長谷川幸洋氏「自分の基準で相手を判断するな」と警告

東京新聞の元論説副主幹でもある長谷川幸洋氏が、「こちらの基準で相手を判断すれば、かえって平和が危うくなる」と警告しました。現代ビジネスに5日付で掲載された論考によれば、ペロシ氏の訪台で見えてきたのは日本の論壇における「平和ボケ」だというのです。これについて、どう読むべきでしょうか。

長谷川幸洋氏「こちらの基準で相手を判断するな」

ナンシー・ペロシ米下院議長が2日、台湾を訪問した話題を巡っては、東京新聞の元論説副主幹でもある長谷川幸洋氏がウェブ評論サイト『現代ビジネス』に5日、こんな記事を寄稿しています。

「平和ボケ」した日本のメディアの「致命的な勘違い」が、ペロシ訪台で見えてきた

―――2022.08.05付 現代ビジネスより

ウェブページ換算で6ページという分量ですが、1ページ当たりの文字数は1000文字前後になるように分割されているようですので、さほど労力なく読むことができると思います(※というよりも、ページ分割が多すぎるのは現代ビジネスの致命的欠陥ですが、だからといって長谷川氏の論考の価値が下がるものではありません)。

首相官邸に岸田文雄首相を訪れたナンシー・ペロシ米下院議長

(【出所】首相官邸HP)

ただ、それ以上に興味深いのは、長谷川氏の主張の一貫性、そして調査能力の高さです。

長谷川氏は冒頭、ペロシ氏の訪台を「安定を損なう」「対立を激化させた」などと批判する言説を、こう斬って捨てます。

だが、そんな言説こそが『平和ボケ・日本』の勘違いではないか。こちらの基準で相手を判断すれば、かえって平和が危うくなる」。

「どんな激しい言葉で脅しても中国は最後に折れる」

そして、この6ページ分の論説、この「こちらの基準で相手を判断するな」という論旨で一貫しています。

長谷川氏はこの記事以外にも、かねてよりペロシ氏の訪台を巡り、中国政府(外交部や国防部など)が強く牽制しているという事例を紹介してきたのですが(詳しい内容については記事をご参照ください)、こうした中国政府関係者の厳しいレトリックにも関わらず、ペロシ氏はあっさりと台湾・松山空港に着陸しました。

これについて長谷川氏はこう喝破します。

ところが、蓋を開けてみれば、異常接近どころか、何事も起きず、ペロシ議長の搭乗機は8月2日夜、すんなりと台湾の松山空港に着陸した。まったくの拍子抜けである」。

これで恥をかいたのは、中国だ。さまざまなけん制発言は『結局、空脅し』とバレてしまった。逆に、米国は大きな教訓を得た。どんなに激しい言葉で脅していても『中国は最後に折れる』という実例になったからだ。この教訓は、今後に活かされるだろう」。

…。

長谷川さん、容赦ないですね(笑)。

当たり前ですが、米中対立局面はまだまだ続きますので、今回のペロシ氏の訪台による教訓を正しく把握しておくことは必要です。ただ、この「恥をかいたのは中国の側だ」、「中国は最後には折れる」といった教訓を正しく評価できている人は、日本には意外と少ないようです。

長谷川氏が説く「話せばわかる」論の間違い

長谷川氏は、朝日新聞や東京新聞などの「左翼新聞」に加え、「(ペロシ氏の)訪台にデメリットはあったがメリットはない」などと主張する「ある日本の学者」などの解説を紹介したうえで、これらに対し、そもそも「中国自身が安定を損なっているという点を忘れている」と批判します。

『静かに話せ論』が勘違いしているのは、そうした主張が『静かに話せば、相手も分かるはず』という仮定を前提にしている点である。中国は『静かに話せば分かる国』なのか。そうでないのは、そう主張している本人たちも、実は内心、承知しているはずだ」。

まったくの正論でしょう。

そのうえで、長谷川氏は、日本で「話せばわかる」論が蔓延る理由を日本の文化やメディアの構造などから解説しているのですが(※このあたりのくだりは賛否両論あると思うので省略します)、その直後に、「自分の基準で相手を判断するな」という長谷川氏の警告が展開されます。

残念ながら、中国やロシア、北朝鮮のような独裁・専制主義国家は『話せば分かる国』ではない。だからこそ、ときにはムチや大胆な行動が必要になる。『オレたちは、脅せば屈する国ではないぞ』と、相手に分からせなければならないのだ」。

この記述、全面的に賛同せざるを得ません。

「そんな記事を読んでいても真実は見えてこない」

しかも、長谷川氏に言わせれば、日本国内でウクライナ戦争直前に、「ロシアがウクライナ侵攻するはずがない」などと主張していた学者や専門家らは、ロシアのウラジミル・プーチンの大統領の発想や論理を、西側社会の常識で理解しようとしたというのですが、これについては次のように手厳しく指摘します。

国際関係について、根本的な理解の仕方が間違っているのである。にもかかわらず、日本のメディアは、そんな間違った専門家や学者の意見を相変わらず、重宝している。西側社会の常識を前提に語ってくれたほうが、読者や視聴者の耳になじみやすいからだ」。

長谷川氏は「そんな記事を読んでいても真実は見えてこない」と述べるのですが、このあたり、「相手をこちらの基準で判断してしまう」という議論の仕方、何となく日韓関係の議論にも当てはまるような気がしてなりません。

いずれにせよ、外国の行動(とくに国際法をないがしろにする中国、ロシア、北朝鮮、韓国の4ヵ国)について議論する際に、「きちんと話せば相手もわかるはずだ」といった日本国内でしか通用しない妙な常識にしがみつくのは百害あって一利なし、といったところでしょう。

読者コメント一覧

  1. 犬HK より:

    話せばわかる
    五・一五事件が思い起こされますね。問答無用で撃たれちゃいましたが。

    東アジア首脳会議の外相会議で、林外相の発言時に中国とロシアの外相が退席したとか。
    話すら聞かない…
    まあ、そういうことですね。

  2. Sky より:

    長谷川幸洋氏といい、峯村健司氏といい、ATMと呼ばれる新聞社にも、一風変わった人はいるようですね。

  3. 匿名 より:

    「話せばわかる、ただし実力を背景にしている場合に限られる」

    これが分かっていないから「頭お花畑」な記事・主張が出てくるのだと考えています。
    実力とは、場合によって変わりますが武力や経済力や権力などなどですね。

  4. 匿名 より:

    話せばわかる、は日本人に特に多いですよね。事なかれ主義が多いことも要因だと思いますが。
    アメリカだとすぐ裁判に持ち込みますよ。話してもわからないからトラブルが起きるのであって解決しようと思うと第三者を交えて解決を図る。

    1. 重箱 より:

      一寸お話が飛躍し過ぎるかも知れませんが、日本は「減点主義」で米国は「得点主義」である事も大きく影響していると思います。
      日本では「減点される可能性の大きい行動」を避けるのに対して、米国では「得点出来る可能性のある行動(ダメ元)」に対するハードルが低いのかも。

      韓国の「反日行動」のハードルが低い理由でもあります。

  5. taku より:

    「話せば判る」は、左翼の好きな幻想だというのは、言いえて妙ですね。とはいえ何でも実力=軍事力というのも、ちょっと頂けない。その間に適切なバランスがあるのでしょうけれど、日本人の思考(嗜好?)が、「話せば判る」に偏っているというご指摘には、同意します。
    同様に、新宿会計士さんの「日韓関係の議論にも当てはまる」というご指摘(感想?)にも、同意します。国際常識とかけはなれた”ウリナラ”常識に凝り固まる人たちとは、「話しても判り合えない」ことを前提に、交渉すべきでしょう。
    韓国が、国際常識である「国家間の合意は守る」に寄り添えば、隣国として最低限の付き合いはするし、ごちゃごちゃ言うようなら、首脳会談はしない、外相会議で話だけは聞いてやるが妥協はしない、で良いと思います。

    1. KY より:

       >「話せば判る」は、左翼の好きな幻想

       でも実際奴らは話がかみ合わないとすぐ相手を敵認定して「実力行使」に出ますよね(冷笑)。九条ナイフ事件のように。

  6. わんわん より:

    「話せばわかる」 ww

    養老孟司氏の著書「バカの壁」の帯紙には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」
    「バカの壁」とは「人は知りたくないことに耳を貸さず情報を遮断すること」

    つまり 都合の悪い事は「耳に入らない」し「理解しない」ということです 

  7. 一索 より:

    話せばわかる論者は、自分は交通ルールを守っているから事故に遭わないと勘違いしている人と同じ過ちを犯している。事故に巻き込まれるまで、そのことに理解が及ぶことはないのだろう。
    憲法9条頭お花畑論者も、同じ穴の狢である。
    目を開けたまま夢を見られる方々が羨ましい。

  8. 雪だんご より:

    「対話と、対話以外の手段、両方を駆使していけば良いじゃないか」

    対話を神聖視する人達には、この対話の限界を認める思想は受け付けないんでしょうね。
    でも往々にして、そういう人達こそ自分の気に入らない相手とは対話しないので……

  9. 元ジェネラリスト より:

    >まるで、日本が自由・民主主義陣営に属していないかのようだ。ちなみに、橋渡し論は親中派、林芳正外相の路線でもある。

    引用先にこういう一文がありました。
    なにか決定的な発言とかありましたっけ?

    ググってみましたが、林外相は個人としての情報発信はほとんどしていないんですね。
    何考えてるかわからないイメージがそのまま検索結果として表れました。(笑)
    インタビュー記事もフワフワしたことしか言ってませんし。

    長谷川幸洋氏、最近はYoutube発信が多いんですが、そのために動画を全部みるというのもね・・・

    1. 生え際 より:

      発言に関しては把握しておりませんが、林芳正氏が日中友好議員連盟の会長時代に何か言っていた可能性があるのでは?

    2. 赤ずきん より:

      動画を全部みるというのもね・・・全くもって同感です。TVのない少年期を過ごし自己流速読術を会得した自分にとって動画は苦痛です。

  10. 匿名 より:

    どんな激しい言葉で脅しても中国は最後に折れるというのは、中国の過去の行いをみると「パフォーマンス上」ではエスカレーションラダーを登りきることがなかったというだけの話です

    粛々と行動を起こして実績を積み重ねているのは中国側ですよ?

    そして、それは対韓国も同じです

    たとえば「現金化」というラインを日本側が勝手にラインを引いて「妥協してはならない」と、パフォーマンス上では”カッコよく”キメている自民党の政治家がいらっしゃるようです。

    そして、オールド右翼たちは、「エスカレーションラダーを登りきらずにあたふたしている韓国」という表現をもって精神勝利していますが、すでに妥協し、譲歩し、大損をこいているのは日本であり、それを矮小化して精神勝利しているのはほかでもない日本であるわけです。

    1. 匿名阿Q氏のファン より:

      現金化云々というからには自称徴用工に対する韓国大法院判決のことなんでしょうけど、その件でいつどんな妥協を日本がして大損こいたのでしょうか?
      そんな現実が無い以上はそれこそ有りもしない妄想で日本相手に勝った気になっている精神勝利そのもでしょう。
      精神勝利は韓国人が自虐的に、また日本人が韓国に対してよく使う言葉ですが、あなたはその言葉がどのような意味があってどう使うかわかってらっしゃらないようです。
      阿Q正伝をもう一度読み返してみたほうがよろしいのでは?

  11. 匿名2 より:

    長谷川さんねえ。この人、左翼っぽい感じのする人だけど、根っからの愛国者ですよね。そういう人は、多少冷静さを欠くことはあっても、結局のところ、日本のためを思い、真実を知ろうと努力するし、妥当な論理で物事を判断する。つまりは信用できる人なのだと思う。それに引き換え、橋下徹とか藤和彦といった人は、頭はいいのかも知れないが、日本のためという思いを感じない。自分が売れるためなら世間がミスリードすることも承知の上で、いい加減な、あるいは一部のみを誇張しているとしか思えない反対意見ばかりを平気で言う。この二人にふさわしいニックネームを贈りたい。即ち、「逆張り野郎」。

    因みに、藤和彦は記事のタイトルを読んだだけで、こいつが書いた文だとすぐにわかるほどの逆張り度である。

  12. ヤン・アッカーマン より:

    価値観が全く違う相手は、こちらの話など聴こうとしません。自分の主張を実行するだけです。
    まず「話せる場」を作らないことにはどうしようもありません。
    その「話せる場」を作るのは「抑止力として十分機能する武力」であり、それを支える「技術力」であり「生産力」です。その為の「経済力」です。
    相手が交渉のテーブルに着かなければ容赦なく叩き潰す。
    そういう覚悟と備えが有って、はじめて「話せばわかる」と「本音の交渉」ができるのです。

  13. ビトウ より:

     コメント失礼します。

    「日本の常識は世界の非常識」
    「隣国は同じ価値観を共有出来なかった最も近い敵国」
    「国際法は強制法ではなく慣習、合意法。やくざの仁義。破った方が得するなら平気で破られる」

     国際法、国際常識をもっと多くの日本人が知ってくれるといいですね。日本国の隣国は挑発と侵攻し捲ってるから経済制裁は勿論、進入と獲得含めた報復措置をやり放題なのに。勿体無い。
     支那は結局ペロシ議員を殺さず、台湾にも侵攻しなかったのね。なら黙っていた方が得だったのでは?幸福実現党ごっこ?
     価値観が異なる以上、議論(同じ目的の為に協力して話し合う事)は成り立たない。余計な関りを減らしつつ、じっくり交渉するしかない。

  14. cru より:

    ペロシ氏の訪台については、今後どのような影響が出るのか分からないので、自分の中では当分保留です。
    とはいえ、訪台で実際に事を起こしはしないという前例、確認が取れた。
    つまり、今後もアメリカが台湾を訪れるというのであれば、それがやりやすくなったというのがメリットかと。

    中国が口だけで終わったのは、賢明な判断だとは思いますが、中国共産党の求心力は落ちますね。
    無用の刺激をしたというのは確かですが、そうやって揺さぶりをかけたという意味でも、メリットはあったかと思います。

    >「自分の基準で相手を判断するな」
    これは全く以てその通り。人が各の経験から物事を判断する以上、所属コミュニティの常識に引っ張られるのは無理からぬ話ですが。
    突き詰めると「同じ人間だから」というのが、そもそもの幻想です。まずは「違う」という事を認めることでしょうね。そこが、相手を理解するスタートです。
    また「違うこと」に優越感を感じたり、腹を立てたりというのも理解の妨げです。冷静な分析こそが、重要です。

  15. 普通の日本人 より:

    日本共産党某氏:ロシア・中国とは話し合いで解決する様政府に申し込んでいる。
    MC :具体的にどの様に話し合いをするのでしょうか?
    某氏  :そんな事は政府が考える事だ
    ちゃんちゃん
    こんな記事も有りましたねえ。
    日本の野党は楽ですねえ

  16. 攻撃型原潜”#$〇X より:

    中国人は面子を大事にし、今回の件で大いに面子を潰されたと日本の一部マスコミは盛んに喧伝していますが、本当にそうか? ペロシ氏は今までのアメリカ路線以上のことをしたわけでもなし、それほど面子を潰すことに匹敵しているようには思えません。あれほど行くなと言ったのに台湾に行きやがってと舌打ちはしているでしょうが。むしろ日本のマスコミが騒ぎ立てることにより、中国による報復を正当化する風潮を生み出しかねず、ホント浅知恵の連中、というかそれを狙ってるんですね。
    習近平国家主席は3期目留任が決まるまで思い切ったことをできず、ペロシ氏は絶妙のタイミングを選んだとも言えます。

  17. 匿名 より:

    ペロシ訪台についてJBpressでまるっきり正反対な近藤某氏と福嶋さんの記事についてもコメントをお願いします

  18. 農民 より:

     以前にも、中国は自国領を主張する海域にB-52が飛来して黙っちゃいないぞと言いつつ黙り、米艦隊が接近して黙っちゃいないぞと言いつつ黙り、今度は要人訪台で黙っちゃいないぞと言いつつ黙り……
     いつかは対米勝利をと望んでいるはずなのに、対米戦を極端に恐れているように見えます。準備不足、あるいは経済の実体か…からくるものだとするならば、暴発からの戦争突入というのはトータルで良いシナリオかもしれません。
     アメリカはともかく日本もまた準備不足ですが、この10年ほどで装備面や戦略は相当改善された感はありますし。むしろ法整備(と国民意識)が最大の障壁ですが……こう考えると改憲・集団的自衛権と強固に反対してきた方々が中国と仲良し、というのがものすごーく筋が通っちゃうよーなー?フシギー。

  19. cru より:

    この、相手を自分の基準で理解してはいけない。という話ですが。
    逆を言えば、自分という存在は相手の基準で理解されてしまうとも言えます。

    つまりは、どれだけ説明をしようとも、それが相手の常識に適わなければ、それは相手の常識に歪められて理解されるのです。
    一例を挙げますが、韓国なんかはまさにその通りで、日本人を「強者に媚び、弱者を虐げる国民性」と認識しています。

    それ、あなた達のことでは? と、言いたくもなる話ですが。彼らの理解、理屈としてはこうです。
    曰く「日本人は、お上が定めた(悪い)法に唯々諾々と従い、各々が正義を持って立ち上がらないから」だそうです。

    あの国は、韓国ウォッチャーの間では情治国家などと揶揄されるように、法を破り歪めることも各自の正義によって肯定される国です。
    法と正義だと、(各自の)正義の方が彼らの中では価値として上です。
    なので、(彼らの意に沿わない)悪法や悪い政治家(彼らにとっての安倍元総理とか)に立ち向かっていかない日本人を正義のために動かない腰抜けと理解するのです。
    日本人はただ、法を守っているだけなんですがね。

    ちなみに彼らは、自分達に対しては、強者に逆らっていない間は「偉い人達に奉仕する礼節を弁えた行動」と考えます。

    何にしても、必ずしも相手が自分達を同じ価値観で理解している訳じゃないという視点も、頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。

  20. オブ より:

    日本人は話し合いが好きですよね。テーブルにつくということも駆け引きで簡単に席についてはいけないと思うのです。話し合いも武器を使わない戦争ですよね。そして経済的、武力いずれかの後ろ盾があって初めて効力を生むことを無視している論調が多い気がします。そういった論者は話し合いのあとになぜか日本側の譲歩を促すんですよね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。