昨日の『日本は通貨スワップを武器にせよ』では、ジャパンタイムズに掲載された “Seoul draws wrong THAAD lessons” というオピニオン記事を取り上げ、そのなかで「通貨スワップを武器として使用する」という概念を紹介しました。ただ、ブラッド・グロッサーマン氏が執筆した論考は、その他の部分でも非常に示唆に富んでいることは事実です。そこで、同記事に「触発」されたわけではありませんが、ここ数年の日韓関係について、振り返っておきたいと思います。ちなみに朴槿恵政権の失敗から、現在の文在寅政権が何かを学び取っている形跡もありませんが…。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の論考に思う

昨日の『日本は通貨スワップを武器にせよ』では、ジャパンタイムズに掲載された次のオピニオン記事を紹介しました。

Seoul draws wrong THAAD lessons(2020/01/27付 ジャパンタイムズより)

リンク先の記事は多摩大学ルール形成戦略研究所副所長のブラッド・グロッサーマン(Brad Glosserman)氏が執筆したもので、記事のタイトルを直訳すれば、

韓国政府はTHAADから誤った教訓を得た

です(英文の記事に国の首都の名前が出てくるときはその国の政府を指すことが一般的であり、 “Seoul” とは韓国の首都・ソウルのローマ字表記ですので、ここは「韓国政府は」、と訳すべきでしょう)。

当ウェブサイトでは、昨日は日本の通貨スワップに焦点を当ててこの記事を読んだのですが、あらためてじっくりと読み返してみると、なかなか興味深いことが書かれています(※といっても、個人的にはリンク先記事の主張すべてが無条件に賛同できるものでもありませんが…)。

(※なお、リンク先記事の英文はさほど難しくなく、平易な単語で明快に記述されており、さらには特段の有料契約などがなくても閲覧可能であるようですので、英語が得意な方は是非とも直接読んでみてください。)

ただ、この論考を読んでいて思い出したのが、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代の韓国の迷走です。そこで、本稿では「通貨スワップ」以外の部分についても、当時の情報を思い出しながら適宜補足しつつ、韓国の「外交の失敗事例」をなぞっておきたいと思います。

朴槿恵政権の反日

「THAADの教訓」とは?

さて、ジャパンタイムズの記事タイトルにある、「THAADの教訓」とは、いったい何のことでしょうか。

これは、米国が開発した終端高高度ミサイル防衛システム(Terminal High Altitude Aerial Defense)のことであり、2016年7月8日に、当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代に、在韓米軍への配備で最終合意したものです。

当ウェブサイトであれば、その前後の出来事について覚えている方もいらっしゃると思いますが、これは「慰安婦合意」、「日韓GSOMIA」と並ぶ、朴槿恵政権下の韓国が米国に屈した「3点セット」に位置付けられる合意です。

当時、朴槿恵政権は「反日」を前面に押し出しつつも、本音では「米中二股外交」により、米国と中国から利益を引き出そうとしていたのですが、最終的にはこれが裏目に出て、米国の激怒を買い、この「3点セット」を押し付けられたのです。

そして、今度は「THAAD配備」が中国の不興を買い、中国からも経済制裁を受けるという意味での「往復ビンタ」を喰らった格好だといえるでしょう。

朴槿恵政権発足前夜の日韓関係

これについて確認する前に、せっかくですので、ここ10年間の日韓関係について、ざっと振り返っておきましょう。

そもそも論として、日本は民主党政権時代(2009年9月~2012年12月)を通じて、諸外国との関係を徹底的に損ねました。

まず最初の鳩山政権時代、鳩山由紀夫首相(当時)自身が普天間飛行場移設をひっくり返し、バラク・オバマ米大統領に対して「トラストミー(TORASUTO ME)」などと言い放ち、日米関係が極度に悪化しました。

次の菅政権時代には、菅直人首相(当時)自身が尖閣諸島での漁船衝突事件などのハンドリングに失敗し、中国からはレアアース類の輸出規制を喰らい、中国で反日デモが発生するなどして、日中関係も悪化しました。

最後の野田政権時代には、野田佳彦首相(当時)が李明博(り・めいはく)韓国大統領(当時)と個人的に膝を突き合わせて何度か首脳会談を実施したものの、李明博大統領からは慰安婦問題を蒸し返され、竹島不法上陸、天皇陛下侮辱発言などがなされ、日韓関係が悪化しました。

ちなみに、『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)を巡って、韓国政府が2012年6月29日の署名式を「ドタキャン」したという騒動も、この野田政権時代に発生しています。

2012年12月の第二次安倍政権発足直後から、安倍晋三総理大臣は民主党政権がめちゃくちゃにした日米、日中、日韓外交という「負の遺産」を引き継ぎ、これらを立て直すところからスタートせざるを得なかったのです。

発足直後から反日を全開にした政権

さて、韓国では2013年2月に、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が発足しました。

朴槿恵氏自身は朴正煕(ぼく・せいき)の長女であり、また、安倍総理は朴正煕と親交があった岸信介の孫でもあるため、「安倍-朴関係」は円滑にスタートするのではないか、と、多くの識者が信じていたのです。

ところが、驚いたことに、朴槿恵氏は政権発足直後から反日を全開にしました。その最初のあらわれが「2番目の訪問国」です。通常、韓国大統領は就任後最初の外遊先に米国を選び、2番目の訪問先に日本を選ぶのが慣例でしたが、朴槿恵氏はこの慣例を破り、2番目の訪問国に中国を選んだのです。

そして、同じく発足したばかりの習近平(しゅう・きんぺい)政権に近付き、安倍総理との首脳会談を拒絶するくせに、習近平氏とは何度も何度も首脳会談を重ねるという意味で、「中韓蜜月時代」「日韓疎遠時代」を演じたのです。

それどころか、朴槿恵氏は、安倍総理に対し、「過去の歴史認識の改善なしに韓日首脳会談を行っても意味がない」などとして日韓首脳会談を徹底的に拒絶。両首脳の会談は、朴槿恵政権発足から1年以上経過した2014年3月の日米韓首脳会談を待たねばならなかったほどです。

それだけではありません。

朴槿恵政権下の韓国は、徹底的に日本を敵視しました。こうした韓国の反日がとくに先鋭化したのが2015年ですが、同年前半の動きをざっとおさらいしておきましょう。

2015年になにがあったのか?
  • 3月6日…韓国国会の鄭義和(てい・ぎわ)議長、安倍総理の米上下両院合同演説を阻止するために訪米し、米下院議長に「慰安婦謝罪しない安倍に演説の資格なし」と訴える
  • 4月22日…安倍総理、バンドン会議60周年記念式典で演説して万雷の拍手を受ける。同日、韓国外交省当局者、バンドン記念演説で安倍総理のお詫び発言がなかったことについて「深い遺憾の意」を表明
  • 4月29日…安倍総理、連邦議会上下両院合同会議で演説(いわゆる「希望の演説」)
  • 4月30日…韓国政府・与野党が安倍総理の米議会演説を一斉に批判
  • 5月6日…韓国国会議長、安倍総理に日韓関係改善の努力を期待するのは「愚かなこと」と発言
  • 5月12日…韓国国会、本会議で「反省のない安倍糾弾決議案」を採択
  • 5月中…尹炳世(いん・へいせい)外交部長官、「日本の世界遺産登録を全力で阻止する」と表明。6月以降、尹長官自身がユネスコ議長国のドイツを訪問し、韓国の立場に支持を求めたほか、外交統一委員会に所属する国会議員らが、日韓いずれを支持するかの態度を表明していない4ヵ国(ペルー、コロンビア、カザフスタン、クロアチア)を訪問し、登録反対の意見を直接伝える
  • 6月21日…尹外交部長が訪日、岸田文雄外相と「世界遺産登録で相互に協力」と表明
  • 7月5日…佐藤地(さとう・くに)ユネスコ大使がユネスコ諮問機関の勧告に「真摯に対応する」と表明。それを条件に世界遺産登録決定

(【出所】当時の報道等をベースに著者調べ。なお、肩書はいずれも当時)

…。

いやはや、壮絶ですね。

昨今、日韓関係が悪化しているといわれますが、個人的には左派・親北派である文在寅(ぶん・ざいいん)現大統領の頃よりも、「保守派」を自認し、当初は「親日派」と見られていた朴槿恵政権時代の反日のほうが、はるかにたちが悪いような気がしています。

(広告・スポンサーリンク)



米中のシーソーゲーム

本質は「米中二股外交」

ただ、こうした反日の裏に見え隠れしていたのは、苛烈な米中二股外交でした。

韓国は米国の同盟国という立場にあり、米国から軍事的に守ってもらっているにも関わらず、中国の影響力を受け入れ、米国をいらだたせるような行動に出ていたこともまた事実です。

その典型例が、2つありました。

1つ目は、中国が主導する国際開発銀行である「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」への出資です(※余談ですが、AIIBの現状については今月、『日本が「バスに乗り遅れた」AIIBの現状・最新版』でも触れていますのでご参照ください)。

日本が「バスに乗り遅れた」AIIBの現状・最新版

アジアにはすでに「アジア開発銀行(ADB)」という国際開発銀行が存在しているにも関わらず、そして、韓国が米国の同盟国かつ西側諸国の一員であるにも関わらず、中国が主導するAIIBに「いのいちばん」で参加を決めたことが、米国をいらだたせたことは間違いありません。

そして2つ目は、中国で2015年9月3日に開催された、「抗日戦勝利70周年記念軍事パレード」への参加です。

朴槿恵氏と当時の国連事務総長だった潘基文(はん・きぶん)氏という「2人の韓国人」が、

  • 当時、人道に対する犯罪と戦争犯罪により国際刑事裁判所(ICJ)から逮捕状を請求されていたスーダンのバシール大統領
  • ソ連時代から要職を務めているカザフスタンのナザルバエフ大統領
  • 1991年の独立以来、一貫して大統領を務め続けていたウズベキスタンのカリモフ大統領

といった戦争犯罪(容疑)者、独裁者らと並んで天安門のてっぺんにのぼり、中国人民解放軍を閲兵したのです。

この「AIIB出資事件」と「天安門軍事パレード参加事件」が、米国のかなりの怒りを買ったことは間違いなく、2015年10月に訪米した朴槿恵氏は、ホワイトハウスを訪れたものの、オバマ大統領との晩餐会は開催されず、副大統領との昼食会のみが催されるという冷遇振りに直面。

それどころか、朴槿恵氏は、ワシントンで米国の要人にほとんど面会できず、自身が米国の強い不興と怒りを買っているという事実を認識したようです。

慰安婦合意、THAAD、GSOMIAの「3点セット」

米国は一貫して「日米韓3ヵ国連携」を日韓両国に求める立場にありますが、朴槿恵氏は「日本が歴史を反省も謝罪もしないから韓国としては日本との協力などできない」などと言い訳をし、この「日米韓3ヵ国連携」から逃げ続けていました。

しかし、「AIIB出資」と「天安門軍事パレード事件」の2つが引き金となり、米国が激怒した結果、日韓両国に押し付けて来たのが、いわゆる日韓慰安婦合意でした。

【参考】いわゆる「日韓慰安婦合意」(2015年12月28日)のポイント
  • ①慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感し、安倍晋三総理大臣は日本国を代表して心からおわびと反省の気持ちを表明する。
  • ②韓国政府は元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に対し、政府予算から10億円を一括で拠出する。
  • ③韓国政府は在韓国日本大使館前に慰安婦像が設置されている問題を巡って、適切に解決されるように努力する。
  • ④上記②の措置が実施されるとの前提で、日韓両国政府は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し、あわせて本問題について、国連等国際社会において互いに非難・批判することを控える。

(【出所】外務省HP『日韓外相会談』より著者作成)

その意味で、日本はとばっちりを喰らったようなものでしょう。

(※余談ですが、当時の一部の報道によれば、オバマ政権下のジョー・バイデン副大統領が、この合意を日韓両国に押し付けたことを自慢げに主張していたそうです。日米揃って「民主党」という組織は徹底的に政治的なセンスがないのかもしれませんね。)

しかし、この日韓慰安婦合意を呑んだことで、日本との「歴史問題」を巡って、韓国は米国に対して「解決していない」とは言えなくなってしまったのです。このような状況に追い込まれたうえで、相次いで成立したのが、「THAAD合意」と「日韓GSOMIA」です。

このうちTHAAD合意は、在韓米軍へのTHAAD配備が2016年7月8日に突如として発表されたというものであり、また、野田政権下で署名がドタキャンされた日韓GSOMIAについても、2016年11月23日に成立しました。

中国の脅しに屈した国・韓国

繰り返しですが、韓国は米国の同盟国であり、米国からは軍事的に守ってもらっているという立場にあります。それなのに、同盟国としての義務を果たさず、それどころか米国の最大の仮想敵国である中国に媚びを売るような姿勢が、米国の強い不興を買ったのです。

しかし、米国を激怒させ、「慰安婦合意」「THAAD」「日韓GSOMIA」という「3点セット」を押し付けられたことで、今度は激怒したのが、中国です。

冒頭で再掲した、グロッサーマン氏の論考でも、このTHAAD配備決定直後から中国が韓国に猛反発し、THAAD配備が「両国関係を破壊する」などと強く警告したことが示されていますが、それだけではありません。

翌年以降、中国政府は韓国への団体旅行を禁止するなどの事実上の経済制裁を開始しました。この様子は、韓国観光公社が公表する統計からも、明らかです。

図表 韓国を訪れた中国人の月次推移(過去4年分)

(【出所】韓国観光公社『韓国観光統計』より著者作成)

この流れ、冷静に考えてみると、なかなか教訓じみています。

朴槿恵政権時代を通じて、韓国は米中両国間でどっちつかずの外交を繰り広げたものの、最後はこの「米中二股外交」というコウモリ外交が破綻し、米国側からは「中国の方に行くな」と強く要求されてしまったのです。

ちなみに朴槿恵氏自身は2016年秋口以降の「ろうそくデモ」によって引きずりおろされ、2017年3月には憲法裁が大統領職からの罷免判決を下し、その後は在職中の汚職などの容疑で拘束され、刑事訴追されるという末路を辿りました。

なんとも皮肉なものです。

同盟の対価を払わない国の末路は?

ひるがえって、現代の米韓関係は、朴槿恵政権末期よりも、確実に悪化しています。

その最たるものは、米国が苦労して日韓両国に押し付けた日韓GSOMIAを、昨年、文在寅政権下の韓国が破棄しようとしたことでしょう。

文在寅氏は結局、この日韓GSOMIAの「終了通告の効力を中断する」という、わけのわからないことを言いつつも、事実上は撤回に追い込まれた格好ですが(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』)、話はそれだけではありません。

在韓米軍の駐留経費負担の問題や、文在寅氏が提唱した「韓国国民の北朝鮮への個人旅行」を巡る米国側の警戒(『韓国に対する「日米同時経済制裁」はあり得るのか?』等参照)にあるとおり、米韓関係はきわめてピリピリしている状況にあります。

韓国に対する「日米同時経済制裁」はあり得るのか?

朴槿恵政権の対米外交、対中外交、対日外交が、なぜ破綻したのか。そして、韓国がこれ以上、外交で失態を重ねたら、韓国という国自体がどうなってしまうのか――。

残念ながら、文在寅政権がこれらについて朴槿恵政権時代の教訓を学び取っている形跡はありません。

もっとも、現段階で米国にとっては、北朝鮮の非核化交渉が進展中であるという事情もあり、今すぐ韓国に対して何らかのアクションを取るとは限りません。

しかし、自由民主主義国陣営に所属していて、米国や日本から最大限の恩恵を受けておきながら、「西側諸国」としての対価を払おうとしない韓国に対し、米国がいつまでも甘い顔を続けるとは言えないでしょう。

また、日本政府がいまだに韓国に対し、自称元徴用工問題などで制裁措置を講じていない理由も、米国とタイミングを合わせているのかもしれませんね(※このあたりについては、別稿でもじっくりと考察したいと思います)。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/02/24 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    感染者数が日本の6倍に 「セルコリア」は続くのか? (18コメント)
  • 2020/02/24 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】PCRは本当に大変!地方衛生研に感謝を (43コメント)
  • 2020/02/23 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たコロナウイルス協奏曲 (110コメント)
  • 2020/02/23 06:00 【日韓スワップ|金融
    感染者激増でウォン安加速、週明けの懸念は資金流出か (41コメント)
  • 2020/02/23 05:00 【雑感オピニオン
    ウィルス騒動と当ウェブサイト読者投稿の「流れ」 (26コメント)
  • 2020/02/22 22:22 【金融
    【緊急速報】本日は「竹島の日」であるだけでなく… (25コメント)
  • 2020/02/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/22(土) (82コメント)
  • 2020/02/22 09:00 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外に不満があるなら韓国は欧米に文句を (16コメント)
  • 2020/02/22 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考「コロナが東アジアの政治塗り替える可能性」 (52コメント)
  • 2020/02/21 12:00 【時事|外交
    「コロナ、制裁、金正恩」北朝鮮が直面する「三重苦」 (14コメント)
  • 2020/02/21 06:00 【日韓スワップ|金融
    ウィルス騒動のドサクサで日韓スワップ懇願されたら? (75コメント)
  • 2020/02/21 05:00 【金融
    珍しい相場展開:「アジア通貨安」なのになぜか円安に (8コメント)
  • 2020/02/20 17:00 【RMB|金融
    中国向けに調査するなら与信より「パンダ債」では? (7コメント)
  • 2020/02/20 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウィルス感染者、韓国で82人に増えて日本に並ぶ (90コメント)
  • 2020/02/20 10:00 【時事|外交
    「北朝鮮が金融商品を研究」、その本当の狙いとは? (9コメント)
  • 2020/02/20 07:00 【時事|国内政治
    「神風邪」論の不謹慎さと「コロナより桜」の情けなさ (15コメント)
  • 2020/02/20 05:00 【経済全般
    訪日外国人、ウィルス騒動の影響はまだ出ていないが… (46コメント)
  • 2020/02/19 12:00 【時事|外交
    田中復興相、科学的根拠無視する韓国に強烈な反撃 (30コメント)
  • 2020/02/19 07:00 【時事|韓国崩壊
    嫌な予感が漂う、文在寅氏「非常時の手段」とは? (45コメント)
  • 2020/02/19 06:00 【読者投稿
    【読者投稿】行政の観点から考察するウィルス騒動 (146コメント)
  • 2020/02/19 05:00 【マスメディア論
    「140字騒動」の続きと教訓、本当の緊張とは? (21コメント)
  • 2020/02/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/18(火) (135コメント)
  • 2020/02/18 11:45 【マスメディア論
    BBC受信料廃止論浮上!そもそも公共放送って…? (17コメント)
  • 2020/02/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    コロナウィルスと選挙対策で日韓GSOMIA破棄? (28コメント)
  • 2020/02/18 05:00 【マスメディア論
    某有名人からのご要望「140字にまとめてほしい」 (103コメント)
  • 2020/02/17 15:45 【読者投稿
    【読者投稿】工学研究者の武漢肺炎考 (46コメント)
  • 2020/02/17 12:00 【時事|経済全般
    「経済」新聞を騙り、消費増税を軽視する日経新聞 (8コメント)
  • 2020/02/17 11:00 【韓国崩壊
    中央日報「韓日GSOMIA破棄は生きたオプション」 (20コメント)
  • 2020/02/17 06:00 【時事|国内政治
    「独裁者アベの悪行の数々を絶対に許すな!」(笑) (15コメント)
  • 2020/02/17 05:00 【時事|経済全般
    ウィルス騒動で久々に見た「韓国の壮大なブーメラン」 (25コメント)
  • 2020/02/16 21:55 【読者投稿
    【読者投稿】理系研究者の提言「安心より安全を!」 (199コメント)
  • 2020/02/16 10:00 【時事|韓国崩壊
    自民党・山田宏参議院議員が「日韓断交」に言及? (21コメント)
  • 2020/02/16 05:00 【韓国崩壊
    コロナウィルス騒動を利用した韓国による東京五輪潰し (89コメント)
  • 2020/02/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/15(土) (109コメント)
  • 2020/02/15 05:00 【外交
    北朝鮮の物価はいったんは安定か?それが意味するもの (12コメント)
  • 2020/02/14 15:50 【時事|外交
    ジャーナリスト・篠原常一郎氏の金正恩「危篤」説 (46コメント)
  • 2020/02/14 11:40 【時事|国内政治
    時事通信「安倍首相答弁、目立つ嫌みと挑発」 (19コメント)
  • 2020/02/14 06:00 【時事|金融
    日本3大奇祭「義務的贈答品」祭りがやってきた! (49コメント)
  • 2020/02/14 05:00 【金融
    韓国ネームのサムライ債残高「3000億円割れ」も? (16コメント)
  • 2020/02/13 15:15 【時事|国内政治
    野党はコロナより桜が大事 いまこそ国民の信を問え (48コメント)
  • 2020/02/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA、「破棄するする詐欺」の副作用 (22コメント)
  • 2020/02/13 06:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス騒動で訪日客3000万人割れも視野に (23コメント)
  • 2020/02/13 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA、いつでも破棄してええんやで! (28コメント)
  • 2020/02/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題巡る換金処分、どうなった? (18コメント)
  • 2020/02/12 11:35 【時事|経済全般
    さかなクンさんを巡る重要な話題 一層のご活躍を! (14コメント)
  • 2020/02/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    中央日報「青瓦台で日韓GSOMIA破棄論が再浮上」 (29コメント)
  • 2020/02/12 05:00 【韓国崩壊|金融
    「日本の対韓輸出規制で貿易黒字急減」説の大ウソ (19コメント)
  • 2020/02/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/11(火) (127コメント)
  • 2020/02/11 11:30 【時事|外交
    総理、いっそ習近平さんと靖国神社に共同参拝しては? (30コメント)
  • 2020/02/11 05:00 【経済全般
    コロナウィルス騒動が産業に与える影響をどう見るか (35コメント)
  • 2020/02/10 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】理系研究者の新型コロナウイルス考察 (123コメント)
  • 2020/02/10 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「日韓スワップ500億ドル」の本当の意味とは? (8コメント)
  • 2020/02/10 05:00 【韓国崩壊|金融
    経済は、ほんの些細なきっかけで突然死することもある (8コメント)
  • 2020/02/09 10:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    弱小通貨同士の通貨スワップの「融通手形」説 (13コメント)
  • 2020/02/09 05:00 【マスメディア論
    テレビの三重苦:視聴者、広告主、クリエイター離れ (29コメント)
  • 2020/02/08 13:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、「韓国の美味いもの」 (26コメント)
  • 2020/02/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/08(土) (143コメント)
  • 2020/02/08 10:00 【日韓スワップ|金融
    雇用統計が堅調なのに、なぜか中韓通貨が下落 (5コメント)
  • 2020/02/08 05:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス蔓延の結果、インフル患者が激減した! (83コメント)
  • 2020/02/07 14:25 【日韓スワップ|韓国崩壊
    豪韓通貨スワップ増額更新、だが米ドル換算したら…? (17コメント)
  • 2020/02/07 12:00 【韓国崩壊
    日韓関係「3点セット」巡る韓国外相の絶望的な発言 (41コメント)
  • 2020/02/07 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる? (10コメント)
  • 2020/02/07 05:00 【マスメディア論
    そもそも視聴率って信頼できるんでしたっけ? (15コメント)
  • 2020/02/06 12:00 【時事|外交
    北朝鮮経済の苦境は一時要因なのか、それとも…? (15コメント)
  • 2020/02/06 08:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    「安倍政権の強硬策で韓国の日本離れ」説への違和感 (21コメント)
  • 2020/02/06 06:00 【時事|国内政治
    「会費集めただけで収入」が簿記会計の基本?まさか! (11コメント)
  • 2020/02/06 05:00 【時事|読者投稿|経済全般
    【読者投稿】コロナウィルス、まだ慌てる時間じゃない (105コメント)
  • 2020/02/05 14:45 【外交|金融
    テレビで爆破されそうになったふなっしーさんの現状 (12コメント)
  • 2020/02/05 12:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス問題の日本経済の影響をどう見るべきか (28コメント)
  • 2020/02/05 06:00 【時事|外交
    北朝鮮で物価が上昇し始めたことの意味をどう考えるか (16コメント)
  • 2020/02/05 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏、新型肺炎と南北朝鮮「連鎖倒産」リスクに言及 (18コメント)
  • 2020/02/04 16:15 【時事|経済全般
    ブラック企業の経営者がやっていることは、泥棒と同じ (18コメント)
  • 2020/02/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/04(火) (155コメント)
  • 2020/02/04 11:30 【時事|韓国崩壊
    好意を権利と勘違いする韓国に、日本はどう接すべきか (24コメント)
  • 2020/02/04 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    危機伝播 韓国・マレーシアのスワップはむしろ有害? (8コメント)
  • 2020/02/04 05:00 【金融
    通貨スワップはロシアに対する「武器」となり得る (8コメント)
  • 2020/02/03 14:00 【時事|韓国崩壊
    「ホモ・ソンタクス」?譲歩しない日本に韓国が逆ギレ (82コメント)
  • 2020/02/03 12:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    コロナウィルス発の韓国通貨危機説が排除できない理由 (14コメント)
  • 2020/02/03 10:30 【時事|経済全般
    コロナウィルス蔓延で見えた、日本の入管法制の問題点 (33コメント)
  • 2020/02/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易赤字?現在の日本は「鵜飼いの鵜匠」のようなもの (10コメント)
  • 2020/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴 韓国は「特別な関係」→「単なる隣国」へ (34コメント)
  • 2020/02/02 05:00 【時事|国内政治
    新型ウィルスは桜問題から目を背けさせる安倍の陰謀? (70コメント)
  • 2020/02/02 02:02 【時事|金融
    【速報】ビアンカ・フローラ問題の続報とトンヌラ問題 (20コメント)
  • 2020/02/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/01(土) (148コメント)
  • 2020/02/01 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    コベナンツで読み解く、韓国がウォン安を恐れる理由 (20コメント)
  • 2020/02/01 05:00 【韓国崩壊
    市場ではあたかも韓国が「一人負け」の様相を呈する (28コメント)
  • 2020/01/31 17:00 【時事|外交
    英国のEU最終日:生温かく英国を送り出すEU議会 (22コメント)
  • 2020/01/31 13:13 【時事|国内政治
    入国拒否などの政令前倒しの一方で台湾問題も浮上 (57コメント)
  • 2020/01/31 10:30 【時事|読者投稿
    【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い (135コメント)
  • 2020/01/31 05:00 【日韓スワップ|金融
    ウイルス蔓延と韓国ウォンの急落、そして通貨スワップ (10コメント)
  • 2020/01/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    南北経済協力で非核化努力を妨害する韓国政府 (16コメント)
  • 2020/01/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    予想どおり韓国へのフッ化水素輸出が量・金額とも増加 (4コメント)
  • 2020/01/30 08:00 【韓国崩壊
    日本が対韓経済制裁を保留する理由は「米国」にあり? (14コメント)
  • 2020/01/30 05:00 【国内政治
    野党が新型コロナウイルス対策の合同チーム立ち上げ (53コメント)
  • 2020/01/29 16:15 【時事|国内政治
    野党さん、お得意の武漢視察旅行に行かないのですか? (47コメント)
  • 2020/01/29 12:00 【時事|外交
    中央日報が自衛隊中東派遣を「日本にも利益」 (5コメント)
  • 2020/01/29 08:00 【時事|国内政治
    コロナウィルスよりも桜を見る会の方が大事な特定野党 (52コメント)
  • 2020/01/29 05:00 【韓国崩壊
    「米中からの往復ビンタ」、過去の失敗に学ばない韓国 (12コメント)
  • 2020/01/28 12:12 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本は通貨スワップを武器にせよ (24コメント)
  • 2020/01/28 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/28(火) (83コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。