昨日は1月1日ということもあり、自宅に年賀状が届いたという方も多いでしょうし、また、自分も年賀状を書いたという人もいると思います。ただ、私自身は、さる「やむを得ない理由」があり、今年分の年賀状を発送しませんでした(※その理由に関する個人的な事情を申し上げるつもりはありませんが…)。ただ、冷静に考えてみると、年賀状のやりとりは急速に減っているように思えます。年賀状とは、紙に近況を書いて旧友などに報告するという、日本の伝統行事のようなものですが、年賀状の減少をどう考えるべきでしょうか?

本文の前に:ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。詳しくは『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』もご参照ください。


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状 思いを馳せる 令和2年

(冒頭であらかじめお断りしておきますが、本稿は「数字による実証的な論考」というよりは、「個人的な体験と印象」を中心に書いた雑感のようなものですので、この点についてはお含みおきください。)

多くの日本人にとって、年末年始の風物詩といえば、「年賀状」ではないでしょうか。

新年に年賀状が届くように、年末になって慌てて年賀状を準備するという人もいる一方で、1月1日の朝、郵便ポストに年賀状が投函されるのが楽しみだという人も多いのではないかと思います。

ただ、今から1年以上前の「nippon.com」というウェブサイトに掲載された次の記事によると、年賀はがきの当初発行枚数が、2004年の44.6億枚を最盛期として、その後は減り続け、2019年(平成31年)の年賀はがきの発行枚数は24.2億枚に留まったのだそうです。

平成最後の年賀はがき、発行枚数は平成最低?:一等賞品、ミシンから現金30万円へと変遷(2018.11.08付 nippon.comより)

これについて2020年(令和2年)の状況がどうなっているのかを調べてみたものの、似たような記事が見当たらなかったのですが、それにしても昨年の時点ですでに最盛期と比べて46%も減少しているという事実が、年賀状のやりとりが急速に減っているという証拠ではないでしょうか。

年賀状を書かなかった正月

個人的な経験

さて、正直に打ち明けますと、私自身、今年は年賀状を1通も発送しませんでした(※いや、厳密にいえば「2020年1月1日に配達される予定の年賀状を1枚も出さなかった」という意味なので、ここは「今年は」、ではなく「昨年は」、でしょうか?)。

その理由は簡単で、年賀状を書いている暇がなかったのです(※といっても、なぜ「年賀状を書いている暇もなかったのか」については、純粋なプライベートの話題に属するものであるため、当ウェブサイトに記載するつもりはありません)。

ただ、結局、1枚も年賀状を書かないままで年を越してしまったことに対し、いくばくかの罪悪感もあったのですが、1月1日を迎えてもっと驚いたことがあります。

それは、自宅に届いた年賀状の枚数が、例年と比べて半分以下だった、という事実です。

いったい何があったのでしょうか。

「職場の年賀状」はどうですか?

あくまでも個人的な印象を申し上げますと、1990年代から2000年代に社会に出た人間であれば、「社会人なら親しい人とは年賀状をやり取りするのが常識だ」、と教え込まれてきたのではないかと思いますし、中学・高校のころから友人と年賀状のやりとりを始めているという人も多かったのではないでしょうか。

実際、この世代だと、子供時代に「お父さん宛てに来る年賀状は100~200枚だった」という経験をした人は多いでしょうし、会社や役所でそれなりの役職に就いている人であれば、500枚、いや、下手をすれば1000枚という年賀状を受け取っている人もいたでしょう。

ただ、これもあくまでも個人的な経験で恐縮ですが、父親に来ていた毎年200枚の年賀状のうち、7割は職場関係(職場の上司、部下など)で、3割が友人関係や親戚関係だったのではないかと記憶しています。

そして、私自身が社会に出たのは前世紀末のタイミングであり、たしかに当初は職場関係で数十枚の年賀状のやりとりをしていた記憶があります。実際、当時の職場では、年賀状などを目的に他の職員の住所を書いたリストを手渡されたほどです(※いまとなっては信じられませんね!)。

もっとも、その後、2000年代に入り、個人情報保護法が成立した前後あたりから、当時の職場では「職員同士の年賀状のやりとりを自粛しましょう」という通達が流れ、職員の住所に関するリストも流通が停止されました。

もちろん、職場の同期や後輩などが結婚式を開くと称して、招待状のやり取りのために個人の住所を交換し、その後、年賀状のやり取りにつながるというケースもありましたが、「同じ職場だ」というだけの理由で大々的に年賀状をやり取りするということは、2010年代にはすっかりなくなったのではないでしょうか。

(※職場で年賀状をやり取りする風習が残っているという人もいると思いますが、少なくとも私自身が経験した職場では、2000年代後半から2010年代前半には、そのような風習は徐々に廃れて行ったのではないかと思います。)

簡単なシミュレーション

さて、先ほど「私たちのお父さんの世代だと、社会人なら100~200枚は年賀状のやりとりをしていたのではないか」、という話題を紹介しました。

これについては統計的な調査をしたわけではないので、決して正確な数値ではありませんし、「お父さんが100~200枚、年賀状のやりとりをしていたのなら、お母さんはどうだったのか?」という疑問も浮かんでくるのですが、こうした細かい疑問はとりあえず無視するとしましょう。

さて、先ほどは「あくまでも印象論」という断りを入れたうえではありますが、年賀状のざっくり7割は職場関係、残り3割が親戚や友人だ、という仮説を紹介しました。

仮に20世紀後半の平均的な社会人がやり取りする年賀状が200枚(つまり、年賀状を200枚送り、自分自身も年賀状を200枚受け取る、という状態)だったとして、「職場が7割」「残り3割が友人・親戚」「友人・親戚が同数」と仮定すれば、やり取りする年賀状は次のように計算できます。

  • 職場関係…140枚
  • 友人関係…30枚
  • 親戚関係…30枚

もちろん、親戚や友人の人数も人によって異なりますが、ここではざっくりと上記の枚数を毎年授受していたと仮定しましょう(※それに、この数値はさほど現実離れしたものでもないと思います)。

しかし、21世紀初頭に施行された個人情報保護法などの影響でしょうか、「職場関係」がゼロ枚になったと仮定すれば、同じ条件の社会人がやり取りする年賀状は、一気に60枚に減少するはずです。

  • 友人関係…30枚
  • 親戚関係…30枚

つまり、職場関係の140枚が消滅すれば、1人の社会人がやり取りする年賀状の枚数は一気に7割減となる、という計算です。

もちろん、世の中から職場関係の年賀状のやりとりが完全になくなっているわけではありませんし、法人関係では一部の業界を中心に、いまだに年賀状をやりとりする習慣が色濃く残っていますので、仕事関係の年賀状がいきなりゼロになるということはあり得ません。

これに加えて、世の中のすべての人が社会人であるとは限りませんので、個人間でやりとりされる年賀状の量が一気に7割圧縮される、という話ではありませんが、それでも年賀状のやりとりをする人の2人に1人が「平均的社会人」だったと仮定し、

職場関係の年賀状が消滅する

という現象が発生すれば、ざっくり世の中でやりとりされる年賀状は35%圧縮される計算です。

そうなると、冒頭で紹介した、「最盛期の2004年と比べ、2019年は年賀状の当初発行枚数が約46%減少した」という記事のうち、35%分についてはこれだけで説明が付きそうな気がします。

しかし、逆にいえば、のこり11%分については、「職場関連の年賀状のやりとりが少なくなったこと」だけでは説明が付きません。これを、どう考えるのが良いのでしょうか?

年賀状は廃れるのか?

職場と友人も自然消滅

さて、個人的な経験という点で申し上げるならば、私自身も前世紀末、職場関係、親戚関係、友人関係で、ざっくり80枚、年賀状のやりとりをしていました。内訳は職場関係が30枚、親戚・友人が50枚、といったところです。

しかし、前述の理由で職場関係の年賀状については徐々にやりとりがなくなり、また、親戚や友人との年賀状についても、徐々になくなってきました。

個人的には、「こちらから年賀状を送っているのに、2年連続して年賀状が来ない相手には、相手の負担感も考えて年賀状を送るのを控えよう」と思うようになったという事情もありますし、また、年賀状でしかつながっていない相手とは、やはり疎遠になってしまう傾向にあると思います。

これに加え、こちらも個人的な経験で恐縮ですが、親戚関係については高齢化に伴い、徐々に年賀状のやりとりがなくなってきた気がします。同世代のイトコとは法事などで会う機会もなくなり、また、法事を主催する人が高齢化するに従い、法事自体も開催されなくなり、疎遠になってしまうのです。

さらに、もともと仲が良い友人、最近になって新しくできた友人などの場合だと、日常的にメールやショートメッセージなどで繋がっているためでしょうかあるいはそもそも住所のやり取りをしていなかったりするためでしょうか、わざわざ年賀状をやり取りする必要性もない(あるいは年賀状のやりとりが不可能)、というケースもあります。

ふたを開けてみたら…!?

これも、冷静に考えたら、当たり前の話ですね。

上記のような事情もあり、ここ数年はこちらから発送する年賀状が40枚を割り込む一方、受け取る年賀状も30枚以下に減っていたのです。

個人的な体験を全体に当てはめるというのもやや強引ですが、先ほど申し上げたとおり、「説明が付かない11%部分」については、社会全体でデジタルデバイスが普及し、徐々に年賀状をやめる人が増えている、ということで、何となく説明が付きそうな気がします。

さて、冒頭に申し上げたとおり、私自身、今年はある事情により、どうしても年賀状を作成する時間が捻出できず、社会人になってからはじめて、「こちらから出す年賀状がゼロ枚」という快挙(!?)を達成したのです。

本当に申し訳ないという気持ちを抱えつつ、それでも例年、年賀状を下さる30人弱の皆さまにはどう言い訳をしようか、などと思い悩んでいたのですが、もっと驚いたのが、「こちらが受け取った年賀状も10枚少々に過ぎなかった」、という事実です。

このくらいの枚数なら、今年年賀状を下さった方に非礼を詫びたうえで、少し遅れて年賀状を送るというのも十分に可能ですし、後述するように、年賀状以外の手段で連絡を取ることも可能です。

また、思ったよりも受け取った賀状が少なかったというのは、偶然でしょうか、2020年を契機に年賀状の発送をやめた人が自分の知り合いに以外とたくさんいたということでもあります。すなわち、「案じるより産むがやすし」、ですね。

冷静に考えてみれば、これはこれで良いことなのかもしれません。

近年、スマートフォンなどのデジタルデバイスが普及したことで、仲が良い友人や親戚とは、折に触れ、電話、ショートメッセージ、メール等で連絡を取り合っていますし、逆にいえばそれらのメッセージのやり取りをしていない人たちというのは、結局、疎遠な関係だ、ということでもあります。

あるいは、疎遠になるのが嫌なら、改めて電話やメールなどの手段で連絡を試みてみても良いかもしれません。

むしろ高齢者に広がる「年賀状の卒業」

ただ、普通の友人や親戚についてはそれで良いのですが、「デジタルデバイスから縁遠い高齢者層」に対しても年賀状を送るのをやめてしまって良いのか、という疑問を感じてしまいます。

とくに、遠方に暮らす高齢の親類や学生時代の恩師に対しては、近況を書状で伝えるというのは良いことだと自分で勝手に思い込んでいたのですが、昨日、年賀状を送らなかった相手のひとりに電話で近況を尋ねたところ、非常におもしろい話を聞くことが出来ました。

それは、「高齢者の間でこそ、積極的に年賀状のやりとりをやめる動きが広まっている」、というのです。

ここではその人物をAさんとでもしておきましょう(文中に少しだけフェイクを入れます)。

今年90歳になるAさんは、数年前、高齢の夫を「老老介護」の末に亡くしたのですが、その際、100坪近い一戸建ての自宅を売り払って介護サービス付きマンションに移り住もうとしたものの、ちょうど「アベノミクス」による駅前の地価高騰によって、目当てのマンションに入居できず、いまだに100坪の豪邸(?)で独り暮らしです。

ただ、昨日このAさんと電話で話をした限りだと、90歳という年齢を感じさせないほどハツラツとしていて、声にも張りがあましたし、実際、本人談によれば、坂道だろうがなんだろうがスタスタ歩くこともできるし、内臓系の疾患等もとくになく、目も耳もハッキリしているという「超健康体」だそうです。

そのAさんは、小学校出身の同級生ら(Aさんいわく「周りの婆ども」)といまだに仲が良く、毎月のように、温泉だ、神社仏閣だ、と、友達同士で連れ立って小旅行に出かけているということであり、「歩けるうちに歩かなくっちゃね!」と張り切っているそうです。

素敵な老後ですね。

そんなAさん、年賀状に話が及ぶと、

私は周りの婆どもと申し合わせて、もう年賀状を送るのをやめたの。だって、古臭いし、面倒臭いもん。

と切り出したのです。

「高齢者ほど年賀状に拘泥しているに違いない」と思い込んでいた自分としては、新鮮な衝撃を受けました。というのも、社会的には「高齢者」と定義されるAさん自身が、年賀状を「古臭い」「面倒臭い」と言い出すとは思ってもいなかったからです。

もちろん、齢九十にしてスマートフォンを使いこなす素敵なAさんやそのご友人(つまり「周りの婆ども」)が日本の高齢者を代表しているという保証はありませんが、それでも、確かに自分自身の経験に照らしても、ここ数年は高齢者が率先して「年賀状からの卒業」を宣言していたような気がします。

もっと連絡を取りましょうよ!

ただ、個人的には「年賀状なんて時代遅れだからやめてしまえ」、と主張するつもりはありません。

というのも、手書き(あるいは手作り)の年賀状をやり取りするというのには、独特の温かみもありますし、また、久しく会っていない人たちの近況を知ることができるという意味では、非常に良い日本の伝統行事だと思う人もいるでしょう。

さらに、年賀状自体は日本独自の慣習だといわれていますが、欧米諸国ではクリスマスカードのやり取りをする習慣が残っていますし、綺麗なクリスマスカードをもらうと嬉しかったりもします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、今年、年賀状を1枚も書いていない人間に偉そうな高説を垂れる資格があるのかという点はともかくとして、個人的には、今後は次のようにしていこうと思います。

  • 本当に大事な友人、親戚などには、自分や家族の近況を伝えるうえで、節目節目に年賀状、暑中見舞いなどを送る。
  • 長く連絡を取っておらず、年賀状だけの付き合いになってしまっている友人とは、年賀状をやめても、折に触れて電話したり、メールしたり、あるいは直接会ったりするように努める。
  • 職場関連など、「義理」の付き合いの年賀状は控える。

もちろん、これはあくまでも個人的な方針です。

これについて、

年賀状だけの付き合いになってしまっている友人とは、年賀状のやりとりをやめてしまえば、つながりが切れてしまいかねない

という批判があることは承知しているのですが、ただ、年賀状だけのやり取りになってしまっている友人がいるならば、逆に、「もう一歩踏み込む」というのも大事ではないかと思う次第です。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (18コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (4コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (17コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (30コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (15コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (47コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (23コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (38コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (87コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)
  • 2020/06/12 11:00 【時事|金融
    日本が6割、韓国が3位に浮上=米ドル為替スワップ (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。