【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった?

私は以前から、安倍総理の唐突な訪韓については不自然だと強調して来ましたが、ここに来て、安倍総理はもはや隠し立てすらしなくなったようです。

少し見えてきた「安倍訪韓の真相」

産経報道「安倍総理が合同軍事演習の再開要求へ」

私は今朝、『見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国』のなかで、安倍総理が今月9日に、平昌(へいしょう)冬季五輪への開会式出席を名目に訪韓することについて、

韓国に『ハル・ノート』を突きつける目的で訪韓するマイク・ペンス米副大統領に加勢する目的ではないか

と申し上げたのですが、その見立てがだいたい正しかったようです。

産経ニュースは今朝、安倍総理が「3月中旬に平昌パラリンピックが閉会した後に速やかに米韓合同軍事演習を実施するよう求める」方針だと伝えています。

安倍晋三首相、文在寅大統領に五輪後の米韓軍事演習の実施要求へ 9日の日韓首脳会談(2018.2.4 05:00付 産経ニュースより)

産経ニュースの報道は情報源が確かではありませんが、おそらく産経新聞社の官邸キャップの田北真樹子氏あたりが掴んだ情報ではないでしょうか?

産経ニュースの報道によれば、安倍総理は文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領に対し、核・ミサイルによる挑発行動を続ける北朝鮮に対して圧力をかけるために、米韓合同軍事演習の実施を求める方針だとしています。

では、なぜこれが「北朝鮮に対する圧力」なのでしょうか?

軍事演習は実戦に転化する

それは、軍事演習を行えば、そのまま、実戦に突入することができるからです。

「演習」と言いながらも、実戦使用可能な武器、部隊、装備が使用されます。当然、演習名目で日本海上に艦隊を展開するだけでも、北朝鮮にとっては強い圧力になります。

ただ、ここで読者の多くは「?」と感じます。

なぜなら、文在寅氏は(表向きは)平昌冬季五輪期間中(2月9日~3月18日)、軍事演習を「延期」すると述べているのであって、「中止する」とは述べていないからです。

この点については私自身のウェブサイトでもしばしば言及して来ましたが、文在寅氏と北朝鮮の独裁者・金正恩(きんしょうおん)はともに、平昌五輪を契機に、あわよくば合同軍事演習を無期限延期しようと画策しているのです(これについては、たとえば一昨日『日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ』のなかで取り上げています)。

私のような「ジャーナリストではない人間」の文章に納得がいかないという方であれば、日経ビジネスオンライン(NBO)の鈴置高史氏が執筆し、昨日付で公表された『次の焦点は平昌五輪前日の軍事パレード/「米国が北朝鮮を攻撃する」と焦り出した韓国紙』あたりを読んでいただいても良いでしょう。

つまり、安倍総理の唐突な訪韓は、今のところは「米国に加勢して韓国(と北朝鮮)に圧力を掛けること」と解釈して良さそうなのです。

安倍総理はまだ何か隠している?

今回、産経ニュースが安倍総理訪韓の意図を報じた理由は、保守層の間から「安倍訪韓」に対する反発が思いのほか強すぎ、官邸サイドがある程度の「ガス抜き」を図ったためではないかと私は考えています。

また、仮に安倍総理の訪韓目的が「韓国と北朝鮮へのプレッシャー」にあるとしても、それでも私は安倍総理の訪韓が韓国側に政治利用される危険性も高く、総理自身の警備の問題もあるので、やはり訪韓すべきではないと判断しています。

つまり、合理的に考えるならば、今回の産経ニュースの報道は、安倍総理が訪韓する理由の説明としては、まだまだ説得力が弱いのです。

このため、今回の訪韓については、報道されていない「裏事情」が、まだあるように思えてなりません。

もしかして安倍総理は今回の訪韓で、金正恩かそのファミリーと会う可能性があるのかもしれませんし、現時点で会おうと思っていて、結果的に会えなかった、となるのかもしれません。

いずれにせよ、今週は2月6日からペンス副大統領の来日、8日に北朝鮮の軍事パレード、9日には平昌五輪開会式、と、イベントがめじろ押しになりそうです。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 本日も第2報発信ありがとうございます。
    < 北朝鮮と韓国は、平昌パラ五輪の後、米韓軍事演習をなし崩し的に永久中止にしようと画策しています。まずは「再延期」です。ほっとけば必ず、米軍に再延期を求めたでしょう。2月2日のトランプ-安倍電話会談でその話は出たと思います。そうならないよう、「即演習開始」を韓国に提言し、あやふやにしないよう求める安倍首相の「忠告」は、大変重要ですし、良い楔を打つ事になる。
    < 米韓同盟は既に破綻しているのは皆さんご存知の通りです。文大統領は国内の保守派を中心にした北従属姿勢に対する不満、あるいは経済政策の失態による社会不安などを、すべて聞く耳持たず、北との統一を目指して行くでしょう。半面、米国はFTAはじめ経済圧力、追加措置で更に韓国の行動を制限しようとするが、サージカル・アタックは現実味がやや乏しくなったと私は思います。宥和とまずはいかなくとも、戦闘行動に出るタイミングが薄れてきています(北の核開発は依然脅威だが)。
    < それも鑑みて、安倍首相は平昌でまだ何か『隠し玉』を持っているかもしれませんね。でないと自民党媚韓派までが「平昌行は慎重に」と言っているぐらいですから、周りを一切情報シャットアウトしたまま、北朝鮮・金正恩と会うぐらいのサプライズがあるかもしれません。これには当然何らかの信頼できるルートがあってのことですが。そうなると一挙に局面は変わります。文など枠外で金-安倍-ペンスによる極秘3者会談があるやも知れません。此処までくれば妄想と言われるでしょうが。
    < 失礼しました。

  2. 何となく より:

    安部首相の訪韓は韓国への最終勧告と党内政治だと思います。二階氏ら媚韓議員の要請に従う形で、党内調整を進めると共にこれに付随する観光関連企業の支持層・資金の取り込み図るのが狙いではないでしょうか?

    また邪推ではありますが、韓国国民の反日デモ等を国民に曝す事による国内の嫌韓世論をまとめ上げる算段もあるのではないでしょうか?トランプ大統領ですら過激な反米デモを受けてますので、安部首相がトランプ大統領以上の反日デモを受けるのは、容易に想像出来ますので、韓国の異常さの絶好のアピールポイントともなるかと。

    異常さが世界的にアピールされるメリットは、二階氏や野党の媚韓議員の沈黙と排除に繋がりますし、韓国のディスカウントジャパンのカウンターとしては非常に大きな成果でしょうね。周辺国及びG7のトップが安部首相のみなのも、注目度としては高いでしょうしね。

    1. 愛国保守 より:

      成る程、深いですね。私も今回の安部首相の韓国
      訪韓の裏には何らかの隠された意図があると思い
      ます。ただしここのブログ主さんが言う通り、そ
      の意図はまだ明らかではないのですが、「なんと
      なく」氏の説明を聞いて、深く納得した気がする
      でも結局、安部首相が日本に返って来るまで、本
      当の彼の意図はわからないのだと思いますけどね
      。。。

  3. 匿名 より:

    NBOに参考になるコメントがあった。内容を抜粋して転載。

    北朝鮮の建軍パレードの前倒しの理由は、例年通りの日程だと、キムジョンウンがピンポイントのミサイル攻撃で暗殺される可能性が高いから。

    トランプが北代表団の招請を黙認したのも、副大統領を派遣するのも、ひょっとしたら北を安心させる罠ではないだろうか。

    「冬季五輪が終わるまで、なにがあっても米国は動けない。」そう安心して暴発を誘発するための。

    北としては十六日前後に大規模実験を実施、五輪後はしばらくなりを潜め、四月半ばの太陽節には、「完成した」ICBMを大々的にお披露目する計画だろう。しかしアメリカは、世界が納得する開戦口実を、じっとまっている段階だと想像する。

  4. 宇宙戦士バルディオス より:

     今回は、少し異議を述べさせて下さい。
    >それは、軍事演習を行えば、そのまま、実戦に突入することができるからです。
    >「演習」と言いながらも、実戦使用可能な武器、部隊、装備が使用されます。当然、演習名目で日本海上に艦隊を展開するだけでも、北朝鮮にとっては強い圧力になります。
     これは、少々違います。演習と、実戦では、準備が大幅に異なります。まず、演習では「実弾演習」という実際に火器を射撃する演習を除いて、実弾を使いません。
     次に、量が大きく異なります。分かり易く言えば、実戦は演習より遥かに巨大な量の補給品を必要とします。セプテンバーイレブンの後のアフガンに対する不朽の自由作戦が始まる前についてです。私は、横須賀の米海軍基地の前にあるカレー屋のマスターと懇意にしておりますが、その頃のことを「ベースのゲートの前に長いトラックの列ができていた」と話してくれました。
     このように、実際に戦争をやろうとすれば、まず兵站に通常の演習とは違う動きが出て来ます。それは、隠せない程大きなもので、普通のスパイ活動をやる国ならば、当然のように察知することができます。もちろん、北朝鮮もこのような動きを探ろうと、日本や韓国、アメリカ内にスパイを放つでしょう。
     演習だけでも圧力になりますが、演習と実戦の間には、非常に大きな違いがあるということを知って頂きたいと思います。

    1. 匿名 より:

      そうかい?軍事演習にも色々あって、確かに演習で実弾は使わないが、別に準備していたとしても不思議じゃないよ?それから、アフガン攻撃の時と今回では平坦の長さも必要な弾薬も全く事情が違う。ブラッディノーズ戦の準備くらいはしてるだろうし、横田ベースには既に在韓米人を収容する施設の着工もあるから、ブログ主の説明にはそれ程違和感はないよ?まー、訓練イコール実戦じゃないことは事実だけどね。

  5. くじら13号 より:

    2/3の記事になりますが
    ttps://this.kiji.is/332204239466185825
    日韓会談で邦人退避の協力要請へ(共同通信)

    日本としてはこちらのほうが本題のような気がします。
    自衛隊を活用しますので韓国としては呑めない内容かと思いますが、日本も邦人保護は譲れません。
    また事務方協議では絶対に進まない話です。

    これなら日本国トップとして直接話をする意味があり、危機の伝達(ペンス副大統領)とともに行くのは上手いと言わざるおえません。

    1. くじら13号 より:

      管理人さんに「はじめまして」を忘れてしまいました。初めての書き込みになりますが、データに基づいた記事が読み応えあり、いつも記事は拝見しております。これからもがんばってください。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。