選手村で大人気の餃子は「味の素の冷凍食品」だった!

そもそも冷凍食品自体が前回東京五輪と関係するとの報道も

東京五輪の選手村で、外国人選手から「世界一美味しい」などと絶賛された餃子が、味の素の冷凍食品だったという可能性が急浮上し、ネット界隈は騒然としています。これについていくつかの記事を調べていくと、日本の「美味しい冷凍食品」自体、東京五輪と密接に関わっているという話も出て来ました。ただし、「東京五輪」といっても、それは前回の五輪ですが…。

意外な食材が外国人選手に人気=東京五輪

連日の盛り上がりを見せる東京五輪ですが、ちょっと興味深い話題を発見しました。

『アサ芸ビズ』というウェブサイトに昨日掲載された次の記事に、東京五輪を巡る「意外な事実」のひとつが掲載されているというのです。

選手村で世界のアスリートの胃袋をわしずかみにする”意外な食材“とは?

―――2021年8月4日 10:00付 Asagei Bizより

(※記事タイトルの「わしずかみ」は原文のままです。)

何の話題かといえば、選手村のメインダイニングで提供される食材です。

リンク先記事によると、「スポーツ紙記者」によるこんな話が紹介されています。

  • 今回、日本が用意した選手村のメインダイニングは24時間営業
  • 日本、西洋、アジア料理など地域別のほか、ベジタリアン向け、グルテンフリー、ハラルなど、あらゆる食文化に対応できるよう、700種類のメニューを準備した
  • 提供されるのは1日4.5万食分
  • この数とラインナップは、おそらく過去の五輪の中でも突出しているはず

競技を終え、糖質制限などが外れた選手たちにとって、最大の楽しみのひとつが「心行くまで食べること」であろうことは、想像に難くありません。そして、「700種類のメニューが24時間食べ放題」といううらやましい状況で、このスポーツ識者は、こんなことを指摘します。

そんなこともあり、お気に入りの料理を自身のTikTokなどに投稿するアスリートが急増しているんです」。

これは、意外な盲点でした。

今回の東京五輪、海外からの観客も入国できず、国内でも無観客で実施されていますが、かわってインターネットの発達により、選手らが選手村での生活を、SNSなどを通じて気軽に自国民に知らせることができるようになり、それらの情報発信に世界が注目している、というわけです。

こうしたなか、『アサ芸ビズ』は、こんなことも指摘します。

なかでも、海外のアスリートたちにダントツ人気なのが、餃子なのだとか」。

選手らが餃子を食べる様子を投稿すると、「海外の餃子ファン」からの「私も初めて食べた餃子の味が忘れられない」、「確かに日本以上のものは食べたことない」といったコメントが寄せられるのだそうです。

と・こ・ろ・が!!

ところがこれにはさりげなく、衝撃的な事実が紹介されます。

じつは、この選手村で提供されている餃子の正体は、「日本五輪委(JOC)のオフィシャルパートナーである味の素が提供している冷凍餃子」だというのです。

前出のスポーツ記者は、これについて、次のように述べます。

味の素冷餃子が世界に認められたということです。味の素は海外でも『gyoza』という商品名で販売していますから、五輪を機に海外で日本の餃子ブームが起こる可能性は大きいですね」。

【参考】『冷凍味の素ギョーザ

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

まさか、わが国の家庭の食卓に普通に並ぶ餃子が、東京五輪を契機に全世界で認識される可能性が出ているとは…。

冷凍食品と前回の五輪との関連

しかも、冷凍食品自体が1964年の東京五輪と関係がある、とする情報も出て来ました。

今から約6年前にウェブ評論サイト『東洋経済ONLINE』に掲載された、「TBSテレビ『ものづくり日本の奇跡』取材班」が執筆した次の記事が、興味深いです。

追い詰められた男の発想が変えた食材の歴史

―――2015/03/23 6:00付 東洋経済ONLINEより

1964年の東京五輪を控え、大会期間中に必要になるであろう莫大な食材を調達するために、大会期間中に一気に購入するのではなく、事前に調達して冷凍するという案が浮上。

シベリア抑留の経験もある帝国ホテルの料理長・村上信夫が、シベリアの大地で固く凍ったジャガイモに熱湯をかけて風味をよみがえらせた経験をもとに、食材ごとに、冷凍していても美味しく解凍する技術を編み出した、というものです。

記事を読んでいて、「五輪大会期間中に選手村で大量の食材が必要になるというのは、べつに1964年の東京大会に限った話ではないのではないか」、という疑問が頭に浮かぶ点はさておき、このTBS取材班の記事が事実であれば、日本の美味しい冷凍食品のルーツのひとつは五輪にあるのかもしれません。

五輪スポンサー企業にとっても、せっかくの五輪期間であるにも関わらず、トヨタ自動車が五輪関連のCMの放送を取りやめる(『五輪ヘイト煽るメディアに「広告主離れ」のブーメラン』等参照)など、企業広告の世界ではあまり明るい話題はありません。

しかし、今回の味の素の事例は、広告宣伝効果としてはバッチリであり、これを機に明るい話題が増えてくれたらうれしいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 農民 より:

     これは味の素の冷凍餃子が店頭から無くなるな……無くなる前に買い占めなきゃ!

     …となってもさすがにスガノギョーザが各家庭に配布されることはないでしょう。

    1. 匿名 より:

      味の素食品の社長のゴルフ仲間のAさんの麻雀仲間のBさんの遠い親戚のCさんの友人の友人が菅総理の昔馴染みだった。
      癒着が~

  2. ポプラン より:

    記憶違いかもしれません。
    シベリアから帰還したムッシュ村上が勤務した帝国ホテルは進駐軍に接収されていて日本の寄生虫を恐れていた米軍が米本土から持ち込む冷凍野菜などの素材を使用するよう命じられ、使用に慣れていたのも冷凍を思いついた理由の一つだったような気がします。
    ムッシュ村上は酒飲むと暴れる人だったなんて、エピソードとも書いてあったような。

    1. ひろた より:

      占領軍将校宿舎だったホテルニューグランドの入江シェフも選手村のシェフを勤めていますから、他に慣れた料理人もいたのかと思います。

  3. 匿名 より:

    味の素の餃子は少し高いけど作るのが楽かつマジで美味いからね
    下手な店よりも美味いしく作れる

  4. 凡人 より:

    食事に虎が降りてくる。

    1. とほほ より:

      弁当を横目に虎視眈々。

      1. がみ より:

        降りきって穴の底で骨折中!

      2. 匿名29号 より:

        放射能弁当が毎日じゃ飽きるでしょうね。

  5. りょうちん より:

    なんとなく日本の発明のような印象がありますが、実際には米国が圧倒的な冷凍食品大国なんですね。
    TVディナーとか、日本のコンビニ弁当に相当するのでしょうが東京オリンピックより前に発売されて売れていたようです。

  6. JJ朝日 より:

    販売価格を下げるために、味の素の餃子も、以前、大きさを小さくし餡を少なくしました。価格が上がっても、以前の大きさのままでおいしかった状態であって欲しかった、と思っている人も多いと思います。

    それでもおいしいと言ってもらえているので味の素は満足しているのかもしれませんが、KITKATというチョコレートが辿った販売価格政策(小さくした、言い訳は高カロリーだというユーザー指摘があったので[会社のQ&Aに出ている])の結果を見ると、製造メーカーはおいしいものがわかっている客の心理がわかってないなぁ、と感じます。

  7. だんな より:

    日本の消費者は、絶え間ない食品企業の製品開発努力により、世界一優秀な選別能力を自然に持つようになっています。
    それがまた、製品開発努力につながるようにループして、世界を大きく引き離していると思います。
    日本人が美味いと思う物は、世界中の誰が食べても美味しいでしょう。
    日本人は慣れているので、ガラパゴス化の結果は、食べた事が無い人が食べないと分からない。

  8. 匿名 より:

    こちらでは味の素の油がいらない冷凍餃子をう売ってますね。油が出すぎてちょっと怖い。
    日本の餃子はニンニク風味が強すぎると思うんだけど、あれがウケてるのか?

  9. PONPON より:

    味の素の冷凍餃子は確かに美味しいですね、王将等の専門店の餃子にひけをとりません。
    昔から私の食べ方は、冷凍餃子に若干水をかけて電子レンジでチンして解凍、その後トースターで焼き目がつくまで焼く、というものです。
    フライパンを利用するのに比べて油が不要なのでヘルシー、後片付けも楽ちんです。
    なおチンする際に、ニンニクチューブからひねり出したニンニクをかけるのが好みです。

    定期的に大幅値引きで売っているのも魅力です。

  10. カズ より:

    ラグビーワールドカップで好評だったヤマザキ”ランチパック”もプレス向けに提供され、人気を博してるみたいですね。

    パッケージのロゴは、消されてるみたいですけど・・。

    1. PONPON より:

      カズ様

      ヤマザキ”ランチパック”の中でも、ピーナッツバター味がダントツ人気のようです。
      以前何人かの欧米人に聞いたところ、やはりピーナッツバター味が人気でした。

      私はピーナッツバターはそんなに美味しいとは思えない、むしろ苦手なのですし、日本人の知人に聞いても同じことを言っていました。

      なぜ欧米人はピーナッツバター味が好きなのか、不思議です。

      1. カズ より:

        PONPON様

        私は、ピーナッツバター大好きですよ。タマニタベルトオイシイデス

        ピーナッツバターは、海外の方に馴染みのある食材でありながらも、日本独特の”甘い食味”が受けている・・って聞いた気がします。

        海外のピーナッツバターは甘くないみたいですね。

        1. PONPON より:

          カズ様

          そうですね、ランチパックでもピーナッツバター味が一番人気なので、好きな人は好きなんでしょうね。
          私の周囲には好きだという人は聞いたことありませんが、あっさりたんぱく味、ナチュラル系の食べ物が好きな人が多いからなのしれません。

      2. 阿野煮鱒 より:

        ピーナッツバターが大好きなのは、欧米人というより、米国人に限定な気がします。

        アメリカ人「ヨーロッパじゃピーナッツバターを食べないって本当なの?」海外の反応
        http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6680562.html
         ↑
        欧州では人気がありませんね。

        米国人のみならず、世界中の子供達に愛されるコミック「ピーナッツ」。スヌーピーでお馴染みでが、主人公は一応、やチャーリー・ブラウンということになっているらしいです。そのチャーリーがいつも弁当に持たされるのがピーナッツバター・サンドウィッチ。大抵は「またか…」という反応で食べています。

        でも、パン二枚の片方にピーナッツバター、片方にイチゴジャムを塗って、合わせて食べるととても美味しいそうです。

        米国のピーナッツバターは、ピーナッツをペースト状になるまで砕いたもので、塩を入れることはありますが、砂糖は入れないそうです。

        日本のピーナッツバターは、砂糖や水飴を添加します。正式にはピーナッツクリームと呼ぶんだとか。

        ジャムを加えなくとも甘いところが米国人に好評なのではないでしょうか。

        私も実はピーナッツバターが好物なのですが、糖質と脂質が山盛りなので、今は我慢しています。

        あ、アメリカ人がピーナッツバターが好きな理由を私は存じませんでしたが、Wikipediaによれば、南北戦争が切っ掛けだそうです。
        https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%82%A4

        1. PONPON より:

          阿野煮鱒様

          私がピーナッツバターを嫌いな理由が解りました、まさに脂質と糖質の塊、それも燃料的な感じがするからです。
          一口目はまあまあ美味しく感じるのですが、二口目からは胸がムカムカして、三口目には体が拒否します。

          確かにアメリカのピーナッツバターはしょっぱいですが、それに甘みの極致のジャムをつけるなんて、食べている人を見ると戦慄感さえ感じます。
          リンク先の画像を見ても、いかにも美的要素はなく、食欲は全くそそられません。

          ピーナッツバターに限らず、アメリカのジャンクフード全般、ハンバーガー、ピザ、オートミール、各種ケーキ等、殆ど受け付けないですね。

          ちなみに韓国料理も見かけは悪いですが、美味しいものが多いと思います。
          中華は見かけも味もOK、フランス料理も同じくOKです。。

          1. 阿野煮鱒 より:

            なるほど、PONPON様は生来の美食家ですね。体に悪いものは自然に受け付けないという… 羨ましいです。

            私は、高カロリー大好きな悪食家なので、アメリカンなジャンクフードは嫌いではありません。というか、ビッグマックもKCフライドチキンも大好きです。ジャムとピーナッツバターのコラボレーション、想像しただけでうっとりします。ああ、脂質と糖質が奏でる背徳の美味よ…

            そうやって激太りしたので、今は一日の摂取カロリーを1800kcal未満にすべく、自炊を続ける日々です。

          2. 福岡在住者 より:

            阿野煮鱒様

            マックで単なるハンバーガーを買って、家でレタスのせん切りやトマトスライス、きゅうり(私の好み)を加えマスタードやマヨネーズ、ケチャップ加えるのも美味ですよ。 スクランブルエッグも有ですね。

            問題は、「オッサン!安いものだけ?」という定員さんの顔。 まあ肉モドキ2枚入までは有りですが、、、。

  11. 星のおーじ より:

    >>このTBS取材班の記事が事実であれば、日本の美味しい冷凍食品のルーツのひとつは五輪にあるのかもしれません。

    日本冷凍食品協会のページに公式な(?)冷凍食品の歴史がありました。
    https://online.reishokukyo.or.jp/learn/naruhodo/detail/history.html#ath
     東京オリンピック選手村の食堂でさまざまな冷凍食品が利用され好評
     このことをきっかけにホテルやレストランで利用され、冷凍食品が急速に拡大

    だそうです。

  12. テスト太郎 より:

    この方、コンビニアイスのレビューをしているシンガポールのジャーナリストですが、ジャンボモナカも好評みたいですね😊
    https://twitter.com/matthewmohancna/status/1421999159771467776?s=21

  13. めがねのおやじ より:

    京都王将の餃子では無いのかぁ〜(笑)。眠民もいいけど。あ、味の素餃子も好きですヨ。1964年の東京五輪は、それまでの五輪とは情報伝達で革新的な事も達成してますよ。新聞の電送写真では無く、衛星による「テレビ宇宙中継」を始めて成功させたんです。

    その前の1960年ローマ五輪までは、日本にはラジオ放送だけでした。それも安定しないのか、音量が大きくなったり、小さくなったり、非常に聴き取り難いものでした(記憶がハッキリしないので兄姉に確認済み)。

    東京会場から茨城県に送って直径10メートルのパラボラアンテナで太平洋上の宇宙に浮かぶシンコム衛星3号に送信、それを米国太平洋側陸地で受信。その受信パラボラアンテナは直径30メートル近い超大型(この辺、国力の差だネ)。

    またそこから発信して大西洋側の空高くに浮かぶシンコム衛星2号が受けて、米国東部、欧州に東京五輪のLIVE画像が送られました。とても動画は安定していた、と聞いてます。スゴイですネ、日本の技術!あ、アメリカか。

  14. ちょろんぼ より:

    今ではお馴染みのユニットバスも1964年東京オリンピックを契機に開発されました。
    外国人が多く来る事が想定された為、ホテル建設の水回り問題を解消する為なそうです。
    2021年東京オリンピック関係で開発された技術は、いつ頃お馴染み製品になるでしょうか?

  15. 愛知県東部在住 より:

    味の素の日本一売れてる冷凍餃子、これ、我が家の定番でもあります。
    個人的には餃子は手作りが一番だと思ってはいますが、偶に手抜きをするときにはこれを使うと皆も喜びます。スーパーで安売りされているときは2つ3つまとめ買いして冷凍庫に保存することもよくあります。

    おそらくは皮や餡に味の素が練り込んであるのではと睨んでいます。つまり化学調味料の旨味成分がベースになっていると考えても差し支えないと思います。

    いわゆるMSG(MonoSodium  Glutamate)、グルタミン酸ナトリウムは海外では禁止されている地域や、子供に与えるのはNGとされる国などもありますから、今回のことで直ちに海外での売り上げが伸びるかどうかはわかりません。但し、MSGが本当に健康被害の原因となっているかどうかは未だにきちんとした調査が行われていないとも訊きます。いずれにしても添加物であることには違いないので、過剰摂取は控えた方がいいのでしょう。

    ただ味の素、というよりもMSGそのものは、もはや我が国の食品業界になくてはならない存在となってしまっています。ラーメンや中華料理野業界ではこれがないと店が存続できないとも云われていますし、その他の外食業界でも程度の差こそあれ、同様のことは云えると思います。勿論無化調を看板にしている店舗もありますが、手間暇やコストを考えればなかなか難しいところでしょう。

    まぁそんなことよりも、今回のオリンピック選手村での食事を、海外からのゲストの皆さんが愉しんでくれていることを素直に言祝ぐべきでしょうね、ある一国を除いては、でありますが。

  16. くろくま より:

    冷凍食品は、手ごろな値段でおいしいです。
    私の認識では、「味の素」は冷凍食品の高級ブランドです。
    少し高いんです。でもおいしい。
    こんな形で世界に広まっていくのもおもしろいですね。
    当事者は、宣伝して儲けようなんて思ってないだろうに。
    すごく日本的でいいですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。