【速報】立憲民主党代表選は午後5時以前に実施される

新代表は泉健太氏

あれれ?自民党総裁選は「5時以降にやれ」と言っておきながら、立憲民主党の代表選も5時以前に行われたようですよ。ちなみに先ほどの立憲民主党代表選では泉健太氏が新代表に選ばれましたが、これについて現時点においては、当ウェブサイトとしてとくにコメントすべきと思われる内容はありません。

個人的に、言われて気が付いたのですが、本日は立憲民主党の代表選だったようです。『「10年後」が見通せない日本共産党の「党員高齢化」』などでも述べたとおり、盛り上がりに欠ける気がします。

こうしたなか、先ほど投開票が行われ、最初の投票では過半数を制した候補がおらず、泉健太氏と逢坂誠二氏の決選投票となり、最終的にはその決選投票を制した泉健太氏に決まったようです。

まさに、枝野幸男前代表ご自身が選挙前にポスターで訴えかけた「変えよう。」が、ここに来て「党代表を変えよう」として実現した、ということでしょうか。

【参考】「変えよう。」

(【出所】立憲民主党ウェブサイト)

今後の立憲民主党にどんな未来が待つかについては『【分裂】代表選後の立憲民主党を待つ将来【党名変更】』でも述べたとおりですので、とりあえず、本稿では特にコメントしません。

それよりも思い出しておきたいのが、立憲民主党代表選の実施時間です。

立憲民主党の枝野幸男代表(※当時)は今年9月の自民党総裁選の際、それが午後5時前に行われたことを巡って、「国会議員の仕事は国会にある」、「(総裁選は)5時以降にやっていただきたい」とおっしゃっていました。

立憲・枝野氏、総裁選に「本来の仕事は国会。17時以降にやって」 

―――2021年9月17日 11時26分付 朝日新聞デジタル日本語版より

立憲民主党といえば、名物は「ブーメラン」ですが、まさに代表選の実施そのものが壮大なブーメランだった、というオチまでついたようです。

読者コメント一覧

  1. めたぼーん より:

    隣国の名手から手ほどきを受けているのか、見事なブーメランの投げっぷりと命中精度ですね。後頭部に沢山刺さっているので痛みも感じないんだと思います。

    1. より:

      ブーメランの種類や投げ方、刺さる場所も全て計画通りです。
      狙い通りなのです。

      ただ惜しむらくは、制御の関係上、飛距離が0cmであること。

      あれ?
      カミソリと手首、ブーメランと後頭部(同じ構図?)

      対応方法も同じでいいかも

  2. がみ より:

    代表を変えよう…だったんだ。

    さすがに気づかなかった。

  3. だんな より:

    泉氏は元国民、数的に多い元立憲グループが、負けたとみるか、イメージ戦略か。

  4. 七味 より:

    >「5時以降にやれ」

    ヾ( >_<)ノ゙ 15時だから・・・もう10時間たってるもん!!

    ( ˙꒳​˙ )ᕗ あれは前代表の個人的な見解に過ぎない‥‥と思うのであります

    (っ'-')╮=͟͟͞͞ く くらえ!我らが妙技!

    国会なんぞ与党と建設的な野党がいればいいんです♪
    ( ¯﹀¯ )✧*.゜ンーワカンナイカナー‼

    どれが良いかな?

    1. ちょろんぼ より:

      七味様

      自民党の内部に右~左迄十分取り揃えておりますので、
      夜盗もいらないんじゃないかと。
      日本は社会主義国が目指している政策を全て実施し、成功している国です。
      だから、立憲共産党なんていらないのです。
      そもそも共産主義国の人が世界の長者番付に居る事自体間違っているのです。

  5. とある福岡市民 より:

    代表選を5時以降にやれば、新代表を「5時からの男」というキャッチフレーズで売り出せたのに。

    1. 七味 より:

      とある福岡市民様

      Σ(๑°ㅁ°๑)ハッ! 

       5時までの男、泉

      でどうでしょう♪

      1. とある福岡市民 より:

        いいと思います。本人が使いたがるかどうかはわかりませんけれど。

  6. 引きこもり中年 より:

    独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
    本日の朝日新聞のインタビュー記事によれば、「60歳以上は野党に政権批判を期待し,60歳以下は政治課題の解決を期待する。そして立憲は60歳以上にだけ期待されている」、「若者は、左派の国会論戦で、相手を一方的に批判することに嫌悪を抱いている(意訳)」とありました。
    (広告だけで本文を読んでないので、恐縮ですが)また、前回の総選挙で予想を外しなくった週刊誌の週刊朝日によれば、「新代表の立憲は、次の参議院選挙で壊滅する」とありました。
     「これは朝日新聞が、立憲の党首選にあわせてきた」と考えるのは、考えすぎでしょうか。
    駄文にて失礼しました。

  7. だんな より:

    NHKニュースから
    立憲民主党代表選 泉氏が新代表に選出
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20211130/amp/k10013367901000.html%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D
    投票結果の詳細が、書いて有ります。

    時事通信から
    立民新代表に泉氏 党役員半数、女性を登用 共産との合意「存在せず」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8abd43b9e5f3e289876c157eebeb11b128cfcc81
    >泉氏は記者会見で、先の衆院選で共産党と合意した「限定的な閣外協力」に関し、「単に継続ではなく、党として総括しなければならない」と指摘。「衆院選に向けて交わしたもので現時点で何かが存在しているということでない」と述べた。

    「ふ〜んニダ」
    まあ、一番つまんねえ奴だなぁが、代表に決まったように思います。
    第一野党の維持を目指しそうな印象です。

    1. 七味 より:

      >衆院選に向けて交わしたもので

      せめて「政権取ったときのもので」と言えなかったのかな?

      代表変わったとたん、約束をなかったことにされたんじゃ、共産党も怒るんじゃないのかな?

      1. 匿名 より:

        某半島を見習った振る舞いニダ

  8. カズ より:

    >立憲民主党といえば、名物は「ブーメラン」ですが、まさに代表選の実施そのものが壮大なブーメランだった、というオチまでついたようです。

    変よう。チェンジ!とかの掛け声も、
    ”変! 幼稚園児??(失礼!)” なんてオチにならなければいいんですけどね・・。
    m(_ _)m

    1. 星のおーじ より:

      >変! 幼 稚園児

      お見事です!!

  9. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    ブーメランが自分に刺さるのはよっぽど下手でないとあり得ない

  10. 星のおーじ より:

    立憲共産党の皆さんはかなり間の悪い人達なんでしょうね。xi 改めオミクロン株に完全に喰われてしまいました。野党に優しいハズのテレビ各局ですら、ニュースで4、5番目の扱いでした。短かったし。

  11. 世相マンボウ 。 より:

    泉さんは爽やかさもありあの4人の中では
    まだまともだったので、それは
    立憲民主党の党風にはそぐわないという点で
    私はちょっと残念に感じています。

    自分たちの悪評判より
    与党をもっと悪者にするための
    言葉を盛っての悪口攻撃は
    賢明な多数派国民良識層の前には
    見破られて前回選挙で撃破され
    再起不能状態の立憲民主党さんです。

    ただ私は、
    旧社会党の流れを汲む消滅間近の
    立憲民主党さんにはなんとか
    頑張ってほそぼそと存続を
    してほしいと願っています。
    このまま消滅し地下に潜られて
    責任放棄され逃げ得されてしまっては
    元もこももありません(笑)
    なんせ、
    日本政治の汚点である
    民主党政権の残党陳列ショーケース
    という大切な役割が
    立憲民主党さんにはあるのです。
    そのためには、
    党風にそぐわない普通すぎる泉氏や
    暴れもんでも迫力不足の逢坂氏ではなく
    旧社会党直系ラスボス菅直人氏が
    代表として適切だったのになあと今も思います。

  12. クロワッサン より:

    ブーメランが後光のように刺さってますね。

    1. がみ より:

      クロワッサン様

      満遍なく刺さっていて、まるで旭日のようですよね。

      1. クロワッサン より:

        がみ さん

        ですね、色々なブーメランがあり過ぎて、何条の旭日なのかもう分からないですけど。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。