米朝首脳会談から1ヵ月が経過しましたが、相変わらず隣の国の大統領はおかしなことを主張されているようです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

米朝会談から1ヵ月

6月12日の米朝首脳会談から、昨日で1ヵ月が経過しました。

シンガポールでの米朝共同宣言に盛り込まれた合意事項は、大きく4点あります(カッコ内は私自身の意訳)。

  • The United States and the DPRK commit to establish new U.S.–DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.(米朝両国は両国の人民の平和と繁栄に対する熱望に従い、新たな両国間関係を構築する。)
  • The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.(米朝両国は朝鮮半島において、恒久的かつ安定的な平和体制を確立するために協力する。)
  • Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.(2018年4月27日の板門店宣言に従い、北朝鮮は朝鮮半島の非核化を完了するよう努力することを再確認する。)
  • The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.(米朝両国は朝鮮戦争における捕虜・行方不明者の遺骨収集と、特定されたものの米国への送付で合意した。)

このうち、私たち日本国民にとってもとくに関心が高い項目は、「朝鮮半島の非核化」(denuclearization of the Korean Peninsula)です。ただ、この宣言文を読んでみても、朝鮮半島の非核化をどのように実現するのかは、定かではありません。

この点、日本と米国が一貫して求めているのは、核兵器のCVID、つまり、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のことです。

一方、北朝鮮が強く主張しているのは「核の段階的廃棄」、いや、もう少し正確にいえば、「北朝鮮が主体となった核の段階的廃棄」です。そして、北朝鮮の核兵器を廃棄させる方法を巡っては、「北朝鮮主体の段階的廃棄」なのか、それとも「CVID」なのかで、プロセスはかなり異なります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



段階的廃棄論とその問題点

北朝鮮が主導する「段階的廃棄」

ただ、北朝鮮側が主張している「核の段階的廃棄」については、その詳細が何を意味しているのかは必ずしも明確ではありません。ここでは、あくまでも私自身のイメージに基づいて、どのようなプロセスなのかを考えてみると、だいたい次のような流れではないかと思います。

  • 北朝鮮が、現在までに製造した核兵器の数と、核兵器を作るために必要な核兵器工場や核実験施設などの施設の場所を自主的に公表する。
  • 製造した核兵器を1つずつ破棄する。
  • 核実験施設など、公表した拠点を1箇所ずつ閉鎖する。

たとえば、北朝鮮は「わが国がこれまでに開発した核兵器は30個、核兵器製造工場は2箇所、核実験施設は3箇所だ」と公表したとしましょう。そのうえで、

  • まずは核兵器製造工場を1箇所閉鎖し、その際に米国が経済制裁を解除してくれたら、次は核実験施設を1箇所閉鎖し、核兵器についても5個破棄する
  • 日本が北朝鮮に対する敵視姿勢をやめ、北朝鮮との国交正常化交渉に入るのであれば、さらに核兵器を5個追加で廃棄する
  • 日本が北朝鮮に対する経済支援を決断し、実行すれば、その金額次第では核兵器をさらに5個廃棄し、核実験施設をさらに1箇所廃棄することを検討してやっても良い

といった具合に、経済支援などと引き換えにして、少しずつ核兵器を廃棄していく、という考え方です。

段階的廃棄の問題点

では、この「北朝鮮主導の段階的廃棄」には、いかなる問題点があるのでしょうか?

まず、最初に「自分たちが核開発を行った拠点と、開発済みの核兵器の数」を北朝鮮自身が公表する、という点に、大きな問題があります。泥棒に対して「今まで盗んだ物を洗いざらい告白しろ」と言ったところで、正直に申告する保証などありません。

北朝鮮の核問題に関してもまったく同じことがいえます。先ほどの例では、「製造した核兵器の個数は30個、工場は2箇所、核実験場は3箇所だ」と北朝鮮が自主申告したとしても、実際には製造した核兵器が80個、工場が4箇所、核実験場が5箇所だったとすれば、意味がありません。

次に、「段階的廃棄」の狙いは、「行動対行動」にあります。これは、「核を1個廃棄するごとに100億円を支払え」、といった具合に、日本や米国などから少しずつカネをせしめる、というやりかたです。この場合、北朝鮮の完全な核放棄が済んでいないにも関わらず、北朝鮮に支援金が支払われるのです。

さらに、「段階的廃棄」だと、途中で北朝鮮が「やっぱりやめた」などと言ってくる可能性もかなり高く、結局は北朝鮮がカネだけせしめて、核廃棄が実現しないという危険性があります。

「北朝鮮が約束を守らないと決めつけるな」?

いえいえ。日本、米国などの国際社会は、1994年以降、北朝鮮に騙されっぱなしだったじゃないですか。

北朝鮮の核開発の代償として、軽水炉建設など、日本もかなりの負担を強いられましたが、結局北朝鮮は核開発を続けていたのです。ウソツキ国家を信頼しろといわれても、それはかなりの無理があると思います。

ここはやはり、「北朝鮮はウソツキ国家だ」と判断したうえで、「ウソツキに対しては相応のハードルを突きつける」というのが、アプローチとしてはまったく正しいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



どこの国の味方なのか?

文在寅氏の珍発言

少し前置きが長くなりましたが、どうしてこの「段階的廃棄論」の愚を長々と論じたのかといえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日、こんな記事が掲載されているのに気付いたからです。

文大統領「北の米国非難は戦略…実務交渉、長くかかるだろう」(2018年07月13日08時30分付 中央日報日本語版より)

中央日報によれば、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領は訪問先のシンガポールで12日、リー・シェンロン首相と首脳会談を行い、次のように述べました。

誰も結果を楽観することはできないが、北朝鮮が完全な非核化を履行し、北朝鮮の安全保障のために国際社会が努力を集めていくなら、米朝交渉は十分成功することができると用心深く展望している。

文在寅氏の発言の、どこがおかしいのでしょうか?

これは、「国際社会が北朝鮮の安全保障のために努力をする必要がある」と述べている下りです。完全な非核化を達成する義務は、本来ならば北朝鮮側にあるはずなのに、文在寅氏は「国際社会にも北朝鮮の安全保障達成という義務がある」と言い放っているのです。

文在寅氏はまた、マイク・ポンペオ米国務長官の北朝鮮訪問を巡って、次のように述べたそうです。

北朝鮮がこれまで話してきた非核化と、韓米が話してきた非核化の概念が同じではないのではないかと思う部分もあったが、マイク・ポンペオ長官の訪朝で非核化の概念に違いがないということが確認された

しかし、実際には『ポンペオ長官訪日の詳細を読む』でも詳述したとおり、ポンペオ氏の訪朝直後、北朝鮮は米国を強く批判する声明を発しました。これなどは、非核化の概念を巡って、米国と北朝鮮の対立が依然として深刻である証拠にほかなりません。

それなのに文在寅氏は、北朝鮮当局が米国を強く批判する声明を出したことについて、「自身は誠意を尽くして実質的措置を取っているのに米国が相応の措置を講じていないという不平」のあらわれだと述べたのだそうですが、これも呆れる話です。

文在寅氏は、北朝鮮が「誠意を尽くしている」と述べるなど、明らかに北朝鮮を不当に擁護している格好ですが、文在寅氏はいったいどこの国の味方なのか、この発言だけで明らかでしょう。

文在寅氏は韓国版「ルーピー」なのか?

ところで、ひと昔前だと、「首相なんて誰がやったって同じだよ」、などと無責任に言い放つ人はたくさんいました。しかし、こうした認識は、まったくの誤りです。

わが国にも、ほんの8年前、何かのはずみで日本の首相になってしまった男が、バラク・オバマ米大統領(当時)に対し、「トラスト・ミー」(TORASUTO-MEE)などと言い放ち、米国の不興を買ったという事件がありました。この男のことを、世間では「ルーピー」と呼びます。

もしもルーピー首相が5年間も在任していれば、日米同盟の根幹が揺らぎ、いまや日本という国はガタガタになっていたに違いありません。ただ、本当に幸いなことに、日本の場合、このルーピー首相は1年弱で辞職してくれました。

しかし、韓国の場合、大統領は、死ぬか弾劾訴追でもされない限り、基本的に5年間は退任しません。

そして、トランプ大統領本人を含めて、現在の米国政府は、8年前にオバマ大統領が「日本のルーピー首相」に対して感じたのと同じ感覚を、韓国に対して感じているのではないでしょうか?

先ほどもCVIDをめぐっては、「日本と米国が」合致している、と申し上げましたが、ここに韓国が入っていない理由は、文在寅大統領自身が北朝鮮の代弁人のようになってしまっているからです。実際、先ほどの中央日報の記事にも、次のようなくだりがあります。

文大統領は北朝鮮が望んでいる相応の措置に関連しては「過去のような制裁緩和や経済的補償ではなく、敵対関係の終息と信頼の構築」としながら「これは北朝鮮の過去の交渉態度とは大きな違いがある」と強調した。

北朝鮮政府関係者の発言かと見間違えそうになりますが、これはれっきとした文在寅氏の発言です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



現実的落としどころ

少し話題は変わりますが、昨日、『北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」』という記事の中で、日経ビジネスオンライン(NBO)に掲載された、次の奇妙な記事を話題として取り上げました。

「非核化は相互&段階的、半年で平和協定も」(2018/07/12付 日経ビジネスオンラインより)

これは、日経ビジネス副編集長の森永輔氏が執筆した、「米外交コンサルタント」のポール・ゴールドスタイン氏のインタビュー記事です。ただ、読者の方のコメントによれば、別に「外交コンサルタント」といっても、公的セクターで働いていた形跡もなく、非常にうさんくさい人物ではないかとの指摘もありました。

こうしたゴールドスタイン氏自身の経歴はともかく、そのご本人が話している内容自体に説得力がないという点については間違いありませんが、日本のマス・メディアは、どうしてこの手の「段階的廃棄論」などを好んで取り上げているのでしょうか?この点も、私には理解できません。

しかし、それと同時に、CVIDをどう実現するかについては、非常に困難であるということも事実です。いや、もう少し正確に、「金正恩体制を維持したままでCVIDを実現すること」が困難だ、と言い換えても良いでしょう。

このように考えていけば、このままでいけば、現実的には金体制が存続し続ける限り、そして日本が「専守防衛」にしがみつく限り、北朝鮮の核という脅威から日本は逃れることはできません。

もちろん、現在の日本がやっている、経済制裁を含めた「最大限の圧力」は、北朝鮮に打撃を与えるために、現在の日本にできる最も有効な方法であることは事実です。そして、「最大限の圧力」があったからこそ、シンガポールでの米朝首脳会談が実現したのです。

このように考えていけば、日本が北朝鮮問題を巡って、今後、やらなければならないことは、次の2点です。

  • 現在の「北朝鮮に対する最大限の圧力」を維持すること
  • 憲法第9条第2項を無効化し、「自衛戦争ができる国」になること

このうち、安倍政権だけの努力でできることは1点目であり、2点目については、私たち日本国民の覚悟に掛かっているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (1コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (9コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (1コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (8コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。