これって却って韓国政府にとってマズイのでは?

本日2本目の配信です。どうも大変なことが発生しつつあります。先ほど発表された、韓国政府が設置した「慰安婦合意タスクフォース」の結果によれば、韓国政府は非公開部分で、日本政府に対してかなり譲歩していたことが判明。これにより、韓国政府は国内的にも国際的にも、非常に困った立場に立たされることになりました。

慰安婦像問題、韓国から思わぬ「援軍」

「日韓慰安婦合意」とは、岸田文雄外相と尹炳世(いん・へいせい)韓国外交部長官(※肩書きはいずれも当時)の間で、今から約2年前の2015年12月28日に成立した合意です。

発表内容自体はわが国の外務省のウェブサイトにも掲載されているとおり、次の内容からなるものです。

  • 韓国政府は慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に政府予算から10億円を拠出する
  • 日韓両国政府は、この措置により慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する
  • 韓国政府はソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦像の問題を適切に解決するよう努力する
  • 日韓両国政府はこの問題を巡って、国際社会や国連の場などにおいて、お互いに非難・批判することは控える

ところで、この日韓慰安婦合意を巡り、本日、韓国政府が設置した「慰安婦合意タスクフォース(TF)」の結果が発表されました。

これについては、韓国メディア『聯合ニュース』の日本語版に、さっそく、その内容が報じられています。

慰安婦合意 非公開の「裏合意」あった=韓国検証報告書(2017/12/27 15:00付 聯合ニュース日本語版より)

聯合ニュースの報道を私の文責で要約すると、「慰安婦合意には、事実上の「裏合意」があった」とするものです。

この「裏合意」とは、2015年の記者発表で一般に公表されていない内容のことであり、具体的には次の通りです。

  • 被害者関連団体(挺対協など)がこの合意に不満を示す場合に韓国政府が説得することを日本政府が要請し、韓国側はこの希望を事実上受け入れた
  • 日本政府側は海外に(慰安婦被害者の)追悼碑などを設置することを韓国政府が支援しないことを要請し、韓国側は『支援することなく』との表現を非公開部分に盛り込むことに同意した
  • 日本側は韓国側に対し、「性奴隷」との表現を使わないよう求め、韓国側は政府が使用する公式名称は「日本軍慰安婦被害者問題」だけであることを非公開部分で確認した
  • ソウルの日本大使館前に設置された少女像については、日本側が具体的な移転計画を求めたのに対し、韓国側は「適切に解決するよう努力する」と応じた

要するに、慰安婦合意を巡って、非公開部分で、韓国政府が挺隊協などの反日・慰安婦支援団体に対する支援を行わなないことなどを求め、韓国政府はこれらに対して合意していた、というのです。

これは非常に困った話です。というのも、2015年12月28日の日韓慰安婦合意成立後も、韓国国内の反日団体らは、慰安婦像や碑文などを海外で設置しまくっているからです。

つまり、今回のTFは、韓国政府がその「裏合意」にすら反していたことを、自ら暴露した格好となっているのです。

韓国政府は内外ともに厳しい立場に

今回のTFの発表内容は、明らかに、韓国政府の不作為を責めるものです。

聯合ニュースには、ほかにも慰安婦合意の不備を巡るTFの報告書の内容がつらつらと書き連ねられているのですが、正直、いずれも当時の韓国政府側の不作為を責めるものであり、日本にとっては痛くもかゆくもありません。

つまり、日本政府にとっては、韓国が今回のTFで盛大に「自爆」してくれたことで、むしろ日本政府が当時、最善の努力をしたことが、韓国側から明らかにされたという言い方もできるかもしれません。

いずれにせよ、この「非公開部分」が、これほどに早く、韓国側から出て来たことについては、私としては諸手を挙げて歓迎したいと思います。

肝心な「慰安婦合意TFの結果」の意義については、当時の韓国政府が(自称)元慰安婦らの意見を聴取せず、一方的に日本に対して譲歩したことを問題視しているものであると位置付けることができるでしょう。

言い換えれば、韓国政府にとっては「韓国国民の知らないところでさまざまな裏合意をしていた」ということが批判されるものであり、また、日本政府との交渉の過程での瑕疵は、すべて当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権にあったと断ずるものです。

日本政府としては引き続き、「合意を検証するのは勝手だが、慰安婦合意自体はきちんと守ってね」と言い続けるだけでよいでしょう。

また、韓国政府としては、慰安婦合意を守ったとしたら韓国国民から批判され、慰安婦合意を破棄しようとしたら日米両国政府から糾弾されるという、非常に厳しい立場に立たされた格好です。

これを簡単に要約すれば、「相手にかすり傷ひとつ与えられない、盛大な自爆テロ」だった、ということでしょう。

ま、こうなることはある程度予想していましたけどね…。

読者コメント一覧

  1. 補足です。

    要するに、韓国政府は今回のTFを設置したことで、自らの墓穴を掘った格好になっている、ということでしょう。

    なお、これについてもう少し分析してみて、補足すべきことがあれば、また明日の記事に反映したいと思いますので、どうかご期待ください。

    新宿会計士

  2. めがねのおやじ より:

    < 緊急ニュースありがとうございます。
    < 万歳!と言いたい。でも相手は都合悪ければ泣きつき、態度豹変の蛮国です。焦らず見守りたいものです。やはり、重大な裏取引があったんですね。いくら国内から内容を発表しろ!と言われても出来ないはずだ。これで完全に韓国は死に体、死にたい(笑)ですね。
    < 失礼いたしました。

  3. とらじろう より:

    韓国って本当にバカな国。
    それ以外に申し上げることはございません。

  4. だいなあいらん より:

    言ってる内容は事実でしょうが、それを正直に公開する気になった理由が気になります。
    順当に考えれば、「再交渉の見込みがないから全部を朴槿恵の責任にできる形で失敗の予防線を張った」あたりだと思うんですが、それでおとなしくしている韓国国民ではないことは承知でしょうし、斜め上の思惑があるのではと邪推してしまいます。

  5. 非国民 より:

    非公開部分を公開したようだが、日本の許可を得たのかな?非公開というのだから、日韓で非公開の約束をしたのだろう。勝手に非公開としたことを公開していいんだろうか?守秘義務が韓国では守られないのかな?

  6. 匿名 より:

    文大統領がずべき事は、日本に対する国交断絶、米韓同盟破棄、中国との中立条約締結です。

    1. めがねのおやじ より:

      < 新宿会計士様 何度も失礼します。
      < 匿名様へ
      < コメントの「 中国との中立条約締結です」。それは「不可侵条約」ではないでしょうか。結べるかハナであしらわれるか知りませんが。今現在韓国と中国は少なくとも、表向きは対立してないですよ。親分と元子分で、舎弟に直った関係。でも長年世話になった米国の叔父貴がいて、賭場争いで親分に縄張り渡し、叔父貴の顔に泥を塗った。親分に『お願いですから攻めて来ないで下さい。縄張りも持って来ました。何でもします』が南鮮の立場。スイスは永世「中立国」。このように使うと思います。ハイ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。