日本の「政権交代」に期待を示す?韓国首相の問題発言

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、韓国の金富謙(きん・ふけん)首相は昨日、米メディアのインタビューに応じ、「韓日は価値を共有する国」、「われわれは障害を克服し、未来のために話し合わなければならない」、「日本の選挙後にそうなることを望む」、などと述べたのだそうです。大変無礼で、大変に日本を舐めた発言です。ただ、逆にいえば、韓国側が「脇の甘い首相」の誕生を待ち望んでいる、という意味でもあるのです。

日韓友好は必然か?

「日韓断交すべし」と威勢よく叫んでも…

最初に、少し唐突な話をしておきます。

意外と思われる方も多いかもしれませんが、拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』で最も強調したかったこととは、タイトルにある「韓国がなくても日本経済は大丈夫」、という趣旨の主張ではありません。

もちろん、その主張も大切なのですが、もっと重要なのは、「韓国が国を挙げて日本に対し、不法行為を働いている」という事実と、「それらの不法行為のすべてのコストを、利息を付けたうえで全額、韓国に支払わせることが必要だ」、という著者自身の意見です。

もっとも、世の中には威勢よく、「韓国は嫌いだ」、「今すぐ日韓断交すべきだ」などと主張する人もいるのですが、こうした主張に対しては、当ウェブサイトとしては与しません。

なぜなら、ものごとにはすべて「踏まねばならないプロセス」というものがあるからです。

日韓「友好」の歴史

この点、誤解なきように申し上げておくと、当ウェブサイトで普段から申し上げているとおり、そもそも日韓友好関係は「必然」ではありません。

古今東西、どんな国同士であっても、「仲良くなる」ためには、「国民同士のウマが合うこと」に加え、「共通の利害」を持っていることが必要ですが、現在の日韓間には前者が損なわれ、後者部分のみでつながっているフシがあります。

1965年に日韓が修好して以降、日本にとってはたまたま、韓国が地政学的に重要な場所にある(と当時の日本政府や日本の知識人らが考えた)こと、「植民地支配(?)」に対する贖罪意識、日本統治時代の「仲間意識」などがないまぜとなり、「日韓友好」は社会的コンセンサスとなったのではないでしょうか。

もちろん、当時から韓国を深く知る人のあいだでは、「この国のことは、どうも好きになれない」という雰囲気もあったのかもしれません。

しかし、日韓国交樹立直後は、こうした感情が日本人の共通認識になることはありませんでした。韓国がまだ貧しかったためか、日本に観光でやって来る韓国人も少なく、これに加えて韓国にビジネスや旅行で出かける日本人も少なかったためでしょう。

こうしたなか、1988年のソウル五輪のあたりからでしょうか、あるいは2002年にサッカーW杯を日韓共催したあたりからでしょうか、徐々に日本国内でも韓国を「肌感覚」で知る人が増えてきたことは間違いありません(日韓往来が徐々に活発化したことについては、数字でも確認できます)。

そして、一部のメディアが言うように、「韓流」(韓国ドラマ、韓国ファッション、韓国料理など)が日本国内でも「ブーム」となり、日本で韓国に対する好意的な感情が(一時的にであれ)芽生えたこともまた否定できないと思います。

たとえば、内閣府が毎年実施し、発表する『外交に関する世論調査』にでも、韓国に対して「親しみを感じる」とする人は、2011年10月の調査まで、日本国内では多数派を占めていたことからも、それは明らかでしょう(図表)。

図表 韓国に親しみを感じるかどうか

(【出所】過去の『外交に関する世論調査』を参考に著者作成。「親しみを感じる・感じない」にはそれぞれ「どちらかというと」を合算している。なお、内閣府のオリジナルの調査では、2020年の調査についてはコロナ禍のために「調査方法が異なり、単純比較はできない」と注記されている点に注意)

李明博政権で逆転し、それ以来戻らぬ対韓好感度

ただ、この感情が、2012年10月の調査を境に一気に逆転し、その後はなかなか再逆転していません。

内閣府の調査は「親しみを感じるか、感じないか」という点についてのみ実施されており、その「理由」については明かされていませんが、個人的な主観に基づけば、2012年の対韓感情の悪化は、当時の李明博(り・めいはく)大統領による天皇陛下侮辱発言などの奇行に基づくものでしょう。

しかし、国というものは、「感情」だけで動かすわけにはいきません。

現実に韓国が日本にとって、軍事的にも経済的にも、決して無視できない国であるという状況は否定できません。

ちなみに「国益」は、小難しいことばで「軍事的安全保障」、「経済的互恵関係」、などと呼びますが、平たいことばで言い換えれば、「国民の平和と繁栄」のことであり、まさに「韓国との関係が『軍事的側面』、『経済的側面』から重要だ」ということは、「利害関係上、韓国との付き合いが大切だ」、という意味でもあるのです。

この現実を認めないわけにはいきません。

しかしながら、先ほど申し上げたとおり、この「韓国との付き合いが大切」という状況は、必然的にもたらされたものではありません。人為的にもたらされたものです。

現時点で「日韓断交」などをしてしまえば、日本にも少なくない打撃が生じますが、「然るべきプロセスを踏み、然るべき覚悟を持てば、日韓関係を『あるべき姿』に戻していくことができる」し、「むしろ、そうしなければならない」、というのが当ウェブサイトのこれまでの主張、というわけです。

そういうわけで、拙著で主張したかった内容のひとつは、日本が国民感情として韓国を好きになるという可能性は非常に低いと考えられるなか、不法行為のコストを韓国に支払わせたうえで、相応の関係に戻していくことだ、ということです。

日韓関係の行く末

さまざまな手段を組み合わせていくべき

もっとも、この「不法行為のコストを韓国に支払わせる方法」は、何も日本がダイレクトに韓国に対し、何らかの経済制裁ないし戦争などを仕掛ける、という形態でなくても構いません。

いや、むしろ、明示的な経済制裁ではなく、「普通の対応」に戻していくことが、結果的には韓国に対する強力な制裁として機能するのではないか、というのが拙著での主張です。

ここで、経済制裁には「狭い意味の経済制裁」と「広い意味の経済制裁」があります。

具体的には、経済の3要素は「ヒト、モノ、カネ」であるとされ、最近ではこれに「情報」が加わることが一般的ですが、経済制裁とは「ヒト、モノ、カネ、情報の流れを制限ないし遮断することで相手国に経済的な打撃を与えること」と定義できます。

ここで、経済制裁には次の7つの形態があるはずです。

  • ①日本から相手国へのヒトの流れの制限
  • ②日本から相手国へのモノの流れの制限
  • ③日本から相手国へのカネの流れの制限
  • ④相手国から日本へのヒトの流れの制限
  • ⑤相手国から日本へのモノの流れの制限
  • ⑥相手国から日本へのカネの流れの制限
  • ⑦情報の流れの制限

ただ、残念なことに、日本は法制度が非常に厳格であり、そもそも「狭い意味での経済制裁」は発動する条件が非常に限られていて、しかも①や⑦については、発動しようとしても不十分な効果しか得ることができません。

とくに、韓国が自称元徴用工問題や自称元慰安婦問題のような国際法違反・約束破り・条約違反をしたことに対し、日本政府が上記の経済制裁を講じるということは、法制度上は大変に難しいのです(「不可能」ではありませんが…)。

だからこそ、狭い意味の経済制裁ではなく、広い意味の経済制裁、とくに次の3つのパターンの制裁をうまく組み合わせていくことが大事です。

サイレント型経済制裁

「経済制裁」という名目ではなく、ほかの名目を使った実質的な経済制裁。たとえば、輸入検疫の強化、輸出管理の強化、韓国国民に対する入国審査の強化など。

消極的経済制裁

「相手が困っているときにわざと助けない」という方法を使った実質的な経済制裁。たとえば、「これ見よがしに韓国以外の国との通貨スワップを締結する」、「国際社会に対し、『日本はこの国を助ける』と宣言し、その際にわざと韓国の名前を読み飛ばす」、「韓国以外の国にワクチンを提供する」、など。

セルフ経済制裁

相手を「自爆」させることで、実質的に経済制裁を適用したのと似たような経済効果を生じさせる戦略。たとえば日本が韓国国民向けの入国条件を厳格化することで、韓国を激高させ、対抗措置として日本人の入国制限を実現させる、など。

これら3つの経済制裁には、それぞれ一長一短がありますし、方法によってはむしろ日本の側にも打撃が生じることもあります(たとえば、日韓往来の制限は、短期的に日本にもそれなりの打撃があるかもしれません)。

しかし、究極的には「韓国のさまざまな不法行為のコストを韓国自身に支払わせる」ことに加え、「日本にとっての韓国の存在感を低下させ、韓国がなくても大丈夫な体制を作る」ことを実現させるうえでは、これらの制裁をうまく組み合わせていくことが有効でしょう。

韓国こそ、日本に謝罪して関係正常化に舵を切るべきだが…

ただ、この期に及んで理解に苦しむのが、韓国政府の態度です。

さすがに文在寅(ぶん・ざいいん)政権が2017年5月に発足して以来の韓国は、日本に対し、ちょっと不法行為をやり過ぎました。「日本にとっては、韓国との関係を続けていくコストよりも、韓国との関係を清算するコストの方が低い」、という状況を創り出してしまったのだ、などと言い換えても良いでしょう。

実際、日本にとって韓国との関係は「必然」ではありませんが、韓国から見て日本との関係は「必然」です。

韓国は現在の「半導体王国」としての地位を維持するうえで、日本からの技術協力は欠かせませんし、朝鮮半島有事の際には在韓米軍と在日米軍が有機的一体として機能しなければなりません。つまり、軍事的にも経済的にも、じつは韓国の方が日本を必要としているのです。

このように考えるならば、合理的に考えて、韓国に残された方法は、「日本に対して仕掛けた不法行為を直ちに謝罪し、自身の責任で事態の収拾を図ること」以外にないはずです。

あるいは、この期に及んで日本国内の「対韓譲歩論者」を刺激し、日本に「韓国への譲歩が必要だ」とする世論工作をするつもりでしょうか。

韓国首相の大変無礼な発言

こうしたなか、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に昨日、こんな記事を発見しました。

韓国首相 日本と「未来のために話し合うべき」

―――2021.08.18 15:45付 聯合ニュース日本語版より

これによると韓国の金富謙(きん・ふけん)首相が18日、米メディア・Bloombergとのインタビューで、「韓国と日本は人権、民主主義、市場経済の価値を共有する国」などと指摘。

あわせて「われわれは障害を克服し、未来のために話し合わなければならない」、「日本の選挙後にそうなることを望む」などと述べた、というものです。

じつに、無礼な発言です。

そもそも日韓は基本的価値を共有していません。「基本的価値を共有している」と言い張るのならば、「まずは条約を守ってください」、「国際法を守ってください」、「約束を履行してください」、としか言い様がありません。

自称元徴用工問題や自称元慰安婦問題、火器管制レーダー照射事件などの不法行為の数々を棚に上げたまま、何ら具体的な解決策を示していないくせに、「韓日は価値を共有している」といわれたところで、空虚に響きます。

それに、「障害を克服し、話し合わねばならない」というのも、じつに無責任です。

日韓関係を破壊するような原因は、すべて韓国が作っているわけですから、必要なのは「障害克服のための日韓の協議」ではありません。「原因を除去するための、韓国側の努力」です。

そして、究極的に無礼なのは、「選挙後」云々の部分でしょう。

現在、菅義偉政権が韓国に対し、「日韓関係を正常な姿に戻すためのきっかけを、韓国の側が作ってほしい」とする姿勢で一貫していることに関連し、「これじゃ話にならないから、選挙で自民党がある程度の敗北を喫してほしい」、というホンネが透けて見えるからです。

まさに、日本の有権者を愚弄する発言といわざるを得ないでしょう。

秋の選挙は日韓関係にとっても岐路

もっとも、現在は武漢肺炎のコロナ禍・メディア禍のため、誰が政権のかじ取りをしても、基本的には支持率が低迷するのは仕方がありません(といっても、もしも立憲民主党が政権を握っていたら、マスメディアはお得意のダブルスタンダードを発動し、支持率が下がらないよう徹底的に擁護するのだと思いますが…)。

したがって、遅くとも今年秋に実施される衆院選では、自民党は現在よりも勢力を減らしたとしても仕方がありません。

ただ、韓国にとっては「残念」なことかもしれませんが、著者自身の感覚では、現在の日本で野党への政権交代が生じるリスクは大変に低いと考えて良いでしょう。

日本国民も愚か者ではないので(あるいはそう信じたいところです)、2009年8月のような愚を繰り返すことはないでしょうし、韓国への無用な譲歩を繰り返すとも考え辛いところです。

もちろん、リスクがあるとしたら、仮に自民党政権が続いたとしても、9月の自民党総裁選で菅総理が出馬せず(あるいは落選し)、韓国に対し「脇が甘い首相」が誕生してしまうことですが、これについてはそれこそ我々日本国民がしっかりとしなければならない点でしょう。

いずれにせよ、9月の自民党総裁選と秋の衆院選は、日韓関係にとっても岐路となりそうです。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    >韓国と日本は人権、民主主義、市場経済の価値を共有する国

    いちばん大切な自由、平等、法の支配が抜けているようですが。民主主義がなんのためにあると思ってるんだか・・・

    1. ムッシュ林 より:

      日本や欧米諸国と同レベルの法の支配と言論の自由は韓国には存在しないから抜けてるのでしょう。

    2. 引っ掛かったオタク より:

      眺むるに漢字表記にすると字面はなるほど同じようですが、かのくにとはその単語の指し示す意味内容が異なっているものと解されませう

  2. ムッシュ林 より:

    間接的な表現ですが、選挙後云々は極めて無礼ですね。
    民主的に選ばれた外国の首脳に対し交代を望むという趣旨の発言をすれば内政干渉でもありますしその国との関係の悪化という結果しかもたらさないので、思っていてもそのようなことを国家元首や政府高官が公に発言することは基本的にありません。それが外交的な態度です。
    日本に対してはなんでもありな意識が透けて見える気がします。

    1. 匿名 より:

      いつも「ムンジェインのうちは・・」って言われるから、腹立ち紛れに言ったんじゃないですかね?

  3. 門外漢 より:

    自分達では何も解決出来ない、或いは解決しないで、他者が変わる事で打開したいと。
    どんだけご都合主義なんだか・・・

    1. 引きこもり中年 より:

      門外漢 さま
       確かに政権交代の可能性がゼロの民主主義の国は、ありません。韓国だって、あれよあれよという間に、大統領が弾劾された、という実例がありますから。(韓国のことですから、「弾劾されたことのない国は、民主主義の国ではない」と言うかもしれません)

  4. 匿名 より:

    三菱さんへの差し押さえが、執行されたようです
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6af1b642870e498a4131ce1cb8f4500b37115cf5

    1. 引っ掛かったオタク より:

      訴訟対応を強いられている時点で日本企業には実害が出ているのにスルーキメコンデるわがくに政府ですから…
      ドースンノカナァ

  5. 理系初老 より:

    いつも楽しく拝見しています。しかしそんな私でさえ、かの国に毎日うそと妄言を垂れ流されたためか、徴用工問題で結局何が引き金になって日本国は次の毅然とした行動をとるのかわからなくなってきました。新宿会計士様がすでに言及され、私も納得していたつもりだったのですが。どなたか改めて教えてくださるとありがたいです。

    1. より:

      引き金は相手の行動によらず引けると思います
      条約違反・国際法違反の状態が続いているので制裁します。でOKかと。
      期限を切ればより効果があるかも知れません

  6. だんな より:

    韓国の考え方は、「日韓関係は、日本が解決するニダ」ですので、菅政権の交代を望むのは本音でしょうが、内政干渉ですね。
    菅首相の交代はあり得ない事では無いと思いますが、自民党政権の交代は、特定野党の支持率からあり得ないと思います。
    特定野党も政権交代だけを望んでいる所は、そっくりですね。

  7. 立ち寄り人 より:

    毎日の更新お疲れ様です。選挙後云々は以前の[政府に出来ることには限界が]と同じで当事者意識も実務能力もない事を吐露したものでしょうね。

  8. だんな より:

    中央日報から
    強制徴用被害補償のため…三菱の韓国内現金資産、初の差し押さえ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e58826f776e827f349945eccda905f0b7b6db85c
    >「ただしLSエムトロンが取り引きしている会社は三菱重工業ではなく三菱重工業エンジンシステムという会社」

    日本政府は、どうするニカ?
    韓国に進出している企業は、どのするニカ?

    1. カズ より:

      だんな様
      三菱UFJ銀行はカントリーリスクの発露を理由に、韓国発の貿易信用状を引受けなくなる(連帯保証しなくなる)んじゃないのでしょうか?
      今後の取引は、前金で・・。

    2. 引きこもり中年 より:

      だんなさま
      >強制徴用被害補償のため…三菱の韓国内現金資産、初の差し押さえ
      これに菅総理が何の対抗策もせずに、政権が崩壊したりして。
      .

  9. めがねのおやじ より:

    まあ、韓国は特に日本には嘘とタカリだらけです。金富謙首相がインタビューで、「われわれは障害を克服し、未来のために話し合わなければならない」と、ホザイたとか。

    何回も言ってますが、価値観が違いすぎて話にならない。日本国、国民に一切韓国から謝罪がない。騙し、嘘、侮日、他国への言いふらし、日本の足引っ張り、謝ってもらおう。

    「日本の選挙後にそうなることを望む」。なりません(笑)。他人の国より、文の後釜を心配しろ。日本は秋の衆議院選で、自民党しか選択の余地はない(一部日本維新の会かな)。良い傾向ではないが、立憲民主党や日本共産党は間違いなく退潮です。あ、保守の親韓媚中議員も落ちてOK!
    じつに、無礼な発言です。

    そもそも日韓は基本的価値を共有していません。「基本的価値を共有している」と言い張るのならば、「まずは条約を守ってください」、「国際法を守ってください」、「約束を履行してください」、としか言い様がありません。

    自称元徴用工問題や自称元慰安婦問題、火器管制レーダー照射事件などの不法行為の数々を棚に上げたまま、何ら具体的な解決策を示していないくせに、「韓日は価値を共有している」といわれたところで、空虚に響きます。

    それに、「障害を克服し、話し合わねばならない」というのも、じつに無責任です。

    日韓関係を破壊するような原因は、すべて韓国が作っているわけですから、必要なのは「障害克服のための日韓の協議」ではありません。「原因を除去するための、韓国側の努力」です。

    そして、究極的に無礼なのは、「選挙後」云々の部分でしょう。

    現在、菅義偉政権が韓国に対し、「日韓関係を正常な姿に戻すためのきっかけを、韓国の側が作ってほしい」とする姿勢で一貫していることに関連し、「これじゃ話にならないから、選挙で自民党がある程度の敗北を喫してほしい」、というホンネが透けて見えるからです。

    まさに、日本の有権者を愚弄する発言といわざるを得ないでしょう。

    1. めがねのおやじ より:

      すみません。後半は会計士さんの論考、コピーのままでした。つぎに正式なコメント出します。

  10. めがねのおやじ より:

    まあ、韓国は特に日本には嘘とタカリだらけです。金富謙首相がインタビューで、「われわれは障害を克服し、未来のために話し合わなければならない」と、ホザイたとか。

    何回も言ってますが、価値観が違いすぎて話にならない。日本国、国民に一切韓国から謝罪がない。騙し、嘘、侮日、他国への言いふらし、日本の足引っ張り、謝ってもらおう。

    「日本の選挙後にそうなることを望む」。なりません(笑)。他人の国より、文の後釜を心配しろ。日本は秋の衆議院選で、自民党しか選択の余地はない(一部日本維新の会かな)。良い傾向ではないが、立憲民主党や日本共産党は間違いなく退潮です。あ、保守の親韓媚中議員も落ちて結構。

  11. 匿名 より:

    このような考え方の人間が国会議員にいますから日本は一枚岩ではない、今は嫌韓政党が政権を握っているが、、、、、政権交代を期待するのも無理からぬことです。
    https://sn-jp.com/archives/49470

  12. sqsq より:

    韓国ではどんな政権になろうと日本を利するような政策と言動は禁忌。
    戦後75年以上やってきた反日の結果だ。
    これは今後も変わらない。
    まわりの国にとってこれほどわかりやすく、外交政策立案で楽なことはない。日韓関係は変数ではなく定数なのだ。

  13. haduki より:

    韓国だけでなく中国も不気味な事を言っています。
    https://twitter.com/ChnEmbassy_jp/status/1326119106714632197?s=20
    中国大使館は立憲民主党の枝野と会見し日中関係の発展に立憲民主党が大きな役割を果たす事を望んでいるそうで

  14. PONPON より:

    >リスクがあるとしたら、仮に自民党政権が続いたとしても、9月の自民党総裁選で菅総理が出馬せず(あるいは落選し)、韓国に対し「脇が甘い首相」が誕生してしまうことですが、

    それが心配の種です。
    高市早苗議員が出馬するらしいですが彼女はどうなんでしょうね?
    中国憎しのあまり、日米韓連携重視派に取り込まれるような気配が漂っているような気が。。

  15. 引きこもり中年 より:

    素朴な疑問ですけど、韓国は日本の次の総選挙で、(どこかは分かりませんが)今の自民党以上の対韓強硬政権が誕生する可能性を考えないのでしょうか。また、自民党が票を減らしても、野党がそれ以上の票を減らせば、自民党候補が当選することに気が付かないのでしょうか。(もっとも、朝日新聞が、「自民党が票を減らした以上、野党に政権交代すべきだ」との世論を起こすことに期待しているのかもしれません)
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       韓国としては
      ①菅総理は、韓国の対日強硬姿勢に手も足もでないで、政権を投げ出す。
      ②「アフガニスタンの現地日本協力者を救出せよ、ただし、自衛隊機も日本のチャーター便も使うな」という圧力で日本の政権が交代する。(もっとも、そうなれば、先に朝日新聞内部が、「協力者救出か、自衛隊機派遣か」で混乱すると思いますが)
      ③アフガニスタンのガ二政権と同じく、突如としてタリバン(?)が攻勢をしかけて、日本の政権が崩壊する。
       これを期待しているのかもしれません。
      駄文にて失礼しました。

  16. sey g より:

    両班は、自らは身体を動かさず下の者に指示を出すだけてす。
    その結果責任は全て、指示を出した人間ではなく、実際に働いた下の者にあります。

    韓国政府が、自分で壊した日韓関係改善を日本に丸投げするというのは、その両班の習性からくるものなのでしょう。
    両班の様な人間しかトップにいけないシステムである限り、韓国政府が自ら動いて問題解決する事は永遠に来ないでしょう。

    韓国がヨチヨチ歩きのカワイイ存在であった時、日本はこの子はまだなんも出来ないのねと色々と動いて来ましたが、図体も大きな責任ある大人が、ボクなんにも出来ないのと甘えても、勝手にしろと突き放すだけでしょう。

    やはり永遠の属国、自分達の責任で国家運営をして来なかった国が、突然一人で何でもしろと言われても無理というもの。
    が、それを日本が助ける義理はなし。自分の尻は自分で拭えとしかいえませんね。

    1. より:

      > 両班の様な人間しかトップにいけないシステム

      より正確に言うならば、かの国では、エラくなったら両班のようにふるまわなければならないのですよ。さもなくば、エラいと認めてもらえないのです。ゆえに、エラくなったら、口だけ番長にならなければならないし、法を踏みにじり、下僚をこき使わなければならないし、上から目線を常に維持しなければならないのです。
      国内でどう振舞おうが知ったことではありませんが、同じ調子で外国(中国を除く)とも接しようとするので、いろいろと摩擦を起こすのです。

      1. sey g より:

        すみません、詰めが甘かったです。

        龍様の言うとおり、半島ではエラくなると 両班の様な振る舞いをしないと舐められる、認められないので 必然そのような振る舞いになるしかない。

        やはり、半島の文化は理解不能ですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。