本日は途中まで執筆した原稿をいったん中断し、緊急で入ってきた、「北朝鮮非核化対話に応じる」とするWSJなどの記事を「速報」として紹介するとともに、これに関する見解を申し上げておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

非核化と南北首脳会談

緊急で差し替え

当ウェブサイトでは、「似たような話題」を連続して掲載するのは控えたいと考えています。そして、連日のように朝鮮半島問題について取り上げているので、本日はまったく違うテーマで記事を執筆し、あらかた完成しかけていました。ところが、先ほど、北朝鮮について、いくつかの重要な報道を発見しました。

North Korea Says It Is Open to Talks With U.S. About Abandoning Nuclear Weapons(米国時間2018/03/06(火) 07:53付=日本時間2018/03/06(火) 21:53付 WSJオンラインより)
【南北会談】/北と韓国、首脳会談開催で合意 4月末、板門店で 北朝鮮は「米国とも対話の用意」(2018.3.6 20:22付 産経ニュースより)

さて、私が現時点で発見しているのは、英語版だと米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)による記事、日本語版だと産経ニュースの記事です。ただ、一読したところ、どちらも情報源はほぼ同じです。

【夕刊】どうして南北特使報道が出てこないのか』でも触れたとおり、韓国政府は韓国大統領府の鄭義溶(てい・ぎようChung Eui-yong)国家安保室長らから構成される「特使」を、月曜日から2日間の日程で、北朝鮮の首都・平壌(へいじょう)に派遣しました。

そして、双方のメディアの報道は、この「特使団」らがソウルで記者会見に応じた内容を記事に仕立てている、ということのようです。

そこで、本日は急遽、記事を差し替え、南北会談についての所見を報告したいと思います。

WSJ記事は「米朝対話」に焦点

まず、WSJの記事については「北朝鮮が非核化を巡り、米国との対話の意思を持っている」という点に焦点があてられています。記事の書き出しは、次のとおりです。

“North Korean leader Kim Jong Un told a visiting South Korean delegation that he was willing to hold talks with the U.S. about giving up nuclear weapons and normalizing relations with Washington, and would halt weapons tests during any negotiations, officials in Seoul said Tuesday.”(北朝鮮のリーダーであるキム・ジョング・ウンは同国を訪問した南朝鮮の使節団に対し、北朝鮮の非核化や米朝国交正常化を巡って米国と対話する意思を持っていると明らかにし、また、交渉中のいかなる武器実験も停止する準備があると述べたことを、火曜日にセオウルの当局者が述べた。)

(※余談ですが、文章中の “Kim Jong Un” とは北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)のことであり、 “Seoul”「セオウル」とは韓国の首都・ソウル市のローマ字転写なのだそうです。私にはどうみても「セオウル」としか読めませんが…。また、 “South Korea”、つまり「南朝鮮」という用語についても、原文どおりに訳している点についてはご了承ください。)

それはともかく、WSJの記事は、北朝鮮から帰国したばかりの鄭義溶氏らの記者会見をベースに組み立てられており、て鄭義溶氏の発言を信じるならば、金正恩が自ら「非核化」に言及した格好です。

また、WSJは3段落目で、

”Mr. Kim also said he would be willing to meet South Korean President Moon Jae-in in late April, in what would the third-ever summit between leaders of the two Koreas, Mr. Chung said.”(チュング氏によれば、キム氏はまた、南朝鮮のモオン・ジャエ・イン大統領と4月下旬に会う意思があると述べた。これが実現すれば、2つの朝鮮のリーダーがサミットを開催するのは史上3回目となる。)

としており、これが産経ニュースの方のタイトルとなっているものです(※余談ですが、 “Moon Jae-In”とは「文在寅(ぶん・ざいいん)」の朝鮮語読みのローマ字音写だそうですが、それにしてもよくぞここまで発音とかけ離れた表記を採用するものだと呆れてしまいます)。

産経記事は「南北首脳会談」に焦点

一方、産経ニュースの記事では、タイトルに「4月末に板門店で南北首脳会談」としたうえで、冒頭にこの話題を持ってきました。それだけで、同じ題材を取り上げているにも関わらず、WSJとはずいぶんと違ったニュースに見えてしまうから不思議です。

また、情報量としてはWSJの報道に圧倒的に軍配が上がります。というのも、WSJの記事に含まれていて産経ニュースの記事に存在しない情報が、いくつかあるからです。たとえば、次のような項目です。

  • 鄭義溶氏らは今週、米国を訪問するとともに、近日中にモスクワ、東京、北京を訪れ、近隣国に交渉の内容について説明する予定だ
  • 米韓合同軍事演習の再開については金正恩が「理解を示した」としている
  • 南朝鮮にとっての敵地である平壌ではなく、より南朝鮮の首都に近い場所である板門店での首脳会談は、南朝鮮側に地の利があるため、いわば南朝鮮の政治的勝利だ

これに対して、産経の記事にあって、WSJの記事にないのは、

「金正恩政権がどこまで核・ミサイル開発を中止する意思を示したかは依然不明だ」

という、産経新聞独自の見解の下りくらいなものでしょう。

ところで、すべてのニュースは、記者、新聞社が「重要だ」と判断する内容から順番に記載されます。産経ニュースは「南北首脳会談」を最初の段落に持ってきましたが、WSJはこれを第3段落に持ってきました。このことから、産経ニュースは「非核化」よりも「南北首脳会談」を、WSJは「南北首脳会談」よりも「非核化」を、それぞれ「より重要だと考えている」、ということでしょう。

もちろん、「非核化」と「南北首脳会談」は、いずれも、北朝鮮のしたたかさと韓国の危うさが、同時に示されていると思います。しかし、私に言わせれば、今回の報道に関していうならば、むしろ重要な情報は「非核化」の方でしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



これをどう読むべきか?

前提は「運転席理論」

ところで、今回の発表は、あくまでも北朝鮮を訪問した韓国当局者が述べたものです。このため、北朝鮮が本当に「非核化」と「南北首脳会談」を提示してきたのかどうかという確証は持てません。ただ、私は今回の情報については、相当に確度が高いと考えています。

その理由について申し上げる前に、前提条件として頭に入れておく必要があるのは「運転席理論」です。詳しくは『理解に苦しむ韓国の「運転席」理論』でも申し上げましたが、簡単にいえば、「韓国自身が朝鮮半島問題をハンドリングする」という、非常に思い上がった考え方です。

考えてみればわかりますが、韓国はこれまで、周辺大国に翻弄(ほんろう)される歴史を辿ってきました。自分たちの運命を自分たちで決断したことがないのです。いや、厳密に言えば、「最悪のタイミングで最悪の決断をして来た結果」が、現在の朝鮮半島の歴史でもあります。

そんな韓国人にとって、「朝鮮半島問題で文在寅(ぶん・ざいいん)氏が『運転席』に座り、米中日露などの周辺大国に対して主導権を示す」ことは、積年の憧れだったとしても、不思議ではありません。なにより、先ほども紹介したWSJ記事にあった、「特使が日米中露4ヵ国を訪問して交渉の内容を説明する予定だ」とする下りも、こうした「運転席理論」に基づく自尊心を刺激する材料としては最適です。

そして、文在寅氏が北朝鮮核問題を「解決」すれば、「史上最高の指導者だ!」とばかりに、韓国国民は歓喜することでしょう。いや、もう少し厳密に言えば、別に「解決」する必要などありません。「解決に向かっている」かのように装うだけでも十分です。

北朝鮮は一枚上手

つまり、北朝鮮は特使に対し、最高のタイミングで最高の手土産を持たせた、と考えられるのです。

考えてみれば、平昌(へいしょう)冬季五輪以降、文在寅氏に対する政権支持率は、それまでの80%台から60%台に低下した、との報道がありました(※ただし、調査によっては支持率にかなりのバラツキが見られますが…)。

しかし、北朝鮮がこの「運転席」理論を熟知し、韓国国民のプライドを少し満たしてやったとしたら、キレイに辻褄が合います。というのも、北朝鮮にとっては「手下」である文在寅政権が継続することが、北朝鮮自身の国益に合致しているからです。

また、北朝鮮が最終的に、本当に非核化に応じるという保証など、ありません。「非核化の用意がある」と言いながら交渉を引き延ばし、その間、核・ミサイルなどの開発を継続するというのは、北朝鮮のこれまでの常套手段だからであり、金正恩らの発言など、一切信頼に値しません。

そう考えるならば、先ほどのWSJ記事にあった、「交渉中は武器実験を中断する用意がある」という発言も、単なる時間稼ぎと見るべきでしょう。ただ、こうした「カード」を提示することで、米国が北朝鮮攻撃に踏み切り辛くなるという効果が生じることも事実です。

このように考えていけば、金正恩の発言には、次の2つの狙いが込められていると見るべきでしょう。

  • 「非核化」というカードを提示することで、さらなる時間稼ぎを狙うこと
  • 韓国を「仲介役」にすることで、文在寅政権に「花を持たせる」こと

文在寅政権が続けば続くほど、北朝鮮にとっては「赤化統一」という目標に近づきます。経済大国であるわりには、国家としての軸もなく、ふらふらしている韓国(南朝鮮)は、北朝鮮にとっては格好の餌食なのです。そのことに気付かず、能天気に「運転席に座った」などと歓喜する韓国の様子は、むしろ滑稽ですらあります。

韓国側で「反動」は生じ辛い

今回の北朝鮮の提案が事実だったとしたら、これは米国に対してだけでなく、韓国に対しても強力な牽制となります。なぜなら、文在寅政権の急激すぎる北朝鮮への擦り寄りを修正する動きを封じ込める効果があるからです。

たしかに最近の文在寅政権の対北擦り寄りは急激すぎますし、このまま文在寅政権が続けば、早ければ5年以内に赤化統一が完成してしまいかねません。ただ、以前から当ウェブサイトでは、「急激すぎる動きには必ず反動が生じる」と申し上げて来ました。

万に一つ、文在寅政権に対する支持率が低下し、韓国名物の「ローソク・デモ」で引き摺り下ろされる可能性がないとは言えません。このため、私は恒例の「朝鮮半島の6つのシナリオ」のアップデートを先送りにしていたのです。

しかし、今回の北朝鮮の動きで、「反動」が封じ込められる可能性が出て来ました。要するに、1948年の韓国建国以来、初めて韓国大統領が朝鮮半島問題の「運転席に座った」からです。もちろん、本当に運転席に座っているのではなく、「運転席に座っていると思っているだけ」の可能性もありますが…。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米国はこれに応じるか?

ただし、ここでもう1つの重要な論点があります。それは、肝心の米国が、韓国経由で北朝鮮が提案してきた内容に応じるかどうか、です。

仮に米国がまともな判断をするならば、韓国経由での米朝交渉の提案を、何らかの理由を付けて却下するはずです。なぜなら、この提案に乗ってしまえば、北朝鮮による韓国に対するコントロールがさらに進んでしまいますし、また、米国としても、米朝交渉の期間中は、北朝鮮攻撃に踏み切れないからです。

ただ、それと同時に私は、昨年暮れから米国の朝鮮半島問題に対するハンドリング能力に対して、深刻な疑義を抱いています。北朝鮮攻撃にあたっての絶妙なタイミングを逃してしまいましたし、今年の1月には、韓国の申し出に応じて米韓合同軍事演習を延期してしまいました。

さらには、平昌五輪の開会式や閉会式で、ペンス米副大統領やイヴァンカ大統領補佐官らを北朝鮮の代表者と同席させられた様子を見ていると、どうも米国は韓国の「扱い方」を理解していないのではないかとの懸念まで感じてしまいます。

このため、米国を初めとする周辺大国が「韓国ごときに朝鮮半島問題のハンドリングを許すか」という論点については、あと1~2週間程度、見極めが必要です。なお、少なくとも私は日本の有権者の1人として、日本政府は絶対にこれを許してはならないと考えています。

この問題で、日本政府はおそらく、少なくとも米国政府、中国政府とは連携を取ることになるでしょう。安倍政権が2015年12月の「日韓慰安婦合意」以来、ケチがついている対朝鮮半島外交の失点を挽回することができるかどうかも、私個人的には重要な注目点なのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。