません。

なぜでしょうか?

2013年4月に日本銀行が「質的量的緩和(QQE)」を打ち出すまでは、日本国債のおよそ8~9割が、国内の機関投資家により保有されてきたからです。また、QQE以降は、日銀が国債のうち445兆円を保有していますが、9割弱を国内投資家が保有しているという状況に変わりはありません。

米国のように、国債発行残高のうちおよそ半額を外国人投資家が保有しているという事例もありますが、この場合には国内の金利が外国人投資家の動向により乱高下する可能性があるという意味では不安材料です。しかし、日本の場合は国債の大部分を国内で消化しているのです。

日銀が国債を保有することの「問題点」とは?

ところで、日銀のバランスシートは、QQEにより拡大する一方です。2017年9月時点で日銀の総資産規模は535兆8908億円で、わが国の年間GDPとほぼ等しい額にまで膨らんでいます。そして、日銀の負債側には、現金が105兆5393億円、日銀預け金が369兆1272億円あります。

要するに、日銀は国債を買い入れて市中にマネタリーベースを供給している格好ですが(これがQQEの経済的本質です)、多額のマネタリーベースを供給しているわりには、現金として市中に流通しておらず、大部分は民間金融機関の日銀預け金として滞留している格好なのです。

経済学の理論によれば、「中央銀行が国債を買い入れれば、それによりインフレが誘発され、また、財政規律が破壊されるため、望ましくない」とされています。財政法第5条で日銀が新発国債を引き受けることを禁止されているのは、まさにこのことが理由です。

実際、現在の日銀は財政法第5条に抵触しないよう、流通市場から国債を買い入れているのですが、それでも経済的な行為としてみれば、新発債だろうが既発債だろうが、国債を中央銀行が旺盛に買い入れているという意味では経済的にまったく同じ行為です。

では、実際にわが国の財政規律は破壊されているのでしょうか?そしてわが国がコントロールできないハイパー・インフレ状態になっているのでしょうか?

答えはどちらも「NO」です。わが国においては、財務省と日本銀行は法的に厳格に分けられていて、中央政府が財政政策を、中央銀行が金融政策を行うという仕切りはまったく変わっていません。そして、日本はインフレどころかデフレ脱却がようやく端緒についたところです。

国債増発が財政再建の近道

真面目に経済学の理論を用いるのであれば、現在の日本は「流動性の罠」に陥っています。いくら金利を抑制しても貸出金が伸びないのは、まさに典型的な「流動性の罠」でしょう。

そして、財政再建は「増税」ではなく「減税」、「緊縮財政」ではなく「財政拡大」、「国債抑制」ではなく「国債増発」により達成されるのです。これは、金融政策が効いている中で財政政策を積極化させることにより、金利を上昇させることなく有効需要を喚起することができる、というロジックです。

そして、2~3%程度のインフレ・ターゲットを達成することができれば、貨幣価値が景気が回復してくれば、おそらく金利も上昇し、民間銀行の貸出金も伸び始めます。インフレが進行すれば貨幣価値が下落し、税収も増えるので、実質で見た負債価値が低下していくというプロセスを辿るのです。

考えてみればわかりますが、GDP500兆円の国が1000兆円の国債を発行していれば、「GDP対比2倍の借金」を抱えていることになります。しかし、GDP1000兆円の国が1500兆円の借金を抱えていれば、「GDP対比1.5倍」にまで指標は改善するのです。

私自身の試算では、日本の債券市場を破壊せずに発行できる国債の額は、少なく見積もって300兆円、標準で500兆円、最大で1400兆円です。中間値をとって、500兆円程度の国債増発ならば、金利暴騰を招かずに有効需要を喚起し、日本経済を一気に再生することができます。

私は敢えて、まずは消費税という不公平かつ不効率な税法を廃止することを提案したいと思います。消費税は一律で課税されるため、低所得者層ほど負担感が大きく、また、事業者に複雑な課税計算を敷いている、天下の悪法です。2019年10月に10%にするのではなく、むしろ0%にすべきでしょう。

最後に改めて申し上げたいと思います。日本の敵は、財務省と朝日新聞社と日本共産党です。

このことは、いくらでも強く主張し続けたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (17コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (50コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (6コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (61コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (43コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (48コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (14コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (30コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (32コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (56コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (30コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (18コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)
  • 2019/01/23 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「低空近接威嚇飛行脅威論」は典型的な深追いの失敗 (41コメント)
  • 2019/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「また近接飛行」 自衛隊よ萎縮することなかれ (70コメント)
  • 2019/01/23 15:00 【時事|韓国崩壊
    キジも鳴かずば撃たれまい 非生産的な韓国側の「過剰反応」 (15コメント)
  • 2019/01/23 10:00 【韓国崩壊
    名著『米韓同盟消滅』でレーダー照射問題を読み解いてみる (39コメント)
  • 2019/01/23 05:00 【マスメディア論
    「NHKの赤字予算」という詭弁、盛大にツッコミを入れよう (10コメント)
  • 2019/01/22 23:30 【時事|国内政治
    【速報】国民と自由が合流?議員の暮らしと政局が一番大事! (8コメント)
  • 2019/01/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い (47コメント)
  • 2019/01/22 11:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件がじつは「大した問題」ではない理由 (32コメント)
  • 2019/01/22 05:00 【韓国崩壊
    空虚に響く「日米韓3ヵ国連携」 日韓関係、終わりの始まり? (26コメント)
  • 2019/01/21 22:22 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る協議打ち切りに、韓国が「慌てる」? (37コメント)
  • 2019/01/21 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】レーダー照射事件巡り、防衛省が「最終見解」を公表 (56コメント)
  • 2019/01/21 14:00 【時事|外交
    「2島決着案」が事実ならとんでもない話だ 本質は改憲議論へ (31コメント)
  • 2019/01/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、事態が長引くことの「本当の意味」とは? (26コメント)
  • 2019/01/21 05:00 【韓国崩壊|外交
    「2回目の米朝首脳会談」、恐るるに足らず…だと良いのだが (23コメント)
  • 2019/01/20 05:00 【韓国崩壊
    本当の意味での「日韓関係正常化」を考えてみる (98コメント)
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (5コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (66コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。