姜昌一氏は現時点においても「次期大使リスト」に掲載

本稿は、客観的な状況に関するメモです。例の「姜昌一問題」に関する最新状況をまとめておきます。

先日の『異例の「アイスランド1ヵ国のみ」信任状捧呈、なぜ?』では、韓国の「次期駐日大使」である姜昌一(きょう・しょういち)氏を巡り、「足の怪我」を理由に韓国側から申し出があり、信任状捧呈式が「延期された」、という報道記事などを取り上げました。

【参考】『異例の「アイスランド1ヵ国のみ」信任状捧呈、なぜ?

異例の「アイスランド1ヵ国のみ」信任状捧呈、なぜ?

また、あくまでも理論的なゲームとして、「じつは姜昌一氏にそもそもアグレマンが出ていなかったのだとすれば、一連の現象はどのように説明がつくか」という議論を、『そもそも姜昌一氏に対し「アグレマン」は出ているのか』で展開した次第です。

【参考】『そもそも姜昌一氏に対し「アグレマン」は出ているのか

そもそも姜昌一氏に対し「アグレマン」は出ているのか

なお、とても当たり前の話ですが、姜昌一氏に対してアグレマンが出ていたのかどうか、姜昌一氏の信任状捧呈式が「延期」された本当の理由はどこにあるのか、といった点については、外交に関する事項でもあるため、真相はわかりません。

ただ、客観的な事実だけをもうひとつお伝えしておくならば、加藤勝信官房長官は今月9日午前の記者会見で、この「信任状捧呈式延期」に関し、産経新聞の記者の質問(リンク先ページにある動画の18:25~)に対し、次のような趣旨の回答をしています。

  • 延期というものは、一度決まったものが延びることをいう
  • 時期は決定されていないと承知している
  • 現時点においては信任状捧呈式の時期の調整がなされていると承知している

この回答を額面通りに受け止めるのであれば、そもそも姜昌一氏の信任状捧呈式は4月6日の閣議決定の時点で「決まっていなかった」ということであり、これはこれで非常に異例な事態でもあります。

さて、ついでに客観的事実として、4月1日時点で「次期大使」欄に記載があった8人のうち、4月14日時点における信任状捧呈状況を確認しておきましょう(図表)。

図表 信任状捧呈状況
氏名(敬称略)信任状捧呈
①アイスランドステファン・ホイクル・ヨハネソン4月8日に完了
②韓国姜昌一
③アルゼンチンギジェルモ・フアン・ハント4月12日に完了
④アルメニアアレグ・ホヴァニシャン4月12日に完了
⑤ブルガリアマリエタ・ペトロヴァ・アラバジエヴァ・デ・デスカルシー4月14日に完了
⑥ケニアタブ・イリナ
⑦英国ジュリア・ロングボトム4月14日に完了
⑧トルココルクット・ギュンゲン

(【出所】外務省『各国駐日大使リスト』等を参考に著者作成)

ほかに、現時点でアフガニスタンのシャイダ・モハマド・アブダリ氏、ラオスのフォンサムット・アンラワン氏が「次期大使」リストに加わっています。また、ケニアの大使の順番が飛ばされ、先に英国の大使の信任状捧呈式が実施されたようにも見えますが、その理由はよくわかりません。

いずれにせよ、姜昌一氏は今年1月22日に成田空港から日本に入国していて、いまだに特命全権大使としての活動を開始することができない状況にある、ということだけはよくわかります。

その一方で、『水面下の関係に戻れないことに気付き焦る韓国メディア』でも述べたとおり、日本から韓国に派遣されている相星孝一氏については、14日に文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領に対し、信任状を提出したことで、正式に「特命全権大使」としての活動が可能となっています。

読者コメント一覧

  1. ぷら より:

    足が悪いんだったら順番飛ばされても仕方ないですね。いやー残念だなー

  2. たい より:

    永遠のモラトリアム大使として、頑張ってください。

    1. 簿記3級 より:

      今年の元旦にも話題に上ってましたので、年末まで引き伸ばして最長記録に挑戦してもらいたいですね。

  3. 名無しさん より:

    青瓦台は相星大使には文句を言いつけるためだけでも親任状を受けておかなければならない。日本側は文句を言うにせよ記者会見で遺憾砲発射で済ましているみたいな実態。
    日本は建前として抗議は表明するが「どうせ韓国は聞く耳持たない」と放置。
    必ず呼びつけて、上から目線で要求を突きつけ、説得したり脅したり、裏で密室で相談して表向きとは違う物言いで泣き落としするとかしなければならない。
    それもこれも日本には必要ない。

    1. 匿名 より:

      そういうことでしたか?姜昌一に対しての冷遇にもかかわらず、信任されたことが、納得出来ませんでした。ようやく理解しました。ありがとうございました😊

  4. よし より:

    足、頭、顔と気色が悪いw
    不適格なオッちゃんを信任しちゃダメ。
    それか不適格と分かって信任して
    お隣との関係を徹底的に壊すか。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国の姜昌一氏の「足の怪我を理由に」は嘘っぱち。足ぐらい何とでもなる。公務遂行が出来ないなら帰るべし。車椅子での信任状捧呈式も出来るはず。

    韓国側がプライドを痛く傷つけられたか、そもそも不都合な点で飛ばされた、と思うのが普通でしょう。後着の英国にも先を越され、もう日本としてはそのまま放置処分ではないでしょうか。

  6. 海コン より:

    こんなことはないとは思うんですが
    次期全権大使候補人が正統な手続きで1月から

    ・留学ビザで来日
    ・就労ビザで来日
    ・観光ビザで来日

    して、後日にさながら時代劇の水戸黄門のように
    「先の○国次期全権大使、○○様だぞ、控えおろー」
    ってリアルでやってるんじゃないかと妄想してます。

    外交ビザ(特権つき)発給資格ないから信任されないとか。
    観光ビザで入国した奴が大使詐称とかするかもしれませんよね。

    1. 海コン より:

      申し訳ないです。
      結局 「自称」 疑惑で収まるのが両国にとって一番の落着点ではないかと妄想する次第です。
      片方は国のために恥辱を甘んじて受けた、というキャラで。
      失礼しました。

    2. はにわファクトリー より:

      海コンさま

      そもそも次期某氏の一件、決定発表から今日までずっと茶番なのであろうと当方はそのように判断していました。すなわち「騙されたふり」「してヤラレたふり」を演じ続けている(だれが?)
      処理水放出に対してかんかんになっているのも、実は同じ舞台の狂言回し役をつかまされたことに気が付いたせいではと。周回遅れとは挽回不能の意味ですが、つくづくそう感じます。

    3. 引っ掛かったオタク より:

      「さきの○○」は「前○○」のコトで前任者のコトを指すモノイイだと理解しておりましたが…

      1. 海コン より:

        引っ掛かったオタク さま

        ご指摘ありがとうございます。
        「前の」が正しい解釈ですね。
        あと、自己反省なんですが、確か隣国は査証不要だったかと…
        だから今の所は、書類上観光客扱いの人が「次期全権大使候補」を名乗って駐車違反や飲酒運転、足の治療費の未払いとかの外交特権で守られた軽犯罪を粛々と行ってるだけ、と解釈してもいいんじゃないかと、妄想して遊んでいますに訂正します。
        失礼いたしました。

  7. 門外漢 より:

    良く判らないのですが、次期大使は大使としての公務が出来るんですか?
    臨時代理公使が居る以上、大使の公務は公使が代行する、んでしょ?。字面からすれば。
    するとカン氏単なる外交官又は外務部嘱託(?)ですわね。呼びつけて文句を言う相手はあくまえキム公使だと思うんです。

    なので、一度カン氏をすっ飛ばして、キム公使に遺憾の意を表明するのも面白いんじゃ無いでしょうか。

    1. 門外漢 より:

      ✖あくまえ
      〇あくまで

      舌が短くなってしまいました。

  8. G より:

    ・足の怪我のための延期である(日テレ系の報道)
    ・延期じゃない予定されてなかった(官房長官が「延期」の定義まで解説しながら明言)

    本当はどっちだ、という話になります。次期大使がわからの答え合わせ報道は一切ありません。

    もちろん、信憑性としては官房長官の発言の方が絶対的に高いです。ただ、官房長官説にはなぜそうなったのかの理由がありません。ここ数年なかった1カ国だけ捧呈式を延期でやむなくでなく、最初から予定して行われたことの理由をどうやってつけるのでしょう。

    筋書きからいうと、日テレ報道説でもって言い訳しようとしたけど、官房長官に嘘を封じられてしまった。そんな感じがします。

    これで、次期大使さまは一切報道の表舞台に出てこれなくなりました。捧呈式を予定として順番飛ばしされた理由をまず言わなきゃいけないからです。

    私は形式的にアグレマン出てる派ですが、今回の件で大使としての活動が完全に封じられたように思います。アグレマンの有名無実化ですね。

    つぎの一手は足痛いと言いながら車椅子に乗って帰国。これしかないですね。

    1. 名古屋の住人 より:

      G様

      >つぎの一手は足痛いと言いながら車椅子に乗って帰国。

      いまから羽田空港まで車いすで行くから、駅員4人を速やかに手配せよ!と御託を並べてひとしきり大騒ぎをした挙句、〇HKの記者を呼び寄せて声高に「道徳的優位」なるものを喚き散らすことに100ウォン賭けます(笑)

    2. 引っ掛かったオタク より:

      日本テレビについてはさきのサッカー日韓代表戦で日本代表の今これからを担うであろう選手が負傷し(否!させられ)た際の不可解な実況などを視ても、
      既に“日本”のテレビ局ではないようでアリマスので…

  9. 無病息災の男 より:

    日本政府の関係者が、「・・・慰安婦問題や元徴用工訴訟問題で、韓国側が受け入れ可能な解決策を示すまで、茂木外相は姜昌一(次期)大使との面会に応じない構えだ」と発言した、と過去に報道されているのですから・・・。
    姜昌一氏の信任状奉呈式は、その前に『茂木外相が姜昌一氏と面会する』というニュースがあって、その後の話になるでしょう。
    現在、韓国側が受け入れ可能な解決策を示すような動きはありませんから、信任状奉呈式まだまだ先になるでしょう。

    1. イジワルばあさん より:

      さしずめ、次期大使殿は、宿題をやって来ないで廊下に立たされている小学生ってところですね。教室に入れても貰えない。
      さて、この事態をどうやって打開するか、次期大使のお手並み拝見!!
      楽し・・いえ、日韓両国の関係にとっては憂慮すべき異常事態です。

  10. カズ より:

    >この回答を額面通りに受け止めるのであれば、そもそも姜昌一氏の信任状捧呈式は4月6日の閣議決定の時点で「決まっていなかった」ということであり、これはこれで非常に異例な事態でもあります。

    メディアでは”延期と報道(4月5日)”されたのですが、出席できない旨の表明は日本側の閣議決定(可否の決)の前に出されたのであり、実態は「招待もされないうちに辞退した」に過ぎないんですよね。

    *入場券で改札を通過したから “乗車できない人” みたいですね。

  11. 匿名29号 より:

    外務省の駐日各国大使リストに次期大使と名前が挙がっている=アグレマンが出ている、と考えるのが正しいとは確か政府の誰も言っていませんよね。
    相手国より〇〇を駐日次期大使としたいと通知があった時点でリストに掲載(それが慣例かどうかは知りませんが)、その後アグレマン等の手続きを進める特別ケースもありうるのかもしれません。特に今回韓国は外交慣例を破って先に大使発表をしたので、外務省も外交上波風が立たないよう時期大使リストに加える異例なケースとして扱っている可能性もあります。その後来日して信任状の写しを持ってくるのは韓国側の自由なので受取拒否する理由はないものの、アグレマンを出す出さないは日本の内政問題なので進められていないということもあり得ます。
    本人もともかく日本に入国して周旋活動をすれば事務手続きなど直ぐに終わると踏んで来日したのが、なかなか進まないので進退が極まり病気にならざるを得ないのでしょう。ただでさえ今の文大統領にとって韓国内で逆風が吹き始めている時期に、駐日大使になれませんでしたなどと言ってのこのこ帰ってこられて真相が明らかになるのは大迷惑ですし、次期大使殿はあと1年我慢して政権が替わるのを待つしかないです。

    いずれにしても、外務省が頑なに沈黙しているのはアグレマンについては公表しないという慣例を守っているだけなのか、または今回のことで何かミスをしたためか、あるいは過去のミスがあらわになる脛に傷があるためなのかと疑りたくなります。いや、考えてみれば黙って何もせず相手が勝手に自滅するのを冷たい目で見ているという一番底意地が悪いことも考えられます。いやいや外務省官僚にそのような深慮遠謀があるのかこれまた疑わしいので、来月にあっさり正式大使になることもあり得て、あれこれ詮索する楽しみを提供してくれる次期大使殿に感謝です。

  12. PONPON より:

    私も新宿会計士様同様、実はアグレマンは出ていないと考えるようになりました。
    アグレマンが出てから派遣する大使を決定するという慣例を無視した韓国に対して、アグレマンを出さないという慣例を無視した対抗措置を取ったということです。
    実質的に大使として扱うか否かは日本の自由なので、おそらくこのまま干された状態で大使活動はできないのでしょう、そもそも日本に何のデメリットもありませんし。
    信任状奉呈式は、状況を鑑みながら無期限の延長を試みるといったところでしょうが、今回の処理水いちゃもん問題で無期限延長の可能性は高まったようにも思います。

  13. IVD より:

     私なりのストーリーを。ご笑覧ください。
     姜氏の扱いについて、日本政府はかねてより以下の様な「宿題」を韓国政府に課していたのではないでしょうか。
    「姜氏の信任状捧呈式の日程を4月6日に閣議決定するから、それまでに日本が受け入れ可能な具体策を持ってこい。そうすれば茂木外相と会わせてやるし、信任状捧呈式も8日に執り行うことで決定する」
     日本政府の立場は、韓国の行動次第では信任状捧呈式を執り行うのもやぶさかではない、といったところでしょうか。一応8日の捧呈式の席をあけて5日まで待ってみたものの、韓国側から「宿題」の提出はなく、出てきたのは「足を怪我したから延期してほしい」という言い訳だけ。そこで8日の捧呈式はアイスランド一国のみとして6日に閣議決定。つまり日本はギリギリまで姜氏の席をあけてはいましたが、決まってはいなかった、という状態だったと推測します。

    ところで、一昨日(14日)の以下の記事ですが、姜氏がまだ天皇陛下に信任状を捧呈していないことについて報道官が説明しています。

    文大統領、日本大使に対し「汚染水放流、非常に大きな憂慮」捧呈式の歓談発言として極めて異例=韓国
    https://news.yahoo.co.jp/articles/335bd5d821bfb6321a6e8ca8c2481cbbf5c4b2c4
    >>カン報道官は、カン・チャンイル(姜昌一)駐日韓国大使がまだ天皇陛下に信任状を渡していないことについて、「今月8日に信任状捧呈式を行う前日にカン大使が転倒したため、出席できず延期された状態」と説明した。

    >>捧呈式を行う前日にカン大使が転倒
    あれれ??おっかしいなー。
    5日にNNNが報じてたけどなー。

    1. カズ より:

      IVD様
      条件付きでの信任(アグレマン)は、無きにしも非ずなのかと・・。
      私的には「彼自身による”過去言動の撤回と謝罪”」だと思ってます。

      *「侮辱発言の非礼も詫びず(変な釈明をしただけ)」の人物に、当事者(天皇)から”免罪符が与えられる”と思ってる方がどうかしてるのかと・・。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。