ワクチン接種は1.4億回の大台:1回目接種は6割超

VRS未入力は下手をすると1千万回も!?

公式発表ベースでも、ワクチン接種の回数が1.4億回に達しました。著者自身の試算では、現時点で1.4億回どころか、すでに1.5億回を超えている可能性すらあるとも考えているのですが、ただ、ここまで来れば、正直、1.4億回でも1.5億回でも大差ありません。「政府のワクチン接種計画については予想よりもかなり速く進行し、成功裏に完了しつつある」という点が大事だからです。

ついに公式発表ベースでも1.4億回の大台を達成

あっけなく、1.4億回を超えました。

何の話かといえば、首相官邸ウェブサイト『新型コロナワクチンについて』のページに公表されている、ワクチン接種実績のことです。

まず、首相官邸の情報発表と、「ワクチン接種記録システム(VRS)」の生データを統合した著者自身の集計に基づけば、現時点における接種回数は、公式ベースでも1回目が7750万回で接種率61%、2回目が6255万回で接種率49%です(図表3)。

図表1 総接種回数と接種率
区分総接種回数接種率
全体合計140,295,783
 うち1回目77,749,45261.16%
 うち2回目62,546,33149.20%
65歳以上合計63,336,669
 うち1回目31,993,21390.16%
 うち2回目31,343,45688.33%
高齢者以外合計76,959,114
 うち1回目45,756,23949.93%
 うち2回目31,202,87534.05%

(【出所】VRSオープンデータおよび首相官邸ウェブサイト『新型コロナワクチンについて』データをもとに著者作成。9月9日時点で取得したVRSデータ、9月9日時点で取得した職域接種データ・重複計上データなどを使用。「接種率」とは累計接種数を『令和2年住民基本台帳年齢階級別人口』【※エクセルファイル】記載の人口で割った数値。高齢者接種率は累計接種回数を3548万6339人で、「高齢者以外」の接種率は、接種回数合計から65歳以上接種回数を引いた数値を、9164万2566人で割って求めたもの)

※VRS生データのダウンロード方法
  • 次の文字列をウェブブラウザのURL欄に打ち込むと、その時点の最新データが取得可能
  • https://vrs-data.cio.go.jp/vaccination/opendata/latest/prefecture.ndjson
  • 上記文字列のうちの「latest」以降の部分を「{dt}/prefecture.ndjson」(※)に変えると過去データの入手が可能(※なお、{dt}は「yyyy-mm-dd」形式で日付を入力。たとえば「2021年8月5日時点のデータ」なら、{dt}の部分を「2021-08-05」に変換)

ワクチン接種率は一本調子で伸び続ける

なお、図表1においては接種率が首相官邸の数値と微妙に異なっていて、その理由については正直、よくわかりません(もっとも、大した違いではないので、ここでは敢えてスルーしたいと思います)。

いずれにせよ、とくに接種率に関しては一本調子で伸び続けており(図表2)、1回目、2回目ともに接種率はだいたい10日ごとに5%ずつ上昇しています(もっとも、時期により多少のバラツキはありますが…)。

図表2 接種率の推移(高齢者、一般向け)

(【出所】VRSオープンデータ、首相官邸、厚生労働省などのデータを著者自身が統合して作成)

言い換えれば、今月末ごろには1回目接種率は70%、2回目接種率も60%に達する、ということです。

現時点における未入力実績は1000万回も!?

しかも、先日の『ワクチン接種「未入力」の実態は600~800万回?』で報告したとおり、現実のVRSのデータを1ヵ月後に検証してみると、本来ならばその時点で入力されていなければならなかったはずの接種回数が、バックデートでかなり増えていることが判明します。

たとえば、当ウェブサイトでVRSの日次データを取り始めたのが6月初旬ですが、そこから8月上旬ごろまでのデータをもとに、本日時点までに判明している「バックデートで増えた接種実績」をグラフ化すると、酷いケースでは900万回ほどが未入力状態であることが判明します(図表3)。

図表3 VRS未入力実績(8月11日まで)

(【出所】6月7日から9月9日までのVRSデータをもとに著者作成)

このことから、現時点においても「接種が済んでいるにもかかわらずVRSに入力されていない回数」が、少なくとも600万回、下手をすると1千万回(!)分は存在すると考えられ、したがって、現時点におけるワクチン総接種回数は1.5億回に達している可能性もあります。

ただし、正直、ここまで来れば、1.4億回も1.5億回も大差ありません。希望する国民へのワクチン接種については、政府当初の目標よりも早く、10月には達成されるであろうことは間違いないからです(※なお、ごく一部の自治体ではいまだにワクチン接種が遅々として進んでいないというケースもあるようですが…)。

いずれにせよ、大手メディアがワクチン接種率の状況を大きく記事に取り上げている形跡はあまりないので、当ウェブサイトでは今後も折に触れ、ワクチン接種に関する統計的事実を取り上げ続けるつもりです。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    どんなウィズコロナになるのか、そろそろ見えて来る時期になりましたね。
    当面マスクは、外せないんでしょうね。

  2. めがねのおやじ より:

    ようやくウチの次男もワクチン接種1回目を受けます。皆様のおかげです、ありがとうございます。ホッと一息。

  3. G より:

    油断ならないとはいえ、最近陽性者数は減ってきています。最近の陽性者数減少について、ワクチンの影響はそこそこあるように感じています。65歳未満の未接種者数と新規陽性者数の相関とかグラフにしてみると良いんですかねー

    1. 匿名 より:

      何故ピークアウトしたのでしょうね?
      緊急非常事態宣言という呪文の効果はなくなったし、全国が同時にピークアウトしている。
      やっぱりワクチン効果なんでしょうね。
      陽性者発表に接種者、未接種者情報を紐付けてくれればなんとなく見えてくるような気がします。
      もし、大半が未接種者であれば、当然母数がどんどん減るわけだから減少して当然。

      1. sqsq より:

        ワクチン効果+オリパラおうち観戦効果+感染者急増におじけづいた効果の3つでしょう。

      2. 匿名 より:

        >陽性者発表に接種者、未接種者情報を紐付けてくれれば

        新型コロナワクチンについて|首相官邸ホームページhttps://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html
        の「接種回数別の感染者数等 ▼」をクリックすると見れます。

        ・9/1-3の陽性者10万人内訳 未接種59.9人,1回接種のみ20.5人,2回接種4.5人

        計算するとワクチン1回で1/3 2回で1/13 まで陽性確率が下がっています。
        2回で1/13、1-1/30≒92.5%ですから日本の実績ベースですと今のデルタ株でもファイザー/モデルナワクチンの有効性が殆ど下がっていませんね。

        こういうことを発表してこそ、マスゴミと言われないはずなんですが

        1. 匿名 より:

          あ、1-1/30でなく1-1/13≒92.5%でした。

          昨今ワクチンは重症化は防げても感染は防げない等まことしとやかに言われますが、

           「データで見ると、ワクチン接種で感染率は有意に下がっています、効果は90%以上」

        2. どみそ より:

          さらに接種済者が感染したあとの病状推移も統計発表していただけると いいですね。
          陽性でも無症状、微熱、鼻水程度ですめば 本人的には問題ありませんから。

          1. 匿名 より:

             そうですよね。ワクチン2回接種済みの某メダル齧り市長など陽性でもピンピンしてますものね。

             再度 「データで見ると、ワクチン接種で感染率は有意に下る。効果は90%以上」

        3. 匿名 より:

          ありがとうございます。
          今なら接種率が50%程度なので未接種者、接種者の母数は年齢構成比を除きほぼ同じなので判断しやすいですね。
          今後接種が進むにつれ未接種者の母数が少なり陽性者も減少するので見かけ上の比率からは効果が少なく見えると思います。

  4. sqsq より:

    アルコール解禁、今でもできるのは;
    65歳以上なら4-5人までOK。年齢に関係なく1人ならOK。(ただしアクリル板で防護)

  5. どみそ より:

    最近のマスコミ報道の傾向。
    ”ワクチン2回接種にもかかわらず感染しました。”→ワクチン接種しても100%感染阻止するとはメーカーは言っていない。
    報道すべき要点は 接種済みで陽性になったものがどの程度の病状ですんでいるか ということ。
    ”ワクチン2回接種にもかかわらず感染、死亡しました。”→ 施設などでそういう事例があったけど 80,90歳台だと 普通の風邪でも危ないですよね。感染前から寝たきり状態だったかも とか 基礎疾患が癌(完治か療養中か不明 )とか を まぜこぜに 報道。

    ”若い年代でもコロナ感染で死亡しました”、”自宅療養中に急変死亡しました”→基礎疾患持ちでワクチン未接種。糖尿病(程度不明)、あるいは肥満のケースが多いみたい。
    もたもたやってる うちの町でも 基礎疾患持ちの優先予約はすごく長い期間受付をやってました。

    予約が取れる状況でも接種していなかったということは自己責任ということになるのでしょう。もちろん接種するしないは 本人の自由意志ですが。
    助かっていたかもと思うと、なんか もったいないです。

    「コロナ怖いぞ。」「ワクチン無能だぞ。」
    「ワクチン接種一本の菅政権とんでもないぞー」

    世論操作一生懸命です。
    もうすぐアメリカ並みの接種率になるんですけどね。
    政府がワクチン接種向上キャンペーンをやったら 接種の強制だ と騒ぐんでしょうね。
    何でも反対だけすればいい マスコミと、野党は 楽なお仕事です。
    (立憲の幹部が いま国会を開かないのは 国税の無駄遣いだ と いっていました。国会開いてサボタージュしているほうが よっぽど無駄遣いとおもいます。やってる詐欺です。)

    1. sqsq より:

      いつも偉そうなこと言って反対しているーーやらせてみたら何にもできない人たち。
      あげくに「与党がこんなに忙しいとは思わなかった」
      つまり野党って暇なんだね。

    2. 星のおーじ より:

      今日は10代の死亡者が出たというネタで大騒ぎですね。亡くなった人にはお悔やみ申し上げますが、日本全体でみれば一桁ppmにしかならない発生して当たり前のことだと思います。仮に累計陽性者数160万人を分母にすると0.6ppm。8月になってからでも陽性者70万人程なので1.5ppmの事象。発生したからって、バカ騒ぎするような特殊性はないでしょうに。

      1. どみそ より:

        ワクチン未接種で 基礎疾患あり さらに重症化につながるリスクを複数お持ちだったようです。
        特殊事例を一般事例におもわせる報道が不愉快です。

    3. りょうちん より:

      >アメリカ並みの接種率

      そのアメリカでも貧乏人がワクチンを受けないと問題になっているようですが、日本では知的に貧乏な人が受けない問題が発生。

  6. epicurian より:

    前々からの疑問なんですが、ワクチン反対派の人たちはどこまでの医療行為を拒否されるのでしょうか?
    例えば、蛇に噛まれて医療機関に搬送されたとして、運よく血清があったとき、注射を拒否するのか?
    炎天下の中で迂闊にも水分補給が不十分で、熱中症になり救急搬送されて、点滴等の処置を拒否するのでしょうか?
    宗教上の理由で手術時に子供への輸血を拒否した事例がありましたが、自分の信念で子供が受けるべき諸々のワクチン接種を拒否することが許されるのか?
    医療(治療)行為と予防措置に違いがあるのは理解しているつもりですが、甚だ疑問です。

  7. 気分は黒田長政公の家臣 より:

    運がないですねぇ。月が代わったらと思って近場を検索するも、ないですねぇ。
    ここまで来たらもう完全にあきらめましょう。いったいどこにあるんだろう。
    きっとおテントウさまが打たないでよろしいって言ってくれているんでしょう。クーポンを券見るから気になる。破って捨てた方がいいかもしれない。

    1. 新宿会計士 より:

      気分は黒田長政公の家臣 様

      集団接種会場以外の会場については、厚生労働省の次のサイトで検索可能です。
      https://v-sys.mhlw.go.jp/search/
      よろしくご査収ください。

      1. 気分は黒田長政公の家臣 より:

        新宿会計士 さん

        ありがとうございます。
        区役所や近場の病院も検索するんですが無いんですよね。

        未練が残るので、取りあえずクーポン券は見ないように厳重に封印しました。
        そもそも、こんなことでビクビクしていたら合戦場でも役に立たんでしょう。
        まぁ、矢や弾もあたる時はあたるし、あたらん時はあたらんでしょう。
        普段から気をつけることとし、後は運に任せます。

        検索して無いって焦ってバカみたいでした。
        そもそも、私が頼んで打たせてもらっているわけではありません。
        隣国みたいな乞食にはなりたくはありません。
        無いなら、無いで潔く諦めます。
        もう、この件は話題にはしませんので、ご安心を…

        再発行もできるので、裁断機での処理がいいかもしれませんね。

  8. 匿名 より:

    バックデーターを入れれば100人当たりの接種回数でアメリカを抜いていますね。
    9月10日現在
    アメリカ:112.08回
    日本  :111.3回

    デルタ株が猛威を振るう3か月前の日常生活を取り戻したかのようなアメリカの様子を思い出すと
    つくづく野党による特例承認妨害で失った3か月の存在が大きいことに気が付きます。
    マスコミネタとしては大きなネタですけどねスルーです、逆なら大騒ぎ。

  9. 匿名29号 より:

    今回のコロナ禍で分かったこと。
    1)新聞屋、テレビ報道屋には統計から大局を見る科学的思考能力が無い。
    2)新聞・テレビ報道屋は統計的には稀ではあるがスクープ性のある死者・重傷者を大々的に報道して国民の恐怖と社会不安を煽る
    3)テレビに露出する自称学者・有識者はテレビ屋の意向に沿った者しか出演しない
    (芸人が雛壇にずらり並んだワイドショーは、ありゃ何だ。有識者ということ?)
    4)日本学術会議はほぼ役に立たない

    1)2)4)は、
    『新型コロナウイルス感染症への対策は、「本来なら死なずに済む人が亡くなる」という事態を防ぎ、「誰一人取り残さない」という社会的包摂の理念のもとに展開されるべきだと考え、』(日本学術会議幹事会声明より)
    という理念に基づくものと考えられます。自分や肉親の誰かが亡くなる可能性を考えると切実であり、かつ人道上はだれも反対できない理念でもあります。しかし、現実は不可能です。一人も死なせないなど実現不可能な目的に向かって旗を振り続けて他のことを考えようとしない非合理的学術会議もさることながら、その延長線上で稀な死亡例や新規陽性者数のみをエキセントリックに取り上げて連日連呼することによって本来取るべき対策を歪めたり遅らせたりしたマスコミの弊害は否定できないと思います。
    日本のコロナ禍はまさにマスコミ禍によって一層増幅された感があります。

    1. 匿名 より:

      犬が人を噛んでもニュースじゃないが、
      人が犬を噛めばニュースにする。昔からじゃないですか?
      日本の場合には、報道に悪意を感じますがね。

  10. 引っ掛かったオタク より:

    わかったこと
    居住地自治体やはりぽんこつだった
    カカリツケ医のない半端な健康体はいざというとき近隣の開業医に門前払いされる
    大規模会場はすぐ埋まる、キャンセル待ち登録もできない、そも大方の予約受付開始時間が日中勤労者向きでない

    ドルバッキーにことのは託してバントラインとくりだす気分はこういうのカモネ

  11. 市井の人 より:

    公約を果たした政権が石持て追われる理不尽
    非常に不条理 諸行無常 南無

  12. sqsq より:

    NHKのデータによると9月9日時点で少なくとも1回接種した人77.7百万人、接種完了した人62.5百万人だから2回目を待っている人は差引15.2百万人。この人たちは明日2回目を打つ人から3週間後に2回目を打つ人までいて平均すると24日間で打ち終わるとすると1日あたり0.63百万人接種完了者が増える。9月末まで21日あるから、9月末には0.63×21=13.2百万人接種完了者が増えている。その数13.2+62.5=75.7百万人。人口の60%。12歳以上の65%超にあたる。
    そろそろ集団免疫獲得かな。ばんざーい。

  13. PONPON より:

    遂にアメリカに並びましたね、VRS未入力を踏まえれば、大幅に抜いたと思われます。

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6404121

    ヤフーコメントも菅総理、河野大臣よくやった!、というコメントが多いですが、もっと早く気付いてもらえれば、菅首相も退陣することはなかったのにな、と思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。