南北分断を嘆く前に、統一の努力を尽くしたのか=韓国

なにかうまくいかなかったときに、原因を他人に求めるのは、態度として正しいものではありません。ただ、こうした正論を述べてもうまくいかない相手がいることもまた確かでしょう。先日の『中華秩序の悪夢の前に、なお「日本の原罪」に拘る論者』に続き、韓国メディアにまたしても「他人が悪い」とでも言いたいかのような記事が掲載されていました。今度のテーマは「南北分断と原爆」です。

なぜ議論を台無しにするのか

「日本の原罪」というパワーワードで議論が台無しに

先日の『中華秩序の悪夢の前に、なお「日本の原罪」に拘る論者』では、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された、こんな記事を紹介しました。

【コラム】米中対決を見るある韓国人の不安感(1)

―――2021.08.01 10:36付 中央日報日本語版より

【コラム】米中対決を見るある韓国人の不安感(2)

―――2021.08.01 10:36付 中央日報日本語版より

これは、昨今の米中対立局面において、波間の木の葉のように翻弄される韓国という国の一面を垣間見ることができるという意味では、それなりに興味深く読める論考ではありますが、論考に入っている「余計なヒトコト」がすべてを台無しにするという点においても、貴重な実例です。

その「余計なヒトコト」とは、次の一文に含まれる、「日本の原罪」という強烈な表現です。

外交の大きな絵の中で激変する未来に対応した方略を執行するのに国家的エネルギーが使われず放電されている感じだ。もちろん原罪は日本にある。」(※下線は引用者による加工)

中国に立ち向かうという発想がない韓国

なぜこれが「余計なヒトコト」なのか。

その理由は、せっかく論考のなかで、それなりに文脈が出来上がっているにも関わらず、議論の流れを混乱させ、論旨を支離滅裂にしてしまっているからです。ただ、逆にいえば、この「原罪は日本に」云々の記載を除外すれば、「辛うじて及第点」くらいには修正することができます。

リンク先の論考において興味深いのは、こんな問題意識です。

もし中国が本当に米国に代わることになるならば、その次にくる中国主導の世界秩序はどんな姿だろうか?」「中国が主導する国際秩序は位階的な秩序だろう。一言で過去の19世紀以前の中華秩序のように、中心に中国があり周辺国は辺境で、上下の位置づけが明確になるだろう」。

日本ではこれを好意的に受け止める人は少数派だと思いますし、そうならないように中国の横暴を食い止めねばならない、というのが、自由・民主主義社会に生きる私たち日本人の務めのようなものではないでしょうか。

ところが、リンク先記事では、「中国に立ち向かう」という発想はあまり見られません。それどころか、韓国ではこの大事なときに、「外交のエネルギーの70%が日本と戦うのに消費されている」、などというのです。

該当する記述は、次のとおりです。

状況がこのように展開しているのに朴槿恵政権当時からこれまで韓国の外交が日本との対決という魔法にかかって抜けられなくなっている気がする。6~7年前にある外交官は私席で韓国外交のエネルギーの70%が日本と戦うのに消費されているようだと自嘲的に話したことがある」。

すなわち、リンク先の記事は、「中国の台頭と自由主義秩序への挑戦」という、世界情勢が緊迫しているなかにも関わらず、韓国が貴重なリソースの大部分を、「日本との争い」という外交戦略上まったく意味のないものに費やしている、という実情を自嘲気味に述べているという点においては、それなりに参考になるのです。

もっとも、せっかくそこまで書いておきながら、「原罪は日本にある」のくだりを付け加えたことに関しては、思わず「あなた、なにもわかっていませんね?」と畳みかけたくなる気持ちでいっぱいですが…。

中央日報のさらに強烈なコラム

原爆投下と朝鮮半島分割

さて、こうしたなかで、同じく中央日報に昨日、もっと強烈な「コラム」が掲載されていました。

【コラム】企みが招いた悲劇…原爆投下、そして韓半島分割(1)

―――2021.08.05 16:37付 中央日報日本語版より

【コラム】企みが招いた悲劇…原爆投下、そして韓半島分割(2)

―――2021.08.05 16:38付 中央日報日本語版より

文字数としては3000字弱で、本来ならばけっして「長文」の範疇に属するような記事ではないはずですが、正直、読み進めるのが非常に苦痛です。

(1945年8月6日の原爆による)「韓国人の死亡者は3万人ほどだった」など、そもそもの事実関係自体が正しいのかどうかよくわからない記述があることもさることながら、日本をしきりに「加害者」だ、「戦犯国」だと決めつけ、それを当然の前提として議論を展開しているからです。

ちなみに執筆者は「ソウル大国際大学院長」だそうです。そんなお立場の方にこう申し上げては失礼かもしれませんが、僭越ながら、「なにか論考を展開する際には、最低限、『客観的事実』と『あなた自身の主観的な意見』はちゃんと分けた方が良いですよ」、とアドバイスをしたくなってしまいます。

とりわけ、昭和天皇が全国民に向け、直接ラジオで呼びかけられた内容を、この執筆者は、次のように切って捨てるのです。

加害者としての反省が見られない。『残虐な爆弾』のために帝国の自存と東亜の安定を守るための戦争を放棄するしかなかったという内容だ」。

余談ですが、「加害者」という用語は韓国のメディア、政府、学者らが好んで使う、日本に対する表現の一種ですが、先の大戦を日本による「加害行為」と見るのであれば、当時日本領だった韓国と北朝鮮は、間違いなく「共犯者」でしょう。

やはり理解に苦しむ「転調」

ただ、この論考では、日本が米国に無条件降伏したことで、「結果的に米国は日本に免罪符を与えた。日本は加害者でなく被害者になった」、などと、議論が途中で「転調」します。

この「加害者でなく被害者になった」の記述、前後を含めていちおう10回ほど読み返してみたのですが、やはりなにをおっしゃっているのかさっぱり理解できません。

ただ、あえて「コリア・ウォッチャー」としての独断と偏見で勝手に補足させていただくならば、「米国が日本を『加害者』として責めたりしなかった」、という意味ではないか、という気がしています。

もしそういう意味で述べたのだとすれば、「ソウル大国際大学院長」という立派な肩書をお持ちでありながら、「被害者・加害者」フレームワークが韓国独自のものであるという点にどうして気付かないのか、という点が、あらたな疑問として浮上する、というわけです。

おや?米国にも責任を押し付け始めた…のか?

もっとも、この論考に新しい点があるとすれば、どちらかといえば、「戦犯国家(の日本)ではなく韓国が南北に分割されたこと」の責任が、日本と並んで米国にもある、と述べているようにも見受けられる点です。

この論者の主張を当ウェブサイトなりに解釈すれば、「大戦末期にソ連が参戦してきた理由は、(トルーマンではなく、在任中に死去した)ルーズベルトが要請したからだ」、「だから朝鮮半島が南北に分断されたのは米国のせいだ」、と読めるのです。

これは、左派メディアの『ハンギョレ新聞』あたりならいざしらず、「親米・保守系」の中央日報としては、なかなか新しい考え方ではないでしょうか。

もし南北に分断されたことの「恨み」を向けるのであれば、それは「日本の降伏が遅れたこと」よりも、対日参戦したソ連自身、あるいは南北分断を決めた米ソ両国に対して向けるのが筋ではないかと思ってしまうのです。

取り残された分断国家

こうしたなか、リンク先に「過去の悲劇を省察しない日本」という一節が設けられているのですが、この「過去を省察しない」という点については、韓国にそっくりお返ししたいと思います。

そもそも論ですが、第二次世界大戦後に発生した分断国家のうち、ベトナムとドイツは自力で統一を果たしました。ベトナムは共産圏の側が、ドイツは自由主義の側が、それぞれ相手を吸収しています。

ドイツの場合は国家統一に先立って、ハンガリーがオーストリアとの国境を開くという「汎欧州ピクニック運動」などが発生し、ベルリンの壁が崩壊したという事情もあったのですが、それでも国家の意思として、ほぼ自力で東西統一を果たています。

ベトナムについてはもっと劇的で、米国と比べればずっと国力も弱いはずなのに、自力で米国と戦い、自力で米国を追い出したという点については、特筆すべきではないかと思います。

これに対し、朝鮮半島は統一すらできずに取り残された分断国家のひとつなのです。

(※余談ですが、ベトナムが米国に対し「反省しろ、謝罪しろ」などと要求していない点とその理由についての考察は、『日本、中国、ベトナム、韓国の行動を決めた元寇の記憶』などでも記していますので、適宜ご参照ください。)

省察しないのは韓国

翻って、韓国は北朝鮮を吸収統一するチャンスが何度かあったにも関わらず、それをしませんでした。

たとえば、ソ連崩壊の際には、ちょうど中国も天安門事件で国際的な制裁を受けている最中でもあり、北朝鮮を吸収するチャンスがあった、という見方もできるかもしれません。

また、李明博(り・めいはく)政権時代には、天安艦の撃沈事件(2010年3月)や延坪島への砲撃事件(同11月)のように、北朝鮮が不法行為を仕掛けてきたというタイミングがあったにもかかわらず、韓国はほとんど北朝鮮に反撃らしい反撃をしていないのです。

これは、驚く話でしょう。

米国の政治学者で米戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアアドバイザーでもあるエドワード・ルトワック氏は『自滅する中国』(芙蓉書房出版、2013年7月24日第1刷発行、翻訳者は奥山真司氏)の234ページ目で、こう述べます。

2011年12月14日には『従軍慰安婦』を表現する上品ぶった韓国人少女の像が日本大使館の向かい側で除幕された。<中略>これは韓国に全く脅威をもたらさない国を最も苛立たせるような行為であった。<中略>戦略面で現実逃避に走るのは<中略>、国際政治に携わる実務家たちの力や、同盟国としての影響力を損なうものだ。さらにいえば、これによって実際に脅威をもたらしている国に威嚇されやすくなってしまうのだ」(同P234)。

至言でしょう。

つまり、「省察しない」のはこの場合、どちらかといえば韓国の側ではないかと思ってしまう、というわけです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、本日の原爆忌以降、「戦争」について考える機会が何度か到来すると思います。

ただ、それと同時に、「反省しない国」のメディアにも、さまざまな論考が掲載されていくのかもしれません。それらをどこまで当ウェブサイトで取り上げるべきかについては、非常に悩ましいところですが…。

なお、原爆については本稿とは別に議論したいと考えており、これについてはリンクがつながり次第、読めるようになると思います(記事タイトルは『原爆投下に真剣に向き合うべきは、日本ではなく米国だ(仮)』です)。

読者コメント一覧

  1. 七味 より:

    新宿会計士様

    ご紹介されてたコラムですが、何を言いたいのかさっぱりわからなかったのです♪
    正直、こんなのをネタに記事を1本書くことのできる新宿会計士様に驚きなのですΣ(・ω・ )

    1. PONPON より:

      七味様

      そうでしょうか?
      アメリカがソ連と結託して原爆投下とソ連の対日参戦を認めたことが、戦犯日本へ免罪の余地を与え、また南北朝鮮という分断を生み出したのだ、と明確に主張していると思います。
      韓国人による分析にしてはなかなか的を射ている面もあるかと思いますが、新宿会計士様おっしゃるように、自己責任の観点が全く欠けています。

      要は、朝鮮半島の命運を所与のものとして捉え、主体的に戦って勝ち取れなかった、という当たり前の事実認識が欠けているのです。

  2. 匿名 より:

    韓国って米国に原爆被害者への補償を要求しないんですかね?ウリたちを奴隷状態から開放すると言っておいてひどいじゃないか、と。それをやってこそ、韓国の反日本の立場も強化されるのに、これじゃまんま日本人として原爆で焼き殺されたことになってしまうと思うんですが。

  3. sqsq より:

    南北統一はいずれ起こるでしょうが米韓同盟のままの南の北吸収は中国が許さないでしょう。
    米韓同盟消滅後に北の武力南侵、または対等合併。いずれの場合も南の旧勢力は迫害されて、ベトナムでもあったようにボートピープル化。行くところは日本しか考えられない。

    1. 匿名希望の平民 より:

      sqsq 様

      >ベトナムでもあったようにボートピープル化。行くところは日本しか考えられない。

      これ以上、国内に反日民族が増えるのは勘弁です。
      宗主国の中国様に引き取ってもらい、幸せな毎日を過ごしてもらいましょう。

    2. ちょろんぼ より:

      sqsq様

      ベトナム戦後、ボートピープル化した人達の多くは米国に行きました。
      日本では、朝鮮半島出身者に差別がある(税金をはらわなくてもよい
      NHK受信料も支払いしなくてもよい・第二次大戦後3年で朝鮮に帰還すると
      誓約したにも関らず居住してる・日本国籍が無いが参政権運動している・1945年9月
      移行に日本軍に強制連行された等)とお聞きしておりますので、憧れの中共が
      住みやすいかと思います。

  4. イーシャ より:

    反論です。
    > 統一の努力を尽くしたのか
    文大統領は努力を尽くしているではありませんか。
    北主導による赤化統一に向けて、南の国力を削いでいるではありませんか。

    日本はそのときに備えるべきです。
    防衛力増強も必要ですが、韓国人の難民など決して受け入れてはいけません。
    むしろ、正規の手続を経て入国したと証明できない、日本に居着いている方々には、お帰りいただきましょう。

  5. めがねのおやじ より:

    朝鮮半島が76年もの長きに渡り、何故分断国家になっているのか。ドイツもベトナムも統一されたのに、「遅れている」「その兆しも見えない」のは、日本のせいではありません。米国でも無い。

    一言で言えば、彼ら朝鮮民族に、何としても統一する、周囲から独立するんだという、気概が無いからです。また為政者もその器量に乏しい者や民族のDNAとして、大国の奴隷、属国として生きることに慣れてしまっている為です。米中は今の分断の方が、コストが低いです。

    土着民どもは南北とも恐怖政治にあり、独裁政治であり、為政者は国民の事など、これっぽっちも考えた事がありません。

    ドイツが統一して30余年、ベトナムは約40年。76年経てば、もう統一なんて事、誰も期待してない、クチだけでしょう。それに、、統一なんてされた日にゃ、幾ら日本が経済的負担を被るか分かったもんじゃない。

    解決策は、双方とも今の国体が崩壊して、ローラーで粉砕してからですね。それでも日本にとって、益にならない持ち出しばかりでしょう。

    1. イーシャ より:

      ローラーで粉砕した後は、1平米あたり1トンほど塩を撒いて、お清めしないといけません。
      アレらは半島に閉じ込めたままで。

      1. 裏縦貫線 より:

        >>1平米あたり1トンほど塩を撒いて

        「塩対応」ですね(^_^;

      2. めがねのおやじ より:

        イーシャ様
        裏縦貫線様

        >1平米あたり1トンほど塩を撒いて。

        >塩対応ですね。

        解凍出来ないよう、お願いします(笑)。

  6. だんな より:

    南北分断の責任は日本のせい以外に、大統領候補No.1の「分断されるべきは日本だった」という発言も有り、韓国人のみならず朝鮮人の歴史観は、「ウリナラは被害者ニダ」という事で統一されています。
    太平洋戦争時の朝鮮半島は、空襲に遭うことも無く、朝鮮王朝時代と違った、先進国日本の一部として朝鮮人が闊歩していましたので、これは大嘘です。
    韓国国内の様々な葛藤を見れば良く分かる通り、南北分断も、朝鮮人同士の権力闘争の結果でしか有りません。
    朝鮮脳は、「都合の悪い事は誰かのせいにする」のがデフォルトですのでこのような記事が出て来るのです。
    半島統一は、勝手にすりゃあええと思っている人が多いと思いますが、統一朝鮮は明確に日本の敵国となりますので、北朝鮮の核兵器と韓国の経済力のまま統一させる事は、安全保障上のリスクになります。
    どうせ統一出来ない責任を日本に押しつけられるのだから、日本は統一出来ないように仕向けてやれば良いと思います。

    1. sqsq より:

      統一して一丸になりますかね~
      いがみ合い、仲間割れ、韓国出身者はボートピープルになる。

  7. クロワッサン より:

    >こうしたなか、リンク先に「過去の悲劇を省察しない日本」という一節が設けられているのですが、

    日本の場合は「羹に懲りて膾を吹く」といったところで、行き過ぎていると言えるでしょうけど。
    「真の平和」ではなく「奴隷の平和」を良しとする連中が護憲を隠れ蓑にしてますし。

    >この「過去を省察しない」という点については、韓国にそっくりお返ししたいと思います。

    韓国は「過去を省察しない」というより「過去を省察したくない」の類かもですね。
    「歴史的事実」ではなく「正しい歴史認識」を第一にするところなどから、被害者ポジションを手放すと「ウリはなんて惨めなんだ…」と自己憐憫してのG行為が出来なくなる事も理由のひとつだと考えます。

    1. クロワッサン より:

      >余談ですが、「加害者」という用語は韓国のメディア、政府、学者らが好んで使う、日本に対する表現の一種ですが、先の大戦を日本による「加害行為」と見るのであれば、当時日本領だった韓国と北朝鮮は、間違いなく「共犯者」でしょう。

      とはいえ、朝鮮人韓国人は「自分達は彼等を殴ったのではない。日本によって殴らされたのだ。自分達は加害者では無く、彼等と同じく日本による被害者だ」と考えるでしょうけどね。

  8. めたぼーん より:

    韓国はずっーと逃げと責任転嫁を繰り返して今が有るので、今までかかった以上の時間をかけるか、今の体が何らかの形で崩壊しない限りは、韓国の有識者なる人物から意味不明な論考が発信され続けるでしょうね。何せ自由な考えを持つと教授になれませんし、皆から国賊だ親日だと糾弾されますから。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 今までかかった以上の時間をかけるか、

      自称では半万年間の歳月が必要ですね。

      他称では、帯方郡と楽浪郡は後漢の植民地として朝鮮史から除いて、三国時代からを彼らの自己責任の歴史期間と見るなら、およそ二千年間は必要でしょうか。

      > 今の体が何らかの形で崩壊しない限りは、

      こちらの方が短期間で済むでしょうが、日本がその余波で難民を押し付けられることになるのでイヤです。

      アレらはああいうナマモノであると割り切って、改善や改心など期待せず、一々否定するという「丁寧な無視」を続けるのが現実的だと思います。

      1. めたぼーん より:

        阿野煮鱒様

        二千年後に韓国が存在する気がしませんし、確かに押し寄せる密航者(難民と言う気がしません)は困りますね。海岸で拿捕する労力すら勿体ない気がします。

        徐々に自壊するのを遠くで眺める、丁寧に無視が賢明ですね。

  9. Naga より:

    朝鮮半島がどのように統一されるのか分かりませんが、金は日本に出させる・日本が出す・日本が出してくれる、ということが南北共に口にしなくても当然の前提として頭にあると思います。
    その時、間違いなく拉致被害者を返すから出せというでしょう。(その時は死んだと言っていた被害者も生き返るかも知れませんしれません。)
    その時日本がどうするか表に出さなくても考えておく必要があるでしょう。

    例えばですが、
    ・被害者が返って来なくても金は出さないという覚悟をした上で、もちろん返ってくるように手を考える。
    ・取りあえず金は出すが、金を返させる。金を返すまで往来や貿易は厳しく制限する。

    もちろん拉致以外に核兵器や生物兵器の問題もあります。

  10. オブ より:

    「統一」なんて掛け声のようなもので、ずっと言い続けるんじゃないですか。ドイツでさえ実際未だに東西格差や差別が問題として引き摺っていると聞きます。朝鮮半島の固有の文化もあります。実現も極めて難しいでしょうし、今さえ北朝鮮出身者の差別は酷いと聞きます。仮に成っても激しい差別や人権を無視した労働搾取が問題になったり、政争に明け暮れ更に混迷を極めるでしょうね。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     「朝鮮民族は被害者だ。」「南北分断の責任は加害者日本にある。」「分断されるべきは朝鮮半島ではなく日本だった。」「アメリカとソ連が朝鮮半島の分断を固定化した。」
     こうした朝鮮民族の主張は、まさに、相馬総括公使が彼らに対して発した「言葉(妄言)」が当てはまると思います。彼らは、千年経っても「自己満足、独り善がり」の主張を繰り返すでしょう。
     「南北統一」をいう以前に、南(韓国)の国内で、南北統一に向けた意思統一がされていません。進歩派と保守派が、政権交代の度に報復合戦を繰り広げていますが、「政権交代があっても、大韓民国の国益を最優先にした政治・外交を継続して推進するため、政権交代後の報復合戦は永久に取り止めよう。」と主張する政治家を聞いたことがありません。
     恐らく、彼らにとっては、大韓民国の国益よりも、国内の敵対勢力(ナム)を除去することの方が重要(優先)事項なのだと思います。これは、北朝鮮も同じで、北朝鮮の歴史は金日成一族による粛清の歴史です。南北統一が未だに実現しない最大の原因は、朝鮮民族自身の中にあると思います。

  12. パーヨクのエ作員 より:

    北:北も南も全部ウリのモノにしたい。
    南:北も南も全部ウリのモノにしたい

    ・・・。統一できるわけないじゃん(笑)。

  13. ラスタ より:

     自作史観を喧伝するばかりで史実を拒絶した結果がそれなのでしょう。

     日本を批判するのは結構。ただし史実に基づいた批判でなくてはならない。
     日露戦争がなぜ行われたのか、日清戦争は何のためだったのか。
     朝鮮民族にとって、何をどう考えても、日本は恩人でこそあれ加害者などという発想は有り得ないはずなのですが。

     半島との関係からひとつ学んだこと。
     国同士でも人同士でも、相手を可哀想と思って付き合ってはいけない。
     その好意は裏切られる。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。