裁判所は「土着倭寇」?慰安婦問題巡る協議は終わった

昨日以来、取り上げようかどうか、ちょっと迷っていたのが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日掲載された、「裁判を土着倭寇と非難することの是非」に関するコラム記事です。韓国メディアにはありがちですが、途中まで分析が正確であったりしても、結論部分がおかしいことが多く、実際、コラムニスト氏は日韓問題の解決に向けて「韓日外交当局の協議が必要」などと述べているようなのです。

「土着倭寇」とは?

本当は、昨日のうちに取り上げようかどうかと迷った記事がひとつあります。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日の朝時点で掲載された、次の記事です。

【時視各角】「土着倭寇」の大声を張り上げている時が良かった=韓国

―――2021.04.23 07:58付 中央日報日本語版

文章を執筆したのは中央日報のコラムニストの方だそうですが、全体で2000文字弱という分量ながら、中央日報にしては珍しく、前編・後編にブチブチ切ったりしておらず、その意味では大変に読みやすい記事です。

「土着倭寇」という単語は韓国メディアではしきりに見かけるものですが、これらの報道から判断する限り、この単語は「韓国国内にいる、韓国に反する行動を取る者」のことではないかと思います。「反日的日本人」の韓国版のようなものでしょうか。

韓国が日本に「歩み寄った」という誤解

何の話を言っているのかといえば、自称元慰安婦らが日本政府を相手取って損害賠償を求めた訴訟で、今月21日に韓国の裁判所が主権免除などを理由に却下の判決を下した、という話題に関連するものです。

これについては昨日の『朝日新聞社説「判決を機に日韓両政府は対話本格化を」』などでも報告したとおり、一部のメディアは「韓国の裁判所が日本に対して歩み寄った」、「だからこそ日本も韓国に歩み寄らねばならない」、などと大騒ぎしています。

ただ、このコラムニストの方によると、今回の判決では、文在寅(ぶん・ざいいん)氏自身が、ある種、困った立場に立たされることになるのだそうです。それが、次のような記述です。

日本政府に対する慰安婦損害賠償訴訟却下判決で文在寅大統領の頭の中は複雑になった。外交的負担は軽減することになったが、被害おばあさんや反日感情のことを考えると悩みが深くならざるを得ない。何より韓日問題をめぐって話してきた性急な言葉をどう収拾するか頭が痛いはずだ」。

要するに、自分で発してきた「強い反日メッセージ」が、韓国国民の「土着倭寇」と罵る感情を育ててしまった、というわけです。これについては正直、「自業自得」としか申し上げようがありませんし、そんな文在寅氏を大統領に選んだのは、韓国国民の皆さん自身でもあります。

このコラムニストの方によると、文在寅氏は2017年の「光復節」のときには「韓日関係の障害物は日本の歴史認識」と叱責し、2018年の「三一節」のときには「反倫理的人権犯罪」という言葉まで使ったのだそうです。

また、2019年に「日本が半導体素材輸出規制カード(※原文ママ)を切ると」、今度は文在寅氏は「もう2度と日本には負けない」と激高したほどです(※ちなみに日本が韓国に対して輸出規制を適用している事実はありません。日本が適用しているのは「対韓輸出管理適正化措置」です)。

要するに、ここまで激しいことばを使って日本を批判してきたことが、文在寅氏自身を苦しめている、というのがこのコラムニストの主張でしょう。

非常に底が浅い分析

もっとも、当ウェブサイトに言わせれば、文在寅氏の言動は「大韓民国を北朝鮮に献上すること」のために一貫しているものであり、べつに「反日」そのものを目的にしているわけではないと思うのですが、この点の視点を欠いていると、物事を見誤ります。

たとえば、安倍晋三政権が朴槿恵(ぼく・きんけい)とのあいだで取り交わした慰安婦合意を巡っては、文在寅氏は今年になって、「両国間の公式合意だったと認める」とする立場に転じました。これについて、コラムニストの方はこう綴っています。

就任前から否定してきた朴槿恵(パククネ)-安倍政府の2015年慰安婦合意も、最近になり『国家間の公式合意』という立場に転じた。米中新冷戦の中で韓日問題を放置することが負担になったのだろう。

非常に底が浅い見方だと思います。

文在寅氏自身、自分で反故にしてしまった日韓慰安婦合意を「縫合」するための具体的な提案を、そもそも一切出して来ていません。文在寅氏の発言も、「日韓問題を放置するのが負担になったから方針を転換した」証拠ではなく、「韓国は韓日関係改善に取り組んでいる」というポーズに過ぎないのです。

そのうえで、このコラムニストの方の記事を読んで、最も驚き、呆れる見解が、次の記述です。

今回の慰安婦判決のメッセージははっきりしている。感情ではなく理性で、怒りではなく外交で解決しようということだ」。

くどいようですが、この慰安婦問題とやらについて、解決する義務は、日本政府には一切ありません。

2015年12月の日韓慰安婦合意で「最終的かつ不可逆的に」慰安婦問題が解決されたことを日韓両国政府が確認したからであり、「外交で解決」云々の記述は、明らかに筋違いでしょう。

一事が万事、いちいち用語が正確ではないのはなぜなのか?

そのうえ、「感情は感情、法は法」という記述のなかで、日本の福島第一原発ALPS処理水の海洋放出を巡って、こう言い放ちます。

世界は自分を中心に回っているという『希望回路』は孤立を生むだけだ。日本の汚染水放出決定をめぐる米国と国際原子力機関(IAEA)の反応で見たではないか」。

このコラムニストに言いたいのですが、ALPS処理水を「汚染水」とわざと呼び変えているのは、韓国や中国だけです。自称元徴用工を「強制徴用被害者」、輸出管理適正化措置を「輸出規制」、米韓為替スワップを「米韓通貨スワップ」と呼ぶなど、一事が万事、韓国では用語遣いが不正確です。

いずれにせよ、このコラムニストは「慰安婦判決に対する『土着倭寇』批判が騒がしい」、などとしつつも、「今回の判決が建設的な韓日関係への解決方法を探る契機になるよう期待する」と議論を締めくくっています。

本当に呆れる話です。

主権免除違反判決問題にせよ、自称元徴用工判決問題にせよ、日本企業や日本政府に不当な不利益を発生させないような解決策を示す義務は、100%、韓国のみにあります。

少しでも「日本との交渉」という表現が出てくること自体、大いに筋違いだと言わざるを得ないのです。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    そんなに土着朝鮮人が良くて、朝鮮が懐かしいんですかね?東京の三倍の放射性物質を半万年吸い続けるとそういう結論に至るんだろうか?

  2. だんな より:

    「外交的解決の結果が「慰安婦合意」でそれ以上は無い」というのが、日本政府の結論で、交渉が必要だという人は、解決をしたくない、させたくない人々です(昨日のアカヒの記事も同様)。
    「土着倭寇」は、反韓国だけでなく、反民族的という言いがかりをつけるときに使う、日本のスパイのような意味だと思います。文政権は、「土着倭寇」「積弊」という言葉で、対立する保守派の粛清と国民感情の扇動を行いましたので、日本に譲歩すると文政権自体が、逆に国民から「土着倭寇」と言われてしまうという事です。

    >一事が万事、いちいち用語が正確ではないのはなぜなのか?
    それこそ汚染水と書かないと「土着倭寇」のレッテルを貼られるでしょう。

    このように韓国では、誰でも日本に好意的な発言、主張をすることは、「土着倭寇」として、韓国における社会的階層低下を招くことになりますので、社会構造的に個人や集団で親日的行動を起こすことは、難しい状況です。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    この中央日報のイ・ヒョンサン氏のコラム、昨日読みました。昨日の感想は、、「あゝやはり朝鮮人らしい思考の語りだな」と思いました。冒頭いきなりジョージ・ブッシュ氏の話が出てくる(嘲笑)。

    ちょっとぉ〜、世界最強の米国の大統領を例えに出すほど、小国の半島の南側半分の国の文大統領が、同列ですか(失笑)?どんだけ面の皮厚いのですかネ〜。

    で、文大統領が2019年に、日本が適用した「対韓輸出管理適正化措置」を輸出規制と怒りだし、「もう二度と日本には負けない」と激高した。覚えてますよ。お門違いの文句だ。

    その相手国(それも、かりそめにも友邦隣国)に二度と負けないなんて、一国の最高責任者、為政者が申す言葉ではありません。超下衆です。超下品です。でもそれを選んだのは韓国民自体だ。地球規模で最低ランクの民族と称されても仕方ないですね。

    要するにこのイ・コラムニスト氏は、文大統領が自分で発してきた「強い反日メッセージ」が、韓国国民の「土着倭寇」と罵る感情を育ててしまった、と。土着ってあまり良い意味では無いし、歴史家や考古学者以外、日本人なら使わないです。で、残りの二文字が倭寇(嗤い)。元寇じゃなくて倭、日本の悪い奴ですか。

    文は、自分で反日を煽って、愚弄し、卑日し過ぎた為、もはやイ氏の言う「韓日問題が負担」どころか、日韓関係を永遠にぶち壊しました。もとには戻りません。日本人は韓国アレルギーになりました。その一等功臣です。

    イ・コラムニスト氏の見方は大甘、浅薄ですね。「お互いが慰安婦問題について、知恵を出し合う」必要などありません。ソラ、そうやってスグ他国を巻き込む!(笑)。朝鮮人の悪い癖ですよ。勝手にひとりでやってなさい。

    また福島県の処理水を「汚染水」と呼び変え、自称元徴用工を「強制徴用被害者」、輸出管理適正化措置を「輸出規制」、米韓為替スワップを「米韓通貨スワップ」と呼ぶ。

    慰安婦も嘘、「売春婦」です。日本統治時代じゃない、朝鮮戦争時かベトナム戦争時が濃厚です。海自対潜哨戒機が低空飛行で威嚇も嘘、「北との瀬取りか高官の接線」です。

    一事が万事、韓国では用語遣いがある。ワザと言い換えてる場合と、根本的に語彙を理解してない(プフッ)時があるのはご愛嬌ではなくて、頭が悪いから(笑)。

  4. 七味 より:

    >日本政府に対する慰安婦損害賠償訴訟却下判決で文在寅大統領の頭の中は複雑になった。

    大丈夫ですよ〜
    (〃^∇^)o彡☆あははははっ

    地裁の一裁判官が出した判決でしかないから、上告審でひっくり返せば元通りなのです♪
    そんでおかしな判決を出した裁判官を、国民情緒とやらにあうように処分すればいいのです♪

    大統領は、行政府の長であるだけじゃなくて、立法府の第一党の党首でもある訳だから、司法府のそれも下級審の判断くらいじゃ、揺るがないのです♪

    がんばれムンムン、負けるなムンムン♪民族の悲願達成に突き進め♪

    結果は歴史が判断してくれるのです♪

  5. 伊江太 より:

    >感情ではなく理性で、怒りではなく外交で解決しようということだ。

    口を極めて日本を罵ってきた点では、中央日報だって、そう文在寅ばかりを責め立てられる資格があるようには思えないんですがねぇ。

    それはともかく、このところ韓国保守系メディアのお約束。
    「今は外交交渉の時」。
    いったい、なにをどう交渉しろというのか?

    文在寅へのアドバイスとして、一番時宜に適っていることと言ったら、
    「これまでの数々の非礼、違法行為について率直に詫び、
    今一度我が方に温かいまなざしを向けて欲しいと、
    日本政府に懇請すること」だろうが、

    そんなことをチラッとでも書いたが最後、
    今度は自らが「土着倭寇」の囂々の非難を浴びるのは必定。
    まあ、困ってるのは分かります。

    「だったら黙っとけばいいものを」と
    アチラの人間に言っても、それは無駄かな。

    はらわたがない上に、口までおとなしくなったら、
    存在すら怪しくなりかねない(笑)。

  6. 七味 より:

    ちょっと真面目にコメントするのです♪

    >今回の慰安婦判決のメッセージははっきりしている。感情ではなく理性で、怒りではなく外交で解決しようということだ。

    判決を出した裁判官が単に法律論から判決を導いただけじゃなくて、指摘のようなメッセージを込めてるのかはわかんないけど・・・・
    記事を書いたイ・ヒョンサン氏は、何故、外交的には既に解決してるって事実から目を背けるのかな?って思うのです♪

    >感情は感情で、法は法だ。
    って言う割には、自称元慰安婦が感情にまかせて言う「日本は、謝罪しろ。賠償しろ。」っていう言葉は、無条件に肯定しているのです♪
    あたしなんかは、そもそも主張自体に正当性がないって思ってるのもあるけど、それは置いといても、解決したことを何度も何度も蒸し返す、その態度自体がおかしいと思うのです♪

    いい加減、感情のまま自分の主張を繰り返す自称元慰安婦たちに対して「その主張は認められない。」って諭した上で、韓国内で彼女たちがそれなりに満足できるように、韓国政府なり韓国人が処遇しようという動きにならないのが不思議なのです♪

    韓国内で韓国人が、そんなことを主張したら社会的・生物学的に抹殺される危険があるのかもしれないけど・・・・・

    ただ、余計なお節介に過ぎないけど、
    >慰安婦おばあさんたちはもう15人しか残っていない。
    って言うなら、そのおばあさんたちが、心安らかに過ごせる方策を、そろそろちゃんと考えてあげれば良いのになって思うのです♪
    その方策は、他国を一方的に断罪して憎しみを募らせることじゃないと思うのです♪

  7. カズ より:

    彼らにとっては【日本が協議の席に着く=慰安婦合意の不備認定】なのです。
    二匹目のドジョウはいません。

  8. G より:

    まず今回の裁判。まだ終わってないんです。日本としては反応しようがないですね。これから控訴することは確実なんでしょ。

    今まで通り何も対応は変わりません。

  9. 陰謀論者 より:

     引用先の記事を読んだけど結局よくわかんなーい。ただ何となく「勝手に困っているようだ」というニュアンスは伝わってきました。お互いに種の壁があって言葉が通じない関係ですが、どんな状況にあるかは意思疎通できたらよいですね。
     保守系の新聞が、暗号のようなポエムを書き始めたということは、追い詰められて、中身ではなく文章を装飾でごまかす(ただどんなにきれいに盛り付けてもしょせん豚の餌)必要にせまられているということで、かなり困った状況にはあるようです。
     ただし「韓国への愛がないのか」と言ってないのでまだまだ余裕がありそうです。ここで私たちがやさしくする必要はありません。道路でジタバタしだすまでは様子を見ましょう。
     今後さらに追い詰められたら、わざわざ交通量の多い道の真ん中でジタバタしはじめたり、大声で泣き始めたり、飛び降りるふりをはじめたり、時には本当に自分に火をつけたりしはじめるでしょう。そうなるまでに時間がないかもしれませんので、対策や心の準備はしておいたほうがよいかもしれません。
     なお近い未来に、天災や神罰で、かの国がひどい災害に見舞われることがあるかもしれません。その時は少し嫌な気持ちになるかもしれませんが、最大限の救済を行いましょう。私たちには理解できないことですが、それは「上から目線の施し」という行為に感じるらしく、「最大限の屈辱」になるそうです。嫌いな相手には相手が嫌がることをしましょう。徹底的に札束でひっぱたくのがよいそうです。
     

  10. 七味 より:

    3つめのコメント失礼します

    >今回の判決が建設的な韓日関係への解決方法を探る契機になるよう期待する。

    イ・ヒョンサン氏だけじゃなくて、国内の朝日新聞とか今回の判決を機に日韓の対話をはじめるべきと言ってる方への感想なのです♪

    あたしは今回の判決を機会に日韓で外交的な解決策を図るというのは筋違いだと思うのです♪

    今回の判決は地裁でのものであって、原告は控訴の意思を示しているそうなので、この判決が確定するかどうかはわからないというのが理由のひとつなのです♪

    控訴断念するなり控訴審で判決が確定する可能性がある一方で、控訴審で判断が変わり1月(だったかな?)と同じ日本敗訴の判決が出てそれが確定する可能性もあると思うのです♪

    後者の場合はもちろん韓国は何も変わっていないってことなので、韓国政府による行動を求めている日本政府が態度を変える必要は何もないと思うのです♪

    朝日新聞とかは、前者の場合を期待してるのかもしれないけど、やっぱり日本政府が態度を変える必要はないと、あたしは思うのです♪

    矛盾する2つの判決があった場合、先に出た判決はどうなるのでしょうか?韓国の法制度は知らないけど、考えられるのは、次のどっちかだと思うのです♪
    ①判決自体はそれぞれ独立しているので、後にどんな判決が出ようと、先に出た判決は有効なままである
    ②後に出た判決によって、先に出た判決はその法的用の誤りが明らかになるので、その効力を失う(か、もう一度判決を出し直す)
    ①の場合は、韓国が国際法に違反しているという状態に変化はないから、やっぱり日本としては韓国政府による是正を求めるという今の立場から、変わりようがないのです
    ②の場合は、一見、韓国が国際法違反の状態を解消したように見えるのですが、確定した判決に矛盾した判断を裁判官が自由に出すことができるってことだから、次に1月とおんなじ判決が出たら元に戻っちゃうだけなのです♪
    むしろ、日韓両国の政府がいくら話あっても、裁判官の考えひとつで、いくらでもひっくり返せるってことが明確になる分、今以上に日本政府が韓国政府と話合いをする意味がなくなるのです♪(この場合、韓国側は交渉の主体は政府ではなくて、裁判所にすべきなのです)

    結局、今回の判決をもって、日韓の交渉の機会とする考え自体が間違っていると思うのです♪
    韓国政府が自らやることを何もやっていない以上、どうしようもないのです♪

    なお、米中対立の中、韓国を引きとどめるためにも、対話をはじめるべきという考えもあろうかと思うのです♪
    あたし自身は、敵を身内に抱え込むくらいなら、明確に敵として扱う方が良いと思うのです♪
    ・・・・・が、それでも百歩譲って韓国との協力関係を結びたいっていうなら、せめて元自称慰安婦とかの解決済みの問題は話題にも上げないようにすべきだと思うのです♪
    ツートラックとか虫のいい話じゃなくて、韓国は、自称さん問題はしばらく忘れ去って、協力可能な分野(例えば、う〜んと、まぁ、あれですね。探せば、なんかあるんじゃないかな?)での協力をただ愚直に積み上げて、信頼関係を構築する、ってことをしていかないとダメなんだと思うのです♪

    1. 門外漢 より:

      七味 様
      この判決は何も前非を悔いて修正の意味で出したものではありません。
      そもそも当初予定を一月遅らせたのはムン氏の意向です。裁判官が良心に従って判決を出すなら、遅らせる理由はありません。
      1月に続いて原告勝訴なら、いくら地裁の判決だと言っても、以降の裁判に確固たる判例となります。
      1月の判決の後日本が弱腰なら同様の判決になる筈でした。と思います。
      ただ日本が意外と強硬なので路線転換の必要が出て来ました。日韓関係は断交とは言わないまでも半永久的に凍結になれば、金をむしり取ると言う実利どころか、反日を政治カードに使うということすらできなくなります。
      反日であろうが親日であろうが日本は動きませんから。
      どうせ最高裁までは確定じゃ無いので硬軟2通りの判決を出しとけば時間稼ぎになります。その間サラミ戦術が使えると思っているのでしょう。
      案の定マスゴミ辺りは「今度は日本が譲歩を・・・」なんて言い始めてます。
      さすがに菅・茂木ラインは動かないと思いますが、額賀・河村なんてのが居ますから、油断は出来ません。

  11. より:

    2015年の合意では、いわゆる慰安婦問題は「完全かつ不可逆的に解決した」ことが確認されており、かつ合意に盛り込まれた日本側のアクションは実行済みです。従って、改めて協議を行う余地など皆無です。また、韓国側が同様に合意に盛り込まれたアクションをすべて実施したのであれば、追加的措置に関する協議も可能ではあるでしょうが、ほとんど何も実行されてない以上、日本としては、韓国が何を言ってこようと、「まず合意を遵守しろ。話はそれからだ」以外に反応しようがありません。ゆえに、韓国に可能なのは、まず2015年合意をきちんと実行するか、あるいは堂々と合意を破棄するかのいずれかしかあり得ず、外交交渉が介在する余地はないのです。
    なお、仮に合意の破棄を韓国政府が宣言したとしても、日本側としては何も失うものはありません。なぜならば、”慰安婦”にかこつけた韓国官民による反日活動は現在進行形で続いており、改めて「損害」が増えることはない一方、日本は「韓国は合意を一方的に破棄する国である」という名分が得られ、今後韓国との協議に一切応じる必要がなくなるという意味で、むしろ”お得”ですらあるからです。

    さて、今回の判決(以下、4月判決とします)は、とりあえず”常識的”な判決であるように見えますが、まだ確定したわけではありませんので、日本側としては反応のしようがありませんし、何らかのアクションを起こすべき契機とはなり得ません。この点で朝日新聞などの「対話論者」は根本的な錯誤を犯しています。彼らはまず三審制の意味から学びなおすべきでしょう。
    さらに、4月判決が上告審などを経て確定したとしても、今度は1月に下された確定判決(以下、1月判決)との矛盾が発生します。仮に4月判決が大法院まで行き、そこでの判例として確定したとしても、それ以前に確定した1月判決がそのまま自動的に無効になるわけではありません。いずれも民事の損害賠償請求訴訟なので、案件ごとに異なる判断が下される可能性自体はあり得ると思いますが、1月判決を放置すれば日韓間のトゲとして残り続けますので、韓国政府としては、たとえ渋々でも日韓関係の「改善」を目指すのであれば、何らかの対処を行うのが望ましいでしょう。(注記: 韓国司法の問題なので、日本としては口の挟みようがありません)

    そこで、ちょっと先走って、韓国が1月判決を無効化する方法をいくつか考えてみました。

    a. お得意の遡及法を制定して、1月判決を無効化する
    b. 1月判決は韓国憲法に抵触する可能性があるので、何らかの理屈で憲法裁判所に提訴し、違憲判決を引き出して1月判決を取り消す。
    c. 広範な恩赦権を持つ韓国大統領が「恩赦」を宣言し、1月判決の執行を不可能にする

    いずれの手段も通常の法治国家では絶対にあり得ないものですが、韓国でならば可能かもしれません。「1月判決の無効化」を目的とするならば、なんでも押し通せるでしょう。なにしろ韓国ですからね。

    もっとも、上記は韓国の「国民感情」とやらを完全に無視したものです。レイムダック化が囁かれる文大統領はもちろん、仮に次期大統領が非左派になろうとも、実行できないでしょう。つまり、偉大なる文在寅大統領は、日韓関係を「完全かつ不可逆的に」破壊したのだとも言えます。さすがは廬武鉉元大統領を超える逸材ですね。

    1. 門外漢 より:

      >いずれの手段も通常の法治国家では絶対にあり得ないものです

      法的に合理性がある方法と言えば、被告に上訴させて上級審で引っ繰り返すと言う事でしょうが、被告(日本国)が裁判に不参加ですから無理です。
      原告勝訴ですが「金額に不満」とか「判決要旨に納得出来ない」とかの屁理屈で上訴させると言う手はあるんですかねえ。

  12. ミディアムユーザ より:

    妄想です。
    私が広島原爆の被爆者の遺族とします。
    米国の非人道的行為への慰謝を求めて、日本の地方裁判所の裁判官の理解を得たうえで提訴した場合に私に寄り添う判決がでる可能性はありますか。

    私が、例えばフランス国の国民の子孫でもあった場合、フランス国に提訴することは可能なのでしょうか。
    韓国の国内状況を理解するために、日本に置き換えたらどうなるかを知りたい意図です。

  13. 迷王星 より:

    >・・・と呼ぶなど、一事が万事、韓国では用語遣いが不正確です。

    確かに。
    但し、日本も用語法の正確さや的確さという点ではあまり自慢できないと個人的には思いますけれどね。

    実例1:“United Nations”を「連合国」と訳してた(これは“U.N.”の逐語訳で原語の意味を日本人に伝える上で悪くない)のに、ある時から何故かいきなり「国際連合」(およびその省略形の「国連」)などと原語にない「国際」(日本語の慣習では国際機関の名称の訳としては英語での“International”の訳に当てる語)と変な訳にすり替えてしまい、大半の日本国民は第二次大戦中の交戦相手の「連合国」と「国連」とは全く異なる機関・組織と錯覚してしまっている。その結果、呆れるほどに国連とその関連機関(例えばICJ等)が日本に対してフェアに対処してくれると信じているお人好しな日本人(例えば竹島の不法占拠とは異なり単に無視しておけば日本に実害はなくて済む事柄をICJに日本から提訴して白黒の決着を付けろと主張する人々など)を大量に生み出し続けている。

    実例2:アメリカの国名を構成する句“United States”での“State”は「州」と訳しているのに、この句全体は「合州(国)」でなく「合衆(国)」という言語にない「衆」などという語を用いた奇妙な訳を充てている。勿論、明治政府の連中の思惑でこんな変な訳にした訳だが、いい加減に正しい日本語訳として「アメリカ合州国」と呼ぶように改めれば良い(その変更に要する米国側のコストは当然ながら変な訳をした日本が負担ということになる)のに。なお、この問題は小田実も指摘していたそうだが、小田実のような反日左翼は個人的には大嫌いだが彼のこの意見だけは正しい。

    実例3:自分の国に「中国」という語を使っている重要な地名があるのに、他国から「(俺様が東亜の中心の国(つまり「中国」という語の意味での中国)なんだから、という部分は黙っておいて)『中国』と呼んでね」と言われてホイホイと呼んじゃう国レベルの人の好さ。

    1. より:

      > この句全体は「合州(国)」でなく「合衆(国)」という言語にない「衆」などという語を用いた奇妙な訳を充てている。

      “United States”を合衆国と訳したのは日本ではなく、清国の官僚だったようです。日本はその訳語を明治の頃に引き継いだだけで、あえて変更すべき理由もないため、そのまま現在に至っているということらしいです。

      以下の論考にそのへんの経緯が記述されています。(大正大学研究紀要104号)
      http://echo-lab.ddo.jp/Libraries/%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E5%AD%A6/%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%B4%80%E8%A6%81/%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%B4%80%E8%A6%81104%E5%8F%B7/%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%B4%80%E8%A6%81104%E5%8F%B7(201903)%20011%E9%AB%98%E5%8E%9F%20%E6%AD%A3%E4%B9%8B%E3%80%8C%E3%81%AA%E3%81%9CUnited%20States%20%E3%82%92%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%A8%E8%A8%B3%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%E3%80%80%E2%80%95%E3%80%8C%E8%A1%86%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%E2%80%95%E3%80%8D.pdf

      1. 門外漢 より:

        龍 様
        国号や官職・公職名などは当該国の了解を得て使用するもの、少なくとも外交用語としては、と思ってたんで、当然米国(これは良いのか?)が合衆国で良いと言ったと思ってました。

  14. Yaab より:

    >このコラムニストに言いたいのですが、ALPS処理水を「汚染水」とわざと
    >呼び変えているのは、韓国や中国だけです。自称元徴用工を「強制徴用被害者」、
    >輸出管理適正化措置を「輸出規制」、米韓為替スワップを「米韓通貨スワップ」
    >と呼ぶなど、一事が万事、韓国では用語遣いが不正確です。

    これは、韓国が義務教育から漢字表記を駆逐した所為で、漢字熟語からきた用語の意味に対する一歩踏み込んだ厳密な理解が出来ない事に由来する韓国特有な「自分の言葉の語感の羅列に酔う」、或いは「難解なキーワードを単に羅列するだけで、なにか高尚で有意義な意見を述べた気になれる」特性の現れでは?

    もっと辛辣な言い方をすると、韓国では「知ったかぶりの勘違い」連中が政界、学会やメディアで幅を利かせている訳です。

    日本人として不思議なのは、この連中は「勘違い」、「妄想」、「明らかなウソ」が後に発覚しても表立った活躍を続けられる事です。

    まあ「朝日」、「毎日」、「東京」、「週刊現代」、「共同通信」が未だにのさばっている日本も大きな事は言えませんがね。

  15. 名無しの権兵衛 より:

     中央日報のコラムの最後の段落に「大法院(最高裁)からどのような結論が出るかは分からないが、今回の判決が建設的な韓日関係への解決方法を探る契機になるよう期待する。(中略)文大統領も最悪の韓日関係にした張本人という評価を残したくはないだろう。」
     とありますが、文大統領は、そんなことは「これっぽっちも」考えていないと思います。当面の最大関心事は、バイデン大統領との会談で、米国の対北朝鮮政策に文大統領の考え方をなるべく多く取り入れてもらうことでしょう。まあ、ほとんど無理でしょうけどね。今回の判決は、バイデン氏の「俺が仲介した日韓慰安婦合意を文大統領が反故にした」という心証を、首脳会談前に若干和らげただけです。
     来年の任期満了に向けての最大関心事は、次期大統領選で与党候補が勝利することと、万が一、野党候補が勝利した場合の身の振り方だと思います。彼の頭の中は、これが99%だと思います。
     どうせ、自らの任期中には、今回の慰安婦判決は(控訴・上告により)確定しないのだから、対日関係なんて、もうどうでも良いとしか考えていないと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。