【図表】ScanCodeの一覧とキーボードの対応表

著者自身は『エクセルの達人(エクタツ)』というウェブサイトを運営していたのですが(※現在は閉鎖済み)、本稿はその『エクタツ』からの転載記事の最後です。『エクタツ』自体、当ウェブサイトからの転載記事も多かったため、当ウェブサイトの「エクタツシリーズ」の記事数は、『エクタツ』のコンテンツよりも少なめです。

『エクセルの達人』(エクタツ)とは、「エクセル評論家」でもある新宿会計士が2021年8月から10月にかけて運営していたウェブサイト。現在は閉鎖済みだが、主要なコンテンツについては現在でも当ウェブサイト『エクタツ』にて閲覧可能。

以前、ちょっとした資料を作成したことがある。「ScanCodeの一覧とキーボードの対応表」だ。本稿ではこれについて公開しておきたいと思う。

以前、「コントロールキーとCapsLockキーの入替」について、当ウェブサイトで掲載したことがあるのだが、とある事情により、該当する記事については非公開処理としている。

現在、その該当記事については書換え・更新の作業中なのだが、その際、こんな便利な図表を発見したので、紹介しておきたい。

これは、キーボードのキーとScanCodeの対応表だ。

内容については近いうちに紹介したいと考えている。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

以上が『エクタツ』からの転載の最後です。

「内容については近いうちに紹介したい」、で終わってしまっていますが、『エクタツ』自体、とある理由があって更新を停止してしまっており、ウェブサイト自体も閉鎖済みです。

このscancodeについての続きを執筆するかどうかは、著者自身の仕事との兼ね合いだと考えていますが、大変有益な情報でもあるため、これについては是非ともどこかで取り上げたいと考えている次第です。

いずれにせよ、毎週末のエクタツシリーズは、本稿が最後です。また時間を見つけた際には、不定期に更新していこうと考えています。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。