接種率でもイスラエルにも追いついた日本のコロナ防疫

本稿は、先ほどの『大阪府羽曳野市で4回接種の事例、なぜ気付かないのか』の補足として執筆する資料集です。コロナワクチン接種率で見ると、日本は現時点で世界45位、G20に限定すれば第7位となりました。さらに、接種で先行していたとされるイスラエルに、接種率でほぼ追いついた状況です。今後は日本がコロナ防疫における世界の「モデル国」となる可能性が出て来たことは、注目に値します。

すでに米国を抜いた接種率

本稿は、先ほどの『大阪府羽曳野市で4回接種の事例、なぜ気付かないのか』の補足で、「諸外国と比べて日本のワクチン接種状況がどうなっているか」に関する報告であり、一種の資料集です。

データサイト “Our Wold in Data” のウェブサイトに設けられている “Coronavirus (COVID-19) Vaccinations” のページから、世界各国のコロナに関する陽性者数や検査数に加え、ワクチンの接種状況などに関するオープンデータをダウンロードすることができます。

これで見ると、大変に興味深いことに、接種率ではすでに日本が米国を抜いています(図表1)。

図表1 接種率・日米比較

(【出所】 “Coronavirus (COVID-19) Vaccinations” のページから入手したオープンデータより著者作成。以下同じ)

接種率ではイスラエルにも追いつきそうになっている

また、接種で日本よりもかなり進捗していたとされる英国、フランスに関しても、そろそろ追いつきそうになっています(図表2図表3)。

図表2 接種率・日英比較

図表3 接種率・日仏比較

さらに、世界でもかなり先行していたイスラエルに対してすら、日本は接種率で追いつきそうになっているようです(図表4)。

図表4 接種率・日イスラエル比較

接種率G20比較

ちなみに、G20諸国のうち、データサイトにデータが存在していないインドネシア、欧州連合(EU)以外の18ヵ国・地域について、接種完了率順で並べ替えると、トップが中国(ちなみに世界17位)であり、次にカナダ(世界)18位、イタリア(世界20位)、英国(世界21位)、フランス(世界25位)、ドイツ(世界30位)と続き、日本はG20中で7位、世界45位です(図表5)。

図表5 接種完了率(G20諸国)
国・地域1回目接種率接種完了率
17位:中国76.22%70.78%
18位:カナダ75.80%69.76%
20位:イタリア73.79%66.42%
21位:英国71.32%65.32%
25位:フランス73.57%63.71%
30位:ドイツ66.87%63.01%
45位:日本67.54%55.40%
48位:米国63.20%54.23%
54位:サウジアラビア65.61%51.22%
56位:トルコ62.41%50.30%
61位:アルゼンチン63.93%45.18%
65位:韓国71.28%43.28%
73位:豪州59.82%38.85%
74位:ブラジル68.77%38.45%
86位:メキシコ48.13%32.79%
90位:ロシア32.41%28.29%
124位:インド44.18%15.19%
127位:南アフリカ19.96%13.70%

データとして信頼に値するのかよくわからない中国を除外すれば、上位の国はだいたい1回目で70~75%、2回目で60~65%です。

さきほどの『大阪府羽曳野市で4回接種の事例、なぜ気付かないのか』で述べたとおり、「VRS未入力問題」に加え、現在の日本における接種速度の進捗を考えるならば、9月末には1回目が約75%、2回目が約60%に達すると考えられます。

いずれにせよ、ごく近いうちに接種率でイスラエルを上回ることも視野に入ったと言えますし、日本がワクチン接種で最も進捗している国として、コロナ防疫に関しては世界のモデルケースとなる可能性が出て来たことについては、注目しておいてよい論点でしょう。

読者コメント一覧

  1. ちょろんぼ より:

    南国で英国から調達する予定のAZワクチンを全量ベトナムに贈るそうです。
    スゴイですね! 自国で武漢コロナウィルスワクチン接種を望む声が大きい中を
    他国に供与するとは、大したものです。
    流石、武漢コロナウィルスワクチンのグローバルハブ宣言している国です。
    日本も見習いたいものです。 でも、日本じゃ立憲。共産党等が反対するか?
    あれ、ワクチン反対派も立憲・共産党シンパでしたよね?
    もしそうなったら、立憲・共産党等の人達はどんな反応するのでしょうか?
    スゴク知りたいです。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      韓国政府がやりたいやりたいと表明している政策は日本が既にやっているもの
      つまり、そういうことだ

  2. 元ジェネラリスト より:

    ざっと見ですが、1回目接種率の上昇速度がまだ鈍ってないですね。他国は40~60%あたり鈍化が現れてますが。まだまだ、需要過多で律速が供給速度のように見えます。

    1,2か月後でしょうか、接種率と完了率が80%とか85%とかまで上がってしまうと、逆に他国は日本にとても追いつけないようなグラフが現れそうな気がします。
    一方向に走り始めると力を発揮する国民性なんでしょうかね。
    日本の絶対的ワクチン忌避者は10%くらいだと見ています。

    とりあえずは現状、接種先行国と同じ水準に達していますから、緊急事態宣言解除後の陽性者等の推移が、他国との違いがどう出るのか出ないのか、とても気になります。

    ところで、韓国の「一回目」接種率は日本も英国も抜いて仏の少し下、つまり世界トップレベルに達しているようです。大したものだと思います。そろそろ、ホルホルしそうです。

    1. 星のおーじ より:

      K-防疫の大方針は「何があっても1回目接種で日本に負けるな」ってな感じで、供給量が心もとない中でも2回目接種をどんどん後ろ倒しにして、文大統領が観光旅行に出かける秋夕までに1回目70%達成を達成しましたね。2回接種が必要なワクチンが主体なのに、2回目接種が1回目接種の6割、30%も低いのは世界でも韓国だけでしょう。
      いち早くクロス接種に踏み切ったり、世界最先端の接種方法の人体実験中。来年の医愚脳ベル症を狙っているんでしょうか。。。
      ところで新規陽性者は8月から公表数をいじくり倒しているみたいなのに、未だに増える一方です。今日は新記録ですね。

      1. 元ジェネラリスト より:

        今まで日韓は増えちゃ減りの傾向が似ていましたが、今回は新規陽性者数でハッキリと差が表れてますよね。実行再生産数が日本は0.5くらいまで落ちてますが、韓国は1.1くらいから下がりません。
        わかりませんが、ワクチン接種率の違いは影響しているんでしょうかね。

        仰る通り、韓国の2回目接種は遅れていますね。韓国の接種完了率は43%くらいですが、1回接種率は8/13にそのくらいですから、6週間遅れています。日本は3.5週くらいです。

        米国のワクチン支援の後くらいに、韓国軍の軍人が生理食塩水を接種されていたという報道もありましたが、他にはそういう事例はないんでしょうかね。さすがにこういうのは多くないと思いますが。(根拠なし)

  3. めがねのおやじ より:

    私は日本人が受けているワクチン接種は、ファイザーかモデルナかだけと思ってましたが、今週大規模接種では無いですが、数十人規模の接種が勤務する病院内会議室で行われました。その時使われたワクチンは「アストラゼネカ」でした。

    普段ワクチン接種で使う広い部屋を使用せずに、極、うちうちにという感じです。私も知らされておらず、たまたま接種される方が場所を聞いて来たので知ったのです。部屋に案内すると確かに「アストラゼネカ」って貼り紙してました。

    接種率を上げる為にいろいろ試行しているのでしょうね。

    1. 悪寅狗 より:

      埼玉県下でもアストラゼネカ製ワクチン接種を行っています。

      ■さいたま市
      https://www.city.saitama.jp/002/001/008/006/013/008/p083789.html
      ■川口市
      https://www.city.kawaguchi.lg.jp/soshiki/01090/015/35708.html
      ※他の県内市町村は調べてません。

      上記リンク内でも記載されている通り、
      基本はポリエチレングリコールへのアレルギーでmRNAワクチンが打てない人向け、
      海外でアストラゼネカを1回接種済の人向けのようです。
      ※さいたま市はアストラゼネカでも構わない人もOKのようです。

      なお、接種枠は限定的(さいたま市は250人×2、川口市は記載なし)のようですね。

      1. 悪寅狗 より:

        自己レス。

        ×さいたま市はアストラゼネカでも構わない人もOK
        ○さいたま市は40歳以上でアストラゼネカでも構わない人もOK

        埼玉県のホームページも調べてみましたが、アストラゼネカ接種を行っているのは、県独自、川口市、戸田市、久喜市、坂戸市、と個別医療機関でした。
        ※さいたま市は接種予約終了しているせいか記載なし

      2. どみそ より:

        川口市では アストロゼネガが解禁された 8月中旬 ただちに行動を起こし アストロゼネガ接種をおこないはじめました。
        8月中旬は モデルナの一時的不足で職域接種が止まったり ファイザーの需給ギャップ、そして中年層の重症者増加などの時期でありました。
        記憶曖昧ですが 1日3〰400人の接種を10日間おこないました。
        現在感染の波も静まり またファイザー、モデルナも十分いきわたってきたため アストロは どうか という評価にもなるのですが 市民の健康を守る素早い行動をとった 川口には 敬意を表します。

  4. PONPON より:

    ほんと感染者数が激減しましたね日本は。
    一方、同じように接種が進んでいる韓国は、昨日過去最高の感染者数を記録したとのこと。

    この違いはなんなんでしょう?
    不思議です。

    1. だんな より:

      PONPON さま
      数字だけで単純に言うなら、第○派が収束していないで、今回の休暇で拡大するんじゃないかな、と言った感じ。

      ただし韓国政府発表の感染者数が、事実では無く調整した数字の可能性もあります。
      死者数についても同様です。
      別サイトです。
      【拡散】韓国がコロナ感染者を数十万人単位で隠蔽していたことが確定w
      https://news-us.org/article-20210922-00184636144-korea

  5. Sky より:

    他国がどれだけ認識することができるのかは不明ですが、日本という国のプロジェクト遂行力の高さは、今年のオリンピックを完遂したことも含め評価されるべきことでしょう。
    ところで、日本の対外向け国際放送ってNHKが担っているのですが、
    https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
    COVID-19のダッシュボートは随分とシンプルな内容で、残念ながら日本凄いのイメージは湧いてこないものです。
    主観だらけで周辺国を罵倒する環球時報に似せる必要はないですが、もう少し自己アピールしても良いのでは?

    1. 匿名 より:

      メインの21時ニュースで芸能コーナーでもないのに堂々とBTSの映像たっぷり垂れ流しちゃうNHKさんにそんな気概があると思ってはいけません。

      1. 匿名29号 より:

        NHKは韓国寄りの報道が目立ちます。放送の中立性を疑います。

      2. Sky より:

        他にもTPP台湾加入申請のニュース報道で、全文やり直し、という異例の修正を目にしました。BTSといい、やっぱり中韓の影響下におかれてると感じさせました。日本人から徴収したお金で運用してるくせにどこの国の公共放送なんですかね?
        海外向け外国語放送ではNHKの中韓人のスタッフが、どうせ日本人は聞いてないと思って、もっとふざけた内容を放送してるかもしれませんね。

  6. オブ より:

    日本の行政機関の遂行能力はやはり高いということだろうと思います。ただ日本人はそれに慣れすぎて多少のミスや不都合も許せず、菅内閣を倒す愚を犯しましたが。アクシデントに対してあまりにもナーバスだと思います。

  7. 引きこもり中年 より:

    (素人考えですが)そのうち、朝日新聞や、その代理人が、「新型コロナの感染が、一人でもいるうちは、安心できない。ゼロコロナでないのは、自民党政権のせいだ。もし、政権交代が起こったら、ウィズコロナを認める」と、言い出すのではないでしょうか。
     蛇足ですが、「新型コロナ接種率が捏造された可能性がある。違うのなら証明しろ」と、言い出す可能性もあるのではないでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  8. 匿名29号 より:

    国としてのワクチン防疫率(そんな言葉あらしませんが)は、

    Σ[(n回目接種者数pxn回目ワクチン予防効果ε x(14+接種後日数低減率β) x (14+n回目接種後日数d))/(国民総人口 x 接種開始からの経過日数)]

    と違いますやろか。
    モデルナワクチンならn回目ワクチン予防効果はn=1回目で65%?, n=2回目で94%、接種後の予防効果εの低減係数βは約6カ月で50%くらいですか。
    何が言いたいかと言うと、中国の接種率は高いけれど2回目接種して予防効果は60%程度とウワサされており、また早くに接種を始めたイスラエルは2回目の効果が薄れてきているとかで、接種回数だけの比較ではホンマかいの、と思ったので。
    でも、データが揃っていても全国民数についての積分は大変そうなので、やっぱり接種率ですかね。

  9. G より:

    日本の接種率には注釈が必要です。但し重症化率の高い65歳以上は約9割 と。

    他の同様の接種率の国との違いはそこです。これがもし若者と同様の接種率推移だったら今回の第5波のレベルは死者も陽性者も数倍のレベルだったでしょう。完全な医療崩壊にもなるし酸素ボンベ不足で行列を作るような事態になったでしょう。

    次の第6波ですが、そこまでにワクチン接種率が第5波当初比でかなり高くなるので、集団免疫とはいかなくても小規模なものに抑えることができるでしょう。

    一つ問題は、今回波がおさまったところでワクチン接種率のグラフの角度が鈍くならないか。です。

    反ワクチンとの戦い、あとは接種完了者への優遇施策、この辺をしっかりやることで、接種可能年齢にある全人口の9割をなんとか達成したいところです。7割で集団免疫に達しなくても、9割ならいけるのではと思うのですが。。。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。