利上げすれば家計が悲鳴…ウォン安を韓国はどう解決?

ついに1ドル=1300ウォンです。昨日の『韓国ウォン、13年ぶり場中1300ウォン/ドル突破』の続きですが、韓国銀行のデータベース上も、「13年ぶりの1300ウォン時代」の到来を確認することができます(もっとも、為替介入もあるようですが店外)。こうしたなか、「通貨防衛のために利上げをすれば借金漬けの家計が悲鳴を上げる」などの厳しい状況については、いったいどう折り合いをつけていくのか注目されるところです。

ついに1ドル=1300ウォン時代へ

昨日の『韓国ウォン、13年ぶり場中1300ウォン/ドル突破』でも「速報」的に取り上げたとおり、韓国の通貨・ウォンが下落傾向を続けています。韓国銀行の公式のデータに基づけば、昨日は日中最安値、引け値ともに1300ウォンの大台を突破しました。

USDKRWの相場(韓国時間引け値ベース)
  • 1997/12/23(火)…1962.00
  • 2009/03/02(月)…1570.30
  • 2009/07/13(月)…1315.00
  • 2009/07/14(火)…1293.00
  • 2022/06/21(火)…1293.60 ←約13年ぶりの安値水準
  • 2022/06/22(水)…1297.30 ←さらにウォン安が進行
  • 2022/06/23(木)…1301.80 ←終値ベースとして13年ぶりに1300ウォン突破

(【出所】為替相場については韓国銀行データベース)

USDKRWの相場(日中最安値ベース)
  • 1997/12/23(火)…1995.00
  • 2009/03/02(月)…1596.00
  • 2009/07/13(月)…1315.00
  • 2009/07/14(火)…1306.00
  • 2020/03/19(木)…1296.00 ←1300ウォンの大台を超えず踏みとどまる
  • 2022/06/21(火)…1294.00 ←まだ1300ウォンの大台を超えていない
  • 2022/06/22(水)…1297.90 ←前日より下落したが、まだ1300ウォンの大台を超えていない
  • 2022/06/23(木)…1302.80 ←1300ウォンの大台を突破

(【出所】為替相場については韓国銀行データベース)

典型的な「W」曲線が出現しているが…

ちなみに前回、1ドル=1300ウォンを記録していたのは、日中最安値ベースでは2009年7月14日、引け値ベースではその前日の13日のことでしたので、いわば、「13年ぶりの1300ウォン台」ということです。

ただし、引け値ベースでは2009年7月13日の1ドル=1315.00ウォン、日中最安値ベースでは同7月14日の1ドル=1306.00ウォンにはまだ到達していません。

また、韓国銀行のデータベースはあくまでも韓国の取引時間(午前9時から午後3時半)までのものしか収録されておらず、NDF市場などにおける夜間の取引については反映されていないなど、若干不正確であるという点については注意が必要でしょう。

この点、本日の為替相場はいったん1ドル=1301ウォンを突破したものの、買戻が入って瞬間的に1ドル=1300ウォンを割り込み、その後再び突破する、といった展開が続いています(先ほど1300ウォンを大きく割り込んでいるようですが…)。「上がって、下がって、また上がる」といった「W曲線」が生じているときは、たいていの場合、激しい介入が行われているようです。

「セルコリア」を警戒する中央日報

さて、13年ぶりの1ドル=1300ウォン実現を受けて、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には今朝、こんな記事が掲載されていました。

「セルコリア」で1ドル=1300ウォン台に…「1350ウォンまでウォン安も」

―――2022.06.24 08:18付 中央日報日本語版より

中央日報は、FRBの金融引締め観測に「景気沈滞の懸念が強ま」ったものであるとし、「物価が落ち着くまでウォン安・ドル高圧力が続く見通し」と指摘。「政府も口先介入したが、流れを防ぐには力不足だった」、などと述べています。

いきなりツッコミどころがあって驚きます。

「政府の口先介入」だけでなく、韓国は通貨当局がほぼ日常的に為替介入を行っているからです(『米国財務省が「韓国は為替介入を行っている」と認める』等参照)。

それはともかくとして、中央日報の記事では、ウォン安の原因について、ほかにもいくつかの点が挙げられています。

たとえば韓国経済の「輸出依存度が高い」という特性で、原材料価格の上昇などに基づく貿易赤字もウォン安に拍車をかけており、今年1-5月の貿易収支が78.5億ドルの赤字だった、などと指摘。また、韓国の証券投資のフローも減っており、1-5月の対内証券投資が2億ドルに過ぎなかったと述べています。

いずれにせよ、韓国経済の貿易依存度は日本と比べも非常に高く、ウォン安が進行すれば、物価高などに苦しむことになりかねません。また、韓国経済は日本やドイツなどからの「素材・部品・装備」の輸入に依存している部分もあるため、ウォン安で輸出企業が潤うのにも限界があります。

利上げをすれば家計が困る…さて、どうする?

さらに困ったことには、米韓で政策金利の差が縮まり、現在は1.75%で金利が並んでいるという状況です。今後、FRBがさらなる利上げに踏み切り、米韓金利差が逆転すれば、さらにウォン安が加速しかねません。これに対し、韓国銀行が利上げをすれば、「借金漬け」の家計が悲鳴を上げるかもしれません。

日韓通貨スワップ、米韓為替スワップなどの「安全弁」が存在しない中、韓国がこうした困難な状況をどうやって自力で解決していくのかについては、注意深く見守ってみても面白いかもしれません。

読者コメント一覧

  1. ちょろんぼ より:

    利上げしても南国の家計は大丈夫ですよ。
    お得意の徳政令を出せばよいのですから。
    しかも、今年は「大統領みたいな人」が交代した訳ですから
    徳政令を出すには十分な名分があります。
    戦国時代、武田信玄は徳政令を出す為に、父親を駿河に
    追い出す必要がありましたので、南国がやってもイイデスよね。

    そう言えば遥かな昔、日本国債をヘッジファンドが売り浴びせした時も
    ウォンが対ドルで良い値になったかと思います。
    今年もヘッジファンドが日本国債を売り浴びせ始めたと
    聞きますので、ウォンも又良い値になるのでしょうね。
    (武田信玄の名を出したので、戦国時代にGO!!)

    1. 伊江太 より:

      ちょろんぼ様

      >お得意の徳政令を出せばよい

      これだけ社会のすみずみまで借金が積み上がった末のことですから、何々政策と名付けようが、実質徳政令の実施は避けられないかもですね。

      国内債務の帳消しは、財の消失→国民等しく窮乏化の受忍で、まあ何とか辻褄を合わせることはできるかも知れませんが、対外債務についてはまさかそんな荒っぽいこともできないでしょう。と言って、IMF危機のときみたいに、将来の成長を見込んで外国資本が国内企業の株式を大量買収して救済してくれることなんかが、果たして今度も期待できるのか?そこのところは疑問。

      >戦国時代にGO!

      待ってる未来は「ベネズエラ化」じゃなくって、「ソマリア化」ってこと?(笑)
      いずれにしても、日本としては水際対策の強化が喫緊の課題になりますね。

      1. より:

        海外の投資家は、当然ローンスター事件の顛末を知っているはずなので、救済どころか、毟り取る対象としてすら見てもらえないでしょうね。

  2. ライダイハン より:

    一度、韓国政府は、マーケによるウォンの真の価値を確認するため、1週間一切介入を止めてみるのはどうだろう?そうすれば、今後為替介入に必要なドルの総額が推定できるけど。

  3. カズ より:

    政策金利と市中金利のツートラックで乗り切ればいい。
    末端にて”市中金利”さえ据え置けば、家計は痛まない。

    *不可能を”化膿”にするのが コリエーション・・。

  4. sqsq より:

    韓国はすぐ利上げすると思う。
    もう尻に火がついていて、先の家計負債の問題よりも今のウォン安をどうにかしなければならないと考えているはず。

    1. Padme Hum より:

      私も韓国は利上げは避けられないと思います。借金をしてまで不動産や株や仮想通貨を買っている韓国人は破産する人もたくさん出るでしょう。バブルが弾ければ先進国だとかG8だとか言わなくなるかもしれませんね。韓国の正体見たり枯れ尾花。

  5. 匿名 より:

    詰んでますね韓国経済は

  6. sey g より:

    元々の原因は韓国の性質、外華内貧です。
    少しでも小金が入ったら、借金をしていい服いい時計いい車を買います。
    もちろん、理由はあります。
    彼等はその持ち物で彼我の上下関係を決めるので持ち物のステータスは必要です。
    そして、それら良いものは当然内国産はなく、舶来品となります。
    こんな事を繰り返しては、大事な外貨はすぐに底をついてしまいます。

    そこで韓国に対して秘策を授けます。
    資本移動の自由を諦めるのです。
    すると、あら不思議 ドルウォンレートは固定されます。
    これで通過暴落の恐怖から逃れられます。

  7. 世相マンボウ_ より:

    セルコリア?とは
    平たく言うと
    韓国経済とその通貨ウォンが
    思い上がりの韓流ゴリ押し
    とは裏腹に国際社会の
    冷静な評価ではもはや価値がなく
    ゴミ箱行きになる状況だと認識し
    その対応をすべき時期なのです。

    所詮は徒労の為替介入してみたり
    モラルハザードの
    他国を騙してのスワップ画策など
    そんな無駄なことは諦めて
    対外債務大赤字なのに
    サムスン現代などの見栄を張った
    対外投資を売払って
    外貨返済資金を用意して
    身の丈にすぎた生活してきた
    韓国国民の生活水準も
    あるべき水準に戻しての
    緊縮政策をいますぐに行わないと、
    通貨崩壊経済敗戦で
    韓国経済は焦土と化す現実が
    まさに今目前に迫っているのです。

    韓流国民が自ら選んだ滅亡のあとで
    助けを求めてきたら
    かろうじて価値のある半島内保有の
    サムスン株の価値の範囲で買い取って
    上げることぐらいは
    優しい日本ですからしてあげても
    いいかもしれません。

  8. 匿名 より:

    韓国政府は 外貨流出を防ぐため 海外旅行を 禁止するべきですよ。NO JAPAN 徹底ですよ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。