最近は少し「時事ネタ」が続いていましたので、本稿では久しぶりに、少しだけ時事ネタから離れて、観光統計について触れておきたいと思います。当ウェブサイトでは以前から日中韓の人的交流についての統計データを追いかけていますが、最近、中国が入国統計の公表をやめてしまったらしく、現在では日韓両国の統計のみを眺めています。日韓ともに2019年上半期の統計データが揃ったので、久しぶりにこれらについて分析してみたいと思います。ただし、統計データ自体は非常にさまざまな角度から分析が可能であり、それなりに論点もたくさんあります。そこで、まず本稿では日本のデータから眺めていきましょう。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日中韓の人的交流

以前から当ウェブサイトでは、日中韓3ヵ国の人的往来についての統計を追いかけています。

といっても、一般に各国が公表している統計は、「いつ、どこの国から自国にやってきたか」というものであり、「いつ、どこの国に自国民が渡航したか」、という統計はありません。

たとえば、「2019年6月に日本にやってきた国籍別の外国人の数」については、日本政府観光局(JNTO)などが公表している統計を見れば調べられますが、「2019年6月に日本人がどこの国に出掛けたか」については、相手国の統計を見なければわかりません。

その理由は、出国の際に「どこの国に渡航するか」を申告する必要はないからです。

海外旅行に出かけたことがある方ならわかると思いますが、出国審査の際に渡航先は尋ねられませんし、実際、出国先を申告したとしても、その人が渡航先からさらに第三国に行けば、その渡航先を追いかけることは、まったく不可能です。

私自身も学生時代や独身時代には、しょっちゅう格安航空券を買っては海外に出掛けていたのですが、その際に使ったテクニックが「第三国を経由する便」です。

たとえば、ヨーロッパに行くのに、直行便ではなく、香港などを経由すると安くなることがあります。香港までのチケットと、香港からパリまでのチケットをバラバラに買えば、日本からの直行便よりも安く上がり、さらには途中の香港で観光も楽しめるため、一石二鳥、というわけです。

逆にいえば、統計を読む際、「日本人がどこの国に出掛けたか」というデータを得ることができない、ということでもあります。ウェブ評論家という立場になってからは、このことには随分と困っています。

「日中韓3ヵ国の人的交流」を見るうえでは、

  • ①日本を訪れた中国人
  • ②日本を訪れた韓国人
  • ③中国を訪れた日本人
  • ④中国を訪れた韓国人
  • ⑤韓国を訪れた日本人
  • ⑥韓国を訪れた中国人

という6つのデータ系列が必要なのですが、最近は中国が自国に入国した外国人の統計を公表していないらしく、③と④については最新データが手に入らなくなってしまったのです。やむなく現在は、①~②と⑤~⑥をベースに、間接的に日中韓の交流を探る、というスタイルに変化しています。

日本政府観光局(JNTO)データ

本稿で触れるのは、①、②を含めた日本の観光に関する最新データです。

日本政府観光局(JNTO)が公表している『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』がいちばん使いやすいでしょう。現時点までで、2003年から2019年6月までの16年6ヵ月分のデータをエクセルファイル形式で入手することができます。

ただし、観光シーズンの問題もあり、入国者数は毎月大きく変動します(図表1)。

図表1 日本に入国した外国人(国籍別、月別、2015年12月以降)(縦軸:百万人)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成)

ただ、この図表だと、何となくトレンドとして日本に入国している外国人が増えているようにも見えるのですが、毎月の変動が大きすぎ、どうも比較し辛いと思います。

(※ちなみに図表1で、2019年5月と6月の「北アメリカ計」と「ヨーロッパ計」がゼロになっている理由は、データが速報値であり、北米と欧州に関しては国別詳細がまだ集計されていないからであり、これはいつものことです。)

そこで、当ウェブサイトで好む手法が、「その月までの12ヵ月分を集計した数値」、つまり1年間の移動平均値の数値の推移を見る方法です。

たとえば、「2019年6月」に、その月を含めた直近の12ヵ月分の数値を含める、という手法であり、この方法に従えば、

  • 2019年6月…2018年7月~2019年6月の12ヵ月間
  • 2019年5月…2018年6月~2019年5月の12ヵ月間
  • 2019年4月…2018年5月~2019年4月の12ヵ月間
  • 2019年3月…2018年4月~2019年3月の12ヵ月間
  • 2019年2月…2018年3月~2019年2月の12ヵ月間
  • 2019年1月…2018年2月~2019年1月の12ヵ月間

といった具合です。この方法で推移を取ったものが、次の図表2です。

図表2 日本に入国した外国人(国籍別、12ヵ月集計値、2004年6月以降)(縦軸:百万人)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成)

いかがでしょうか。これだと、ずいぶんとわかりやすくなりますね。

図表2で見ると、入国者の総数は2013年11月に1000万人を超え、2016年1月に2000万人を超え、2018年4月に3000万人を超えていることがわかりますが、その後、入国者数の伸び率は鈍化しています。もう少しわかりやすく、図表2の前月比増減と増減率をグラフ化しておきましょう(図表3)。

図表3 日本に入国した外国人数の増減と増減率(12ヵ月集計値、2004年6月以降)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成)

増減率でいえば、リーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機(とくに2008年9月以降の1年間)や、東日本大震災発生直後(とくに2011年3月以降の1年間)の減少幅が大きく、その直後には反動で増加していることがわかります。

ただ、「中国人による爆買い」が話題に上り始めた2015年3月ごろから、日本に入国する外国人数は大きく増加し始め、2018年6月頃まで強く伸び続けていたのですが、こうした傾向は2018年9月になり、68ヵ月ぶりにマイナスに落ち込んだことで反転。

その後は日本に入国する外国人数の伸びは落ち着き、だいたい3000万人台で推移している情きょづあと考えればわかりやすいでしょう。

日本に入国した外国人はおおきく6カテゴリ

日本に入国する外国人(2018年7月~2019年6月の12ヵ月間)を国籍別に分類したものが、次の図表4です。

図表4 訪日外国人国籍別シェア(2019年6月までの12ヵ月間)
区分人数シェア
中国8,856,10027.74%
韓国7,385,27923.13%
台湾4,732,32114.82%
香港2,195,0196.88%
ヨーロッパ計1,508,8314.73%
北アメリカ計1,653,0065.18%
その他・未集計5,595,81917.53%
総数31,926,375100.00%

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成。ただし、欧州と北米については5月分、6月分の数値がゼロであるため、実態よりシェアが低く出ている)

これでわかるとおり、日本に入国する外国人の国籍は、大きく「▼中国、▼韓国、▼台湾、▼香港、▼欧州、▼北米」の6つのカテゴリーでだいたい説明がつきます(ほかにもタイ、豪州のように、年間数十万人が日本にやってくる国もありますが…)。

やはり圧倒的に大きなシェアを占めているのは中韓台港の4ヵ国です。

とくに、香港、台湾はいずれも親日国であり、人口2000万人の台湾からは500万人近く(つまり人口の4分の1近く)が、700万人程度の香港からは200万人(つまり人口の3分の1近く)が日本を訪れてくれているというのは、意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

韓国、台湾、香港からの入国者数が減少

ところで、国別でみると、意外なことに、これら6地域のうちアジアについては、中国を除く3ヵ国で前年比マイナスとなっています。ここで、詳細を眺めてみましょう。

図表5 訪日外国人の国籍別変化(2018年6月までの12ヵ月間と2019年6月までの12ヵ月間の変化)
区分2018年→2019年変化
中国8,130,650→8,856,100+725,450(+8.92%)
韓国7,760,630→7,385,279-375,351(-4.84%)
台湾4,781,795→4,732,321-49,474(-1.03%)
香港2,258,834→2,195,019-63,815(-2.83%)
ヨーロッパ計1,622,070→1,508,831-113,239(-6.98%)
北アメリカ計1,851,108→1,653,006-198,102(-10.70%)
その他・未集計4,427,817→5,595,819+1,168,002(+26.38%)
総数30,832,904→31,926,375+1,093,471(+3.55%)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成。ただし、欧州と北米については2019年5月分、6月分の数値がゼロであるため、実態より数値が低く出ている)

早い話が、中国を除くほかの国からの訪日旅客数が、いっせいに減少しているのです。

とくに減少率が大きいのは韓国(▲4.84%)ですが、ほかにも台湾や香港などからの旅客数も落ち込んでいます(ただし、欧州と北米については、2019年5月分と6月分が加算されていないため、これらの数値が確定すれば、前年比で微増となっている可能性はあります)。

ここでは、さきほどの6地域について、北米と欧州を除き、残り4ヵ国について、改めて入国者数の推移をグラフ化しておきましょう(図表6)。

図表6 入国者数推移(2013年6月以降、12ヵ月集計値、縦軸:百万人)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)公表データより著者作成)

この点、韓国からの入国者数の落ち込みが大きい理由は定かではありません。この点、「日韓関係が悪化したことが韓国からの入国者減少の要因だ」といった説明を聞くこともあるのですが、韓国からの入国者は2018年6月をピークに減少傾向に転じていることから、この説明は正しいとは言い切れません。

むしろ、香港や台湾からの入国者数についても横ばいになっていることから、日本に近接するアジア4ヵ国のうち、香港、台湾、韓国の3ヵ国に関しては、単純に日本観光の需要が一巡しただけではないかとも思えます。

一方、アジア4ヵ国のなかで、唯一伸び続けているのが中国であり、ほかにもグラフには示していませんが、北米や欧州も地道に少しずつ伸びています(なお、グラフに示していない理由は、北米と欧州については2019年5月、6月分のデータがないためです)。

ビザ免除国

さて、アジアには中国、香港、台湾、韓国以外にもたくさんの国があるはずですが、それら以外の国からの観光客が少ないのには、理由があります。それは、日本に観光に訪れる外国人には、1つの大きなハードルがあるからです。

それが「入国ビザ(査証)」です。

基本的にはビザが必要な出身国・地域の人は、日本に入国するためには事前にビザを取得する必要がありますが、中国の場合は沖縄県や東北3県などを訪れて宿泊した場合、「3年間有効で1回あたり30日滞在可能」というビザが交付されるなどの優遇措置が取られています。

一方、2017年7月時点で、日本が観光目的・短期商用目的などの場合にビザなし渡航を許可している国は68ヵ国ありますが、アジアでビザなしが認められているのは、次の9ヵ国です(図表7)。

図表7 日本がビザを免除している対象国(アジア)
滞在可能期間備考
インドネシア15日ICAO標準のIC旅券を所持し、IC旅券の登録などが必要
シンガポール90日
タイ15日ICAO標準のIC旅券を所持することが必要
マレーシア90日ICAO標準のIC旅券を所持することが必要であり、それ以外の場合は厳格な入国審査が行われる
ブルネイ15日
韓国90日
台湾90日身分証番号が記載された台湾護照(旅券)を所持することが必要
香港90日香港居住権所持者に限る
マカオ90日マカオ特別行政区旅券所持者に限る

(【出所】外務省『ビザ免除国・地域(短期滞在)』より著者作成)

アジアで日本への入国ビザ取得が免除されている国が9ヵ国しかないというのも興味深いところですが、ビザ免除が認められていても、インドネシア、タイ、ブルネイの場合は15日間しか滞在できませんし、また、その他の国についても、パスポート要件が厳しく、ビザ取得が必要なケースもあるとされています。

結果的に、日本からの距離の近さとビザ要件の兼ね合いから、日本に渡航しやすい国は、香港、台湾、韓国などに限られる、というわけです。

ただし、たとえば韓国の場合、ビザなしで滞在できる期間が現状では90日間ですが、中国の場合は日本への入国要件が厳しく、数次ビザでも1回の滞在期間が30日とされています。

観光業に対する配慮という点からは、たとえば韓国に対する観光ビザ免除制度自体は維持したうえで、滞在可能期間を短縮する、入国審査を厳格化する、といった対応も、これから現実のものとなってくるのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (23コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (46コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (43コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (35コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (11コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (49コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (11コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (14コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (42コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (46コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (135コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (99コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (38コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (66コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (14コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (43コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (45コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (39コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (55コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (226コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)
  • 2019/10/29 10:10 【時事|韓国崩壊
    改めて「日韓共同経済基金案構想」について考えてみる (38コメント)
  • 2019/10/29 07:00 【マスメディア論
    「7割弱が日韓改善必要なし」?世論調査をどう使うか (25コメント)
  • 2019/10/29 05:00 【国内政治
    女性天皇と女系天皇を混同させるオールドメディアの罪 (48コメント)
  • 2019/10/29 00:35 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日韓両政府が元徴用工問題で経済基金案検討」 (33コメント)
  • 2019/10/28 14:00 【時事|国内政治
    自分がやったら表現の自由、他人がやれば差別とヘイト (53コメント)
  • 2019/10/28 10:00 【時事|韓国崩壊
    米国が「韓国に対して」GSOMIA破棄の再考を促す (37コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。