「韓国の法則」健在:朴槿恵前大統領に懲役20年宣告

本日の「速報」(?)です。朴槿恵(ぼく・きんけい)前韓国大統領に対し、韓国大法院(最高裁に相当)は懲役20年の判決を言い渡したようです。大統領経験者が悲惨な末路を辿るという「韓国の法則」は健在ですね。

この話題について、正直、当ウェブサイトで取り上げるべきかどうか悩んだのですが、先週の「慰安婦主権免除違反判決」を巡り、韓国のデタラメ判決について取り上げたばかりでもあるため、いちおう簡単に言及しておこうと思います。

「国政壟断」朴槿恵前大統領に懲役20年・罰金180億ウォン確定

―――2021.01.14 11:47付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の報道によると、韓国大法院(※最高裁に相当)は14日、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領に対し、懲役20年と罰金180億ウォンを言い渡した原審を確定する判決を言い渡したそうです。

中央日報はまた、朴槿恵氏がほかの懲役2年の実刑判決を受けていることを受け、今回の懲役20年に2年を加えた22年の刑期後、2039年に出所することになる、と報じています(裁判期間中に拘束されていた3年間を控除すると18年後、というわけです)。

「大統領経験者はみな、悲惨な末路を辿っている」という「韓国の法則」の実例が、またひとつ積み重なった、という言い方をしても良いでしょう(もっとも、日本に対し無礼な反日行為の数々を仕掛けてきた朴槿恵氏に対し、あまり同情する気にはなれないのも事実ですが…)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いちおう、中央日報は本件について、このように述べています。

法廷争いが終わったことで、朴被告に対する赦免の議論が始まるという見方も出ている。特別赦免は『刑を宣告された人』という要件を定めているが、朴前大統領はこれで法的に赦免が可能な身分となった」。

つまり、文在寅(ぶん・ざいいん)氏にとっては、朴槿恵氏や、すでに懲役17年の判決が確定している李明博(り・めいはく)元大統領に対し、恩赦を実行することで保守層に恩を売る、ということもできるわけです。

大統領としての任期満了をあと1年4ヵ月後に控え、国内の雇用も不調で、「目玉」の南北和平も進まず、それどころか日米中などとの関係を悪化させている文在寅氏にとっては、ここで政権支持率を挽回するためには、手っ取り早く恩赦カードを切るのかもしれません。

あるいは、個人的には「恩赦カード」ではなく、進退窮まったときの「反日カード」を切る、という可能性についても否定できないと思っている次第ですが…。

読者コメント一覧

  1. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     韓国は、北朝鮮へのビラ飛ばしを法律で禁止したことで、欧米から価値観を共有するのか、疑念を持たれています。(もちろん、それだけでもありませんが)
     そこに、前大統領が有罪で収監される事態になれば、バイデン次期大統領に、ますます、疑念を抱かれることになるのではないでしょうか。(もっとも、バイデン次期大統領も、トランプ大統領を拘束したいと、考えているのかもしれません)
     駄文にて失礼しました。

  2. より:

    将来的な自らへの恩赦を勝ち取るためにも、任期中のどこかのタイミングで、文在寅大統領は李明博、朴槿恵両元大統領への恩赦を実行するだろうと予想します。ただ、タイミングを間違えると、頭壊文たちを激怒させるだけということにもなりかねないので、例えば、強力な反日措置との組み合わせなど、良い子面することだけは忘れないだろうと思います。

    もっとも、退任後にいよいよ罪を問われるとなった際に、投獄くらいで済んだら、それだけでもかなりラッキーだとは思いますが。

  3. 更新ありがとうございます。

    朴槿恵が刑期22年と17億円、李明博が17年。特赦を出すなら、自分の事も考えて刑期が半分以下に抑えるのではないかと思いましたが、ソレは日本人的発想で、大胆に言うと大統領の任期切れ直前に、残り1〜2年程度の特赦を出すかも。そこらが情けなか朝鮮人です(笑)。

    腹括って自分がやられるのは当然と受け止め、17年なら17年、監獄に入れておけばいいのに。そしたら保守系は根絶やし出来る可能性がある。その辺の朝鮮人の往生際の悪さ、サイテーですな(笑)。

  4. 名無Uさん より:

    自分がもし、朴槿恵前大統領を救いたいのならは、次の二つの写真だけを掲げて戦う。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/165306?sectcode=420&servcode=400

    https://livedoor.blogimg.jp/kanedashoji70/imgs/d/8/d80d9914.jpg

    前出の写真のような女性を、後出の写真のような女性に変えてしまった。
    これが、韓国左派の本性なのだ!
    現在の韓国政権の本性なのだ!
    女性をこのように変えてしまう、人間の邪悪性を見つめよ、このような政権をけして許すな!

    自分ならば、このように訴えかけますね…

  5. 本文中に”カード”との単語が頻出しますが、『「~カード」を切る』のではなく、『「手札」を整えた』のだと思います。「いつでも出来る様にしたよ」と日本に対して「アピ-ル」してるのです。まともに相手にできません、ということでは?

  6. イーシャ より:

    日本にとって、K大統領の末路など気にする必要はないでしょう。
    忘れてはならないのは、もう一つの「Kの法則」です。

  7. H より:

    共食いという異生物種の法則でしょう
    同じ人間や社会と見る事ではなく
    変わった生きものの生態として見る
    ただし、危害を加えてくる生物なので
    子供たちには間違った認識を持たないよう
    関わってはいけない、害虫として駆除すべき
    と教えるべきでしょう

  8. きたたろう より:

    「親日の何が悪い?」といい放った韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹、槿令(クンリョン)氏が大統領ならよかったのにね。
    無理だよな⋅⋅⋅

    1. カズ より:

      「もしかして親日なのかも!」って思ったのは彼女くらいですよね。

  9. 門外漢 より:

    公捜処を作ろうとも、プーチンみたく「大統領退任後は一切訴追されない」法を作ろうとも、キンペーの様に皇帝になろうとも、次の大統領が子分でなければ監獄行は免れません。
    別に次の大統領が保守でなくとも、文のウリでなければ同じだと思います。左派で文のナムが居るかどうか知りませんが。
    右や左の思想は付け足しで、よく言われるようにウリとナムしかないのです。自由と民主主義を愛するから西側に居るのではないのですよ。
    在任中に法律を作っておいても、合意をしておいても、裏約束で握っておいても、彼の国では何の保証にもなりません。ということがしみじみ分かりました。この歳になって。
    北の様にナムは全て銃殺(毒殺も可)ということにしないとダメでしょうなあ。

  10. カズ より:

    大統領経験者の特赦を慣例化しとかないと、自身は土に還っても塀の外に出られなくなってしまうのかもですね。

    恨島の 将に久遠の 夢枕
    パクは千年。ムンは化けて出まんねん・・。
    (意味不明・・。)

    *特赦しないで退任後の文政権に同じ物差しを当てたらどうなるのかな???

  11. 心配性のおばさん より:

    懲役20年であろうと、死刑であろうと、なんの関心もありませんの。

    朴槿恵氏であろうと、文在寅氏であろうと、あの国の民意の人柱になるべく嬉々として立候補されたのですから。あの国の民意は血を求めるのです。彼らはその求めに応じて立候補した。それだけです。

    さて、お隣の金王朝ですが、自称共産主義国家ですが、実質世襲独裁国家ですよね。

    兄貴分の中国に眉をひそめられながら、それを通しているには、こうした切実な理由があると理解しております。地位を降りた途端、そこに待っているのは・・・ですよね。

    戻って、韓国。恩赦?あるのかしら?

    文在寅氏が、恩赦で敵の命を繋ぐなんて、あるのかな?次期政権が右派政権となることを想定するなら、こういった取引もあるかもですけど・・・。えっ!そういった取引が成立する民族でしたっけ?

    氏の遠大な陰謀は横に置くとして、自身が民意の人柱から逃れるためには左派政権は続けなくちゃでしょう?であれば、敵の命は徹底的に潰すのじゃないかしら?

    懲役20年であって、死刑じゃありませんけど、獄死を想定かも。
    だって、氏自身の命が懸かっているのですよ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。