私は過去に、「楽天ブログ」「アメーバブログ」に個人ブログを運営していました。今になって読み返すと、文章がこなれておらず、読み辛い部分もあります。ただ、本日は「日本国憲法施行70周年記念日」という事情もあるため、過去の自分自身の文章を、当ウェブサイトにそのまま転記しておきたいと思います。なお、文章中、赤太字などが出てきますが、これも過去の文章をそのまま転載しているためですので、どうかご了承ください。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

犯罪をなくす!画期的な憲法私案

  • オリジナル記事タイトル 『犯罪をなくす!画期的な憲法私案~政治ブログ 2014/08/16(土)号~』
  • オリジナル記事投稿日時  2014/08/16 02:58:07 PM

閃いた!犯罪をなくす方法

今年の夏は昨年と比べ、比較的過ごし易いと思っている。今年の春に西向きの家から南向きの家に転居したため、夏場の強い西日を感じないで済むという側面もあるのかもしれないが、同じ新宿の町内であれば、夜の気温は部屋の向きが西向きだろうが南向きだろうが変わらないはずである。従って、体感気温は明らかに今年の方が過ごし易いはずだ。とはいえ、流石に東京名物の熱帯夜とは無縁でいられるはずもなく、エアコンを付けるべきか、悶々と過ごす日々も増えている。

例年より過ごし易くても夏は夏。やはり寝付けない夜もあって、昨夜はうとうととしていたときに、素晴らしい考え方が閃いた!。それは、犯罪を根本的になくす方法である。日本国憲法に、「犯罪の禁止」という条項を入れれば良いのだ!

新宿会計士私案 「日本国憲法」改正案
  • 第2章の2 犯罪の禁止
  • 第9条の2 日本国民は、正義と秩序を基調とする国内治安を誠実に希求し、法令の違反行為たる犯罪と、警察力による威嚇又は取締は、犯罪行為を取り締まる手段としては、永久にこれを放棄する。
  • ○2 前項の目的を達成するため、警察力は、これを保持しない。国の警察権は、これを認めない。

この、僅か2項の条文を日本国憲法に追加することで、犯罪を日本から永遠になくすことができるのである!上の条文は日本語として文法的にも表現的にも多少おかしいかもしれないが、我ながらこれは素晴らしい提案だ!!

…え?「憲法に犯罪の禁止規定を明記しても、犯罪は発生する」だって?

そんなことはない。現実に、日本国憲法に「第9条」があって、戦争を禁止している以上、日本は戦争に巻き込まれないではないか。

戦場に子送らせない/母親大会開幕 7200人集う 横浜(2014/08/03付 しんぶん赤旗より)

日本国憲法に犯罪の禁止を書いておけば、犯罪はなくなる。犯罪がなくなる以上、日本に警察は要らない。言い換えれば、警察があるからこそ犯罪が起こるのであり、警察を禁止すれば日本は犯罪のない国になるはずだ!!

あまりにも馬鹿らし過ぎる、真夏の夜の悪夢

あと、憲法で犯罪を禁止すれば、犯罪がなくなるはずだから、刑法も廃止すべきだ。そして、日本には検察庁も検察官もいらないし、刑務所も必要ではなくなる。え?それでも犯罪が生じたらどうするのかって?憲法で犯罪を禁止したとしても、警察が存在したら犯罪ができる国になってしまうのだ。従って、警察力も保持してはならないし、刑法も関連する施設も一切廃止しなければならない。

…。以上の「議論」は、真夏の夜に思いついた、性質の悪いジョーク(しかも全く面白くない)の一種で済まされれば良いだろう。しかし、「犯罪」を「戦争」に、「警察」を「軍隊」に置き換えたら、そのまま日本国憲法第9条になる。というか、上記条文は、日本国憲法第9条をそのまま流用したものだ。書き写してみて改めて感じたが、日本国憲法、日本語がおかしいのだ(笑)
日本国憲法第9条を読むと、次の構成要素で成り立っている。

  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する
  • (日本国民は)国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
  • 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。(主語不明)
  • 国の交戦権は、これを認めない(主語不明)

第1項部分については恐らく、二つの構成要素はいずれも主語が「日本国民」である。しかし、第2項部分については、その主語は行方不明だ。日本国憲法の構造上、日本国の主権者は国民だが(日本国憲法第前文、第1条)、国際法上、戦争は主権者の意思により行われるのではなく、その国の行政府が意思決定を行うものである。従って、第9条は日本国政府が戦争を放棄したのではなく、日本国民が主権者の意思として、戦争を放棄したのである。もちろん、当職自身、日本国の主権者の一人として、そのような意思決定をした覚えなどないが…。ちなみに日本国憲法は大日本帝国憲法の手続に従って公布・施行されたため、改憲に際しての日本国民の国民投票が行われていない点については付記しておいても良いだろう。共産党さん、朝日新聞さん、日本国憲法が民主的手続により導入されたものではないという事実を、どうお考えですか?

日本国憲法最大の欺瞞:戦争は相手方の意思によっても発生する

日本国憲法第9条の2「犯罪の禁止」を読んで頂いた方は、まともな神経をしていれば、日本国憲法第9条が抱える欺瞞がお分かり頂けるであろう。仮に日本国民(と主権者である日本国民の負託を受けて成立した日本国政府)が戦争を放棄する意思を持っていたとしても、それは日本国の意思であって、日本国に戦争を仕掛ける国が存在すれば、国際法上、戦争は成立するのである。戦争にしても犯罪にしても、必ず相手がいる世界で発生するものである。だからこそ、戦争をルール化する国際法が存在するのであり、犯罪を取り締まる刑法が存在するのである。「平和」「平和」と口で唱えていて平和になるくらいであれば、人類は文明を獲得した数千年前に既に戦争のない社会を達成しているはずである。戦争にしても犯罪にしても、法律で禁止規定を導入したところで意味がなく、従って、ルールが必要であるということは、人類の共通の知恵だ。日本国憲法は、かかる人類の知恵に真っ向から挑戦しようとする、極めて悪意と欺瞞に満ちた代物なのである。

…というところで目が覚めた。今年の夏は比較的過ごし易いが、それでも台風が沢山来ていて、自然災害も発生している。こうした災害のニュースを見ていると悲しくなる。そうだ、とても良いことを思いついた!憲法で自然災害を禁止すれば良いのではないか!?(…あまりにもバカバカしいので、以下略)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



憲法と平和の「因果関係」

  • オリジナル記事タイトル 『憲法と平和の「因果関係」~政治ブログ 2016/07/01(金)号~ 』
  • オリジナル記事投稿日時 2016-07-01 00:00:00

早いもので今日から2016年も後半に入ります。ブログ主「新宿会計士」としては年初に立てた目標(とりあえず最低限の生活ができるだけの売上高を確保すること)については何とか達成したものの、まだまだ「会社経営」というほどの売上には程遠く、ましてや従業員を雇う余裕すらありません。しかし、自分なりにいくつかのテーマを見つけており、これからは営業活動の一方で、少しずつ研究テーマをこなしていく日々が続きそうです。

さて、こんなブログ主にとっても、社会の動きに対する関心は強く、とりわけ、今月前半の参議院議員通常選挙で、日本国民がどの政党に多数を与えるのかについては目が離せません。しかし、現時点までで既に某政党の大物議員が電車内でたすきを掛けて名刺を配るなどの選挙違反行為 が目撃されているようですし、某政党の幹部が防衛費を「人を殺すための予算 」だと述べて社会的な批判を浴びているようです。ただ、当ブログでは、少なくとも個別具体的な政党名称をこちらに記載しないという方針を維持しており、これらの事件を一つひとつ取り上げるのは控えたいと思います。その代わり、「慰安婦問題」を捏造した慰安婦捏造新聞(俗名「朝日新聞」)などの極左メディアの主張などを読んでいて抱く違和感を綴っておきます。

日本国憲法第9条第2項には、こう書かれています。

「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」「国の交戦権は、これを認めない」という文章が、日本語としても稚拙であるという点もさることながら、日本国憲法が「戦争放棄」を謳ったところで、「日本が外国に侵略することを禁止する」効果はあるかもしれませんが、「外国が日本に侵略することを禁止する」効果などありません。日本人にこの憲法を押し付けたGHQが、「日本が二度と外国と戦争できないようにする」ということだけを目標に掲げていたことは明白です。

ただ、「憲法第9条(というよりも同第2項)があったから戦後の日本は平和を維持することができた」と主張する政治的勢力が、一定の力を保ってきたことも事実です。改憲するためには衆参両院で3分の2以上の国会議員による発議が必要ですが(同第96条第1項)、1946年(昭和21年)に公布されたこの憲法が、ただの一度も改正されていないという事実こそ、我々有権者の怠慢と知るべきでしょう。よく考えてみれば、「(A)憲法第9条第2項が存在したこと」と「(B)第二次世界大戦後に日本が一度も戦争に巻き込まれていないこと」はいずれも事実です。しかし(A)が(B)の理由だと考えるのは短絡的すぎます。「(B)日本が一度も戦争に巻き込まれなかった」のは事実ですが、それは「(A)憲法第9条第2項が存在したこと」が理由なのか、それともそれ以外に理由があったのか(日米同盟の存在など)、きちんと考えることもなしに「安倍政権は戦争法を推進した!」などとヒステリックに反応するのは、政治家としてもジャーナリストとしても無責任です。

その一方で、平和憲法とやらが存在していても、外国が攻めてくることもあります。

中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘(2016.6.29 07:07付 産経ニュースより)

ここに引用した産経ニュースの報道が事実なら、中国は「超えてはならない一線」を超えてしまった可能性があります。ただ、産経ニュースに限らず、最近、中国が日本など周辺国に対して領土的野心をむき出しにしている事例が相次いでいます。「平和憲法が存在するから平和が保たれている」、「軍備を拡充すれば中国を挑発することになる」といった因果関係が果たして本当に正しいのか、参院選を前に有権者がじっくりと考えてみるべきではないでしょうか?

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



憲法第9条教は悪質な工作員による活動だ!

以上、2014年8月に投稿した「真夏の夜の悪夢」、2016年7月に投稿した「憲法第9条教の撲滅」という、二つの記事を再録してみました。記事の文体は、現在、私がウェブサイトに執筆しているものとは異なるため、読み辛い部分もあろうかと思いますが、是非、ご参考になさってください。

ところで、どれだけ日本が戦争を放棄する意思を持っていたとしても、外国が戦争を仕掛けてくれば、戦争は発生します。その意味で、「憲法第9条教」の主張は、明らかに論理破綻しています。そして、最近になって私は、「憲法第9条さえ守っていれば外国は攻めてこない」という主張は、どこか外国の悪意を受けたものではないかとすら、思うようになりました。

こうした欺瞞を主張している主体は、日本共産党、朝日新聞社、日弁連など、明らかな「パヨク勢力」に偏っています。

ただ、日本国民一人ひとりが賢くなれば、こうした欺瞞(ぎまん)にも騙されなくなります。その意味で、私は一種の「啓蒙サイト」として、ウェブサイトを通じた言論活動が重要だと考えているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。