北朝鮮で武漢肺炎が蔓延:「食糧危機」直結の可能性も

北朝鮮で今頃になって武漢肺炎が蔓延し始めたようです。公式には16日までに新たな「発熱者」が27万人発生したほか、先月末からの発熱者の累計は150万人近くに達している、ともしています。ただ、北朝鮮の場合、医療インフラは極めて貧弱であり、農作業に従事する人たちが発熱すれば、食糧問題にも直結しかねない、という点にあるようです。

武漢肺炎を巡って、こんな話題が出てきました。

新たに27万人発熱・6人死亡 軍が医薬品供給=北朝鮮

―――2022.05.17 09:04付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、北朝鮮の『朝鮮中央通信』が17日、北朝鮮で新たに1日で269,510人の発熱者が確認されたと報じたそうです。また、6人が死亡し、死者数は累計56人に達するなか、朝鮮人民軍が16日以降、24時間体制の医薬品供給を始めた、などとしています。

聯合ニュースはまた、北朝鮮における先月末からの発熱者が累計で1,483,060に達し、このうち819,090人が完治する一方で、663,910人が治療を受けている、などとも指摘。

これを受けて北朝鮮の「朝鮮労働党総書記」で「国務委員長」の金正恩(きん・しょうおん)が15日の政治局の会議で「医薬品が円滑に供給されていない」などと叱責したのだそうです。ただ、聯合ニュースは各地で医薬品の買い占めや違法な流通などの不正行為が続出している、とも伝えています。

なんだか、非常に不思議な報道です。

COVID-19の流行が世界的に始まったのは2020年2月から3月にかけての時期であり、北朝鮮は2020年1月には早々に対中国境を封鎖していたはずです。また、これまでに北朝鮮で武漢肺炎の発生は、公式には報告されていませんでした。

ちなみに北朝鮮が初めて公式に発熱者の発生を認めたのが13日のことですが、それ以降、発熱者の報告数は次のとおりだそうです。

  • 12日…18,000人
  • 13日…174,440人
  • 14日…296,180人
  • 15日…392,920人
  • 16日…269,510人

まさに、「うなぎのぼり」といったところでしょうか。

いちおう、北朝鮮側はこれをCOVID-19であるとは認めておらず、「原因不明の熱病」などと称しているようですが、これについては英メディア・BBCも話題に取り上げています。

北朝鮮、100万人以上が感染か 新型コロナウイルス

―――2022年5月16日付 BBC NEWS JAPANより

ちなみにBBCによると、北朝鮮は昨年、アストラゼネカと中国製シノバックのワクチン数百万本を供給するという国際社会からの申出を拒否していたそうですが、「北朝鮮から要望があればワクチン、医療スタッフ、医療機器などを無制限で援助する」とする韓国政府の申し出に、北朝鮮はまだ反応を示していないのだとか。

さらに、世界食糧計画(WFP)は北朝鮮で人口2500万人のうち1100万人が栄養不良に陥っていると推定。これを受け、BBCは「農業従事者が畑作業をすることができなくなれば、さらに影響が深刻化する可能性がある」、とのアナリストの見解を紹介しています。

北朝鮮は医療インフラも貧弱ですが、そんな北朝鮮で武漢肺炎が蔓延すれば食糧問題にも直結しかねないのです。

北朝鮮といえば、日本人を含めた無辜の外国人を多数拉致し、暗号資産の窃盗や保険金詐欺、紙幣の偽造といった犯罪行為を続け、北朝鮮の一般人の犠牲のうえに核開発、ミサイル開発にいそしんで来た犯罪国家です。

やはり、こうした混乱を見るにつれ、北朝鮮の人々、そして世界の平和と福祉の増進を図るなら、独裁政権こそ除去されねばならないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    感染者・死亡者数が少ないような気もします。
    常時ロックダウンを取れる体制ではあるでしょうが、
    充分な性能のマスクを供給できるようには思えませんし、罹患したら回復するための栄養状態も厳しいでしょう。
    国力を激減させずに乗り切れるかどうか。しばらくは謎のままになりそうですね。

  2. 引きこもり中年 より:

    独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (というより、自分でも独断や偏見であって欲しいので)
    北朝鮮が、ロシアとの間で、北朝鮮人民義勇軍とロシアの新型コロナワクチン+(ロシアが略奪した)ウクライナ産小麦とのバーター取引をする、という妄想(?)をしてみました。
    駄文にて失礼しました。

  3. sqsq より:

    >「医薬品が円滑に供給されていない」

     コロナの治療薬が北にあるはずない。解熱剤くらいではないか。

  4. しきしま より:

    尹新大統領は北にワクチン等支援すると発表
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef549eea23f2115b9865c05f0a95e54916ba864a

    一瞬、「あれ?まだ文が大統領だったっけ?」と思ってしまいました。

  5. ポプラン より:

    既に国際社会から切り離されている国家の防疫手段としては徹底した鎖国というのも一つの手段ではあるが、一度侵入されると抑えが効かないという意味で北韓国防疫、K-防疫なのですね。
    ワクチンですか、モデルナなら期限切れで破棄するほど余っている国家が近くにあるのですが南朝鮮にすら頭を下げられず、いつも偉そうにしている国ですからね無理でしょ。
    国民に罪はないと言えばないが、・・・

  6. 名無しの権兵衛 より:

     気位の高い北朝鮮指導部(金正恩・金与正)のことですから、韓国政府にワクチン供与を依頼することはできないでしょう。(命令ならできるかもしれませんが)
     途上国にワクチンを分配する国際組織「COVAX(コバックス)」が昨年、アストラゼネカ製170万回分の提供を準備した際は、北朝鮮側は副作用への懸念を示し別ワクチンへの交換を望んだそうです。
     また、中国製ワクチンには不信感があって導入をためらっているそうです。
     米国のファイザー製やモデルナ製のワクチンを保管するには冷凍設備が必要になるが、電力供給が不安定な事情もあって、北朝鮮が米国製ワクチンを導入するのは困難との見方があるそうです。
     最終的に北朝鮮は、ロシア製ワクチンの無償提供を求めているそうですが、どうなりますやら。
     最高指導者が新型コロナに感染し、基礎疾患もあり死亡するという展開があるかも知れません。 

    1. りょうちん より:

      バーターで、さっそうとウクライナに精強な北朝鮮軍が長征!!

      まあないなw

      1. 新宿会計士 より:

        あのう…

        まったく関係ありませんが、続きが読みたいですw

      2. namuny より:

        ロシアの援軍をしたくないのでコロナが蔓延している振りだったりして。

  7. 農民 より:

     北朝鮮には様々な問題があり、支援をしても悪用されるだけだなどというとんでもない論がある。しかしちょっと待って欲しい。関係者の間でも、今こそ人道支援によって関係を回復し、拉致被害者返還交渉の嚆矢とすべきという声がある。両政府はお互いに知恵を出しあって、地域の防疫、ひいては世界平和への第一歩とする契機ではないだろうか。そもそも北朝鮮が頑なになったのは、安倍・菅政権の圧迫外交によって信頼を傷つけたからだ。岸田首相には今こそ、失った信頼を取り戻すべき決断を求められている。

     とか、もはや朝日新聞ですら書けない気がします。

  8. ちょっと待って より:

    毎年ちょっとずつ餓死者を100年出し続けるなら、コロナでドバっと死んで政権交代もしくは南に併合される方が長い目で見たら死者数が少ないのでは、
    自分でも酷いと思うがそんなふうに考えてしまう。
    他の内戦中の国もそうだが、医療支援や食糧支援って本当にその国の為になっているかな。銃弾が無くなれば撃ちあいも出来なくなる、食べるものがなくなれば戦う気力も無くなるでしょ。
    戦っている最中にも子供は生まれ戦いは続いていく。
    どうするのがいいんだろう。

    1. sey g より:

      中途半端にダラダラ続けるよりかは、徹底的にやりあったほうが考え方の大転換がおきるかもというのはあり得ると思います。

      しかし、金王朝が倒れても 次のトップも朝鮮人なんですよ。

      あの半島には絶望しかないですね。

  9. WindKnight.jp より:

    普通に考えると、COVID19 の検査からなんだけど、
    流石に、こうなると手が付けられない感じですね。

    まあ、韓国に自腹で頑張ってもらいましょうか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。