ワクチン接種が高齢者の死亡者数を9割削減か=厚労省

「不自然」なのは新規陽性者数急減を「不自然」と言い放つテレビ局の方だ

東京都の新規陽性者数が、再び1000人を割り込みました。重症者数や新規死亡者数はまだ高止まりしていますが、ただ、ワクチン接種が急激に進んでいることで、社会全体の重症者数や新規死亡者数が抑え込まれているという当ウェブサイトなりの仮説については、やはり必ずしも間違っていないようです。こうしたなか、相変わらず地上波テレビ局が呆れた不見識を晒しているようですよ。

2021/09/14 10:45追記

図表4の数値に誤り(入力ミス)がありましたので修正しております。ご指摘くださったM1A2様、大変ありがとうございました。

東京都で再び1000人割れ

東京都の新規陽性者数が大きく減少しました。

9月13日(月)時点の東京都の状況
  • 新規陽性者数…611人(前日比▲456人、前週比▲357人)
  • 7日間平均値…1333人(前日比▲51人、前週比▲1101人)
  • 重症者数…225人(前日比▲5人、前週比▲42人)
  • 新規死亡者数…12人(前日比▲9人、前週比▲4人)

(【出所】東京都『新型コロナウイルス陽性患者発表詳細』、『新型コロナウイルス感染症重症患者数』より著者作成)

前週比で新規陽性者数がマイナスとなるのは8月23日(月)以来、22日連続のことであり、また、7月20日(火)以降で見て、新規陽性者が1000人の大台を割り込むのは9月6日(月)に次いで2回目でもあります。

まだまだ予断を許さないが…

ただし、毎週月曜日は新規陽性者の報告数が減少するという傾向がありますので、「1000人割れ」が定着するかどうかについては、火曜日、すなわち本日以降の数値を見て判断する必要がありそうです(直感的には「もう少し先」のことではないかという気もします)。

これに加え、重症者数についてはまだまだ200人台に留まっていますし(図表1)、新たに亡くなる方も「2ケタ」台です(図表2)。

図表1 東京都における新規陽性者数と重症者数

(【出所】東京都『新型コロナウイルス陽性患者発表詳細』、『新型コロナウイルス感染症重症患者数』より著者作成)

図表2 東京都における新規陽性者数と新規死亡者数

(【出所】東京都『新型コロナウイルス陽性患者発表詳細』、『新型コロナウイルス感染症重症患者数』より著者作成)

実際、過去の「『感染』拡大局面」――たとえば年末・年始や春先など――の動きで見ても、新規陽陽性者数が減少しても、重症者数や新規死亡者数がただちに減少していたわけではありませんでした。

いずれにせよ、まだまだ予断を許さない、という状況にあることは間違いないでしょう。

グラフの「山の高さ」が違う!

もっとも、グラフの「山の高さ」(ピーク)どうしで比べると、新規陽性者数の「山」が上昇している局面においても、重症者数や新規死亡者数の「山の高さ」は、過去の「『感染』拡大局面」と比べて明らかに低いことがわかります。

もともと重症化率は高齢者層において顕著に高いことで知られていますが、その高齢者(厳密には65歳以上)に対するワクチン接種が1日100万回を超えるペースで進み、7月末にはほぼ完了していたという事実を思い出しておく価値はあります。

これについて、当ウェブサイトでは以前から、「高齢者向けワクチン接種が社会全体の重症者激増を防いだ」という可能性は高そうだ、と申し上げて来ましたが、厚生労働省ウェブサイトの『新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等』というページに、興味深い資料が掲載されていました。

資料2-6 新型コロナウイルス感染症に対するワクチン等の効果の推定』というPDF形式のファイル(4ページ目)によると、「もしもワクチン接種が進んでいなければ、高齢者の死亡者数は7月において1768人、8月において7544人に達していた可能性がある」、などとする趣旨の記載があります(図表3)。

図表3 高齢者のワクチン接種等による7月の死亡抑制の推定
年齢階層推定死者数実際の死者数
90歳以上41923
80~89歳74763
70~79歳49041
65~69歳11218
上記合計1768145

(【出所】『資料2-6 新型コロナウイルス感染症に対するワクチン等の効果の推定』P4より著者作成)

図表4 高齢者のワクチン接種等による8月の死亡抑制の推定
年齢階層推定死者数実際の死者数
90歳以上1959115
80~89歳3203315
70~79歳1956205
65~69歳42690
上記合計7544725

(【出所】『資料2-6 新型コロナウイルス感染症に対するワクチン等の効果の推定』P4より著者作成)

資料自体は『第51回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(令和3年9月8日)』【※PDF】で配布されたものだそうですが、もしこの試算が正しければ、ワクチンのおかげで死亡者数は10分の1前後に抑えられた、ということです。

これについては、以前からしばしば紹介している、厚生労働省『ファイザー社の新型コロナワクチンについて』で記載されている、「ワクチンを受けた人が受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ない」、「発症予防効果は約95%と報告されている」などの記載を思い出します。

個人的な印象と比べれば、ワクチンによる死亡抑制効果は若干少ない気もしますが、いずれにせよ、「ワクチン接種が7月末までに終わっていなければ、もっと悲惨な状況になっていた」とする当ウェブサイトなりの持論が正しいという証拠なのかもしれません。

テレビ局の呆れた言い分

その一方で、スポーツ紙『デイリースポーツ』に一昨日付でこんな記事が掲載されていました。

関口宏 感染者「東京都は減っているがいいんですか」識者「不自然な減り方」サンモニ

―――2021.09.12付 デイリースポーツより

これによると、東京都における「感染者(※原文ママ)」が連日減少していることについて、TBSの『サンデーモーニング』という番組の司会者が、「識者(※原文ママ)」に「東京都は減ってきているように感じるんですが、これはいいんでしょうか?」と質問したのだそうです。

また、政府がワクチン接種などを条件にした行動規制の緩和方針を示したことについて、司会者の方は「緩和、大丈夫かなと心配になるんですが」、とも述べたのだそうです。

一方、これに対して「専門家」の方は、「検査数が十分じゃないんじゃないかとかいろんな推測がされているが、なぜここまでスムーズに減少に転じたのかはむしろ逆に不可思議ですので、不自然な減り方だと思う」、などとも述べたのだとか。

相変わらず、呆れた言い分ですね。

大変失礼なのですが、この司会者の方は、コロナ関連統計についてご自身で分析なさったことはあるのでしょうか。あるいは、分析するのはスタッフの方でも良いのですが、その客観的な数値などについて、ご自身で適切に把握なさっているのでしょうか。

また、「不自然」なのは「減り方」ではなく『サンデーモーニング』という番組を含めた地上波テレビ局、大手新聞社などの不勉強ぶりのほうではないでしょうか。

そういえば、『徹底して自分に甘いテレビ朝日:説明は明らかに不十分』でも指摘しましたが、テレビ局関係者自身が「感染拡大」につながるような行動をむしろ積極的に取っていたという話は、シャレにしては笑えない点でしょう。

読者コメント一覧

  1. りょうちん より:

    統計でウソをつくコツは、「割合」を上手く使うことだと聞きましたw。

  2. M1A2 より:

     図表4の70~79歳の実際の死者数が2305になってますが、これ205の間違いなのでは?

    1. 新宿会計士 より:

      M1A2 様

      ご指摘ありがとうございます。さっそく修正します。
      引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

  3. 匿名 より:

    >一方、これに対して「専門家」の方は、「検査数が十分じゃないんじゃないかとかいろんな推測がされているが、なぜここまでスムーズに減少に転じたのかはむしろ逆に不可思議ですので、不自然な減り方だと思う」、などとも述べたのだとか。

    サイテーモーニングはPCR検査数等の操作をして政府が意図的に陽性者数を減らしたと言いたいのでしょうかね。
    そんなことをしても重症者数、死亡者数でバレるのにしませんよ。
    自分たちが世論誘導を生業としているからと、自分たち基準で判断している好例ですね。

    それにしてもピーク期間のズレはあるものの全国的に下がりましたね、アナウンス効果による行動様式の変化だけでは説明できません、やっぱりワクチン効果なのかと思ってしまいます。
    当たり前ですが接種者だけが増えるのではなく同時に未接種者が減りますからね、感染しやすい集団は指数関数的に減りますから、ある接種率を境に急激に減少することは考えられます。

  4. だんな より:

    ケチを付けるつもりは有りませんが、高齢者のワクチン接種等による死亡抑制の推定だけで無く、ワクチン接種による死亡者が出ていると思いますので、それも合わせて評価するのが、正しい評価方法だと思います。
    それから、超過死亡数、過少死亡数も考えるとより正確になると思います。
    伊江太さんが、得意そうな分野だと思います。

    1. TDa より:

      ワクチン接種による死亡者って出ていましたっけ?
      アストラ・ゼネカで血栓ができやすいっていうことはあるみたいだけど、日本でワクチン接種が原因の死亡者は出てなかったのではないでしょうか。

      1. りょうちん より:

        いやワクチン摂取後に死ぬ人はいますよ。
        なにしろ人口の半分が打ってるわけですからw

        ただ、因果関係を言うのはDHMO的なものです。

        1. なんちゃってギター弾き より:

          こんにちは。
          原典は忘れましたがこんな文章を見たことがあります。

          ワクチン接種率100%の国があったら、ワクチン接種後の死亡率は100%

          当たり前なんですけど、煽られて気づかない人も多いですね(汗)

          1. じゃん🐈 より:

            「ワクチン接種率100%の国」じゃなくとも、ワクチン接種後の死亡率は100%ですけどね。

            「ワクチン接種後24時間以内の死亡率」と、例えば「恵方巻を食って24時間以内の死亡率」って、どっちが多いんでしょうかね?

          2. がみ より:

            不死になる薬なんて発明されてませんし、人類の寿命が劇的に長くならない限り100年後にはほぼ全員死亡しますわね。

            高齢者が亡くなった時の死亡診断書で一番記載例が多いのが肺炎(誤嚥肺炎等も含む)と多臓器不全なんですし。

          3. 匿名 より:

            もうこれ箱根の黒たまごじゃんw3つ食べると死ぬまで生きられるっていう。

          4. くろだい より:

            オリパラが終わり、ワクチンは新たな攻撃目標になっている感がありますね。
            「五輪は反対、でも、コロナは茶番」とか、割り切ったお方がデモの参加者に含まれていそうな…

            (読売新聞:コロナは茶番 700人デモ)
            https://www.yomiuri.co.jp/national/20210909-OYT1T50063/

          5. 迷王星 より:

            じゃん様
            >「ワクチン接種後24時間以内の死亡率」と、例えば「恵方巻を食って24時間以内の死亡率」って、どっちが多いんでしょうかね?

            恵方巻は分かりませんが,「餅を食って24時間以内の死亡率」なら餅食って1日以内に死ぬほうがワクチン接種後1日以内よりも高そうな気がします.特に後期高齢者に限定するとなおさら.

      2. TDa より:

        申し訳ないです。言葉足らずでした。たくさんレスがついてるので
        私のもとの発言にぶら下げます。

        「ワクチン接種が原因の死亡者って出ていましたっけ?」

        って突っ込みたかったのです。
        「ワクチン接種による死亡者が出ている」っていう書き込みが引っかかったので

  5. 匿名 より:

    左派のお仲間れんほーさんは、ワクチン接種率にもご不満だってさw左派って政権批判botだよね

    蓮舫代表代行「国民半数がワクチン2回接種」に違和感…ネット上は若い世代の嘆き声と「なぜ違和感?」と反論の声
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5caa9d799a0d37c2932c132627e82b698882ce2f

  6. sqsq より:

    >これに対して「専門家」の方は、「検査数が十分じゃないんじゃないかとかいろんな推測がされているが、なぜここまでスムーズに減少に転じたのかはむしろ逆に不可思議ですので、不自然な減り方だと思う」

    減った時は不自然で増えたときは何なの?

  7. 匿名 より:

    ただの緊急事態宣言の効果。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。