読者雑談専用記事通常版 2021/03/06(土)

本日も「読者雑談専用記事(通常版)」を準備しました。

読者雑談専用記事(通常版)とは

当ウェブサイトでは以前から読者の皆さま方の議論、雑談に特化した記事を作成しており、本記事は特段テーマを決めず、好きなことを書き込んでいただくための「通常版雑談記事」です。原則として毎週土曜日、月曜日、水曜日に更新しております。

コメントを書き込む際の注意点につきまして

コメントを書き込む際のルールは『コメント・引用・転載の注意点』のページをご参照ください。

読者投稿的なコンテンツにつきまして

読者投稿募集』のページにも示しているとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しています。その際、読者投稿の基準を満たさない投稿記事(たとえば文字数が足りない、など)については、こちらの「読者雑談専用記事」に書き込んでいただいて結構です。その際、最初に「投稿のタイトル、投稿者の簡単なプロフィール」などについて記載してください。また、1回の投稿で書ききず、投稿を続ける場合は、「続き」とわかるように明示してください。

次回の読者雑談専用記事(通常版)の公表時期につきまして

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、読者雑談専用記事通常版 2021/03/08(月)』につきましては、3月8日(月)正午に公表したいと思います。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
     本日の朝日新聞の署名記事からですが、「森(元)総理の女性蔑視発言も、トランプ前大統領の方言も、支持者には必ずうける『鉄板ネタ』ではなかったのか」というものがありました。だとしたら、(朝日新聞を含む)日本マスゴミ村の森発言批判も、モリカケ問題も、(古くは)ロス報道も、愛読者向けの『鉄板ネタ』ではないでしょうか。そして『鉄板ネタ』の寿命を延ばすためには、多少の変更を加えていくことです。つまり、争点を変えていくのです。(菅総理の長男ネタは、『鉄板ネタ』にすることに失敗したのかもしれません)
     駄文にて失礼しました。

    1. ちかの より:

      引きこもり中年様
      1番getおめでとうございます。
      トランプさんの発言は、ツイッターを駆使したことによりツイッターの利用者数を激増させたりもしました。
      日本のモリカケや森元総理叩きは、オールドメディアの悪あがきに過ぎない、と思います。

  2. だんな より:

    引きこもり中年さま
    一番乗りおめでとうございます。
    トランプ大統領の方言は、放言でしょうか?

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。誤字でした。
       方言→放言でした、

  3. だんな より:

    今日は、陽気が良く、これから家族の所に行きます。
    お昼は、品川でなんか食べます。

  4. 引きこもり中年 より:

     ワンツー・フニッシュを狙って、独断と偏見を申し上げます。
     中国の台湾産パイナップルの禁輸は、中国国内のパイナップル生産者への支援という面もあるのではないでしょうか。つまり、パイナップル需要全体が減っても、台湾産パイナップルが占めていたシェアの一部が、中国産に代わって、個数単位では中国産パイナップルの出荷数が増えればよい、ということです。(もちろん、その後のことは考えていません)
     駄文にて失礼しました。

  5. 老害 より:

    明治(食品会社)さんは、立派な社会貢献をされております。15年間も、こんな支援を続けていたとは。チョコは明治さんのものを優先して買うことにします。

    そういえば、この支援先の国名を商品名(チョコ)にしている会社が日本にあったな。連中は、どんな立派なことをしてくれてるのかな?パクった日本の商品を、半島で売って訴えられた話は知っているけど。

    ガーナで名誉酋長になった日本人が築いた信頼
    (チョコの原料カカオ産地を15年にわたって支援)
    https://toyokeizai.net/articles/-/414106

    1. わんわん より:

       よいお話です
      土居恵規さん goodjob

       古くは
      台湾の八田與一さん
      ブルネイの木村強さん
      ブータンの西岡京治さん
      アフガニスタンの中村哲さん

      このような方々により日本の信頼は築かれてきたのですね

      1. 阿野煮鱒 より:

        NERICAという米の栽培をウガンダで指導している坪井達史さんも有名です。
        https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/201409/201409_11_jp.html

        モーリタニアでタコ漁を指導した中村正明さんも有名なのですが…
        https://www.nikkeyshimbun.jp/2020/200902-41colonia.html

        こちらは資源争奪戦などの問題がありまして、美談だけでは済まされなくなっています。中村さんが悪いわけではなく、彼が育てた産業が食い荒らされているのです。

    2. 阿野煮鱒 より:

      ご紹介ありがとうございます。初めて知りました。カカオ豆生産には貧困層搾取や児童労働など暗い話がつきまといます。土居恵規さんは、これらの問題に取り組み、素晴らしい仕事をなさいましたね。

    3. 老害 より:

      わんわん さま
      阿野煮鱒 さま

      コメントありがとうございます。こういった、立派な日本人がいてくれることを誇らしく思います。
      でも、どんなに立派なことをしても、半島では評価されないでしょうね。連中は、恩知らずですから。

  6. 阿野煮鱒 より:

    楽韓さんが取り上げた朝鮮日報のコラムで「独立門への誤解」が嘆き悲しまれています。

    http://rakukan.net/article/480355439.html

    どういう誤解かは楽韓さんが解説している通りです。清からの独立を記念して建てられた独立門を、多くの韓国民が日本からの独立を記念したものと認識しているということです。なにせ門の周辺に独立運動にまつわる銅像や展示物がひしめいていて、どう考えても勘違いさせる意図があるのは間違いありません。私も現地に行って、その周到な作為をこの目で見てきました。博物館・記念館の類いでも、勘違いを誘発する展示は至る所で見ました。

    で、朝鮮日報の嘆きは「文在寅大統領まで騙されている」という事実。これをどう見るべきでしょうか。

    私は常々、「韓国では少数のエリートが、何もかも承知の上で多数のバカを騙している」と言ってきました。では文在寅大統領はエリートではないのでしょうか、バカなのでしょうか。

    穿った見方をするなら、彼も何もかも承知で大衆を騙すために三文芝居をしているのだ、という事も出来ますが、彼の場合は、北朝鮮純粋培養大統領ですから、本気で騙されているのではないかと思います。日本でもそうですが、だいたいパヨチンの頭はおかしいのです。

    では誰が騙す側にいるのでしょうか。ラスボスが北朝鮮なのは間違いないとして、実行の主体は官僚機構の中にいると私は見ています。なぜなら、独立公園のような公共施設を作る、国中の博物館に嘘っぱちの展示物を置く、歴史教科書をいじくる、などなど公的権限を持つ者でないとできないことをやっているからです。

    日本の省庁が日本の国益を毀損することを行うことが組織風土になってしまい、人が異動しようが退職しようがやることが変わらないように、韓国の官僚組織も、反日は組織慣行として行われているのではないでしょうか。

    そのような組織風土ができた理由は、軍事独裁政権下で国民が自由を制限され貧しく暮らしていた頃、国民の不満を紛らわせるために行った官主導の反日運動が定着したのではないかと思います。

    1. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      釈迦に説法ですが。
      朝鮮半島が、日本からアメリカに統治権が移って、李承晩が帰って来た時には、日本化した朝鮮人の住む国でした。
      その人々を纏めるのに、李承晩は何の正統性も有りません。そこで、旧宗主国である日本を悪とする事と、反共で危機感(恐怖)による統治を始めたのが、反日のきっかけだと思います。
      この前まで反日は、韓国内の葛藤を反日で解消していたので、貧しい時代の憂さ晴らしなのかなぁ。
      官僚だけで無く教育がやられたのは、日本も同じですね。

      1. 阿野煮鱒 より:

        > 李承晩が帰って来た時には、日本化した朝鮮人の住む国でした。

        日本化しきれなかった朝鮮人も少なからずいました。敗戦後に半島から引き上げた日本人の体験記を読みますと、掌返しで非道いことをしに来た朝鮮人、涙を流して別れを惜しんでくれた朝鮮人、無関心な朝鮮人、などなど色々な人がいた様子がわかります。

        そして、今の韓国人の振る舞いが李氏朝鮮時代の振る舞いと変わらないことをみれば、大勢は日本化しきれなかったと見て良いと思います。

        反日の切っ掛けは仰るとおりです。米国も日本への頸木として朝鮮を利用したく、反日の指導をしました。

        で、反日の実行部隊が官僚であり、いわば反日行政とでもいうものが組織風土として定着しているのではないか、というのが私の説です。

        > 貧しい時代の憂さ晴らしなのかなぁ。

        誰が国民騙しの主体なのかという話です。何もかも事実を知っているからこそ、周到に国民に誤解を植え付ける「装置」が作れるのです。

        一般大衆は、貧しかったからではなく、見下す対象、優越感に浸れる対象として日本を叩くことに喜びを見い出した、ということだと思います。韓国の歴代政権が、支持率が落ちると反日を激化させるのは、国民が政治に持つ不満から目をそらすためで、つまり、憂さ晴らしは豊かさに関係なく今でも有効なのです。

        1. 名無Uさん より:

          阿野煮鱒様へ

          ≫誰が国民騙しの主体なのかという話です。何もかも事実を知っているからこそ、周到に国民に誤解を植え付ける「装置」が作れるのです。

          ここは核心部分ですね…
          まったくその通りだと思います。
          韓国に限らずですが、新たに独立した国家というものは、旧宗主国の影響力が新国家に及び、再び独立が損なわれてしまうことを本能的に恐れます。
          旧宗主国に対する対抗政策を打ち出して、新国家に対する国民の民心を糾合する必要がどうしても迫られてしまいます。そうした事情、そうしたベクトルというものが、どうしても働くのだろうと思います。
          それは大英帝国から独立したアメリカ合衆国でも変わらないことでした。

          日本に再び飲み込まれてしまうかもしれないという恐怖心は、李承晩大統領や朴正煕大統領らにもあったでしょう。反日政策・反日教育を推し進めなければならない事情は左派ばかりではなく、保守派の父たちにもあったことになります。
          その反日部分に食い入り、より過激な形にして、保守派たちの心まで掴むことに成功していったのが、従北左派の主要な戦略でした。独立門まで用意周到に利用して、韓国はまんまと左派に嵌めこまれてしまいました。
          保守派と左派は反日部分だけは意気投合し、極端な対立を避けるためにお互い利用しあっていたとも自分は解釈しています。

        2. だんな より:

          阿野煮鱒さま
          三人とも考えはほぼ同じで、枝葉末節が、過去の知識で違うだけだと思います。
          慰安婦や併合については、だいぶ世間の知識が付いた様に思います。
          戦後から日韓協定までの20年間の、韓国の蛮行についての知識が、不足している印象です。

          別コメントで、日韓関係を良くしたい訳では無い、嘘を信じる韓国人を可哀想と思わないは、私も同じです。

    2. はるちゃん より:

      増税原理主義の日本の財務省の役人が減税を口にできないのと同じなのかも知れませんね。
      財務省の場合は税務署を切り離せば良いと思うのですが。
      韓国の反日には対策思い付きません。

    3. より:

      > 「韓国では少数のエリートが、何もかも承知の上で多数のバカを騙している」

      まず、何もかもを承知している少数のエリートが、現在の韓国にも存在しているのかどうか少々疑問です。そもそも「侮日」の根源は、李朝時代に営々と積み重ねられてきたものであることを忘れてはならないと思います。
      ご承知のように、李朝時代はごく一握りの両班と大多数の奴隷から成り立っており、奴隷たちは食うや食わずの状態に置かれ続けました。そして両班はと言えば、言うまでもなく朝鮮式朱子学の権化であり、華夷秩序は天然の理であると信じて疑いませんでした。奴隷たちにとっても、自分たちよりも惨めで哀れな野蛮な人達(国)があると言い聞かされれば、多少の慰めになったかもしれません。
      その後時代は下り、李朝末期には両班の家系を自称する人が大幅に増えました。両班であるということは、すなわち朝鮮式朱子学を至上の教え、絶対の真理として奉じなければなりません。かくして、朝鮮社会に「侮日」の素地が営々と培われることになります。

      李承晩や朴正熙はその素地を利用して国内をまとめようとしました。李承晩は王家傍流とも言われるバリバリの両班でしたので、反日・侮日はごくごく自然な、説明するまでもなく当然の姿勢でした。両班の特権、両班の誇りを根こそぎ奪った日本は、彼にすればどうしても許せないものであったに違いありません。
      一方、朴正熙は、おそらく全部承知の上で「反日」を推進しました。元々そういう素地があったので、反日を煽ることは容易でした。なにぶん韓国は地域対立が酷く、国民を一つにまとめ、彼の本来の目的である反共に向かわせるためには、一番都合が良かったからです。

      ところが、金大中政権下で「反共」という大義名分と目的が喪われてしまいました。こうなると、元々500年に渡って培われてきた侮日という素地があるだけに、反日の暴走は止まらなくなりました。悪いことに朴正熙の意図を知るものもいなくなったため(娘である朴槿恵ですら理解していない)、反日・侮日は自家中毒と化し、そもそもの理由がわからないために、無理やり理由を探し出す、あるいは捏造するに至ったのです。

      私は以上のように理解しています。政治的な意図で、単にある国への憎悪を煽ったとしても、これほどまでの状況にはおそらくなりません。李朝時代に営々として培われた素地あってのことだと思います。
      でも、もし上記の説が正しいとすると、生半可なことではどうにもなりません。およそ韓国人が朝鮮の文化や歴史を完全否定するなどということは考えられないからです。日本としてはいい迷惑としか言いようがないですが、どうにもならないのであれば、可能な限り遠ざけるか、もしくは叩き潰すかのいずれかを採るよりないのではないかと考えます。

      1. 阿野煮鱒 より:

        反日の下地に侮日が、その下地に華夷秩序があることは前提でしょう。そこから説教されるとは思いませんでした。

        1. より:

          誰もが阿野煮鱒様のように歴史的背景を踏まえた上で議論を組み立てられるわけではありませんよ。反日や侮日が、ある日突然産まれたわけではない、という点をきちんと踏まえておかないと、単に皮相的な観察から生じた陰謀論と間違われかねません。

          ちなみに、私も反日を解決すべきとか、解決したいとか、ましてや解決できるなどとは微塵も思っておりません。むしろ、「匙を投げてる」というほうがまだしも正確です。お間違えの無いようお願いします。
          また、個人的には「装置」なるものがあるという点にはあまり賛同できません。それだけの能力が官僚機構のどこかにあったならば、もう少しマシなシステムを作れただろうと思いますので。
          優秀な韓国人が実在するという話は、ある意味当然の話で、個人的にも素晴らしく頭の切れる韓国人を知っていますが、私は「韓国人たち」を全く評価していません。「日本人にできたことは韓国人にもできる」というのは正しいと思いますけれども、「日本人たちにできたことが韓国人たちにもできる」とは思っていないのです。

          1. 阿野煮鱒 より:

            > 単に皮相的な観察から生じた陰謀論と間違われかねません。

            何のために誰のためにそう仰るのか、意図をはかりかねます。第三者に対する警鐘でしたら、感謝はしませんが、「お疲れさま」は申し上げます。

            > 個人的には「装置」なるものがあるという点にはあまり賛同できません。

            「装置」に関しては、私の実体験には基づくものの、推論の域を出ません。ここから先は「思う/思わない」ですから議論の価値はないと考えます。

      2. 阿野煮鱒 より:

        それと、私は別に反日という問題を解決したい意図はありません。
        韓国民が騙されているかわいそうな人々だから救ってあげたいなどと思っておりません。

        韓国の反日は、今でこそ制御不能になっているが、意図があって仕組まれ、精密に入念に仕掛けられた「装置」がある、それを作ってきた主体は恐らく歴代政権の意を受けた官僚であろう、というのが趣旨です。

        実際にリアルやネットで多くの韓国人と接しましたが、経済面だけでなく、知的側面でも格差社会であることを実感しました。大抵の韓国人はバカです。何も自分の頭では考えません。サムスンの上の層の人とか、弁護士さんとかと会話すると、頭の切れの良さと知識の豊富さに圧倒されました。もちろん韓国の嘘などお見通しです。でも、そういう問題に踏み込もうとすると「色々厄介になるので勘弁してください」的にやんわりとかわされます。

    4. 福岡在住者 より:

      皆様の議論、大変勉強になりました。
      私はあまりにもキモチの悪いもの(事象)に対し、目を背ける傾向がありまして、、、。 例えば、凄惨な事件(福岡県でも定期的にあります)も、「これ以上見たくないな」というレベルまで来ると、避けてしまうというか生理的に耐えられなくなります。 仕事ならいざ知らず、それ以外ならば見なかったことにしたいと つい感じてしまいます。

      検便のかかりは避けたいという感性ですかね。 少し、反省しています。

    5. 引っ掛かったオタク より:

      朝鮮日報の記事は単に被害者コスプレの前フリに過ぎないのではないかと…
      今後情勢がどう転んでも掘り返してアリバイにできる(ツモリの)種蒔きでしょう…

  7. はにわファクトリー より:

    台湾島の統治権が第二次世界大戦戦勝国の中華民国に手渡って、大陸内戦に敗れた当該政権が台湾島に逃げ込んだころ、台湾島は日本化された台湾人の住むところでした。国民党軍は日本国領土であった半世紀の歴史をおとしめ、日本化された為政者知識人教育者を弾圧抹殺することで、台湾島の中華民国化を推し進めました。日本のための台湾島が、大陸光復のための台湾島に変わったのです。あれから70余年の歳月が過ぎ、朝鮮半島と台湾島はまるで異なる21世紀を謳歌しています。幸多かれはどちらの元日本だったのか、もはや明白なのではないでしょうか。

    1. マスオ より:

      はにわファクトリー様、1人当たりの国民総所得(GNI)に如実に表れているのではないかと。

      ・今年の1人当たりGNIで台湾が韓国を超える?=韓国ネット「うらやましい」「何でも比べるのは…」
      https://this.kiji.is/739009042324062208?c=642615283276121185

      台湾は、個人的には、半導体の技術が世界一だと思ってます。最近のCPUは、IntelよりもAMDの方がいいもだと思いますし、TSMCは今後も世界の半導体産業をリードしていくと思います。
      親日国の台湾が、力をつけて成長していく様はいいですね。将来的には、ライバルで切磋琢磨できれば、なおいいですね。

      記事の最後の方の、コメントは噴飯ものです。是非ご覧ください♪

    2. はにわファクトリー より:

      マスオさま

      日本でなくなったのちの台湾島がどのように工業化したかに興味を感じて集中的にぐぐってみた時期があります。日本の大学が公開している研究成果に参考になるものがありました。大学留学した台湾人が戦前日本の政府資料をひもとき研究したものがなかなかいいのです。
      日本国台湾縣でなく中華民国となったあとの台湾島の工業化は大変だったようです。朝鮮半島南半分の工業化は朝鮮戦争が引き起こした惨禍をリカバリーすべく米国の集中援助があった。反共防波堤として半島南半分と同時なポジションにあった台湾島は同志でもあったのです。ところが、日韓条約後に日本産業力の再注入を受けた韓国が経済成長において台湾島をぶっちぎった。そうなったとき嘆かわしいことに韓国は台湾をあからさまに見下し始めたのです。以降、台湾島は韓国をまったく快く思っていません。妬まれているのだと見下し心の裏返しとしていつも勘違いをしているのは韓国の側です。どっとはらい。

    3. はにわファクトリー より:

      連投すみません

      いつか話題に載せようと思っていたURLを掲出します。
      ▼わたしの台北 街ものがたり
      https://tabilista.com/50-%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E5%8F%B0%E5%8C%97%E3%80%80%E8%A1%97%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%882000%E5%B9%B4%EF%BD%9E2007%E5%B9%B4%E3%80%89/

      1. マスオ より:

        はにわファクトリー様、そうですね。台湾が韓国を嫌うのは結構有名ですよね。

        ・臺灣(台湾)が韓国を嫌う理由
        https://plaza.rakuten.co.jp/dangoya4488/11003/

        記事先拝見しました。
        素敵な写真がたくさんあってホッコリしました♪

      2. H より:

        はにわファクトリー様

        15年程前に台湾旅行に行った事
        思い出しました
        タクシーの運転手さんに教えて
        もらった小さなお店で食べた
        牡蠣入りオムレツが美味しかったなぁ
        そのお店の店主さんらしき高齢の
        お婆さんが日本語でしゃべりかけ
        てこられ、私は不覚にも日本語上手
        ですねなんて言ってしまい
        後悔したこと覚えています

        1. なんちゃってギター弾き より:

          H様
          私も同じ頃、台湾に2回旅行に行きました。確かに、あの世代は先日亡くなられた李登輝氏が代表的ですが、日本語がネイティブですよね。しかも、自分たちがかつて日本国民だったことに誇りを持っているところが何と言いますか、今の日本人以上に日本人のようで、こちらも背筋をピンと伸ばしてシッカリ日本語で会話しないといけない気にさせられました。

      3. より:

        光瀬憲子さんの著作は何冊か読みました。旅行者にはなかなか足を踏み入れるのがはばかられるようなディープな食堂の話が満載でした。なかなか美味しそうではあったのですが、やはり行けないだろうなぁ…(-.-;

      4. はにわファクトリー より:

        みなさま

        「天橋上的魔術師」というTVドラマが本年上映になります。予告編がYoutubeに上がってます。当方は実に楽しみでしょうがありません。市井の生活者たちがこころのうちに抱える影を活写することこそ劇作の醍醐味。中華商場とその周囲で起きていた人間劇すなわち「もうひとつの戦後」が映像化され21世紀の今視聴する機会に恵まれることに不肖はにわは運命の巡り合わせを感じてならないのです。

        重ねて申し上げます。第二次世界大戦終了ののちを「戦後」と書き記します。日本が過ごし経験し実践して来た戦後と、そのほかのアジア諸国の戦後はまるで違っているのです。ですから周辺国の戦後史を紐解き学ぶことは、翻って本朝の戦後を捉え直すことになるのです。今般の世界疫病が克服され菊章入りパスポート持参で空港へ向かう日が復活すれば、向かう方角はアメリカでも欧州でもありません。世界人口の3分の2は日本列島から遠くない地域に展開してます。西へ向かうアジア便に乗れ。日本国が目指す方角、目指す未来はこういうものとそのように考えております。

    4. なんちゃってギター弾き より:

      おはようございます。
      15年ほど前に台湾に2回旅行に行きました。最初の時、電車を乗り間違えて山間の小駅で1時間以上待ったことがあるのですが、ちょうど太魯閣特急(JR九州885系の輸出型)が試運転中で偶然にも走って来たので写真に撮ったりしてたら、駅員さんからこっちに来てと事務室内に呼ばれ、日本時代から使ってるというタブレット交換機。今でも大事に使っていて、しかも(植民地時代なのに)誇らしげに見せてくれて思わず涙が出そうになりました。
      以来、台湾情勢だけはずっと気になってます。自分は積極的改憲派ではないですが「台湾が本当に困って助けを求めてきた時、憲法9条を理由に知らん顔をするなんて200%あってはならない、そんな条文ならさっさと捨ててしまえ!」と思ってます。

    5. 老害 より:

      はにわファクトリー さま

      早く、台湾旅行の話に加われるようになりたいです。

  8. 羊山羊 より:

    台湾パイナップルの一件では美味しい果物をいろいろ教えてもらました。
    一昨年よりふるさと納税に参戦してまして返礼品は主に果物を選んでいます。
    先週も高知より柑橘の最高峰「せとか」が届きまして「みかんの大トロ」を堪能しています。
    5月には有田産木成り完熟八朔「さつき」が届く予定で今から楽しみです。この制度を作ってくれた菅総理には感謝しています。お勧めがありましたら教えていただけると有難いです。

  9. 愛読者 より:

    官僚(国家公務員行政職上級職)が情報弱者化しつつある,という話を聞いて,「そうだろうな」と納得できてしまうところが恐ろしいです。国会対策が主な仕事になり,民間からの情報収集も倫理規定の制約でできなくなって,総合職としての知識・教養が身につかないらしいです。ついでに言わせてもらうと,東大法学部の成績上位の学生が官僚にならなくなっているのも大きいと思います。前例踏襲以外のことは,できなくなってくるでしょう。
    前例踏襲でないはずのデジタル庁の件ですが,人事制度や給与について原案を見て,個人的予想が大体当たりました。幹部は当然法学部卒の行政職でしょうが,たぶん行政職として優秀な人は行かないでしょう。情報の専門家は非常勤職員として採用するようです。メーカーやIT企業が優秀な職員を一時的に退職させて送り込み,2年くらいで元の会社に戻るわけです。この制度は他の省庁にも実施されていて,出向中は会社より長時間労働・低賃金になるので,会社に戻った後にその差額を会社が補填するようです。出向中の生活が大変なので,長期間の出向は無理です。国のほうからみても,企業の技術営業要員を税金で雇っているような感じで,どうなんでしょう。でも,文系行政職や技官(技術職上級職)の天下り先には困らないかも。IT音痴のトップという話の関連で,「みずほ銀行新頭取の強みは愛嬌」という話を思い出してしまいました。
    くだらないことを言うと,官公庁主催の情報セキュリティー研修とかの中身を聞いてみると,個人情報の定義とか法令関係の話が多くて,技術的な話は「マイクロソフトのセキュリティーアップデートをきちんとしましょう」とか「メールの添付ファイルに気をつけましょう」とか「怪しいWEBで情報を入力しないように」程度のレベルです。その気になれば,簡単に情報を抜けそうです。たぶん,中国・ロシア・北朝鮮あたりには筒抜けだと思います。個人情報保護法も国内でしか有効ではありませんので,外国人が海外で閲覧するのは自由です。

  10. だんな より:

    元歯医者さんのブログから、慰安婦と契約の話です。
    https://sincereleeblog.com/2021/03/06/tatobatatobatatoba1/

    1. H より:

      だんな様

      お題とは関係なく申し訳ありません
      シンシアリーさんのところもよく覗いて
      いますが、ハゲ親父様お元気そうで
      なによりです。キレが増しているように
      感じるのは気のせいでしょうか

      1. だんな より:

        Hさま
        何度もコメントしてますが、隊長は元気です。
        隊長には、かなりの数の良いね👍が付くので、酔っ払っても真面目にコメント書いてる感じです。
        返信機能が、無くなったから、挨拶は週一出来れば良いくらいです。

      2. 老害 より:

        H さま

        団長がお元気そうで、何よりです。
        特殊工作の指令は、未だ受け取っておりません。

    2. ちかの より:

      だんな様
      シンシアリーさんが「慰安婦、売春婦」ではなく「娼妓、酌婦」で韓国の新聞の過去記事をググると、ヒットする記事が多くなるという述懐が印象深いですね。

  11. だんな より:

    休みの日の「ふと思ったんだけど」シリーズです。
    韓国が「日本は戦犯国」だと言いますが、日本政府が、これを放置しているのが「諸悪の根源」の様に思いました。

    1. たい より:

      罪を憎んで人を憎まずとはいいますが、
      国そのものにレッテル張りをしています。
      真の意味での差別主義者です。

      1. クロワッサン より:

        たい さん

        だって、日本を恨まないと韓国人として生きるのは単なる罰ゲームじゃないですか。

  12. カズ より:

    yahooショッピングで「韓国が無くても・・」の電子版を購入しました。
    ショップの初回購入クーポン(50%OFF)を使用後、残額の440円に対してペイペイ決済特典20%とショッピングサイトの日曜日お買い物特典16%が後日に還元されるみたいです。

    ふと思ったのです。電子書籍はデータのやり取りに過ぎないとはいえ、こんなに安いと印税ってどうなのでしょう?
    基本的に値引きのない紙媒体との違いは大きいのでしょうか・・??

    1. りょうちん より:

      それはたまたま様々なキャンペーン値引きが重なった幸運なだけで、別にそんなに電子書籍新刊の通常価格は安くありませんよ。
      まとめ買いや旧作は値引きしたりしていますが。

      1. カズ より:

        あ、良く確認したら紙媒体との定価差額は110円しか違わないのですね。(送料相当でしょうか?) たまたまのラッキーでした。

        *返信ありがとうございました。

  13. はにわファクトリー より:

    (ざーざざざ)こちらは大連第一放送、JQAK(ぽっぽっぽっぽーん)

    正午のニュースです。初めに東京発の外電です。

    すがよしひで日本国首相は昨日午後開かれた外交調査委員会で発言し、台湾島を国家と認め日本国がたいほくに大使館を開設する予定であることを明言しました。この発言を受けて、軍事緊張の度合いを高めている南東アジアに安定のいしずえを築く勇気ある決断と、どこかを除く周辺各国はいっせいに歓迎の立場を表明しました。台湾の蔡英文総統は、70余年の隔絶期を経て生き別れの兄弟が契りを結び直すことに相当する偉大な決定と述べました。

    続いて大相撲大連場所、昨日の取組結果です。高野之華に北っかいは、はらほれに押し倒して北っかい(以降つぎはぎ大相撲続く)

  14. はにわファクトリー より:

    サイト主どのにならって以下のように検索していました。

    「site: http://www.nikkei.com/international/korea/ ラムザイヤー」

    ジャーナリズムの灯(ともしび)ジャーナリズムの火(ほのお)知る権利の代行人を自称する報道機関の実力および正体があからさまになると思います。近日公開新作映画「ソウル支局の三悪人」ご期待ください。

    1. はにわファクトリー より:

      会計士どのに私信いたします。スクリーンショットを魚拓しておいて幸運でした。当方は Google 社による検閲が行われていると確信しました。なぜならば、かの検索エンジンは類似単語&類似情報を寄せ集めるようにプログラムされているからです。まったく結果が0とは、そうなるように手心が加えられているから、です。AltaVista 時代からのコンピュータプログラマとして発言いたします。

      1. へちまはたわしのみに非ず より:

        nikkei.comのサイト検索だと以下記事がヒットします。
        https://www.nikkei.com/article/DGXKZO59333140Q0A520C2KE8000/

        有料記事につきgoogleのクローラが本文中の”ラムザイヤー”の語句を収集できなくても無理はないと考えます。

        軽く”ラムザイヤー”を検索したところでは、この件では半島系のニュースサイトに頻出、論文に寄せる関心の差を如実に示しているようですね。
        朝日のみならず読売でもサイト検索結果無し、は若干臭くはありますが。

      2. はにわファクトリー より:

        報道しない自由を謳歌し、職務怠慢の罪を糊塗しようとする、ニッポンジャーナリストに月給泥棒のそしりがこの先あるならば、それは自傷行為が引き起こした「ざんねんなひとたち」の末路としか言えません。

        1. 武舞江 より:

          2015年の日韓合意の精神を尊重して、あえて議論を起こすようなことをしないための、政府に対する忖度ではないですか?

  15. イーシャ より:

    明日のプライムニュースは、真田・鈴置コンビの登場ですね。

    1. ちかの より:

      イーシャ様
      お二方は、後半の登場です。
      前半は、西村大臣のウダウダです。

  16. イーシャ より:

    同じ詐欺犯に対する地裁判決を報じた、2件の報道を比較してみましょう。

    元会社役員に懲役8年 原発賠償金8.6億円詐取―福島地裁 (JIJI.COM 2021年03月05日19時04分)
    「東電から賠償金約8億6千万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた韓国籍の元会社役員」
    こちらは韓国籍を明記しています(記事中には本名も記載されていますが省略しています)。

    一方、
    賠償金詐欺、示された手書き図 「ただの詐欺ではない」 (朝日新聞DIGITAL 020年2月7日 16時00分)
    「原発事故で売り上げが減ったとうその申請をして、賠償金約2億3800万円をだまし取った疑いがあるとして、県警は昨年1月末、元社長の」
    こちらは国籍の記載はありません。

    朝日新聞は、褒めそやすときは、韓国韓国と連呼するくせに、
    韓国人が犯罪を起こした場合には、国籍を報じない傾向がありますねぇ。
    これが、「報道する自由/報道しない自由」なんでしょうね。

    1. イーシャ より:

      上記朝日新聞の記事は、昨年のもので、判決については報道さえしていません。
      多くのメディアも、報道を避けています。

      東電賠償詐欺懲役8年実刑判決 (NHK NEWS WEB 03月05日 18時15分)
      は伝えていますが、こちらも国籍を報じていません。

    2. 老害 より:

      イーシャ さま

      これ、ホントに仰る通りだと思います。
      料理やファッションなど、唐突に半島を誉めそやす 記事を書くくせに、悪事になると国籍を隠す傾向があるのには疑問を感じます。

  17. 田舎人 より:

    最近、国内の内向きな雰囲気と国力の衰退、を強く感じるようになりました。
    私自身そう多く経験した訳ではありませんが、海外を旅行し、現地において学ぶことの重要性は身にしみてわかっているつもりです。

    以下のような記事、最近よく目にするようになりました。
    我が国の次世代、グローバル化が進むのとは、ある意味真逆に向かいつつあるのが心配です。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f7c717ab5a595bec89ea1c51e4b05ee66874344

  18. 宇宙戦士バルディオス より:

    『円は紙クズに? コロナ後に来る「日銀破綻」の危機』
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/022600181/
    >藤巻氏:小説にもあったように、地銀はゼロ金利で長短金利差もなくなり、本業の利益が激減しています。貸倒引当金を大きく計上せねばならない事態になれば、深刻です。

    >異次元の量的緩和で懸念される一番の副作用は、日銀の破綻だと私は考えています。買いまくった長期国債の利回りが令和元年度で平均0.257%です。今、10年物の長期金利で0.15%ぐらいです。これが0.2%ぐらいまで上がると日銀が抱える国債に評価損が出始めるわけですよ。

    >相場氏:大変なことになりますね。
     で、利回りが上がる可能性はあるのかよ?

    1. カズ より:

      宇宙戦士バルディオス様

      うん。同感です。
      自国債の市場売りを際限なく日銀が買えている状況で、利回りの上昇(国債価格の下落)は考えられないですものね。

      *仮にそうなったのだとしても、政府も日銀も国の機関なんだから、両者が「相殺しよう そうしよう。」と呼応すればいいだけのことなのかと・・。

  19. タナカ珈琲 より:

    既出でしたらごめんです。

    TAHOOニュースによれば将棋の船江恒平六段が19年3月から、専門学校に通い公認会計士試験に合格しました。井上慶太九段門下です。井上一門は藤井二冠の天敵と言われています。兵庫県立加古川東高校の出身で、大学には行ってないようです。将棋棋士はやっぱり常人とは頭の出来が違うようです。これで会計士補に成るのでしょうが、補を取るつもりは有るのでしょうか?興味が有ります。私は『補』を着けたままに1っ票です。

    1. カズ より:

      タナカ珈琲様
      彼はB級まで昇級できれば、次世代の連盟会長に当確ですね。タブン
      着実に『歩成る』を達成した彼の実現力は、凄いと思います。ホントニ

      『補』は本業しだいでしょうね。(『歩』なら取ると思います。)キット・・。

      1. タナカ珈琲 より:

        カズ様

        歩なら取れる…。

        うまい、座布団1枚です。

  20. イーシャ より:

    鈴置論考が出ていますね。

  21. 新宿会計士 より:

  22. 閑居小人 より:

    今日の鈴置論考読みました。
    誰が大統領になっても日本には益なしと思います。
    否韓三原則遵守しながら断韓いや断交を願いたいです。

  23. 理系初老 より:

    下記は、「トモダチの誓い」記念pdf無料配布リンクです。大震災10周年にあたり、日米要人ステートメントと写真で構成されたフリーリンクです。お時間のございます時にでも。
    https://uploads.strikinglycdn.com/files/aabb94a1-5bfa-4099-90ef-957bc5475ec6/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E3%81%AE%E8%AA%93%E3%81%84%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%AA%8C0302_E.pdf

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。