韓国で日本旅行が人気?「ノージャパン」運動はどこへ

「ノージャパン運動」は、2019年7月に日本政府が講じた対韓輸出管理適正化措置への「対抗措置」として、韓国で発生した動きです。ところが、この「設定」を、韓国メディア自身も忘れてしまったようなのです。というのも、日本政府が来月以降、観光客の受け入れに踏み切る、などとする観測報道を受け、韓国側では日本旅行のパッケージ商品が続々と登場している、というのです。

観光ビザ免除制度の中断

日本政府は従来、「観光立国」を目標に掲げ、一部の国に対しては入国に際してのビザ免除措置を講じてきたのですが、2020年に発生したコロナ禍の影響もあり、日本政府は現在、外国人観光客の受け入れを、事実上、中断しています。

外務省が公表する『ビザ免除国・地域(短期滞在)』というページでは、観光や商用などを目的に入国する短期滞在ビザ免除国・地域68ヵ国を公表しているのですが、2022年4月15日時点で更新された情報によれば、これらのすべての国・地域に対するビザ免除措置が停止されているのです。

ただ、コロナを理由とした入国制限を緩和する動きは世界で広がっているようです。

同じく外務省が公表する『新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置』というページでは、5月24日時点で日本からの渡航者に対する入国制限措置を講じている国は、次のとおりだったそうです。

  • 日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置をとっている国・地域…38ヵ国・地域
  • 日本からの渡航者や日本人に対して入国に際して条件や行動制限措置を課している国・地域…162ヵ国・地域

この「入国に際しての条件」は、たいていの場合、ワクチン接種証明書であったり、陰性証明書であったりするようですが、逆にいえば、ワクチン接種を終えるなどの条件さえ満たしていれば、日本人は162ヵ国・地域に入国できるようになった、ということでもあります。

日本でも来月以降、外国人観光客受け入れへ?

こうした流れを踏まえるならば、「日本も早晩、観光客の受入に舵を切るのではないか」、といった期待が高まっていることは間違いありません(※それが正しいかどうかは別として)。

実際、いくつかのメディアは、「日本政府が6月以降、も外国人観光客の新規受け入れを再開する」、などと報じています(たとえば次の日経電子版の記事など)。

外国人観光客の入国再開、6月にも 首相表明へ

―――2022年5月26日 1:37付 日本経済新聞電子版より

日経の報道を信頼するなら、入国上限を1日1万人から2万人に引き上げるのを機に、おそらくは観光ビザ免除制度を再開するのでしょう。

そして、少し気が早いメディアは、「夏の観光需要が急増する」などと「予想」しているそうです。それが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された、こんな記事です。

韓国「夏の日本観光需要急増を予想」…航空路線の正常化相次ぐ

―――2022.05.26 11:34付 中央日報日本語版より

のっけから、こうあります。

今年の夏は日本観光の需要が急増すると予想される」。

一体どういうことでしょうか。

ノージャパンはどこに行った!?

韓国の旅行会社によると、「日本政府が入国規定緩和政策を明らかにした16日から22日」までの日本旅行の予約率が、前週と比べて139%も増加したほか、主要旅行会社がすでに関連商品の準備を進めている、などとしているのです。

はて、面妖な。

2019年7月に、日本政府が韓国に対する輸出管理の厳格化(適正化)措置を講じた際、韓国ではこれを「日本の韓国に対する不当な輸出『規制』」などと称したうえで、猛烈な「ノージャパン」キャンペーンが生じました。

ちなみに日本は現在でも、この(韓国の表現を使えば)「輸出規制」について「解除」していません。この「ノージャパン・キャンペーン」、中央日報を含めた韓国メディアもさんざん報じていたはずですが、どうも「日本の不当な輸出規制に抗議する」という設定を、韓国が国を挙げて忘れてしまっているように見受けられるのです。

本当に不思議だと思わざるを得ないのです。

読者コメント一覧

  1. ナニガシ より:

    NO JAPAN じゃなくて、KNOU JAPAN だよ!
    と言い訳したいのかも。
    韓国人の心棚の作り方は器用ですね。

  2. はにわファクトリー より:

    安い日本を使い倒せ。

    彼らのアタマのなかはきっとこうなってると予想します。円外貨預金が増えたのはそのせいじゃないですか? 台湾でも似たような動きがあるそうです。どちらからの訪問者が厚遇されるか見ものです。

  3. マイナンバー より:

    得意技『政権変わったら(自分に不都合なことだけは)全部なかったことに』炸裂

  4. 世相マンボウ、 より:

    まだ入国制限中なのですから
    同じ来てもらうなら、
    日本にとって大切な国から
    優先したいものですです。

    韓国さんは、防衛白書でも
    米豪ASEAN10カ国のあとの
    13番目の国ですから
    本来順番はまだまだです

    1. 世相マンボウ . より:

      私はそうした
      韓国は他のまともな国よりは
      あとが当たり前!との認識が
      この公正な民主主義のものとで
      正しく表明されることが
      大切だと考えます。

      半島とウッシッシをして
      あっと今に叩き出された
      民主党政権の党名ロンダリングの
      なれの果の立憲民主党さんとかは、
      その韓流政党の本質をなんとか
      黙って隠そうと腐心されているようですが
      ほかのまともな国に劣後する
      韓国の正しい位置づけを突きつければ
      我慢しきれず巣穴から飛び出して
      本来の正直な有り様を
      示してもらえるのではと思い
      そこからが日本国民に相手にしてもらえる
      スタートラインだと考えます。

  5. 匿名 より:

    感染状況、まだ治ってないのに外国から観光客呼ぶのか。
    野党は反対すべき。コロナ感染初期のころに外国からの渡航制限が遅かったからだ、と批判してたのだから、今回もまだ時期じゃないと反対してほしいものです。何よりも命の方が大事なのでしょう?野党さん。

    1. 匿名 より:

      野党も韓国と一緒で、自分が言ったことを忘れるのではないかと思います

  6. ちょろんぼ より:

    1)南国の景気が悪化しているから、日本に脱出!!
     日本軍に強制連行された~。
    2)日本に行けば欲しいモノが、簡単に手に入る。(日本では泥棒という)
    3)南国から真正な武漢コロナウィルスを持ち込みて、日本の感染者が
     南国より多くなる
     口蹄疫問題でありましたね。 態々本場から口蹄疫ウィルスを宮崎県等に
     持ち込み、口蹄疫騒動がおこりましたよね~。
    4)日本で武漢コロナウィルスに感染したといって病院に入院し、本国に逃げ帰る
    5)その他(観光はない)
    さぁ~!! この内のどれかな?

    1. ちょろんぼ より:

      <追加>
      6)放火等破壊活動
       そ~言えばネットでは、梅毒が流行してるとの事であるが
       どこから来たのやら??

      なんで日本に来て、神社の絵馬に「日本が沈没しますように」
      他、変な事を書くのかな~不思議である。

  7. KN より:

    別の理由をつけて、観光ビザ免除の再開を拒否することはできないのかな。学術会議のように、拒否の理由は別にいらないのかもしれないが。

    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/1040009

  8. しきしま より:

    今コロナでビザなし観光入国はできませんが、
    昔のようにコロナ関係なくビザ必須にして欲しいです。
    なんか言われたら「昔と同じにしただけ」と言えばよいのです。

    1. どみそ より:

      ビザ申請時に 過去の行動歴もしっかり審査していただきたいものです。竹島上陸とか慰安婦反日集会参加歴とか ITを駆使して 犯罪者、不穏分子の入国を阻止していただきたいです。
      ノービザ入国では 空港でのわずかな時間の入国審査では 発見 排除することは難しいです。

  9. どみそ より:

    日本滞在中にコロナ陽性になったら 日本の公費で 治療、療養費を負担するのですかね。
    日本国民より 海外観光客を優先して医療・隔離施設を使わせるのですか。日本でコロナ陽性になっても 他国でなるよりはるかに恵まれた状況です。アメリカでは 集中治療室からの回復で何千万も請求されたということことがあったようです。
    日本で感染しても 治療、療養、隔離期間中の自己負担がほとんどないということを考えると コロナに感染しても構わない と思う観光客はかなり多いと思います。
    旅の恥は掻き捨て。日本がコロナ大流行になっても知ったことではない。
    密集でのノーマスク、飲食中の大騒ぎ。 私の予想です。

  10. クロワッサン より:

    >この「ノージャパン・キャンペーン」、中央日報を含めた韓国メディアもさんざん報じていたはずですが、どうも「日本の不当な輸出規制に抗議する」という設定を、韓国が国を挙げて忘れてしまっているように見受けられるのです。

    日本に行って仏像などの文化財を盗んだり、テロを行って鬱憤を晴らせるんだから喜ぶんじゃないですかね。。。

  11. めたぼーん より:

    後頭部にブーメランが沢山刺さっていても痛みを感じないようですからね。

  12. 匿名 より:

    マスコミは盛んに悪い円安とセットでインバウンド推しするんですが、観光立国って長期的な国益になるんでしょうか?観光収入って水物だからスリランカなどはコロナで酷いことになってます。
    どうも中韓が日本を都合のいいリゾート地にしたがっている気がしてならない。いざとなれば観光客絞って一発で急所をつける。しかも観光業界推してるのは公明党と二階センセイでしょ。
    ただでさえ労働力人口が減少しているなかで、もっと人手を優先すべき業界があると思う。

    1. 赤ずきん より:

      賛成です。観光立国なんてのは国家主導でやることではない。日本は資源がないため技術立国しかありえないのに 全くこの国の有り様を考えないで 目先の自分の利益しか考えない政治家と官僚と国民ばかり。反日教育をやって自縄自縛に陥っている韓国に似てきた。少子高齢化なんて何十年も前からわかっていたのに有効な手を打たず 外国人労働者に頼り 日本人の実質賃金の目減り対策をやっていれば だれが子供を産もうと思うものか。

  13. 農家の三男坊 より:

    ”条約・合意を守らない嘘つき”国を他の国と同じグループに入れるのは疑問。
    同一グループに入れられた国々にも失礼。
    ”り地域”として特別扱いしてやるべき。

    ビザ免除は相互主義で、特に”条約・合意を守らない嘘つき”国の場合は、最低一ヶ月前に実施させ、実態を確認してからビザ免除を実施すべき。免除有効滞在期間も7日間で十分。

  14. サムライアベンジャー より:

     「自分たちは常に道徳的に正しい側にいる」と考える韓国人は、自分たちの反日発言や行動が「日本人の気分を害することをしている」という自覚がないのでは。
     発言や行動が一致しないのも「我々はなにがあっても道徳が高いのだ」の考え方で一致してないことを無視しているので、言動の不一致・時系列の不一致があっても彼らは無視します。長い時間をかけて法治社会を築いた経験もないので、要は発想が「原始社会」なのです。

     彼らの正しい扱い方は中国が参考になります。「近所の国だから」と韓国を喜ばせる一方で、経済・政治的なプレッシャーを与えることを忘れず、韓国のためになることはこれと言って何もしない。
     日本人が韓国人の呪いから逃れられるのは、日本が平然と韓国に冷たい態度がとれるか・国民がそのような考え方に至れるかにかかっています。

     まあ会計士様が数日前に言及していたように、韓国人一人あたり日本に落とす金は最低レベル、韓国人旅行者が増えても減っても日本に影響はないんですがね。

     日本のテレビをつけると、毎日・毎回のように韓国についての報道が流れます。日本にとってちっとも重要な国でもないし(それどころか被害ばかり)、なんで日本人が韓国事情なんて毎日に聞かされるんでしょう。日本人にとって、この国に関わることはマイナスでしかないのに。

  15. 匿名 より:

    韓国人は、不法滞在者数が不動の一位ですから、ビザは他国よりも厳しくするのは当然でしょう。
    仏像盗難は国ぐるみでパクってますから、入国税は倍付で。
    パイプ爆弾テロをサイド起こしたら、韓国人は入国禁止で。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。