読者雑談専用記事通常版 2021/06/19(土)

本日も「読者雑談専用記事(通常版)」を準備しました。

読者雑談専用記事(通常版)とは

本記事は、特段のテーマを決めず、読者の皆さまがおのおの、好きなことを書き込んでいただくための「雑談専用記事」です。原則として土曜日と火曜日に新しい記事を立ち上げています。

書き込んでいただく内容
  • 読者同士の挨拶ないしは近況報告
  • 最近気になっていること、議論したいと思っていること
  • 自分自身のブログ・SNS記事等の宣伝(※)

等々、何でも結構です(※なお、ブログやSNS等の宣伝については、それ専用の記事も用意していますので、ご活用ください)。

なお、コメントを書き込む際のルールは『読者コメント要領・引用・転載等ポリシー』等のページをご参照ください。

読者投稿

読者投稿募集』のページにも示しているとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しています。

その際、読者投稿の基準を満たさない投稿記事(たとえば文字数が足りない、など)については、こちらの「読者雑談専用記事」に書き込んでいただいて結構です。その際、最初に「投稿のタイトル、投稿者の簡単なプロフィール」などについて記載してください。また、1回の投稿で書ききず、投稿を続ける場合は、「続き」とわかるように明示してください。

過去リンク/次回更新予定

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、『読者雑談専用記事(ブログ宣伝2021/06/20)』を6月20日(日)正午に公表したいと思います(なお、これとは別に、テーマ別記事を公開する可能性もあります)。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. ポプラン より:

    今日のお昼は豚肉炒めです。

    1. ちかの より:

      ポプラン様
      1番getおめでとうございます。
      いつもの社食ですか?

      1. ポプラン より:

        ハイ社食です。

    2. だんな より:

      ポプランさま
      一番乗り、おめでとうございます。
      お昼は、どうしようか思案中です。

  2. sey g より:

    最近、「ハウスオブカード」のファイナルシーズンを見ました。
    前シーズン見てから、大分経ってたんで 久しぶりにみたら、ついていけなかった。
    ファイナルなので、その最終を見ても え、ここで終わり?!みたいな感じで 何かがおかしい。
    で、ネットで調べたら 主役のケビン・スペイシーがやらかして、打ち切りの危機を迎えた後、主役を殺してなんとかファイナルシーズンやったとの事。

    それ迄が凄く面白かったので、とても残念でした。それが、こんな尻切れトンボになるとは。

    主役の声優の石塚さんもお亡くなりになり、どうなるかと思いましたが。役ごと無くなるなんて、、、。
    もし、これから見られるならファイナル一つ前で見終わるといいかも。

  3. 阿野煮鱒 より:

    本日は農協直営野菜市場で、地元の野菜をしこたま買ってきました。地鶏の卵や砂肝、レバー、抗生物質を使わなくてすむ環境で育った豚肉も。

    卵は半分は生で食べる予定で、残りは半熟ゆで卵にしました。アボカド、トマト、ゆで卵を角切りして、オリーブオイル、塩、おろしたパルミジャーノ・レッジャーノであえたサラダは無限に食えます。カロリーはそれなりにあるので自制。

    鶏レバーはトマト糀をまぶしてジップロック。一晩寝かせてから低温調理でレバーペーストにします。砂肝は揚げ焼きしてから刻んだ大葉とポン酢でジップロック。味が染みたら頂きます。

    本日の昼食としては、ナス、ピーマン、豚バラ肉の味噌炒めです。甘辛い味噌ダレの染みたトロトロのナスは至福です。

    1. 老害 より:

      阿野煮鱒 さま

      阿野煮鱒さんの料理の話は、簡潔なのに、目の前に美味しそうな一皿が浮かんで見えます。
      実際に手を動かされる方でないと、こういった描写はできません。感服。

    2. ちかの より:

      阿野煮鱒様
      アボカドのサラダ、緑、赤、黄色と彩りも鮮やかで美味しそうですね!
      ちょっとカロリーは高そうですがw

    3. 阿野煮鱒 より:

      老害様
      ちかの様
      コメントありがとうございます。

      家内が料理が苦手なため、サラリーマン時代から食事を担当してきましたので、いかに簡単に早く安く、子供達が舌も栄養バランスも満足できる飯を作るかを目指しておりました。

      今は子供達が家を出たので、もっぱら体重管理のために調理を続けています。手間無く安く美味しくの習性は変わりません。家内は何を出しても文句を言わずに食べてくれるので有り難いです。

      1. 匿名 より:

        阿野煮鱒さま
        奥様は本当にお幸せですね。

      2. 老害 より:

        阿野煮鱒 さま

        >家内が料理が苦手なため、サラリーマン時代から食事を担当してきましたので、いかに簡単に早く安く、子供達が舌も栄養バランスも満足できる飯を作るかを目指しておりました。

        阿野煮鱒さんの料理は絶対に美味しいだろうなと感じております。
        描写の説得力が違います。

  4. 老害 より:

    「イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドを
    代表する選手で、4年に1度結成される、ラグビー界のドリームチーム」 
    との試合です。(6/26(土))
    日本が相手にしてもらえるなんて、感慨深いですね。

    6/26(土)
    J SPORTS 1/J SPORTSオンデマンド:22:30~
    日本テレビ(地上波):23:00~

    男子日本代表スコットランド遠征レポート
    https://www.rugby-japan.jp/news/2021/06/19/50833

    1. 美術好きのおばさん より:

      老害さま
      日本代表遠征レポートの情報、ありがとうございます。あの当時の面々がうち揃ったチーム、来週が楽しみです。松島もいる!

      で、筋肉モリモリの逞しい選手たちの写真を見ていたら、『荘子』の「庖丁為文惠君解牛」の一節を思い出してしまいました。これ、どうも阿野煮鱒さまの美味しそうな、涎が垂れんばかりの、煩悩を刺激するコメントの所為のようです。だから、阿野煮鱒さまにしゃ……以下省略。

      1. 老害 より:

        美術好きのおばさん さま

        コメントありがとうございます。

        >で、筋肉モリモリの逞しい選手たちの写真を見ていたら、『荘子』の「庖丁為文惠君解牛」の一節を思い出してしまいました。

        「阿野煮鱒さんの影響? えっと、選手を解体するのでしょうか」と一瞬、アホなことを考えてしまいました。(反省) 
        型にとらわれた戦い方をしない、流れに合わせた変幻自在の試合を期待ということで宜しいですかね?(間違っていたらお許しを)

        1. 美術好きのおばさん より:

          老害さま
          どうも、私は密かな楽しみを、迂闊にも漏らしてしまったようです。

          選手たちの写真を見ながら、彼らの逞しい腕や脚。そこに浮かび上がる筋肉の束(?)が作るなだらかな曲線。美しいフォルムの二の腕や大腿部は頑強でありながら柔軟性を感じ……などと楽しんでいて、フト筋肉つながりで包丁の見事な舞を思い出してしまったのです。

          というわけで、老害さまのおっしゃる「流れに合わせた変幻自在の試合を期待」という事にして、私の妄想はどうか内分にしておいてください。お願いいたします。

          1. 老害 より:

            美術好きのおばさん さま

            >フト筋肉つながりで包丁の見事な舞を思い出してしまったのです。

            なるほど、そう来ましたか。確かに、(瞬時)パワーだけの筋肉ではありませんね。敏捷さも見せてくれるし、持続力もある。惚れ惚れするようなフォルムですから、芸術品とし通用します。

            週末が待ち遠しいです。

      2. 匿名 より:

        ウリを召喚したニカ?
        でもウリ飯は低カロリー指向だから、アスリートには向かないニダ。
        アスリートにはタンパク質だけでなく、瞬発力の源泉として糖質がたっぷり必要ニダ。彼らは運動量が半端ないからカロリー供給が大切ニダ。
        ま、元激太りだったから糖質たっぷり飯も作れるけど、自分が太りそうで恐ろしいニダ。

        1. 阿野煮鱒 より:

          名前を入れ忘れたニダ。

        2. 老害 より:

          阿野煮鱒 さま

          阿野煮鱒さんの「糖質たっぷり飯」を見てみたい気がします。
          この歳で食べきることができるかな・・・

  5. 老害 より:

    夕焼けをゆっくり眺めるなんて、旅行先くらいしかありません。
    この映像は、人工光が少ない点と、水面の波紋の美しさが素晴らしいです。
    出だしの薄暗さと、そこからの光の広がり具合とのコントラストも見事です。

    「ある日の夕焼け空」
    https://www.youtube.com/watch?v=Fa3vjcfpaMA

    1. H より:

      老害様

      綺麗ですねぇ、今はまだ映像で我慢、、、
      早く気にせず自由に旅行に行けるように
      なると良いですねぇ、
      これからの季節、海、山、行きたいなぁ
      美しい景色に、上手い酒、ご飯も一緒なら
      最高です

      1. 老害 より:

        H さま

        コメントありがとうございます。

        >美しい景色に、上手い酒、ご飯も一緒なら
        最高です

        完全同意いたします。行きたいところは日本中にあります。
        日本は良い国ですね。

    2. とある福岡市民 より:

      いいですね〜きれいですね〜夕焼けが。

       ただ、選曲はミスってると思います。「私のお父さん」はフィレンツェの街を歌ったものですので。
      「赤とんぼ」「夕焼けこやけ」もしくはテオドール・エステン「アルプスの夕映え」を低音速で流した方がいいかと思います。

      1. 老害 より:

        とある福岡市民 さま

        コメントありがとうございます。

        >ただ、選曲はミスってると思います。

        厳しいですね。(確かに、歌詞の内容的には「不適切」かな)
        個人的には、そこまで違和感は感じませんでしたが、別の選曲もあり得たということは同感です。

  6. 閑居小人 より:

    エンゼルス大谷がタイガース戦で20号・21号2本のホームランを打ちました。
    球宴のホームラン競争が楽しみです。
    インタビューの時の女性ファンが持つプラカードが面白かったです。

  7. タナカ珈琲 より:

    今日、JTからご飯が32食分来ました。
    近頃は米のゴハンを(あんまり)食べていないので、娘達にあげる予定です。

    蛇足です。
    皆様にお米を(あまり)食べないに、ツッコミが有ったらあかんので、先に弁解します。
    今日の朝食、食パン1枚、バナナ、牛乳。お昼、餃子、ステーキ。夕食の予定…、ソーメン、後は冷–蔵–庫と相談です。昨日の朝食は今日と同じ、昼食、夕食は忘れた…、どちらか餃子です。認知症の心配しています。

    1. だんな より:

      タナカ珈琲さま
      お昼のステーキが被りました。
      漫画本が沢山有る、ステーキ屋さんでした。
      ちなみに180gです。

  8. チキンサラダ より:

    気になる記事を読みましたので、共有させていただきます。

    日系半導体部材が現地生産へ 韓国国産化に対応、業界新常態に
    https://www.nna.jp/news/show/2045850

    他にも日本から韓国への投資が実は増えてるという記事も見かけた気がします。

    韓国の数々の不法な行為にも関わらず、新たに韓国に進出しようとしている企業が少なからずあること、それがよりによって半導体製造装置メーカーであることは要注意かと思います。

    1. 農家の三男坊 より:

      チキンサラダ 様

      情報展開ありがとうございます。

      三星侮りがたしですね。金にものを言わせての人質作戦でしょう。

      ただ、記事の内容からは外為法に違反するほどのものは出していない様なので
      そのレベルで止まって居るか否か ”監視” が必要ですね。

      それとGDPが多少なりとも韓国に移るのが、空洞化のきっかけにならない様に
      新たな雇用創出に企業には頑張ってもらいたいし、政府は税制で対策をしてほしい。
      間違っても ”金融立国” 等と、たわ言は言わないようにお願いしたい。

      1. チキンサラダ より:

        はい、日本の企業が韓国で生産するようになると、様々な懸念が発生します。

        * 産業空洞化の進展
        * 将来、いわれのない訴訟トラブルに巻き込まれるリスク
        * 重要な技術の流出

        特に三点目を危惧します。韓国では最新技術の生産を行わないことにしていても、一度関係を深めると流出する危険性が増します。

        今後、要注意ですね。

    2. チキンサラダ より:

      おっと、言い忘れました。この記事は Sky 様が発見してくださいました。Sky 様、ありがとうございます。

      1. Sky より:

        はい、\(^_^)(^_^)/です。

    3. ラスタ より:

       個人的に、かもしれませんが。とても気になるニュースです。

       ひとつの考え方として、仮にそれが日本国内ではすでに枯れた技術で韓国しかマーケットがないのなら、国内生産で利益率稼げなくなった分を現地生産に切り替えて関税や運送費のコストを削減する、というのはアリというか普通にやることだと思います。

       それとはまた別に、生産拠点の移転が技術と人材の流出に繋がりかねず、流出の可能性が敵国を利するリスクをどう捉えるかという問題もあろうかと思います。
       しかしそれをするなと民間企業に強制することはできないわけで。

       うーん、どうなんでしょう。
       アメリカはかつて日本から剥がして韓国に付け替えたメモリー半導体生産利権を再移転しようとしているようにも見えます。
       当のメモリー半導体競争自体が現行の技術では頭打ちというかブレイクスルーを待っている状態で、いまが良いほど過剰適応に縛られて技術革新に対応できず巨大な負債になりかねず。

       想像というか妄想ですが、すでに次世代のメモリー(シリコンではないかもしれない)の技術開発に先進国が着手しているのであれば、じきレガシーになる技術を後進国に移転してコスト競争させる、つまりは古い技術を売って研究開発費に資する戦略はアリだし、もしかしたら今がそのタイミングかもしれない、とか思うのです。

      1. チキンサラダ より:

        技術と人材の流出は、戦略的な製品に関しては行うべきですね。現行法では制限できないのでしょうか?

        アメリカが、メモリー半導体の生産拠点を移させようとしている戦略は感じますね。

        ブレイクスルーが近いのかは、ハードウェア門外漢の私にはわからないのですが。

        1. ラスタ より:

           メモリー半導体のブレイクスルーが近いのかは私もまったくわかりません。
           初期の白色LED開発現場をたまたま見たことがありましたが、それは本当にたまたまの偶然なので、素材とか半導体は完全な素人です。
           ただ、いまのエッチング方式はほどんど限界に近いのではないかという感じがしています。

           SFぽい仮想上の話になってしまいますが、量子メモリーは当分無理として、分子プリンターで半導体(と言えるのかはもはや不明)を製造する技術は、いま50代の私が生きている間に実現されるんでないかと思っています。
           私の一世代のうちに、真空管がトランジスタになりシリコンチップになりました。ここが到達点と考えて、勝ったと喜んでどうなのか。

           いま真空管が最先端で売れてるぞって喜んでいる人たちには、そのままずっと真空管作らせておけばいいつーか、そこにしがみつかせておけばいいんで、我々はその先のグループにいち早く参加することを考えなくてはならんと思います。

           そのうえで、陳腐化しつつある技術は、高く売れるうちに売るなり海外移転するなりして、韓国で償却してしまおうという考え方は悪くないのでないかという意見なのでした。
           半導体製造機械。その製造を真似はできても設計開発はできない。作業はできても発明という発想がない。そこがキモだと思うのです。

        2. イーシャ より:

          高速書き換え可能な不揮発性メモリーに向かうのか、
          動作原理はそのまま、材料を変えて更なる高性能化を図るのか・・・

          メモリセルは大きくなりますが、DRAMからSRAM に戻るのも、案外面白いかも。

          1. イーシャ より:

            量子スピンを利用したメモリーは面白そうです。
            昔のでかい磁気コアメモリの、量子化版みたいなイメージで。

  9. 常識ある匿名 より:

    常々疑問に思っているのですが、何故日本では大韓民国のことを「韓国」と尊重した呼び方をするのでしょう。アメリカはじめほとんどの国が「南朝鮮」と呼んでいるようです。あの国は「韓国」というほど国格が高いのでしょうか。
    アメリカでさえSouth Korea・南朝鮮と呼んでいます。日本でも韓国の国格相応の南朝鮮と呼んであげるべきだと思います。

    Koreaは高麗(高い山々きらめく川があって麗しい)が語源らしいですが、空はPM2.5でうすぐろい、街も小汚い、おまけに日本製品不買運動とか反日、侮日、用日、卑日気分ムンムンです。仁川からソウルに行く電車内のディスプレイを見ただけで反日気分ゆんゆんなのがわかります。国を挙げて堂々の反日なのに通貨スワップなどでは日本をチラ見する図々しさ、不愉快ですね。
    日本はこれ以上たかられたり反日の被害を防ぐためにも、日本政府は生活保護や保険の不正受給者、犯罪者、暴力団関係者の在留権停止、今以上の「教えない、助けない、関わらない」を徹底すべきです。
    現在半島では将軍さまの健康不安、食料逼迫等の政治情勢が不安定、南朝鮮政府・国民の反日の沸騰、経済情勢の悪化が見られます。日系企業資産の売却が行われた場合には政府による報復のほか、日系銀行の貸し剥がし、在韓日本人・企業の帰国命令を出すなど、韓国に引導を渡す必要があると思いませんか。
    国交断絶も検討する必要がありそうです。

    1. チキンサラダ より:

      Korea の訳語が朝鮮か韓国かは微妙ですが、英語でも韓国のことは、通常 Korea と呼びます。

      韓国から来た留学生が、”I’m from South Korea.” と言うと、先生は笑いながら「South をつけなくても良いよ。North Korea から来る人なんてまずいないんだから」と言います。

    2. 重箱住人 より:

      常識ある匿名さま

      >Koreaは高麗(高い山々きらめく川があって麗しい)が語源らしい・・・

      Koreaの語源が高麗なのは仰る通りです。が、高麗の意味が「高い山々きらめく川があって麗しい」というのは漢字の字面(じづら)の意味であって、元の意味は違うと思います。もともと高麗は高句麗を短縮した呼び名です。で、高句麗というのは中国人が付けた名で、多分、原住民の発音(コグリみたいな)を音写(耳で聞いて発音にあう漢字を充てること)したのでしょう。高句麗人は、その音写された「高句麗」を嫌い(文字が三文字でいかにも野蛮国に見える、「句」に身を屈めるという良くない意味がある)、縮めて高麗としたようです。その原義は、当時の高句麗人の言葉でのみ読解可能なのでしょうが、Wikiではコ(大きい)クル(城;城壁で囲まれた都市)、即ち「大城」との白鳥庫吉(昔の、この方面の大家)説を紹介してます。とはいえ私は、その白鳥説もマユツバとは思ってますが。

      1. 常識ある匿名 より:

        重箱住人さま
        レスありがとうございました。そういえば朝鮮の山と聞いて連想するのは、木を切り倒した後に植林をしないせいか「禿げ山」ですね。いかにも高麗という言葉にほど遠く、かの国らしいです。
        高麗って高句麗から句を抜いたのですか。なるほど、知りませんでした。そういえば子どもの遊びで「こっくりさん」というのがありますが、いかにも半島伝来という感じがしますね。子どもの精神衛生によくなさそうです。

    3. ラスタ より:

       「韓国」または「大韓民国」という故障いや呼称は日本独特のものだと思います。
       なぜそうなのか。清から朝鮮半島を独立させてあげたときに日本が彼らに付けた名前が「大韓帝国」だからです。

       つまらんことですが、日本人が未だに「韓国」と呼ぶのは日帝支配の最たるものですから、彼らはこれに激烈な戦犯批判をしなくてはならないはず。
       しかしながら、残念なことに自ら「大韓民国」と名乗っているだけでなく、国旗デザインも日章旗を模したうえに、日章旗と区別するために外国人が読めない文字で国名を書き込んでいます(国旗に国名を文字で書くのはとてもダサダサな行為と思います)。

       そんなこんな、常識ある匿名様とは真逆の意味で、「韓国」とは日本独特の蔑称なのだから無礼のないよう「南朝鮮」と表記するのが礼儀と考える次第です。

       ところで、このコメントを書くにあたってgoogleで「朝鮮独立」を検索したところ、「紀元前2333年10月3日」と出てきて驚愕しました。
       いまから4354年前までどこかの属国だったのでしょうか。

      1. チキンサラダ より:

        検索結果見てみました。

        これは以下の2つが理由ですね。
        * 「独立」と「建国」は別の意味のはずだが、英語訳では「Founded」と一緒くたにされている。(中華人民共和国も「建国」が、Founded 扱いです)
        * Wikipedia では、古朝鮮の建国は紀元前2333年となっている

        紀元前2333年の建国は伝説に過ぎませんけど、一応それを前提に韓国でも北朝鮮でもお祝いがされているので、Wikipedia に記入されてるのは、おかしなことではない。

        そして、Google は、その記述を機械的に引用してるだけ、というのが真相のようです。

        1. ラスタ より:

           確認したところ、前発言の「朝鮮独立」という表現には誤りがありました。間違いでしたので、ごめんなさい。
           google検索で出てくるのは「設立」でした。

           朝鮮設立が紀元前2333年10月3日だそうで。
           考古学的には、その少し前からタタール人が朝鮮半島に住み着いた時期と一致しているようです。
           (それ以前、1万5千年ほど前に縄文人が進出して撤退した遺跡が確認されているとか。それ以前とタタール人の間は人類は住んでいなかったとか。参照文献憶えてないのでウソ書いてるかもしれません)

           史料とか、暦法がいまに換算してどうなのかとか、いろいろありますが。
           日本は紀元前660年2月11日となっておりますが、だいたいその頃と思いつつも現歴換算でズバリその日と信じている日本人はほぼ居ないでしょう。
           私は神武天皇が即位した1月1日が良かったと思うのですが、グレゴリオ暦ではその日が2月11日だとかって話で。

      2. チキンサラダ より:

        しかし、古朝鮮の版図って、朝鮮半島北部だけですね。

        韓国の韓は南半分の三韓が語源ですよね?

        朝鮮と韓国の違いは、やはり北部と南部も意味すると捉えるのが正しいのでは?

        歴史も少し違いますし、民族的にも元々北部と南部では違いますよね?

      3. チキンサラダ より:

        太極旗って、国名入ってましたっけ?
        八卦の記号が4つついてはいますが。

        もしかして、国章の方ですか?

        1. ラスタ より:

           あれって、ハングルの略字で「テー・ハー・ミン・グー」って書いてあるのではないのですか。
           私の誤認でしたらとんでもない誤解でしたので、前言撤回して「文字みたいなのが書いてある」と修正したうえで国旗のくだりについて、お読みになられた方々に対して全面的にお詫びします。

           八卦なんですか。そうなんですね。たいへん勉強になりました。
           ご指摘感謝です。

          1. チキンサラダ より:

            https://www.koreanculture.jp/korean_info03.php

            八卦ではなく、四卦ですか。いずれにせよ、テーハンミングではないようです。

          2. 裏縦貫線 より:

            >>太極旗って、国名入ってましたっけ?

            「大清国属」と書いてある旗のほうかと思いました。。

          3. はぐれ鳥 より:

            韓国国旗四方の下駄状の模様は、「当るも八卦当らぬも八卦」の、中国古来の占い(易)で使用される八卦記号の内の四卦です。これは陰を破線、陽を実線で表記したものですが、現代風には二進法の0・1と同じ意味と言えば分かり易いでしょう。

            この占いでは、コイントスと同じく、占い行為1回ごとに陰か陽かを決めます。八卦の場合、これを3回繰り返しその並びにより占い結果を判定します。その組合せ総数=2の3乗=8なので八卦ということです。一例を言えば、陰が3回続けば「坤(記号は破線が3段)」、陽が3回続けば「乾(記号は実線が3段)」の卦になります。詳細は省きますが、韓国国旗の左上=111、右上=010、左下=101、右下=000と表記されているようなものと思えばいいでしょう。

            それにしても、この八卦の基礎となる陰陽二元論は、現代コンピュータ科学の0・1二元論に通じるようにも見え、興味深いです。

          4. 裏縦貫線 より:

            はぐれ鳥 様

            >>それにしても、この八卦の基礎となる陰陽二元論は、現代コンピュータ科学の0・1二元論に通じるようにも見え、興味深いです。

            「コンピュータの起源はウリナラニダ万能壁画を出すまでもなく明らかニダ」「スーパーコンピューターK」が見えてきましたorz…

          5. カズ より:

            国家の顔からして曖昧で、どっちつかずなのですね。

            中央に配置された”禍玉”が、陰と陽。
            四隅に配置された”四卦”が、月と日。
            そして、天と地(あれれ?人は居ないの・・??

            勾玉は、その穴により祖先とのつながりが保たれ、降りかかる邪物からその身が守られるとのこと・・。

            穴が無いのは、やっぱり ”禍玉” なのかと。
            あゝ、だから彼らには救いがないの・・カナ?

          6. 美術好きのおばさん より:

            韓国で出土する翡翠の勾玉は、すべて新潟糸魚川産の翡翠で作られていることが確認されている。(韓国では、翡翠は産出しない)なお、勾玉形の遺物が縄文時代の遺跡から発見されているので、勾玉の造形は日本独自のものと考えられている。

            つまり、太極旗は中国由来の陰陽と八卦、日本由来の勾玉を用いた旗というわけで、実に朝鮮半島の歴史を語るに相応しい旗なのである。

      4. 常識ある匿名 より:

        ラスタさま
        レスありがとうございます。韓国人いわく韓国は5000年前に檀君という神様が設立した国なので日本なんか目じゃないそうです。
        ところで伝説によると檀君は人間とクマの間に生まれたのだそうです。ということはかの国の人にはクマさんの血が流れているのでしょうね。

        1. ラスタ より:

          常識ある匿名様

           なんとなく、ですが。
           クマ。それってロシアっぽいなと一瞬思ったのですが、朝鮮民族がタタール系と仮定すればロシアと無縁ではなく、伝説の中にクマという形で民族の由来が表現されているのかなとか思ってみたくなったりもします。

          1. 常識ある匿名 より:

            ラスタさま
            実は私も同じことを連想していました。どす黒いでっかいクマ、ロシアを象徴しているようです。

          2. チキンサラダ より:

            現代ではタタール人(トルコ系)とロシア人は交雑していますが、古朝鮮時代はスラブ人はまだ東アジアには進出していません。
            また、朝鮮人はツングース系統だとよく言われますね。

            ツングース系は中国東北部などの森林地帯の狩猟民族でしたから、そこで最も畏怖すべき動物だった熊を神話に登場させるのは自然かと思います。

            ロシアはまず関係ないでしょう。

  10. 老害 より:

    玄関の看板のひらがなを見ると、台湾ではなくて日本の温泉旅館みたいです。
    台湾最南端の屛東(ピントン)県にある四重渓温泉の「清泉日式温泉旅館」だそうですが、こんなところがあるのですね。
    台湾に行けたら、寄ってみたいです。

    湯どころ・台湾を思う 四重渓温泉で「古きよき日本」に出会う「清泉日式温泉館」
    https://www.asahi.com/and/article/20210618/405665954/

  11. 老害 より:

    超党派の国会議員でつくる親台湾派の議員連盟「日華議員懇談会」の会員数は、

    >いま300人ぐらいです。中堅・若手が進んで参加してくれて、会員は増えています。昔は年寄りが多い逆三角形だったんですが、いまは逆になりましたね。台湾が身近になって、支えるべき友人と考えてくれているんでしょう。

    だそうです。これからも活動を期待します。
    「日韓議員連盟」の方は、自然消滅でお願いします。

    古屋圭司・日華懇会長に聞く台湾ワクチン支援の裏側
    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/23253

  12. はにわファクトリー より:

    米国が台湾へ無償提供ワクチン250万回分を発送するとロイターが報じています。
    先の超党派議員訪問ではいつどのワクチンが発送になるかは明示されていませんでした。
    https://www.reuters.com/business/healthcare-pharmaceuticals/exclusive-us-triples-vaccines-taiwan-with-25-million-dose-shipment-2021-06-19
    台湾到着は日曜とあります。ライブTVで観れるかも知れません。

    1. Sky より:

      台湾では中国に対峙した政府では動きが遅いということで、中国チャネルのある鴻海やTSMCがワクチン手配に名乗りをあげる事態になってます。完全に政争の道具になっている雰囲気。

  13. より:

    このところずっと学術文庫版「中国の歴史」(全12巻)を読んでまして、現在ようやく第9巻「海と帝国- 明・清」を半分ほど読み終わったところです。なにしろ1冊あたり500ページを遥かに超える大部の書籍なので、速読派を自認する私でもかな~り時間がかかっています。
    さて、このシリーズは簡単に言うと現時点での最新研究をベースにした中国通史なのですが、各王朝の興亡とか、戦乱の話とか、あるいは政治的な暗闘の話は最小限しか記述されておらず、そのような流れを産み出した社会構造の変化や思想的変遷が主に記述されており、いわゆる”歴史ロマン”的な記述はほとんどありません。また、先秦時代を記述した第1巻、第2巻などは専ら考古学的知見がかなりの部分を占めていますし、北方民族の興亡を記した第8巻では、半分くらいがキタイ史に充てられ、金やモンゴルの話はちょっとだけという、かなり癖のある内容となっています。その意味では、通史とは言いながら、中国史の大まかな流れを掴みたいという人には不向きで、ある程度その辺の知識を持った人が対象になっているようです。

    でも、最新研究を反映していると謳うだけのことはあり、ある程度中国史を知っている(つもりの)人にとっては、興味深い記述が満載です。中国史を中国(特に漢族)の視点からだけ見るのではなく、もっと広い視点から見ることの重要性をこれでもかとばかりに示してくれています。そして、史記に始まる正史だけ見ていては判らないことがたくさんあるということもよくわかると思います。
    ということで、「中国史はよく知らないけど、ちょっと興味はある」という方にはあまりお勧めできないのですが、そこそこ読んできた(つもり)という方には、改めて中国史に関する視野を広げてくれるという意味でお勧めできるシリーズだと思います。

    1. チキンサラダ より:

      北方民族の巻がスキタイ(キタイではなく、スキタイですよね?)にフォーカスしてるとは面白いですね。
      スキタイって情報も少ないし、かといって版図は恐ろしく広くて中国周辺に収まりきらないし。
      それを中国史の中で重点的に扱うというのは確かにユニーク。

      私も中国史は好きなので、そそられます。

      1. より:

        いいえ、本当にキタイ(契丹、遼)なんです。耶律阿呆機の一代記が随分な分量で記述されています。多分、その巻の著者がキタイ史を専門にされているんでしょう。
        スキタイの話はむしろ先秦史のところで、鉄器の東遷に関連して記述があったと記憶してます。匈奴以前の北方民族史の一環ですね。なお、匈奴に関しては、秦漢史のところで詳述されてます。

        読み出がありそうでしょ?

        1. チキンサラダ より:

          なるほど、契丹のキタイの方でしたか。契丹も確かに大事。とはいえ、それに多くの分量が割かれてることは嬉しい驚きですね。
          匈奴も詳しいんですか。記録がなかなか残ってない民俗なのに。
          読み甲斐ありそうですね。見てみます。

          1. 阿野煮鱒 より:

            香港のキャセイ航空の語源が契丹ですね。
            ロシアでは中国をキタン(Китай)と呼びます。

          2. チキンサラダ より:

            キャセイの語源が、契丹とは全く知りませんでした。

            確かに、ロシア語では中国のことを Китай (キタイ)と言いますね。(最後の й は、日本語で言えば「イ (yi)」ですね)
            ロシア語学習者なのに、語源を考えたことがありませんでした。

            教えていただきありがとうございます。

    2. iwamurasta より:

      先日薦めて頂いた「真実の朝鮮史」(663-1863)が届いたので読んでますが、これは予想以上に良い本と感じております。お2人の対話形式なので読みやすく、日本の歴史とからめてあるから分かりやすく(あまり朝鮮の影響はないですが)、一気に読めますね。こちらの方が2冊組の続編らしいですが、先に届いたし、時代も先だからいいかなとまず先に読んでます。
      朝鮮系の本では古田博司さんの「朝鮮民族を読み解く」が個人的には分かりやすいと思ってますが、少し前にざっと目を通しただけで、理解が及んでない部分も少なからずありますので、この機会に今一度読み返してみようと思っています。
      中国系は、福島香織さん、宮崎正弘さんなど最近の手に入りやすいのを読んでいます。中国史は手つかずです。ほかに朝鮮系・中国系など何か手に入りやすく分かりやすそうなのがありましたら、教えていただければと思います。専門書より、入門書の方が好みです。
      さて「真実の朝鮮史」、まだ1冊目の途中ですが、朝鮮半島は単なる通り道で主役になったことがない、と聞いてはいましたが、本当にそうなんですね。朝鮮人の英雄はいないし、スカスカしている。日本とは全く違う。翻って日本の歴史を誇らしく思った次第です。

      1. より:

        何かのご参考になったのであれば幸いです。
        中国史はなにしろ山のように関連書籍が出てますので、お勧めすると言っても難しいのですが、とりあえず宮崎市定さんの著書は基本になると思います。必ずしも最新とは言えませんが、中国史を読んでいく際の基本を養ってくれると思います。その後にいろいろと広げていっても遅くはないでしょう。唐・五代までですが、岩波文庫版の「中国史」(上下)あたりが入り口には良いかもしれません。
        また、ちょっと視点が独特ですが、岡田英弘さんの「中国文明の歴史」(講談社現代新書)あたりも、ざっと概観するには悪くありません。

        なお、超変化球としては倉山満さん(「真実の朝鮮史」の著者片割れ)の「嘘だらけの日中近現代史」(PHP新書)がありますが、近現代史と言いつつも、古代からの中華帝国にも触れています。彼が剔抉してみせた「中華帝国7つのステージ」はとても面白く、多くの中華帝国に当てはまると思われるのですが、「真実の朝鮮史」でご存知のように、彼の語り口は相当乱暴です。なので、最初に読む本としてはあまりお勧めしません。一通り中国史を読んだ後に読むと、「はは~ん」と思うところも結構あるのですが。

        1. iwamurasta より:

          おっしゃる通り、中国史関連は山のように出てますので、関心はあったのですがどこから手を付けていいのやら、とか思っているうちになんとなく放っておいた感じです。宮崎市定さんは存じませんでした。読んでみたいと思います。岡田英弘さんの著書は「この厄介な国、中国」に目を通したことがあります。あと中国共産党の王岐山が読んだとかどこかで読んで「世界史の誕生」を入手しましたが、手付かず。奥様である宮脇さんがとてもわかりやすいので、こちらも近いうちに。今回、倉山さんも面白かったので、徐々に読みすすめていきたいと思います。ありがとうございます。

          1. はぐれ鳥 より:

            iwamurasta様

            横から失礼します。宮崎市定氏、岡田英弘氏の名前が目につきましたので、コメントしたくなりました。

            私も、30年来の宮崎市定氏のファンというか、私淑している一人です。彼の全集も持っています。現在70代の私からしても2世代近く前の人ですが、その分却って戦後の左派イデオロギーに影響されておらず、日本における儒学の伝統を感じることができます。彼自身もどこかで「自分は儒者である」という風なことを言っていたと思います。中国史を大きくとらえるためにはお勧めです。ただ膨大な著作(中には歴史小説もどきのものもある)を遺していますので、何から読めば良いかお勧めするのが難しいです。好み次第で良いとは思いますけど。

            岡田英弘氏については、大きな視点から中国史のみならずアジア史、更には世界史にわたり、歴史・地政を大づかみし大胆な論を展開する処が私は好きです。語り口にも、読者を飽きさせず一気に読了させるキレの良さが有ります。文春新書の「歴史とはなにか(2001年初版発行)」なんかもお勧めですかね。現代世界の構成要素である国民国家の成り立ちなどについても分かりやすく書いてあります。なお、王岐山(大学での専攻は歴史学)が氏の著作を読んでいるというのは、元は、元産経新聞記者・福島香織氏からの情報のようで、Wikiの岡田英弘氏紹介ページでも紹介されています。

          2. iwamurasta より:

            はぐれ鳥さま

            ありがとうございます。宮崎市定さんの著書はいいんですね。まず、上で龍さまが紹介してくださっている岩波の「中国史」から読んでみようと思います。先程、最寄りの図書館のデータベースで検索をかけましたら、蔵書にあるようでしたので、はじめはそちらを手にしてみようかな、と。
            王岐山の件、助かりました。ちょこっと探してみたんですが出典が分からず、モヤモヤしていたところでした。反腐敗キャンペーンの責任者のみならずエコノミストとしても評価が高いので、経済学部の出身だと思っていましたが、歴史学の専攻だったんですね。福島香織さんは、鈴置さんと同じく、日経ビジネスオンラインで知りましたが、気骨があり、公害やエイズ、ウィグル族などかなり中国の現状を正確に記事にされていらっしゃるようですので、若干心配しています(笑)

    3. たい より:

      食指が動かないことはないのですが、講談社学術文庫の価格はちょっとした単行本並みなんですよね。
      この前史記がちくま学芸文庫でKindleのセールをしていたので、少しずつ買い集めました。
      同じようにセールしてくれないかな?
      でも、紙の本で読んでみたい気もします。

      1. より:

        確かに学術文庫はお高いです。でも、東洋文庫に較べればまだマシだと思うしかないでしょう。東洋文庫にしかなく、当然Kindle版なんぞもないなんて書籍がゴロゴロしてますので、泣けます……

        # ちくま文庫版の「史記」は全部紙で買いました。

        1. りょうちん より:

          東洋文庫の電子書籍化にはビックリしましたねえ。
          もっとも縁遠いと思っていましたから。
          高校時代に図書館に揃えてあったのを片っ端から読破した思い出。
          でも懐かしさからポチろうとしたら、値段に吹きましたwww

          ちなみに長女の「高校」の図書館にはジョジョが全巻揃えてあったそうです・・・。

          1. とある福岡市民 より:

            > 「高校」の図書館にはジョジョが全巻揃えてあった

            それはまた、奇妙な光景ですね(笑)

             私の高校の図書館には横山光輝「三国志」がそろえてありました。いくつか紛失してましたが。私は三国志に興味がなかったので、これまた最新11巻まで揃えてあった「ローマ人の物語」を読んでました。

          2. より:

            高校の図書室には行った記憶がない……(-.-;
            でも、その頃は専ら少女マンガを読んでたから、ジョジョや横山三国志があっても読まなかったと思ふ……

        2. たい より:

          東洋文庫はあまり知らなかったので、いまパラパラと見てみましたが、いいですねマニアックで。
          風雲児たちに登場したあのベンジョスキーさんの航海記があるのにはビックリしました。
          楽韓さんおすすめの「国家はなぜ衰退するのか」も面白そうです。
          ぐぬぬ、予算オーバーでいくか、涙を飲んでスルーするか…

          1. より:

            それは背中を押してくれということでしょうか?ww
            この世界(どの世界?)、迷ったら買えというのが鉄則です。

  14. sey g より:

    企業の中国投資ですが。
    まず、自分の認識だと断わります。

    まず、人件費の安い中国に組み立て工場を作ります。
    中国地方政府は、企業に進出して欲しいので色々な特典を約束します。
    そして、起動にのると ある日突然部品が輸入出来なくなります。
    すると、また地方政府がよい条件を出して、こういう不具合があるので部品工場もこちらに作る様にとある種の強制をします。
    で、中国の儲けを日本に持ってこようとしても為替の自由化されてないので、儲けは自然と中国投資に向かわざるをえなくなります。
    向こうの企業は、共産党員を入れなくてはいけないので、最終的には乗っ取られます。

    こういう認識でいますが、間違いでしょうか?
    もっと詳しい情報があれば知りたいです。
    教えて頂ければ幸いです。

    1. 墺を見倣え より:

      > 人件費の安い中国

      それは過去の話。

      > 色々な特典を約束します。

      その中に地元資本との合弁があります。
      「同規模の工場を建てるなら、投資額が他国の半分で済みますよ。」と囁かれる。
      建前では地元の民間資本だが、実質は政府資本。
      「合弁」には「技術供与」が巧妙に含まれている。

      > 起動にのると ある日突然部品が輸入出来なくなります。
      (途中省略)
      > 部品工場もこちらに作る様にとある種の強制をします。

      その件は良く知りませんが、実際にあった話として、

      1)或日突然、全出荷量が押収される。(マスクとか医療機器等々)

      2)外国人社員が退社した夜中に、こっそり工場を稼働させる。(贋物のSDカードとかは、これが多いらしい。)

      他にも色々ある様です。

      > 儲けは自然と中国投資に向かわざるをえなくなります。

      投下資本を還流できた会社は殆ど無いと聞いてます。(伝聞情報なので証拠ありません。)

      1. sey g より:

        墺を見倣え様

        情報有難うございます。
        人件費が安いは最初の方からの流れです。
        言葉足らずでスミマセン。

        従業員が終業後になんかするのは聞いた事あります。

        自分が言いたかったのは、こんな流れなら、投資したくなくとも、投資させられる企業が可哀想だなと。

        ただ、何も知らずに今から投資する企業には情弱にもほどがあるなと。

        1. 墺を見倣え より:

          > 何も知らずに今から投資する企業には情弱にもほどがあるなと。

          そういう話もあるカモしれませんし、経営の中枢深く迄特亜工作員が潜入しているのカモ知れません。

  15. 墺を見倣え より:

    30人余りのリモート会議(参加者は北海道と北陸を除き、沖縄を含む)にて、脱線してたまたまワクチン接種の話が出まして、その結果分かった事は、

    1)65歳以上の全員が1回目接種済。
    2)65歳以上の全員が、7/10迄に2回目接種完了の予定。(内殆どは、6/30迄に2回目接種完了の予定。)
    3)65歳未満の全員が、7/31迄に2回目接種完了の予定。(内殆どは、7/23迄に2回目接種完了の予定。)

    職域接種がかなり大規模に計画されている様で、若い人も、既に予約完了している。
    上記リモート会議とは関係ありませんが、ウチの息子さえ職域接種で既に予約完了している。

    私の知り合い関係の接種事情だけから全国事情を推し量ってはいけないでしょうが、感触として、マスゴミ報道以上に接種が進んでいる様です。
    ファイザのは、インド株に対しても88%の有効性があるという話もある様だし、この分なら五輪開催は問題無いのでは?

    1. 農家の三男坊 より:

      墺を見倣え より 様

       2回目が8月8日の身としては羨ましい限り。

      集団接種会場が最近はいろいろ設けられていますが、前記でスケジュールを組んでしまった手前、前倒しすると別の予定をキャンセルしなければならないので、現計画維持です。

      職域接種は接種促進にかなり効果あるでしょうね。
      やはり河野さん菅さんがワクチン確保に奔走した甲斐があったというものですね。

      自衛隊、海保、警察、消防の皆さんには一気に接種完了させていただきたい。

  16. だんな より:

    SPAです
    「コロナ陰謀論」を掲げる政党が勢力拡大。陰謀論が現実を侵食することの危険性
    https://news.yahoo.co.jp/articles/821ac20875efed173beefc4b543f65bb68dc7c14?page=1
    感染拡大を政権のせいにして支持を得ようとする政党あれば、コロナ自粛反対派を騙して支持を得つつ有る勢力有り。
    情弱が狙われて結構支持者が、いるようです。

    1. とある福岡市民 より:

       件の泡沫政党が議席を取れるかはともかく、陰謀論だからと侮るわけにもいきませんね。陰謀論によるデマのせいで政権が倒れちゃったケースもありますから。ベナジル・ブット暗殺の黒幕というデマの拡大で倒れたパキスタンのムシャラフ政権とか。
       政権交代可能な政党が陰謀論を持ち出したら厄介な事になりそうです。

  17. だんな より:

    とある福岡市民さま
    国会で議席を取るまでは、いかないと思います。
    就職先や資金源として地方議会の議員は、ネットなどて知名度をあげれば、ハードルは高く有りません。
    田舎に万人単位で引っ越すと、乗っ取る事も出来そうですな。
    沖縄の知事も住民票だけ沖縄県民が、ありそうな気がします。

  18. 閑居小人 より:

    静岡県知事選、現職当選確実の報道
    リニア開業が遠のく予感。がっかりしました。
    静岡県民はリニア反対か!

    1. 老害 より:

      閑居小人 さま

      同感です。
      JR東海さんは、リニアだからって、線路を直線にすることにこだわらずに、静岡を迂回するようにしたらいかがでしょう。
      ついでに、東海道新幹線も静岡通過で。(静岡県民さん、ゴメンナサイ)

      1. 閑居小人 より:

        老害さま

        素人の思いですが、これから4年間待つのも、その後のことも分からないので、残念とは思いますが静岡迂回も検討となるのでしょうか。
        地形とか事業認可とか分からないことばかりですが。

        >ついでに、東海道新幹線も静岡通過で。
        見せしめと折檻でね。

  19. 通りすがりの地方公務員 より:

     以下は、読者雑談専用記事(ブログ宣伝2021/06/11)のとある福岡市民様のコメント(2021/06/20 09:13)に対するコメントの返信です。

    とある福岡市民様

     ご返信ありがとうございます。

    >  しかし解せませんね。根拠のない誹謗中傷をブログで書いた側はお咎めなし、その誤りを正そうとしない姿勢を批判した側には訴訟リスクがある、というのは。これがまかり通るなら前者が圧倒的に有利になり、議論が成立しなくなります。下手すれば読者雑談記事自体が今後継続できない事になります。

     ご指摘そのとおりだと思います。民法の不法行為とは、基本的に「被害者の損害を加害者に求償することで救済する制度」ですので、(要件として故意・過失はあるものの)加害行為の悪質性とはほぼかかわりなく、行為によって受けた損害が大きいほど求償できる額も大きくなります。これは、行為態様が悪質であれば刑罰が加重されていく刑法の考え方とは一線を画すものです。(米国などでは行為の悪質性により賠償額が加重される「懲罰的損害賠償制度」を採用しているのですが、我が国では採用されていません。)
     また、ネット掲示板やSNSに関しても、その規模が大きくなればなるほど訴訟リスクは高まっていくものでしょう。2ちゃんねるの管理人であった西村博之氏は、数々の民事訴訟を受け、総額で数億円の賠償義務を負っていたといわれています。また、フェイスブック等のSNSも、アメリカでは訴訟による風評リスクなどが懸念されている状況です。
     一方で、このリスクに対しては、プロバイダ責任制限法により一定の要件でコンテンツプロバイダ(HP管理者)の不法行為責任は免責されますが、今度は法令順守するようにHPを管理するために、官僚的で複雑な規約とそれなりのコストがかかってくるわけです。したがって、どこのHP・SNSにも当てはまる話だと思いますが、参加する人の数が増えれば増えるほど、今のこのHPのような牧歌的な環境を作り出し、維持することは難しくなってくるのではないかと考えます。

    特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(通称:プロバイダ責任制限法)
    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=413AC0000000137

    > その因果関係はどうやって証明するのでしょうか?
     民法の通説では、債務不履行の賠償範囲を定める同法416条の規定を、不法行為にも類推適用して、その因果関係の有無を整理することとされています。まず、同条1項の要件では、事実として「Aの行為がなければ、Bの結果なし」となっているかということとともに、損害の責任を加害者の行為に帰するだけの法的・規範的な「相当性」がある場合に、因果関係があったということになります。(これを「相当因果関係」といいます。)
     また、上記に当てはまらない特別な事情による損害の場合でも、加害者にその事情を予見すべきであったときは、同条2項により因果関係が認められることとなります。
     ここまでが、通説の説明になるのですが、ネット上に書かれたコメント等により精神障害を生じたケースの因果関係を判断しているかは、実際に判例・裁判例や交渉の実務をつぶさに調べないとよくわかりません。少なくとも、精神上の不調を述べているにもかかわらず、強い表現で相手を批判されたことにより精神障害が悪化したと被害者側が訴訟で主張した場合、同条2項の適用の問題になってくるのではないかと推測します。

     とはいえ、とある福岡市民様のおっしゃるとおりにぬくぬく氏側の過失の問題もありますし、そもそも民事訴訟をしようと思ったら、まず我々の氏名と住所を把握するところから始める必要があります。これは法的にはできなくないですが、実務上はかなりハードルが高いのです。(そのやり方はご紹介しません。)
     したがって、よほどのことがない限り、民事訴訟を起こすようなことはまずないと思うのですが、一方でとある福岡市民様のような賢明なお方であれば、わざわざ「李下で冠を正す」ようなことをする必要はないと思う次第であります。

    民法
     (損害賠償の範囲)
    第四百十六条 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。
    2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見すべきであったときは、債権者は、その賠償を請求することができる。
     (損害賠償の方法、中間利息の控除及び過失相殺)
    第七百二十二条 (略)
    2 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

    1. とある福岡市民 より:

      了解しました。ありがとうございます。
      ただ、ここには持ち込まないで欲しかったです。せっかく牧歌的な雰囲気が戻ってきたところなので。
      ブログ紹介記事の方で書いて欲しかったですね。後でちゃんと読みますから。

      1. 通りすがりの地方公務員 より:

        とある福岡市民

         失礼しました。配慮が足らなかったことについて、お詫びしたいと思います。

  20. だんな より:

    <韓国物流センター火災>火災初期、スプリンクラー8分間切られていた
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/279868

    【社説】後進的企業文化を見せた韓国物流センター火災事故
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/279879

    クーパンは、韓国版Amazonのようなもんです。
    韓国は、安全意識の欠如から定期的に「自称後進国型事故が起きて、死者が出ます。
    火災の原因は、
    >「地下にエアコンがないため働く人たちが暑いことから棚ごとに扇風機用コンセントがひとつずつは付けられていた。扇風機から(火災が)始まったことは確認できていないが、扇風機を差したコンセントから出火したものと推定できる」

    炭鉱ですか?

    火災拡大の原因は
    >事件当日の現場労働者の証言によると、火災初期にスプリンクラーが作動すると管理者が誤作動だとして切ってしまい事故を育てたという。

    といった感じで、後進国型と言うよりは、韓国型の事故、災害と思います。

    また、「クーパンで働いていて死亡した労働者は1年間で9人に達する。」との事で、日帝の強制労働ニカ?と聞きたくなります。

    1. とある福岡市民 より:

      > 火災初期にスプリンクラーが作動すると管理者が誤作動だとして切ってしまい事故を育てたという。

       これ、楽韓さんも同様の記事を書いてましたね。
       原子力発電所における放射線感知のアラームですが、常時鳴っているのが正しいのに、ある作業(何かは忘れました)の前にアラームを切り、作業後は点けるのを忘れていたというものでした。
       「自分のやっている事の意味を理解していない。だから事故が繰り返される」と結論付けてました。

  21. 頓珍韓 より:

    今日は気分が良いから歌を歌います♪

    「今日もどこかで韓国人」
    (「今日もどこかでデビルマン」の替え歌)

    誰もが知ってて 知られちゃいけない
    韓国人の偽歴史
    誰も知らない 話しちゃいけない
    元慰安婦の真実を

    北の世に愛がある 北の世に夢がある
    あの首領様のものを 守りたいだけ
    今日は南部で韓国人
    明日は統一朝鮮人

    誰にも言うなよ 知られちゃいけない
    日本統治で近代化
    何も言えない 話しちゃいけない
    大統領のボスの名を

    もうこれで帰れない さすらいの旅路だけ
    この偽りの国を 知った今では
    今日はどこかで韓国人
    明日はどこかで朝鮮人

    今日はなんとか韓国人
    明日はいるかな?朝鮮人

  22. 新宿会計士 より:

    1. とある福岡市民 より:

       瑛人「香水」の2番の歌詞を基にした替え歌です。

      今さら 文に会ってさ 僕は何を言ったらいい?
      「仲良くしようね」 口先でさえ言えないよ
      どうしたの いきなりさ 会談なんか求めだして
      嬉しくないよ嬉しくないよ 韓がまた嘘つくから

      ねえ見てよ今の文を 空っぽの頭を
      北に嘘ついて軽蔑されて 成果ひとつもでなくてさ

      別に文を求めてないけど 横にいられるとすり寄る
      文のドジでアホでガバガバなその政策のせいだよ

      別に韓とまた仲良くなることなんてありえなくないけど
      文のドジでアホでガバガバな 政策がダメにさせる

    2. イーシャ より:

      韓国には、永遠に蚊帳の外にいて欲しいものです。

      用日派政権の誕生なんてまっぴら御免。
      「韓国駆除」に動く日米を楽しみにしています。

    3. だんな より:

      韓国人は、大体皆んなストーカーのリスカブスでしょう。

    4. epicurian より:

      鈴置先生の記事に関する分析も楽しみにしていますが、明日22日は国際与信の発表もあるはずなので、こちらもよろしくお願いします。

  23. イーシャ より:

    クレディ・スイスがソフトバンクの損氏との融資関係を解消したという記事を見かけたので、検索してみたら、数日前にウォール・ストリート・ジャーナルで報道されていたのですね。

    クレディ・スイス、ソフトバンクとの関係見直し 孫氏への融資終了” (THE WALL STREET JOURNAL 2021年6月21日)

    記事中に出てくる「グリーンシル・キャピタル」を検索すると、ありました。
    損氏とグリーンシル氏の密着ぶりが伺えるなか、グリーンシル氏は、短期債権を裏付けとする債券に見せかけた怪しげなローンを、クレディ・スイスを通して売り、SBG の投資先に融資していたようです。
    ソフトバンクG孫氏の「マネーガイ」、グリーンシル氏は英雄から転落” (Bloomberg 2021年4月1日 11:30 JST )

    グリーンシル氏は、孫氏が掲げる「群戦略」の重要な部分を担うようになっていった。群戦略は、世界を主導するテクノロジー企業に経営権を握らない程度の投資を行い、企業同士の協力を促すもので、スタートアップ企業にウィーワークのシェアオフィスのネットワークを利用させたりすることがこれに当たる。グリーンシル氏が果たした役割は、事業でつまずきそうなスタートアップ企業が多額の担保を設定しなくても、容易に低利融資を受けられるようにすることだった。
    米銀大手モルガン・スタンレー出身のグリーンシル氏(44)は11年に起業し、売掛債権を担保にした短期の融資を手掛けた。だが、事情をよく知る関係者らは、ソフトバンクGが出資する企業への一部の融資では売掛債権ではなく、将来の売り上げ予測に基づいて実行されていたと語った。

    ソフトバンクGはクレディSのファンドにも投資していたため、利益相反の疑念が浮上。

    この手の話は苦手です。
    怪しいファンドが破綻し、そこと怪しい関係にある怪しいグループとそれを率いる怪しいヤツとの取引を、クレディ・スイスが打ち切った
    ということしかわかりませんでした。
    いや、それだけわかれば十分でしょうか。

    日本の年金資金なども、早めに SBI を運用対象からはずす方がよいと思うのは、私だけ ?

    1. とある福岡市民 より:

      > 早めに SBI を運用対象からはずす方がよい

       SBIホールディングスは2006年以降、ソフトバンクグループとの資本関係のない独立した企業集団になってます。孫正義氏と北尾氏の関係は良好ですので全く関係ない訳ではありませんが、あくまでも別の会社です。ソフトバンクグループの経営が傾いたとしてもSBIホールディングスの株価まで暴落するとは考えにくいです。
       ソフトバンクグループ株の暴落で日経平均株価も暴落し、それにつられてSBIホールディングス株まで下がる可能性はありますけれど、その時は他の株価も暴落しているはず。そうなれば年金基金には株を安く買い増せるチャンスですから、恣意的な理由で運用対象から外したらかえって損をします。

      1. イーシャ より:

        SBG と SBI がごっちゃになってますね。
        おっしゃる通り、SBG の方のつもりでした。

  24. イーシャ より:

    免責事項を無視して、新たな被害者ビジネスを始めるつもりでしょうか ?
    それとも、日本に恵んでもらえないことを逆恨みして、アストラゼネかをディスリにかかった ?

    アストラ製の残余ワクチン接種後に血栓症で死亡の30代、ワクチンとの因果性初めて認定=韓国” (中央日報日本語版 2021.06.21 18:00)

    それ、 SKバイオサイエンスが委託生産したKアストラゼネカ(カストラゼネカ)でしょ。
    製造工程の問題も、疑うべきだと思いますよ。
    それなら、免責の対象外でしょうし。

    1. だんな より:

      イーシャさま
      免責契約しないで韓国にワクチン売るのは自殺行為。流石にAZのみならずワクチンメーカーは、免責の契約してるでしょう。
      払うのは、韓国政府じゃないかな。

  25. より:

    「BNT162b2ワクチンで誘導される、懸念すべき変異株などに対する中和活性:NatureとLancetの速報」という記事をアップしました。
    ファイザーワクチンのことです。題名は難しそうですが、中身は簡単です。(想定B難度)
    https://reisei2.blogspot.com/2021/06/BNT162b2-vaccine-would-induce-sufficient-neutralizing-activities-against-SARSCoV2-VOCs.html

    1. 海コン より:

      現さま

      更新ありがとうございます。
      COVIDをCOVITと書くようなアホな私ですが、10秒では理解できないものの、
      >同じ型のアデノウイルスベクターを使ったワクチンは、アデノウイルスに対する免疫ができてしまうため、次は使えません。
      には、何となく「わかった」気がしています。

      生ワクチンの経鼻経気道投与は、製造、出荷、配送、保存、保管、薬液調整とカテーテルの問題とか、おとなしい暴れない文句の言わない患者さん向けにしかできないような気がしますので、そんな患者さんへも、さくっとちくっと接種できる筋肉注射の方がよいのでないかなと妄想してしまいます。

      現さま、本当にひょっとしたら、本当に会議でストレスの貯まった尾身せんせーの化身じゃないでしょうか?

      妄想すいません
      ありがとうございました。

      1. より:

        アレレ、バレテマシタ?って、海コンさん、こっちのブログは読んでいただいたことはありますか?
        https://betunayuutu.blogspot.com/

        これが尾身氏のホンネだったら中々の使い手だと思いますがw

        1. 海コン より:

          現さま

          拝見させていただいております。

          ますます、尾身せんせーではないかとの確信が芽生えつつありますw

          尾身せんせー、五輪終わるまでのご辛抱です。
          それまでくれぐれもお体を。

    2. より:

      だんなさま
      一応フォントをクーリーにしてみましたが、いかがでしょう。
      もしかしてiPhoneかなにかですか?
      PC,スマホ、WIN,アップルに共通な等幅フォントってあるんですかね…
      Bloggerのデフォルトは、グーグルウェブフォントとかいう奴かもしれません。

      1. だんな より:

        現さま
        iPhoneです。
        行が変わってしまう表をコピペしましたら、上手く収まっています。
        私は、この辺は情弱ですので、すいません。

        一回接種後の中和活性(IC50;40が測定限界) 
          ウイルス株  中央値   <40の割合(%)
          野生株 68 21
          B.1.1 71   
          B.1.1.7 <40 50
          B.1.351 <40 75
          B.1.617.2 <40 68

  26. 徳明 より:

    すでにご存じの方もいると思いますが、
    先日の日経の記事に続いて、野村総研・木内登英(エグゼクティブ・エコノミスト)という方の論考も、また、お門違いのことが書かれている印象であります。

    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/02d67d264032005264c0f46dbe982e4308affb5f?page=2

    まず、「輸出規制」と書いてある時点で説得力がダダ下がりです。

    また、最後のこの一文に至っては、茂木外相がアメリカに根回ししたことを知らないのか? と思わずにはいられません。

    > 敵対する北朝鮮やロシアのプーチン大統領にも積極的にコンタクトを試みるバイデン大統領
    > にとって、同じ同盟国内の韓国との交渉を拒むかのような日本政府の姿勢には、大きな違和
    > 感があるのではないか。この先、米国との関係悪化につながることがないようにする観点か
    > らも、日本政府は韓国側からの対話の働きかけに、もっと柔軟に対応すべきではないか。

    日経といいこの記事といい、何を言っても書いても自由であることは間違いありませんが、理のない向こうの言い分をただ垂れ流すだけの言説には、強く異を唱えなければいけなとの思いを強くしました。

    1. だんな より:

      徳明さま
      昨日のBS朝日の日曜スクープでアンカーとして、同じ事を言ってました。
      私は、韓国が国際法違反状態に有る事を指摘しないコメントは、信用しません。

      1. 徳明 より:

        だんな様

        私も同じです。
        彼の国から「広報費」が出ているのかは知りませんが、
        条約違反、国際法違反を過小評価したり、なかったことにするような論説は
        信用するに値しません。

        一方で、いままで良い思いをした(=儲けさせてもらった)という人がたくさんいることも確かであり、そういう未練タラタラな人たちには、現在進行形でパラダイムシフトが起こっていることを自覚してもらう必要がありますね。

  27. より:

    紛うことなき雑談ネタです。

    なんとなく外務省のHPを眺めていた時、外務省組織図を見ていた際にふと気づいてしまいました。外務省、というか中央省庁の○○課の英文名称ってDivisionが使われるんですね。例えば、欧州局ロシア課だと、Russia Division, European Affairs Bureauとなります。
    会社にも依るでしょうが、Divisionと言えば、事業部/本部クラスの名称です。さらに、軍隊で言えば、Divisionは師団を意味します。言うまでもなく、事業部長や師団長はとってもエライ人です。下っ端のペーペーからすると、事業部長なんて、雲の上とまでは行かなくても、首が痛くなるくらい上を見るような感じになります。二等兵から見た師団長はきっともっとスゴイことでしょう。
    中央省庁の課長様は相当エラいのだとは聞いていましたが、なんとなく納得がいってしまったのでした。確かに、Divisionのheadならば、エラいに違いありません。

    余談:
    先日市役所に行った時、○○課はやはりDivisionと表記してました。それを見た際には少々首を傾げましたが、中央省庁での表記を見た後は、なんとなく微笑ましく感じてしまいました。精一杯肩ひじ張ってるんだろうなぁ、と。
    ただのお役所用語? そんなユメもチボーもないこと言っちゃいけませんよ。

  28. より:

    あくまで一般論ですが、文筆家が自分の作品を酷評されてデプレっちゃうのは、聞いたことがあるような気がします。
    しかし、それで損害賠償を請求した実例って聞いたことが無いような気がします。
    実例があるんでしょうか?

    1. より:

      元朝日新聞の某記者とか。一応、あれも文筆家の内ですよね。

      1. だんな より:

        龍さま
        それは仮の姿の工作員でしょう。

    2. 通りすがりの地方公務員 より:

      現様

       まともな文筆家なら、そもそも自らが書いた文章について多少きつめの批判を受けても、そのことが原因で精神障害も名誉毀損も発生しません。批判した者も正当な批判に留まるものとして、責任を負うことはないでしょう。
       さらに、その文筆家が仮に精神を病んでいる状態だったとしても、批評を執筆せずに治療に専念するのが通常です。病んでいる状態で無理に執筆したとして、相手方がその事情を予見することのできない正当な理由がある場合には、通常人に対してであれば許容される程度の批判を行うことについても、やむを得ないものとして免責されるのではないかと思うのです。

       しかし、前々から精神に問題を抱えていて、かつそれが完治していないことを自らほのめかしているにもかかわらず、なぜか社会の批評を行う人のブログに対し、通常人に対してであれば許容される程度の批判を行うことについて、民法上の保護があるのかはよくわかりません。個人的にはリスクある行為なんじゃないかと思った次第です。

  29. 理系初老 より:

    22日付「産経抄」より、「なるほどその通り」と強く思った部分をご紹介します:
    >>先週末のおちょやん総集編で、焼け野原、廃墟となった稽古場で演じる千代を憲兵が見とがめて連行しようとし、「この非常時に不謹慎だ!!」。著者は「五輪パラリンピックをひたすら貶める人たちとこの憲兵が重なって見える」。
    失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。