韓国報道「文在寅氏は2年前、日本の報復に激怒した」

今から2年前の7月1日、日本政府が韓国に対する輸出管理の適正化措置に踏み切ると発表したことに対し、韓国側から「不当な輸出『規制』だ」、「撤回しろ」、といった要求がなされたことは、当ウェブサイトではこれまで何度も触れて来た論点です。これに関し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日、韓国の「素部装の独立」という方針は、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領自身が決めた、とする話題が紹介されています。

金融評論が脚光を浴びる時代

金融の世界をどうやってわかりやすく伝えるべきか

すでに何度も明らかにしていますが、当ウェブサイトを運営している「新宿会計士」は金融評論家であり、銀行法、金商法、外為法といった法律、金融商品会計やIFRS、バーゼル規制など、一般にあまりなじみがない分野を専門的な領域としています。

こうしたなか、当初、当ウェブサイトを立ち上げた際、どうやってこれをわかりやすくお伝えするかという点に腐心してきました。

たとえば、「外為法」は、こんな法律です。

外為法第1条(目的)

この法律は、外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もつて国際収支の均衡及び通貨の安定を図るとともに我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

何となくわかったようなわからないような条文ですね。人によっては、「もつて」(「つ」は小さい「っ」ではなく大きい「つ」)、という表現を見ただけで、ゲンナリしてしまうかもしれません。

ただ、この外為法第1条を、こう書き替えたらどうでしょうか。

日本は貿易も資本取引も自由に行って良いという方針を取っている国だが、貿易不均衡が生じて経済が不安定になることもあるし、また、日本の製品やカネが外国に流れ、武器開発に悪用されたら、世界平和にも大きな脅威となる。だから最低限、管理をするための手続を定めるよ」。

このように読みかえると、外為法がぐっと身近に感じていただけるのではないでしょうか。

外為法は平和と安全を守る法律

実際、金融規制の分野においても、外為法は意外と私たち国民の知的関心と近い場所にあります。

なにより、日本の近所には、危険で野蛮な軍事独裁国家もありますし、日本人を拉致したまま返そうとしない犯罪国家もあります。世界に目を転じてみれば、中東情勢は依然として不安定ですし、大量破壊兵器を作ろうとしている国や組織もたくさんあります。

ひと昔前には、家庭用のゲーム機に搭載された通信機能が、テロリストらの情報交換手段に利用されているのではないか、といった報道もありました。

テロ組織、ハイテク駆使 家庭用ゲーム機の通信活用

―――2015年11月20日 2:00付 日本経済新聞電子版より

当たり前ですが、民間の取引に不必要なほどの規制をかけるべきではありませんが、それと同時にハイテク機材、先端素材などを無制限に外国に輸出して良いという話でもありません。資本、技術、輸出などの管理は、こうした「自由貿易」と「安全保障」の微妙なバランスに成り立っているのです。

いわば、外国為替・外国貿易管理の世界は、永遠のイタチゴッコのようなものなのかもしれません。そして、外為法こそが、自由主義社会における平和と安全を守るための基本的な法律のひとつ、というわけです。

輸出管理の概要

輸出管理の2つの発想

ただ、外国貿易の世界では、現代のように複雑化した世の中で、ありとあらゆる製品の輸出をいちいち許可制にすることは非現実的です。

そこで自然な発想として、2種類の管理が成り立ちます。

ひとつは、「この国に流すと危ない」、「この国だったら輸出しても大丈夫だ」、という具合に、「輸出相手で見る方法」であり、もうひとつは「このジャンルの製品は用途が確認できない限り輸出させない」、というった具合に「輸出品目で見る方法」です。

さて、当ウェブサイトが追いかけている外為法上の条文のひとつに、輸出管理というものがあります。条文は第48条です。

外為法第48条第1項(輸出の許可等)

国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

条文をよく読んでいただければわかりますが、これはあくまでも「国際的な平和や安全を妨げる場合」に限定し、「特定の地域」に「特定の貨物」を輸出する場合に、経済産業大臣の許可を受ける義務を課す、という考え方です。

グループをA~Dに分ける

そして、仕向地のリスト、貨物のリストはかなり複雑ですが、昨年11月の『輸出管理の仕組みをまとめてみた』などに掲載し、さらに整理・集約したうえで、拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』にも転載した説明を簡略化したものが次の図表1です。

図表1 グループ別管理
グループ概要具体例
グループA4つの国際的な輸出管理レジームのすべてに参加している国ウクライナ、トルコ、韓国の3ヵ国を除く26ヵ国
グループB4つの国際的な輸出管理レジームのどれかに参加している国経産省はリストを公表していないが、韓国などが含まれる
グループCA、B、Dのどれにも該当しない国世界のかなり多くの国がCに該当していると考えられる
グループDいわゆる「懸念国」アフガニスタン、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、イラク、レバノン、リビア、北朝鮮、ソマリア、南スーダン、スーダン、イラン

(【出所】輸出貿易管理令および経産省『リスト規制とキャッチオール規制の概要』などを参考に著者作成))

最も優遇されているのがグループAですが、これらの国々が日本の輸出管理上、優遇されている理由は、「国際的な輸出管理レジーム(ワッセナーアレンジメントなど)に参加していて、それらの国に輸出しても軍事転用などされてしまうリスクが非常に低い」と日本政府が判断したからでしょう。

ちなみに「4つの輸出管理レジームのすべてに参加している国」は、次の30ヵ国だそうです。

日本、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国、ウクライナ、トルコ、韓国

つまり、厳格な輸出管理の国際的な合意に参加していること自体、日本政府がそれらの国を信頼する理由でもある、というわけです。

対韓輸出管理適正化措置の本質

ただ、こうした輸出管理の仕組みを含め、当ウェブサイトで議論してきた内容が、一躍脚光を浴びたことがあります。

それが、日本政府が2019年7月に発表した、韓国に対する輸出管理の厳格化措置です(※これを当ウェブサイトでは「対韓輸出管理適正化措置」と呼ぶこともあります)。

そもそも、先ほど挙げた30ヵ国のうち、日本を除く残り29ヵ国のすべてが「グループA」(旧「ホワイト国」)に区分されているわけではありません。ウクライナとトルコの2ヵ国に加え、2019年7月の輸出管理適正化措置の際に、韓国が(当時の呼称でいう)「ホワイト国」から除外されたのです。

その理由について、経産省は2年前の『大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて』のなかで、「輸出管理は国際的な信頼関係を土台としているが、韓国に対する信頼が損なわれた」ことと、「韓国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した」ことを挙げています。

経産省の同ページには、この2点に関するさらに具体的な記述はありませんが、当時の世耕弘成経産相の発言や、客観的なさまざまな統計データ、事実関係などの証拠を積み上げていくと、日本が韓国を「(旧)ホワイト国」に区分し続けられない事情が発生したと考えられるのが妥当でしょう。

日本政府がこの措置を発動した理由はいくつか考えられるのですが、とりわけ重要なものは、日本政府が呼びかけて来た政策対話に、2019年7月時点で韓国政府がすでに3年以上、応じていなかったことが挙げられます。

また、「不適切な事案」についての詳細も明らかにはされていないものの、外為法の条文などから判断して、少なくともフッ化水素、フッ化ポイリイミド、レジストの3品目については、軍事転用された疑いがあると日本政府が判断した可能性もあります。

実際、個別統計(HS2811.11-000)が存在しているフッ化水素に関しては、日本からの輸出高のうち、数量、金額ともに、韓国向けが9割前後を占めているという異常な事態が常態化していました(図表2図表3)。

図表2 HS2811.11-000の輸出高(数量)

(【出所】『普通貿易統計』の「品別国別表」データより著者作成)

図表3 HS2811.11-000の輸出高(金額)

(【出所】『普通貿易統計』の「品別国別表」データより著者作成)

これだけでも、本当にこれらのフッ化水素が「半導体向け」なのかが疑われる状況です。

いずれにせよ、この一連の騒動については、いずれ時間が経過すれば、当時の日本政府の公文書が開示されるかもしれませんし、関係者からもちゃんとした証言が出てくるかもしれません。

それまで当ウェブサイトを継続することができるとも思えませんが、今後の展開については期待したいと主次第です。

韓国の反応と「素部装の独立」

タイミングが悪かった?韓国では完全に「輸出規制」扱い

さて、その輸出管理適正化措置のなかで、「(旧)ホワイト国からの韓国の除外」を盛り込んだ政令改正が施行された2019年8月28日は、韓国による最初の自称元徴用工・大法院判決(2018年10月30日)から約10ヵ月後のことでした。

こうしたタイミングの悪さもあって、韓国側ではこの措置が「貿易報復」だと決めつけられ、しかも輸出管理の運用体制の変更が「輸出『規制』」だと表現されている点については、当ウェブサイトでもしばしば報告してきたとおりです。

ただ、これもときどき説明しているとおり、日本政府の用語でいう「輸出規制」は、そもそも条文も効果も発動要件もまったく違います。というのも、輸出規制は外為法第48条の「第3項」に規定が設けられているからです。

外為法第48条第3項

経済産業大臣は、前二項に定める場合のほか、特定の種類の若しくは特定の地域を仕向地とする貨物を輸出しようとする者又は特定の取引により貨物を輸出しようとする者に対し、国際収支の均衡の維持のため、外国貿易及び国民経済の健全な発展のため、我が国が締結した条約その他の国際約束を誠実に履行するため、国際平和のための国際的な努力に我が国として寄与するため、又は第十条第一項の閣議決定を実施するために必要な範囲内で、政令で定めるところにより、承認を受ける義務を課することができる。

これは要するに、経済制裁のことです。

逆にいえば、もし日本が韓国に対し、「経済制裁」を発動するならば、この「第3項措置」を講じているはずであり、また、本格的に経済制裁を発動するならば、第48条第3項だけで済まされません。

資本取引制限・資産凍結(第21条)、支払制限(第16条)、投資制限(第23条)、技術移転などの制限(第25条)、輸入規制(第52条)などが適用され、発動される制限の内容やタイミングによっては、韓国経済は壊滅状態に追い込まれることも考えられます。

これに対し、日本政府が実際に発動した輸出管理適正化措置は、韓国をグループAからBに引き下げ、3品目の輸出を個別許可製に切り替えるというものであり、経済制裁としては緩すぎますし、韓国経済に与える打撃はほとんどありません。

つまり、日本が発動した対韓輸出管理適正化措置は、法的にも経済的にも、とうてい経済制裁とはいえず、ましてや輸出「規制」でも外交的報復でもないのです。

事実誤認だらけの中央日報の記事

しかし、韓国の方は、そうは受け止めなかったようです。それどころか、大統領ご自身が積極的に誤解し、日本からの挑戦と受け止め、正面衝突を選んだのではないか、という仮説が出て来ました。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に今朝掲載された次の記事が、大変に興味深いです。

2年前の日本報復に「外交解決」進言した参謀…文大統領「どうしたらこのようなことが」激怒

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、2年前に日本が韓国に対する経済報復措置を発表した当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)参謀陣が準備した対応メッセージの報告を受けた後、珍しく激怒していた<<…続きを読む>>
―――2021.07.02 07:34付 中央日報日本語版より

つまり、韓国の日本に対する異常ともいえる反応をもたらしたのは、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が「日本の経済報復措置」に「激怒」したからだ、という可能性が出て来たようです。

中央日報によると、これは韓国大統領府の朴洙賢(ぼく・しゅけん)国民疎通首席が1日、フェイスブックに記載したものだそうで、次のような経緯が紹介されています(※文章に出てくる事実誤認については、とりあえずそのままにしています)。

  • 2019年7月に日本が素材・部品・装備(素部装)に対する輸出規制をすると、青瓦台参謀陣は討論を何回も経た末に大統領に報告するメッセージ草案を用意した
  • 朴首席は「日本の奇襲的な輸出規制で経済危機感と反日感情が同時に高まっていた」、「国民的の怒りとは異なり、青瓦台と政府の意見は『外交的方法による解決』だった」、「仕方ないという『現実論』だったが、結局は正面対応を避ける道だった」と書いた

そもそも、日本が輸出規制を発動した事実はありませんし、日本の対韓輸出管理適正化措置の個別許可切替対象はフッ化水素など3品目に限られていますし、さらに「(旧)ホワイト国」から除外されたにもかかわらず、韓国は依然として「グループB」の優遇を受けています。

しかし、この短い記述を読むだけでも、韓国政府関係者(あるいはそれを報じている韓国メディア)は、基本的な事実関係すら整理して把握することができないということが示されているように思えてなりません。大変に残念です。

文在寅氏「今が素部装の独立を成し遂げる勝負どころ」

さて、中央日報の記事の続きを読みましょう。

朴洙賢氏は、「日本の奇襲的な輸出規制」にもかかわらず、「韓国政府は正面衝突を避け、外交的方法による解決を目指すべき」との立場を固め、それを文在寅氏に建議したのだそうです。

ところが、文在寅氏はその後の緊急会議で、次のように述べたのだとか。

碁を打てますか。碁を打つときにここが勝負所だと思うときがあるでしょう?(中略)私は今が素部装の独立を成し遂げることができる勝負所だと考えてますが、どうしたらこのようなメッセージを建議できるでしょうか」。

要するに、「日本の輸出規制を契機に、『素材、部品、装備の独立』の方向が決定された」瞬間だったのだそうです(本当に「独立」という単語が好きな人たちですね)。

そのうえで、朴洙賢氏はフェイスブックの記事を、次のように締めくくったのだそうです。

国民と共に『素部装独立記念日』を作り出す。素部装独立運動2周年に大統領の洞察と決断、国民に対する信頼に敬意を表わす」。

この点、昨日の『輸出管理適正化から2年、FOIP重視戦略こそ正しい』などでも報告したとおり、その実情はお寒い限りに見えて仕方がありません。

いずれにせよ、韓国が本当に「素部装の独立」を達成したのかどうかの評価は、本稿では敢えて行いません。

というよりも、文在寅氏が来年5月に退任し、新しい大統領が就任すれば、もしかするとこの「素部装の独立」自体も「なかったこと」にされるのかもしれないな、などと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    >本当に「独立」という単語が好きな人たちですね
    そう言えばそうですねw
    普通の国は年に1回くらいしか言いませんもんねぇw

  2. だんな より:

    昨日コメントしましたが、韓国のデフォルトは「日韓経済戦争は、韓国の勝利に終わった」です。
    大統領が変わっても、文在寅のせいにする事は有っても、韓国が負けたとなる事は有りません。

  3. 簿記3級 より:

    もう二年も経ったんですか時が経つの早いですね。文大統領が碁打ちだったことに驚きですが独特の勝負勘にもっと驚きです。

    1. 伊江太 より:

      簿記3級様

      一手で大石コロセるところを、わざわざ劫にして遊んでやってるのに、劫立てにもならぬ手を打ってドヤ顔しているようでは、まあザル碁しか打てない手合いであるのは間違いないですね。

      おかげで、相手にする必要がないものだから、別局面(FOIP)に着々と布石中(笑)、

  4. 農民 より:

     あいうえお作文のコーナーです。

      素 人が
      部 品の意味をわからぬまま
      装 着してえらいことになる

     ……。
     2周年はカウントしたようですが、あと何年覚えていられるか楽しみですね。

     直前までだらだらと打っていて尻に火がついてから「あ、ここ勝負所かも!」という気になって、更にそこで読み違えて悪手を選ぶからいっつも負けるんじゃないですかね、文 名人は。もっと早いうちから長い目で筋道立てて考えないと……って一番苦手か。

    1. とある福岡市民 より:

      > 「あ、ここ勝負所かも!」という気になって、更にそこで読み違えて悪手を選ぶからいっつも負けるんじゃないですかね

       同感です。おそらく、文在寅は無計画に碁を打ってます。
       勝負所なんてものは初手から既に始まってます。陣取りや打ち合いが激しくなる時点に至るまでには、初手から手順を計画通りに進めておく必要があります。「ここが勝負所だと思うときがある」と途中から気付くようでは、もう打てる手が限られて負けが近くなってる可能性が高いです。

       ところで、私も作文をしてみました。

       ムンは激怒した。必ず、日本の素部装を除かなければならぬと決意した。
       ムンには政治がわからぬ。ムンは、韓国の朴念仁、もとい牧人である。ほらを吹き、言葉で遊んで暮らして来た。けれども経済に対しては、人一倍に鈍感であった。
      (中略)
       ムンは質問を重ねた。部下はあたりをはばからぬ大声でわずか答えた。
      「日本は、フッ酸を売りません」
      「なぜ売らぬニダ」
      「悪心を抱いている、というのですが、ウリは誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ」
      「たくさんのフッ酸を売らぬニカ?」
      「はい。まずは高濃度のフッ酸を、次に低濃度のフッ酸を」
      「おどろいた。日本は乱心か。」
      「いいえ、乱心ではございませぬ。ウリを、信ずる事が出来ぬ、というのです。このごろは、ウリの管理体制をも、疑いになります」
       聞いて、ムンは激怒した。
      「あきれた国だ。生かして置けぬ」
       ムンは、単純な男であった。
      (中略)
       メロスの口からは「もう二度、イルボンには負けない」という暴言が出て来たので、騒ぎが大きくなってしまった。
      「素部装を日本製から救うニダ」とメロスは悪びれずに答えた。
      「おまえがか?」日本中が爆笑した。
      「仕方の無いやつだ。おまえには、ものづくりの事がわからぬ」
      「言うな!」とムンは、いきり立って反駁した。
      「ウリの心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳ニダ。イルボンは、ウリの正義をさえ疑ってるニダ」
      「疑うのが、正当の心構えなのだと、我らに教えてくれたのは、おまえたちだ。韓の心は、あてにならない。韓人は、もともと私欲のかたまりさ。信じては、ならぬ」
       日本人達は落ち着いてつぶやいた。
      「我々だって、平和を望んでいるのだが」
      「なんの為の平和ニダ。自分のアジア代表の地位を守る為か」こんどはムンが嘲笑した。「罪の無いウリを疑って何が平和だ。」
      「だまれ、無能男」日本人らはさっと報いた。
      「口では、どんな清らかな事でも言える。我らには、韓の腹綿の奥底が見え透いてならぬ。おまえだって、いまに、経済破綻になってから、泣いて詫わびたって聞かぬ。」
      「ああ、ウリは利口ニダ。うぬぼれてなんかないニダ。ウリは命乞いなど決してしないニダ。ただ、――」と言いかけて、ムンは足もとに視線を落とし瞬時ためらい、
      「ただ、ウリに情をかけたいつもりなら、一度ウリに謝罪してウリのために知恵を絞るニダ。必ずウリがなんとかするニダ」
      「アホか」と日本人達は低く笑った。
      「とんでもないうそを言うわい。韓人が約束を守れるというのか」
       「ウリは約束を守るニダ!」ムンは必死で言い張った。
       それを聞いて日本人達は冷笑を浮かべた。どうせ守らないに決まってる。この嘘つきにだまされるのは面白くない。
      「フッ酸が欲しかったら約束を守れ。おまえの心は、わかっているぞ」
      「何を言うニダ!」
       ムンは口惜しく、地団駄踏んだ。ものも言えなくなった。

      ……以上、「走れメロス」をいじってみました。ちょっと無理なところがありますが、案外ハマりますね。
       最大の欠点はセリヌンティウス役がいない事です。ムンがメロスになったところで、セリヌンティウス役になりたい人はいないでしょうから。

      1. とある福岡市民 より:

        すみません、「メロス」は全部ムンに読み替えて下さい。

      2. 新宿会計士 より:

        とある福岡市民 様

        ブログ開設などはいかがでしょうか?w

      3. 農民 より:

         あいうえお作文に対して大作すぎませんか(笑)
         盟友、というだけなら盧武鉉かな?開始時にすでにセリヌンティウスが亡くなっているというか、彼を助けるのではなく彼の仇討ち(空回り)に走るのもシュールですが。時系列や因果関係がしっちゃかめっちゃかな方がむしろ良いかも。

      4. より:

        >「ここが勝負所だと思うときがある」と途中から気付くようでは、
        >もう打てる手が限られて負けが近くなってる可能性が高いです。

        これって、K-朱子学では「実生活において『あるべき姿についての認識』しかなくて、『あるがままの現実の因果関係の分析』能力がない」からでは?

        韓国脳の行動様式としては「あるべき姿の必然性」を滔々と宣教しているうちに「実際の現実は論理的因果関係に従ってどんどん先に進んでしまう」のでしょう。

        実際の結果がどうあれ韓国が「精神的勝利を宣言する」までが一セットです。

      5. 匿名二番 より:

        この物語がどこに向かうのかは分かりかねますが、きっとグランドフィナーレでは、ムンとムヒョンが涙ながらに抱き合っているのでしょうね。

        「ひでえよな、ウリナラ」
        「俺たち頑張ったのにな」

        とか言いながら…

  5. PONPON より:

    文大統領に歩調を合わせるように、朝日新聞も激怒の社説を書いていましたね。
    あのころの威勢の良さはどこに行ったのでしょう?

    1. 公認電気管理士 より:

      「朝日新聞が激怒して自前の本社ビルを売却する」なんて事になったら大変怖い。

      お茶も怖い。

      1. PONPON より:

        公認電気管理士様

        ??

  6. 元一般市民 より:

    独力で独立できたことって、何かあったんでしたっけ?
    この時も、『GSOMIAを破棄するぞぉ~、と言えば、米国様が叱ってくれる作戦』に出て、恥かいたはずですけど、都合の悪い歴史は無くなっちゃったのかな。

  7. カズ より:

    目先の攻防に執着し、自ら”ダメ詰まって逝く”のが彼らのスタイル。
    膠着も意に介さない大局観なんて持ち合わせていないのでしょうね。

  8. 世相マンボウ より:

    そうだったんですね (^o^)
    さすがは文ちゃんです。

    この文ちゃんの韓流らしい
    思い上がりのおかげでその後
    「GSOMIA破棄文在寅の乱」で
    一人チキンレースの果に
    ヘタレ敗走しなさって
    米国の怒りを喰らってこの前も
    CrabCakeMan向け会食を
    提供されちゃってるのですから。

    1. つくね より:

      >一人チキンレースの果に
      >ヘタレ敗走しなさって

      私は「文氏の率いる韓国政府は鏡とチキンレースをして負けたけど、鏡の中の韓国は勝ったと精神的勝利を宣言した」と考えたいです。

      1. 世相マンボウ より:

        つくねさま仰るとおり
        あちらの韓流メディアと
        そのお仲間の朝日新聞などは
        現実社会ではなく鏡の中のあの国を
        報道なさって見えますなあ。

  9. 引きこもり中年 より:

     毎度、バカバカしいお話を。
    「朝日新聞も、2年前の対韓国報復に激怒している」
    「韓国と朝日新聞は、菅義偉政権打倒に動かない、日本国民に激怒している」
    「そして今、日本国民は韓国に激怒している」
    おあとがよろしいようで。

  10. G より:

    大統領が激怒したのに、韓国は外交で日本に対して何の善処も実現しなかったんですよね。くやしいくやしい言いながら、頑張って日本を見返してやれって企業に対してはっぱをかけただけ。

    何かしらの成果が出たならそりゃよかったじゃないですか。自立の道に導いた日本に感謝してください。

  11. より:

    2年前に、文大統領が日本の「措置」に激怒したという情報はかなり以前から流れてました。その頃に読んだ記事によると、文大統領が激怒したのは、文大統領が日本の措置に対して、「日本は韓国の発展に嫉妬し、嫌がらせをしてきたに違いない」と理解したためだとあったように記憶しています。どの媒体だったか、執筆者が誰だったのか思い出せませんが(牧野氏だったかも)、その後の青瓦台の反応を見る限りでは、十分あり得る話だと思ったのを記憶しています。
    なにしろ、韓国大統領の権限は絶大です。その大統領様が「嫉妬に狂った日本が韓国に不当な攻撃を仕掛けてきた」と判断したのであれば、誰もそれに異を唱えることはできませんし、その方向での対応しかできません。たとえそれが結果的にセルフ経済制裁になってしまったとしても、今更「真実」を修正できません。多分、韓国の現状はこんなもんだろうと思います。

    もっとも、アノ文在寅大統領が今更判断を修正するとは思えませんし、そもそもそう判断したことを覚えているかどうかも不明です。もちろん、以前に読んだ記事がどれほど正しく内情を伝えていたかも不明ですから、何が正解なのかはよくわかりませんが、あの支離滅裂な激高ぶりをみると、さもありなんと思えてしまうのです。

    1. ちかの より:

      龍 様
      きっと親愛なる偉大な領導者様のマネをしてみたかっただけ、では?
      北で金正恩が「激怒」してモノゴトがすべて上手くいくのなら、深刻な食料不足なんてあり得ないですよね。

  12. 匿名29号 より:

    2年も前のことを何故今頃記事にするのでしょう?
    ここのところの日韓関係の悪さは全て文ちゃんが勘違いして激怒したせいなんです。 文ちゃんのご機嫌も直ったのだから仲直りしましょうね、とでも言いたげです。
    アホかいな。日本国民の嫌韓感情はすでに後戻りできないところまで来ています。

    1. 匿名 より:

      同感です。

      それも「韓国の特定の個人や特定の集団の特定の行動についての悪感情」ではなく、「韓国の一般人の思考行動様式に対する呆れと絶望」ですので、根が深い。

  13. めがねのおやじ より:

    ちなみに「4つの輸出管理レジームのすべてに参加している国は、30ヵ国だそうです」。ええと、そこからトルコ、ウクライナ、韓国を除いたらAグループだね。

    あと入って欲しいのは台湾、ASEAN(ちょっと厳しいが)。またブラジルやインド、スロバキアも入ってない。なんか理由があるのでしょう。

    アッこのメンバーならW30(ワールド 笑)じゃないですか
    〜。G20よりも腹黒い連中が居ないからスーッキリするわ。「極悪会は天暗悶に集合せよ!」(習近平)。

  14. 名無しの権兵衛 より:

     「日本政府の『輸出規制』に対する青瓦台と政府の意見は『外交的方法による解決』だった。」
    ⇒青瓦台の朴洙賢国民疎通首席様、せっかく2年前の真相を発表するのであれば、日本政府の「輸出規制」が、「自称元徴用工判決」に対する「経済報復」だと理解した上での『外交的方法による解決策』とはどのような内容だったのかについても明らかにしてほしかったですね。残念です。
     「碁を打てますか。碁を打つときにここが勝負所だと思うときがあるでしょう? この問題を扱って、今が囲碁の勝負所だと思いませんでしたか。」
    ⇒文在寅大統領様、「ここが勝負所だ」という貴殿の判断そのものは、決して間違っていなかったと思いますよ。ところで、中国政府から「三不の誓い」を要求された時には、部下に対して「ここが勝負所だ」とは言われなかったのですか。言われなかったのであれば、その理由は何でしょうか。

    1. チキンサラダ より:

      三不の誓いは朴槿恵政権の時ではなかったでしたっけ?

      1. より:

        いや、確か、鬘のおじさんではなくて、通訳上がりの白髪のお姉さん(もう名前も忘れちゃった)が外相だったので、文政権になってからだと思います。

        1. チキンサラダ より:

          なるほど、文政権になってからでしたね。ありがとうございます。

          https://n-seikei.jp/i/2020/10/post-71108.html

          しかし、三不の誓いは自発的に行った可能性もあるんですね。
          属国として何をすべきかよく心得ているということでしょうか。

  15. 元韓国在住日本人 より:

     小生は韓国が「素部装」に力を入れるのは賛成です。そうすることによって、日本メーカーも実力が上がれば良いのです。

     但し、力を入れたからといって、成し遂げられるものではありません。韓国企業の開発能力、製品管理、階級意識、自意識過剰を無くさない限り、日本と同等レベルにはなれません。

     以前にもお話ししましたが、韓国企業の最も弱いところは新規開発とsystem integration です。研究員は詰め込み教育の悪影響か、新しい発想が全く出てきません。また、自らの学歴や地位に固執して、他者に教えを乞う事などしません。

     自らの分野には精通していても、他の分野はサッパリですから、system integration などできません。それでも素直に「知らないから教えて下さい」と言えないのです。

     それで、模倣をしますが、基本が分かっていないので、出来た製品はろくでもない物になります。日本から設備を購入し、分解して模倣し、同じものを作ったら、精度が出ず数十台も倉庫で埃をかぶっている光景は圧巻です。

     一足飛びにはできない事を「できる」と言わなければ、その開発担当者除かれます。従って、不備、故障だらけでも「できた」と言えるところまではやるのです。そのあとは他者に振って、自分は「開発成功者」となり、実用化できないのは振られた側が悪いとなります。

     「俺はノーベル賞を取れる逸材だ」「部下は俺の出世のためにいる」「部下がやった事だから私は知らない」云々…。このような言葉を実際に聞くと「コイツらはダメだ」と思わざるを得ません。大企業でこのような状態ですから、中小企業実力もある程度想像がつきます。

     日本が「素部装」に強い理由を学ぼうとせず、模倣を繰り返している間は、決して日本に並ぶ事はできません。もう少し謙虚になり、真摯に学ぶ姿勢から始めなければ、日本に並ぶどころか、没落する未来しかないのです。

     駄文にて失礼します

    1. 匿名29号 より:

      文化・歴史的背景が異なるとはいえ、日本人も韓国的気質を少なからず持っているように思います。
      >「研究員は詰め込み教育の悪影響か、新しい発想が全く出てきません。また、自らの学歴や地位に固執して、他者に教えを乞う事などしません」

      などは、かつて会社に勤めていた時の某有名国立大出身者に多くいました。体質が古い会社だったので、社内も学歴社会そのもので、そういう人達が出世をしてゆきました。結果として、会社はこの30年間に成長できず業績は低迷しています。

      加えて、日本では上記のような人達は出る杭は打つというか、妬みが強い傾向にあり折角新技術開発の芽があっても自分の手柄にならなければせっせと摘み取るし、ミスがあっても絶対認めません。韓国は日本人の悪い面を増幅して見せてくれる鏡のようなものだと思います(ふと、自分もそういうところあるな、と思ったもので)

    2. めがねのおやじ より:

      元韓国在住日本人様

      いや〜元気にしてはりまっかぁ〜(^^)。

      さすが、金的を射抜いたコメントです。『韓国企業の最も弱いところは新規開発とsystem integration 。研究員は新しい発想が全く出てきません。自らの学歴や地位に固執して、他者に教えを乞う事などしません。』

      そんな事では何世紀経っても日本の影さえ踏めません。が、妙なプライドのみ高く、ましてや日本に教えを乞う事など有り得ませんね。憎っくき日本に教えて貰った事がバレたら、周りが矢と弾を放って来る(笑)。生きにくい社会ですね。私ならとっくに国籍を変え、◯◯出してます。

    3. 欧州某国駐在 より:

      元韓国在住日本人様

      貴重な情報ありがとうごあいます。
      なるほど、反面教師の良いお手本ですね。
      韓国云々の前にこういう人間になってはダメだよなあと自分への戒めにもなります。

      その意味で「韓国ありがとう」?(苦笑:ほめちゃいませんけど)

    4. チキンサラダ より:

      System integration とは、すり合わせのことを指していますか?

      確かに自動車では日本メーカーは個々のバーツでそれほど優れてるわけではないが、すり合わせの素晴らしさで製品全体が優秀で低コストだと聞きます。他の産業でも大方同様の傾向とか。(ソフトウェア産業は勝手が違うせいか、日本企業はむしろ、すり合わせで大きく遅れをとっていますが)

      こう考えると、日本の強みはフットワークの軽い中小企業が担っていると言えるのですかね。

    5. 元韓国在住日本人 より:

       間違えました。

       system integrationではなく、process integrationでした。

       すみませんm(_ _)m

  16. 名無しの権兵衛 より:

    匿名29号 様へ
     この記事は、青瓦台の朴洙賢国民疎通首席がフェイスブックに掲載した内容を紹介しています。当然、文在寅大統領の承諾を得ているはずです。
     そして、結論部分には「文在寅大統領の『素部装独立運動』という偉大な決断の背景には、『国民が一緒に乗り越えてくれるだろう』という、大統領の国民に対する厚い信頼があった」、「素部装独立運動は成功裏に現在進行中」、「素部装100大核心部品の対日依存度が31.4%から24.9%に低くなり、時価総額1兆ウォン以上の素部装関連の中堅・中小企業数も13社から31社へと2倍以上増えた」、「国民と共に『素部装独立記念日』を作り出す」「素部装独立運動2周年に大統領の洞察と決断、国民に対する信頼に敬意を表わす」とありますから、次期大統領選挙に向けた自画自賛記事だと思います。

    1. 匿名29号 より:

      おっと、匿名29号宛てですか。投稿と離れたところにあったので気づきませんでした。

      ふーん、そういうことなんですか。ありがとうございます。

  17. マイナンバー より:

    お次は『我が国(韓国)はいつでも日本とのGSOMIAを破棄することができるのだ。』の虚しい自慢話ですかね。

  18. 匿名 より:

    韓国国内での歴史的評価がほぼ確立したと見ていいでしょう。実態は別物ですし、国外からは大した価値のあるニュースでもありません。
    韓国もしれっと改善措置は取っているので、時間が経ったときに日韓の外交材料になる未来もありえます。国内用に空虚な勝利宣言が出来る材料ですね。
    まあ米中対立の最中でコウモリ状態が続いたのなら安保上の制約で難関だとは思いますが。
    無駄な政治コストと見るか、国内をまとめる名分と見るかは捉え方によって違うでしょう。

    1. 匿名 より:

      そもそも韓国企業に恣意的に売らないかのような悪鬼の所業のごとくアナウンスされているので、勝利宣言は今のままでも出しやすいんですよね。
      その勝利宣言ですら勝手にハードルを上げすぎて実体の伴わないウソを付くしかないっていうのが非常に物悲しい話なんですが。
      名分に関して多大なコストを浪費しなければならない生態がなかなか珍妙ですよね。

  19. さば より:

    >本当に「独立」という単語が好きな人たちですね

    いや、まったく。
    北朝鮮の「革命」イスラム教徒の「アラーは偉大なり」に匹敵する思考停止用語ですね。
    これを持ち出されれば、(韓国人に限ってですが)一切反論が許されなくなる。そんな単語。

  20. だんな より:

    2015年の記事です。
    韓国の成人の半分が憤怒調節障害、どのように怒りを堪えるか
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/198552?sectcode=400&servcode=400

    文大統領も半分のうちの一人だという事です。

    大口さんのブログに憤怒調節障害と韓国について書かれていますので、興味のある方はどうぞ。
    https://sp.ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1807668

    1. ちかの より:

      だんな様
      ちょっと世間話なんですが、「激怒して見せる」トップなんて、ねー。
      激怒と激怒して見せる、は、違いますが。
      激怒して見せるって、せいぜい町工場の親父が出てこない従業員を、迎えに行って、早く来い!ってどやしつけるくらいだと、思います。それか、学校の先生が、出来の悪い生徒相手にわざと怒って見せるとか?
      日本のちゃんとした企業のトップでは、あり得ないかと。
      ましてや、一国のトップが?
      激怒って、みっともないし、わざわざ人に見せるものじゃないし。激怒している人って(特にオヤジとか)ちょっと認知(症)入ってる?と疑うレベルのことが多いです。
      「激怒して見せて」上手くいくことって、あるんでしょうか?
      「激怒して見せる」ことで、モノゴトがなんとかなると思うから、激怒して見せるんでしょうが、その時点でその考え方が非現実的かつ非生産的、幼児のダダコネと大差ない感情依存の行動だと、思わないんでしょうか。
      まあ、ムンムンらしいですけどねー。

      1. だんな より:

        ちかのさま
        日本と違うんじゃないとしか言えませんね。
        憤怒調節障害が半分居れば、憤怒する事は異常じゃ無い=寛容だと思われる国ですからね。
        王様が怒ると臣下が困るとは思います
        なんか朝鮮人は、話してるだけで怒っている様にも見えるし。
        「日本は大人になるニダ(怒)」も言いそうだし。

      2. とある福岡市民 より:

        > 日本のちゃんとした企業のトップでは、あり得ないかと。

         残念ながら、福島第一原発の事故の際の菅直人総理大臣という例があります。

        1. ちかの より:

          とある福岡市民様
          なるほど、ムンムンにとって、ホワイト国除外などの適正化処置は、福島第一の事故と同じくらいのショックがあった?というか?でしょうか。

      3. IVD より:

        ちかの様
        横からコメント失礼します。
        過去の記憶が急にフラッシュバックしたもので。
        10年以上前に韓国の取引先の社長と電話で話す機会がありました。その社長は日本語が堪能でしたので、韓国語の分からない私でも疎通できました。
        ところが急に韓国語で怒鳴り散らし始めたのでビックリ!
        どうやら電話の向こうで部下のことを叱りつけ始めたようで、2、3分それをただ聞かされました。
        何を言ってるのかわかりませんでしたが、遠い目をしながら、社長の怒りが収まるのを待っていたのを思い出しました。
        保留もせずわざわざ怒鳴り声を聞かせたのは、「俺様は偉いんだぞ」という私向けのマウントなのかな?と当時納得してました。(いや、韓国では普通の事なのかも?)

        数年後、その社長は会社を追い出されてました。。。

        1. ちかの より:

          IVD様
          興味深いエピソードを、ありがとうございます。
          一般人ではない、それなりの立場の人物の行動や態度はなにがしかの「含むところ」というか「思惑」があってしかるべき、だと思います。
          そうじゃなければ、単なる菅直人?(とある福岡市民さんのご指摘通り?)。

          1. IVD より:

            ちかの様
            仰る通りと思います。
            いずれにせよ、トップが「激怒してみせて」も、自己顕示欲を満たすだけで、組織にとってあまりプラスにならないように思います。

        2. だんな より:

          IVDさま
          立場上、上の人が下の人にそのように振る舞う事を韓国では、「甲の横暴」と言い、社会問題になる事も有ります(ナッツ姫とか)。
          これも大口さんのブログリンクを貼っておきます。
          https://sp.ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1304887

          1. IVD より:

            だんな様
            ブログのご紹介有難うございます。
            ナッツリターン懐かしいです笑
            はたから見てる分には面白いんですけどねぇ。

          2. 阿野煮鱒 より:

            面白いブログのご紹介ありがとうございます。

            自賛になってしますが、ここで皆様で議論した結果、収斂してきた韓国に対する認識とほぼ同じですね。人は変われど手法は変われど、同じものを観察した結果、同じ結論に至るというのは当然かもしれません。

            ちょっと新鮮だったのは

            > 韓国にとって日本は力の無くなった甲

            これは韓国人の複雑で説明が長くなりそうな対日感情を、端的に表現していると思います。

            もう一つ、私が見逃している観点がありました。

            > 韓国における甲と乙の関係とは、あくまで「自身が乙である」と感じている人々からの主観的な視点による定義付け

            > 甲であるとされている人々は大半が「自分は乙だ」と考えています。

            >「常に自分は道徳的に正しい」のですから、道徳的な劣等者である「甲」のはずがないのです。

            甲は道徳的劣等者である、乙は「甲の横暴に抵抗しているだけ」という考え方には思い至りませんでした。

            「自分は絶対に正しい」という行動原理の中に、相対的剥奪感としての「恨(ハン)」が組み込まれていることもこれで説明できます。

            まあ、普通の日本人にいきなりこれを説明しても理解不能でしょうね。何度でも誤解と失敗を重ねるはずです。

  21. G より:

    激怒しても日本に対してなにも要求を通せなかった文大統領。
    いろいろ画策してもG7で菅総理と簡易首脳会談すらやってもらえなかった文大統領。

    これが日本の丁寧な無視作戦の重要な戦果ですね。文大統領の権威は地に落ちました。

    まだ、前任者は慰安婦合意を取りつけるなど、日本を動かしたんですけどね。

    1. G より:

      反日ばっかりやってるから、いざとなっても日本は話を聞いてくれない。日本が頭を下げなきゃいけないような独自のものを韓国は何一つ持っていない。

  22. 赤ずきん より:

    韓国報道「文在寅氏は2年前、日本の報復に激怒した」・・・自分はすべてうまくいかないのは 文大統領のせいにして ネズミ共が泥船から逃げ出す現象の始まりと思えました。

  23. 匿名 より:

    激怒と言うか火病ったんじゃないの?と思っちゃいました。

    此処はこの替え歌でしょうかね…。

    別のタブで曲を聴きながら文在寅を全力で応援して下さい(*・ω・)ノ

    負けないで(ZARD) ver3

    火病った瞬間に 理性が無くなる
    やらかした事を 覚えてないでしょ
    火病ってる在寅の 判断流石ね
    あの日のまま 火病ってる 在寅でいてね

    負けないでもう少し
    最後まで走り抜けて
    どんなに離れてても
    心はそばにいるわ
    追いかけて遥かな統一を

    制裁受けても ヘッチャラな顔して
    どうにかなるサと おどけてみせるの
    今宵も国民と 一緒に火病りましょ
    明日もそんな 国で良いよ 火病っていて

    負けないでほらそこに
    ゴールは近づいてる
    どんなに離れてても
    心はそばにいるわ
    火病っててね破滅に向けて

    負けないでもう少し
    最後まで走り抜けて
    どんなに離れてても
    心はそばにいるわ
    追いかけて遥かな統一を

    負けないでほらそこに
    ゴールは近づいてる
    どんなに離れてても
    心はそばにいるわ
    火病っててね破滅に向けて

    1. だんな より:

      在寅が言いにくいけど、良く出来てると思います。
      匿名なので、座布団は無しで。

  24. 匿名 より:

    激怒?、大した事なかったなあ・・・・くだらん!くだらんよ!!

    もっと強烈なものを期待してるのに、なんべん言うたら分かるのん!ホンマにィ~~~!!!!

  25. なかののひと より:

    半導体不足が叫ばれている現在でも、フッ化水素の韓国の輸入量は、日本の輸出管理強化以前の3から4分の1程度しかなく、本来の用途以外にどれだけ流用されていたのかと考えると背筋が寒くなるのを感じます。
    日本政府におかれては、日本政府が納得いく説明が無い限り、更なる輸出管理強化を前提に、使途不明なフッ化水素の徹底解明を韓国政府に執拗に求める事を望みたい。

  26. ラスタ より:

    1) 日本企業から南朝鮮に輸出され、どこに行ったかわからない戦略物資が存在する。
    2) 日本政府は、行き先わからない戦略物資を輸出しちゃダメよと日本企業の輸出管理強化。
    3)  間接的に1を日本政府が規制。

     事実上、日本は輸出規制を実効化していると思います。
     ただし、日本から南朝鮮への輸出でなく、南朝鮮から特定国への輸出を。

     いまのところ、南朝鮮のメモリー半導体製造には影響していないように見えます。
     日本依存物資の自国生産計画がスベったとしても、マトモに輸出申請すれば通ってるんだから足りているんで、むしろ「日本が難癖つけてきたが、日本の輸出管理基準をクリアしているサムソンは大丈夫だ」と胸を張っていいぐらいでしょう。
     騒ぐほどに、管理に引っかかる何かをスルーしてもらえないと具合が悪いことがあるんじゃないかと腹を探られる。

     日本が管理してしまうと、結果的に南朝鮮はその物資をフリーハンドで入手できず、南朝鮮からの輸出を規制することになってしまう。

     日本は輸出管理しかしていないのは、そのとおり。
     しかし、日本による輸出管理で、事実上南朝鮮から他国への輸出規制が発生するなら、それは南朝鮮にとっては輸出規制です。主体が違いますが。
     そのあたりの理論すり替えでショートが発生することはエビデンス豊富ですから、「日本による輸出管理は我々による戦略物資の横流しを規制しているから我が国の輸出に対する内政干渉であり日本はそのような規制を設ける管理をしてはいけない」。

     日本は日本企業による南朝鮮への戦略物資輸出の管理を強化します。
     なぜかって、それらがどこ行ったか説明できない事例が積み重なったから。
     実際のとこ、いまそれらは適正に管理されているし、あなた達は何も困っていないはずですが。
     具体的に、なにがどう規制されているという不満なのか、そろそろ言ってみませんか。
     横流しできないって話はナシで。もう言っちゃいなよ。
     みたいな話は水面下でしてると期待したいところです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。