「日本国民はバカじゃない」。そのこと、自信を持ってお示しする根拠ができました。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/04/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】内閣支持率調査:不誠実なマスゴミに待っているのは倒産 (1コメント)
  • 2018/04/23 08:00 【マスメディア論|時事
    【速報】野党支持が伸びない毎日新聞世論調査の衝撃 (1コメント)
  • 2018/04/23 00:00 【政治
    個人ブログを信頼する時代へ:もっとブログが増えて欲しい (2コメント)
  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (4コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    中間期末

    早いもので、今日で9月もお終いです。今年も残すところあと3ヵ月となりました。

    3月末決算の企業にお勤めの方からすれば、今日は中間決算期末です(ただし、土曜日に当たるため、金融機関などの場合は昨日が中間期末でした)。ということは、1年の折り返し点でもあります。

    加齢のせいか、年々、時が経過するのが早くなっているような気がしますが、現在の私にとっては、娘が少しずつ、しかし着実に成長しつつあることが、無上の喜びです。

    昨日の続き:前原さん、正気ですか!?

    「政策はこれから」という、信じられない倒錯ぶり

    さて、当ウェブサイトのポリシーとして、同じ話題については、できるだけ2日連続して掲載しないようにしています。しかし、本日に関しては昨日に続いて、やっぱり選挙の話題を取り上げたいと思います。

    昨日私は当ウェブサイトで、前原誠司・民進党代表が実質的な解党を決断したとする話題を紹介しましたが、その際、「前原氏は小池百合子氏との間で、合流について何も合意していないのではないか?」と申し上げました。

    実際には、全くその通りだったようです。

    小池氏「全員受け入れの考えない」 前原氏と調整確認(2017/9/29 9:06付 日本経済新聞電子版より)

    日本経済新聞電子版によれば、29日午前に会談した小池氏と前原氏は、「次期衆院選での政権交代をめざし連携する方針」を確認するとともに、「政策や候補者の調整を急ぐこと」で一致したのだそうです。

    ということは、肝心の政策については、これから調整をするということであり、全く呆れ果てて物も言えません。

    現代の日本は「政党政治」が基本にあります。そして、衆議院議員総選挙には、議員個人を選ぶ選挙であるという側面だけでなく、国民が「政党」を選ぶ、という側面があるのです。

    そして、政党が国民から政権与党として選ばれるための「最大の要素」とは、政策にほかなりません。

    国民の関心が高い事項といえば、最近だと憲法改正や北朝鮮情勢、さらには景気対策・消費税などです。

    憲法1つとってみても、小池氏は現在のところ、「憲法改正」を公約に掲げるようですが、民進党には「何が何でも護憲」という勢力が多数、在籍しています。憲法という重要な問題を巡り、小池氏と考え方が異なる議員は、いったいどうなるのでしょうか?まさか、「希望の党」から公認をもらうために、「護憲派」が「思想転向」でもするというのでしょうか?

    もちろん、現在の与党である自民党内にも、さまざまな思想を持つ政治家が所属しており、中には限りなく護憲派に近い主張をする政治家もいます。ただ、自民党の場合は「党として」の大綱を設けており、憲法についての統一的な考え方を持たない民進党とは、そもそも立ち位置が大きく異なります。

    いずれにせよ、「いっしょにやりましょう」、「だけども政策はこれから擦り合わせましょう」、だと有権者をバカにし過ぎています。

    前原氏「もう身内」小池氏「全員受け入れる気はない」

    こうした中、さらに呆れ果てるやり取りがあります。

    希望、維新と連携調整 小池氏が大阪知事と(2017/9/29 13:32付 日本経済新聞電子版より)

    前原氏は小池氏との会談後に、記者団に対して「お互いに身内となった」と発言したそうですが、先ほども指摘したとおり、小池氏は記者団に「全員受け入れる気はない」と述べるなど、両者のすれ違いが目立つ格好です。

    前原氏がここまで調整能力のない人物だとは、正直、私も想定外でした。

    今月初頭の民進党代表選で、中国人の謝蓮舫(しゃ・れんほう)こと村田蓮舫(むらた・れんほう)氏が退任したことを、私は歓迎しました。というのも、このまま「謝蓮舫体制」が続けば、民進党は沈む船からネズミが逃げ出すかのごとく自壊してしまうので、そうならないように「ゴキブリの巣」は「ゴキブリの巣」らしく、しばらく存続すべきだと考えていたからです(これについては、民進党代表選の直後に上梓した『ゴキブリの巣はすぐ壊滅しては困る』あたりもご参照ください)。

    しかし、謝蓮舫ショックが大きすぎたのでしょうか、それとも前原氏が無能すぎたのでしょうか、民進党という泥船の崩壊は予想よりも早かったらしく、前原氏の力量では、党の崩壊を食い止めることができなかったのかもしれません。

    私は前原氏について、「実務家としての能力は、少なくとも謝蓮舫氏よりはマシだ」と思っていたのですが、実際にはそうではなかったようです。しかも、肝心な小池氏との調整もなしに、民進党の全候補者を「希望の党」に合流させるという一方的な表明…。

    これに加えて、昨日、埼玉県民様から頂いたコメントによれば、「リベラル派」については「排除する」と言い切ったのだそうです。

    「リベラル派は排除する」 希望・小池百合子代表が明言(2017.9.29 15:24付 産経ニュースより)

    とはいえ、民進党に所属するような議員さんは、「筋金入りの反日主義者」である辻元清美氏など、一部の勢力を除けば、「リベラル派は排除する」といわれれば、即日、「保守派」に転向するような人たちですから、それほど影響はないのかもしれませんが…。

    いずれにせよ、これから総選挙の公示日(10月10日)までの期間で、小池百合子氏が誰を公認し、誰を切り捨てるのかが気になるところです。あるいは、昨日も申しあげたとおり、小池百合子氏が都知事職を投げ出して、唐突に衆院選に出馬を決断するかもしれません。

    (ちなみに小池さん、あなたが私の在住する新宿区を含む東京1区から出馬するつもりなら、私は公選法に反しない限りで、あらんかぎりの力を使い、あなたの当選を全力で阻止したいと思います。)

    「大義」がないのはむしろ野党

    こうした中、私が昨日、目にした記事の中で、最も秀逸だと感じたのが、東京新聞・中日新聞論説主幹の長谷川幸洋氏が執筆した、次の考察です。

    「希望の党」の中身がカラッポすぎて、笑いが止まらない(2017/09/29付 現代ビジネスより)

    私は東京新聞のことは大嫌いですが、長谷川幸洋氏のことは、信頼し、尊敬できるジャーナリストだと考えています。その長谷川氏が、私が言いたかった内容を、簡潔にして明瞭な言葉で綴っているのが、リンク先の記事です。

    この中で特に秀逸なくだりは、昨日、私自身が自己コメントの中でも引用したとおり、

    国民が実際に投票する前に、民進党は国民の声におののいて、解党せざるを得なくなった。自分たちの主張がいかに国民の支持を得ていないか、自ら認めた格好だ。主権者たる国民が政治を動かしたのである。これこそ「解散の大義」を如実に証明している。

    という部分です。

    言い換えれば、「大義」がないのはむしろ野党の方だった、というわけですね。

    また、長谷川氏は希望の党の綱領については中身がスカスカだと酷評。これについては

    まるで高校生でも書けそうな、中身のないスカスカの文章である

    と容赦なく切り捨てていますが、この下りについてだけ、同意できません。というのも、最近の若者は、中高年よりもよっぽど勉強していて、知識もあるからです。

    長谷川さん、高校生に謝って下さい(笑)

    YouTubeにこそ「希望」を見た

    苦笑するしかない、このクソ動画

    その長谷川氏の記事で紹介されていた動画が、こちらです。

    小池百合子氏がヒールの足音を響かせながら、逆光の光に向かって歩いていく動画で、1分4秒のあたりで

    さらば、しがらみ政治

    というメッセージが表示され、一般人が何人か映ったあとで、最後に

    希望の党

    という文字が浮かび上がる、という代物です。

    正直、長谷川氏が「思わず笑っちゃいました」とおっしゃる気持ちがよくわかります。私だって、この動画を見て、思わず苦笑したからです。もし、実際にそれを追体験してみたいという物好きな方がいらっしゃれば、どうぞリンク先の動画をクリックしてください(ただし「時間を無駄にした!」という苦情は受け付けません)。

    ところが、実は皮肉なことに、ここには「真の希望」があります。

    それは、この動画の再生回数評価です。

    まず、再生回数については、昨日夕方5時時点で30,464回に過ぎませんでした。ということは、少なくとも有権者の圧倒的多数がこの動画を見ている訳ではなさそうだ、ということがわかります。

    次に、評価については、「良い」が206件に対し、「悪い」が717件で、低評価が圧倒しています。

    私はここに、日本国民の見識を見る思いがします。

    この動画を見た圧倒的多数(7割超)の人々がまともな判断を下した、ということではないかと思います。

    面白いコメントの数々!

    ちなみに昨日夕方5時時点におけるコメントは121件あります。

    このうち2件は新宿会計士によるものですが、残り119件から「返信」を除く88件について調べたところ

    • 小池氏に好意的なコメント…12件(13.6%)
    • 小池氏に否定的なコメント…62件(70.5%)
    • 適否が判断できないコメント…14件(15.9%)

    となっており、全体のざっと7割が小池新党に対して否定的なものです。

    このうち小池氏に好意的なコメントは、大部分が

    小池さんがんばれ!

    というシンプルなワンライン・メッセージであり、もしかして「工作員かな?」と思ってしまいますが、それ以外のコメントは辛辣です。たとえば:

    当選した都議に緘口令敷くとか、前代未聞なんですけど、希望の党の国会議員にも緘口令敷くんですか? ナメ過ぎですよね。民主主義を。

    ※都民ファーストの会で当選した議員らに緘口令を敷いたことを意味しているのでしょうか?

    政権を取っても「誰が総理になるかわからない」政党に、政治をまかせるわけにいきません

    小池さんご自身が出馬するのかどうかわかりませんものね…(笑)

    合流する民進党議員は全員、組合組織や会社団体、宗教団体の支援や援助を受けているしがらみ議員ばかりじゃねえか。

    「しがらみからの脱却」そのものが態度でウソだとわかる、というものですね。説得力があります。

    豊洲問題ごちゃごちゃにしてまともに解決も出来て無いのに、何も無かった事にしてる。目立ちたがりで、問題解決能力が無いこの人がトップになったらまた何かを破壊して、解決しないで混乱させるでしょう。この人に踊らされないように気を付けないといけませんね。

    やはりどれだけマス「ゴミ」が隠しても、一般人からはそう見えますよねぇ…(笑)

    一応このおばちゃんって政治信念としては「保守」を謳ってるわけだよね?/幾ら打倒安倍政権を掲げたとしてもリベラルの民進党と組むって矛盾してない?

    いちおう「リベラルを排除する」と明言していますが、それだって怪しいものですからね。

    まず党の名前に「希望」って…w/嘘はいかんよ、嘘は。/「絶望」とか「欲望」とかの方が正しいよ。

    この手のコメント、よく見掛けます。私には「欲望の党」が一番実態を表しているようにも思えますが…。

    都民は国政に出られることを支持されているのでしょうか?/まだ問題は山積みのはずです/オリンピックを控えた今、なぜ?国政に手を出したのか

    といった具合です。

    マスゴミが隠しても情報は広まるよ!

    いかがでしょうか?私の目にはいずれのコメントも正論ばかりであり、こうしたYouTubeに掲載された希望の党の動画に対する一般国民の反応を見て、私は「とりあえずは」ホッとしました。

    日本国民もまだまだ捨てたもんじゃない、ということですね。

    もちろん、YouTubeを見ないでテレビばかり見ている人たちも多く、実際にことし7月2日の都議選でも多くの都民が騙されて都民Fに投票したのですから、まだまだ油断はできませんが…。

    それよりも、私の予想では、新聞・テレビを中心とするマス・メディアは、「反安倍」のあまり、これから選挙の投票日に掛けて、小池氏を全力で擁護しようとするのではないかと見ています。しかし、上でも見たYouTubeのコメントから見る限りは、小池氏が「東京大改革」を掲げて東京都知事に当選してからの1年あまり、何ら具体的な成果を上げていないだけでなく、東京都政を停滞させまくっていること、これまでの言動に様々な矛盾が生じていることなどを、実によく見ています。

    マス・メディアは気付いていないのかもしれませんが、マス・メディアがいくら取り繕ったところで、小池百合子氏のこれまでの言動については、有権者は意外としっかりと見ているものです。

    昨日も『小選挙区制度の欠陥:「最悪のシナリオ」も夢物語ではない』の節で触れましたが、民進党の「基礎票」(小選挙区で民進党の候補者に投票するとコミットしている人数)は、およそ1200~1400万人です。これらの方々は、あれだけ酷い民主党政権にも懲りることなく、ある意味で「確信犯的に」民主党・民進党に投票して来た人たちです。しかし、2012年以降剥落した1000~1300万票は、私の希望的観測によれば、「その後選挙に行かなくなった人たち」や、維新などの第三勢力に投票した人たちです。

    つまり、いくらマス「ゴミ」が民進党やその後継政党である「小池ファースト党」を持ち上げたとしても、有権者はそれに騙されなくなっているのです。

    民進党支持者集団は帰ってこない!

    小池ファースト党が狙っているのは、間違いなく、2009年8月の再来(つまり3300~3400万票程度)でしょう。

    まず、過去の客観的データから導き出される前提として知っておかねばらない点が2つあります。

    1つ目は、日本の衆議院議員選挙は小選挙区・比例代表並立制であり、このうち、小選挙区では当選者が1名であるため、第1党と第2党の得票差が僅差であっても、議席数に大きな差が生じること。

    2つ目は、少なくとも過去6回の総選挙で、自民党は小選挙区において2500万票以上の票を安定して獲得していること。

    この2つの事実に加え、自民党が圧勝した2005年においても、民主党は2500万票を獲得していたという事実に着目するならば、私の仮説としては、2005年の時点ですでに、民主党は自民党と並ぶ大政党に成長していたのです。

    2005年は「たまたま」小泉郵政解散という「テレビ受けするネタ」があったので、自民党に浮動票が600~700万票程度流れ込み、自民党が圧勝したのですが、仮に「テレビ受けするネタ」がないときに解散総選挙が行われていれば、自民、民主の議席数が均衡していた可能性はあります。

    同様に、2009年はマス「ゴミ」が勝手に「政権交代」というキーワードをでっち上げ、バカな浮動票(恐らくは小泉郵政解散で自民党に投票した600~700万人)が民主党に流れたことが、2009年8月に民主党が圧勝した原因です。

    ただ、民主党政権があまりに酷かったためでしょうか、2500万人の「固定票」のうち、半数近い1000~1300万人程度は、民主党に「幻滅し」、「大阪維新の会」などの第三勢力に投票したのではないかと見ています。

    つまり、内訳を整理すると、

    • 民進党のコアな支持者…1200~1400万人(2012年、2014年の総選挙の際も民進党に投票した人たち)
    • 第三勢力に流れた支持者…1000~1300万人(2012年、2014年の総選挙では維新などの勢力に投票した人たち)
    • マス「ゴミ」に騙される「バカ」…600~700万人(2012年、2014年の総選挙では棄権した人たち)

    です。この3つの最大値を単純に合算すれば、最大で3400万人になります。仮に自民党の獲得票数が2012年、2014年なみの2500万票少々であれば、「小池ファースト党」こと「希望の党」は、衆議院の小選挙区で自民党の4倍もの議席を獲得して圧勝することになります(ただし比例区もあるため、小選挙区と比例区を合算した実際の議席数は4倍にはなりません)。

    しかし、私の見立てでは、希望の党の小選挙区における獲得票数は、1400万票から、多くてもせいぜい1700万票が良いところだと考えています。

    そのざっくりとした論拠は、次の通りです。

    • 民進党のコアな支持者(1200~1400万人)のうち、半数(600~700万人)は「しかたなしに」小池ファースト党に投票するものの、もう半数は、彼らからは「極右」(?)に見える小池ファースト党には投票せず、他政党(共産党なや社民党?)に流れる
    • 2012年、2014年の2つの選挙で第三勢力に流れた支持者(1000~1300万人)は、半数(500~700万人)が小池ファースト党に投票するが、のこり半分は引続き、日本維新の会などに投票する
    • テレビに騙されて素直に「小池ファースト」に投票するような「バカ」な浮動票(600~700万人)は、2009年当時と比べて半減している(つまり300万人程度)

    以上の積上げから、最小値としては1400万人、最大値としては1700万人であり、結論的には、現在の民進党の議席数にプラスアルファが狙える程度の議席に留まると考えています。

    マスゴミへ:国民を舐めるなよ!

    最後に、「マスゴミ」産業の諸君が当ウェブサイトを読んでいらっしゃるかどうかは分かりませんが、謹んでヒトコト申し上げたいと思います。

    これ以上国民を舐めるなよ」、と。

     

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/04/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】内閣支持率調査:不誠実なマスゴミに待っているのは倒産 (1コメント)
  • 2018/04/23 08:00 【マスメディア論|時事
    【速報】野党支持が伸びない毎日新聞世論調査の衝撃 (1コメント)
  • 2018/04/23 00:00 【政治
    個人ブログを信頼する時代へ:もっとブログが増えて欲しい (2コメント)
  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (4コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • 2018/04/12 21:45 【時事|韓国崩壊
    河野外相訪韓、「成果なし」こそ最大の成果
  • 2018/04/12 09:00 【時事|経済全般
    【夕刊】祝・レアアース発見!自前資源と脱中国を考える (4コメント)
  • 2018/04/12 00:00 【韓国崩壊
    新版「日韓関係のトータル・ソリューション」を考察する (1コメント)
  • 2018/04/11 20:30 【時事|国内政治
    【速報】愛媛県知事に「パフォーマンス」と見抜かれる野党6党 (7コメント)
  • 2018/04/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国に必要なのは「遺憾の意」ではなく「経済制裁」 (2コメント)
  • 2018/04/11 00:00 【RMB|金融
    AIIBの現状整理・2018年4月版 (2コメント)
  • 2018/04/10 21:00 【時事|外交
    【夕刊】外交交渉が通じる中国、外交カードを理解しない韓国 (2コメント)
  • 2018/04/10 08:15 【マスメディア論|時事
    【速報】いい加減にしろ!朝日新聞による報道テロ (3コメント)
  • 2018/04/10 00:00 【韓国崩壊
    韓国の外交官は日本に受け入れないという選択 (3コメント)
  • 2018/04/09 17:04 【金融
    【夕刊】「有事の円買い」と理屈に合わない「輸出立国論」 (7コメント)
  • 2018/04/09 00:00 【マスメディア論
    インターネットは情報の切り取りを許さない (1コメント)
  • 2018/04/08 12:00 【時事|経済全般
    【夕刊】韓国のリーガル・リスクは高すぎる (6コメント)
  • 2018/04/08 00:00 【マスメディア論
    田原総一朗氏の「火消し」も手遅れ (3コメント)
  • 2018/04/07 15:15 【時事|国内政治
    【夕刊】山本真千子氏を「容疑者」として逮捕してはどうか? (3コメント)
  • 2018/04/07 00:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む (8コメント)
  • 2018/04/06 15:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】朴槿恵氏に有罪判決 (4コメント)
  • 2018/04/06 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の存在意義はないですね (4コメント)
  • 2018/04/06 00:00 【政治
    外貨準備最新状況アップデート (2コメント)
  • 2018/04/05 15:15 【時事|国内政治
    【速報】江田憲司議員のツイートは議員辞職相当 (3コメント)
  • 2018/04/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく (8コメント)
  • 2018/04/05 00:00 【外交
    危ないのはむしろ韓国外交 (1コメント)
  • 2018/04/04 13:10 【マスメディア論|時事|外交
    【夕刊】森友問題は形を変えた北朝鮮のテロ? (2コメント)
  • 2018/04/04 00:00 【韓国崩壊
    韓国経済新聞が報じた「3つの苦境」とは? (2コメント)
  • 2018/04/03 10:30 【時事|国内政治
    【夕刊】政策のない政党をあなたは支持しますか? (4コメント)
  • 2018/04/03 00:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国で猛威を振るった「KIKOオプション」 (3コメント)
  • 2018/04/02 14:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「もうお終い」なのはむしろマスゴミの方 (6コメント)
  • 2018/04/02 00:00 【韓国崩壊
    ナッツ姫が韓国という国の信頼を破壊する (3コメント)
  • 2018/04/01 10:10 【マスメディア論|時事
    【夕刊】エイプリルフールとメディアのダブル・スタンダード (3コメント)
  • 2018/04/01 00:00 【国内政治
    また始まった、民進党の政党ロンダリング (8コメント)
  • 2018/03/31 09:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】発想の転換:「テレビが映らないテレビ」 (4コメント)
  • 2018/03/31 00:00 【雑感オピニオン
    論点補足:料理でウソをつくのは不誠実 (4コメント)
  • 2018/03/30 12:55 【マスメディア論|時事
    【夕刊】敗北認めぬマスゴミに倒産という鉄槌を! (2コメント)
  • 2018/03/30 00:00 【外交
    中朝首脳会談の思惑と「6つのシナリオ」 (3コメント)
  • 2018/03/29 10:15 【時事|金融
    【夕刊】為替介入について理解しない中央日報の不見識 (7コメント)
  • 2018/03/29 00:00 【外交
    外交とはかくあるべき:「漁夫の利」について考える (2コメント)
  • 2018/03/28 09:00 【時事|外交
    【夕刊】明らかな悪意を伴った誤訳記事 (2コメント)
  • 2018/03/28 00:00 【外交
    動き出した北朝鮮情勢 (2コメント)
  • 2018/03/27 20:30 【時事|外交
    【緊急速報】西側諸国がロシア外交官追放:日本に漁夫の利? (4コメント)
  • 2018/03/27 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「膿を出す」のは財務省だ (6コメント)
  • 2018/03/27 00:00 【経済全般
    敗れつつある韓国の観光戦略と平昌五輪 (1コメント)
  • 2018/03/26 11:00 【時事|国内政治
    【夕刊】安倍政権は今こそしっかり前を向くべき (1コメント)
  • 2018/03/26 00:00 【雑感オピニオン
    日本は別にずる賢くならなくても良い (3コメント)
  • 2018/03/25 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】どうしてゴミ野党議員が横行するのか? (2コメント)
  • 2018/03/25 00:00 【韓国崩壊|外交
    ボルトン氏が「強硬派」でも対北政策は変えられない (10コメント)
  • 2018/03/24 10:20 【時事|経済全般
    【夕刊】トランプ政権の鉄鋼アルミ制裁を数値で検証する (6コメント)
  • 2018/03/24 00:00 【マスメディア論
    通信と放送の融合・補足論点 (3コメント)
  • 2018/03/23 16:25 【マスメディア論|時事|国内政治
    【緊急速報】安倍政権支持率、ニコ動調査でも下落! (3コメント)
  • 2018/03/23 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】元大統領が不幸な末路を辿る国 (1コメント)
  • 2018/03/23 00:00 【金融
    齟齬を来す米国の金融・財政政策 (2コメント)
  • 2018/03/22 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】転覆しつつある韓国の現状を見つめる (5コメント)
  • 2018/03/22 00:00 【金融
    通貨と国債の関係を考える (4コメント)
  • 2018/03/21 12:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮と「善意」について考える (3コメント)
  • 2018/03/21 00:00 【日韓スワップ|金融
    韓国紙「韓国の外貨不足額は1200億ドル」 (7コメント)
  • 2018/03/20 10:15 【時事|国内政治
    【夕刊】国会質疑が面白い! (6コメント)
  • 2018/03/20 00:00 【金融
    「国の借金」解説(2017年12月版) (6コメント)
  • 2018/03/19 11:11 【政治
    【速報】家計資産は1880兆円時代に (8コメント)
  • 2018/03/19 10:00 【時事|国内政治
    【夕刊】危機にこそ本領は発揮される (3コメント)
  • 2018/03/19 00:00 【政治
    「上念貴明」への警告 (2コメント)
  • 2018/03/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】櫻井よしこ氏の議論に「反論」する (4コメント)
  • 2018/03/18 00:00 【外交
    「日本人に対する」民族ヘイトを許すな! (2コメント)
  • 2018/03/17 21:00 【マスメディア論|時事
    【緊急速報】放送法第4条撤廃を支持する (4コメント)
  • 2018/03/17 00:00 【韓国崩壊|外交
    ハリス司令官の発言の裏にある米朝の意図 (6コメント)
  • 2018/03/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】中央日報の「勘違い記事」に見る韓国の危険性 (2コメント)
  • 2018/03/16 00:00 【韓国崩壊
    滅亡に向かう韓国との関係をマネージする (2コメント)
  • 2018/03/15 09:40 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】本職ジャーナリストによる優れた論考 (2コメント)
  • 2018/03/15 00:00 【雑感オピニオン
    日本の左翼の限界と非科学的議論の危険性 (14コメント)
  • 2018/03/14 09:00 【時事|外交
    【速報】ティラーソン国務長官更迭の影響を読む (7コメント)
  • 2018/03/14 00:00 【国内政治
    「議員の生活が一番」を徹底するとどうなるか? (3コメント)
  • 2018/03/13 21:00 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国の徐薫氏来日の意味 (7コメント)
  • 2018/03/13 11:25 【マスメディア論|時事
    【夕刊】野党さん、なぜ支持率が上がると思ったのですか? (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。