読者雑談専用記事通常版 2020/08/10(月)

本日も「読者雑談専用記事(通常版)」を準備しました。

読者雑談専用記事(通常版)とは

当ウェブサイトでは以前から読者の皆さま方の議論、雑談に特化した記事を作成しており、本記事は特段テーマを決めず、好きなことを書き込んでいただくための「通常版雑談記事」です。原則として毎週土曜日、月曜日、水曜日に更新しております。

また、これとは別にテーマごとの雑談記事をシリーズ化していることもありますが、この場合は当ウェブサイトのトップページに別途案内を掲載しています(※なお、特定テーマの雑談記事が存在していたとしても、こちらの「通常版」にそれを書き込んではならない、という意味ではありませんのでご安心ください)。

コメントを書き込む際の注意点につきまして

コメントを書き込む際のルールは『コメント・引用・転載の注意点』のページをご参照ください。

次回の読者雑談専用記事(通常版)の公表時期につきまして

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、読者雑談専用記事通常版 2020/08/12(水)』につきましては、8月12日(水)正午に公表したいと思います。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    第202回(次回)国会では、特別永住者という区分をなくし、永住者に一本化する法案を提出・審議してほしいものです。

    永住者の資格 (法務省 永住許可に関するガイドライン(令和元年5月31日改定))
    (1)素行が善良であること
    (2)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
    (3)その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
    の厳格運用も。

    一部オールドメディアや特定野党、市民団体は大騒ぎするかもしれませんが、全ての外国人を平等に扱おうというのですから、差別を嫌う彼らが否定すべき問題ではありません。
    それでも文句があるというならワンイッシューで解散し、国民に信を問うことも視野に入れて。

    もちろん、消費減税と合わせた二本立ても歓迎します。

    1. ちかの より:

      イーシャ様
      1番getおめでとうございます。
      ホント、厳格な運用をお願いしたいです。お役所の通達だけで可能なんじゃないでしょうか。

      1. だんな より:

        みんな良心的日本人では、無いニダ。

      2. イーシャ より:

        ちかの 様

        ありがとうございます。

        特別永住者という区分を無くすには通達だけでは無理かと。

        厳格運用についても、愛知県とか川崎市みたいなところかありますからねぇ。
        法的な縛りが欲しいです。

  2. だんな より:

    イーシャさま
    一番乗り、おめでとうございます。
    やはり、読み込めた時には、コメント入っているニダ。
    多分、時差のせいニダ。

    今日は、暑くて、昼飯が思いつかないです。
    また、つけ麺かな。

    1. イーシャ より:

      だんな 様

      ありがとうございます。
      多分、暑さで時間が延びているニダ。

  3. ボーンズ より:

    イーシャ 様
    トップおめでとうございます。
    特別などという区分けは不要ですね。
    なるべく平等にする方が良い。

    今日のお昼は焼き飯。

    1. イーシャ より:

      ボーンズ 様

      ありがとうございます。
      これを手始めに、ごちゃごちゃした税制や法律をすっきりさせて欲しいですね。

  4. 心配性のおばさん より:

    昨日の手作り餃子、100個作りました。
    我が家の胃袋には収まりきらない量でしたので、ご近所にお持ち致しましたのよ。
    「何か、あった?話聞くよ。」と言われました。多分、目が座っていたのだと思います。暑かったのですもの(笑)。

    本日は・・・、まだ考えられない。頭がクラクラする。

    1. 閑居小人 より:

      心配性の〇〇〇〇様

      今度は餃子に反応してしまいました。
      100個作るのは種?餡?を含め作るの大変だったと思います。
      我が家はいつも小さい皮25枚で作っています。それでもここ数年、夫婦2人では6~7個食べ残してしまいます。だんだん食べられなくなりました。
      我が家では週1回は餃子の日と決めています。なぜかと言うと餃子を食べると体重が減るからです。
      冗談と思われるかもしれませんが、朝晩血圧と体重を計っていると確かに餃子を食べると翌朝の体重が減るのです。
      うちの奥さんも実感していて週1回と決めたのは奥さんです。
      8月7日に餃子を晩御飯で食べたところ翌朝の体重は前日より400g減っていました。
      すぐまた元に戻ってしまうのが意志が弱いというか食い意地張っているというか残念です。
      心配性の〇〇〇〇様はいかがですか。

      1. ラスタ より:

        横から失礼いたします。

        私は子供の頃から「ひとり一皿」という習慣です。
        この一皿とは、市販のギョーザの皮ひと袋ぶんで、ギョーザの個体数で25個または30個でしょうか(ギョーザ皮のメーカーや製品による)。
        残したら翌朝の朝食、足りなくても追加なしという厳しい勝負です。

        具材はキャベツに豚挽肉少々。
        以前はキャベツを手切りで刻んでおりましたが、いまはスピードカッター(というのかな。手動でグルグル回して切るやつ)で効率化しています。
        そのキャベツみじん切りと肉を混ぜて鍋で炒って水分を絞り(この水分はあとで使う。あらかじめ火を入れておくことで焼きを強火で短く済ませられる)、冷ましたところでて皮で包みます。
        味付け一切なし。ニンニクやニラもなし。キャベツと肉と皮だけのスパルタン仕様です。
        これを皮ひと袋ぶんずつギョーザ鍋に並べて、どんどん一気に焼き上げる。

        ギョーザの日はほかにオカズ一切なし。ギョーザだけ。ゴハンも無しです。
        酢と醤油とカドヤのゴマ油でタレを各自調合し、好きなだけおろしニンニクとラー油(これもカドヤでなくてはいけない)を使って食べます。

        具材と皮の分量がピタリと合わないときも少なからずあります。というか大抵はそうなる。
        皮が余ったら魚肉ソーセージや溶けないチーズを巻いて揚げたやつを弁当のおかず、具が余ったらチャーハンの具(これ美味いですよ)やラーメンのトッピングに流用。

        さきほど絞ったキャベツの炒り汁は、お湯で薄めて塩少々してスープにします。出汁などいらない。
        これがまた異様に美味くて、具の仕込みをした人の特権。お客さんには内緒のお楽しみ賄いメニューとなるのです。

        ご家庭でやるなら、いわゆる電気鍋(ホットプレートじゃなく、丸くてガラスのフタ付いてるやつ)を使って卓上で焼くと楽しいですね。
        そのシステムでは「ひとり一皿」ルールができなくなってしまうのが難点ですが。
        とくにお子様いらっしゃるご家庭なら、「まだ?まだ開けてダメ?」とか期待感持たせつつ、「んーむ、まだだな」「フタ開けてよし、でも蒸しからの焼きがもうちょっと足りない」とか騒ぎながら「よし、できた!いただきまーす!」って感じで。

    2. 心配性のおばさん より:

      閑居小人様、ラスタ様 レスありがとうございます。

      わが家の餃子の具は、キャベツではなくタマネギですの。変っておりますでしょう(笑)。でも、これ。結構ご近所では好評をいただいております。

      鬼の形相でボール一杯にタマネギのみじん切りを用意いたします。そこにニラとニンニクのみじん切りと豚ひき肉を追加。歯が弱くなって、餃子ですら噛み切れなくなっている年寄りのために、トーフを少量と卵を追加して捏ねます。

      皮を手作りする根性は流石になく市販のものを使ってしまいます。包み方は下手くそと知人の中国の方には評されておりますが、ともかく包んで々、焼いて々。

      過酷な(笑)作業ですので、他の献立を済ませてから鬼のように作ります。

      美味しいことは美味しいのですが、具のせいでしょうか、閑居小人様のおっしゃる健康的なものではないような・・・でも、作った本人は疲労もあって、食欲はなくなります(笑)。

      1. ラスタ より:

        心配性のおばさま

        タマネギですか。未知の世界。今度やってみます。
        タマネギ刻んでると眠くなってくるんですよね。揮発性成分が涙が出る刺激を与えると同時に安眠効果あるとかで。

        食べてみた感想はまた後日。

  5. うるとら より:

    物理的なコストを考えずに、日本銀行券を印刷して10万円分そのまま渡すのと国債(国の借金)を発行して個人の銀行口座に振り込むのとどう違うのですか?

    国債など発行せずに、日銀の政府口座に10兆円振り込むだけで良いのではないですか?

    このようなことは不可能なんですか?

    教えていただければありがたいです。

  6. 元韓国在住日本人 より:

     やっと帰国しました。猫も無事に通関できて一安心です。

     PCR検査も無事(?)に「陰性」となり、猫も動物ホテルにあずける事ができました(PCR検査結果の発表の時に、小生の番号が飛ばされ、最後に呼ばれたので、「陽性」の文字が数分の間チラついていました)。

     現在、某ホテルにて自主隔離を実施中です。

     しかし、隔離はヒマで仕方がありません。やる事がなく、外出しても移動が困難なため、ホテルに篭るしかありません。

     この際、禁酒禁煙を実施するかどうか考慮中です(笑)。

     駄文にて失礼します。

     追伸
     日本に帰国したのでHNは「韓国在住日本人」から「元韓国在住日本人」に変更します。

    1. イーシャ より:

      お帰りなさい。

      猫ちゃんも無事通関、PCR 検査も陰性で何よりです。
      暇潰しに、帰国して改めて思うことなど執筆して下さいませ。

      1. だんな より:

        またイーシャさんに負けたニダ。

    2. だんな より:

      元韓国在住日本人さま
      一番暑い時期ですが、ご無事でのご帰国、おめでとうございます。
      元韓国在住者として、是非主観的なコメントを期待しております。

    3. カズ より:

      お帰りなさいませ。無事の帰国で何よりです。
      これからも「変わらぬ活躍」を期待しています。

    4. 阿野煮鱒 より:

      無事に帰国なさいましたよし、心よりお慶び日申し上げます。
      長梅雨があけて猛暑ですゆえ、冷房完備の環境も悪くないかもしれませんよ。慰めになっていませんね。失礼いたしました。

    5. たい より:

      お疲れ様でした。 
      帰国の話が出てから数ヶ月、後片付けなどいろいろと大変だったとは思います。
      あちらと比べてどうかわかりませんが、暑い最中ではありますので、熱中症などお気をつけください。

    6. とある福岡市民 より:

      元韓国在住日本人様

       お帰りなさい!無事に帰国できて安心しました。
       ホテルの暇つぶしなら、以前も出てきたタモリの動画巡りなんてどうでしょうか?空耳アワー、今見てもおもしろいですよ!

    7. 心配性のおばさん より:

      おめでとうございます!無事にネコちゃんともの、ご帰国、胸を撫でおろしました。
      なにより、なにより、ご家族はホっとされていると思いますよ。本当に良かった。

    8. ボーンズ より:

      おかえりなさいませ。
      無事帰国おめでとうございます。
      韓国での経験をベースにまた投稿およびコメントを宜しくお願いします。

    9. ちかの より:

      元韓国在住日本人様
      無事のご帰国なによりです。お帰りなさいませ。
      ホテル住まい中、おヒマでしたら、何か思い出の小ネタ?投稿お願いします。

    10. お帰りなさいませ。

      猫君のこと密かに心配していましたが良かったです。

    11. めがねのおやじ より:

      元韓国在住日本人様

      お帰りなさい。

      ホテルに缶詰めはツライですね。ネコさんも陰性だったらいいですね。一瞬、番号を飛ばされたのは、係員のギャグ(笑)?ちょっとキツイで〜!

    12. 老害 より:

      元韓国在住日本人 さま

      無事のご帰国、よかったです。

      コロナ禍で、日本酒の消費量が落ちています。禁酒をなさらない場合は、ぜひ生酒で日本酒をご堪能ください。(お好みでなかったらゴメンナサイ)

    13. 伊江太 より:

      「元」韓国在住日本人様

      ご無事での帰国、何よりのこととお悦び申し上げます。

      落ち着かれましたら、またカノ「ふしぎのくに」についての興味深い解説やら考察など、投稿、コメントしていただくことを切に願っています。

    14. タナカ珈琲 より:

      元韓国在住日本人様

      『猫ちゃん』無事に日本到着ヨカッたです。
      これからは、馴れない日本の生活が始まります。
      これからは、日本語ばっかりで馴れないでしょうが、
      日本語も覚えて日本の生活に慣れて下さい。
      箱入り娘で?一匹で屋外散歩できるのかな?

    15. ハゲ親父🐧 より:

      元韓国在住日本人様
      おかえりなさい
      無事の御帰国おめでとうございますニダ。🐧

    16. 新宿会計士 より:

      お帰りなさい!ネコちゃん🐈もご無事とのこと、何よりです🐱

      早速ですがお伝えしたいことがございますので、落ち着いてタイミングで当ウェブサイトのコンタクト先までご連絡を賜りますと大変に助かります。

      引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

    17. バイクおやじ より:

      お疲れ様でした。
      ペットは家族。
      やれやれですね。

    18. クロワッサン より:

      お帰りなさいです(*・ω・)ノ旦

    19. れんげ草 より:

      遅れ馳せにて失礼致します。
      無事のご帰国おめでとうございます。
      新たなHNも決定され「非ROM専宣言」に安堵致しております。
      先ずはご自愛を!

    20. しきしま より:

      元韓国在住日本人 様

      無事帰国できたんですね。
      おめでとうございます。
      一時期飛行機の便数もメチャクチャ減って、「これ帰れるの?」と心配になりました。

    21. ラスタ より:

      お帰りなさい。無事ご帰国できて何よりです。

      今後は「帰国者から見た日本」という視点からのコメントに注目したいと期待しております。
      どちらの国がどうとかってのでなく、改めて見えてくる日本人像というものがあろうかと思いますので。

    22. 簿記3級 より:

      在住さんおかえりなさい。
      例の水曜集会を見に行きますと仰られてから長い期間が経っていましたので99%は大丈夫と思いつつも、変なフラグっぽくご無事の帰国と聞き安心しました。

      これからは元韓国在住NECO様になられますが「日本は高温多湿で冬は寒いし嫌だなぁとか韓国のアパトゥのオンドルは良かった」とかこれから思うのでしょうか。地震も未経験でからびっくりしそうですね。NECO様にとって快適な生活環境だと何よりです。

  7. 阿野煮鱒 より:

    メタルに日本的要素を融合させる試みを始めたのは、私見では「人間椅子」です。近年、YouTubeにお薦めされたおかげで世界的人気を博し、各国のロック・フェスティバルに引っ張りだこの様子。お慶び申し上げます。思春期以来、洋楽にしか興味がなかったため、恥ずかしながら近年までこのご発展に気付きませんでした。

    「無情のスキャット」
    https://www.youtube.com/watch?v=CbI79e5iZKs

    日本語で歌って世界で支持される圧倒的な迫力、説得力。異様なビジュアル。何をどうしたらこの領域に達することができるのでしょうか、想像がつきません。ひれ伏すのみです。

    較べるのは双方に失礼かもしれませんが、日本市場で、売れ線を狙って和風メタル路線で売り出したのが「陰陽座」でした。1999年結成です。ボーカルの「黒猫」お姉様は、すっぴんだと地味なお顔立ちですが、骨格が恵まれているのでしょう、化粧をすると妖艶な美女に変わります。メンバー全員が圧倒的な演奏テクニックを持つバンドで聴き応えがあります。個人的には、コンセプトが前に出過ぎ、売らんかなの意図が露骨過ぎ、きっちりプロデュースし過ぎ、歌謡曲の要素を入れ過ぎ、と感じてファンになり損ねました。でも素晴らしいバンドです。

    陰陽座 – 青天の三日月 (LIVE)
    https://www.youtube.com/watch?v=T9ryTZb89z8

    同時期(2000年)に日本の伝統音楽とロックの融合を推し進めたバンドがKaggraです。やりたいことは分かりましたが、洋楽で青春を過ごした私には、中途半端で引っかかりませんでした。

    Kagrra, – Mateki & Ouka Ranman (live)
    https://www.youtube.com/watch?v=wS3ILWfbalU

    同じようなコンセプトながら、抜きん出た演奏力を見せつけ、海外にもファンを得ることに成功したのが、2013年結成の「和楽器バンド」です。メンバーそれぞれが、バンド結成以前から十分な実績を持つ猛者の集まりで、当然ながら演奏クオリティーは超絶です。

    焔 (Homura) + 暁ノ糸 (Akatsuki no Ito)
    https://www.youtube.com/watch?v=ponTbDDMYjw

    バンド結成の発起人でボーカルの「鈴華ゆう子」はアイドル並みのルックス、三味線の「蜷川べに」は女優・モデルもつとめる美貌、ベースの「亜沙(あさ)」は幼顔の美少女(実は男の娘)、男性陣もイケメン揃い、全員が歌えて曲を書けて、聴いてよし、観てよしのスーパー・バンドです。

    「陰陽座」同様、「和楽器バンド」もコンセプト先行の商業バンドですので、最初は引き気味でした。でも、どうしても実力を無視できず、じわじわと好感度が上がり続け、今や「私の中で邦楽」カテゴリーではマキシマム・ザ・ホルモンと並ぶフェイバリット・バンドになりました

    才能にも容姿にも恵まれない私としては、美形の男女が圧倒的な演奏を繰り広げるさまは、言うのも烏滸がましいですが羨ましい限りです。

    オマケ:
    私の中では一番ギターが上手い「男の娘」Hizaki

    Jupiter「Theory of Evolution」MV FULL
    https://www.youtube.com/watch?v=8SPUHGRXQUY

    念のため、私は妻も子もいる凡人です。「男の娘」が好きなのは単なる趣味です。(おい!)

    1. 牛人 より:

      好きです。人間椅子。
      去年30周年だったんですよね。全然知りませんでした。

    2. 福岡在住者 より:

      阿野煮鱒様

      まさか阿野煮鱒様からメタル系が出て来るとは、、、(笑)
      日本らしく和風に進化させたのは面白いですね。 かつお風味のシソ入り和風パスタ? 

      メタル系(特に日本のバンド)は苦手なのですが「和楽器バンド」は聞きやすかった。 演奏を得意としている日本のバンドを聞くと「なぜ、隙間を作らずベターっと音で塗りつぶしてしまうの?」とよく思います。 ギタリストさんを前面に出したいのなら、ドラムとベースはもっと音を減らして隙間を作り 一定のリズムをキープさせ方が もっとカッコ良くなるのに、、、と。

      あっ それではメタルになりませんね(笑) 失礼致しました。

      日本のバンドは米国産と比べ ベースを甘く見過ぎていると思いませんか?
       

      1. 阿野煮鱒 より:

        > なぜ、隙間を作らずベターっと音で塗りつぶしてしまうの?

        メタルに限らず、日本の音楽業界の悪癖ですね。隙間があったら埋めたくなる病気。

        > ドラムとベースはもっと音を減らして隙間を作り

        グルーブを追求する場合はおっしゃる通りなのですが、メタルに関しては、万国共通で「連打連打連打連打」で疾走する価値観です。バスドラムを二つ並べ、ドカドカドカドカドカドカドカドカと十六分音符で埋め尽くすのが基本です。

        ジョン・ボーナムやジェフ・ポーカロはシングル・ペダルです。片足でダブル・ストロークやトリプル・ストロークを踏むからこそ出るグルーブ感は、メタルが切り捨てた領域ですね。

        でも、私はドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカに合わせてヘッドバンギング するのも好きです。

        > 日本のバンドは米国産と比べ ベースを甘く見過ぎていると思いませんか?

        私は洋楽中心なので、あまり国内のバンドは知りませんが、Radwinps, One OK Rockなどを聴いている限り、特にベース軽視は感じません。

        いずれにせよ、日本人が日本人らしい感性で日本人らしいロックを演奏する方が、洋楽に近づける努力をするより海外で評価されやすいので、偏りや変な癖も含め、そのままで良いのではないかと思います。

        1. なんちゃってギター弾き より:

          こんにちは。一応こういうHNなんで出てきました(汗)
          自分はメタルではないですが、30年くらい前にバンドするようになって、ヒット曲の歌詞とかメロディではなくベースとドラムばかり聴くようになりました。自分は「ベースとドラムは休符で勝負!」みたいな嗜好なので、隙間を埋められているとどんなにメロディや歌詞が良くてもウンザリしてしまいます。
          最近のヒット曲は「間で勝負」というほどではないですが、そこそこ聴けるかなと(笑)

        2. 福岡在住者 より:

          なんちゃってギター弾き様

          「間で勝負」この発言は嬉しいですね(笑) 
          「ベースとドラムは休符で勝負!」 (曲にもよりますが)前ノリのリズムに乗るのも気持ちいですし、ドラムとベースで打ち合わせてギター・ボーカルはそこに乗っからせて頂くという感性は いかがですか? 

          音楽は100人・100色(笑)です。 

        3. なんちゃってギター弾き より:

          福岡在住者様

          ドラムとベースがキッチリ組み立ててくれさえすれば、ギターとボーカルは後でどうにでもなるって思っています(笑)
          音楽の解釈や嗜好はみんな違う方が面白いですね。作者とも違ったりすることもありますし(汗)

      2. より:

        > 日本のバンドは米国産と比べ ベースを甘く見過ぎていると思いませんか?
        う~ん、バンドにも依ると思いますが…
        例えば、こんなのはどうですか?

        Nothing’s Carved in Stone – Out of Control
        https://www.youtube.com/watch?v=f9tsugXtla8

        1. 福岡在住者 より:

          龍様

          確かに、、、。でも低音のブリッっていうか、、、ブンッていうか、、、。 (これは個人の趣味です)

          個人的には体を黒人さん並に鍛えて(腕力・握力-絶対無理)「ブンッ!!」と音を前に出せ! ですが日本人としてはに難しいことです。 

          でも白人さんでも右手が指では無く ピック使用でちゃんとツボを押さえプレイヤーがいましたが、、、。

        2. より:

          まあ、日本にはTilan Porterのようなベーシストはいませんし。

          とは言え、音の作り方ということであれば、バンドとしてのバランスもありますし、ジャンルによっても低音の利かせ具合が変わってきます。この辺はもう好みの問題なのかもしれません。
          個人的には、最近の日本の楽曲の多くはやたらとベースラインが忙しいものが多いという印象があり、作編曲者にベーシストが増えたせいかとも思ってますが。

      3. ラスタ より:

        私は細野さんが日本ロック界最高のベーシストと思っています。
        テクや速弾きの派手さってんでなく、引きと外し具合の絶妙さみたいなとこで。

        当然ながら、ドラマーは高橋ユキヒロ、キーボードと弦アレンジは坂本龍一に決まってるという YMO世代。
        そんでギターは渡辺香津美しかないと。
        もはや香津美氏以外は滅多に人前で演奏しないのですが。

    3. より:

      元々プログレ系をよく聴いていたのでどうしてもそういう受け取り方をしがちなんですが人間椅子はメタル系というよりはプログレ系の色が強いように思います。特に、3ピースという構成も同じRedの頃のKing Crimsonの影響が強いという印象を受けますね。実際、カバーもしてますし。

      Lark’s Tongues in Aspic, Part II by 人間椅子
      https://www.youtube.com/watch?v=9p-lIgt4E2U

      しかし、人間椅子は30年ほとんどスタイルを変えずにやってきました。これは本当に凄いことだと思います。
      3ピースでこれだけの迫力を出せるバンドも他にあまりありません。陳腐な言い回しで恐縮ですが、時代がようやく人間椅子の追いついたのだと言えそうです。

      ヒットチャートばかりを見てるとなかなか見えてきませんが、日本の音楽シーンも、ちょっと掘ってみると面白いものが結構見つかりますよ。
      人間椅子とは方向性が違いますが、やはり東北の情念を窺わせるamazarashiとか、

      amazarashi – スピードと摩擦
      https://www.youtube.com/watch?v=kOGcd19soPw

      ポストパンクの凛として時雨とか、

      凛として時雨 – abnormalize
      https://www.youtube.com/watch?v=n-4SVb8ZoIU

      他にもいろいろと掘ってみると結構な発見があったりします。最近は専ら発掘作業に勤しんでますが、あれこんなところに面白い音楽がという感じで、なかなか楽しいですよ。

      1. 阿野煮鱒 より:

        私はプログレよりメタル志向なので、どうしてもメタル側に引き寄せてしまいますが、プログレで3ピースというのはひとつの王道ですね。King Crimson, Emerson, Lake and Palmer, Frank Marino & Mahogany Rush, 同じくカナダでRushが一緒の Rushなど。

        因みに人間椅子は「21世紀の精神異常者」もカバーしていますが、彼等らしい解釈で感動しました。
        https://www.youtube.com/watch?v=zaq6fbYYzXI

        ご紹介頂いたバンドはどれも素敵ですね。私も日本のバンドを発掘していきたいと思います。

      2. 福岡在住者 より:

        龍様

        人間椅子は King Crimsonのカバーもやっていたのですね。(オモシロイ)
        これが入っているアルバムで個人的に一番カッコイイと思っているのは Talking Drumです。

      3. より:

        ははあ、じゃあこんなのもお好きだったりします?

        Pigbag – Papa’s got a brand new pigbag
        https://www.youtube.com/watch?v=h2Dnhego4J0

      4. りょうちん より:

        >やはり東北の情念を窺わせる

        いやいや東北の怨念を窺わせると言われていますよw

        牽引ロープを・・・。

    4. 阿野煮鱒 より:

      このサイトの趣旨を超えすぎるので我慢してたのですが、耐えきれなくて書いてしまいます。

      ギターに較べて、ベースの場合、音価(duration)に対する感覚が重要になります。音価を厳密に楽譜通りに演奏すると、四分音符、八分音符などに応じて相応の長さで撥弦と押弦を組み合わせます。しかし、多くのポピュラー音楽、とりわけJazz, R&B, Funk などの黒人音楽をルーツとする音楽において、楽譜記載の音価とは別に、どのくらい音を伸ばすか、切るかはグルーブ感のキモです。特に、切る方が重要です。

      ブッ、ッ、ブーン、ブーッ、ブーブッ、ッッ、ブッ、ッ、ブーブッッッ、みたいに、伸ばす/切るの使い分けでグルーブが生まれます。全ての音を伸ばしっぱなしでは不可能な空白時間の威力です。空白を作ってこそのグルーブです。James Jamersonとか、Chuck Raineyとかね、もう一切無駄な音を出さない格好良さ。

      メタルという音楽ジャンルは、あえてグルーブを後回しにして、ひたすら時空を連打で埋め尽くす様式美で成り立っています。それはそれでいいではないですか。バスドラ16分音符連打。ドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカ… ベースもそれに合わせて、ピック弾きでベケベケベケベケベケベケベケベケ…

      ハードロックとヘビーメタルの何が違うのかという質問に答えるのに窮するのですが、もしかしたらグルーブかもしれませんね。ジョン・ボーナム(故人)は多分、頼まれてもドカドカドカドカのバスドラム連打はしないと思います。

      1. より:

        > このサイトの趣旨を超えすぎるので
        ま、まあ、「雑談」ですし(苦笑)

        いわゆるブラストビートを最初に聴いたのは多分X JAPANだったと思います。バスドラムの高速連打にたまげ、あの演奏がきっちり楽譜に落とし込まれていると聞いてさらにたまげ、だったと記憶しています。その頃、プログレ系からヨーロッパ各国の民族音楽の方に手を広げていたので、正直なところ、メタル系からは遠ざかる方向に行ってました。
        メタル系”も”聴けるようになったのは割と最近です。10年ちょっと前くらいからアニメやゲームその周辺の音楽を結構聴くようになりましたが、なにしろあの界隈は完全にジャンルレスで、あらゆる音楽ジャンルが併存しています。そんな中、こんな楽曲がありました。

        μ’s – LOVELESS WORLD
        https://www.youtube.com/watch?v=WqK9BAIJT-g

        本物のメタル愛好家からどう評価されるかは分かりませんが、歌唱はともかく、バックトラックは見事にある種のメタルの様式に従っていると思います。
        もちろん、プログレだってあります。

        やくしまるえつこ – 少年よ我に帰れ
        https://www.youtube.com/watch?v=w43nvf29bTA

        曲の構成なんかは、BANCOあたりのイタリアンプログレそのものです。

        その他にも、BPM=280のシャッフルビートとか、スティーブ・ライヒばりのミニマルミュージックとか、おかげでというべきか、以前多少は頑なに持っていたジャンルへのこだわりが相当消えました。要するに、聴いて面白いと思えれば、良いと思えれば、なんでもありなんだと。

        最後にもう一つだけ。声優ユニットであるにも拘らず、大人たちの趣味と趣向でひたすら音楽的実験に突き進まされているイヤホンズの1曲を。

        イヤホンズ – あたしのなかのものがたり
        https://www.youtube.com/watch?v=cHrXBqYzBFM

      2. なんちゃってギター弾き より:

        > このサイトの趣旨を超えすぎるので

        こんばんは。
        音楽の魅力を語るって、ロックやアメリカのフォークソングなどだったら「反抗の象徴!」みたいな部分は由来としてあるので、二言目には音楽と政治を絡ませてくるような、そういう(特に左翼側の)人の声が大きかったりするんじゃないかと思います。
        だからこそ、ここで自然に音楽を熱く語れるということは「音楽は音楽で楽しみたい」人が実はある程度いるっていう当たり前の事実に気づかせてくれますし、「ステレオタイプな反抗に対する反抗」って言えると思うのです。

      3. 福岡在住者 より:

        阿野煮鱒様 龍様 なんちゃってギター弾き様

        おかげさまで 昨夜は一人でニヤついていました。

        ブッ、ッ、ブーン、ブーッ、ブーブッ、ッッ、ブッ、ッ、ブーブッッッ、みたいに、伸ばす/切るの使い分けでグルーブが生まれます。全ての音を伸ばしっぱなしでは不可能な空白時間の威力です。空白を作ってこそのグルーブです。James Jamersonとか、Chuck Raineyとかね、もう一切無駄な音を出さない格好良さ。

        ここまで解説して頂けると嬉しいです。 後は音、、、。 実際指で弾くと(あくまでも高校生の時の感覚ですが) 物凄く短い「ンプッ!」から始まり 次第に音階が上がりその後下がって目的の音階になるという感覚がありました。(スローな曲の場合は分かり易い) 少し前、楽器店でベースを弾いたのですが、体力の衰えも有り その辺の感覚もリズム感も全く惨めなものでした(笑) 

        それで、、、、 いろいろ御批判はあると思いますが、歌詞を含め「これってロックンロールじゃね?」
        https://www.youtube.com/watch?v=LzZdda-vFyI
        あっ バンドさん不在ですね(失笑) これな違うな。 でも魅力的です。
         

        1. 阿野煮鱒 より:

          音の上昇から安定に注目なさいますか… それは沼です。底なしです。

          弦楽器の構造的な宿命として、指やピックで弦に運動エネルギーを与えれば、その分張力が増えます。普通は横方向(ピックアップと平行)に弦を振動させますが、弦が横に動くということは、引っ張りと弛緩が行われているわけです。

          だから弦を強く弾くと音程は上昇します。弦振動が減衰するに従って、振動による引っ張りが減り、音程は本来期待される音程に収束します。

          ピッチ変動を少なくしたいなら、弱めに弾くしかありませんが、それではニュアンスを出せません。弦振動によるピッチ変動を少なくしたいなら、できるだけ太い弦を張って、弦振動ごとき微弱な張力の変化に音程が左右されないようにすればいいのですが、弾きにくいわ、ネック(トラスロッド)の負担が大きいわで、あまり現実的ではありません。演奏に適した太さを選ぶしかありません。

          そこから先は、ニッケルだ鉄だステンレスだなどの素材の違いや、芯線や巻き線の構造による音程変化の違いなどを追求することになります。

          ベースの弦を何十種類も揃えて、とっかえひっかえ音程変化を評価するなど勘弁願いたい所です。

          そう言いつつ、今私がお薦めするならD’Addario NYXLシリーズです。高炭素スチールの品質と供給安定度を追求した結果、自前の製造工場を作ってしまったという熱の入りよう。弦の強度に関してはかなりのものです。理屈としては音程の安定性にも寄与します。使った実感としては、ほんの少しだけマシかな、程度です。

          これ以上の追求はご勘弁ください。

        2. より:

          うむ、きゃりーぱみゅぱみゅが出ますか……
          ならば、というわけでもないですが、ちょっと変態的なリズムパターンを駆使するこんなのはどうでしょう。

          school food punishment – you may crawl
          https://www.youtube.com/watch?v=PC1F9KqpF78

          もう解散しちゃったけど、なかなかいいバンドでした。
          あるいはポストパンク寄りのこんなのもあります。

          嘘とカメレオン – されど奇術師は賽を振る
          https://www.youtube.com/watch?v=lscuxZT45Io

          なにぶん私は楽器は弾けないため、そういう方面からは何も語れませんが、このバンドのギターとベースはダダリオ NYXLシリーズを使っているそうですよ。

          RAISE A SUILEN – Unstoppable
          https://www.youtube.com/watch?v=O4pKdZP3HKs

          ダンスミュージック一辺倒の某国とは違い、日本の音楽シーンもそう捨てたもんじゃないです。

      4. しきしま より:

        阿野煮鱒 様

        私はパソコンで同人ソフト作っていて曲も作っていました。
        私も「埋めない」ほうです。
        ただ、ここぞと言うときのフィルインはできるかぎり力を入れました。

      5. ラスタ より:

        純粋メタルじゃないけど、MUSEのクリスはどうですか。
        最近はそうでもない感じですが、初期の MUSEでは強烈なエフェクトかけて、ほとんどベースしか聴こえないぐらいな異様なことやってましたよ。

        または逆に、PILの「The Flowers of Romance」とか。
        これはベースのメンバー確保できなかったんでベース無しって異形のアルバムです。
        ジョン・ライドンは音楽的にかなりのヘンタイなので大好きです。
        ちなみに PILは「Album」ってアルバムも出しておりますね(CD版は「Compact Disc」というタイトル。とても率直な人間だからだそうで)。
        このアルバムの「Rise」って曲はウェイラーズの「Getup, Standup」とともにロックの歴史に刻むべき名曲と思います。

        なんか、こういう話題はある意味自分の過去や人間性を晒してしまうので危険ですね。

  8. イーシャ より:

    この手の話は普段こちらには書き込まないのですが、
    バッファーオーバーフローを狙うメールが出回っている恐れがあるので注意喚起。

    From: =?windows-1251?B?wO3t4CDA6+Xq8eDt5PDu4uA=?= <cironxcqdnppfxdhzsjebgqarstndeqkhelkaxfsxrglvb.olyzcyasrooxsdtbypszkjqwctqhncguhaxjeeqxgnoto.qesoyprdzpadoerodtgbjtcfzeprlcsxkytxynmblhg.boal.ejjza.otaz.hzhp.nhyou.bfoes.hcpt.nalvx.fkirt.swrxn.rhyb.hthw.sm@hartman.francesca[>
    Subject: dubhglas

    From フィールドのユーザ名が異様に長かったり、ドメイン名が [ で終わっているなど、かなり異常。
    一部メールソフトに対するバッファーオーバーフロー攻撃の恐れがあります。

    本文は一行のみです(本文は省略)。

    1. イーシャ より:

      あらま、From フィールドが折り返されず枠をはみ出してしまいました。
      これは私の攻撃ではありませんので、念のため。

    2. ボーンズ より:

      イーシャ 様
      最近アップデートがあったThunderbird絡みかな?
      タイトルが「黒い水」とは…日本人では付けませんね。

      1. イーシャ より:

        ボーンズ 様

        RFC で 64 文字以下とされている local-part が 205 文字ですからねぇ。
        固定配列等で宣言されていれば、かなり危険。

        でも、新たにエンバグするとも思えないので、古くあるバグかも。

  9. ダブルスタンダードは嫌い より:

    元韓国在住日本人様。無事なご帰還、おめでとうございます。猫ちゃんも。

  10. 老害 より:

    最近、半島に行く台風が続いていますね。
    台風4号の名前「ハグピート」はフィリピンが提案した名前で、“むち打つこと”を意味するそうです。(プッ)台風5号の名前「チャンミー」は韓国が提案した名前で、“バラ”を意味するそうです。

    日本が地震や洪水に見舞われると、半島人は快哉を叫ぶらしいですが、我々日本人は、他人の不幸を喜ぶことは人間として下衆な振舞であると躾けられるので、大っぴらに喜ぶようなことはしません。
    この機会に、日頃高見の見物をしている台風がどんなものか、しっかり体験しておいてください。これから回数も増えるし、規模も拡大すると思いますので。

    そうそう、お互い様なので、災害に対する援助は(互いに)やめておきましょうね。

    1. タナカ珈琲 より:

      老害様

      大っぴらに喜ぶような事はしません…。

      確かに、普通の、多数の、過半数の…、
      日本人はその様なハシタナイ事は致しません。

      但し、何事にも例外が有ります。
      普通で無い、少数の、ゴク僅かの人々は…、私を含めて…、
      ワタシは何時も少数派が好きです。

      野球は巨人では無く、少数派の阪神…、
      自民党では無く少数派の○新…。

      今日の夕食は、何もする気がでないので、
      ソーメン、昆布つゆを薄めて、野菜イッパイの味噌汁、べったら漬け。
      食後はおはぎ、どら焼き。

      1. 老害 より:

        タナカ珈琲 さま

        コメントありがとうございます。

        >大っぴらに喜ぶようなことはしません。

        コホン、あくまで「大っぴらには」しませんということです。内心どう思っているかは、公然の秘密であります。(棒)

        暑い日が続きますが、タイを再訪できる日まで、体調にご留意ください。(ヨーロッパでしたっけ?)

      2. とある福岡市民 より:

        タナカ珈琲 様

        ひとつだけ突っ込ませて下さい。
        阪神タイガースファンは少数派じゃないと思うのですけど。特に関西では。
        関西で少数派を名乗るならオリックスファンでしょう。

        1. タナカ珈琲 より:

          とある福岡市民様

          ツッコミありがとうございます。

          これからは、隠れオリックスをときどきデスが名乗ります。
          今日の途中経過ですが、オリックスが1300つけました。
          楽しみだなぁ。

      3. カズ より:

        タナカ珈琲さま

        巨人・阪神
        自民・維新

        「IN(イン)」の響きで韻を踏んだコメントは秀逸だと思いました。

        *どら焼きはいいですね。サイコー!

    2. だんな より:

      老害さま
      私は、台風での被害は喜びませんが、復興予算が無いらしいことは喜びます。

    3. だんな より:

      今回は、被害者様が湧いてませんね。
      体育館でカラオケする、人達ですが。

      1. 老害 より:

        だんな さま

        コメントありがとうございます。

        台風被害は望んでいませんが、日本統治時代のダムが決壊して「日帝のせいだ!」と叫ぶ半島人を見てみたい気がします。そうしたら、カラオケ大会は必至かな。

  11. 老害 より:

    阿川弘之さんも、李登輝さんと縁があったのですね。
    ここに出ている蔡焜燦さんは、司馬遼太郎氏が台湾に行った時の案内役(老台北)です。

    追悼・李登輝元総統 「日本の首相だったら」 作家・エッセイスト、阿川佐和子
    https://www.sankei.com/life/news/200810/lif2008100004-n1.html

    そうそう、蓮舫氏が
    「心から、心からご冥福をお祈りします」と投稿したそうですよ。言うだけなら問題ないだろうしね。
    https://www.sankei.com/politics/news/200730/plt2007300042-n1.html

    1. たい より:

      阿川弘之氏は昭和50年代に「南蛮阿房列車」を出しています。
      上記蔡焜燦氏がその中の「特快莒光號」に出てくるマータイアン丹陽先生かなと思いましたが、どうも違うようですね。
      中に出てくる文筆家のこがね虫はおそらく邱永漢氏か。
      阿川弘之氏は昭和51年に邱永漢氏の紹介で、海軍予備学生の訓練以来久しぶりに台湾を訪れ、地元の実業家(これが丹陽先生)と共に汽車に乗りに行きました。
      そこからいろいろ人脈が広がっていったんでしょうね。

      1. 老害 より:

        たい さま

        コメントありがとうございます。
        阿川弘之氏の、(特に食関連)のエッセーは読んでいたのですが、鉄ちゃん系の話は読んでいません。鉄道マニアだったらしいですね。

        台湾も一筋縄ではいかない相手かも知れませんが、中共に対抗するときにはブルーチームにいてもらいたい国です。半島国と入れ替えでどうでしょう。。

        1. たい より:

          もし遠藤周作や北杜夫のエッセイが面白いようでしたら南蛮阿房列車はおすすめです。ついでにあくび指南書も。

          台湾は森元さんを名代で送っています。布石は一応打っているとは思います。

        2. 老害 より:

          たい さま

          情報、感謝です!

  12. だんな より:

    先日、龍さんと議論した、在韓米軍、国連軍について、元歯医者さんのブログにアップされました。
    https://sincereleeblog.com/2020/08/10/outofkayareturns/
    先生だからという訳じゃ有りませんが、私も書いて有る通りだと思います。
    これとはべつに、北朝鮮は、韓国に攻め込まないというのが、私の主張です。
    この二つを上手く繋げて、どうなるかを予想する事は、出来ていません。

    1. 伊江太 より:

      だんな様

      韓国がMDは自前で整備するなんて、できもしないことを言ってるのは放置で、いくら抵抗しようが中国を睨むTHAADは何としても設置する。アメリカの考えていることはこれで分かりますね。キタが攻め込んでくることなんか、多分考えてないというご意見に賛同します。

      在韓米軍はTHAAD基地を守るために、いざとなれば韓国軍を制圧できるくらいの規模では残しておくんじゃないでしょうか。

      1. だんな より:

        伊江太さま
        在韓米軍は、最低でも韓国をレーダー置き場とするために、残るんでしょうね。
        中距離核まで置いておきたいでしょうけどね。

    2. より:

      ブログの内容については特にコメントはありません。アメリカが国連軍司令部と米韓連合軍司令部とを切り離そうとしていること、そして近い将来、戦作権の所在に関わらず、アメリカは米韓同盟に基づく米韓連合軍としてよりは、国連軍として朝鮮半島に存在しようとしていることなど、現在の流れを素直に反映した見解だと思います。
      そのような状況下で、戦作権移譲の後、朝鮮半島で起こり得ることとして考えるべきはこんな事柄でしょうか。

      1. 米韓同盟はいつまで維持されるだろうか? 廃棄、または実質的空洞化の可能性はないか?
      2. 在韓米軍撤退の可能性はどの程度あるのか?
      3. 米韓同盟廃棄後、北が南に攻め込むことはあり得るか?

      1と2をわざわざ分けたのは、米韓同盟廃棄後も在韓米軍が居座るという可能性もゼロではないからです。

      さて、これらを考える上で、私が前提とするのは以下のような観測です。

      a. 再度の朝鮮半島有事の際、アメリカが陸軍部隊を展開させることはない。軍事行動は空爆またはミサイルによる攻撃に限定される。
      b. 70年前とは異なり、現時点のアメリカから見て、朝鮮半島の戦略的価値はほとんどない。
      c. アメリカ軍が連隊規模以上の部隊の指揮を他国に委ねたことはない。ゆえに、米韓連合司令官に韓国人が就任した場合、隷下として配置されるのはごく小規模な部隊または連絡要員のみである。
      d. 韓国は、中国とはもちろん、北朝鮮相手にも、戦う意思も能力も持っていない。

      以上のような前提を置いた場合、アメリカにとって米韓同盟を維持する意味合いは、純軍事的には非常に小さいものとならざるを得ません。対中戦略では全くあてにならず、北相手の弾除けとしてすら機能するか怪しいからです。米韓同盟の有無に関わらずアメリカは朝鮮半島に居座ることも可能ですから、なおさら同盟維持のメリットは少なくなります。それこそトランプ氏ではありませんが、経費を全部払ってくれるなら駐留してもいいよ、程度の価値しかないとも言えます。

      純軍事的にはそれほど戦略的価値の高くない在韓米軍をアメリカが維持するのは、対中または対北向けの外交カードとして機能しうるからです。以前より北は在韓米軍撤退を要求していますし、中国も鬱陶しく思っていることは明らかです。ゆえに、アメリカにとっては中国または北相手の外交カードとして有効に使える可能性がありますが、なにぶん一度しか切れないカードなので、使い方は慎重にならざるを得ないでしょう。米韓連合司令部と国連軍司令部とを切り離してまでアメリカが在韓米軍を維持しようとしているのは、まさにそれが外交カードとして有効であると見做しているからに相違ないと思います。

      在韓米軍撤退後、北が南進を目論む可能性があるかという点については、今のところ可能性はある以上のことは言えないでしょう。在韓米軍撤退の条件にも依存するからです。現時点では、そこまではちょっと見通せません。

      1. だんな より:

        龍さま
        レスありがとうございます。
        大筋で似たような認識だと思います。
        米軍撤退カードについては、1回で切ってしまうカードではなく、段階的に使うカードになると思います(多分これも同じでしょう)。

  13. 心配性のおばさん より:

    なんか、ちょっと納得できないニュースが入って来ました。

    レバノン爆発 2億5000万ユーロの緊急人道支援で各国合意 仏政府、政治改革も要求
    https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%B3%E7%88%86%E7%99%BA-2%E5%84%845000%E4%B8%87%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%BA%E9%81%93%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%A7%E5%90%84%E5%9B%BD%E5%90%88%E6%84%8F-%E4%BB%8F%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E6%94%BF%E6%B2%BB%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%82%82%E8%A6%81%E6%B1%82/ar-BB17M8cT

    レバノンに融資って、お金をドブに捨てるようなものでは?と思っております。

    非情かもしれませんが、私、自分の力で立つ意思のない国には、どんな支援も不要と考えておりますの。裏返すとレバノンに融資する意味って何があるのだろうと思います。

    ユニセフなんかのCMをみて最近は不快を覚えるだけになりました。だって、可哀そうな子供の後ろに、彼らの悲劇の主因である大人の姿が見えてしまうからです。

    1. だんな より:

      心配性のおばさんさま
      お金を貸すわけではなくて、医薬品や食料等の援助をするのだと思います。
      人道的支援で、お金が返ってこないのは、おんなじですね。

    2. タナカ珈琲 より:

      心配性のお嬢さん様

      お嬢さん様に同意します。

      人道支援は必要とは思いますが、人道支援のシガイが無い人々と思います。
      中東、アフリカ地域は政権を担当した派閥(部族、氏族、宗教)が優遇され、その派閥以外は冷遇されます。
      自分だけの事を考える部族に援助を与えるのに、医薬品、食料品であってもワタシは懐疑的です。
      医薬品、食料品であっても、ドコカノ国の様に横流しが有り得ると、思います。

      ユニセフの援助は中抜きが、と考えて…、まだ寄付はしたいとは思いますが、まだしていません。
      直接の手渡しならオッケーなんですが…ねぇ。

    3. 老害 より:

      心配性のおばさん さま

      融資するなら、ゴーンを拉致して当方へ送り返すことを要求してほしいですね。
      いえいえ、プライベートジェットなんか用意してもらわなくて大丈夫です。貨物便の楽器ケースで送っていただいて結構です。

    4. 心配性のおばさん より:

      老害様 いまさらゴーン氏を返されても迷惑ですわ。彼にそんな価値はありません。レバノン政府???は責任をもって管理して頂きたいわ。

      だんな様、タナカ珈琲様 あの国の政治は一切の信頼が置けませんので、本当に支援するのであれば、国連軍?が暫定統治したうえでないとムリだと思います。

      それよりも、気になるのは

      ≫裏返すとレバノンに融資する意味って何があるのだろうと思います。

      どなたか、この情報をお持ちの方、おいでじゃないかしら?

      報道では、あの真っ黒けのマクロン氏が、この話を主導し、あのトランプ氏を説得したとか!ここに、驚き、疑惑噴出中ですの。

      あのマクロン氏が、何の利権を狙っているのか、そして、アメリカファーストつまり自分(アメリカ)の舌を出すのもイヤというトランプ氏をどう説得したのか。ですの。

      私、自立するつもりもない国は他の国に喰われて然るべきと考えておりますので、レバノンには一切の同情はありませんが、昨今は、喰う側に何らかのマナーが求められます。大義というものかしら、中露のようなマナー知らずは国際社会から叱られます。

      1. 老害 より:

        心配性のおばさん さま

        >彼にそんな価値はありません。

        確かに値打ちのない人間ですが、日本は犯罪人を許さないという強いメッセージとはなります。少しは、モサドを見習わないと。

        1. 心配性のおばさん より:

          老害様 お暑うございます。

          レス頂いていたのですね。お礼を申し上げます。

          >少しは、モサドを見習わないと。

          モサド・・あの世界最強とも評されるイスラエルの諜報機関ですわね。

          もっとも私は、某アメリカドラマで聞いた以上のことは存じ上げないのですがね(笑)。私、ゴーン氏逃亡の事件は、日本の法務省、入国管理局の情けないポカだと思っておりますのよ。

          アメリカ海兵隊上がりの人間の仕事とされていますが、笑ってしまうぐらい簡単なミッションだったのではないかしら。

          日本の犯罪人に対する姿勢というのであれば、日本の体制のポカを相殺するには、モサドばりに独自の力で奪還すべきじゃないかしら。少なくとも、お金で済むこととは思えませんのよ。

      2. 心配性のおばさん より:

        ≫自立するつもりもない国は他の国に喰われて然るべき

        コメントの後、気付きました。日本も安全保障で自立しておりません。
        まったくということではなく、少なくとも9条教の皆さん以外の日本人は自覚はしている.。
        でも、自覚をしているイコール自立できているではありません。
        大多数の若い人たちは、その日の仕事に精一杯で、こんな言い方悲しいですけど、それどころじゃない。
        きっと、有事が目の前に迫るまで、そのことに対峙できない。
        私、コロナパンデミックが報じられた時、その機会だったと思うのですが、日本政府はそれを呼び掛けることができませんでした。準備ができていなかったのですよね。政治家ですら。しばらく立ち直れませんでした。

  14. イーシャ より:

    本当は何を作ろうとしていたのやら。
    “韓電原子力燃料、六フッ化ウランのガス漏出事故で2人負傷…「外部への漏出はない」=韓国原子力安全委員会” (WoW! Korea 8/10(月) 21:06)

    肥料用ウランでしょうか ?

    1. 心配性のおばさん より:

      イーシャ様 そんな意地悪おっしゃって(笑)。

      >肥料用ウランでしょうか ?

    2. わんわん より:

       韓国の原子力発電を輸入している国は将来 
      泣きをみる事にはなるでしょうね

       自業自得同情はできないですね

  15. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察
    https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200810-00000050-mai-cn&s=plus_points&o=desc&p=1

    私たちに何が出来るのだろうか?

    1. 閑居小人 より:

      国家安全法施行前の行動を有罪にして逮捕してると思います。やはりならず者の無法国家です。

      日本政府はだんまりでしょうか。声を上げたい。

    2. 心配性のおばさん より:

      あの天安門事件の頃、勤めておりました会社のロッカールームに入ったら、中国の研修生だった女の子が泣き崩れていたのを覚えています。

      女の子は民主化運動をしていたわけではなく、お母さんが天安門近くに住んでいるとのことで、心配のあまり、仕事も手につかず泣いていたらしい。当時はインターネットなるものが現在のように発展していたわけではありません。彼女の心配は痛いように判りましたが、「心配ないから・・」となんの保証もない言葉を繰り返すしかありませんでした。

      あの時は、日本政府もアメリカも政治的な事情?から、中国にコメントすることがなかったと覚えています。時流は中国の若い人たちの味方をしなかった。彼らは孤立無援のまま、中国共産党にモミ潰されました。

      人は大きな力に立ち向かう時、個人の力だけでは敵いません。他者の力というより、もっと大きな力・・時流のようなものを当てにする必要があると思います。

      中国共産党にとって、読み切れない動きをするトランプ政権の誕生。コロナパンデミックの対応を中国が誤ったことで、欧州やアメリカが中国攻勢に舵を切ったこと。時流はころころと流れを変え、決して安定したものではありませんが、それを上手く使えれば、香港の民主化運動も成功すると考えます。

      周庭氏もこの時流を掴んで、民主化をやり遂げる思いから、あえて逃げずに香港に残ったのでしょうね。

      どうか、天安門事件の頃のように若い人の希望が共産党の力に潰されませんように、今度こそ時流が彼女たちの味方となってくれますよう。

  16. だんな より:

    中央日報からです。
    G7拡大に反対した独外相「韓国、今年G7会議の参加は歓迎」
    https://japanese.joins.com/JArticle/269052
    引用しながら。

    ドイツのハイコ・マース外相が主要7カ国(G7)拡大問題をめぐり「今回のG7首脳会談に韓国が参加することをとても歓迎する」として「韓国は国際的に重要な国」と10日(現地時間)、明らかにした。
    >参加はアメリカが、決めること+社交辞令ですね。

    マース外相の発言は一見韓国のG7首脳会議への出席を歓迎するような言及だったが、G7の正式メンバーへの合流を意味するのかは定かでなかった。
    >ゲスト参加と、正式メンバーは、話が違いますよね。ドイツも決めれることですからね。

    康長官は「(G7)議長国によって議題が決まるが、韓国が十分に寄与できる力があると考える」ともした。
    >対中国包囲網が、議題になると思います。
    それ以外でも寄与できるとは、過剰な自己評価ですね。

  17. クロワッサン より:

    東京新聞<戦後75年>米中の「新冷戦」 狭間の国はどうしのぐ
    2020年8月10日 07時38分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/48123?rct=editorial

    読んで抱いた疑問が、東京新聞社説の記者には『セキュリティダイヤモンド構想』が存在しないようですね。

    日本やインド、オーストラリアが第三極になろうとしている、という認識の様子。

    安倍否定主義による認知障害の発症者…?

    1. だんな より:

      クロワッサンさま
      とても訓練された人が、書いた記事とは思えない、要領を得ない記事ですね。
      夏休みの宿題レベルかな。

      後は、狭間の国は、米中のどちらかに付くと、決めていない事にしたいとか。

      今日は、新規開拓の中華屋さんで、青椒肉絲定食です。

      1. クロワッサン より:

        だんな さん

        独裁者wのヒトラー安倍の選挙演説を妨害した声闘士を全力で応援する東京新聞が、軍国主義・独裁・侵略主義の中国に対抗しようとする日豪印を中立的立場に下げようとするところ、殴らない相手には強気な韓国との相似性を見出しちゃいますw

    2. 七味 より:

      クロワッサン様

      紹介頂いた記事を拝読いたしました♪

      >米中対立に巻き込まれる危険を小さくしたり、米中への依存度を下げることで被害を減らそうと、各国とも躍起なのです。

      豪州は、新型コロナの発生源を調査すべきだと主張したら農産物輸出で嫌がらせをされた♪
      インドは、国境紛争が再燃した♪
      ついでに日本も、尖閣諸島に侵略を受けている♪

      何処も中国の被害を受けている当事者(豪州はまだ直接の侵略を受けてない?)なんだから、「米中の対立に巻き込まれる危険を小さくしたり」なんて、何を呑気な事を言ってるんだろうって思ったのです♪

      むしろ米国はその気になれば、北米大陸に引き込もることもできる訳で、中国の侵略をなんとかするためには、米国が自由主義の擁護者みたいな浪漫を持ってくれる必要があるんだと思うのです♪

      それにしても不思議なのは、中国って、なんであちこち侵略しようとするんだろう??って事なのです♪
      中国もそこそこ広い国土とたくさんの人口を抱えてるわけで、その気になれば今の領土内で引きこもることもできそうに思うのです♪
      別に米国みたいに、世界に自由と民主主義を広めて、人々の人権を守るみたいな正義感というか国の大義みたいなものは持ってないように思うのですが・・・・

      1. はぐれ鳥 より:

        七味様
        脇から失礼します。

        >中国って、なんであちこち侵略しようとするんだろう??

        中華思想とは、いわば「お山の大将思想」ですから、本来の中国人は引きこもりです(困窮した貧民は別ですが)。ただ、中国人にとっての天下が拡がれば、そこでお山の大将本能が再作動し、外部からは、それが中国による覇権追求に見えるということです。で、200年ほど前から、近代化したヨーロッパ人の来航により、中国人にとっての天下が、東アジア限定から全地球へと拡がりましたから、今は、中国人による新たな「お山の大将プロジェクト(地球征服計画)」が進行中ということです。

        >別に米国みたいに、世界に自由と民主主義を広めて、人々の人権を守るみたいな正義感というか国の大義みたいなものは持ってないように思うのですが・・・・

        欧米はキリスト教のような人類普遍を標榜する宗教をベースにしているので、欧米人は、侵略するにしても自由・人権・平等のような人類普遍の価値を表看板にします。処が中国人の場合には、中華主義という自己本位の価値が基になっているので、大義は有るにせよ「国家主義」のような時代遅れのものしかありません。それが、中国のソフトパワーの弱点であり、世界で支持者を増やせないでいる一つの理由でしょう。

      2. クロワッサン より:

        七味 さん

        >何処も中国の被害を受けている当事者(豪州はまだ直接の侵略を受けてない?)なんだから、「米中の対立に巻き込まれる危険を小さくしたり」なんて、何を呑気な事を言ってるんだろうって思ったのです♪

        平安貴族精神を連想します。
        実務や汚れ仕事は武士に投げて、自分は歌を読んだり「キレイな仕事」をするという。

        中国の侵略主義は、欲しい物は公益ではなく産地を我が物とする事で独占する、という大陸国家せいしんなのかなぁと。

  18. クロワッサン より:

    <戦後75年>日本と韓国 歴史の「影」を忘れない
    2020年8月11日 07時40分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/48277?rct=editorial

    朝鮮半島に居た人達は、日本系日本人による『安保の傘』の下で、厳しくとも戦場での命の奪い合いとは無縁な状況で暮らす事が出来た。
    で、そんな状況で暮らせたにも関わらず日本に文句を言うのは、単に『甘ったれの子供』だからなだけ。
    しかも、日帝統治時代について、歴史的事実を軽視した『正しい歴史認識』に基づく被害妄想を膨らませ続け、被害者コスプレをし続けている。
    『信用』『信頼』などの概念を有さず『息を吐くように嘘を吐く』生き物相手に『話し合い』など無意味です。

    1. 七味 より:

      クロワッサン様

      紹介頂いた記事を読んでみたんですけど、モヤモヤとはするのですが、心に響かない文書ですね♪
      なんて言うのかな、自分が取り上げた問題に対する自分なりの解決策すら提示せずに、ただただ自分は正しいんだって悦に浸ってるだけのように感じたのです♪

      1箇所ピックアップすると、
      >この島に住んでいた人たちにとって、自分の故郷で差別待遇があったことを認めるのは愉快なことではないはずです。
      という部分かな♪

      元島民の「朝鮮人への虐待について「聞いたことがない」」という証言は嘘だと決めつけるような書き振りな訳なんだけど、自ら直後に「しかし、同じ環境にいても受け止めはさまざまでした。」って書いてるように、人によって見聞きした事柄や、それへの受け止めは様々あるのでしょうが、ただ自分の意に沿ったものを「正しい」として、そうじゃ無いものは「間違ってる」とするような、気持ち悪さが感じられるのです♪

      1. クロワッサン より:

        七味 さん

        うーん、毎日新聞だったかが、「歴史とはヒダがあって重層的なものであり、云々」という事を何年か前の社説で書いてたのですが、そんな毎日新聞は「日帝統治時代」の出来事で日本が韓国の為朝鮮の為になった事はない!ってな前提と結論で記事を書いてる、そんな矛盾を思い出しました。

        1. 七味 より:

          クロワッサン様

          返信ありがとなのです♪

          クロワッサン様の返信を読んで、モヤモヤがちょっと判ったような気がしたのです♪

          >戦後七十五年が過ぎても、歴史をめぐってまた相手の足を踏むような行為をしていないか。立ち止まって考えたいものです。

          記事ではこんな事を結論にしてるけど、ひとつの事でも人によって見え方、捉え方が違うことを前提にすると、何かすると、考えるまでもなく、誰かの足を踏んでるだと思うのです♪
          でも、それは足を踏む踏まれるって一方的な関係じゃなくて、足を踏まれった言い出す人の主張に足を踏まれたと感じる人がいるみたいに、お互い様なとこがあるものだと思うのです♪

          だから、足を踏まないように立ち止まるんじゃなくて、痛いと言う声を聞いて、納得できるな足をどければいいし、納得できないなら無視をするなり「踏んでない」って言い返すなりする。そういうやり取りを続けるしかないんだと思うのです♪

          もちろん、対話をしないために、相手が声を上げられないように抑え込むのもひとつたけど、それは出来ればあまりやりたくないのです♪

          なんて言うか記事の人は、声が上がること自体を無くしたいみたいに思えたから、読んでモヤモヤしたんだと思うのです♪

          ゚+。(о’∀’)bスッキリ!

  19. タナカ珈琲 より:

    今日も、日常的なショウモナイおはなし…。

    9時に起きて(5時までテレビを…。)水シャワーをしたら、お湯でした。
    冷たい水を期待したのですが…。でも、気持ちの良いナマ温かいお湯でした。
    年金生活者は、いつでも、何度でも水シャワーが出来る権利がありますねぇ。

  20. だんな より:

    クロワッサンさま
    東京新聞らしい、垂れ流しの記事ですね。
    工作員マスゴミのやり方として、
    「どの国の歴史にも、光と影が交錯します。しかし、日本では輝きばかりを選んで語ることが増えているような気がしてなりません。」
    の様に、「日本の良い所では無く、悪いところだけが歴史で、それを覚えておけ」といった記事を書きます。

    百歩譲って、もう足を踏んだ人は、殆ど生きてません。
    生きてる日本人は、沢山朝鮮人に足を踏まれてますって。

    1. クロワッサン より:

      だんな さん

      しかも、日本人の足を踏みまくってる韓国人朝鮮人らは『過去の歴史』を盾に永世被害者ポジションを確保しようとしてる訳で。

  21. sey g より:

    産経のコラム、風を読むで 教科書検定の北のスパイ疑惑のその後が書かれていました。

    https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/column/amp/200811/clm2008110007-a.html?espv=1

    コラムを読むかぎり、疑惑は益々深まったというか。
    証拠が無かったか、上の方まで汚鮮されてるのか。
    ただ、検定の結果を見ると上の方まで汚鮮ぽいですね。
    産経には、もっと頑張ってこの件を取材して欲しいです。

    1. たい より:

      大丈夫ですw
      総理大臣のブレーンにソ連のスパイがいた国ですからw
      さすが朝日はクオリティペーパーですね。
      (明日休みで壊れ気味)

      1. たい より:

        ただ若い人らには芥川龍之介の藪の中とか読んでもらって、情報リテラシーは知っておいてほしいとは思います。

  22. だんな より:

    いきなりですが、ワクチンの話です。
    このご時世だと、新型コロナウイルスのワクチンが、熱望されていますよね。
    古い話になりますが、HPVワクチンというのが有りまして、その副作用で、世間が一揉めして、今では肩身の狭い思いわしています。
    新型コロナウイルスのワクチンは、新型コロナウイルス感染時の発症を予防しますが、感染予防は出来ません。このウイルスの特徴として、感染初期でも、他の人に感染させる可能性が有りますので、社会での感染拡大を防ぐ力は弱いと思います。
    一方HPVワクチンは、子宮頸癌(年間に1万人の患者が出て、3000人が死亡します)を、予防出来ます。
    どちらが、日本人の死亡者を減らすのに有効なのかを、良く考えた方が良いと思います。

    1. わんわん より:

       ワクチンの場合は「副反応」と言うそうです

       WHOが、(日本での副反応問題も踏まえて)HPVワクチンの安全性をレビューしているんですが「安全性に懸念を示すデータはない」と結論づけられています。

      WHOに言われるとかえって疑いたくなりますね

       海外渡航時やワンコ関係者が受ける「狂犬病」ワクチンはWHO基準でなく独自基準で行っているみたいです
      ※毎年犬に行う「狂犬病」予防注射は意味あるのかな?
      現況では輸入「犬」(猫)で充分ではないでしょうか?

      1. だんな より:

        わんわんさま
        フォロー、ありがとうございます。
        ワクチンの場合は、副反応と言います。
        狂犬病のワクチン摂取は、動物医師会の意向が、強いかも知れません。
        本題のワクチンリスクに関してのコメントが、有りませんでしたので、今日は諦めます。

  23. 雪国の会計士 より:

    百田尚樹さんからのブロックいつの間にか解除されている。
    なんかあったのかな?

  24. ラスタ より:

    「『日本の韓国統治』を検証する」(草思社文庫。ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー著)という本を読んでおります。

    これはなかなか重要な本だと思います。

    私自身、日系人著者だから日本寄りのバイアスかかっているのではないかと敬遠していましたが、読んでみて「なぜそんなフィルタをかけていたのか」と後悔しました。
    正直なところ、ちょっとした瑕疵(詰めが甘いとこ)や、筆が乗り過ぎたところもあると感じますが、著者両名はあくまで歴史学者としてのポジションから、思い込みや誤謬に走らないよう慎重に分析を積み重ねています。
    その姿勢がどれほど慎重で厳密であるかは、店頭で「はじめに」と訳者あとがき(原著は英文です)を立ち読みするだけで充分に伝わることと思います。

    内容については読んでのお楽しみ。
    日本が良かった悪かったというレベルの話でなく、実際具体的にどうだったの?
    これを従来の歴史観にとらわれず、客観的な史料とデータを基に炙りだす手際には、日本ガーとか韓国ガーといった主観を超えた清々しささえ感じます。
    そんで、タイトルテーマ以外にサブテーマとして「民族主義史観」によらない「修正主義史観」を提示している点も重要です。
    これは「韓民族は優性民族なのだから」と「事実はどうだっかのか」という史観の戦いでもあります。
    (また私は著者が一貫して「言葉は正しく用いよ」という態度を貫いているところが何より重要な点であると思っています)

    以前に紹介した「朝鮮開国と日清戦争」(渡辺惣樹著、草思社文庫)、「朝鮮紀行」(イザベラ・バード著、講談社学術文庫)と併せて読むと、それぞれ単独の著作ではちょっとモヤモヤしてたところ、近代以降の朝鮮とは何か、ハッキリしなかったいろいろなピースが補間し合って全体がピタリとハマります。

    南朝鮮批判の前に、理論武装としてぜひ皆さまこの3冊を読んでいただきたい。
    そのように感じております。

    1. sey g より:

      ラスタ様

      ジョージ・アキタ氏の著書は読みました。
      本当に、丁寧にバイアスをかけずに書いてありました。
      ただ、しょせん日本ガーは信じないかも知れませんが、こちら側の理論武装には必須ですね。

      1. ラスタ より:

        sey g 様

        すでにご既読とはさすがです。自分が不勉強であったことが恥ずかしいです。

        以下、とくに sey g 様へのレスポンスというわけではないのですが、元コメントの補足ということでご容赦ください。

        私は、自己の感情やそのときの相手の態度に振り回されるのは失策を招く(すでに敵の術中にはまっている)と考えておりますので、紹介させていただいた本のように、立場を超えた視点であくまでも史実を冷静に受け止める姿勢を持てるか否かが今後の歴史、つまりは未来を分かつのであろうと思っています。

        で、この本を紹介したのは、日韓問題の考察にあたっての手がかりというだけでなく、「民族主義史観」と「修正主義史観」の違いを理解するのに最適なテキストではないかと思ったからなのです。

        民族主義史観とは、その民族の主観において構成された、いわば自己の正統性を流布するために編纂された「オレ的歴史」に基づく主義主張。
        修正主義史観とは、信用できる史料を厳選して収集したデータに基づいて分析し、そのとき実際には何がどのようであったか、事実を読み解こうという試み。
        (これは歴史学者などではまったくない私の私感であって、学術的に正しい分類ではないかもしれません)

        どちらの立場が「歴史」というものに真摯に向き合い、未来への礎として真剣に取り組んでいるか。
        そして、何がより正確な歴史なのか。声の大きさや政治的勝ち負け、ましてや国際間合意などで決まるものではなく(「合意した」という事実は史実ですが)、正しい手順で検証された見解こそを歴史と定義すべきなのは明らかだと思うのです。

        ジョージ・アキタ氏は民族主義史観の立場からの「歴史」を主張する態度を「歴史物語」と切って捨てます。いかに主張したところでそれは検証されていないからです。
        同時に、「そのような事実はなかった」という主張に対しても同様に検証が必要という立場を取っています。
        私が共感するのは、異なる立場からの主張のどちらが正しいかではなく、「何がより事実に近い見解として正当なのか」を見極めようという姿勢です。

        「修正主義史観」という呼称は、何か都合の悪い歴史を修正して事実を歪曲する企みであるかのように聞こえるかもしれません。
        しかしそれは「改変主義主観」とは違います。修正と改変はまったく別個のもので、むしろ「民族主義史観」こそ民族的感情によって改変された歴史として扱うべきであろうと考えます。

        反日主義国家相手にそんなの通用しないというご意見があるだろうことは承知しております。
        それでも、何がより正しいあり方か、より正しいやり方かを諦めてはいけません。彼らのためではなく自分たちのために。
        客観性を失って歪んだ思考が何をもたらすか、まさにいま目の当たりにするかもしれないのですから。

        1. sey g より:

          ラスタ様

          朝鮮半島の本なら、古田博司氏の著書がとても読みやすく、確かにと新しい見方が出来ると思います。
          あと、倉山満氏の著書も昭和史の正しい見方が出来るのでお薦めです。
          もし、既知でしたらすみません。

          1. ラスタ より:

            sey g 様

            ありがとうございます。不勉強でどちらの著者も初めて知りました。
            次に読む本を探しておりましたので、参考にさせていただきます。

  25. イーシャ より:

    なにやら不穏な話が。
    “なす術なし、「不動産バブル」で致命傷の文在寅政権” (JBpress 2020.8.12)

    致命傷は慣れっこでしょ。
    せっかく選挙で圧勝して議会でも好き放題できるんだから、逆らう奴等は粛清して永世大統領に就任してほしいものです。

    香港の民主化弾圧は許せませんが、朝鮮人の内ゲバはいつものことなんだから好きにすればいい。

  26. 一国民 より:

    ~文在寅も激励、日本国内の「最後の徴用工村」…政治的に利用されてきた歴史をひもとく~
    https://news.yahoo.co.jp/articles/365894d0f10218a5410d4909fc52b58b90b465a2?page=1

    「徴用工」と呼ばれる人たちが日本に渡ってきた経緯の一例が紹介され、その後、彼らの同胞が裏切り・悪徳を重ねる中で所謂「ウトロ」問題が創作されてきた、ということがよくわかる記事です。

    どこまでも卑怯で情けない民族としか言いようがありません。

  27. タナカ珈琲 より:

    事故だなぁ。
    タブン

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。