<用語集>ナッツ・リターン事件

事件の概要

大韓航空の趙顕●(ちょう・けんが、●は女へんに「我」)副社長(40)(=当時)が2014年12月5日(金)、ニューヨーク・JFKを韓国に向けて飛び立とうとしていた大韓航空便に、客としてファーストクラスに搭乗した際、乗務員のナッツの提供サービスに激怒し、その乗務員の上司である事務長に対して降機を命じたという事件。同機は離陸のために既に滑走路に向けて移動していたが、いったん搭乗口に引き返し、事務長を下してから出発した。なお、事件を起こした副社長は後日、韓国内で起訴され、有罪判決を受けている。

事件の異例さ

  • いかにファーストクラスであるとはいえ、客が乗務員を怒鳴りつけるのは異例
  • この乗客は航空会社の副社長という地位にあった
  • 航空法上、機長ではない人間が乗務員に降機を命じる権限はない
  • トラブルの原因はおよそ250名の乗客に対し、一切説明されることはなかった

同族経営

大韓航空とは「ナショナル・フラッグ」、すなわち、いわば国を代表するエアラインであるが、そのような会社が事実上「同族経営の財閥」に属していることは大きな特徴である。40代の彼女が副社長の地位に就いたのも、彼女が財閥の経営者一族であるためと考えられる。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

韓国の経済危機と金融