韓国の大統領候補が「韓日関係修復とG7入り」公約に

韓国の次期大統領としての有力候補の1人とされる「保守派」の洪準杓(こう・じゅんひょう)氏は本日、「GSOMIA維持」、「韓日間の未来協力のための包括的パートナーシップ共同宣言」、「慰安婦および強制労役問題の早期に解決」などの日韓関係修復に加え、G7入りを目指す、などとする項目から構成される「外交公約」を公表したそうです。韓国が壊してきた日韓関係が修復できるというのかどうかはさておき、ずいぶんと野心的な公約です。

すべては韓国の問題:日本はテーパリングを進める

先ほどの『韓国メディア「来月に韓日首脳会談が行われる可能性」』に続き、本稿でももうひとつ、日韓関係についての話題を取り上げておきたいと思います。

普段から当ウェブサイトで述べているとおり、日韓関係といえば、大きなところでは竹島不法占拠問題、小さなところでは仏像の窃盗問題に代表されるとおり、さまざまな懸案が横たわっており、なかでも最近の問題は自称元徴用工、自称元慰安婦などの「歴史問題」です。

しかし、それらの多くは結局のところ、韓国による国際法違反、国際条約違反、国際約束違反、国を挙げたウソ・捏造などの問題に帰するのであり、正直、日本政府、あるいは私たち日本人の立場からすれば、これらの問題を解決するためにできることはありません。

あるいは、敢えて「解決」しようとして、日本が国際法の原理、原則を捻じ曲げて、韓国に対して譲歩して謝罪でも賠償でも何でもしてみたらよい、とおっしゃる方もいますが、2015年12月の日韓慰安婦合意が示唆するとおり、日本がいくら謝罪しても賠償しても、結局、韓国はそれらの約束を破ってしまいます。

こんな不健全な関係、永続するはずがありません。

もちろん、現在の日本にとって、韓国との関係は重要ですので、「今すぐ日韓断交する」などのハードランディングシナリオは避けねばならないのですが、それと同時に、日本が現在取っている行動は、結果として、徐々に韓国(や中国)との相対的な重要性を低めることにつながっていることも間違いありません。

たとえば日本は近年、外交・防衛上の軸足を「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)に移し、経済上の軸足を環太平洋パートナーシップCPTPPなどに移し、台湾やASEANなどとのワクチン協力などを深めていますが、これも日本が国として、韓国との関係を諦め始めている証拠といえるかもしれません。

これが当ウェブサイトの用語でいう「日韓関係テーパリング」論です。

保守大統領候補「韓日関係の推進」

ただ、こうした動きに対し、やはり反動が生じて来たようです。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)によると、韓国の最大野党で保守政党「国民の力」に所属する洪準杓(こう・じゅんひょう)氏が27日発表した外交公約のなかに、日本との関係に関するものが含まれていたのだそうです。

韓国野党大統領候補の洪準杓氏、外交公約を発表「GSOMIA維持、慰安婦強制労役問題の早期解決」

―――2021.10.27 11:08付 中央日報日本語版より

中央日報が報じた概要は、こうです。

  • 韓日GSOMIA(※1)を維持する
  • 岸田文雄首相との間で「韓日間の未来協力のための包括的パートナーシップ共同宣言」を推進する
  • 慰安婦および強制労役問題(※2)は早期に解決されるようにする

ずいぶんと、「野心的な」公約です(※「野心的な」とは褒め言葉とは限りませんが…)。

日韓GSOMIAについては、日本の対韓輸出管理適正化措置発動に対する報復として、2019年8月に韓国政府が日本政府に対し、「終了する」と通知したものですが、これについては韓国政府的には「終了通知の効力を中断している」に過ぎないことになっているようです。

もちろん、『あれから1年:いまだにGSOMIA破棄できない韓国』などでも報告したとおり、韓国政府の「GSOMIA終了通告の効力中止」なる概念は、国際法上もあり得ないものであり、韓国の独り相撲、というわけです。

また、岸田首相の了解を得たわけでもないのに、「包括的パートナーシップ」というのも、じつに面黒い発想でしょう。日本は常に「未来志向の日韓関係」を志向して来ましたが、韓国側からの動きは常にこれに反するものでしたし、今さら「未来志向」などと言われても正直、困ってしまいます。

さらに、自称元慰安婦、自称元徴用工などの歴史問題については、法的には1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決がついている問題であり、実質的には韓国のウソ、捏造のたぐいのものでもあるため、その解決の全責任は韓国のみにあります。

日本としては、自称元慰安婦問題については2015年12月の慰安婦合意により、自称元徴用工問題については2019年の日韓請求権協定に基づく協議・仲裁努力により、できることはすべてやりましたので、これ以上の外交努力を講じようにも、やりようがないのです。

文在寅政権で崩れたものが戻る保証はない

もっとも、中央日報によると、洪準杓氏はこの日の記者会見で、次のようにも述べたのだそうです。

『国益優先』の大原則の下、韓米・韓中・韓日など崩れた対外関係を正常化することによって国の自負心を回復し、主要7カ国(G7)先進国飛躍の基礎を用意する」。

あれ?

今年のG7サミットに(ゲスト国として)参加したことで、韓国国内では「ついにわが国もG8だ」、などとする議論が出ていませんでしたっけ?

いずれにせよ、洪準杓氏の「米韓、中韓、日韓などの崩れた外交関係を正常化する」のくだりからは、文在寅(ぶん・ざいいん)政権がいかに韓国の外交をメチャクチャにしたかという、彼自身の問題意識が見て取れますが、仮に洪準杓氏が次期大統領になったとして、外交関係が元どおりになるという保証もありません。

いずれにせよ、「保守」側が次期大統領候補に洪準杓氏を選ぶのか、元検事総長でもある尹錫悦(いん・しゃくえつ)氏を選ぶのかはわかりませんし、その保守候補が勝つのか、左派の李在明(り・ざいめい)前京畿道知事が勝つのか、それ以外の候補が勝つのかもわかりません。

ただ、個人的には、だれが次期大統領になったとしても、安倍晋三総理大臣が韓国のことを「基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と述べたような状況に戻る可能性は非常に低いと考えて良いのではないか、などと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. M1A2 より:

     早期に解決するって言われましても、日本が受け入れ可能な解決策を韓国が提示しないと永久に解決しないんですが、この方は理解していらっしゃるのでしょうか?
    GSOMIAの件も日本は何もしていない、韓国の独り相撲で墓穴を掘って勝手に埋まって身動き取れなくなってるだけ、自業自得なんだよなぁ。

  2. 陰謀論者 より:

    私にとって韓国は、過去にトラブルがあり二度と金は貸さないと決めている(回収は諦めた)隣人みたいなものですからねえ。
     家長が変わろが、子供が出来ようが、向こうの事情でまたお金貸してねと言う話なら願いさげなのです。
     基本的な価値観の中には、借りた金は返さないといけないと言うことも含まれているのです。

  3. haduki より:

    新宿会計士様とその読者様の間では既に周知の話ですが
    韓国大統領が真剣に日本との関係改善をしようと思っても、韓国社会の世論的に慰安婦合意を履行する事も所謂徴用工の対日賠償を諦めて韓国政府が救済する事も許されないでしょう。このため誰がなっても日本との関係は現状維持がせいぜいでしょうね。
    その現状維持もできるかというと、大統領の支持率が衰えたときに反日でブーストする誘惑に勝つのは困難でしょうし。

    韓国の大統領選の結果で変わるのは、日本との関係悪化のペースが加速するか鈍化するかだと思います。

  4. だんな より:

    鈴置さんが、韓国大統領選挙について、プライムニュースで言ってました。
    「大ボラ吹いたもん勝ち」。

    左右の候補とも根拠無く「日韓関係は、改善させる」と言いながら、反日発言して、相手候補に親日派のレッテルを貼り合いに必死になるのは、決まりでしょう。

  5. 伊江太 より:

    >韓米・韓中・韓日など崩れた対外関係を正常化することによって国の自負心を回復し、

    これって、意味分かった上で、言ってるんでしょうか?

    韓米関係の正常化=対中、対北関係の冷却化。運動圏連中が黙っているとは思えないけど。
    韓中関係の正常化=もうアチラは属国化完了と見なしていると思うよ。今更言ってみても、
    韓日関係の正常化=過去にした分も含め、約束はきっちり守ります=自負心ズタボロ。

    >主要7カ国(G7)先進国飛躍の基礎を用意する

    はて基礎?
    とうにその資格があるのに、日本が邪魔して…、がデフォルトじゃなかったっけ。

    1. だんな より:

      伊江太 さま
      >韓米・韓中・韓日など崩れた対外関係を正常化することによって国の自負心を回復し、

      この部分は、ただ文大統領の外交の失敗を指摘しているんだと思います。
      韓国人について「具体的な解決方法を考えられる」という前提は、当てはまらないと思います。

    2. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      セオル号沈没の前日に「韓国は朝貢関係に戻るべき」と中国高官に言われたらしいよ

  6. マスオ より:

    > 韓日関係の推進
    いやいやいや、そんなことしたら親日罪で捕まってしまいますよ。
    すぐにローソク灯されて刑務所行きです。
    偉大な文大統領を超える、壮絶な反日をやらないとw

    1. より:

      皆さん重大な誤解をされています。
      韓国大統領候補が言うところの韓日関係の改善とか推進とかというのは、あくまでも韓国から見てのものでしかありません。すなわち、韓国がどれほど身勝手な要求をしようが、すべて日本が甘んじて受け入れてくれるような関係を目指すということです。間違っても、日本の親韓派が期待しているような「改善」ではありません。

      関係改善とか謝罪といった語の意味は、日本と韓国とでは全く異なっているということに留意すべきです。

      1. 門外漢 より:

        龍 様

        >韓日関係の改善

        日本の親韓派も「韓国がどれほど身勝手な要求をしようが、すべて日本が甘んじて受け入れる」関係を想定してるんじゃありませんかねえ?

        1. より:

          それは媚韓派と呼ぶべき輩であり、生粋の親韓派にとっては、むしろ最大の敵でしょう。一応は区別しておいてあげないと。

  7. 引きこもり中年 より:

    この韓国大統領候補の公約を聞いて、鳩山由紀夫民主党党首(当時)の「(普天間基地は)最低でも県外、できれば国外」を思い出したのは、私だけでしょうか。

  8. がみ より:

    あげられた外交公約の全てがひとつも日本も含む他国の利益にはならないというのは見事かと。

    コロナが無くても文政権で韓国が莫大に作った負債を、次期大統領は左右どちらから選ばれても返済しなくてはなりませんが出来るとまるで思えません。

    別にそれでも日本にすり寄って来なければどうでもいいけど。

    保守と言われる方々だって天安門広場の軍事パレードに習近平やジンバブエのムガベと並んで立つのが誇らしかったくらいのレベルですよね。

    米露中対立の構図から韓国は既に脱落していると各国計算済みだと思うのですが?

  9. 七味 より:

    日本との関係なんかより、
    >中国との不合理な外交約束の公式破棄
    こんなこと言って大丈夫なんでしょうか?

    日本は約束を破られても未だに「韓国が関係改善の切っ掛けを作って欲しい」と口だけなんだけど、中国は速攻で殴りかかってくるんじゃないのかな??

    いやまぁ、余所の国のことだから、どうでも良いんですけどね♪

    1. おとと より:

      >中国との不合理な外交約束の公式破

      三不のことなら『あれは正式な条約ではないから不履行ても大丈夫なんじゃないかなぁ~、だよね?』とK国の政治家の誰か(忘れた)が既に言ってますね。で、本当にやるのかな?ワクワクします。

  10. 匿名29号 より:

    今真っ最中の日本の衆議院選挙も似たような公約で溢れていませんか。驚いたのは多くの大学生が10月31日で思い出すのはハロウィンだけで投票日も知らず、インタビューでは口を揃えて(TV局が敢えてそのような結果ばかり集めたのか)「どの政党に投票したらよいかわかんなーい」といっていること。そのための投票マッチングアプリまであるとは隔世の感があります。
    各党の公約に基づき投票マッチングアプリを使って選べば共産党でも上位に上がれます。全共闘の世代(投票率も60代、70代がダントツに高いそうで)からすると信じられない学生の風潮ですが、まぁ、ピケを張って暴れるよりはましかもしれません。あっ、自分はそんなことはしませんでした。
    今回の選挙では既存マスコミを駆逐しつつあるインターネットの影響と、ハロウィンしか思いつかない若い世代の影響がどの程度かを測る例になりそうです。
    一方の韓国の若い世代の影響はどんなものなんでしょうね。 オジイの言う日韓関係やGSOMIAなどを韓国の若い世代はどの程度知っているのでしょう。小さい頃から反日教育されているため、変わらないようにも思います。

  11. 匿名 より:

    100年前のように併合すれば(してもらえば)すべて解決でしかも一等国の仲間入りだ! っと間違っても口に出せないけどそう思ってる奴もいるんだろうな・・・すっげー嫌だけどw

    1. ちょrんぼ より:

      匿名様

      やはり、そう思いますよね。
      立憲が「国籍を持たない人達の為に選挙に行け!!」と言っておりますしね。

  12. はにわファクトリー より:

    「ソウル支局こそ、韓国外しを思い知れ」
    「決断はなされた。日本国は台湾を選んだ」
    「事実をソウル支局は半島に認識せしめよ」

    ここしばらくは有効そうなスローガンはこれですかね

  13. 竹光 より:

    向こうのやり方を真似て、こちらからも同様の内容を発表するというのは如何でしょうか
    「本日韓国外交部より以下のような申入れがあった」
    1.日韓GSOMIAを維持する
    2.岸田文雄首相との間で「日韓間の未来協力のための包括的パートナーシップ共同宣言」を推進する
    3.慰安婦および強制労役問題は韓国内において早期に解決されるようにする
    4.竹島から人員を引揚げ、二度と領土的主張をしない
    5.自衛隊への侮辱的な振舞は今後一切行わない

  14. どみそ より:

    こういう ただ言い放っただけの甘い言葉に 日本のマスコミ・親韓諸氏が 「韓国は反省している」、「日本に秋波を送っている」と 騒ぎだし 日本に妥協、韓国支援をいいだすのでしょう。
    日本が自ら日本の首を絞めないように。

  15. WindKnight.jp より:

    それだけでなく、中国や北朝鮮の関係まで修正しないと日韓関係の修復は出来ないのですが。
    さて、どこまで出来るかな?

  16. クロワッサン より:

    そもそも韓国の対中関係って崩れてましたっけ?

    1. より:

      「あるべき姿に戻りつつあるが、まだまだスピードが足りない。もっと全速力で宗主国様の懐に回帰しなければならない」ということではないかと。

      1. クロワッサン より:

        龍 さん

        朝貢外交で利益を得たかつての栄華をもう一度!って事ですねw

    2. 伊江太 より:

      クロワッサン様

      呼びつけたら、習近平が尻尾振って飛んでくる。

      そんな関係構築を夢見ているんでしょう(笑)。

      1. クロワッサン より:

        伊江太 さん

        いやいや、韓国の真の保守派であれば「東方礼儀の国」と可愛がられたかつての関係を復活させようとするんじゃないかとw

        なので、中国からの大使を「迎恩門」で「三跪九叩頭の礼」でお出迎えする関係になりたいんじゃないかとw

  17. 惚け老人 より:

    中央日報が報じた概要は、こうです。

    1.韓日GSOMIAを維持する
      条約を守る意思があるなら日本には異議がないように思いますが。

    2.岸田文雄首相との間で「韓日間の未来協力のための包括的パートナーシップ共同宣言」を推進する
     条約も、国同士の約束も守らない南朝鮮との間で岸田首相がそんなイカサマの共同宣言を発表することは無理と思いますが。竹島の強奪状態を謝罪し、無条件に竹島から全て撤退して二度と不法行為をしないと約束し、今後国民に対して反日教育及び反日行動を行わないというなら話は岸田首相も検討する余地があるかも知れませんがね。

    3.慰安婦および強制労役問題は早期に解決されるようにする
     それはあんたの国が解決する気になればあっという間に解決するでしょうよ。日本には何の責任もないのですからね。だけど今までのような行動をしていては無理と思いますがね。全てあんたの国次第と言うことですが。

    4.G7入りをお望みとも言う情報もありますが、条約を守らない、国と国との約束も守らないと言う現状では無理と思いますが、よく考えて、今まで日本に対して条約を守らない、国と国との約束も守らない行動を取り、嘘のプロパガンダを世界中に吹聴して日本に迷惑を掛けたことを世界中に対して謝罪し、それに加えて支那と手を切り、自由世界の国々と連携することを宣誓下上で、今後は反日行動を一切行わないと宣言するなら、G7参加が許可されるかも知れませんがね。

  18. 福沢諭吉 より:

    韓国の対日ネガキャンがこれまで成功?してきた背景の一つに、韓国の国際社会における知名度の低さがあったと思います。
    一般の人付き合いでも、よく知らない人で面倒くさそうな人には、適当に話を聞いたふりをして、かわしておくことはよくあることかと思います。それと似たような感じではないかと。
    つまり、小賢しい半島人は、こういう自分達の国際的知名度の低さを実はよく自覚していて(対外的には絶対に認めませんが)、最大限利用してきたのではないでしょうか。
    もっとも、先進国になったら、こうした手法は一切通用しなくなるのですが、半島人には理解不能でしょうね(笑)。
    半島人には、致命的な欠陥が多数ありますが、その中に、「頭の良さ=小賢しさ」と勘違いしている点があるのではないでしょうか。毎年、米国におけるロビー活動額の第一位に韓国が挙がるのも、こうした半島人の性癖によるところも大きいと私は考えています。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。