文在寅氏のメッセージは対米働きかけのため=中央日報

そもそも「今月12日に、菅義偉総理大臣が朴智元(ぼく・ちげん)韓国国家情報院長と会い、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領からの『口頭親書』を受け取った」とする韓国メディアの報道が性格なのかどうかという点もさることながら、韓国側が現在の日韓関係に関する具体的問題点やその解決方法になにも言及していない時点で、何か意味があるようにも思えないのです。

「口頭親書」?「本当にあったのか?」ツッコミどころだらけの報道

先日の『「文在寅氏の関係改善提案に菅総理が前向き」=韓国紙』では、こんな話題を紹介しました。

14日付の韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)によれば、菅義偉総理大臣は12日、訪日中の朴智元(ぼく・ちげん)韓国国家情報院長と会い、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領からの口頭親書を受け取った」。

ちなみにハンギョレ新聞によると、その「口頭親書」(?)とやらには「両国の協力と関係改善を希望する」という内容が含まれていたそうであり、これに菅総理側も「うまくやっていこう」と前向きな反応を示した、などと付記しています。

インターネット上の一般読者の反応などを眺めていると、この「口頭親書」ないし「口頭書簡」という表現に対する違和感もさることながら、「ガースー(※)が本当にそんなことを言ったのか」、といった疑念も出ているようです(※「ガースー」とは、菅義偉総理大臣のネット上の愛称のこと)。

というよりも、そもそも論として、「菅総理と朴智元氏が12日に首相官邸で会った」などとする情報は朝日新聞も伝えていますが、ただ、情報源の多くは韓国メディアであり、日本側の報道だと、そのような事実は確認できません(たとえば時事通信の5月12日付『首相動静』など)。

もちろん、当ウェブサイトとしては、「菅総理・朴智元氏の会談が行われた」という事実そのものが「ウソだ」と断定するつもりはありません。

しかし、「菅総理が本当に朴智元氏の『口頭親書』を受け取ったのか」という点もさることながら、「菅総理が韓国側高官と面会したかどうかを日本政府が公式発表しない」という事実にこそ、日本側の強いメッセージが含まれているように思えてなりません。

先日申し上げた、韓国メディアの報道に対する「怪しさ満点」という感想は、こうした違和感に由来している、というわけです。

懲りない韓国メディア:「口頭メッセージは日米に向けたメッセージ」

それなのに、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には昨日、こんな記事も掲載されていました。

文大統領の「口頭メッセージ」、日米「一石二鳥」効果を得られるのか

―――2021.05.15 10:37付 中央日報日本語版より

先日のハンギョレ新聞の「口頭書簡」という表現は、中央日報の記事では「口頭メッセージ」とされていますが、「朴智元氏が12日、菅総理に伝えた」という部分に関しては、当然の事実として取り扱われているフシがあります。

その時点で怪しい限りですが、内容もなかなかぶっ飛んでいます。

この文在寅氏の「口頭メッセージ」には、「韓日関係がこのままではいけない」という内容とともに、「首脳間の対話を通じて局面を転換を図ろうという提案」が「あったという」、としたうえで、このメッセージ自体が「」日本と米国を同時に念頭に置いたものと分析される」と総括しています。

中央日報によると、「特に両国間の対立局面を緩和し、文大統領が先に対話の提案をすることは、それ自体だけでも韓日対立局面の解消に韓国が過去に比べて積極的に取り組んでいるという対米ジェスチャーとなる」んだそうですよ。

もし文在寅氏の「口頭親書」(?)とやらが、本当に菅総理に伝達されていたとしましょう。どうしてこれが「韓日関係対立局面の改善に韓国が積極的に取り組んでいるとする対米ジェスチャーとなる」のか、いや、どうして中央日報の記者がそう思っているのか、本気で理解できません。

具体的に現在の日韓関係のなにがどう問題で、それを具体的にどう解決していくつもりなのか、その点に言及せず、たんに「首脳会談をやろう」だと具体的提案とは言えないからです。

(※どうでも良いことかもしれませんが、韓国メディアに「分析される」といった表現が出るときは、本当の意味で「分析」をしているのではなく、「その記事を執筆した人の思い込みではないか」と思ってしまうのは、ここだけの話です。)

日韓関係は「悪化」といえるのか?

いずれにせよ、日韓両国政府間で円滑な意思疎通が行われていないことは間違いないにせよ、これは単純に、韓国側の「無茶」を日本側が取り合わなくなっただけのことなのかもしれない、と思う次第です。

人間関係においても、そもそも「おかしなことを述べる人を相手にしなくなる」という状態を「関係悪化」と形容することはありません。その意味で、現在の日韓関係が「悪化している」といえるのかについては、やや疑問でもある、というわけです。

なお、韓国メディアの週末の報道に関して、ほかにも申し上げたい「違和感」はいくつかあるのですが、そのあたりについてはまた日を改めて、じっくり紹介したいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    韓国は、米韓首脳会談を前に「いい子の韓国」を演出しているに過ぎません。
    日韓関係改善、THAADミサイル配備など、アメリカに怒られそうな事を改善しているポーズを見せて、怒られることを減らす、怒られた時の口実を作って、首脳会談で得るものを多くしようとしているのです。
    まあ、何を韓国政府が何するかよりも、サムソンが工場をアメリカに作る方が、バイデン大統領にとっては、価値があると思います。

  2. はにわファクトリー より:

    次期某の入国、「呼びかけ」、「和解の」メッセージ、「口頭親書」配達

    共通するものがあると感じられます。
    ・瀬戸際「外交」あるいは
    ・断殺魔の悲鳴
    まだまだ先がありそうですね。

  3. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (というより、素人の素朴な疑問なので)
     韓国が、アメリカに「日韓関係改善に取り組んでいる」と見せようとしても、韓国側の発表だけ、(つまり、ここでは日本側の発表がなければ)アメリカ政府も、そのような事実かあったのか疑うのではないでしょうか。
     蛇足ですが、なぜ、朝日新聞は(韓国メディアからの引用だけでなく)総理官邸に、そのような事実があったのか、質問しないのでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  4. カズ より:

    「やってますアピールが有効だ!」なんて、臆面もなく言えちゃうんですね。
    教育的指導なんかでは済ませて欲しくないですね・・。

  5. 老害 より:

    半島政府にとって、「口頭親書」は都合がいいでしょうね。
    自国民に対しては、「そんなことは言っていない。日本政府の捏造だ。」と言い繕えますものね。

    そもそも、「口頭親書」なんて言い方があるのかどうか。

  6. 匿名 より:

    >・・・韓国が過去に比べて積極的に取り組んでいるという対米ジェスチャーとなる」

    ここで真意をバラしたらダメじゃないですかね。
    中央日報は文政権の邪魔をしようとしてるんですよ。(ウソです。そんな深謀遠慮はありません)

    「口頭親書」も親書を受け取ってもらえない関係であると言ってるだけです。

    何をしたいのか、言いたいのかわからないのはいつものことです。
    平和な日常です。

  7. マイナンバー より:

    『口頭親書』
    『口頭』なのに『親書』って、早く『人間』になりたいと願っている『妖怪人間』よりも奇怪な表現に感じるのは私だけ?
    いずれにしても、物的証拠の残らない『口頭』をずる賢く使う能力に長けた韓国政府にはくれぐれも細心の注意と常なる準備を怠らないことを日本政府には願いたい。
    韓国の現国情院長は北のエージェントとまで囁かれる人間だけに特に要注意。

  8. ちかの より:

    >日韓関係は「悪化」
    なんとなくですが「サスペンデッド」という感じだと思います。
    一時停止中、宙ぶらりん状態、というか。
    それは、たぶん、日本があえてそういう状態にしている、と思います。
    韓国のやっている、やったことは、国交断絶級の噴飯ものなことばかりですが、あえて取り合わず、生あたたかく眺めているだけ。
    それでも日本は特に困らないし、対中国や台湾関係などなど、他に重要な問題が山積ですし。
    対韓国の、優先度がかなり低くなった、ということでしょうか。

  9. イジワルばあさん より:

    これだけ言っていることとやっていることが全く逆((例えばいくら関係改善のメッセージを伝えたとしても、福島第一原発の処理水の海洋放出について、火のないところに煙を立てて中南米諸国を巻き込んでケンカを売っています。)で、この状況を舌先三寸で取り繕って米国も日本もそれで騙されると思っているのでしょうか?米国も日本も「飴玉あげるからいい子にしててね。」というママの言葉に騙される3歳児ではありません。いや、3歳児だって約束を守ったのにママが飴玉をくれなかったら怒り狂いますよ。

  10. キタロー より:

    やはり朴智元(ぼく・ちげん)韓国国家情報院長などという訳の分からぬ御仁に
    面会する事自体が、日本の国益に反する結果となり得るリスクを十分認識していたに
    もかかわらず面会してしまった(?)事に危うさを感じるし、又、脇の甘さを感じます。

    1. 頓珍韓 より:

      キタロー様

      相手は嘘と約束破りの常習犯。
      会ったにしろ、会わなかったにしろ、日本政府がノーコメントなんですからね。ハッキリしないことに、気持ちを動かさないことは、この手の相手と対峙するときの心構えだと思いますよ。
      これまでの日韓の経緯を考えれば、日本政府がコメント出さないということは、賢いと思います。
      「会った」「会ってない」と言えば、日本のコメントに関係無く、彼らは論理破綻してようが関係なく思いたいまま想像の赴くままに我田引水するのですから。
      ノーコメントは韓国が勝手に1人で踊るだけの状態にし、殊更に彼らの雑な挙動を浮かび上がらせます。
      今舞台に複数人で踊ると、そう感じられ辛いですから。

      今の韓国の様は、ご覧のとおり見せ物です。

  11. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    非常識で蛮民で日本を貶める事に血道を上げている朝鮮民族の南側トップが、何を言おうと額面通りに受け取れません。ハンギョレ新聞の「口頭書簡」とか、中央日報の「口頭メッセージ」とか。

    日本を代表する菅義偉首相に、『口頭』で依頼するとは失礼千万!何かあっても韓国側には証拠は残らない。アイツラは何時もそのやり方で卑怯者です。

    『口頭』で済ますという事は、日本を低く扱う姿勢を愚民に見せたい為。朴某が菅義偉首相と会ったのかどうかも分からないが、こういう諜報員擬きの陽動作戦も彼らの得意とするところです(失敗して恥かく事もある)。

    「両国の協力と関係改善を希望する」と、文大統領が言ったとしたら、今更何を!です。

    また改善に向かって何を韓国側がしたいのか、現在の日韓関係についての具体的問題点をどう謝罪、始末付けるのか、その解決方法にも言及しておらず、手ぶらですかぁ?と思う。早よ米国行って10分で「ぶぶ漬け」でも流し込め(笑)。

  12. 農家の三男坊 より:

    「口頭親書」:言葉の意味は知らないが、かっこ良さそうなので使う幼稚園児。
    韓国政府の嘘:諸外国は誰も相手にしない・気にしないので、嘘をついてもばれないと心底思っている。
      嘘がばれたらお仕置きされることは知っているが、お仕置きされなければ、彼らとしてはバレたことにはならない。

     ここはしっかりお仕置きすべきだと思います。
     ただし、これは韓国に対する躾けであることを世界に公言することも忘れてはならないと思います。

     更に、処理水の件で韓国と”協議”?とのガセネタが出ているようですが、無いとは思いますが、仮に”協議”等する様では、”国家主権が分かっていない”という事で、菅総理は退陣することになるでしょう。クワッドとIAEAに”通知”するだけで十分。

  13. 名無しの権兵衛 より:

     菅義偉首相が朴智元氏と会談したとされる12日に、朴智元氏は二階俊博自民党幹事長と電話会談し、「日韓関係改善と東京五輪開催に日韓が努力すること」で意見が一致したと報道されています。
     二階氏と朴氏は「義兄弟の契り」を交わした仲で、二階氏は、朴氏が北朝鮮への送金事件で収監されたときに「下着(いわゆるジジシャツ・ももひき)」を送ったこともあります。
     菅政権生みの親の二階幹事長から「私の顔を立てて朴智元氏と会ってやってくれ」と頼まれ、首相も断り切れなかったのでしょう。但し、この時期に会談したことを公式発表できないのは当然のこと。
     会談時の文在寅大統領からの口頭メッセージには、「韓日関係がこのままではいけない」という内容と共に、「首脳間の対話を通じて局面を転換を図ろう」という提案があったというのも事実でしょう。
     これは、来週21日の米韓首脳会談に向けてのアリバイ工作で、バイデン大統領から日韓関係改善を迫られたときに、
    ➀ 私が今年1月18日の年頭記者会見で表明したように、(バイデン氏の御尽力により成立した)日韓慰安婦合意は日韓両政府の公式合意であることは韓国政府も認めている(破棄してはいない)。
    ➁ 今年3月1日の「三一節」演説でも、私は「韓国政府はいつでも日本政府と向き合い、対話する準備ができている」と日本政府に呼び掛け、日本政府の対応を待ち望んできた。
    ➂ さらに、今月12日には、訪日した朴智元国家情報院長を通じて菅首相に対し、「韓日関係がこのままではいけない」という私の考えと、「首脳間の対話を通じて局面を転換を図ろう」という提案を伝えるメッセージを送り、菅首相からも前向きな反応を得たところである。(このように、韓国政府は、これまで日韓関係改善に向けて努力してきている。)
    ➃ 私としては、6月に英国で開催されるG7サミットの場を利用して日韓首脳会談を開催し、菅首相と胸襟を開いて話し合い、日韓関係改善を図りたいと希望している。
     とか何とか言って、「その場しのぎ」をしたいのだと思います。「その場」さえしのげれば、大統領任期も残り1年ですから、「後は野となれ山となれ」の心境だと思います。

    1. 名無しの権兵衛 より:

      (追伸です)
       文在寅大統領が、今回の米韓首脳会談でバイデン大統領と話がしたいのは「対北朝鮮政策」と「ワクチン提供問題」のみで、ただでさえ短くて貴重な持ち時間を、日韓関係など余計な問題に費やしたくないのだと思います。

  14. 夕刻 より:

    毎日の更新,ありがとうございます。

    「…韓国メディアの報道が性格なのかどうかという点もさることながら…」

    あながち誤植とも思えない意味深saですね。笑

  15. 阿野煮鱒 より:

    口頭親書 ← 証拠が残らない。後から無かったことにできる。

    なので、皆さんがご指摘のように、バイデン政権に対して努力している振りをすることが「対米ジェスチャー」であり、日本政府がそうした文在寅政権の「努力」を素気なく無視したのだから、「何もかも日本が悪い」というための布石を敷いたということだと思います。

    以前の私は、ホワイトハウスはこの程度の茶番に簡単に騙されると観ていましたが、さすがに昨今の米国の動きを見るに、「その手には乗らない」ようです。ただし、米国は未だに韓国に未練たらたらな節はあるので、まだ油断はできません。

  16. 団塊 より:

     文字なき暗黒半島そのものですね
     根本的に分からんのですね、漢字が!
     元々ないのですね漢字文化というか文字そのものが、人類の言葉そのものが!
     相反する二つの単語をそれぞれの意味が分からず並べるだけ並べ無知をさらけ出しているのが、朝鮮半島では知識階級といわれる新聞記者なんだからねぇ~!
     因みに新聞は読み書きでき?から知識階級なんだそうです。

    文字に書かないで話すだけ←口頭

    書いた文書

    日本の総理大臣に提出した

    堂々と新聞に載せてしまった朝鮮記者朝鮮編集者が知識階級という大韓民国!
     百年前、明治政府も福沢諭吉も糞小便垂れ流しの暗黒半島にハングルを発明してあげたり漢字を教え込んだり文明を与えたりと本当に余計なことをしてくれたものです!

    1. めがねのおやじ より:

      団塊様

      仰せの通り、糞半島いやもとい、文字なき暗黒半島です。あらゆる文明、人としての最低限の性根、一切ございません。

  17. マスオ より:

    私も、日韓関係の「悪化」という表現は違和感があります。
    どうしてもマスコミは「悪化している」と言う、印象操作をしたいように思います。

  18. 裏縦貫線 より:

    「口頭親書」ってのは、原告(?)ムンムンがしゃべったとする内容を紙にかいて被告(?)菅総理の代理に渡したよ、ってことをいっているのでは…

    1. 団塊 より:

       いや、🐎🦌が四つの漢字に当たるハングルを並べただけの意味不明どころか書いた新聞記者、編集者、新聞社全社そろって漢字どころかハングルすら分かってない愚か者ばかりだと世界に宣言しただけ!
       まあ、漢字を学んで初めてハングルの意味が分かったと日本で著述業をやってる朝鮮半島人が、言ってますから
       日本が発明してあげ教育までしてあげた『漢字混じりハングル』を学校で禁止されて半世紀ですか!
       そりゃあ漢字のないハングル(=発音記号)だけの韓民国じゃ成立しないハングル言葉として成り立たないハングルを作り出して新聞に載せたという🐎🦌を晒したのは必然なんでしょうね

  19. WindKnight.jp より:

    ああいう形でメッセージを送られても、”無かったこと”にしかできないでしょうね。

    それがわからないのが、今の韓国なのでしょう。

  20. 匿名29号 より:

    親書とは送り手の署名が入る文書のことであり、「口頭親書」などの文言はあり得ません。下衆に勘ぐれば本当の親書を手渡そうとして受け取りを拒否され、ならばと勝手に口頭で内容を伝達して口頭親書とこじつけたというところでしょうか。だって親書を持っておめおめと本国に帰れませんしね。

    駐日韓国大使の件もそうですが、日本政府が頑なに真実を明らかにしようとしないのは、外交の話は非公開という原則を守っているだけではないような気がしてきました。
    先日韓国政府関係者が菅首相に会ったというニュースは米国にも伝わっていると考えるのが普通であり、もし内容が21日の米韓首脳会談に影響があるものであれば米国としても事前に内容を把握したい筈です。米政府筋から「会って、何話したん?」と問い合わせがあり日本から「いや、実はね、ひそひそ・・・」とあったかどうか知りませんが、日米とも非公開が原則なので韓国には分からず、いったい何を米国にご注進したのか大変気になってきます。
    バイデン大統領がどのような事前情報を把握しているのか分からないため、文在寅大統領も21日の会談では底が割れていることは言えず、自縄自縛となってしまう可能性もあります。

    日本政府がそのような心理戦を行えるのか、単に戦略的忍耐を貫いているだけかは分かりません。今の時点で日本政府が沈黙していること自体韓国にとっては不気味に映る筈ですが、そこまで深読みする韓国外交部でもないし、文在寅大統領もKYなので単に日本政府の空振りである可能性が強いと考えています。

    1. 団塊 より:

       いやいや口からでまかせ全てが嘘捏造でしょう!
       子供の頃
      朝鮮人 息を吸って嘘を吐く
       朝鮮人 息を吐くように嘘を吐く
       とか
      朝鮮人と喧嘩しちゃダメ、負けると家に火をつけるから
       と
      言われたでしょう!
       あれですよ、全てがその場凌ぎの嘘捏造!
       嘘、菅総理に会ったということからして嘘!
       その後のことは勿論すべてがその場凌ぎの嘘!
       
       

      1. ビビル2世 より:

        そういえば、「朝鮮人と喧嘩しちゃダメ、負けると家に火をつける」と言われていました。ひどいことを言うなあとその当時思っていましたが、今韓国の事を言うと、家族が「ひどいことを言うなあ」という顔をされています。

  21. 名無しさん より:

    あゝ、アメリカの方を向いて心にもないゼスチャーをしていると。それなら幾分合点が行きます。格闘技で「手数」がカウントされる様な。
    だがバイデン政権はもっとストレートに同盟関係の履行を見ているとは思います。そうした観点からは日本向けのゼスチャーだけでアメリカの観心を買う事は難しいとも思います。

  22. 名無しのPCパーツ より:

    まあアメリカは米韓同盟を「朝鮮半島の非核化」だけに絞ってるからなぁ。
    対中対日交渉は話をしないだろう。
    お望みのツートラック外交とも言える。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。