今年に入ってから日本政府が韓国に対し、従来にない強硬姿勢を示したことなどを受け、日韓関係が大きく動いています。これを受けて、当ウェブサイトでも連日、「時事ネタ」をベースとした議論を続けてきました。ただ、ここで「そもそも論」に立ち返り、私たち日本人一人ひとりが、日韓関係や日本の将来についてしっかりと考えることが大事です。そこで本日は、ある一冊の「問題作」を題材に、日韓関係の将来性を巡る、一つの「思考実験」にお付き合いください。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?
    ―――2017/05/09 09:30 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国
    ―――2017/05/09 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 金融リーダーシップを狙う日本
    ―――2017/05/08 00:00 (日韓スワップ|金融) 1コメント
  • ニコニコ顔の麻生副総理と仏頂面の中国財相
    ―――2017/05/07 20:00 (時事) 1コメント
  • ADBとAIIBの「役割分担」の時代
    ―――2017/05/07 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIBと通貨スワップ・最新版
    ―――2017/05/06 17:30 (RMB|日韓スワップ|金融) 3コメント
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    問題作『誅韓論』を読む

    本日は普段とやや趣向を変えて、一つの思考実験として、興味深い書籍を紹介したいと思います。
    誅韓論 (晋遊舎新書 S18)

    書名は『誅韓論』(ちゅうかんろん)、著者は「日本戦略ブレイン」だそうです。

    不穏当なタイトルと内容

    この書籍、「天誅」などに使われる「誅」の文字を用いていて、タイトルからして不穏当です。書籍の内容について、リード文を紹介しますと:

    日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!

    とあります。本書の主張内容を4行で簡単にまとめてみます。

    • 韓国は既に対日非正規戦を始めた現役テロ国家だ
    • その一方で、現在の米国は既に韓国を「守るべき価値のある同盟国」とはみなしていない
    • 長い目で見て中韓両国の一体化は避けられない
    • ならば日本の役割は、日清戦争開始以前の状態に「原状回復」することだ

    …。いかがでしょうか?随分と過激な主張ですね。

    類書との違い

    私自身、住居も事務所も新宿にあるため、暇ができると新宿の書店に出掛け、店頭で「売れ筋」の本をチェックするのですが、じつは、この書籍については書店で見たことがありません。私はこの本をアマゾンで見つけて購入したのです。

    なぜ書店で取扱いがないのでしょうか?

    その大きな理由は、やはり、内容が「過激だから」、ではないでしょうか?

    2012年8月に、当時の韓国大統領だった李明博(り・めいはく)が日本領・島根県竹島に不法上陸した直後から、日本国内では間違いなく嫌韓感情が強まり、現にそれ以降、書店の店頭でも「嫌韓本」を多く見かけるようになりました。

    これらの「嫌韓本」の多くは、韓国がいかに日本を嫌っているか、あるいは韓国がいかに日本に対して非礼を働いているか、といった事例を集めたものです。しかし、この『誅韓論』には、それらの多くの「嫌韓本」と決定的に異なるところがあります。それは、「日本がどう行動すべきか」について、明確に記載している、という点です。

    『誅韓論』でも、第1章では類書と同じく、「韓国の日本に対する敵対行為」が指摘されていますが、これらはあくまでも「議論の前提」に過ぎません。本書の価値は、韓国がいかに「邪悪な意図」をもっているかという説明と東アジア情勢の現状分析を踏まえたうえで、最終章において

    子どもたちの未来を守るためには韓国を潰すしかない

    と結論付けています。何とも過激な主張です。これでは確かに「本屋さん」には置けませんね(笑)

    ただ、日韓関係の先行きを巡って、日本人・日本社会でコンセンサスが形成されているとは言い難い中で、本書は、一種の思考実験(あるいは「議論のたたき台」)としては非常に興味深いものです。

    「慰安婦問題」をどう取り上げているか?

    ところで、この本が刊行されたのは2014年8月20日のことですが、その後、どうなったのでしょうか?

    本書では最終章で、「2016年、日本は韓国との戦争が可能になっている」と主張していますが、残念ながら現実はそうなっていません。実際には、2015年12月28日には「慰安婦に関する日韓合意」、2016年7月には米韓両国が「在韓米軍へのTHAAD配備」、同11月には「日韓包括軍事情報保護協定(GSOMIA)」が締結され、米韓関係・日韓関係は、むしろ強化されました。

    つまり、本書の提言は、現実社会ではそれほど顧みられていないのが実情といえます。

    ただ、日韓関係を巡っては、本書の想定より遅れたものの、やはり大きな動きがありました。というのも、昨年12月28日に、釜山の日本領事館前に新たな慰安婦像が設置され、今年に入って日本政府は駐韓大使の一時帰国などの「対抗措置」を取ったからです。

    このように考えていくと、やはり一昨年前に安倍政権が「日本人の名誉」を犠牲にしてまで締結した「日韓慰安婦合意」の愚かさを再認識せざるを得ません。

    では、本書では慰安婦問題を、どうとらえているのでしょうか?

    言うまでもなく、慰安婦問題とは朝日新聞社と植村隆が捏造し、韓国国民と歴代の韓国政府が尾ひれを付けてきた、「日本軍が朝鮮半島で20万人の少女を組織的に拉致し、戦場で性奴隷にした」とされる与太話です。だいいち、日本軍がそこまでの行為を行ったのなら、日本軍・日本政府から命令書が1枚も出てこないばかりか、米国で3000万ドル以上の資金を投じて取りまとめられた「IWG報告」でも、「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏付ける米側の政府・軍の資料は1点も発見されなかった(2014年11月27日付・産経ニュース『米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに』)ことは、不思議というしかありません。

    この点、本書では慰安婦問題について、次のように述べています(同P59)。

    「『娘が日本軍に誘拐された』と訴え出た家族は、戦中はおろか戦後も誰一人として現れていない」

    「にも関わらず、韓国人はその『光景』を映画やドラマや漫画などで捏造し、内外で『性奴隷問題』や『アジアのホロコースト』として喧伝している」

    「日本人という一民族を標的として実行している『誣告犯罪』であり、極めて陰険で邪悪なテロである。『ユダヤ人がキリスト教徒の赤ん坊を誘拐して殺している』というウソよりも、さらに悪質で卑劣な、およそ他民族に対する最悪のヘイトクライムである」

    この指摘については、私もほぼ同感です。本書の刊行とほぼ時を同じくして、朝日新聞社は2014年8月5日、文筆家の吉田清治の証言をベースに植村隆が執筆した記事を「虚偽があった」として撤回しましたが、韓国は依然として、これが「捏造である」という事実を認めていません。

    そればかりでなく、2015年12月28日には、愚かにも安倍政権は慰安婦問題が「事実」であるかの前提を置いて、韓国に対して10億円の資金を支払うことで合意してしまったのです。

    安倍総理ご自身が、日韓合意の以前にこの書籍を読んでいたとすれば、そのように愚かな決断をすることはなかったかもしれません。

    韓国の「邪悪な野望」

    もう一つ、本書から「韓国が抱く邪悪な野望」の例を取り上げておきましょう。

    2011年3月に、日本では東日本大震災が発生。福島第一原発が水素爆発を起こすという大惨事を招きました(ただし、爆破したのは当時の日本の首相・菅直人です)。この時に韓国大統領だった李明博は、この日本の原発事故を見て、

    日本の原発産業を壊滅に追い込み、自らその地位に取って代わろうとしていた

    と判断したという、恐ろしい仮説を提示しています(同P28)。

    筆者は、李明博が「経済大統領」として、韓国の原発産業を育成するために、手っ取り早く

    • 日本の原発産業を壊滅に追い込み、行き場を失った大量の日本人技術者と最新技術をごっそりと手に入れる
    • 日本が原発を全廃して電力不足に陥る一方、韓国が急ピッチで原発を増設することで生まれる余剰電力を韓国から日本に輸出することで、日本経済の首根っこを押さえる
    • 原発に代わるエネルギーとしてメガソーラーなどに対する電力買取を制度化し、韓国製パネルの販路を拡大する
    • ウラン濃縮と使用済み核燃料の再処理ができる国へと昇格する

    という、具合に、日本の原発事故を「一粒で四度おいしい」(同P30)結果をもたらす千載一遇のチャンスとして活用しようとしていたと指摘しています。

    実際、本書の指摘では、韓国政府はKCIAやその傘下にある在日組織・日本の左派系の著名人や市民団体などを通じて、反原発運動を盛り上げようとしていたと述べています(同P31)。ただ、旧来のメディアや言論人・著名人の発信は「明らかに反原発に偏っていた」ものの、日本の産業界や国民の抵抗は「意外なほど強く」、「国民の7~8割は頑として(原発の)『即時全廃』を拒絶し続けた」(同P32)ため、こうした反原発運動は頓挫したとしています。

    ただし、この一連の「反原発運動と韓国とのつながり」や「李明博の野望」については、本書では明確な根拠は示されていません。この点については割り引いて考える必要はありそうです。

    日韓関係をどうとらえるべきか?

    以上、『誅韓論』という書籍のごく一部を紹介しましたが、これを踏まえて、私自身の考えについても述べておきたいと思います。

    日韓関係巡る「6つの類型」

    私は現在の日本国内の報道などから判断すると、日韓関係に関する日本側の考え方は、だいたい6つに集約されると思います(図表1)。

    図表1 日韓関係を巡る6類型
    カテゴリ 分類 概要
    日韓友好推進派 ①対等な日韓関係 日本は韓国と、価値を共有する対等な主権国家同士として、友誼を深め、ともに手を取り合って未来に向けて発展していくことを目指す考え方
    ②対韓配慮型関係 日本は過去の歴史問題などに多少は配慮し、謝るべきところは謝り、賠償するところは賠償するなどしつつも、韓国と対等な関係構築を目指す
    ③対韓追従型関係 韓国が求める「正しい歴史認識」を全面的に受け入れ、韓国が「もう良い」と言うまで全面的に謝り続ける
    日韓友好非推進派 ④韓国放置論 韓国が日本に対して突きつけてくる不当な要求を無視し、敢えて日韓関係の改善を先送りにする
    ⑤日韓断交論 韓国との関係を断ち切る
    ⑥誅韓論 韓国という国を、むしろ積極的に滅亡させる

    日韓友好論

    アンケート調査を取ったわけではありませんが、一昔前であれば、日本国民の大部分は、「外交関係はよくわからないが、みんな仲良くやっていけば良いのではないか?」などと軽く考えていたのではないでしょうか?この場合、①の考え方がマジョリティを占めるでしょう。あるいは、経済界や政界などでも、「日韓は対等な主権国家同士、ともに手を取り合って発展すべきだ」とする考え方は存在するでしょうし、オバマ政権時代のなど米国の考え方も、上記①に近いでしょう。つまり、「日本も韓国も米国の同盟国なのだから、仲良くやってくれよ」、というわけです。

    こうした①の考え方は、非常に無責任です。というのも、日本側がどんなに「対等に付き合おう」と提案したところで、肝心の韓国側が、上記①の考え方を拒絶しているからです。

    そこで、仕方なしに出てくるのが上記②の考え方です。

    これは、「円滑な日韓関係のためであれば、多少原理原則を曲げても、日本が譲るべきところは譲る」などの考え方で、私は、日本の外務省の中に、このような考え方を取る者が特に多いような印象があります。こうした考え方を、政府関係者やマス・メディア人らは「大人の対応」などと呼ぶことが多い気がしますが、私に言わせれば「外交事なかれ主義」です。また、2015年12月に安倍政権が行った「日韓慰安婦合意」も、短期的な外交目的(日韓関係の安定化)のために、日本人の名誉を犠牲にしたという意味で、上記②の類型に近いと思います。

    なお、③については、慰安婦問題を捏造した朝日新聞社を筆頭に、日本の左派メディアで広く見られる意見ですが、この考え方については検討する価値すらありませんので、ここでは無視します。

    (2017/01/15 09:05追記)自民党の二階幹事長の発言

    ※本節のみ追記です。

    上記②の考え方を取ると思われる「親韓派政治家」の考え方を、次の時事通信の報道に発見しました。発言者は自民党の二階幹事長です。

    駐韓大使帰任は17日以降=安倍首相帰国後に判断(2017/01/13-20:28付 時事通信より)

    私が注目するのは、この記事にある、次の下りです。

    自民党の二階俊博幹事長は13日(中略)、二階氏はTBSの番組収録で「短期間に解決することが第一目標だ。この事態を一日も早く解消して、友好に満ちた日韓関係をつくっていく努力が大事だ」と述べた。」(※赤太字は引用者による加工)

    つまり、二階氏は、慰安婦像問題や大使の一時帰国措置が、「友好に満ちた日韓関係」を作るうえで問題になっていると認識しているのです。ただ、私に言わせれば、二階氏の主張する「友好に満ちた日韓関係」という表現に、戦後の日本外交の間違いが集約されています。私は、この二階氏の発言にある、「友好に満ちた日韓関係を作ること」自体を外交の目的にするという考え方を受け入れることができません。

    以上、追記でした。

    日韓非友好論

    さて、現在の日韓関係を見ると、日韓友好論のうち①については最初から破綻しており、②についても日本国民のマジョリティから支持を失っていることはほぼ間違いありません(なお、③は論外)。

    そのように考えていくと、「もはや日本国民の多数は『日韓友好』を支持していない」、とする仮説に説得力はあるものの、問題は、「これからの日韓関係をどのように捉えれば良いのか?」については、国民のコンセンサスが取れているとは言い難い点にあります。

    昨年12月に公表された「外交に関する世論調査」によると、昨年11月時点で、韓国に「親しみを感じる」と答えた比率は37.8%、「親しみを感じない」と答えた比率は59.3%でした(図表2)。この比率は、2011年10月時点と比べて、ほぼ逆転しているという点についても、興味深いところです(図表3)。

    図表2 日本国民の対韓親近感

    図表3 日本国民の対韓感情は悪化で横ばい
    調査時点 親しみを感じる 親しみを感じない
    2011年10月 62.2% 35.3%
    2012年10月 39.2% 59.0%
    2014年10月 31.5% 66.4%
    2016年1月 33.0% 64.7%
    2016年11月 37.8% 59.3%

    ただ、日本国民の過半数が「韓国に対して親しみを感じていない」ことはわかりますが、そのうえで日本国民が「対韓関係をどうしたいのか」については、今一つ見えて来ません。

    これについても、別にアンケート調査を取ったわけではないにせよ、私の感覚としては、現在の日本国民の意見は上記④、つまり「韓国のことなど放っておけ」、とする考え方がマジョリティではないかと思います。そして、上記⑤(日韓断交論)は、ほんの少し前までは「極めて少数派」であり、上記⑥に至っては「極論」だったのではないかと思います。

    「日経」冠した大手メディアの「日韓断交論」

    ただ、釜山の慰安婦像設置問題は、さすがに多くの穏健派の日本国民に対しても、日韓関係の再考を迫る事件です。これについて、新春の「日経ビジネスオンライン」の人気シリーズ「早読み深読み朝鮮半島」に、次のような記事が掲載されています。

    2017年、日本が問われる「韓国の見捨て方」(2017年1月1日付 日経ビジネスオンラインより)

    記事の著者は、日本の「コリアウォッチャー」としては「第一人者」でもある、日本経済新聞社の鈴置高史編集委員です。記事の内容を私の文責で簡単にまとめると、「韓国で反米・反日政権が誕生することを契機に、うまく韓国を見捨てることで、不幸中の幸いにすべきだ」、という主張でしょう。

    私は、ついに「日経」という大看板を背負ったメディアにまで、「日韓断交論」が登場したことに、新春から驚いてしまいました。この鈴置編集委員の主張は、以前から私が主張してきた類型でいう⑤に近いと思います。

    再考に値する、本書の「提言」

    以上、日韓関係をどうとらえるかについて、ざっと振り返ってみました。そして、私が見たところ、6つの類型の中で、さすがに「日本が積極的に韓国を誅滅すべし」といった極論(上記⑥)については、保守派の中でもごく少数はであることは間違いありません。

    ただ、現状認識として、韓国が日本に対して極めて強い敵愾心を抱いているという事実、放っておけば慰安婦像が世界中で建立され、日本人の名誉が汚され続けるという見通しについては、日本人が共有しておくべきでしょう。

    もちろん、私個人としても、日本が積極的に韓国に対して戦争を仕掛けるべきだとか、核武装すべきだとか、そういった「極論」を支持することができるかといわれれば、それはそれで微妙です。ただ、「韓国との価値を共有した友好関係」の構築など非現実的ですし、また、日本が一方的に韓国に配慮するような関係も不健全です。

    そのように考えるならば、本書の「提言」が「あまりにも極論過ぎる」と思われない程度には、日本国内で韓国との付き合い方に関するコンセンサスが形成される必要があります。私は、上記④を主軸にしつつ、極論として⑤や⑥の意見が存在する、といった状況が、現実的な落としどころだと見ています。

    ただし、時として現実は「遥かに先を行く」状態になることだってあり得ます。特に、今週20日(金)に米国でトランプ政権が発足し、「日本にだけ我慢を強いる」ような不正常な米国のアジア外交にも修正が掛かることは間違いありません。

    その意味で、今週以降、しばらくは日韓関係から目が離せない展開が続きそうです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?
    ―――2017/05/09 09:30 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国
    ―――2017/05/09 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 金融リーダーシップを狙う日本
    ―――2017/05/08 00:00 (日韓スワップ|金融) 1コメント
  • ニコニコ顔の麻生副総理と仏頂面の中国財相
    ―――2017/05/07 20:00 (時事) 1コメント
  • ADBとAIIBの「役割分担」の時代
    ―――2017/05/07 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIBと通貨スワップ・最新版
    ―――2017/05/06 17:30 (RMB|日韓スワップ|金融) 3コメント
  • 人民元のお寒い現状
    ―――2017/05/06 00:00 (RMB|金融) 1コメント
  • 中国さん、米国さん、韓国は簡単に屈しますよ!
    ―――2017/05/05 21:30 (時事) 1コメント
  • 倒産という社会的鉄槌が必要な新聞とは?
    ―――2017/05/05 00:00 (マスメディア論) 5コメント
  • 「毒まんじゅう」仮説と日韓・米韓関係の終焉
    ―――2017/05/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】犯罪をなくす画期的な憲法私案・ほか
    ―――2017/05/03 16:45 (過去ブログ) 2コメント
  • 70年間放置されてきた欠陥憲法
    ―――2017/05/03 00:00 (国内政治) 12コメント
  • 内部から腐る自民党への危機感
    ―――2017/05/02 00:00 (国内政治)
  • 読者の皆様へ―お詫びとお知らせ
    ―――2017/05/01 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 反社会的組織の行く末
    ―――2017/04/30 00:00 (政治) 4コメント
  • 私の教育の「4つの方針」
    ―――2017/04/29 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか
    ―――2017/04/28 00:00 (政治その他) 4コメント
  • 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる!
    ―――2017/04/27 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言
    ―――2017/04/26 14:30 (時事|国内政治) 6コメント
  • 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機
    ―――2017/04/26 00:00 (韓国崩壊) 5コメント
  • 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国
    ―――2017/04/25 12:00 (時事|外交) 3コメント
  • 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ
    ―――2017/04/25 00:00 (外交) 2コメント
  • 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力
    ―――2017/04/24 20:30 (時事|外交) 4コメント
  • 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む
    ―――2017/04/24 00:00 (韓国崩壊) 2コメント
  • 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」
    ―――2017/04/23 00:00 (韓国崩壊) 7コメント
  • 保守について考える
    ―――2017/04/22 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」?
    ―――2017/04/21 06:00 (時事|韓国崩壊) 2コメント
  • 金融から見た中国の「3つの夢」
    ―――2017/04/21 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • 緊張感を欠いた韓国メディア報道
    ―――2017/04/20 07:00 (時事) 4コメント
  • 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか
    ―――2017/04/20 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚
    ―――2017/04/19 15:00 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民
    ―――2017/04/19 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 【訃報】渡部昇一先生を悼む
    ―――2017/04/18 09:45 (時事)
  • 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞
    ―――2017/04/18 00:00 (外交) 6コメント
  • トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か?
    ―――2017/04/17 00:00 (金融) 1コメント
  • またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
    ―――2017/04/16 00:00 (日韓スワップ|金融) 6コメント
  • 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて
    ―――2017/04/15 17:00 (時事|金融)
  • 民進党の危機はメディアの危機
    ―――2017/04/15 00:00 (マスメディア論) 4コメント
  • 日韓スワップ再開論
    ―――2017/04/14 16:00 (日韓スワップ|時事) 2コメント
  • 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来
    ―――2017/04/14 00:00 (韓国崩壊) 4コメント
  • 日本人の危機意識も捨てたものではない
    ―――2017/04/13 16:45 (時事) 3コメント
  • 韓国は友好国ではない
    ―――2017/04/13 08:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 通名問題と金融規制
    ―――2017/04/13 00:00 (金融) 2コメント
  • 「民進党ラーメン」、食べたいですか?
    ―――2017/04/12 00:00 (国内政治) 4コメント
  • シリア攻撃の振り返りとメディア雑感
    ―――2017/04/11 00:00 (外交) 3コメント
  • 外務省の不作為はもはや犯罪級
    ―――2017/04/10 16:15 (時事) 2コメント
  • フェイク・ニュース雑感
    ―――2017/04/10 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる
    ―――2017/04/09 00:00 (外交) 1コメント
  • 歴史を見る目
    ―――2017/04/08 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 唐突なシリア攻撃の意味
    ―――2017/04/07 13:15 (時事|外交) 4コメント
  • 資金循環統計を「きちんと」読む
    ―――2017/04/07 00:00 (金融) 1コメント
  • この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは…
    ―――2017/04/06 10:45 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ!
    ―――2017/04/06 00:00 (経済全般) 5コメント
  • 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を!
    ―――2017/04/05 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか
    ―――2017/04/04 15:00 (過去ブログ) 2コメント
  • 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
    ―――2017/04/04 08:45 (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 長嶺大使帰任と米中首脳会談
    ―――2017/04/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え?
    ―――2017/04/03 16:45 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス
    ―――2017/04/03 00:00 (外交) 3コメント
  • 慰安婦合意破棄後の日韓関係
    ―――2017/04/02 00:00 (韓国崩壊|外交) 5コメント
  • 室谷克実さんの韓国論が面白い!
    ―――2017/04/01 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕
    ―――2017/03/31 08:13 (政治) 2コメント
  • AIIBとISDAマスター・アグリーメント
    ―――2017/03/31 00:00 (RMB|金融)
  • 森友問題はマスゴミと野党の問題だ
    ―――2017/03/30 09:45 (時事|国内政治) 4コメント
  • 犯罪国家韓国と日本人への苦言
    ―――2017/03/30 00:00 (国内政治) 1コメント
  • 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か?
    ―――2017/03/29 21:34 (時事)
  • 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」
    ―――2017/03/29 18:30 (時事)
  • 歴史に沈む韓国
    ―――2017/03/29 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練
    ―――2017/03/28 18:00 (時事|外交) 1コメント
  • 粉飾も国家がやれば無問題?
    ―――2017/03/28 00:00 (金融) 4コメント
  • 森友問題は辻元問題?
    ―――2017/03/27 18:36 (時事|国内政治) 6コメント
  • 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火?
    ―――2017/03/27 08:30 (時事|国内政治) 2コメント
  • 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交
    ―――2017/03/27 00:00 (金融) 4コメント
  • 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)
    ―――2017/03/26 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識
    ―――2017/03/25 00:00 (経済全般) 4コメント
  • 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ
    ―――2017/03/24 16:00 (政治) 6コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告