【資料】中国が外国と締結しているスワップ協定の一覧

本稿は、「資料編」です。中国人民銀行が公表している中国語のレポートをベースに、中国の通貨当局である中国人民銀行が外国通貨当局と取り交わした通貨スワップ・為替スワップ等の一覧を作成してみました。本稿で収録するのは、2018年10月以降に中国人民銀行が外国通貨当局と取り交わしたスワップです。

中国人民銀行が昨年秋に公表した『人民幣国際化報告』【※中国語、PDF】という報告書をもとに、「币互换」ないし「货币互换」などと記載されている部分を抜き出しておくと、2018年10月以降、中国人民銀行が外国と結んだスワップは、新規、更新を含めて全部で27本あります(うち3ヵ国が重複)。

これらのスワップ一覧については、次のとおりです(図表)。

図表 中国が外国通貨当局と締結するスワップ協定
相手国と締結日人民元の上限相手国通貨の上限
英国(18/10/13)3500億元400億ポンド
日本(18/10/26)2000億元3.4兆円
インドネシア(18/11/16)2000億元440兆ルピア
ウクライナ(18/12/10)150億元620億フリヴニャ
スリナム(19/2/11)10億元11億スリナムドル
シンガポール(19/5/10)3000億元610億シンガポールドル
トルコ(19/5/30)120億元109億リラ
ECB(19/10/8)3500億元450億ユーロ
マカオ(19/12/5)300億元350億パタカ
ハンガリー(19/12/10)200億元8640億フォリント
エジプト(20/2/10)180億元410億エジプトポンド
パキスタン(20/7/31)300億元7200億Pルピー
チリ(20/7/31)500億元5.6兆ペソ
モンゴル(20/7/31)150億元6兆トゥグルク
アルゼンチン(20/8/6)700億元7300億ペソ
韓国(20/10/11)4000億元70兆韓国ウォン
アイスランド(20/10/19)35億元700億クローナ
ロシア(20/11/23)1500億元1.75兆ルーブル
香港(20/11/23)5000億元5900億香港ドル
タイ(20/12/22)700億元3700億バーツ
スリランカ(21/3/19)100億元3000億ルピア
トルコ(21/6/2)350億元460億リラ
ナイジェリア(21/6/9)150億元9670億ナイラ
豪州(21/7/6)2000億元410億豪ドル
マレーシア(21/7/12)1800億元1100億リンギット
パキスタン(21/7/13)300億元7300億Pルピー
チリ(21/8/20)500億元6兆ペソ

(【出所】『人民幣国際化報告』より著者作成)

なお、この図表に掲載したスワップのなかには、2018年10月26日付で取り交わした日中為替スワップのように、すでに期限が到来したものも含まれています(※ただし、該当する日中為替スワップについては、昨年10月25日付で3年間の更新が発表されています)。

また、中国がウクライナ、ロシアの両国と通貨スワップを締結していることも驚きですが、やはり香港に対する5000億元、韓国に対する4000億元という具合に、一部の国に対して非常に多額のスワップを提供しているというのも興味深い点だと思う次第です。

ただし、著者自身が知る限り、現時点において「人民元スワップを引き出した」という事例は、トルコのものくらいしか見当たりません(『トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す』参照)。

なお、著者自身は2009年1月20日の香港とのスワップを皮切りとした106本のデータを所有していますので、もしご興味がある方は、お問い合わせください。

読者コメント一覧

  1. カズ より:

    なんとなく、
    中国がメインスワップの「韓国・アルゼンチン・トルコ・(ロシア?)」の通貨は比較的に不安定で、
    日本がメインスワップの「タイ・インドネシア・マレーシア」の通貨は安定してるってことなのかと。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。