「韓日はひとまずコロナ以前の交流回復を」=中央日報

「壊れた日韓関係を修復すべきだ」――。それこそ、壊れたレコードのように、韓国メディアからはほぼ毎日のように出てくる主張です。ただ、このような主張をする者は、「誰が壊したのか」について言及しないことが多いです。そして、この「誰が壊したのか」を無視したところで、適切な解決策が出てくるはずなどありません。その典型的な事例が、本日もまた、韓国メディアに掲載されたようですよ。

誰が壊した日韓関係

ことばを大切にしない者は、5W1Hをないがしろにする

自分自身がウェブ評論をやっていて、「良かった」と思えることがひとつあるとしたら、「文章の意味的なつながり」の重要さに気付いたことでしょう。

学生時代の文法を思い出してください。

日本語であっても英語であっても、主語、述語、目的語などで文章が構成されているという点はまったく同じです。また、「いつ、だれが、どこで、どのように、なぜ、何をした」、を、英語では一般に、 “who, when, where, what, why, how” の頭文字をとって「5W1H」と呼びます。

この「5W1H」、ありとあらゆる場合に成り立つものではありませんが、基本的に他人に事実関係を正確に伝えようと思ったら、5W1Hを強く意識しながら言葉を選んでいくべきでしょうし、また、そうすることで、意外な事実関係が見えてきたりもするものなのです。

こうしたなか、日韓関係においてはこんな主張を見かけることがあります。

壊れた日韓関係(韓日関係)を修復すべきだ」。

この表現、「壊れた」の部分を「悪化した」と表現する人もいますし、「修復すべきだ」を「改善すべきだ」などと表現する人もいますが、ただ、言いたいことは、「現在の日韓関係は悪い状態だから、これを良い状態にすべきだ」、という点なのでしょう。

ただ、先ほどの「5W1H」ではないのですが、この手の「日韓関係が壊れる」、「日韓関係を戻す」といった表現に対し、個人的に抱く最も大きな違和感は、「主語がないこと」です。

もっといえば、日韓関係は「壊れた」のではなく、「誰かが壊した」のです。

誰が壊したのですか?

こう尋ねると、「壊れた日韓関係を修復すべきだ」と述べた人は、たいていの場合、口をモゴモゴさせて、押し黙ってしまうか、あるいは「日韓関係が壊れたのは日韓双方に原因があるからだ」とだけ述べて、この話を終わりにしようとしてしまうようです。

つまり、「5W1H」などの表現をわざと曖昧にする人は、たいていの場合、自身の都合の悪い論点から逃げようとしている、というわけです。

当たり前の話ですが、ある人が「壊れた日韓関係を修復すべきだ」とおっしゃるのであれば、まずは次の点について、ご自身の立場を明らかにする必要があるはずでしょう。

いつ、誰が、なぜ、どのようにして壊したのですか」。

日韓友好の3類型

さて、昨日の『韓国メディア「韓国の解決意思に日本の政権も呼応を」』でも議論しましたが、日韓友好論者には、だいたい次の3つの類型があります(図表)。

図表 日韓友好論の3類型
類型日本側韓国側
①対等関係論日韓両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ韓日両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ
②対韓譲歩論・配慮論/用日論日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮・譲歩することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ韓国のためには韓日友好も重要だが、韓日両国には歴史問題もあるため、日本に対しては譲歩を求めるという「ツートラック」で行くべきだ
③対韓追随論/純粋反日論日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ韓日友好のためには、日本に対し、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪させるべきだ

(【出所】著者作成)

これは、当ウェブサイトで以前から申し上げている、日本側から見た「日韓友好の3類型」、韓国側から見た「韓日友好の3類型」を、1枚の図表にしたものです。

この①~③のうち、①については実現が不可能というのが著者自身の考え方です。なぜなら、①の考え方は、同じ発想が両国に存在しなければ成り立ちませんが、肝心の韓国の側にこの「未来志向で発展して行こう」とする考え方が、ほとんど見受けられないからです。

よって、日韓間でこれらの発想しか存在しなければ、日韓が関係を継続するためには、②か③の考え方によるしか方法がなく、それが嫌であれば、これら②③以外の方法を見つけなければ、日韓関係は早晩行き詰まり、という結論しか得られません。

問題なのは②の考え方

ただし、③はかなり低レベルで唾棄すべきものですが、当ウェブサイトとしては、日韓友好の本当の意味での障害となっていたのが、じつは②だと考えています。

というのも、日韓間の諸懸案については、いつも報告しているとおり、究極的な落としどころは次の3つしか存在しないからです。

日韓諸懸案を巡る「3つの落としどころ」
  • (A)韓国が国際法や国際約束を守る方向に舵を切ることによって、日韓関係の破綻を回避する
  • (B)日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することによって、日韓関係の破綻を回避する
  • (C)韓国が国際法や国際約束を守らず、日本も韓国に譲歩しない結果、日韓関係が破綻する

(【出所】著者作成)

②の考え方を取る者からすれば、日韓諸懸案を巡る落としどころは、上記(A)(B)をミックスしたようなものでしょう。つまり、「韓国が国際法や国際約束をちゃんと守る代わりに、日本もある程度は譲歩して、韓国に謝罪するなどし、韓国が国際法などを守りやすい環境を作ってあげるべきだ」、といった発想です。

ただ、この発想、一見バランスが取れているようでありながら、じつはまったくバランスが取れていません。

韓国が仕掛ける「ゼロ対100理論」の罠に、みごとに嵌っているからです。

【参考】ゼロ対100理論とは?

自分たちの側に100%の過失がある場合でも、インチキ外交の数々を駆使し、過失割合を「50対50」、あるいは「ゼロ対100」だと言い募るなど、まるで相手側にも落ち度があるかのように持っていく、中国や韓国、北朝鮮が好んで使う屁理屈のこと。

(【出所】著者作成)

「ゼロ対100理論」とは、当ウェブサイトで以前から提唱している考え方で、本来ならば韓国の側に100%の過失があるにも関わらず、あたかも日本にも多少の過失があるかのごとく言い募るインチキ外交の一種であり、日本が1ミリでも譲歩すれば、それは韓国の罠に嵌められたことになります。

またしても韓国メディアの韓日修復論

日本が韓国に「譲歩してはならない」わけ

だいいち、日韓歴史問題には、つぎの2つの本質的問題点があります。

日韓歴史問題の2つの本質的問題点
  • ①本来、日韓間の請求権に関するあらゆる問題は、1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に決着しており、慰安婦問題は2015年12月の合意で最終的かつ不可逆的に解決済みである。
  • ②韓国側が主張する「被害」の多くは、(おそらくは)韓国側によるウソ、捏造のたぐいのものであり、最終的には「ウソの罪をでっち上げて日本を貶めている」のと同じである。

(【出所】著者作成)

つまり、日本が1ミリでも、歴史問題の存在を認めれば、それは日本自身が国際法を破ったことにつながりかねませんし、また、どんな小さなウソであっても、やってもいない罪を認めることは、国家としての自己否定そのものであり、国家としては絶対にやってはならないことです。

したがって、日本が自由民主主義、法の支配などを信奉する国家たろうとするならば、韓国が仕掛けてくる歴史捏造には決して1ミリも譲歩せず、韓国の国際法違反、条約違反、約束違反等についても絶対に容認しないという姿勢を貫かねばなりません。

(※余談ですが、当ウェブサイトでは、2015年12月に日韓慰安婦合意についても「良い面もあった」とも考えている反面、「日本に深刻な禍根を残した」と普段から批判しているつもりですが、その理由は、慰安婦合意自体が日韓請求権協定に違反していると個人的に考えているからです。)

「日韓関係、ひとまず新型コロナ以前の交流回復を」

さて、以上の議論を踏まえたうえで、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に今朝掲載された、こんな記事を紹介したいと思います。

「日韓関係、ひとまず新型コロナ以前の交流回復を」

―――2021.10.13 06:55付 中央日報日本語版より

中央日報のこの記事は、日本の大阪のホテルで12日に開かれた「韓半島をめぐる国際情勢の展望セミナー」と題したセミナーの内容を報告したものですが、これがまた大変に強烈な内容です。

出席者の発言を読んでいくと、当ウェブサイトの「日韓友好の3類型」でいう②の考え方が、これでもかというほど出て来て、少々驚きます。

記事に出て来た出席者(日本人や韓国人の大学教授たち)の発言の要旨を紹介すると、こんな具合です。

まず新型コロナウイルス感染症が広がる以前である2020年2月、日韓両国間で年間1000万人が行き来した時期に状況を戻さなければならない。これが関係改善の始まりだ」。

この方の発言、そもそも事実関係を間違えていて、日韓の相互往来が1000万人を超えたのは2018年の1年間だけであり、2019年は武漢肺炎が蔓延する以前であるにもかかわらず、相互往来は886万人(日→韓327万人、韓→日558万人)に激減しています。

ただ、この事実関係はさておき、この方の発言内容について、中央日報は「最悪の状況に陥っている韓日関係のもつれをほぐすためには、まず相互訪問など人的交流を復活させなければならないという主張だ」と評しています。

冒頭で申し上げたとおり、日韓関係が「最悪の状況に陥っている」というのが中央日報の主張だとして、ではその「最悪の状況」をもたらしたのは誰なのか、いつからそうなったのか、などについての議論が無視されているのは、この手のセミナーのテンプレートでしょうか。

くだんの「日韓往来を1000万人に戻さなければならない」と主張した人物は、「2018年10月韓国最高裁の強制徴用賠償判決以前や2019年7月(日本政府の)輸出管理措置発動以前に戻ることは容易ではない」として、まずは人的交流を復活させるべき、というのが主張の主眼であるようです。

ただ、このあたりの記述を読むと、むしろ、「違法判決を下して撤回しないような国と必要以上に経済的関係を深めるべきではない」と思ってしまいそうなものですが、いかがでしょうか。

それは韓国政府に言え

また、この日のセミナーでは、ほかにも香ばしい発言が相次ぎました。

たとえば、「今後の両国の議論も対等な関係で行われるべきで、両国間で結んだ条約を尊重する中で補完する点を探していこう」、という、一見するともっともな提案もあったのですが、この提案をした人物は、こうも述べています。

まず韓国が方案を提示して、日本政府も『一歩も動かない』という現在の態度を改めて議論に入っていかなければならない」。

この方も、深刻な事実誤認をなさっています。

自称元徴用工問題においては、日本政府は2019年1月に、日韓請求権協定第3条1に従った外交協議を韓国政府に対して申し入れています。こうした日本政府の誠実かつ友好的な態度を無視したのは、日本政府の呼びかけを無視した韓国の側でしょう。

また、日本政府が同年5月に国際仲裁手続に付託した際、驚くことに韓国は、この手続の一切合財を無視しました。

これに関連し、他の出席者は、次のように述べたのだそうです。

韓日葛藤を解決していくためには1965年の韓日請求権協定を両国関係の土台として認めるべきで、請求権協定に基づいた第三国を含む仲裁委員会を開催することが現在として最も現実的な方案だ」。

もしそうおっしゃるならば、それは日本政府に対してではなく、韓国政府に対して言うべきでしょう。

国際的な解決に韓国は応じない

もっとも、日韓葛藤を解決する手段として、国際仲裁や国際司法裁判所(ICJ)などの場を活用するというのは、悪い考えではありません。

先ほど「日韓関係を巡っては、究極的には3つしか落としどころがない」と指摘しましたが、このうちもっとも望ましいものは、「韓国が国際法や国際条約を守ること」です。

韓国が国際法や国際条約、国際約束などを守らない理由のひとつは、おそらく、韓国政府も韓国国民の感情の暴発を恐れているからだと思いますが(※著者私見)、そうであるならば、国際審判、国際裁判などの「外圧」があれば、韓国国民に対して国際法を守ることの重要性を理解させやすくなる、という考え方はあります。

だからこそ、むしろ韓国政府が勇気をもってICJ提訴に同意し、日韓の諸懸案(自称元徴用工問題、自称元慰安婦問題、そして竹島問題)をICJの場でまとめて解決するというのは、日韓双方にとって望ましい解決でしょう。

…。

ただし、韓国政府自身、自国の主張が国際法的にはまったく通用しないことを理解しているフシもあるため、韓国がそれらに応じることは絶対にないでしょう。

韓国が国際法を守ることはないでしょうし、日本は決して原理原則を譲ってはなりません。

結局のところ、日韓関係については、もはや「どうやって修復するか」を論じる局面ではないことだけは間違いないでしょう。

読者コメント一覧

  1. サムライアベンジャー より:

     いつものように、「5W1H」がないですね。「両国がアイデアを出すべき」的な論調も、自分たちからは何の努力もしないのもいつもの奴です。

     そもそもコロナ以前から、徴用工問題、レーダ照射事件、慰安婦合意のちゃぶ台がえしと、問題は頃名前ところ名護で特段変わっていませんし。統べて韓国側の作り出した問題ですし。

    1. サムライアベンジャー より:

       私が従前から日韓関係の目安としていたページ
      https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/ (JTB総合研究所)

      ではなぜか、「韓国だけ」日本からの出国データが反映されなくなりました。一応エクセルで過去データは入手出来てそこには書いてありますが、面倒なので見ていません(恥)。データは連続性があって初めて意味があるものだと思いますが、ぜひ再掲載してほしいです。韓国から何か圧力があったんでしょうか。

      記憶では李明博の天皇陛下侮辱発言後、日本からと関する人数は減少の一途をたどっていましたが(台湾訪問者が、渡韓者を逆転する勢いで)、数年前から渡韓社は回復基調だったと思います。

      こういった入出国のデータ入手先、ご存じの方がいらしたら、お教えください。

      1. サムライアベンジャー より:

         誤字が多くてすいません。ATOKからGoogleIMEに変えたためか・・・(言い訳)

         ATOKはちょっと左派寄りですね。「土人」などが差別語認定されて出てきません。

        1. りょうちん より:

          こういうのありますけど。
          http://monoroch.net/kinshi/jisho/#ATOK

          1. サムライアベンジャー より:

            りょうちん様
             ありがとうございます。
             辞書的な問題というより、ATOKを入れるとOSがフリーズるるといったような、ATOKそのものの問題なんですよね。

  2. sqsq より:

    今までの間違いは「歩み寄る」
    韓国は日本の「癖」交渉ごとに臨んだ時の癖をよく読んでると思う。
    今回はそれがないので「あれっ?」っといったところか。
    このまま「ボールは韓国側にある」という姿勢を貫くべきだとおもう。

  3. だんな より:

    このセミナーの結論である
    「日韓両国間で年間1000万人が行き来した時期に状況を戻さなければならない」
    は、最悪の結論です。

    現在、コロナウイルスのおかげで、韓国からの入国者が制限されても、日本は困る事は有りません。
    日本の観光産業は、日本人が観光を再開すれば、存続すべき所は、存続出来るでしょう。

    近代における日本と朝鮮の歴史は、どうやって「違法に入国しようとする朝鮮人を日本に入国させないか」という事にエネルギーが、割かれており、最終的に違法入国者が、日本国内に残り、外国人参政権を寄越せなどと運動してます、
    短期的な違法入国者は、売春や泥棒など犯罪を行い、日本の治安を悪化させて来ました。

    ウィズコロナが進んでも、韓国からの入国者の制限を緩和してはいけません。

    これはいつもの妄想と違って、重要ニダ。

  4. 匿名 より:

    韓国が(日本が協定違反と判断するに足る)徴用工の請求を行ったことに対して、日本政府は、韓国政府が行政判断で司法判断を無効とするか、請求権協定に基づいて仲裁委員会を開催することを求めてきました。
    そのどちらも無視して、都合の良い日本が譲歩する案を提示してきたために今の状態になっている。
    仲裁委員会を開催するならば、まずは日本政府の呼びかけを無視したことの謝罪が必要。
    韓国政府が謝罪するのが嫌ならば、解決は自ら即座に司法による請求判断無効とするか、ICJしかない。
    いつもながらこの手のセミナーというのは、韓国政府の不誠実な行動に対する追及が全くない。
    日本の朝鮮半島専門家というのは、韓国の御用学者と言われても仕方ない。

  5. クロワッサン より:

    >この①~③のうち、①については実現が不可能というのが著者自身の考え方です。なぜなら、①の考え方は、同じ発想が両国に存在しなければ成り立ちませんが、肝心の韓国の側にこの「未来志向で発展して行こう」とする考え方が、ほとんど見受けられないからです。

    『未来志向』という考え方が韓国にないと言うか、日本と韓国では『未来志向』という単語の意味が異なるからかと。

    韓国は韓国版『未来志向』を日本に呼び掛けていて、其れは『永世被害者たる韓国に、永世加害者たる日本が、未来永劫謝罪と賠償をし続ける事』であり、日本にとっては全く『未来志向』ではない関係なので、相手にする意味が無い訳で。

    何はともあれ、日本にとっては韓国は『理解すればするほど距離を取る事になる相手』なのだと考えます。

    1. クロワッサン より:

      >韓国が国際法や国際条約、国際約束などを守らない理由のひとつは、おそらく、韓国政府も韓国国民の感情の暴発を恐れているからだと思いますが(※著者私見)、そうであるならば、国際審判、国際裁判などの「外圧」があれば、韓国国民に対して国際法を守ることの重要性を理解させやすくなる、という考え方はあります。

      国際審判や国際裁判で韓国が負けても、韓国民は『国際社会が間違っている!』と考えて、判決に従わず、韓国の味方を増やそうとする国際ロビー活動を活発化させる気がします。

      あと、韓国政府が韓国民に国際法を守る事の重要性を説いたところで、韓国民は政権を倒して交代交代させるんじゃないかと。

      ちなみに、米中戦争で中国が勝てば韓国はウリナラファンタジーに則った『正しい歴史認識』を中国経由で日本に強制出来るだろうから、韓国は中国が米国に勝てるよう全力で協力すべき時期にあるんじゃないかと。

    2. より:

      > 日本と韓国では『未来志向』という単語の意味が異なる

      それ以前の問題として、そもそも「対等」という概念が韓国には存在しないので、「共に手を携えて発展していこう」という発想そのものが理解できないのです。ゆえに、韓国の言う「未来志向」とは、「上下関係をきちんと確立した上で(もちろん韓国が上位のつもり)、正しい上下関係に従って、教導-奉仕のサイクルをうまく回していこう」ということに他なりません。
      再三話題になっていますが、人間関係も国家間関係も上下関係というフレームでしか理解できない韓国人は、上下関係が確立していないという状態は不安で不安でしかたないのです。どう振舞っていいのか、皆目見当がつかないからです。

      ここまで根本的に発想が違うと、「良好な関係」の定義が双方で全く異なるのも当然と言わねばならないでしょうね。

  6. ちょろんぼ より:

    武漢コロナウィルス以前の交流関係に戻す事に賛成です。
    当然、全ての事ではありません。
    中共・南国からの渡航ビザの取得方法を改善しようという事です。
    事前に渡航ビザの申請を取得する事から始めましょう。
    又、当該国からの入国時、犯罪被害者支援目的で「入国税又は保険」を課す事も
    必要になるでしょう。
    排除したい人達は以下の通りであり、単純な観光客ではありません。
    1)政治活動を目的に入国する人達(政治家であっても、入国審査を拒否する人はダメです。)
    2)日本の法律を守らない人達
    3)観光を偽装し特殊商売を行う人達(何十年後に強制連行された従軍慰安婦として
     裁判を起こされたくありません。)
    4)観光を偽装し特殊技能を働き、日本で犯罪を起こす人達
    5)修学旅行で「独島は韓国領」とか「対馬を返せ」という幕を張り記念写真を撮った
     人達(一見無害そうですが、日本で犯罪を起こす確率の高い人達です。→
     行動内容は政治目的であり、日本の法律を守れない事が明白です。)

  7. ミナミ より:

    1990年頃?までは韓国は北朝鮮と同じく「近くて遠い国」でした
    キムチという名称は一般的では無く、私の周辺では「朝鮮漬け」でした
    その頃に戻れば良いだけの事です。ビジネスで関わってる人達以外は誰も困らないでしょう
    坂本龍一は「日韓は東アジアのEUになれば良い」とか、のたまってましたね、アホかと。
    お花畑とは無知で理想(妄想)主義者の事です
    音楽は良いんですけどね、あの人・・

  8. j より:

    中国は、南シナ海についてのの国際司法裁判所の判決を蹴っ飛ばしたとどこかで見ました。

    韓国も、中国も、国際法を守らないなら少なくともTPP参加は無理と、それとなくメッセージを伝えても良いのではないでしょうか?

    そういう国が入ってゴタゴタするより、初めから入らない方が良いと思います。

    1. より:

      2016年に常設仲裁裁判所(同じ場所にありますが、国際司法裁判所とは別組織です)が下したいわゆる南シナ海判決ですね。同裁判所の判断には法的拘束力があり、加盟国である中国も従う義務があるのですが、中国は判決を紙くず呼ばわりして蹴とばしてます。

      CPTPPへの中国の参加を拒否する理由として、この件を上げるのはとても適切だと思います。常設仲裁裁判所の裁定に従わないということは、CPTPPの推進に当たって問題が発生した場合、中国は仲裁規定に従わないということですから。

  9. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    コロナが終息するまでは無理では

    1. 頓珍韓 より:

      バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 様

      インフルエンザが終息するまで無理では。

      いやいや、

      ゴキブリが死滅するまでは無理ではないでしょうか。

  10. 頓珍韓 より:

    >「韓日葛藤を解決していくためには1965年の韓日請求権協定を両国関係の土台として認めるべきで、請求権協定に基づいた第三国を含む仲裁委員会を開催することが現在として最も現実的な方案だ」。

    「1965年の韓日請求権協定を両国関係の土台として認めるべきで」ということは、認めていない現実がある、ということで、はてさて。それは、誰が認めていないの?
    「請求権協定に基づいた第三国を含む仲裁委員会を開催」を無視したのは、誰でしたっけ?

    情報をスポイルされて伝えられ、思いたいように思い、感情の赴くままに踊らされる韓国。
    踊り疲れるまで、踊り狂うがよろしい。

    Korea:Shall we dance?
    Japan:No, thank you.

  11. 伊江太 より:

    >「韓日はひとまずコロナ以前の交流回復を」

    いいじゃないですか、是非実行して頂きたいですね。

    コロナ前と言えば、例の「輸出規制」に火病って、

    国民こぞって「NO JAPANで日本製品(選択的)不買だ!」
    大統領が先頭に立って「二度と日本に負けない。竹槍歌だ、亀甲船だ!」
    蚤取り眼でマスコミが「素部装内製化の実現事例探しに奔走中!」

    をやってた時期のこと? そんな昔のこともう忘れた?(笑)

    忘れてないなら、「欲シガリマセン、勝ツマデハ」の精神で
    逝って、もとい、頑張ってくださいませ。

    1. より:

      ゼイタクは敵だ!

  12. buchineko より:

    タイトルをみて、No Japan 運動の再開提言かと思ったのですが、ちょっと違うようですね。
    お楽しみは、りー何とかゆう知事さんが、大棟梁になるまでおあづけですか。
    でも、大阪に集まっていたんですね。新規夭逝者が高止まりして、唯一三桁なのはそのせいか?

  13. 名無しの権兵衛 より:

    「韓日請求権協定第3条は、協定に関する紛争は外交ルートで解決し、外交的に解決しない場合、仲裁委員会の決定に従うと規定している。2018年10月韓国最高裁の強制徴用賠償判決以降、日本政府が仲裁委の構成を要求したが、韓国側が応じなかった。」
     中央日報の記事には、このような記述がありますが、これが韓国政府の「日韓請求権協定違反」=「国際法違反」に該当することには全く触れていません。
     大韓民国憲法で明確に禁止している「遡及法」の数々を平気で制定したり、大韓民国憲法が保障する「言論の自由」を脅かす「言論仲裁法改正案」などの法案を堂々と国会に提出するなど、「法の支配」という概念が無い国に対して、日本政府が「国際法を守れ」という旗を掲げてどれだけ話し合いを重ねても、徒労に終わるだけだと思います。(中国、北朝鮮、ロシアも同じですが)
     そうなれば、相手(韓国政府)を徹底的に無視しつつ、日本企業に不当な損害が生じた場合には、粛々と「対抗措置」を講ずるしか残された道は無いという気がします。

  14. 世相マンボウ より:

    「・・・以前の交流回復を」(ギョエ!?)

    捏造もとに三権分立どころか
    政権が主導して冒した国際法違反を
    あらためもせずにとは、まったく
    とんでもない話ですなあ(笑)

    かつて 総会屋に企業が、
    「これまでのような不適切な要求には
     一切応じられない」
    と申し渡したときにも、
    「そんなこと言うてええと思とんのか、ええっ?」
    との脅しも通用しなくなったら次は
    「まあまずは以前のように酒でも飲みながら
     ええように相談してこやないですか」と
    揉み手で下手に切り替えて来たときの
    様子となんかデジャブですなあ。

    そのうち第三者を装ったお仲間が
    「そんな頑なにならいでも話ぐらい聞いたれや」
    と現れるのがお定まりなのですが、
    その点で、朝日新聞の記事社説天声人語が
    今から楽しみです。

    1. はにわファクトリー より:

      「話ぐらい聞いたれや」

      それがいわゆる「対話」ってやつでぇ
      ・ウィンウィン
      ・未来志向
      ・対話
      近頃は日本国内に広く知れ渡っている「冷笑を呼ぶキラーワード」ですね(犯人は誰?)

  15. がみ より:

    朝鮮通信使再開するのかなぁ?

  16. 農民 より:

     外圧を利用して有利にすすめるというのは、個別案件に対しては有効なのですが。こと韓国が相手でこの手を使っても、どうせ後日

    1.あのころは我々が弱かったためにつけ入られた、卑劣な条約だ。
     ↓
    2.もはや相手国を超えたのではないか。(財閥一点突破や姑息な外交・貿易を駆使して、上は誘導、下は錯覚沈溺)
     ↓
    3.ならばあんな不当なものは無効で良いはずだ。

     この謎の3ステップ目が変わらない以上、何をやってもね。安倍政権からこっち、対韓外交を決定づけたのは個別の問題そのものよりも、この有史以来連綿と続く姿勢のためでしょう。
     あ、皆様ご承知でしょうが、「相手国を超えた」と錯覚する要素がない場合は、被害者ポジションで我々にもっと譲歩しろ謝罪しろ、で結局3ステップ目は結局同じになります。

  17. めたぼーん より:

    べきと願うは、構ってー、のサイン。あと、知恵を出すもでした。

  18. WindKnight.jp より:

    東京五輪であれだけ馬鹿をやった上に、
    韓国国内も不穏なわけで。

    治安対策として、早急に、観光ビザの義務化をするべきでしょうね。

  19. sey g より:

    慰安婦合意はアメリカの横槍で結んだんだと思います。
    日本から結ぶ動機がないから。
    日本は、韓国が守ってもやぶっても両睨みで対策してたと思います。
    おそらく、破られる事を想定してその方がオイシくなる様に行動したんだと想像します。
    ただ、米国にはヒトコト、もし日本が米国に原爆被害者の慰謝料と謝罪をもとめたとしてそれを受け入れたか。
    日本は米国よりも弱いから、強い米国が我慢するのは当然だと思うか?と確認して欲しかった。
    米国は外国バカだが、道理が通じない程の馬鹿ではないので、日本の言いたい事ぐらいは理解出来るし、その件で仲違いする事もないと思います。

    また、朝鮮には因果がなく、過去も未来もなく、あるのは現在の自らの欲求だけ。
    対等な関係もなく、あるのは上下関係だけで、しかも相手との関係は朝鮮の脳内で都合よいものしかありません。現実の関係ではないのです。

    つまり、日本からしたらあんなことしてよく顔を出せるなと呆れる行動でも朝鮮脳でみると納得できます。

    まず、韓国の現在の状態はヤバい。
    おそらく日本の協力が無ければエライことになりそう。
    しかし、自分より下の日本には頭を下げてお願いなど絶対に無理。
    出来れば、黙っててもこちらの現状を察して日本が勝手に助けてくれるのがベスト。
    それが無理なら、昔韓国を助けた事を思い出させ、俺達仲いいよなぁ、昔みたいに助けろよなと、これも口に出さずに察してもらいたい。
    それも無理なら、徴用工の資産売却先延ばししようかなぁと武器にならないえものを持って日本を脅す。(イマココ)
    最後は餅を貰えるまで泣き喚く。
    これら全部が過去と現在が繋がってないから出来るのです。
    日本人なら恥ずかしくて、絶対に出来ません。
    吐いた唾を飲むような真似は、日本人には無理です。
    しかし、韓国人は 例えるなら 映画「メメント」で主人公が女性の唾の入った酒を飲み干した様に、唾が入った酒と、今飲む酒とが繋がってないのです。

    1. IVD より:

      sey g様
      「メメント」の例えは秀逸ですね!
      主人公の障害だけでなく、ストーリーも韓国人が信じている「歴史認識」に重なるものがあります。
      ネタばれになってしまうので多くは書けませんが、
      ・妻が強姦後殺害されたことに対する復讐
      ・サミーの逸話の真実
      ・情報屋テッド
      ・犯人ジョン・G
      (これぐらいならギリギリ大丈夫かな)
      どこがどう似ているのか伝えられないのがもどかしい。。。

      1. sey g より:

        IVD様

        あの感覚は感動でしたよね。
        あの手法を使う事で、主人公と同じ感覚を共有出来るという。

        輸出管理の件も、韓国が理解出来るのは、管理のせいで横流しが出来なくて困っている。何故、そんな嫌がらせをするのか?今すぐヤメロ!!
        だけで、韓国の横流しが日本の管理責任になる事が繋がらないから、文句言って騒げるんですね。

        1. IVD より:

          sey g様
          いやもう、初めて見た時は衝撃的でした!

          まさにそんな感じですよね。
          因果関係や時系列が理解できないのは勿論ですが、あと重要なのは記憶を「意図的」に忘却・改竄しているところがあると思います。
          故に韓国人の「復讐ごっこ」も終わらないし、終わらせたくないんだと思います。

          奥歯に物が挟まった様な言い方しかできずホントにもどかしいですけど、ただ、久しぶりにメメント観たくなってきました笑

          1. sey g より:

            わかります

            少し忘れた頃に見るのが、より楽しめますね。

            まさに記憶の改ざん。わからないところは、自分の都合いいように改ざんというか、埋めてるというか。

            また、みてみます。

  20. 匿名29号 より:

    「日本は千年でも謝罪しつづけねばならない」金蔓なので、元のように無制限に入国出来て、窃盗、非合法商売をやりたい放題させねばならない、という主張でしょうか。
    外務省がこっそり復活させないよう注意しましょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。