立憲民主党の県連常任顧問が乗車券詐取等の疑いで逮捕

「また」立憲民主党でしょうか。同党の岐阜県連の「常任顧問」を務める山下八洲夫容疑者が新幹線のグリーン券などをだまし取った容疑で愛知県警に逮捕されました。しかも、本件について現時点において立憲民主党の公式ウェブサイトに何らかの声名は出ていません。ちなみに山下容疑者は社会党の衆議院議員、民主党の参議院議員などを務めたのだそうです。

時事通信に今朝、こんな記事が掲載されていました。

元参院議員の男逮捕 新幹線グリーン券詐取容疑―愛知県警

―――2022年05月09日01時09分付 時事通信より

これによると、立憲民主党の岐阜県連の常任顧問で元参議院議員の山下八洲夫容疑者(79)が現職国会議員になりすまし、東海道新幹線のグリーン券などをだまし取ったとして、8日、愛知県警に逮捕されたのだそうです。

(※ちなみに記事タイトルでは「元参院議員の男」とありますが、どうして「立憲民主党の常任顧問」などと表記しないのか、疑問ではあります。)

山下容疑者の経歴を確認してみると、1983年に当時の社会党公認で衆議院議員選挙に出馬して初当選し、4期務めたものの、1996年の社民党結成時には民主党に参加しようとして失敗。同年の衆院選では無所属で出馬し、落選しています。

その後、1997年に民主党に参加し、1998年には参議院選挙で当選し、2期務めたものの、2010年の参院選で落選し、2018年には民進党を離党し、立憲民主党に参加したようです。

現時点ではまだ「犯罪者」ではなく「容疑者」の段階ではあるにせよ、ある意味で、大変に立憲民主党らしい人物と思わざるを得ません。というのも、この件について時事通信が報じてから9時間近くが経過するなかで、立憲民主党が公式ウェブサイトで本件について言及した形跡はないからです。

このあたり、自民党や政府関係者の不祥事(?)に対しては舌鋒鋭く批判するくせに、自分たちの不祥事についてはダンマリを決め込むという事例が、特定野党やマスメディア業界には多すぎるように思えるのですが、いかがでしょうか?

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    蓮舫&辻元コンビが「税金の無駄遣いを1円もさせたくない」と演説した後に、この話題。自爆を狙ったとしか思えないくらいの精密なブーメランですね。立憲民主党って恥ずかしくないのかな?

    1. 雪だんご より:

      「恥を感じたら負け」と言う考え方なのかも知れません。
      妙に野党に優しいマスコミにもそういう傾向は見られますし。

      1. 通りすがり より:

        そもそも「恥」という概念そのものを持ち合わせていないのでは?
        特亜メンタルも甚だしいので。

  2. わんわん より:

    今回のケースとは違うが「公私混同」については以前から問題になってましたね
    衆議院
    https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171415.htm
     不正使用防止のため ICカードによる一括管理ができないものでしょうか?

    参考 選挙ドットコム
    https://go2senkyo.com/articles/2016/06/20/19635.html

  3. 裏縦貫線 より:

    文書通信交通滞在費を使い尽くそうが国会議員パスで日本一周二周観光しようが、各地域の実情に接して政策提案に活かしてくれれば後は有権者の判断だ、と考えていましたが、落選しても議員特権を他人名義で使うとは…”感心”するほかありません。

  4. 攻撃型原潜”#$〇X より:

    記事には、

    >議員時代に支給されたJR無料パスを提示した上

    とありますが、議員でなくなっても回収されないのが不思議。今回だけでなく過去幾度も同じ手口で詐取してきたのと違いますか。

  5. 匿名 より:

    自民党現職議員の名前を無断で使用していたとの報道。立憲ではなく自民党議員が使ったように見せかけるとは下らない知恵だけは回るようで。。

    1. 元ジェネラリスト より:

      海外でとっ捕まった第三国の方が、「俺は日本人だ」と言う話を思い出しました。

  6. 匿名 より:

    産経新聞は昨日の夜の時点で
     「元参院議員、立憲民主の県連幹部を逮捕 グリーン券詐取疑い」
    としていましたね。
    メディアごとに違う、というと軽いかもしれませんので、与党に対して言っていた「忖度」という言葉を使うべきかもしれません。
    https://www.sankei.com/article/20220508-B2SGW56Z4VN27DMVNBYRMFQDQE/

  7. ナニガシ より:

    立民がどんな対応するか、見ものですね。
    泉代表は謝罪したようですが、それじゃ済まないですよね。
    もう5月です。
    CLPのような一方的な宣言で終わりにしたら、と胸がドキドキします。

  8. 通りすがり より:

    「毎日サンデーモーニング」と言っても過言ではない森本毅郎の朝のラジオ番組では、今朝は時事通信の解説委員長である山田恵資が森本と共に朝日新聞及び東京新聞の記事をネタに未だに桜を見る会前夜祭のことで安倍元総理を口汚く罵っていたが、こういった立件共産党構成員のネタは何も言わない。時事通信の体質がもろに顕れている。

  9. 匿名2 より:

    立憲民主党は社会党の時代から本当に仕事をしない議員の集まりです。国会議員のみならず県会議員、府会議員、都議会議員、市会議員まですべてそうです。

    本当に、世の中に、彼らほど楽をして金を得ているヤカラは他にいません。

    泉健太がさっそく、立憲民主党は国会で民主主義を守るためのカナリアの役割を果たすなどと言いました。早くも、〝仕事をしない宣言を” しましたね。もう確信犯なんですよ。予想通りですけど。

    ロクに仕事もしないクソ議員がタダで新幹線に乗って、しかもグリーン車なんですね。まったく税金を払う国民も舐められたものです。

    こんな正真正銘のクソ野郎は、生涯年金など取り上げてブタ箱にぶち込みましょう。国民はもっと怒らなくてはだめです。

    それにしても、立憲民主党みたいな、全く仕事をせず、税金を浪費するだけのクソ議員集団、なんとかなりませんかねえ。国会運営にペナルティー制度を導入し、批判するだけで対案を出さない生産性のカケラも無いような政党は、さっさと政界から排除できるような仕組みを作れないものでしょうか?

    1. 舎人(とねり) より:

      堕ちたな、山下ヤスオ。

      元々、社会党系左翼の重鎮だった人。強烈に覚えているのは彼が2002-3年頃に経済問題の代表質問に立った時のこと。

      景気と金利の関係(景気が過熱すれば金利が上昇するとか、景気が弱まれば金利が低下するとか)というような基礎的な経済知識すらほとんど知らなくて、失笑を通り越して唖然とさせられた。

      いかにパヨクが揚げ足とりだけに夢中になり、現実の問題を勉強していないか再認識した。

      立憲民主党の議員諸君、今の山下の姿が将来の君たちの姿だ!

  10. トシ より:

    https://www.youtube.com/watch?v=dj_gAlfGsOM

    中日新聞が山下氏の逮捕、任意同行を撮影していた。

    普通、こういう瞬間に立ち会えるものなのだろうか?
    JR東海や警察から情報が入ったのか?

    撮影が中日新聞(東京新聞の親会社)というのもジワるw

    いずれにせよ、期待にたがわぬ立憲クヲリティーを見せてくれたw

  11. カズ より:

    立民は、”グリーン券問題をクリーンに”しないとなんですよね。
    良い土(風土)でなければ、良い人材は育たないのですから・・。

  12. 美術好きのおばさん より:

    悪い事はできません。犯行発覚の経緯が、こちら。

    「山下元議員は往復の特急券を申請したものの、駅員が誤って片道の特急券2枚を発行していたことから、JR東海が謝罪のため申込書に記された国会議員の事務所に連絡したところ被害が分かったということです。」(NHK Web Newsより)

    ところで、この片道の特急券2枚、ご自分で使用したんでしょうか?よもや、金券ショップに持ち込み?

  13. KY より:

     昨日の昼のニュースでは立憲民主所属と言う事実をスルーしてマスゴミは報道してましたね。
     一体どんだけかの野党に「忖度」してるのやら。

  14. 団塊の世代の現役親父 より:

    ・名前を無断使用された自民党代議士って、誰?

    ・この事件で、日本維新の会の岬議員の経歴詐称の報道が消えちゃった!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。