【速報】オミクロン防疫:すべての外国人入国を禁止へ

岸田首相は本日、アフリカで確認された「オミクロン株」の防疫などを目的に、すべての外国人の入国を30日以降禁止すると述べました。また、観光目的の入国について年内をめどに再開の検討に入るという方針については、岸田首相は会見で明言はしませんでしたが、現実的には厳しいのかもしれません。(※なお、18:00付で誤字の修正を加えています。)

本日の「速報」であり、メモ的に紹介します。

新型コロナウィルスに関連し、アフリカで確認された「オミクロン株」の防疫などを目的に、岸田文雄首相は先ほど、「すべての外国人の入国を禁止する」と発表しました。

オミクロン株に関する水際対策等についての会見

―――2021/11/29付 首相官邸HPより

岸田首相はオミクロン株が26日、世界保健機関(WHO)から「懸念される変異株」に指定されたことを受け、「わが国も最悪の事態を避けるため、緊急避難的な予防措置として、外国人の入国を11月30日午前0時より全世界を対象に禁止する」と述べました。

といっても、日本国籍を持つ人の入国を禁止することはできませんので、これについては「南アフリカなど9ヵ国に加え、感染が確認された14ヵ国・地域から帰国する場合はリスクに応じて指定施設における厳格な隔離措置を実施する」と述べています。

また、ナミビア共和国からの入国者で1人の陽性者が出た、とする情報があることについては、現時点ではオミクロン株かどうかはまだ判断されておらず、ゲノム解析には4~5日が必要だ、などと述べています。

そのうえで、「観光目的の入国について年内をめどに再開の検討に入る」との方針については、とりあえずは言明を避けた格好です。

ただ、現実には観光目的の入国再開は難しいのかもしれません。

※なお、本文中、当初公表版に誤字がありましたので、後刻、修正しています。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    >子弟施設における厳格な隔離措置をじっしする
    慌ててましたか?

  2. だんな より:

    WOW KOREAから
    文大統領「ウィズコロナは後退させない」…「ワクチン3次接種してこそ “接種完了”」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/52a89baa2811025c2a406eccaed7d8efe24946e1
    >文在寅大統領はきょう(29日)「やっとの思いで開始した “段階的日常回復(ウィズコロナ)”を過去に後戻りさせることはできない」と語った。
    文大統領は「今我々は、これまでとは次元の異なる山に直面している」とし「この山を越えられなければ段階的日常回復は失敗に終わるという、より大きな危機に直面することになるだろう」と語った。

    さすが文在寅大統領。期待通り「正しい判断」をしてくれました。
    まだまだ、段階的日常回復の失敗は認めないニダ。
    頑張れムンムン♪負けるなムンムン♪
    どうなっても知らんけど。

    さて晩御飯は、何にするかな。

    1. だんな より:

      ロイターから
      韓国、コロナ規制緩和計画停止 医療逼迫と新変異株で
      https://news.yahoo.co.jp/articles/4a9cdc678482a54203e143309bf5e00fea6c80d7
      >韓国政府は29日、新型コロナウイルス感染者の入院増加による医療体制逼迫や、新たな変異株「オミクロン」の出現を受け、行動規制緩和計画を停止したと発表した。

      「え”」
      もう晩御飯食べちゃったけどね。

      1. だんな より:

        これが正解みたい。
        文大統領「ウィズコロナ第2段階への移行保留」 4週間の特別防疫実施へ
        https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20211129002800882
        安心したニダ。

  3. 引きこもり中年 より:

    毎度、バカバカしいお話を
    新聞社の編集長が、「新型コロナ対策で岸田総理が、入国禁止をしたら、それを批判する記事を。入国禁止しなかったら、それを批判する記事を書くので、その準備をするように」と指示したんだって。どちらにしても、記事が売れるから。
    おあとが、よろしくないようで。

    1. 引きこもり中年 より:

      すみません。追加です。
      岸田総理の入国禁止の決断は、岸田総理がしたのでしょうか。それとも、菅義偉総理時代から準備だけはしていて、それに従っただけでしょうか。

      1. 引きこもり中年 より:

        すみません。また、追加です。
        明日は、立憲党首選の投票日ですが、マスコミの話題は、新型コロナ対策の入国禁止になるでしょう。

    2. 播州人 より:

      引きこもり中年様

      >「新型コロナ対策で岸田総理が、入国禁止をしたら、それを批判する記事を。入国禁止しなかったら、それを批判する記事を書くので、その準備をするように」

      概ね同意致します、というかいつもの事ですので。
      しかしテレ朝の玉川氏は今朝こんなコトをのたまわってたそうです。

      【玉川徹氏 オミクロン株阻止へ「すべての外国人を止めるというのが最も合理的」】
      ttps://news.yahoo.co.jp/articles/437421a855d35cf6b2e806bcd91d8b7347a7ab2b

      <(引用開始)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターで同局社員の玉川徹氏が29日、同番組に出演し、新型コロナウイルスの変異型オミクロン株の世界的な感染拡大をめぐり、日本の水際対策について言及した。]
      ~(中略)~ 「これから世界中でどんどん広がっていく可能性がある。今日本は9か国からの入国者が対象ですが、南アフリカだけでなく、いろんなところから経由して入ってくるとなれば、どこから入ってくるかもわからない。すべての外国人を止めるというのが最も合理的な方法だと思う」とイスラエル方式をすべきだとした。>

      イスラエルより期限つけてない岸田総理の方が厳しいコトを言いました。
      これに関し、少なくともテレ朝、モーニングショーでは岸田批判は起きないでしょうww
      まぁ発言をコロっと忘れて、政権批判するヤツらですから油断は出来ませんが^^

    3. 七味 より:

      引きこもり中年様

      (・∀・)/ ハーイ
      ふたつ用意すると、すくなくとも一方が無駄になるからもったいないと思うのです♪

      だから「新型コロナ対策で岸田総理が、入国禁止をしてもしなくても、それを批判する記事を書くので、その準備をするように」と指示したんだと思うのです♪

      ということで、こんな駄文を準備しておけばオッケーじゃないかな??

      「○日、新型コロナウィルスに関連しアフリカで「オミクロン株」が確認されたことを受けて、その水際対策について岸田総理は発表した。オミクロン株については、確認当初からその性質が注目されており、世界保健機構(WHO)は26日には「懸念される変異株」に指定している。このような動きに対して、岸田総理の動きは遅きに失していないだろうか。新型コロナウィルスには、様々な変異株が発生しており、その性質も様々であることに鑑みれば、情報収集と分析を怠らず迅速な対応を行うことが肝要であることは言うまでもない。それにも関わらず、ただ世界保健機構(WHO)の判断を待つだけの受け身の姿勢であったように思われる。
      今回の岸田総理の対応に関しては、かねてから指摘する声もあったという「優柔不断」との懸念を強め、国民の命と生活を共に守る責任を持つ総理大臣としては心許ないと考えた者も多いのではないだろうか。」

  4. 迷王星 より:

    決断力の欠如が目立っていた岸田さんが使える決断を速やかに下すとは珍しい.
    「岸田首相には失望した」という世間の評判が耳に入ってよほど堪えているのかな.

    もっとも有事の私権制限に関する法制が日本は全く欠落しているために,日本国民が感染が広まってる国々から帰国するのを規制したり入国後の一定期間を隔離して感染の有無を確認するのは不可能なので,日本国民が感染が既に急速に拡大しつつある欧州などからο株を持ち込み国内で感染を広める危険性は十分過ぎるほどありますが.

  5. まんなっか より:

    一個人の感想としては、総理の英断だと思います。
    もしオミクロンの感染力がデルタを上回るなら、ひと月もしないうちにヨーロッパで感染拡大するので重症度を見定めることが出来ましょう。国内に流入すれば日本といえど感染抑制は恐らく不可能なので(デルタでも抑えられた大国は少ない)、mRNAワクチンの対応の為の時間を稼ぐ必要があります。
    たいしたことなく大山鳴動して鼠一匹ならば経済活動で出血することになりますが、感染爆発でのケースでの被害から見れば許容できる範囲になるんじゃないかな、と。

  6. 農家の三男坊 より:

    髭の隊長”いい仕事”しています。
    官邸HPには”原則”が付いていませんが、
    産経の記事には”原則”がついて、”外国人の新規入国を一時的に原則停止する方針を表明した。”
    となっている件に関し、

    ”原則”の抜け穴をキツク塞ぐように申し入れたそうです。

    東京五輪で”専門の自術者”は原則の外だったので、イベント屋や興行主(なんの?)が悪知恵を働かせるのを防ぐためかな?

  7. 農家の三男坊 より:

    今回予想外に岸田さんが決断力のあるところを見せましたが、北京五輪が終わるまでは安心できません。岸田ー林ラインは親中という評価があり、天安門事件後の宮澤喜一と同じ失敗をやりかねないので。

  8. どみそ より:

    「外国人入国禁止」
    油断してはいけないのは 業務で日本に出入りする人が いること。
    台湾で感染が多発したきっかけは 航空機の乗務員から拡散したと きいております。
    航空・船舶・米軍関係は 出入りが止まるわけではありませんから 心配は尽きません。

  9. 匿名29号 より:

    完全に人の出入を止めることは出来ないし、鎖国を永遠に続けることも出来ないので、オミクロン株の性格が判明するまでの時間稼ぎです。特効薬が早く出来るといいですね。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      去年の夏過ぎから言いたいセリフは、
      「オメエラ、ビビッてんじゃねえよ」
      死者数も致死率も日本では大したことがない。
      未知の伝染病への心配なんて、切りがない。
      今の日本、枯れススキにおののいてるとしか思えません。

      1. 愛読者 より:

        同感です。ここ1年半で,コロナ研究が急速に進展して,そこで得られた知見から考えると,少なくとも日本では,そんなに心配しなくてもいい気がします。感染者数ではなくて死者数のほうの話ですけど。欧米は別として。それから,コロナ以外のウイルスも別ですよ。

  10. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    今の情報では
    オミクロン株は感染力は強いけど、重症化率は低そうに思える

  11. りちゃ より:

    全世界からの外国人の新規入国 あすから原則停止へ 岸田首相 | 新型コロナウイルス | NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211129/k10013366101000.html
    より引用
    「外国人の新規入国を原則停止することを明らかにしました。」

    入国者数=新規入国者数(700万人)+再入国者数(100万人)【平成18年度の数字】
    再入国はすり抜ける・・・中途半端だなぁ

  12. がみ より:

    根拠のなるデータは見つからなかったのですが、日本では上水道の滅菌に塩素を・アメリカ等ではフッ素を使っているのも因子の一つではないかと。

    塩素は工業生産時に否応なしに出来てしまい、処理に困った挙げ句の滅菌剤使用ですが、欧米では第一次世界対戦で毒ガス兵器に使われたことから抵抗があるようです。

    また中国も含むアジア・中東・アフリカ・南米の国々の多くの国では滅菌処理すらせず、飲料水と生活用水は別物でうがいも出来ない所もあります。
    糸ミミズ状の生物が蛇口から出て来たり、砂漠を通ってくり間に水が湯になってたり。

    手洗い・うがいの励行とかいっても現実的でない国も少なくありません。

    社会インフラの基礎的な部分で相違があります。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。