先日、『「国の借金」解説(2017年12月版)』のなかで、国債のデフォルトについて議論しましたが、頂いたコメントから、通貨(おカネ)の本質について補足説明しておくべきだと思いました。そこで、本日は通貨と国債と、簡単なマクロ経済学の議論を展開してみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

通貨と国債の関係について議論する

おカネとは、考えてみれば不思議な存在

考えてみれば、おカネ(つまり通貨)とは、非常に不思議な存在です。たとえば、1万円札は、紙に「1万円」と刷り込んでいるだけの代物であり、その紙自体に1万円の価値はありません。法律によって1万円札は1万円の価値があると決められているから、皆がそれを信じているだけの話です。

むかし、「1990年代に核戦争が発生し、人類文明が崩壊しつつあるなかで、暗殺拳を駆使する世紀末救世主があらわれる」というマンガがありました。このマンガの冒頭で、モヒカン刈りの集団が、奪ったばかり荷物から札束を「こ~~んなもんまでもってやがった」などと言って空中にばら撒くシーンがあります。

つまり、この人気マンガの作者は、核戦争か何かで経済が壊滅すれば、法律とともに1万円札の価値も消滅する、ということが言いたかったのだと思います。

もちろん、日本の場合は国としての制度もしっかりしていますし、2009年からの3年3ヵ月、民主党政権が続いても、国家が崩壊しなかったほどの国です。しかも、私が知る限り、某隣国の独裁者を除けば、日本に核ミサイルを撃ちこむと公言している国は存在しません。

このため、「核戦争によって1万円札の価値が消滅する」ということは、とりあえずは心配しなくて大丈夫でしょう。引き続き、サイフに入っている1万円札は、1万円としての価値を有し続けると考えて良さそうです。

歴史に見るハイパー・インフレ

ただ、人類の歴史上、紙幣の価値が暴落した事例は、いくつかあります。

歴史の教科書に出ている事例は、第一次世界大戦後のドイツで発生した、ハイパー・インフレです。よく言われているように、第一次大戦の戦時賠償金の支払い負担に加え、1923年に発生した、フランス・ベルギー両国によるドイツの工業地帯・ルール地方の占領に伴うサボタージュが契機となった格好です。

また、つい最近だと、アフリカのジンバブエで発生したハイパー・インフレが有名でしょう。これは、ムガベ政権が白人の地主・資本家らから資産を取り上げたものの、白人層が国外に流出した結果、国内産業が崩壊し、それにともない貨幣価値が暴落したものです。

いずれの事例においても、「100兆マルク」、「1兆ジンバブエ・ドル」など、ちょっとなかなか見ることができない単位の紙幣が発行されています。これらの共通点は、国の基礎的な産業が、何らかの理由で壊滅したことにあります。

逆に、政治と産業が普通に機能していても、いきなりハイパー・インフレが発生することもあります。たとえば、南米(メキシコ、ブラジル、アルゼンチンなど)に多い事例ですが、政府や金融機関が外国から外貨でおカネを借りていて、返せなくなってしまうような事例があります。

このように考えていくならば、ハイパー・インフレや経済破綻には、いくつかのパターンがあることがわかります。

戦争により産業が壊滅した場合
  • 第一次大戦後のドイツ
  • 第二次大戦後の日本・ドイツ
経済政策の失敗により産業が壊滅した場合
  • 近年のジンバブエ、ベネズエラ、北朝鮮
対外債務の支払いができなくなった場合
  • 1998年のロシア
  • 2001年のアルゼンチン

こうやって調べてみると、例を挙げればキリがありません。

内需国は対外債務デフォルトの影響を受け辛い

ただし、ここでもう1つ、重要な事実があります。それは、国内の政治、産業がしっかりとしていれば、対外債務のデフォルトが発生したとしても、経済が崩壊しないこともある、ということです。たとえば、アルゼンチンは米ドル建ての国債を、2001年と2014年にデフォルトさせていますが、経済は崩壊していません。

実は、アルゼンチンの場合、「貿易依存度」がそれほど高くありません。少し古いデータで恐縮ですが、2014年において、輸出依存度は13.1%、輸入依存度は11.9%に過ぎないのです。これは、同年の日本(輸出依存度14.9%、輸入依存度17.6%)よりも低い数値です。

もちろん、アルゼンチン・ペソの価値が下落傾向にあることは事実です。たとえば、2008年1月時点で1ドル=3.1683ペソだった為替相場は、2015年7月1日時点で1ドル=9.4294ペソと、およそ3分の1に下落。さらにその後も下落は続き、2018年1月時点で1ドル=20ペソ程度となっています。

つまり、10年間でおよそ6分の1程度にまで下落した格好です。当然、輸入品物価は上昇します。しかし、アルゼンチンの場合は農業国でもあり、また、輸入品物価が上昇したことで国産品の価格競争力が上昇し、結果的に貿易収支は改善したという効果も得られました。

つまり、単純な対外債務のデフォルトは、必ずしも国家破綻を意味しないのです。

(※余談ですが、日本の場合、日経あたりが「日本は輸出立国だ」とウソをついていますが、伝統的に貿易依存度はOECD加盟国平均値と比べても低く、とくに21世紀以降、輸出依存度は20%を超えたことがありません。輸出依存度が常に40%前後のドイツや韓国のような国と異なり、日本は外的ショックに強い国であるということは、どこかであらためて取り上げたいと思います。)

通貨の信頼=国の信頼

ここから、ある仮説を導くことができます。それは、「貨幣の信頼」は「国の信頼」と等しい、ということです。

国を成り立たせているのは国民であり、国の経済を成り立たせているのは国民の働きです。そして、通貨とは、その国の経済を数字で見えるようにするための便利なツールであり、通貨の裏には実体経済が存在しているのです。

日本という国では、円という通貨が通用しています。これは、日本銀行が発行している通貨ですが、裏付けとなっているのは日本経済そのものです。日本国内では、日本円が法定通貨として無限の通用力を付与されていて、日本国内では誰もが1万円札に1万円の価値があると「信じて」います。

ところで、「日本の借金は危険水域だ」といった財務省のウソについては、以前から当ウェブサイトでも批判してきました。先日、『「国の借金」解説(2017年12月版)』で申し上げたとおり、日本国債も日本円も、「日本国の信頼を裏付けとした金融商品」という意味では、究極的にはまったく同じものだからです。

「国の借金」(ただしくは「経済主体の1つである日本政府が負っている金融負債」)についても、個人の借金と同じように考えてしまう人が多いのは仕方がありませんが、財政の専門家である日本政府・財務省が、素人を騙すようなウソをばら撒くことについては、感心しません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マクロ経済の基本原理

経済指標はどう決定されているのか?

さて、「国の借金がー」という議論をする人は、たいていの場合、「おカネを借り過ぎたら返せなくなる」という、家計や企業の感覚で物事を語ります。お恥ずかしながら、会計士業界でもそういう人はいて、企業財務分析の感覚で、「日本の国の借金はGDPの2倍を超えている!」などと平然と言い放ちます。

しかし、中央政府の財政について議論するときに、マクロ経済学の最低限の基本知識すら持たずに感覚だけで議論することは、極めて危険ですし、愚かでもあります。

そこで、ここではごく簡単に、金利と株価と為替の関係について確認しておきましょう。

一般に、国債の金利は金融市場で需給により決定されますが、その際、その国の経済成長率とインフレ率に大きな影響を受けることで知られています。

たとえば、市場関係者が予想する経済成長率やインフレ率が上昇すれば、「国債を買うより株式などに投資した方が儲かる」と考える人が増えます。そうなれば、株式を買って(=株高)国債を売る(=債券安)、という流れが生じます。

その反面、経済成長率やインフレ率の見通しが悪化すれば、それと逆に、「リスク資産を売って安全資産を買おう」とする動きが強まります。つまり、株式を売って(=株安)国債を買う(=債券高)、という流れです。

この説明は、厳密には正しくないのですが、それでも教科書によく使われている説明であり、現実のマーケットの動きを説明するのに便利ですので、ここでもとりあえずはその考え方を踏襲しています。

ちなみに債券価格と債券利回りは逆相関しますので、

  • 「国債が売られる」=「国債価格が下落する」=「国債利回りが上昇する」
  • 「国債が買われる」=「国債価格が上昇する」=「国債利回りが下落する」

という関係にあります。このことは国債について論じる上で、忘れてはならない基本的な原則ですので、抑えておいて損はないでしょう(※「国の借金がー」などと言っている人の中には、意外にこの基本原理を知らない人もいるようです)。

ところで、中央政府が国債を増発した場合、各種指標は、どう動くでしょうか?

まず、需給が変化するので、基本的に国債の金利は上昇する方向に動きます。国債を買う側の需要曲線が変わっていないのに、国債を売る側(つまり中央政府)の供給曲線が変わるので、必然的に金利は上昇します。

しかし、市場に対しては「中央政府がより多くのおカネを使う」というメッセージを与えることになり、他の条件がまったく同じであれば、「景気が良くなる」との観測から株価は上昇し、為替相場は自国通貨高に動きます。

ただし、オープン経済(自国の市場が外国に開放されている国)の場合、自国通貨が上昇し過ぎて、結局は中央政府の財政政策の効果が打ち消されてしまうのです。実際、2008年の金融危機直後に、日本が行った財政政策が失敗に終わったことからも、こうした理論の正しさが裏付けられています。

金融政策をセットにする理由

日本は典型的なオープン経済の国です。自国の市場は外国に開放されており、外国人投資家は好きなだけ日本円を買ったり売ったりすることができますし、日本の株式や国債、社債などを自由に売買することもできます。

そして、「日本円」という通貨自体の供給量が一定であれば、国が財政政策を打てば、その分、民間企業が投資に使えるおカネの量が減ってしまいます(これをクラウディング・アウトと呼びます)。民間の需要が一時的に落ち込んでいるだけならこれでも問題はありませんが、困ったことがもう1つ発生します。

それは、国内の通貨供給量が一定の状態で、一時的に政府が財政出動を増やせば、それにより金利が上昇し、外国から資金が流入して、為替相場が自国通貨高に動く、ということです。そうなれば、輸出企業は輸出競争力を失ってしまいます。

日本の場合、もともと貿易依存度(輸出入のGDPに対する比率)はOECD加盟国と比べて高くないのですが、それでも不況期に円高になってしまえば、輸出企業の業績は悪化してしまいます。また、不況期に円高になれば、輸入品に対する需要が増え、国内産業が打撃を受けます。

そこで、不況から脱出する際には、国内の通貨供給量を増やす政策が必要です。これが「金融緩和」と呼ばれるものです。日本の場合は2013年4月に黒田東彦総裁がQQEを開始してから5年が経過しますが、20年続いたデフレ基調から脱却するのは容易ではないものの、失業率が大きく低下するなどの効果は間違いなく出ています。

あとはこれに財政政策を組み合わせれば、日本経済は浮揚することでしょう。

政府が無駄遣いしたらどうなるのか?

ただし、中央政府も一国の経済の中では「経済主体」の1つであることは間違いありません。

そして、中央政府を動かしている人間が万能ではないことにも注意が必要です。たとえば、ひと昔前の国鉄のように、どう考えても採算が取れない地域に鉄道を引き、赤字を垂れ流すという放漫財政を繰り返せば、あっという間に財政赤字は膨らんでしまいます。

また、経済成長率を超える勢いで債務が増大し、利払いがかさんでしまえば、政府部門が肥大化し、経済全体が非効率になってしまいかねません。実際、日本の場合も、全国にある「ハコモノ」が不良資産化し、地域経済を圧迫していることは、政府による無駄遣いが危険であることの証拠でしょう。

また、「政府が何でも面倒を見てくれる」、という状況になれば、まじめに働くのがバカらしいと思う人が増えてしまい、民間の活力が損なわれてしまいます。民間企業だったら無駄遣いすれば倒産しますが、国の場合は無駄遣いしても倒産することはありません。

政府財政の規模が大きくなれば、無駄が発生しやすいということは、非常に注意が必要です。実際、英国でも1970年代には財政が肥大化し、それこそ「ゆりかごから墓場まで」という高福祉が財政を圧迫していたのですが、マーガレット・サッチャー首相の改革の主眼は、「小さな政府の実現」に置かれました。

放漫財政と政府支出拡大を混同する愚

しかし、この「政府の無駄遣い」の議論と、「不況期における財政支出拡大」の議論は、混同してはなりません。有効需要が不足しているときに、一時的に政府支出を拡大して有効需要を喚起すれば、不況からの脱却に有効であることは、歴史が証明しています。

そして、日本の場合、財務省が財政拡大を阻む理由は、どうやら増税を通じて省益・利権拡大を図っている点にあるようです。つまり、財務省の霞ヶ関支配と緊縮財政路線が続けば、必要な支出も削られ、消費税の税率は30%台にまで引き上げられ、国民経済は破綻することにもなりかねません。

私自身、「大きな政府」が良いのか、「小さな政府」が良いのか、確たる答えを持っていません。ただ、不況期には税率を下げて政府支出を拡大し、好況期には税率を上げて政府支出を抑制すれば良いだけの話だと考えています。

つまり、財政を「景気の調整弁」として使うのが正しいのであって、たとえば「GDPと政府債務の比率」を財政目標にするユーロ圏などの政策の愚かしさは議論にすら値しません。

なお、ユーロという「統一通貨の失敗」については、いちど、当ウェブサイトでもじっくり議論してみたいと思います。引き続き、当ウェブサイトのご愛読を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (2コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (5コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (8コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。