韓日議連来訪で見る日韓関係のさらなるダウングレード

韓国から「韓日議連」のご一行が今年も訪日しています。ただ、現時点で岸田首相や林外相らとの面談予定はないらしく、滞在期間の後半には静岡県に移動してしまうのだそうです。実質的に何をしに日本にいらっしゃったのかよくわからないという気がしますが、その一方で林外相との会見録を読むと、どうも日本を含めたG7はASEANとの関係の強化を図るようであり、そちらの方がむしろ気になります。

昨年の韓日議連訪日を振り返る

日韓議連ご一行様の訪日から1年が経ちました

ちょうど1年前、韓国の金振杓(きん・しんひょう)韓日議連会長ら一行が日本を訪れ、菅義偉総理大臣を15分間ほど表敬訪問しました。

当ウェブサイトでは『都合が悪くなると「日本はパートナー」と言い出す韓国』などでも取り上げたとおり、当時の韓国メディアの報道によれば、韓日議連側は「東京五輪を機に両国の交流協力を進めたい」、「両国の指導者が難しい懸案を妥結するための環境づくりに励むべき」、などと述べたそうです。

しかし、菅総理は「日韓両国は、お互いにとって極めて重要な隣国であり、北朝鮮への対応を始め、日韓、日米韓の連携は不可欠」としつつも、基本的には「現在、日韓関係は非常に厳しい状況にある」などとする見解が菅総理から伝えられておしまい、でした。

つまり、韓国側の、やたら前のめりな姿勢に対し、日本側の態度は一貫して極めて冷ややかでしたし、実際、昨年11月の金振杓氏らの訪日を契機に、この1年間で「日韓の膠着状況」とやらが打開されたという事実も、おそらくはありません。

というよりも、金振杓氏が「東京五輪を契機に両国の交流協力を進める」と述べたのに反し、『東京五輪での韓国の態度は「スポーツ外交」以前の問題』などでも指摘したとおり、現実に韓国は「放射能フリー弁当」「政治的メッセージ」などでホスト国である日本を挑発したほどです。

あることないこと言いふらす?韓国の政治家を「受け入れるリスク」

そして、金振杓氏の訪日に関わる問題点は、そこだけではありません。

金振杓氏は訪日直後の11月17日、韓国メディア『中央日報』のインタビューに応じ、「日本政府が2021年7月の東京五輪期間中に、金正恩(きん・しょうおん)北朝鮮国務委員長を東京に招待する意向を明らかにした」と述べた、という珍事もありました。

これについては『韓日議連会長「日本政府が東京五輪に金正恩を招待も」』あたりでも指摘したとおり、日本政府が金正恩の招待を積極的に推進するとは考え辛く、それどころか韓国の政府や政治家らのそれまでの言動に照らせば、金振杓氏の発言の信憑性は低い、というのが、当ウェブサイトとしての当時の見解でした。

結論的には当ウェブサイトの見解がおそらくは正解だったと思われますが、正直、こんな「爆弾発言」が韓国側から出て来ることを考えるならば、下手に韓国の政治家の訪日を受け入れること自体が、日本政府にとってのリスクでもあります。

余談ですが、当時から個人的には、「韓国の政治家があることないことペラペラしゃべる癖を続けていれば、そのうち外国を訪問しても、要人が誰も面談に応じてくれなくなるかもしれない」などとする、漠然とした考えを持っていたことも事実です。

こうした「漠然とした考え」をハッキリした形にしてくれたのが、『鈴置論考、「日韓の」ではなく「韓国の」特殊性に言及』でも紹介した、韓国観察者の鈴置高史氏のこんな指摘です。

平気で約束を破り、堂々と他人を裏切る韓国と首脳会談を開こうとする国はまず出てこない。何を取りきめようが、すぐに反故にされるからです。日本と韓国がうまくいかない原因は『日韓関係の特殊性』ではなく『韓国の特殊性』にあるのです」。

この文章の出所は7月16日付『デイリー新潮』の『文在寅が菅首相をストーカーするのはなぜか 「北京五輪説」「米国圧力説」……やはり「監獄回避説」が有力』ですが、本当に至言と言わざるを得ません。

日本側の要人と会っている形跡があまりない

さて、金振杓氏ら一行の昨年の訪日に、話を戻しましょう。

金振杓氏らは3日間の日本滞在期間中、菅総理に15分間の面談を許されたほか、森喜朗・東京オリパラ組織委員長(※当時)や日韓議連の額賀福志郎会長らとも面談をしているようです。

ただ、当時の韓国メディアなどの報道を読んでみても、日本側のいかなる「要人」と面会したのかに関する報道については、ほとんどみあたりません。想像するに、韓日議連一行は訪日してみたものの、日本側の政治家は、ほとんど会ってくれなかったのではないでしょうか。

考えてみれば、当然かもしれません。

韓国側の政治家と下手に面会すると、後日、あることないこと勝手にペラペラ話されてしまう可能性があるわけですから、「会うこと自体がリスク」だからです。

ちなみに金振杓氏らは日本滞在の最終日に東京都内のホテルで(おそらくは韓国の)報道機関の特派員らとの懇談会を行ったのだそうですが、その席上で発言した内容が、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載されています。

韓日議員連盟会長「強制徴用問題しばし縫合し交流協力からしよう」と提案

―――2020.11.15 10:08付 中央日報日本語版より

中央日報によれば、金振杓氏は「韓日間の懸案である強制徴用問題」(※自称元徴用工問題の間違いでしょう)の解決に先立ち、「交流協力を通じた信頼関係をまず回復しよう」、「過去史問題が韓日関係の足かせになってはならない」、などと述べたのだそうです。

国際法や約束、条約などに反した一方的な行動で日韓間の信頼関係をぶち壊しておきながら、「信頼関係をまず回復しよう」もなにもありませんし、「歴史問題」を「日韓関係の足かせ」にしているのも一方的に韓国の側でしょう。

日韓首脳会談が見送られるのも当然の判断

そのうえで、金振杓氏は自称元徴用工問題を「さらに悪化しないように縫合」し、「その他の事案では協力しなければならない」などと述べたのだそうですが、こういう都合の良い「ツートラック外交」を、日本が受け入れるとでも思っているのでしょうか。

ちなみに中央日報は、自称元徴用工問題を巡り、「日本の被告企業の資産に対する現金化が実際になされるまでには数ヵ月かかると予想される」などと述べていますが、この記事から1年以上が経過したにも関わらず、いまだに売却は実現していません。

本当に不思議ですね。

いずれにせよ、中央日報によると、自称元徴用工問題に対する解決策を韓国側が提示しなかったことに対し、当時、日本の読売新聞は「我々にとってはゼロ回答」、「ストライクゾーンにあたった感じがしない」という日本政府関係者の話を報じたうえで、次のように伝えたのだそうです。

こうした状態では韓国で開かれる韓日中首脳会談に応じない構えというのが日本政府の立場だ」。

おりしもこの記事から1年後、日本では読売新聞が「日中韓3ヵ国サミットが2年連続で見送られる」と報じています(『日中韓サミットの見送り報道に見る日韓関係「悪化」論』等参照)。

たしかに日韓関係を健全な姿に戻すための努力を韓国が一切見せていない以上、日本としても首脳会談に応じるのは大きなリスクであり、そうした観点からも、日韓首脳会談見送りは(報道通りならば)当然の判断であるともいえるでしょう。

今年の韓日議連様は何をしに?

今年の議連来訪では首相、幹事長、外相との面談予定なし

さて、どうしてこの1年前の事情を改めて振り返ったのかといえば、『困ったときの日本頼み:ツートラックの使者来訪=韓国』でも触れた、韓国の韓日議連一行が今年も来日する、という話題が出てきたからです。

そして、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に、その続報がありました。

韓国の6議員が訪日 「関係改善の呼び水に」

―――2021.11.16 19:10付 聯合ニュース日本語版より

聯合ニュースによると、今回やってきたのは、韓日議連で「朝鮮通信使委員会」の委員長を務める鄭鎮碩(てい・ちんせき)国会副議長、国会外交統一委員会野党幹事の金碩基(きん・せっき)議員(いずれも野党「国民の力」所属)ら6人だそうで、16日から20日まで日本に滞在するのだそうです。

ただ、聯合ニュースの記事を読んでいて興味深いのは、その行程です。

記事の末尾の目立たないところに、今回の記事のいちばん大事な記述があります。

日本滞在中に岸田文雄首相や自民党の茂木敏充幹事長、林芳正外相らと会談する予定は『現時点ではない』という」。

昨年は菅総理自身が15分間だけの面談に応じてくれましたが、今年はその菅総理が辞任し、「脇が甘い」ことでも知られる岸田文雄首相が就任しました。それなのに、その「脇の甘い岸田首相」でさえ、今回の議連一行とは面会しない可能性が高い、ということです。

しかも、韓日議連一行は、林芳正外相、茂木敏充・自民党幹事長ら要人とも会う予定がないのだそうであり、このこと自体、今回の韓日議連一行の訪日を日本側がどう受け止めているかという証拠でしょう。

この1年で、日韓関係はさらにグレードダウンしたのかもしれません。

日本滞在期間後半は静岡県に行ってしまう

では、この一行はいったい誰と会うというのでしょうか。

聯合ニュースによると、「17~18日には日韓議連の額賀福志郎会長、河村建夫元官房長官、日韓議連の中川正春運営委員長らと面談する」、などとされていますが、これらのうち河村氏については、林芳正外相の「鞍替え選挙」にともない、今回の衆院選に出馬せず、現在は「前議員」になってしまっています。

また、額賀氏はともかくとして、中川正春氏は野党・立憲民主党の議員であり、日本の政界への影響力はかなり限られているでしょう。

ちなみに韓日議連一行はその後、18日午後に静岡県に移動し、19日に川勝平太・静岡県知事、さらには自民党・二階派に移籍したばかりの細野豪志衆議院議員と面談するのだそうですが、外国の議員がわざわざ日本の地方自治体の長に会いに行くというのも個人的には大変に違和感があります。

しかも、16日から20日までの滞在期間の後半、韓日議連一行はそもそも東京にいないということですから、ますます「いったい何をしに来たのか」という気がしてなりません。

昨日の林外相の会見録に「韓国」の話題なし

いちおう、鄭鎮碩氏は聯合ニュースの取材に対し、訪日の目的を「朝鮮通信使委員会の活動を(3年ぶりに)再開することによって膠着状態にある韓日関係(を動かすため)のモメンタムを作る」ことだとしているのですが、それよりも先にやらねばならないことがほかにもあるように思えてなりません。

ちなみに、ふと気になって、韓日議連一行が本当に岸田首相、林外相らと面談しないのか、事実関係を確かめようと思って、ちょうど昨日行われた林外相の記者会見録を確認してみました。

林外務大臣会見記録(令和3年11月16日(火曜日)10時58分 於:本省会見室)

―――2021/11/16付 外務省HPより

しかし、記者団から出てきた質問も、米中オンライン首脳会談の話題やミャンマー情勢、日米電話外相会談などの話題が中心であり、日韓関係に関しては、質問すら出ていませんでした。

もちろん、「サプライズ」として林外相が韓日議連一行と面会する可能性はゼロではありませんが、とりあえずその可能性は、あまり高くなさそうです。

日本にとってのASEAN

こうしたなか、個人的に非常に興味深いと思ったやりとりが、これです。

読売新聞 阿部記者

G7の外相、外務大臣会合が、12月にASEANにも呼びかける形で開催されると報じられていますが、大臣としてどのようなことを伝えて、どういうことに期待するか、お考えをお聞かせください。出欠についてもご意向を。

林外務大臣

年内に、2回目のG7外務・開発大臣会合、これを開催するということは、5月のこの会合の際にG7の間で一致をしているわけでございますが、日程や議題等の詳細については、議長国の英国が調整中だと承知をしておりまして、具体的なことを私(林大臣)から申し上げるのは控えたいと思います。

そのうえで申し上げますと、英国政府は、この会合にASEANを招待する意図を表明しておりまして、日本としては、これをインド太平洋への関与を強化する意欲の表れということで、歓迎をしておるところでございます。なお私(林大臣)の出席については、まだ現時点では決まっておらないというということでございます。

…。

大変に興味深い話題です。

5月のG7外相会合では、豪州、インド、南アフリカ、韓国の4ヵ国の外相がゲストとして招かれましたが、今度は2回目の会合で、ASEAN諸国を招待するのだそうです。

「自由で開かれたインド太平洋」(Free and Open Indo-Pacific, FOIP)を推進する日本としては、林氏の言うとおり、こうした動きは歓迎すべきものでしょう。

ASEANが地域として、FOIPにコミットしているという事実はありませんが、それと同時にASEANは「AOIP」、すなわち「インド太平洋に関するASEANアウトルック」なる議長声明を、昨年11月12日に採択しています(外務省ウェブサイトに関連資料が掲載されています)。

ASEANに参加する10ヵ国は、体制も民族も宗教もバラバラですが、それと同時に日本としても、協力できる分野では協力を強化していくことが期待できる地域でもあります。

林外相の会見録で韓国に関する質問がなく、ASEANに関する質問が出てきたこと自体、マスメディア関係者からも日韓関係への相対的な関心が低下しているという証拠なのかもしれません。

条件付き日韓対等関係論

いずれにせよ、当ウェブサイトでは何度となく述べているとおり、韓国による国際法違反、条約違反、約束破りによって不安定な状態に置かれている日韓関係については、その相対的な重要性をうまくコントロールしていくことが日本には求められています。

もっといえば、突発的な事態にも対応できるよう、韓国との関係をマネージしていかねばならない、ということでもありますし、そのためには、米国、豪州、インド、ASEAN、英国、欧州、台湾、カナダ、ニュージーランドなどの友好国との関係を深めていく必要があります。

その意味では、当ウェブサイトが提唱する「条件付き日韓対等関係論」は、今後の日韓関係の指針となり得るものではないかと思う次第です。

条件付き日韓対等関係論

韓国が日本との間で、対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、国際法、条約、約束をしっかり守ったうえで、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような態度を取るのであれば、日本としても日韓友好・日韓協力を推進していくことが可能となる。

(【出所】著者作成)

逆に、韓国が日韓友好に向けて前向きな態度を取らない場合にはどうなるのか、という点について気になられる方も多いとは思いますが、この点については時期が到来すればいずれ申し上げるつもりであり、大変申し訳ないのですが、現時点ではまだ申し上げないことにします。

(※といっても、一部の読者の方々にとっては、だいたいの想像は付くと思いますが…。)

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    本当に朝鮮通信使が来ただけって感じ。チンドン行為も飽きられちゃって誰も話題にしないし。

    1. 赤ずきん より:

      彼らが不信任決議案で尻に火がついている川勝静岡県知事に会うことは 決議案可決にとってプラスかマイナスか? Kの法則の発動か?

      1. 元静岡県人 より:

        静岡県人!目を覚ませ!昔は保守王国だったのに。

      2. おとと より:

        K国は静岡県に関心があるのでしょうか?熱海の土砂災害の際には、あのカン チャンイル駐日大使が出向いて県知事に支援を申し出てましたね。ハンファが観光開発してるみたいだし、県知事は胡散臭いし…。本当に、何をしに行くのでしょう?

      3. 閑居小人 より:

        先の参院選応援での失言に対し県議から抗議文が出されましたね。
        下記のヤフーニュースを読むと、不信任案の可決は公明党がキャスティングボートを握っているようです。
        不信任されて欲しいですが公明党どうかな。

        https://news.yahoo.co.jp/articles/1233a02b421dbf32928b38dc574deba910385d9a

        1. がみ より:

          公明党ってやたらリンチピンになりたがりますよね。

          公明党支持者じゃなくても

          「公明党がいるから自民党は選挙がつよいんだ!」
          「公明党の存在抜きにして、自民党存在出来ない!」
          「WinWinの関係」

          本当なのか疑わしいもんです。
          だって言い種が韓国必要論者と同じでしょ?
          本当に必要か否かの論議なんてほぼ聴いたことがないし言ってるのは犬作大好きで現世利益・小乗仏教への信仰心にあつい集り屋だらけで反論すると「貴方の心を安寧に導く!」とか言い出して釈伏がはじまる。

          韓国や韓国通が言うように、公明党や日創議連がいう事なんて信じ難い。
          根拠の出所や分析が50年位前で停まっているところまでそっくり。

  2. だんな より:

    >昨年の韓日議連訪日を振り返る
    去年は、公明党の山口代表、立憲のえだのんと会ってます。
    日韓関係の改善に向けた努力を確認 枝野代表、韓日議連と会談
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/cdp-japan.jp/news/20201113_0243/amp%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

    一方で中央日報から
    日本政府、韓国警察庁長の独島訪問に「受け入れられない…厳重抗議」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a29f98ac7c8d9e6b086650c3cf4b1ae973e6793b
    >林芳正外相も記者団に金庁長の独島訪問に対し「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」とし、韓国政府に再度厳重に抗議したと明らかにした。

    今回は、韓日議連としてでは無く、「朝鮮通信使交流議員の会」として訪日し、昔日本側の幹事をしていた林外相と面談しようとしていたようですが、とてもそのような環境では無いでしょう。

    G7外相会談で、ASEANが呼ばれてウリナラが呼ばれないと騒ぐでしょうね。イギリスも優先順位を下げたのかもしれません。

    1. カズ より:

      >イギリスも優先順位を下げたのかもしれません。

      先のG7の場における、対韓塩対応が「もはや日本は韓国の朋友(後ろ盾)ではない」ことを象徴する意味で、菅総理の残した大きな功績だったと思います。

  3. チキンサラダ より:

    静岡県界隈はきな臭いですね。
    沖縄、北海道が中国の浸透戦術に侵されて反日の拠点となって久しいですが、韓国は静岡県で同様の戦術を行おうとしてるのかもしれません。

    1. はにわファクトリー より:

      中部国際空港が開港して中部地方は攪乱工作・認知戦のターゲットとしてより重用されるようになったと当方は理解しています。組織票? なんのことでしたか。

    2. まこてあう より:

      川勝知事は既にかなりの親中派で有力な「リベラル」急先鋒だそうで、そこら辺を嗅ぎつけたのかも知れません(もしくは誰かに紹介されたか)。また権威主義的で差別主義的なところもお隣さん的には相通じるものがあるのかも!?

      参考
      https://youtu.be/1PbseSAD3q0
      【親中】保守王国・静岡がリベラル化【WiLL増刊号】

      1. がみ より:

        対馬も最優先で護らないと。
        あそこはゴムボートでも災厄種族が、渡ってこられます。

        公明党に第二の勝共連合の香ばしい悪臭が漂っている気がする…
        なにせ何処よりも現世利益への執着が凄い。

        かもしれない

        1. がみ より:

          なぜか地方空港と産業と相対貧困が多い地域がパとざいと犬作くんのところに蚕食されているんですね…

          静岡・愛知・宮城・新潟北部九州とか…

  4. 匿名29号 より:

    >「韓国の政治家があることないことペラペラしゃべる癖」

    「あることないこと」 → 「ないことないこと」だと思ってました。 「あること」をしゃべったことって、ありましたっけ。
    静岡に移動ということは、熱海で休養を取り将来の自称慰安婦さんたちを慰労し、いや慰労され、強制労働させられたとの証言の準備に来たんでしょうか。

  5. どみそ より:

    一行は持ち出し制限いっぱい(10L)の尿素水をおみやげに帰りましたとさ。
    大勝利。

  6. 世相マンボウ_ より:

    Youは何しに日本へ?のような
    朝鮮通信使委員会?なる
    ツートランク半島議員団さんですが、
    江戸幕府と同じように慇懃無礼に
    朝貢にご苦労さんとの対応が
    妥当なのでしょう。

    それにしても、
    なぜに静岡?・・なのですが、
    それもそのはず、
    なんせ静岡知事さんは
    菅元総理に学歴差別発言はじめ
    水問題にかこつけて妬む隣国とともに
    リニアに反対する川勝知事さんです。
    「韓半島は地球的世界を包摂し、神が宿っている」
    (?笑)などと、静岡県の税金使った
    広報誌「ふじのくに」第 37 号に書いてしまっている
    ぐらいなのですから。

    1. 路傍の小石 より:

      世相マンボウ様

      静岡県民は一体どうしたのか? 「木を見て森を見ない」知事の選出に情けなくなる。さて、武蔵野市(菅直人地盤)の松下玲子武蔵野市長は、外国人住民投票条例案の提出を目論んでいるが、自民長島昭久氏が外国人参政権に繋がるとして抵抗との事、長島氏は寝耳に水だった様です(夕刊フジ)。怪しげな人達は「国政がダメなら地方から」に戦術転換している典型例として、地方水面下の動きにもっと関心を持たなければならない。

  7. クロワッサン より:

    >ちなみに韓日議連一行はその後、18日午後に静岡県に移動し、19日に川勝平太・静岡県知事、〜

    自称弱者と連んで私腹を肥やす方法のアップデートでもするんですかね。

  8. ちょろんぼ より:

    南国議員の日程を見ると。海外からの入国者に対する隔離期間が
    無いみたいなのですが。まさか静岡県で入院する為に来日したのかな?

    1. 農家の三男坊 より:

      このニュースを聞いた時に最初に疑問に思ったのはこの点でした。
      加えて、誰が身元引受人か。

      感染者が増加している危険な「約束を守らない・条約を守らない・嘘を平気で吐く」国からの入国に関して
      コロナにうるさい朝日か毎日かNHKは取材して国民に報告しないのだろうか?

  9. 名無しの権兵衛 より:

     静岡県への訪問は、朝鮮通信使の歴史を再現したいという希望ではないでしょうか。
    「江戸期の日朝交流は豊臣秀吉による文禄・慶長の役の後、断絶していた李氏朝鮮との国交を回復すべく、日本側から朝鮮側に通信使の派遣を打診したことにはじまります。
     1607年(慶長12年)、江戸時代に入って初めての通信使が江戸幕府に派遣され、6月29日(5月6日)、江戸にて将軍職を継いでいた徳川秀忠に国書を奉呈し、その帰路に駿府で家康公に謁見しました。
    朝鮮国との和平を強く望んでいた家康公は、大いに歓待したといわれています。
     この故事を再現したのが、静岡まつりにおける朝鮮通信使団です。」
     つまり、「夢よもう一度」ということで、川勝知事に大いに歓待して欲しいのだと思います。

    1. 伊江太 より:

      名無しの権兵衛 様

      なるほど,この推定は納得感ありですね。

      なにせ.真理に比べれば,事実など屁でもないとするくせに,
      都合のいい「事実」だけは,重箱の隅つついてでも,
      掘り出してくるクニですからね(笑)。

  10. トシ より:

    韓国はまともに日本に相手にされない。
    立憲、共産など左派政党や左派マスコミは没落。

    こうなると相手が非対称戦略を取ってくる恐れがある。

    正面から堂々と来るのではない。
    裏から見えにくいところで工作活動を展開してくる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ddf2a0f7410613aa3ed2be61f589a9715d9528c

    この武蔵野市の事例が象徴的だ。

    今後、静岡でもこのようなことが起こりえるだろう。

    それにしてもこの女市長、見るからに顔がアッチ系だよなw

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      女市長と言えば
      相撲の土俵に上がれないのは悔しい
      と言ってた市長がいなかったっけ?
      宝塚だっけ?

  11. だんな より:

    静岡だけに「東海ニダ」と言い張るでしょう。

    お粗末m(__)m

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。