韓国紙「日本も軍艦島などで約束を守っていない国だ」

韓国メディアに「日本も約束を守っていないではないか」とする記事が掲載されたようです。2015年、軍艦島などのユネスコ世界遺産登録に際し、「非常に多くの朝鮮人を含めた労働者がいくつかの場所で、意思に反して連れて来られ、働かされた」ことを「説明していないじゃないか」、という指摘です。

「ウソをつかない」、「約束を守る」日本

「ウソをつかないこと」、「約束を守ること」は、日本社会において極めて重視される価値観のひとつである、というのが、当ウェブサイトでこれまで何度となく提示してきた命題です。

ただ、この「ウソをつかないこと」、「約束を守ること」は、全世界で等しく尊重されている価値観なのかといえば、そこは微妙でしょう。国によっては、「状況が変われば平気で約束を反故にする」、「息を吐くようにウソをつく」、といった事例もあるからです。

これは、「良い」「悪い」の問題ではありません。大変残念なことですが、私たち日本人の価値観は「絶対」のものではなく、世界全体で見たら、むしろ私たち日本人の価値観が少数派かもしれない、と考えておくことが必要なのかもしれません。

もっとも、少しだけ余談を述べておくと、先進国と呼ばれる国では、たいていの場合、「ウソをつかないこと」、「約束を守ること」が重視されますし、また、逆に「先進国になることができる国」は、社会全体で「ウソをつかないこと」、「約束を守ること」が尊重されているのではないか、というのが個人的な仮説でもあります。

このあたりについては、きちんと各国の事例を集めて検証したわけではないため、あくまでも「仮説」、というレベルに過ぎませんが、あながちピント外れでもないのではないか、などと思う次第です。

すべての国が日本と価値を共有しているわけではない

こうしたなか、私たち日本人の多くにとって、「いったん約束したことを簡単に反故にする」、「都合が悪くなったときに、明らかなウソをついてその場を言い逃れようとする」といった人たちを見ると、どうもフラストレーションを感じ、あるいは嫌悪感を抱くというのは、ある意味では当然のことでもあります。

たとえば、2018年12月には、わが国の排他的経済水域(EEZ)内で韓国海軍駆逐艦「広開土大王」から自衛隊P1哨戒機に対し、火器管制レーダーが照射されるという事件が発生しましたが、この事件に対する韓国政府の対応は、なかなかに強烈でした。

「低空威嚇飛行」の捏造が3年で事実になってしまう?』などでも取り上げましたが、韓国側では、「韓国海軍駆逐艦が日本の哨戒機に火器管制レーダーを当てた」という事実が、「日本の哨戒機が韓国海軍駆逐艦に対し低空威嚇飛行をした」という具合に、事実関係が完全に入れ替わっているのです。

また、日韓両国政府は2015年12月に、いわゆる慰安婦問題を巡り、「最終的かつ不可逆的に」解決したことを確認しましたが(いわゆる「日韓慰安婦合意」)、この約束は文在寅(ぶん・ざいいん)政権発足直後に、じつにあっけなく破られてしまいました。

この自称元慰安婦問題を巡り、文在寅氏自身、「合意では解決できない」などと述べ、就任直後に発足させた「慰安婦合意検証タスクフォース」が2017年12月に日韓の外交機密文書を勝手に公表し、さらに2019年夏ごろまでには、合意に基づいて設立された財団が韓国政府の手によって解散させられています。

やってはならないのは「その場しのぎで相手に譲歩すること」

ちなみに韓国が約束を破っている側であるという事実は、韓国メディア自身も認識しているようであり、「約束の概念が異なることは日本も理解しなければならない」などとする論説が韓国メディアに掲載されたこともあります(『韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」』等参照)。

もちろん、「約束」の概念や「約束の重み」が国によって異なることはあり得るでしょうし、このあたりについてはある意味では仕方がない話でもあります。ただし、もしも相手国の約束の概念が日本と異なるということであるならば、日本もそれに応じた自衛策を講じなければなりません。

日本が気を付けなければならないことは、相手がウソをついてきたときにはそれを毅然と否定することであり、いちばんやってはならないことは、その場を「丸く収める」ために相手のウソを認める、ということです。

その意味で、日本外交に非常に大きな失策があったとすれば、2015年7月の、明治期の産業革命関連施設を世界遺産登録する際の、韓国のロビー工作に対する対応です。

韓国側は該当する施設で「朝鮮人の強制労働が行われていた」とするウソを国際社会で喧伝したのですが、日本の外務省はこれについて、 “forced to work” という表現を使い、事実上、強制労働が行われていたと認めているのです。

そして、こうした日本政府の誤解を招くような説明が、自称元徴用工問題の背景にも存在している、という点も見過ごせません。

いずれにせよ、本件については『ユネスコ軍艦島遺憾決議、日本は「根元を断つ」努力を』あたりでもまとめていますが、外務省の言い分が、相当にマヌケであり、正直、日本国民としては外務省(や当時の岸田文雄外相)に対し、怒りを感じざるを得ないものでもあります。

外務省の失態のコスト

こうしたなか、やっぱりこんな論説が、韓国側から出て来ました。

【グローバルアイ】日本は約束を守る国なのか

―――2022.01.18 06:34付 中央日報日本語版より

記事タイトルでもだいたいわかりますが、「日本が韓国を『約束を守らない国だ』と攻撃するが、日本だって約束を守っていないじゃないか」、「『軍艦島』などで朝鮮人の強制労働が行われていたという内容を説明していないじゃないか」、などと批判する記事です。

正直、日本が約束を守っていないからといって、韓国が約束を守っていないことが正当化される、というものではありません。また、韓国の約束破り、国際法破り、条約破りは、日韓関係を破綻に追いやりかねないレベルのものであり、とうてい是認できるものでもありません。

しかし、日本の外務省が2015年7月に「やってはならない譲歩」をやったがために、こうやって相手国から攻撃される口実を与えているということもまた事実でしょう。

いずれにせよ、韓国では自分たちの側に100%の過失があったとしても、なんだかんだで理屈をつけ、「お互いが悪い」などと言い募るという癖があるようですが、これを当ウェブサイトでは「ゼロ対100理論」と称しています。

※ゼロ対100理論とは?

自分たちの側に100%の過失がある場合でも、インチキ外交の数々を駆使し、過失割合を「50対50」、あるいは「ゼロ対100」だと言い募るなど、まるで相手側にも落ち度があるかのように持っていく、韓国や北朝鮮が好んで使う屁理屈のこと。

この「約束破り」の件については、まさに「ゼロ対100」理論そのものです。

2015年7月の外務省の失敗は大罪ですが、この際、韓国側が難癖をつけてきている長崎県端島などの世界遺産登録を、いっそのこと、いったん撤回してしまうべきではないでしょうか。

また、現在、日本が佐渡金山の世界遺産登録を目指していることについて、やはり韓国側から「朝鮮人の強制労働が行われた」という難癖が出てきていますが、これは明らかに、「二匹目のどじょう」を狙った動きでしょう。

くれぐれも、佐渡金山の世界遺産登録に際し、「朝鮮人強制労働」という与太話を認めないようにしなければなりませんが、果たして現在の岸田文雄首相、林芳正外相に、それができるのでしょうか。

このあたりは、個人的にはどうしても懸念を払拭することができないと感じてしまう次第でもあります。

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    >果たして現在の岸田文雄首相、林芳正外相に、それができるのでしょうか。
    会計士様、更新ありがとうございます。この朝令暮改の岸田だけに不安で仕方ありません。私は、鳩山。菅直人、隣国の文に匹敵するリーダーの資格のない人物だと思ってます。テレ朝の玉川徹氏がようやくこんな政治家が現れた!ってほめるくらいです。かなり、世間の感覚とずれた首相だと思います。思い付きで朝礼暮改なんてされたら、役人も疲弊するでしょう。そんなこともわからない奴が首相だなんて、悲劇です。

  2. クロワッサン より:

    >2015年7月の外務省の失敗は大罪ですが、この際、韓国側が難癖をつけてきている長崎県端島などの世界遺産登録を、いっそのこと、いったん撤回してしまうべきではないでしょうか。

    撤回すれば韓国側が増長するので、無視するのが良いと考えます。
    『旭日旗は戦犯旗である』という韓国側の主張を受け入れるようなものです。

    『日本政府にて事実を確認したところ、韓国側が主張するような強制労働は無かった』との説明をすれば十分ではないかと。

    日本軍慰安婦問題も、本来の日本軍慰安婦問題といわゆる日本軍慰安婦問題のふたつがあり、韓国側が主張するいわゆる日本軍慰安婦問題は無かったと説明するようなものです。

    1. クロワッサン より:

      みずきさんが書いてたかと思いますが、韓国の価値観では「相手が反論しないで無視する」は「自分の主張が正しい」と受け止める事になるとの事。

      韓国の価値観での「無視」は「相手に反論して却下する」なので、日本政府も端島問題について「韓国の主張を否定して相手にしない」姿勢を取れば苛立ち、そのうち火病ってナナメウエな事をしまくって自滅するのではないかと。

  3. だんな より:

    日本政府は、約束通りだと言えば良いと思います。

  4. 雪だんご より:

    韓国側は相変わらず政府もメディアも「約束を守れとしか言わない日本が悪い!」と
    叫び続ける様ですね。つまりまだ日本との関係が改善できなくても一応生きていく事くらいは
    出来る余裕があると言う事。

    韓国の”スタミナ”が尽きるのはいつの日でしょうかね?
    コロナ以前も決して余裕はなかったのに、いまやコロナの影響で自営業がバタバタ
    倒れているそうだから、その内目に見えて基本的生活も困難になるはずですが……

  5. 元ジェネラリスト より:

    軍艦島の世界遺産登録を取り消せば、韓国内はホルホルでしょうね。
    日本は日本でスジを通すべしという文脈かと思いますが、韓国へのカウンター的行動は採らないほうがいいと思いますが。

    岸田氏はみんなの話をよく聞いて、優先順位がよくわからない総花看板を掲げるので心配です。会社の幹部で時々こういう人がいたのでピピっときます。
    林氏はまだよくわからないです。

  6. JJ朝日 より:

    端島で、朝鮮人が強制労働させられた、給料を払ってもらっていない、というならその無い証拠を出して争うようにして欲しいものです。そんな大嘘があったと言っているのは、朝日新聞の左翼記者だけですから、証拠主義で進めてもらえば良いのです。嘘つき国家(多数)、泥棒国家(仏像、農産物品種、李ライン時代の水産資産)、略奪国家(竹島、中国地方の漁船漁民の拿捕破壊虐殺、北鮮による日本人誘拐監禁)であることを、日本政府外務省はもっとまじめに国連で訴えないと駄目ですね。必要ならユネスコ解体活動を展開し、いい加減な世界遺産制度自体を廃止し、FOIPや台湾、タイなどの近隣諸国と新たなアジア世界遺産認定機関を作ればよろしいのでは。

  7. ちょろんぼ より:

    「意思に反して連れてこられた人」がいないのだから、約束通りですね。
    それとも「意思に反して連れてこられた人」というのは密航者だから
    それを「意思に反して連れてこられた」というのはオカシイですよね。

    JBPressで「優秀な人材が欲しい日本企業と韓国脱出を望む若者のウィンウィン」という
    記事がありましたが、日本企業はいい加減目を覚まさないのでしょうか?
    日本企業に就職した南国の若者が何十年したら、日本企業で「意思に反して連れて
    こられ奴隷労働をさせられた」と裁判されるのが、解らないとしたら残念な事です。
    自称徴用工と現在日本企業で社員となっている南国の若者と何らの地位の変化は
    ありません。 南国人を日本企業で働かせるのが悪いという意味で裁判を起こされるのです。
    いわゆる自称徴用工は「集団就職者」を意味している事を忘れてはいけません。

  8. 匿名 より:

    https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page3_003189.html

    まずは、日米同盟の強化です。日米同盟はインド太平洋地域の平和と繁栄の礎であり、日本の外交・安全保障の基軸です。岸田内閣においても、先般の日米「2+2」においてブリンケン国務長官、オースティン国防長官と確認したように、日米同盟の抑止力・対処力を一層強化していきます。そのためには、日本自身の防衛力の抜本的な強化も必要です。日本の平和と安全の確保、「自由で開かれたインド太平洋」の実現、新型コロナや気候変動への対応などの課題に対し、日米両国の強固な信頼関係の下、緊密に連携・協力していきます。

    林外相は外交演説の中でこう述べておられますが、我々は彼に疑念の目を向けて、監視しておかなければならないと思います。

  9. ピリカ より:

    「ウソをつかない」、「約束を守る」日本

    に関してこんな調査がありました。
    各国の期日までの支払いぶり一覧です。
    残念ながら彼の国のデータがありませんが、個人的経験で、彼の国で業務報酬が焦げ付いて結局ごねられて貸し倒れたことが数回あります。
    https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20220109_01.html

  10. がみ より:

    文在寅大統領の退任後逮捕有罪を恐れての現在の韓国政権の各種悪足掻きと読む鈴置先生の見立てでは説明出来ない事が多々起こっています。

    李在明大統領候補等をみても、根本的に罪悪というものを解さない人々なのだとしか思えません。
    法曹界にいた者ですらあの有り様です。

    善悪・倫理・起承転結等のあらゆる合理性・論理性の概念が存在しないだけなんだとしか思えません。

    相手するの絶対無理です。

    1. より:

      > 善悪・倫理・起承転結等のあらゆる合理性・論理性の概念が存在しないだけ

      より正確に言えば、それらの概念が意味するところが、こちら側のそれとあまりにかけ離れているために理解不能なのだということです。何度かコメントしていますが、日本人から見て不可解としか思えない韓国人の言動は、「朝鮮式朱子学」「ウリとナム」「恨」の3つの補助線を引けば、ほとんどの場合説明可能です。この3つは、日本はもちろんのこと、中国にすら存在しませんので(正確に言えば、前二つについては、多少近いものは存在します)、なおさら理解しがたく思われるでしょう。

      > 相手するの絶対無理

      精神衛生的にもそれを推奨します。韓国人の戯言の背景が理解できたとしても、何もいいことはないからです。

      1. がみ より:

        龍様

        「朝鮮式朱子学」「ウリナム」「恨」を踏まえてさえ、あの人たちの善悪・加害被害・正しいと誤・正義と悪等々の概念は

        「それで金がとれるか」
        「いくらになるか」
        「その結果、自分の位相(地位)がどれくらい相対的に優位になるか」

        だけで、悲しみやら苦しみやらさえ金とマウントとれるかに全自動で変換されている気がします。

        そこに至るまでの屁理屈に正義がなかろうと整合性がなかろうと辻褄が合わなかろうと押し通した場合にかえって自身が他の第三者たちから軽蔑され二度と信用されなかろうとお構い無し。

        正気の沙汰とは思えません。
        結局それで疎んじられ軽蔑され対等に扱われない歴史しかないのがかの地なのではないでしょうか。

        今現在ですら、周辺や関わりのある全ての国に見限られて存在しないかのように扱われている事を自分たち自身が理解していないのは、気の毒ではありますが永遠に変われないのではと思います。

        1. より:

          > 疎んじられ軽蔑され対等に扱われない歴史しかない

          だったからこそこうなったとも言えると思います。
          そんな歴史しか持たない国だったのに、現在の韓国が半島史上空前の繁栄を遂げている(客観的にみればその通りでしょう)、その事実が彼らを舞い上がらせ、ますますおかしな方向に走らせています。
          その姿は、食うや食わずの極貧生活を送っていた人が、突然10億円を持たされたようなものです。やたらと金遣いは荒くなり、銀座か北新地のクラブで豪遊して美女たちを侍らせ(譬えが古臭くて申し訳ない)、天下を取ったように妄想するけれども、根性は貧乏人のままです。その裏返しでやたらとふんぞり返って見せますけれども、誰からの敬意も受けることはできません。
          韓国人が「○○は韓国の性向と躍進に嫉妬しているのだ」と言いがちなのは、過去に韓国人がただひたすらに他国に嫉妬してきたことの裏返しです。彼らは嫉妬されたくて仕方がないのです。嫉妬されて、初めて彼らは自分たちが偉くなったと感じられるからです。
          半万年属国であり、誰にも顧みられることのなかった辺境の小国だった朝鮮は、「朝鮮式朱子学」などによってかろうじて精神のバランスを保つということを長く続けてきましたが、空前の経済的繁栄を手にしてもなお、精神的には奴隷根性とその裏返ししか得られてはいないのです。

          結局のところ、「韓国の特殊性」は長い歴史の中で彼らが自ら紡ぎだしてきたものであり、たかだか3,40年の経済的繁栄くらいで修正されるものではありません。永遠かどうかはともかく、現在程度の繁栄が200年くらい続いたら、もしかしたら変わるかもしれませんね。

  11. 七味 より:

    >日本だって約束を守っていないじゃないか

    お互いに相手を信頼できないんだから、協議とか交渉とか協力は無理と諦めるのが良いんじゃないかな?
    (o´∀`o)

  12. 名無しの より:

     「明治期日本の産業革命遺産」の世界遺産登録を決定した2015年7月5日の世界遺産委員会で、日本政府は「1940 年代にいくつかの施設において、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと、また、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である」という内容を含む声明を文書で配布しました。この文書は「脚注」として正式文書に加えられ、日本政府代表の佐藤地ユネスコ大使が登録決定後、英語でこれを読み上げました。この文書の「働かされた」が、英語では「forced to work」と表記されていました。
     日本政府は、この「forced to work」を、1930年に国際労働機関(ILO)で採択された「強制労働条約」で禁止されていた強制労働(forced or compulsory labour)ではなく、同条約でも容認されていた「徴用」を意味する言葉として使用し、韓国政府もこれに同意しており、実際に当時、韓国政府が発表した文書でも『強制労働』に相当する韓国語は使用しておらず、『強制的な労役』としています。
     したがって、日本政府が約束を破ったというのは全くの誤りで、「forced to work(徴用)」を「forced or compulsory labour(強制労働)」と勝手に解釈した韓国のマスコミが「日本政府が約束を破った」と騒いでいるだけというのが事実です。

    (参考)https://wedge.ismedia.jp/articles/-/5204

    1. より:

      名無しの様の説明が一番正確であると思います。元々、端島の件は韓国が登録を目論んだ伽耶の遺跡群(だったっけ?)とのある種のバーターで、お互いにクレームを付けることなく登録に賛成するということだったはずなのを、韓国が自国案件の登録が無事に済んだ直後、いきなり掌を返してきたという経緯だったと記憶しています。文面の問題で外務省がしてやられたのは事実ですが、この一連の流れで、さすがに外務省内の対韓譲歩派(*)は、発言力を大きく損ねたのではないかと思います。まず、韓国側の「相互承認」という大嘘を信じたこと、その上、文面でも不必要な妥協をしたわけで、一つの案件でバツ二つという怪挙を演じてしまったわけですから。

      (*) 韓国がギャーギャー言ってきたら、とりあえず一歩引いて、(表面的には)丸く収めることを良しとする連中のこと。「なんでも足して二で割る」手法に近いが、一方の意見が理不尽であっても「足して二で割る」ので、結局一方的に不利益を被るだけになってしまう。「それでも紛争にならなかったからOK」という事勿れ主義の産物でもある。
      なお、武藤正敏元駐韓大使は根っからの親韓派であることは間違いないが、彼のコラムを読む限りでは、けして対韓譲歩派ではないと思われる。

    2. 名無しの権兵衛 より:

       名前を訂正します。
      (誤)名無しの
      (正)名無しの権兵衛

    3. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      もしかして、ほとんど同じものでも
      ナチスがやると強制労働で
      連合国がやれば徴用
      ということになってないか?

  13. j より:

    お疲れさまです。

    ホワイト国外しが効いているみたいなので、なにかしらお返しをしてテーパリングを進める事を希望いたします。

    反日をやめないでしょうから。

    日本と日本人が反日と感じたら、反日でございます。

  14. 農家の三男坊 より:

    >やってはならないのは「その場しのぎで相手に譲歩すること」

    は、その通りと思います。

    >日本の外務省が2015年7月に「やってはならない譲歩」をやったがために

    は違うと思います。

    上掲の ”名無しの”様のコメント(2022/01/18 13:58)にもあるように”単に、韓国・中央日報の英語力がこの程度という事。ATM同様、”眉に唾つけて見ないとだまされる。”代物。

    強いて政府を批判するとすれば、”二匹目の戦時売春婦問題ドジョウ”を狙っている”嘘つき国”韓国相手に協議した事が問題。食いつくエサを与えただけ。

    但し、”名無しの”様のコメント(2022/01/18 13:58)の澤田さんの指摘には注意が必要。
    澤田さんだけに、割り引いて考える必要があるが、ILO専門家委員会のコメントを良く分析して対策を準備しておく必要がある。

    この問題への対応は、既に行われているように、
    1.「日本は約束を守っている」
    2.”英語を理解できない韓国人”が妄想に基づく難癖をつけているが、それは誤り。
    3.日韓請求権協定で徴用者に対する未払い賃金の補償は韓国政府が求めて受け取っている。
      請求するとすれば、(ネコババした)韓国政府にせよ。
    で、終わりと思う。

  15. カズ より:

    日本側による徹底調査の結果に意を唱えるのなら、物証をもって対処すれば良いのです。

    日本側はきちんと約束を履行しています。

    在ること無いことでっち上げて、「無いことを証明せよ」ってのも変な話なのです。

    できない要求を突き付けて、未達を責め続ける中国のやり口でもマネてるつもりだったりするのかな?

  16. だんな より:

    どうせ言葉遊びと言い掛かりだから、韓国が間違っていると取り合わなければ良いのです。

  17. 元韓国在住日本人 より:

     韓国人は自ら発した言葉への責任がなさすぎます。

     時間厳守ができず、人を待たせる事にも罪悪感を感じません。「やります」と言っても1年以上も放ったらかして、突き詰めると、言い訳に徹します。

     韓国で日本人が仕事をする場合、全て自ら出来るようにしておかないといけません。韓国人を頼ると必ず失敗します。仕事でも私生活でも韓国人の発言は必ず疑いを持って聞くことが必須です。

     韓国で詐欺被害が多いのは、このように自らの発言に責任を持たないからです。それが一般人でも当たり前なので、日本人は韓国で騙されと騒ぐのです。

     小生は韓国で暮らした経験から、日本人は少なくとも韓国人より約束を守る民族だと断言します。

    1. とある福岡市民 より:

      こんなジョークがありましたね。

      信用してはならないもの。
      日本人の「できません」
      韓国人の「できます」
      中国人の「できました」

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。