脱マウスに必須「Altキーを使ったショートカット」

「エクセル評論家」でもある当ウェブサイトの著者は、『エク達』というウェブサイトを運営していました。本稿では『プログラムを一発で終了!大変便利な「Alt+F4」』、『キーボードマスターの第一歩は「Alt+Tab」から』という2つの記事をひとつの記事にまとめたうえで、一挙に転載しておきます。ぜひ、業務にご活用ください。なお、転載に当たっては改題しているほか、原文にあったリンクを一部削除しています。

エクタツは、「エクセル評論家」でもある新宿会計士が、エクセルなどの「オフィス系の汎用ソフト」を使い、誰でも気軽に、かつ安価に、とても迅速かつ正確に仕事をこなす、ビジネスマンとしての基本テクニックを研究するサイトである。

プログラムを一発で終了!大変便利な「Alt+F4」

エクセルの達人たるもの、極力、マウスを使わないで仕事をしたいものだ。こうしたなか、エクセルに限らず、Windows全般において、大変に広範囲に使用できるコマンドがある。それが「Alt+F4」だ。

エクセルの達人やPCの達人の技を眺めていて気付くのは、「とにかくマウスを使わない」こと。

以前の『脱マウスの勧め:キー操作の「3つの系統」を覚えよう』や『【保存版】業界トップクラスに詳しいショートカット集』では、「とにかくマウスを使わずに、Ctrl(コントロールl)キーやAlt(「アルト」ないし「オルト」)キーなどを駆使し、キーボード上のみで操作すること」の基本について触れた。

ただ、「Ctrl+C」(コピー)や「Ctrl+V」(ペースト)について触れているのであれば、絶対に触れておくべきキーが、もうひとつある。

是非とも覚えておいてほしいのが、プログラムないしアプリを一発で終了させる、大変快適な機能である。

それが、「Alt+F4」だ。

Alt+F4

どんなプログラムでも、このキーを入力すれば、ほぼ一発でプログラムを終了することができる。ワードやエクセルなどを編集している場合、未保存のファイルについては「変更を保存しますか?」というメッセージも出てくるため、大変に便利だ。

また、Windowsは頻繁にハングアップが生じることでも知られているが、にっちもさっちもいかなくなったときに、この「Alt+F4」を使えば、とりあえず「Ctrl+Alt+Delete」を使わなくても、強制終了させることができるケースもある。

いざとなったら試してみてほしい。

ただし、この「Alt+F4」については、デスクトップ画面で使用すると、「PCをシャットダウンする」という機能がある。つまり、いきなり「ウィンドウズの終了」の画面が出現してしまうので注意したい。

また、ウェブブラウザを閲覧しているときに、うっかり「Flt+F4」を押してしまうと、ブラウザによってはそのまま終了してしまうこともあるので、あわせて気を付けよう。

キーボードマスターの第一歩は「Alt+Tab」から

エクセルを使って生産性を極力高める手法のひとつが、「Alt+Tab」だ。慣れてくれば、マウスではなくキーボードのみを使い、業務をさらに効率化していくことができるだろう。これが「キーボードマスター」への第一歩、というわけだ。

『エク達』では、「エクセルマスター」、さらには「PCマスター」を目指し、PCを使ってどこまで効率よく業務を実施することができるかを極めてみたいと考えている。

その際、どうしても紹介しておきたい「PC操作の基本テクニック」のひとつが、「Alt+Tab」だ。一発で画面(プログラム/アプリ)を切り替えることができる。

入力するキーは、「Alt」キーと「Tab」キーだ。図表1のとおり、右Altでも左Altでも良い。

図表1 Alt+Tab

その結果、何が発生するか。

図表2のように、「Alt」を押しながら「Tab」を押すと、次々とアプリを切り替えていくことができる。

図表2 Alt+Tabを押したときに出てくるウィンドウ

そして、この「Alt+Tab」は、出している画面の数が増えれば増えるほど有利になる。

もし当ウェブサイトをPCから閲覧していらっしゃるのであれば、さっそく試してみてほしい。この便利さ、手放せなくなるはずだ。

読者コメント一覧

  1. チキンサラダ より:

    実は私もマウスなしで Windows を操作することに一時ハマっていまして(Windows 95がリリースされた頃です。)その道には少々うるさいのですが、Alt + F4, Alt + Tab 確かにいずれも大変重要なキーですね。私もバンバン使っていました。(今は Mac OS ユーザですが….)

  2. イーシャ より:

    Alt + Tab ですか。
    それが有用なのは、多分、Windows がマウスではクリックしないとアプリが切り替わらないからでもあるでしょうね。
    昔から unix + X Windows System を使い慣れてきた私としては、Windows Manager をカスタマイズして、マウスカーソル in だけでアプリが切り替わるようにできないと、鬱陶しくて仕方ありません。(マウスカーソルとテキストカーソルが分かれていないのも)
    ついでに言うと、タイトルバーやウィンドウの枠が大きいのも邪魔で、それらを消して(厳密にはタイトルバーを消し、枠は 1 ドットにして)、「キー + マウス操作」の組合わせで「大きさの変更」「移動」などもできるようにカスタマイズするのが常で、それが可能な(新しい) Windows Manager が見当たらなければ、今でも twm を使ってしまいます。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。