今さら韓国と徴用工・慰安婦で「協議」する内容はない

日本で来月、高市早苗氏が次期総理に選ばれ、韓国で来年、李在明(り・ざいめい)氏が次期大統領にえらばれるようなことがあれば、いよいよ日韓関係は本格的に「3」のシナリオを歩み始めるのかもしれません。そうならないかどうかがたの心配で心配でならない今日この頃ですが、こうしたなか、韓国メディアは昨日、茂木敏充外相と鄭義溶(てい・ぎよう)韓国外交部長官が「ニューヨークで徴用工・慰安婦などについて議論する」という可能性について報じているようです。

自民党総裁選の行方と日韓関係

日本で自民党総裁選、そして衆議院議員総選挙の日程が見えてきたなか、おそらく菅義偉政権の「次の政権」は、自民党総裁選に出馬している4名(河野太郎、岸田文雄、高市早苗などの各氏)のうちいずれかに決まるでしょう。

現状、「最大野党」である立憲民主党の公約を眺めていても、彼ら自身、明らかに政権を担う意思も能力もなく、さすがに有権者も立憲民主党に過半数を与えることはないと思われるからです(※もっとも、彼ら自身もおそらくは「最大野党」の地位を維持できれば良い、くらいにしか思っていない可能性が濃厚ですが…)。

ただ、おそらく「その他1名」などが政権を取るなどの「大番狂わせ」でも発生しない限り、現行の安倍晋三政権、菅義偉政権から大きく方針が変わることはないと考えて良いのが、日韓関係ではないでしょうか。

日韓関係は現在、自称元徴用工問題、自称元慰安婦問題という、大きく2つの歴史問題に起因する韓国の国際法破り、条約破り、約束破りなどに起因して、少なくとも政府間レベルでは完全に事態が膠着してしまっている状況です。

また、日韓間の諸懸案は、この2つの歴史問題にとどまらず、たとえば細かい項目では対馬の仏像窃盗事件、中程度のものだと2018年の火器管制レーダー照射事件、大きいものだと戦後の懸案である韓国による竹島不法占拠問題など、いくらでも積み上がっている状態です。

結局のところ、普段から申し上げているとおり、これらの諸懸案には最終的に次の3つの落としどころしかありません。

日韓諸懸案を巡る「3つの落としどころ」
  • (1)韓国が国際法や国際約束を守る方向に舵を切ることによって、日韓関係の破綻を回避する
  • (2)日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することによって、日韓関係の破綻を回避する
  • (3)韓国が国際法や国際約束を守らず、日本も韓国に譲歩しない結果、日韓関係が破綻する

(【出所】著者作成)

(2)の選択肢が「あり得ない」理由と「残りの選択肢」

この点、日本にとって韓国が、本当に「欠くことができないくらいに大事な国」なのであれば(あるいは韓国との関係が「いかなる犠牲を払っても維持しなければならない」ものなののであれば)、日本は四の五の言わず、(2)の選択肢を取るべきでしょう。

ただ、当ウェブサイトのこれまでの分析だと、残念ながら、韓国の存在は日本経済にとり、「死活的に重要」とまではいえません(いや、逆に、韓国を日本にとって「死活的に重要な国」にしてはならない、ということでもあるのかもしれませんが…)。

万が一、次期首相に岸田文雄氏が選ばれでもしたら、このあたり、平気で(2)の選択肢を目指しそうな気がして、これに関しては本気で心配でなりませんが、この点についてはとりあえず本稿では脇に置きましょう。

いずれにせよ、日本が(2)の選択肢を取らないということは、残る選択肢は(1)か(3)です。

といっても、(1)については我々日本人が努力してどうにかなる話ではありません。

韓国人自身が「このままじゃダメなんだ」と気付き、国際法や国際約束をちゃんと守る方向に舵を切るのであれば、日韓関係の破綻は避けられるかもしれません(※もっとも、並大抵の努力では、それは難しいと思いますが…)。

だからこそ、当ウェブサイトとしては、日韓関係が(3)に向かっていると考えざるを得ないわけです。

ことに、日本側で、たとえば高市早苗氏あたりが総裁選を制して総理に就任し、韓国側で現在の「最有力大統領候補」のひとりとされる李在明(り・ざいめい)京畿道(きょうきどう)知事が来年3月の選挙を制すれば、まさに日韓関係は(3)の軌道に乗るのかもしれません。

日韓テーパリングの一方、米韓同盟破綻ならば…

もっとも、日韓関係が破綻するなら破綻するで、いったいどういうプロセスを辿るのかについては、さまざまな可能性があります。

ただ、個人的に現在のところ、最も可能性が高いのは、「テーパリングシナリオ」だと考えています。

詳しくは『三菱重工差押で逆ギレの韓国政府と日韓テーパリング論』でも議論しましたが、この「テーパリング」とは、もともとは米FRBのベン・バーナンキ議長(当時)が2013年ごろに使い出したことで有名になった、「先細り」「段階的縮小」などの意味する用語です。

経済活動には「ヒト、モノ、カネ」の3要素(※)があるといわれていますが、こうした「ヒト、モノ、カネ」の交流が徐々に縮小していくことで、日本にとって韓国との関係が徐々に薄まっていく、というパターンです(※「ヒト、モノ、カネ」に「情報」を加えて「経済活動の4要素」とする説もあります)。

ことに、日韓両国はどちらも米国の同盟国であるため、この状態のまま、日韓がお互いに国交断絶状態(ないしそれに近い状態)になることは難しいのが実情でしょう。やはり、日韓間が疎遠になるためには、米韓同盟が消滅ないし形骸化することが必要です。

もしも日本の時期首相に河野太郎、岸田文雄の両氏のいずれかが選ばれ、韓国側でも尹錫悦(いん・しゃくえつ)氏あたりが次期大統領に選ばれれば、日韓関係の破綻はもう少し先送りされるのかもしれません。

(※もっとも、いかに韓国に騙されまくってきた「岸田首相」といえども、さすがにここで韓国に譲歩すれば、日本国民の怒りが自身に向かうであろうことくらいは理解できそうなものですが…。)

いまさら何を協議するのですか?

さて、こんな状況ではありますが、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されていました。

韓日外相会談を調整 国連総会に合わせ

―――2021.09.19 11:30付 聯合ニュース日本語版より

聯合ニュースによると、「韓国の外交部当局者」が19日、米ニューヨークで開かれる国連総会にあわせて、茂木敏充外相と韓国の鄭義溶(てい・ぎよう)外交部長官の「会談を調整している」ことを明らかにしたのだそうです。

といっても、「韓国政府関係者」の話にはウソが大変に多いので、注意が必要です。

たとえば今年6月の英国のG7サミットでも、「日韓首脳会談が推進されていたが、日本側がキャンセルした」とする「韓国政府関係者」の話を複数の韓国メディアが報じ、加藤勝信官房長官らが即日否定した、ということもありました(『「日本が首脳会談キャンセル」報道を官房長官が即否定』等参照)。

もっとも、茂木外相は今年5月、ロンドンのG7外相会合で、ゲスト国として呼ばれた韓国の鄭義溶氏と対面会談を果たしていますので(『日韓外相会談、唐突ながらも内容に「サプライズ」なし』等参照)、聯合ニュースの記事はあながち虚報とも言い切れません。

ただし、聯合ニュースによれば、両氏は米国での会談が実現した際には、「北朝鮮問題のほか、旧日本軍の慰安婦被害者(※)と強制徴用被害者(※)の訴訟問題など両国の懸案について議論すると予想される」、などと報じていますが、果たしてそれは本当でしょうか。

(※聯合ニュースの記事にある「慰安婦被害者」とは自称元慰安婦、「強制徴用被害者」とは自称元徴用工の誤りですのでご注意ください。)

自称元慰安婦問題に関しては「2015年12月に日韓両政府が取り交わした慰安婦合意を韓国が守れ」で終わる話ですし、今年1月8日に出てきた日本政府に対する賠償判決についても、「韓国が国際法上の主権免除を守れ」、で終わる話です。協議の余地は1ミリもありません。

また、自称元徴用工問題に関しても、「韓国が日韓請求権協定を守れ」、「韓国が国際法を守れ」でお終いであり、日本政府が2019年にすでに韓国に協議や仲裁を申し入れ、韓国がその協議や仲裁に応じなかった時点で、これ以上の協議の余地はありません。

敢えていえば、このところ北朝鮮によるミサイル発射事案などが相次いでいることを踏まえ、「この期に及んで貴国が北朝鮮との関係を深めようとしていることは、北朝鮮問題の解決には1ミリも役立たない」と米国のアントニー・ブリンケン国務長官の前で牽制しておくくらいの価値はあるかもしれません。

いずれにせよ、本件についても続報があり、それに取り上げる価値があれば、また議論したいと思う次第です。

日韓関係はどこに行く?

さて、当ウェブサイトではあまり自民党総裁選について取り上げるつもりはないのですが、あえてひとつのシナリオを示しておくならば、「日韓関係最終化シナリオ」でしょう。

具体的には、日本で来月、高市早苗氏が次期総理に選ばれ、韓国で来年、李在明(り・ざいめい)氏が次期大統領にえらばれるようなことがあれば、いよいよ日韓関係は本格的に「3」のシナリオを歩み始めるのかもしれません。

そうならないかどうか、心の底から、楽し心配で心配でならない今日この頃であり、最近だと「大人用ハッピーセット」大盛り(※夜限定倍サイズビッグハンバーガーとマゲット15ピース入とポテトLLサイズとプラレール用おもちゃとパウパトロールのDVD)くらいしか喉を通らない日々を過ごしている次第です。

読者コメント一覧

  1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    協議自体はどんどんやれば良いのでは?
    「国と国の約束を守れ」と毎回言っておけば良いだけ

  2. 匿名 より:

    河野さんでもちょっと危うい気がします…。
    このところの発言は元防衛大臣とは思えないほど中国、ひいては韓国寄りのように聞こえる発言が多く、実現したいと言う政策も滅茶苦茶でとても今の緊張した政治を任せたいとは思えません。
    個人的なベストは高市さん、次点で岸田さんだと思います。
    「そうならないことが不安」です。

    1. 迷王星 より:

      仰る通り高市候補が国防や外交面では最も安心ですね.経済政策でも緊急時だから国債を増発してインフレ率2%達成まではPB化は凍結というのは妥当だと思います.

      他の候補に関しては個人的には以下のような感想を持っています.

      [以下,敬称略]

      河野は韓国に対してはまだしも共産チャイナに対しては全く駄目でしょう.そもそも単なる駄目どころか共産チャイナに対しては河野なら日本を売りかねない.

      亭主が裁判所のお墨付きの元ヤクザで一部では韓国系あるいは朝鮮系と言われている野田は論外ですね.少なくとも韓国や北朝鮮相手だとどんな譲歩でもしかねない.

      岸田はこれら2人のような売国される恐れはないが,相手に強く出られたり予想しない出方をされた時に平然と突っ撥ねられずに妥協してしまう危険性があることは,軍艦島の世界遺産登録での韓国の尹外交部長による突然の手のひら返しに対して突っ撥ねられず “forced to work” という言葉を入れさせられて国益を損ねたことで実証済みです.

  3. 農民 より:

     誰か忘れている気がしますが、忘れるくらいなら大したことではないのでしょう。

    1. 頓珍韓 より:

      農民様

      二匹目のどじょうは無い、のだ。

  4. 匿名29号 より:

    アフガニスタン民間協力者救出の遅れの責任を取る形でイギリス、オランダの外相が辞任しています。イギリス、オランダよりも更にひどい失態を演じた茂木外相は韓国と外相会議などせずに、さっさと辞任してほしいです。

  5. めがねのおやじ より:

    また常連さんに叩かれそうですが、野田聖子氏は論外として、岸田氏も優柔不断な発言と、麻生太郎氏以前の保守系総理の匂いしかしません。二階に嫌われたのは評価しますが。

    また河野太郎氏も、防衛大臣を勤めた割に、対韓対中発言が鈍って来ています。父親が出張っているようじゃ情け無い。「洋平氏の官房長官時の慰安婦発言を撤回させる」ぐらい言わないと。少し前まで二番手に押してましたが、ヤンピにします(笑)。

    立候補者4者会談でもマスコミの質問は岸田、河野に集中させて印象付けを2人に向けました。高市氏はマスコミの操作にやられた。で、今のところマスコミ操作は河野、岸田>高市>>>>>野田と見ています。

    河野氏や岸田氏では日本は変われません。安倍総理押しの高市早苗氏が一番発言にブレが無い。この人、かなり期待できる。高市早苗氏が次期総理に選ばれ、李在明大統領が選ばれたら、僅か3か月で「破綻」のシナリオがスタート。でも、なんやかんや擦り寄りが始まるでしょう。ソコを厳しく突き放して頂きたいです。

  6. 胡椒 より:

    こんにちは。
    新宿会計士様が、パウパトロールのDVDを見ながら大人用ハッピーセット大盛りを食べプラレール用おもちゃで遊んでいるという、お姿を想像すると胃腸薬をお勧めしたくなってしまいます(w

    私は3の日が一日も早く来ることを願い、特別なワインを開けずに保管してます♪

    1. 匿名 より:

      はじめまして。いつもは眺めているだけの者です。
      私はブログ主様がおもちゃ用プラレールとパウパトロール用DVDを食していると文面から受け取ってしまいました。
      非常に知的好奇心が刺激されます(主にどのようにプラレールとDVDを食するかについて)。

      それほど昔からは考えられない事態に日韓関係はなって来ているのだなと無理やりテーマに結びつけて締めとさせて頂きます。

      私の発言が皆様の知的好奇心を刺激するものではなくて恐縮です。
      お目汚しすいませんでした。

      1. 新宿会計士 より:

        後から自分で読み返して「dvdをバリバリムシャムシャ食べている」と読めた
        by 本人

  7. だんな より:

    >いまさら何を協議するのですか?
    日本人、韓国人ともそう考えている人が、多数派だと思います。

    日韓対話の回復については、日本の総理大臣よりも、韓国の大統領次第のように思います。
    日本で特定野党が政権を取らない限りは、状況に変化は無いでしょう。
    親日派と言い相手候補を攻撃し、私は反日では無いと妄言する人がなると、日韓関係より米韓関係に影響が出ると思います。

  8. 匿名 より:

    岸田氏は二階切ってますしモリカケ追及すると言ってるだけで本質は典型的な保守でしょう。
    反面河野氏は父親がアレだった上にそれを訂正しないと断言してますし例の反日大使に即面会したり防衛大臣時代に叱った韓国大使に裏で謝罪してたりやりたい放題のスタンスを崩してません。
    高市氏が一番なことは理解してますがこの二人を同列に並べるのは評論サイトとしてあまりに無知ではないかと。

  9. 相模 より:

    この何年、何十年と日韓は何事かを協議してきましたが、それで万事が解決したのでしょうか。
    崩しては積む賽の河原の石積みとはこのことで、無限ループ(「際限なく繰り返しを行う」こと)の中で日本は次々と新しい問題に付き合わされています。
    亡くなられた山本夏彦翁は「話し合い」では話のカタはつかない、と言う程の箴言を残しております。

  10. キタのほうから より:

    韓国が自称徴用工、自称慰安婦問題を取り上げたいなら、こちらも淡々となぜ日韓協定に基づく日本からの協議の申し出に応じなかったのか、慰安婦合意を履行しないのはなぜか詰問するのが大前提で、竹島への侵略行為、哨戒機に対するレーダー照射問題、対馬、壱岐から盗んだ仏像、お経の返還問題、自衛隊旗に対する不当な取り扱いについて取り上げるということで、協議したらいいと思います。

    公式に韓国が中華秩序に編入されてしまうと日本が矢面に立つことになるので、できるだけ長く韓国には中国からもアメリカからも圧迫されるサンドバッグでいてほしいです。
    (当然、だからと言って、何かの利益を提供するという話にはなりません。)
    日本は自分の身を守る力を高めて価値観同盟を強化していく間、韓国さん、コウモリでいてください。

    韓国が「反省して一切合切整理するので価値観同盟側に付かせてください」って言ってくるのが一番怖いかも…

    1. はるちゃん より:

      蚤や虱は中国に押し付けるのが得策かと・・・。

      1. キタのほうから より:

        ノミやシラミと言ったら失礼です!
        ちゃんと謝罪してください。もちろんノミとシラミにです。

  11. HNわすれた より:

    韓国の対日交渉とは、100円ショップで買ってきた仏像のお人形を日本の盗まれた寺院に持参してきて、「なっ、これでいいだろう」 と言ってきた韓国人の「交渉」がその典型です。昔から、例外なく。

  12. めたぼーん より:

    勝手に扉は開けてますって言っているだけですから、付き合う必要も無い気がします。丁寧に無視か、国際法違反だという茂木ボイスの入ったプレーヤーを無限ループさせておけば良いかなと。あと、自民党総裁選は気になりますね。個人的には消去法で、高市氏かな、と思ってます。河野氏に期待してましたけど石破氏やセクシーと組んだことで幻滅してます。岸田氏は俺は賢いムード出し過ぎ、野田氏はねぇ。

  13. 匿名希望の平民 より:

    「韓国人は事実と意見を区別できない」低すぎる”読解レベル”が慰安婦・竹島問題をこじれさせる
    「事実」と「意見」を区別できない韓国、できる米英。(PISA調査による国際評価)
    https://president.jp/articles/photo/49687?pn=3

     今まで、「韓国人は希望、願望が真実だと思い込む民族」と、各方面から聞いていました。
    なるほど、プレジデントの記事を読んでわかりました。連中はそもそも他者の言う意見や願望、
    妄想に至るまで、それらを疑いなく事実だと思い込んでしまうようなのです。しかも、
    そもそも事実なのかどうか、それを判別するスキルもない、ということらしいです。

     これらは、他国の民族のことなのでと、笑ってすませてよい問題ではないようです。
    韓国人のこれらの性質を利用し、韓国政府はマインドコントロールにより「日本は悪だ」、
    「我々は優秀な民族だったのに日本人に蹂躙された」「日本許さじ、今こそ民族の恨み
    をはらす時」と洗脳教育をしてきた結果が、今の反日政策となっているわけです。

     韓国の国内問題ではありますが、それだけで終わればよいのですが、世界各国で
    自分たちの歴史の嘘やデタラメをまき散らし、反日の慰安婦像を世界の各地で建てまくって
    日本を攻撃蹂躙していることは、見過ごすわけにはいきません。

     高市総裁候補は、韓国の嘘に対抗する『歴史外交部門』を創設したいと言ったことが、
    韓国で話題となり高市候補を袋だたきにしているそうです。私は、高市総裁候補の政策に
    賛成します。韓国人の本質を知れば知るほど、過去の日本政府の大人対応では、日韓関係は
    よくなることなどありません。日本と韓国が断行したとしても、韓国はしつこく日本を
    嘘の歴史問題で攻撃してくることでしょう。日本は断交後も韓国の攻撃に反撃すべく
    『歴史外交部門』を創設して、韓国に反撃する準備を進めるべきです。
     

  14. 匿名29号 より:

    マスコミの高市氏はずしがひどいですね。河野、岸田氏に絞っての比較やら何やらばかりで、これぞ印象操作そのものです。民主党政権を誕生させた2匹目のドジョウを狙っているのでしょうか。
    今回こそ、既成メディアに対するネットメディアの力が試される選挙だと思います。

    ところで、野田氏の主張はその通りではあるのですが、危機意識がゼロを逆演出しているのかと思うくらいです。日本と世界がその後10年は経済的にも軍事的にも現状維持出来そうだった10年前なら大いに支持を集めたかもしれませんが、現在のこの先10年は中国・韓国・北朝鮮の軍事的脅威に加えて、気候変動、脱炭素、新たなパンデミックなど個人の生活まで激変しそうな状況であり、今までと同じレールを走っていたら確実に明日はない時が来るのをお忘れのようです。子供の貧困は重大問題ではありますが、何もしなければ近々それどこれじゃなくなる世界が来そうだぜ、おっかさん。

  15. くろくま より:

    ブログ主様が、高市首相誕生にわくたくしているのはよく伝わってきました。
    実は、私もでございます
    自民党員様にお祈りしましょう。どうぞ懸命な御判断をなされますように。南無南無。

    1. 匿名 より:

      岸田総理誕生は万が一という程でもありませんね、3~4割程度はあるでしょう。
      河野さんが5~6割、高市さんは1割あれば良い方ではないのでしょうかね。
      大体そんなに高市さんが外交・安保に強いなら
      何故岸田さん、河野さんを差し置いて外相や防衛相を
      安倍さんから選ばれて歴任されてないんですか?
      正直岩屋元防衛相はあれほど評価した管理人様が
      岸田さんには冷たいのは甚だ不可解としか思えませんね。

      1. くろくま より:

        なんでそんなにお力みなさってるんでしょう。
        不思議ですね。

  16. PONPON より:

    茂木外相がニューヨークに…国連安保理の常任理事国入りに向けて再始動、とのことなので、これに関して何らかの会談を韓国と行う可能性がでてきましたね。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b49eac088b8751d2952e2f6154c9c4c7697ef863

    例えば韓国側としては、「日本の常任理事国入りを反対しない」という見返りに、徴用工や慰安婦問題で日本に何らかの譲歩を迫りたいのかもしれません。
    日本が応じるはずありませんが。。

    1. 匿名29号 より:

      もし岸田総理ならば、手を打つかもしれません。
      しかし、結局常任理事国入りは出来なくて(裏で中韓の妨害により)、徴用工や慰安婦問題に関しては韓国に譲歩だけを取られることが目に見えています。

      1. PONPON より:

        匿名29号様

        確かに岸田氏は押しに弱く曖昧な表現が多いので、会談をしようものなら譲歩ととられかねない発言をしそうですね、ご本人はその気は全くないのでしょうが、曖昧な表現は韓国に言質を取られかねませんので危険かと思います。

        常任理事国入りについてはもし岸田総理ならばおそらく各派の長老の意見に従うのでしょうね、長老によって意見も異なるようです。
        現状の茂木外相なら安心かと思います。

    2. 農家の三男坊 より:

      茂木さん、未だ、”国連安保理の常任理事国入り”を言っている様なら、外務省役人におだてられて越に入っている程度の田舎の外交音痴の爺さんでしょう。

      そんなムダ金を使っているくらいなら、海上保安庁強化に予算を回すべし。

      1. PONPON より:

        農家の三男坊様

        そうですね、常任理事国入りなんてとっくに諦めたたのかと思っていました、費用対効果が悪くて日本にとって得にはならないように思いますし。

        安倍前総理の悲願を引きずっているのかもしれません。

        1. 農家の三男坊 より:

          PONPON 様

           私も諦めていたと思っていました。費用対効果が悪いことも同意です。

           ただ、安倍さんはそんなにトンチキではないと思いますよ。

           一番重要なポイントは、国連軍に参加できない常任理事国なんてありえないという事です。
           そんなことを考えて居るのは、”太鼓持ちを外交と思っている日本国外務省”位でしょう。
           国連軍に参加するためには、まともな交戦規程、軍法会議が最低必要で、更に常任理事国として独立性を持ち信頼されるためには核兵器保有も条件と考えるべきかもしれません。米国のジュニアパートナーなままで常任理事国はあり得ないと思います。

           要は憲法改正をしないで常任理事国になろうなんて、”日韓基本条約を守らない・慰安婦合意を守らない・レーダー照射等嘘つき”の韓国が”ファイブアイズに入ってやろうか?”と言っているようなものです。

  17. sey g より:

    たまに、韓国に全ては条約で終わった話だ、ですますのてはなく、彼等が本当に徴用されたかどうか調べるべきだ。という意見があります。
    が、これには反対です。
    別に、彼等が本物だというわけではありません。
    逆です。せっかくニセ徴用工を光り輝く御本尊と結束してるのに、その御本尊が真っ赤な偽物だったら、担いだ神輿を放り投げるかもしれません。
    せっかく日本と韓国が離反出来る種なのに、無くなったらもったいないです。

    ま、おそらく偽徴用工の効果が無くなったら、新しい詐欺の種を捏造するから 心配無用なのでしょう。

  18. 匿名 より:

    河野さんってどれぐらい石破さんに汚染されてるんだろうか?

  19. 頓珍韓 より:

    鳩山一郎内閣で農水大臣だった祖父・河野一郎氏は、日ソ交渉で名を挙げ、総理に就くことに執念を燃やしていました。
    お孫さんと違って大きな派閥を率いてましたが、自派以外(特に吉田学校門下)の敵を多く作る彼の性向から、常に敬遠されていたため総理になることができなかった人という印象を持っています。
    また、河野一郎という方は内閣にあっては、目的のためにがむしゃらに頑張る有能な大臣だったと思っています。

    現下、私は、河野さんは1回目で過半数を得られなければ総裁にはなれず、実際そうなると考えています。
    そして、岸田さん、高市さんのどちらかが総裁となったとしても、総選挙において河野さんの人気を利用したい考えると思います。
    河野さんも挙党体制で重用されるのであれば協力の道を選び、恩を売ることを考えると思います。
    自信過剰な彼のことですから、次の次の総理を目指すために、実績を積んで揺るぎない国民的支持を得て(菅総理からの支持を得たように)次の総理からも支持を得ようと考えるでしょう。
    石破さんは、河野さんが今回総裁になれなければ、次の政権では冷や飯を食わされ総理の芽は完全に無くなると思います。河野支持を打ち出したため、人気を河野さんに渡してしまって石破ブームは終わった。

    河野さん本人は党の要職を希望するかもですが、次の総理には期待を込めて父親の汚名を挽回させる仕事をさせていただきたいと思います。
    特に高市さんが総理となった場合、強力に韓国と徴用工・慰安婦の問題に取り組むことでしょうから、河野さんも頑張らざるを得ず、必ず結果をもたらしてくれるのではないでしょうか。
    失敗したら、河野さんは総理にはなれないだけです。
    上手くいったからと言って河野さんが総理になれるかといえば、わかりませんが。

  20. 宇宙戦士バルディオス より:

    >最近だと「大人用ハッピーセット」大盛り(※夜限定倍サイズビッグハンバーガーとマゲット15ピース入とポテトLLサイズとプラレール用おもちゃとパウパトロールのDVD)くらいしか喉を通らない日々を過ごしている次第です。
     ご健康のため、ジャンクフードは程ほどになされますように。
     なんちゃって、私もここ最近は、昼食は110円のマックバーガー+100円のコークの組み合わせが多いのですが。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。