「顔パスペイ」未来の展望と課題

昨日、りそなホールディングなどのウェブサイトに、非常に興味深い情報が掲載されました。4社が共同し、生体認証などの仕組みを活用した「顔パス決済」など、「日常生活のさまざまな場面で『手ぶらで』『スピーディに』サービスを利用できる環境の構築」を目指す、という構想です。これについてどう期待すれば良いのでしょうか。

自身の家計簿の変遷

著者自身にひとつだけ自慢できることがあるとすれば、2000年ごろから、複式簿記で家計簿をつけていることです。

むかしはエクセルの入力可能行数が65,536行までだったので、過年度分についてはアクセスなどで管理せざるを得なかったのですが、最近のエクセルは1,048,576行まで入力できるため、現在は普通仕訳帳を1枚のシートに入力しています。

そして、期間指定すれば、自動計算で推移表、残高試算表、貸借対照表、損益計算書を作成することができます。おそらくは市販の会計ソフトウェア並みの機能を、個人レベル、かつ「エクセル関数だけ」で実装している事例は、あまりないのではないかと自負している次第です。

(といっても、使用している関数自体も非常にシンプルなものばかりであり、べつに複雑なマクロなどを組む必要もありません。)

こうしたなか、「過去の全データを追いかけることができる」というのは、自分自身の過去21年分の支出履歴を追いかけることができる、ということでもありますが、それと同時に、自分自身の消費行動を通じて、世の中の支払い手段がどう変遷して来たかについて知ることができる、という点でもあります。

支払い手段の電子化

それはさておき、この家計簿の作成、昔は本当に大変でした。

レシートを見ながら1枚ずつ手打ちで転記し、サイフのなかの現金、あるいは口座の預金残高、クレジットカードの利用明細などの数値を合わせに行く作業は、それだけで大変な時間を要していたのですが、最近ではこの作業自体がかなり楽になっています。

なぜか。

世の中の支払い手段が、どんどと「電子化」しているからです。

たとえば、かつてだと、飲み会に行って飲み代を払うにしろ、コンビニで買い物をするにしろ、現金払いが主流でしたし、そうなると、家計簿を付けるのを数日サボっただけで、レシートから判明する消費額とサイフの中身の現金に大きなズレが生じて来るからです。

やはり、自動販売機でチャリンとコインを入れて飲料水を買ったり、職場で飲み代の割り勘をしたり、と、レシートがもらえない支出は、意外とたくさんあります。このため、家計簿を付けるたびに、「あれ?何に使ったんだっけ?」と頭を悩ませる、というわけです。

小一時間考えて、どうしても思い出せなかったときには、仕方がないので「過不足」という勘定にぶち込むのですが、家計簿をつけ始めた初年度だと、この「過不足」の金額、1年間でじつに1万円を超えていました。

ところが、2005年ごろに某家電量販店が発行した、クレジットカードと電子マネー(JR東日本が発行するSUICA)が一体となったカードを手に入れたところ、その便利さに気付きました。

まず、クレジットカードにしろ、電子マネーにしろ、「使った」という実績を紙に印刷することができます。

クレジットカードの利用明細はカード会社から送られますし、電子マネーのうちのSUICAの場合はJR東日本の駅に行けば、利用した実績を印刷することができます。

もちろん、現金を使用した場合の「あれ?何に使ったんだっけ?」問題が解消されたわけではありませんが、少なくともクレジットカードやSUICAで使ったものに関しては、「使った」という事実についてはちゃんと記録されることになったのです。

利用明細自体の電子化

こうしたなか、次に状況が変わったのが、利用明細自体の電子化です。

最近、多くのクレジットカード会社が利用明細の紙媒体での発行をとりやめていますが(そのかわりポイントがもらえることが多いようです)、そのかわり、クレジットカード会社のウェブサイトにログインすれば、たいていの場合は利用明細をCSVファイル形式などでダウンロードすることができます。

エクセルで作成している家計簿に引き落とし額を取り込むのも容易になりましたし、また、カードを利用した日付と金額をもとに、引き落とし明細と自身の利用実績を1件ずつ突合することも、簡単にできるようになりました(この方法だとうまく突合できないこともありますが、本稿ではこれについては割愛します)。

さらには、税務署が「e-tax」なる仕組みを導入し、いまはなき「住基カード」の情報を読み取るために、カードリーダーライターを購入したところ、これがSUICAなどの電子マネーの利用実績を電子的に把握するうえで、大変に便利だと気付きました。

カードリーダライターをPCに接続し、手持ちの電子マネーをかざすと、利用実績の一覧を読み取り、それをCSVファイルに落とし込むことができてしまうのです(※ただし、現在のところ、読み取れる件数は20件に限られていますが…)。

さらには、わざわざ駅まで出掛けなくても、自宅に居ながらにして、クレジットカードを使ってSUICAのチャージまでできるようにまでなったのです(※ただし、このサービスは昨年終了してしまいましたが…)。

そのうえ、最近だと携帯電話におサイフ機能が実装されており(たとえばiPhoneの場合はApple Pay)、SUICAの機能自体を自身の携帯電話に取り込み、それをPCがなくても簡単にチャージできるようにもなりました。

本当に、便利な世の中になったものです。

(※といっても、iPhoneのSUICA機能に関しては、それなりに不満もあるのですが、これについてはどこか別の機会で述べるかもしれません。)

顔パス決済

ただ、世の中は面白いもので、りそなホールディングス(HD)は昨日、こんな報道発表をしました。

生体認証を活用した業界横断型プラットフォームへの取り組みについて

―――2021年8月2日付 りそなホールディングスHPより

「生体認証を活用したプラットフォーム構想」!

これはいったい何のことをさしているのでしょうか。

りそなHDによると、こんな構想です。

本人の同意を得て登録した顔画像を共通のサーバーに蓄積し、業界横断的にオープンに活用することで、日常生活のさまざまな場面で『手ぶらで』『スピーディに』サービスを利用できる環境の構築を目指す」。

具体的には、「銀行のインターネットバンキングや窓口での諸手続き」、「宿泊施設のチェックインやカーシェアリングの利用」、「イベント会場の入退館・売店での決済」などとありますが、このなかでも個人的にとくに気になるのは、なんといっても「顔パス決済」でしょう。

りそなHDによると、今回の構想は同社に加え、JCB、大日本印刷(DNP)、パナソニックシステムソリューションズジャパンの合計4社が参加しているものだそうです。

JCBはクレジットカード大手であり、DNPは本人確認・本人認証に関する「認証DX」を取り組んでいて、さらにパナソニックは「ディープラーニングを応用した世界最高水準の顔認証技術」、すなわち「顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくい」仕組みを研究しているのだとか。

スーパーなどで買い物をする際に、「マイカゴ」にどんどんと商品を放り込み、自動読み取りレジで商品情報を読み取り、顔パスで決済する――。

そんな未来も見えてきます。

技術先行や良し、しかし…

もっとも、米国ではすでに先行する事例として、「アマゾンゴー」(Amazon Go)なる店舗も存在しています。これは、「レジのないコンビニ」と呼ばれ、商品情報を全自動で読み取り、店を出ると自動的に事前に登録していたクレジットカードから決済される、という仕組みだそうです。

ただ、冷静に考えてみれば、現時点においても、「商品情報を自動で読み取る」という機能は一部衣料品店舗、回転寿司屋など実現しています。

このように考えると、今回の日本企業の取り組み自体は非常に歓迎すべきものだとは思うものの、かつての「おサイフケータイ」のように、「日本が進み過ぎていて結局は世界のスタンダードに乗れなかった」という事例が生じるのはしのびないところです。

いずれにせよ、「顔パスペイ」(?)の未来については、興味深く見守ってみたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名29号 より:

    [顔パスペイ]の文字は一瞬[顔スパイ]に読めてしまい、何やろと思いました。
    いよいよ銀行も顔含めて個人の生体までのデータを集め始めるのですね。LINEのようにサーバーが韓国にあって、中国からアクセスできるようになっているんじゃないでしょうね。

  2. より:

    すでに中国では、その種のシステムが広く普及しています。
    正確に言えば、支払いのためというよりは、防犯、犯罪捜査などが目的という名目で導入されたものですが、街中に設置されたカメラと顔認証技術を用いて個人を特定、追跡するものなのだそうで、人ごみに逃げ込んだ犯罪者を30分以内に探知し、拘束可能とするなど、大いに効果を上げているのだとか。現時点では、金融システムと連動しているという話は聞きませんが、個人識別が可能なレベルなのであれば、単にシステムとして稼働させるかどうかの決断一つと思われます。

    さて、中国では防犯や犯罪捜査目的として広域顔認証システムが導入されたと書きましたが、改めて言うまでもなく、このシステムは広範囲に及ぶ国民監視システムとしても機能しています。誰もがそう思うでしょうが、中国政府がシステムを導入した真の目的は、こちらにあります。金盾工程と合わせ、中国政府による国民への監視・統制システムは、日々強化されているといっても良いでしょう。IT技術の勝利です。まあ、それでもなんとか監視の目をかいくぐろうと努めるあたりが中国人らしいと言えば、らしいのですが。

    りそなやJCBが検討しようとしているシステムですが、おそらく技術的な問題はほぼなく、運用上の問題だけだろうと思います。ただし、中国の例を引くまでもなく、強力な国民監視システムへの序章であるのかもしれません。きっと、陰謀論好きの人ならば、「実は裏に政府が介在しており、国民からすべてのプライバシーを奪おうとしているのだ」などといった説を持ち出すに違いありません(それを100%否定するほど政府を信じていませんし)。
    「技術的には(おそらく)実現可能」「実現されたら(多分)とても便利」だとは思いますが、「その先」のことを考えると、諸手を挙げての賛成は致しかねます。

    # でも、恐らくそういう方向に進んで行っちゃうんでしょうね……

    1. チキンサラダ より:

      ソフトウェア業界にいるものからすると、とうせ日本は億に一つもないごく僅かなリスクを心配して国民全てが便利になるシステムを葬り去るのでしょう。
      日本では、国民監視には使われませんよ。野党が必死で骨抜きにしますから。不法行為を覆い隠したいごく一部の人間のために、国民全員が不利益を被るいつもの構図ですよ。

      1. 匿名 より:

        顔認証どころかマイナンバーカードがちゃんと機能していたら中核派革命軍リーダーが今まで潜伏することは出来なかったでしょう。
        クレジットカードやLINEに個人情報を渡すのに何の躊躇もないのに
        反対するのはやましいことがあるからと思います。

        1. チキンサラダ より:

          はい、彼らは犯罪の隠蔽や脱税を隠すために反対しているのでしょう。
          マイナンバーが骨抜きになって、恐ろしく使いにくいものにされた弊害はあまりに大きいですね。
          マイナンバーがまともに運用できたら、脱税が相当に防げるので、真面目に税金を収めてる国民の負担は減るのに、それもわからずマイナンバーに反対してる国民の多さには呆れます。

          1. 通りすがりの地方公務員 より:

            チキンサラダ様

             海外の事例に無知なので、もしご存じでしたらご教示いただきたいのですが、我が国のマイナンバー制度に相当するものに、米国の社会保障番号(Social Security Number)があると思うのですが、米国ではどのように活用されているのですか。違いや実感とか分かれば幸いです。

          2. チキンサラダ より:

            ソーシャルセキュリティナンバーは、ありとあらゆる場面で個人を特定する番号として使われています。
            銀行口座、証券口座、年金口座、税申告、運転免許、グリーンカード、犯罪歴などなど、お金に絡むもの、公的なもの発行や変更には尽くソーシャルセキュリティナンバーが要求されます。もちろん、本人確認の一つとしてソーシャルセキュリティナンバーが使われています。
            便利なのは、アカウントがわからなくなった時でもソーシャルセキュリティナンバーと名前で簡単に検索できる事です。
            本人確認がとにかく楽で、待たされる時間が大幅に減りますし、オンラインで処理できることが増えます。
            なお、ソーシャルセキュリティカードは一応あるのですが、使ったことはほぼありません。免許を作った時に必要だっただけかな。もう十年間使ってないと思います。カードがなくても番号さえ入力すれば、ほぼ全ての手続きができます。
            物理的なカードがないと出来ないことが多い日本のマイナンバーとは随分違います。

            以上、ご参考になれば幸いです。

          3. 通りすがりの地方公務員 より:

            チキンサラダ様

             ご教示いただき、ありがとうございます。

            > 銀行口座、証券口座、年金口座、税申告、運転免許、グリーンカード、犯罪歴などなど、
             銀行口座すら紐づけの義務化が困難なのに、犯罪歴への紐づけは、我が国では天地がひっくり返っても無理ですね。せめて、在留カードとの統合はわが国でも今後進むといいなと期待したいです。

            > 便利なのは、アカウントがわからなくなった時でもソーシャルセキュリティナンバーと名前で簡単に検索できる事です。
             これは、行政向けのアカウントではなく、(例えば、Googleや楽天のような)民間サービスのアカウントでも、ソーシャルセキュリティナンバーがあれば、検索できるということですか。それだったらかなり便利ですね。(漏洩リスクを過大評価するから、日本じゃ無理でしょうが。)

            > 物理的なカードがないと出来ないことが多い日本のマイナンバーとは随分違います。
             番号入力を重視し、カードをそこまで重視しないというのは、個人的に一番驚きました。カードや書類による本人確認を重視する日本とは、そもそも行政や社会の慣習として違うのでしょうか。マイナンバーカードによる電子申請も徐々に行政でも実施し始めていますが、カードリーダーが普及しないと使えないので、なかなか市民側が対応しないですよね。一方で、番号覚えていない人は何もサービスを受けられないということなんでしょうか。

          4. チキンサラダ より:

            通りすがりの公務員様、

            在留カードにあたるものは、こちらではグリーンカードになるのですが、当然ソーシャルセキュリティナンバーと紐付いています。
            日本は在留外国人のプライバシーは過剰に保護され、日本国民のプライバシーは大して保護されないという異様なことになってますからね。
            Google でも、Amazon でも、ペイメントに関わるところだとソーシャルセキュリティナンバーの入力が求められますが、それ以外のサービスには不要です。ですので、ペイメント以外のサービスでは、ソーシャルセキュリティナンバーでの検索はできません。
            それでも物凄い便利ですけどね。行政絡みのサービスはソーシャルセキュリティナンバーを使えば簡単に検索ができるので。
            逆に言うと、ソーシャルセキュリティナンバーは他人に知られるのは危険です。できるだけ隠しておく必要があります。
            ソーシャルセキュリティナンバーをいちいち全部入力すると、逆に漏洩のリスクがあるので、下4桁だけ入力して本人確認することも多いですね。
            番号はだいたいみんな暗記してます。番号がわからなくなったら、日常生活に支障をきたします。

          5. 通りすがりの地方公務員 より:

            チキンサラダ様

            > 日本は在留外国人のプライバシーは過剰に保護され、日本国民のプライバシーは大して保護されないという異様なことになってますからね。
             ここは少し違うと思っています。わが国のマイナンバーは、住民基本台帳制度を前提に制度が構成されていて、我が国の市町村の全ての住民には、邦人、在留外国人を問わず、マイナンバーが付番されます。(逆に住民でない在外邦人には、基本的にマイナンバーは意味を持ちません。)
             一方で、在留カードだけでなく、日本国籍を管理する戸籍にもマイナンバーは紐づいていません。この理由は、戸籍制度が家族単位に構成されているので、個人単位に番号を与えるマイナンバー制度と相性が悪いからではないかと考えています。(まあ、総務省が作ったマイナンバー制度に法務省側がやる気がなかったというのもあるのでしょうが…)したがって、戸籍と紐づいていない以上、現状では在留カードと紐づけるのも難しいのではないかと思うのです。

            > Google でも、Amazon でも、ペイメントに関わるところだとソーシャルセキュリティナンバーの入力が求められますが、それ以外のサービスには不要です。
             銀行口座、証券口座のみならず、ペイメントサービス全般にソーシャルセキュリティナンバーと紐づけられているのですか。ということは、BtoC系の企業は脱税が難しいですね。

            > 行政絡みのサービスはソーシャルセキュリティナンバーを使えば簡単に検索ができるので。
             この辺は、日本は周回遅れですね。1周どころではないかも。あと5年くらいあれば、マイナンバーカードである程度検索できるようになると思うのですが。

            > ソーシャルセキュリティナンバーをいちいち全部入力すると、逆に漏洩のリスクがあるので、下4桁だけ入力して本人確認することも多いですね。
             クレジットカードみたいですね。日本では、なかなか考えられない運用です。

             海外で居住したことがないし、英語とかも得意ではないので、海外の法制度に関するお話を伺えるのは大変貴重で、非常に興味深いお話でした。ご教示いただき、大変ありがとうございました。

      2. 古雑巾 より:

        いや、その野党が大喜びで使うのじゃないですかね

        私はまっぴらですね、そんなシステム。

      3. りょうちん より:

        日本ではNシステムという、成功体験例がありますよ。
        自動車運転者たる者、固定オービスとNシステムの場所は把握しておくのが常識です。

  3. わんわん より:

    デジタル化は難しい
     まず言われるのが「監視社会」
    「情報漏洩の危険」や「不平等感」(機器の扱いが苦手な方は一定数いるので恩恵にあずかれない)等の反対意見がでてくるかと思います
     嘗て街頭の監視カメラを増やそうとした時に「監視社会」だ「プライベートの侵害」だと騒ぎがありましたが結局なし崩し
    犯罪の抑止や捜査に役立ってます
     中国のようになっては困るが程度の問題かと思います

  4. ちょろんぼ より:

    電子マネーは便利なようで、非常に難しい問題もあるような気がします。
    地震時等災害時使用できなくなるのは、皆様ご存じの事と思います。
    私が一番チョットと思うのは、現金なら誰でもその紙・金属を持てば
    再使用できますが、電子マネーは情報に色付けする事ができるという事です。
    隣りの偉大な鎖国大国で人民元を電子化したいそうですが、政府等の発行機関の
    都合次第で、折角入金したカードが使用できなくなるのではないかという問題です。
    この点をうまく説明してくれる本も無く、どうなるのかな~と思うのです。
    利便性は良いのですが、集めたおつり貯金を金融機関に入金する際、多額な手数料を
    取られるようになるここ最近では。(ゆうちょは大量入金でも手数料とらなかったのに)
    神社・お寺の賽銭どうしようか? それが、問題だ!!

    1. とある福岡市民 より:

       QRコード決済なら自分で金額を入力して決済する事ができますので、お賽銭はそれで行けると思います。
       東京の愛宕神社では自分で入力した金額を楽天Edyで決済するEdy賽銭箱を設置した事があります。得られるのはご利益ではなく楽天スーパーポイント、というオチですね。

  5. たい より:

    ゆうちょ銀行でも来年の1月17日から大量硬貨の入金などに手数料がかかるようになります。
    もはやキャッシュレスへの流れは止められないのでしょうか。
    そのうち日本銀行でも紙幣の発行がほとんど必要なくなるのかもしれないですね。

    1. とある福岡市民 より:

      > もはやキャッシュレスへの流れは止められないのでしょうか。

       もう止められません。これは世界的な流れです。また、偽札の多い国(例えば中国)では途中で没収されたり破損したりして価値が無くなるリスクのある現金よりも、キャッシュレスの方が好評です。

       困るのは子供におこづかいを大切に使う方法や、お金の大切さを教える方法ですね。目に見える形のお金があった方がわかりやすいのですけど、無くなって行くなら別の方法を考えなければなりません。クレジットカードや電子マネーを子供に渡すと、残高がわからないままホイホイ使っちゃう恐れがあります。

  6. 外人 より:

    顔パスは、2年くらい前に和歌山でNECが主体で実証実験が行われたはずです。
    和歌山に入る時に、観光客は自分の顔とクレジットカードを紐付して、和歌山県にいる間は、すべて自分の顔認証で決済ができるという内容でした。観光地としてはマイナーな和歌山辺りがちょうどよかったのかもしれませんが。特にトラブルがあったという事が出てませんでしたので、データ取りはうまく行ったのではないのですか?
    香港のオクトパスがそうだったように、いきなり日本で大規模にやるより、せまい範囲で使ってみてアクだしをしてから、普及させるのでしょう。ただ日本で普及しても、
    世界的に展開できるかどうかは、日本を警戒しているヨーロッパ相手では難しいかもしれませんが。

  7. とある福岡市民 より:

     顔パスはおもしろい仕組みですが、なかなかハードルが高そうですね。

    > 顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくい」仕組みを研究している

     これができないと、太ったりやせたり整形したりして顔の輪郭が変わってしまった場合に困った事になりそうです。交通事故や火災で顔が変わってしまった場合に認識できなくなると困るでしょう。
     どこかの国だったら顔を整形する度にトラブルが増えそうです。

    1. 新宿会計士 より:

      こらww

    2. チキンサラダ より:

      十年以上前から、Iris recognition というものもありまして、少しずつ使われるようになってきています。

      また、顔全体の特徴でも整形した後の顔でも比較的認識させることは可能だと思いますよ。
      骨格までイジる整形ならともかく、元の特徴量が残っている整形ならある程度判別可能と思われます。

      1. 新宿会計士 より:

        な、なんだって~!?

  8. チキンサラダ より:

    おサイフケータイは進みすぎていた面もあるのですが、ネットとの融合が非常に弱かったんですよね。
    エンドユーザにとっても、サービスプロバイダー側にとっても極めて使い勝手が悪かったのです。
    日本人が気づきにくい点では遅れていたことは指摘すべきと思いましたので書かせていただきました。

    ところで、今回の顔パス技術ですが、どの程度の技術的優位性を持っているかは、懐疑的に見たほうが良いです。日本企業の技術発表にありがちなことですが、自分たちのものと類似技術が既にあって、半周ほど先を突っ走ってることを知らずにリリースすることがよくあります。
    私が前に勤めていた会社(米国企業)にもよく日本企業が技術の売り込みに来ました。
    「新技術」を力説してくれるのですが、「大変申し訳無いけど、そんな技術より遥かに先のものを既に弊社は開発してるんですよ。まだ公開できませんが」と思うことが殆どでした。
    話を聞いてしまうと後で「アイデアをパクられた」と言いがかりをつけられかねないため、日本企業に会うこと自体、本当に気が進まない作業でした。
    ソフトウェアに関する限り、日本企業が先進的なものを開発したのはこの二十年見たことがありません。私のこの諦観に近い心境は、ソフトウェア業界にいらっしゃる方なら少しはわかっていただけるかもしれません。

    なお、ディープラーニングの成果はひとえにデータの分量、クレンジングのきめ細かさ、そしてコンピューティングパワーがどれだけあるかにつきます。

    日本企業はこのいずれの点でも大きく劣ります。数百倍、数千倍のオーダーで劣ります。優れてる点と言ったら、日本人のデータを多く持ってる可能性があるってくらいですかね。でも、顔って人種による差があんまりないんですよねえ。

    1. チキンサラダ より:

      日本発の新技術に期待する皆さんの気分を害していたら申し訳ありません。
      ただ、私はもう何度も惨めな状況を見てきたので、日本のソフトウェアに関しては絶望的な心境なのですよ。
      根本的に日本人はソフトウェア開発には向いてないと思います。韓国人に「水に流す」精神性を覚えさせるくらい向いてないです。

      余談ですがソフトウェアは、なぜか大陸の国が得意という傾向があります。ロシア、中国、アメリカ、インドなど。なぜそうなってるか、私なりに仮説を持っていますが、それについてはまたどこかでお話します。

      1. りょうちん より:

        個人の能力に依存する分野では別なのでしょう。
        プロジェクトになるとダメダメになるのが日本なのでは。

        1. チキンサラダ より:

          リーダーシップの欠如と責任の不明確さはありますね。
          あと、ソフトウェアはそこそこのエンジニアが何人居ても役に立たないどころか、むしろマイナスなことがよくありますが、ごく少数の物凄く優秀なエンジニアがいれば良い世界なのですよね。
          平均的な人が多い日本人にはそういう意味でも合わないのでしょう。

    2. より:

      私が多少なりとも知っているのは、いわゆる組み込みソフトウェアの世界ですが、そこでは多少事情が異なっているように思います。組み込みソフトの世界では、斬新なアイディアやアルゴリズムよりも、限られたリソースをどこまで使い倒すか、そして一番大切なのが品質保証の問題になりますが、この点に関しては、日本企業がそれほど後れを取っているという印象はありません。むしろ、他国の企業に開発させると、「なんでそんな品質レベルで納品してくるんだ!!」という場合がほとんどです。日本側の要求が過剰品質気味であることを差し引いても、「いくらなんでもこれはないだろ」というレベルの代物も珍しくはありませんでした。この辺は、インドなどはもとより、ヨーロッパやアメリカの会社でもあまり違いはなかった記憶があります。

      まあ、昨今のSOCの大幅な性能向上により、組み込みソフトの世界も変わりつつありますが、依然として、必ずしも先端技術だけが問題ではない泥臭い世界もとても広いのです。ソフトウェア開発においても、得意分野とそうでない分野があるということではないでしょうか。

      1. チキンサラダ より:

        たしかに組み込み系と Web 系、エンタープライズ系、モバイルアプリは全く別世界ですね。
        組み込み系で日本がさほど遅れているわけではなく、むしろ強みを発揮しているというのには同意します。
        ハードウェアに近いところだと日本の強みが活きるようです。
        聞いた話では、組み込み系では「すり合わせ」が非常に重要であり、そこは日本企業の最も得意とするところなのだとか。自動車産業で日本が強いことと重なりますし、腑に落ちる話です。
        なお、車載のソフトウェアでもユーザーインターフェースに関わるところはまるで駄目です。
        ハードウェアから遠ざかれば遠ざかるほど日本の強みは失われていくようですね。

        ともあれ、上記コメントの私の話は組み込み系以外のソフトウェアだと考えていただければ幸いです。

        なお、私の会社も日本企業が組み込み系の話を持ってきた時は真剣に聞いていました。

    3. 阿野煮鱒 より:

      私も元ハード屋で、組込機器の開発は、アナログ回路の基板設計から、リアルタイム・モニタ上のC++コーディングまで経験しました。海外メーカーとも競合した経験がありますので、この分野では日本メーカーも、必ずしも競争力がないとは思いません。

      また、DSPのような特殊なプロセサの場合、ハーバード・アーキテクチャとはいえ一般的なCPUと異なる性格ゆえに、組込機器に実装した場合の日本の優位性は明白にあった時期がありました。残念ながら現在は、GPGPUなどの登場により、コスト制約のきつい機器以外ではDSPの存在感が薄くなりました。プロセサの能力的制約が少なくなり、コーディングの自由が増すにつれ、日本/日本人の優位性が失われるように思います。

      というわけで、チキンサラダ様が仰る通り、「ハードウェアから遠ざかれば遠ざかるほど日本の強みは失われていく」と思います。というか、なんでこんなにシステム設計のセンスがないのか、信じがたい落胆の連続です。どうしてなんでしょうねぇ、みずほ銀行さん?

      > ソフトウェアは、なぜか大陸の国が得意という傾向があります。

      それは私も否定できない実感ですが、日本はさておき、UKやNZのような島国がダメダメかというと、そんなことはない気がします。台湾は、どちらかというとハードウェア優位でしょうか。島国UKがソフトウェア大国であるとまでは言いません。「日本と比較したらマシなんじゃないの?」程度のことです。この辺り、いずれチキンサラダ様の仮説を拝読できればと楽しみにします。

      1. チキンサラダ より:

        UK はなんと言ってもインドからの移民が多いですから。また、EU にいた関係でドイツ、ポーランドあたりからの来たエンジニアも多いですね。
        といっても、やはり日本よりマシという程度に過ぎないのと、強いところがまだら模様の印象があります。モバイルとかUI、あるいは研究開発はそこそこ強いですが、それ以外は今ひとつのような。

        ニュージーランドはサンプル少なすぎて語るのが難しいですが、私の知ってるごく僅かな例では、チーム全員が移民でした(イギリス、マレーシア、あと確かオーストラリア)そのチームでは UI に優れた製品を作ってました。

      2. りょうちん より:

        個人的に関心があるDSP領域の製品に、オーディオ製品がありますが、通常出来合いのAKやESSの製品を使うのに、一部の拘ったメーカーはFPGAで自社実装したりします。
        それをするのは英国企業だったり中国企業で、やってもよさそうな日本製品はないんですよねえ。

        1. チキンサラダ より:

          やはりソフトウェアに近いものは日本人に避けられてしまうということですかねw

        2. 阿野煮鱒 より:

          大量生産な組込機器に限定かもしれませんが…

          オリジナルのDSPをFPGAに実装すると量産時に割高なので、Standard Cellで作っちまえ、てのは良くあることです。音声や映像の信号処理は、一般的なプログラミングと異なって、「ユーザーインターフェースなんか知らん、1サンプル内に所定のアルゴリズムを○千ステップ実装したる、すげー音/絵作ったるで」な世界なので、わりと日本人に向いていると思います。

          仁義の縛りがあるので詳しいことは言えません。

          1. りょうちん より:

            Chordの製品とか興味がありますが高価すぎですよね。
            ”フィルタータップ長は98,304”とか意味がわからないのにワクワクします。
            しかし、ESSデュアルの中華DACだと5万円とかで買えてしまう時代に50万超えのDACはさすがに…。
            普段使いは、PCM1792のSONYのDACが精一杯です。

  9. M1A2 より:

    某国の整形美人はみんな似たような顔してるから、この顔パスペイで誤認識しまくりで、大混乱からの謝罪と賠償を要求するニダ~までは想像できました。

    1. チキンサラダ より:

      M1A2さま、

      コメント本文とは関係ないのですが、素敵なハンドルネームにほんわかしてしまいました。

  10. 普通の日本人 より:

    関し社会は確かに怖いですが技術の進歩は軽く越えていきます。
    カメラが至る所にあり(各種機器にカメラが装備されています)、通信技術が発達し(その機器が有機的に連携さています)、スパコン(中国はスパコン台数保有世界一)があれば簡単にに出来ます。いくら怖がっても出来るのです。
    サーバーを日本に移します!といって未だにしない”LINE” 
    分っていても皆さん使ってますよね。中国への情報はダダ漏れでしょう。
    更にLINEはビジネスへ、金融へ幅を広げているようですね。
    日本人は馬鹿なんでしょうか。
    話は逸れましたが既に監視社会は有る物としてどの様に当てはめる(使いこなす)かの議論が私たちには必要だと思っています。

    1. 匿名29号 より:

      LINEは指摘を受けてもう半年以上は経つでしょうか。それでもサーバーを国内に移行せず違法操業状態を続けているのは、他の製造業、食品業などでは考えられません。直ちにLINEの営業停止・使用停止処分にしないのは管轄の総務省?が例によって癒着しているからなんですかね。

      1. チキンサラダ より:

        その一つの理由は実態を把握しにくいという事ですね。サーバーがどこにあるかは外部から判別するのは困難ですし、最近では自分の企業内でもわからなくなってきています。そもそも、サーバーがどこの国にあるかはもはや問題ではないんですよね。
        サーバーの場所が日本だろうが韓国だろうが情報は抜かれます。
        そして、LINE は情報の取り扱いに関して杜撰な会社です。意図的かどうかはわかりませんが。
        私は LINE が危険だと10年くらい前から言っていたのですが、ようやく世間に認知されはじめたのを感慨深く思います。
        今更、という気もしますが。

        1. へちまはたわしのみに非ず より:

          >最近では自分の企業内でもわからなくなってきています。
          >サーバーがどこの国にあるかはもはや問題ではないんですよね。

          国際取引が生じる限りにおいて、まともな会社ならあり得ません。
          BCP、法務リスク管理からしてもサーバロケーションを無視することはあり得えません。
          リージョン管理なきPaasが存在しないことからもこの分野を齧る者がこのことを知らない訳はありません。

          1. チキンサラダ より:

            へちまはたわしのみに非ず様、

            残念ながら、あなたは表層的なことしか理解しておらず、実態を全くご存じないようです。
            そして、いつものようにあなたの指摘は失当です。

            > 国際取引が生じる限りにおいて、まともな会社ならあり得ません。

            まずデータの保存場所と、サーバーを混同されているように見受けられます。
            フロントエンドのサーバーは顧客データを collect, store, usage のいずれも扱わない可能性があります。
            フロンエンドサーバーの場所とデータストアの場所が違うことはよくあります。

            > BCP、法務リスク管理からしてもサーバロケーションを無視することはあり得えません。

            一般的なクラウドサービスではリージョンを指定できますね。おそらくそれを見て、サーバーの物理的な場所が完全に担保されているのだと勘違いされているのだと思います。
            あまりに表層的な理解です。

            メニューで選択できるリージョンと、サーバーが物理的に存在する場所は必ず一致するとは限りません。

            そして、データがどこのリージョンのデータストアに保存されるのかわからないケースすらあります。
            ソフトウェア業界で働く方なら、GitHub をお使いになったことは当然おありだろうと思いますが、GitHub でソースコードがどこに保存されているかご存知ですか?
            実は明らかではないのです。こんな例は山のようにあります。

            さらに言うと、データといっても PII とそれ以外で扱いが違いますし、PII の中でも例外があります。
            たとえば、GDPR では IPアドレスも PII として扱う規定がありますが、これは現実的ではありません。
            なぜならば、サーバーへの攻撃の防御策として、IP アドレスをサーバーに一定期間保存する必要があるからです。
            ですので、現実には IP アドレスは一定期間(2日だったかな)は許諾なしで保存されています。これは AWS のようなごく一般的に使われているクラウド製品でも同じです。

            まとめると、以下の2つは区別しなければなりません。
            * PII が定められたリージョン内に保存されている
            * サーバーの物理的な場所が特定のリージョン内にある

            別の言い方をすれば、あなたはの問題点は以下の通りです。
            * サーバーとデータストアを混同
            * PII とそれ以外のデータを混同
            * GDPR などの規則の表面上の意味と、その実態を知らない
            * クラウドサービスのサーバーのロケーションの実態を知らない

            クラウド製品のリージョン選択メニューを見て何かがわかった気になってるお目出度い方のようですね。

            一言でいえば、あなたのコメントはあまりに現実を知らない表層的なもので失当極まりないですね。

            (上記、いくつかの失礼な言葉をお許しください。でも、もともとはあなたが反日に狂う韓国のごとく喧嘩腰なのが理由です。反日オ○ニーに明け暮れる文在寅大統領のように我慢してくださいね♥)

          2. チキンサラダ より:

            へちま様へ

            一つアドバイスです。技術に関する英語の略語を使うのはなるべく避けたほうがよいです。今回のケースでいえば PaaS です。(どうせ書くなら最後の S は大文字にしましょう。)

            日本人と話していて気づくのは、中身がわかってない人ほど、やたらと技術に関する英語の略語を使いたがるんですよね。技術者ほど略語は使いません。(ゼロではないですが)

            PaaS なんて言葉を喜んで使ってるのは、bullshit を吐くのが仕事のコンサルタントと、それに騙されてる頭が足りない背伸び大好きな人間だけですね。いや、へちまさんがそうだと言ってるわけではないですよ。

            ちなみに、私が上記で PII と書いてますが PII は技術用語ではないのでちょっと違います。

          3. へちまはたわしのみに非ず より:

            チキンサラダ 様

            チキンサラダ様のご理解の誤りでしょう。
            例としてazure、awsを例にとれば以下の通りデータストアの物理サーバは選択したリージョン内と言明されている通りです。

            azure:リージョンは地域に分かれています。 Azure の地域では、データの保存場所、主権、コンプライアンス、回復性に関する要件が地域的な境界内で確実に遵守されます。
            https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security/fundamentals/physical-security

            aws:データが物理的に存在するリージョンについてはお客様が完全な管理権と所有権を保持するため、容易に地域的なコンプライアンス要件やデータレジデンシー要件を満たすことができます。
            https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/regions_az/

            上記で「サーバの物理的場所が完全に担保されているのだと勘違い」であるなら反証を提示してください。
            メジャーかつリージョン選択可能なクラウドサービスで物理サーバがリージョン外に設置される例でも構いません。

          4. チキンサラダ より:

            ヘチマ様、

            上で AWS の例を書きましたが、見えませんか?

            表層的にしか物事を理解できないヘチマ様には、まだまだ足りないところがあります。

            1. データとビジネスロジックは別
            データの保存場所とサーバーの処理は必ずしも同じ場所とは限りません。

            2. 規約に書かれてない「データ」がある
            この一つの例は上記に書いた IP アドレスです。
            GDPR に違反するデータを保存しているのかと思われるかもしれませんが、GDPR の規約がそもそも非現実的なので、実際にはどのベンダーも2日間(だったと思う)という短時間データの保存を行っています。簡単に白黒はっきりつけれる世界ではないということです。
            ろくにソフトウェアも触ったことない方にはわからないと思いますが。

            3. データの保存場所が明記されてないクラウドサービスも少なくない
            上記で GitHub の例をあげましたが、GitHub がメジャーなサービスじゃないとおっしゃってますか?
            さすがソフトウェアをろくに触ったこともないのに偉そうに語る人ですね。

            4. 規約をベンダーが守っているとは限らない
            これは、実際のところなんとも言えません。LINE のような例もあります。AWS, Azure, GCP が本当に規約を守ってデータをリージョン内にとどめているかといえば、その保証はありません。
            ただ、これは明確な証拠もないので、議論しても仕方ないでしょう。

            おそらく、へちま様が意識しているのは 4. のケースだけで、1, 2, 3 のケースがあることを思いもつかなかったのでしょう。
            はっきりいって無知です。現実を知らなさすぎます。

            多分、ソフトウェア開発したことないんじゃないかな。知識と理解があまりに表層的なので。

          5. へちまはたわしのみに非ず より:

            チキンサラダ 様

            私は事業者たるazure、awsのサイト表記を引用した上で、データストアの物理サーバは選択したリージョン内でないと言うならば反証を求めたところです。
            反証を提示できないならばチキンサラダ様の理解の誤りと言う他ありません。

            1.データであれアプリであれ指定リージョンに格納されます。
            2.IPアドレス等例外的事例を持ち出すのは苦し紛れに過ぎません。
            3.Githubは運用環境でもなければ、リージョン設定もありません。
            4.論外です。

          6. チキンサラダ より:

            > 反証を提示できないならばチキンサラダ様の理解の誤りと言う他ありません。

            はい、上記で4つのケースとそれぞれの例を書いています。日本語が読めませんか?
            GitHub はクラウドサービスではないとでも言うつもりですか?
            AWS が保存する IP アドレスは別世界の AWS とでも言うつもりですか?

            1. 話をすり替えています。あなたはビジネスロジックの実行とデータストアが同じサーバーだと思いこんでいたのでしょう。現実は別です。そして全く違うリージョンに存在することも十分にありえます。
            ブロックチェーンなんかが良い例です。サーバー=物理的なサーバーと思い込んでるんでしょうね。仮想化とかコンテナってわかります?

            2. 例を出したら例外よばわりですか。都合の悪い話は全部例外にしておくってことですかね?

            3. GitHub が運用環境じゃない? ド素人過ぎますね。呆れます。顔を洗って出直してください、と言われるレベルですよ。
            GitHub は運用環境でもあるのですよ。GitHub Actions 使ったこともないのがバレバレですよ。

            自分がたまたま AWS あたりのほんの少しかじったことがあるから、クラウドと言うとそれ以外にないと思いこんでますよね。

            4. これは私が言うべきではないのかもしれないけど、クラウドベンダーを過信しすぎです。

            またまた、へちま様を木っ端微塵にしてしまいました。何度でもやってあげますよ💗

  11. カズ より:

    指紋認証だと指が心配。
    顔認証だと顔が心配・・。
    ナクナッタリシナイヨネ。

  12. へちまはたわしのみに非ず より:

    どこかで聞いたような日本のITダメダメ論及びアメリカのITスゴイ説を検証します。

    まず、経済産業省 特定サービス産業動態統計調査よりIT産業の売上状況を確かめてみます。
    下表の通り、2005年に低成長期を迎えつつも2015年以降はゲームソフト等の牽引で再成長基調にあることがわかります。
    30年間も成長中の業種を指してダメダメとは失当な評価といえるでしょう。

     日本の情報サービス業の売上高推移
     年   売上高(単位:百万円)
     1990 3,144,075
     1995 3,773,031
     2000 6,040,852
     2005 9,726,785
     2010 10,150,413
     2015 10,796,754
     2020 12,910,208

    経済産業省:特定サービス産業動態統計調査
    https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html
    当該ページ 2.情報サービス業 のexcelデータより

    次に、アメリカのITスゴイ説を確かめるため、財務省 地域別国際収支より通信・コンピュータ・情報サービス収支の地域別推移を見てみます。
    下表の通り、アジア・欧州はそれぞれ北米を上回る数値であることがわかります。
    GAFA擁するアメリカのITは収支で見る限り他地域に劣り、その点でスゴイと評するのは過大評価といえるでしょう。

     年   合計   アジア  北米  欧州(単位:億円)
     2016 -11,401 -4,703 -3,362 -3,299
     2017 -10,397 -4,460 -2,927 -3,112
     2018 -13,680 -4,988 -4,430 -4,232
     2019 -16,140 -6,261 -4,824 -5,056
     2020 -12,771 -5,164 -2,296 -5,416
     (注:数値些少のため中南米、大洋州、中東、アフリカを除外)

    財務省:地域別国際収支
    https://www.mof.go.jp/policy/international_policy/reference/balance_of_payments/bparea.htm
    当該ページ 6a-15 通信・コンピュータ・情報サービス収支 のexcelデータより

    以上から、個人的経験に基づく主観的意見として日本のITダメダメ論及びアメリカのITスゴイ説を否定するものではありませんが、公の数値で検証する限り当て嵌まらないことをコメントする次第です。
    個人的経験に基づく主観的意見を述べるならば、IT技術を国や地域といった括りで論じること自体ナンセンスだと私は考えます。

    1. チキンサラダ より:

      へちまはたわしのみに非ず様、

      まず最初に… 以前も的はずれな内容で私に絡んで来られましたが、いつも喧嘩腰ですね。何が気に入らないのかは存じ上げませんが、その態度は直した方がよいと思いますよ。

      以下少々失礼な事も書きますが、私もあなたには初回から随分失礼なことを書かれてますから、そのお返しだと思って我慢してくださいね。(反日オ○ニーに明け暮れた結果、日本に冷たくされる文在寅大統領と同じ心境を味わってください♥)

      まず「へちまはたわしのみに非ず」さんの論には、いつもいくつかの問題点があります。今回のコメントに返信する前に、あなたのコメントにいつも見られる問題点について書かせていただきます。

      # 数字の扱いについて
      何ごとも数字で表そうという姿勢は素晴らしいのですが、残念ながら数字の使い方が、意味の汲み取り方が間違ってます。数字は強力な証拠になるのですが、意味を間違えてれば全く意味をなしません。

      アドバイスを一つさせていただくとすると、英語でのデータを探してみることです。
      日本語に限定してしまうと取得できるデータがかなり限られます。英語でのデータを探すと、自分の説を補強できるデータが見つかる可能性が格段に増えます。今後はそれを心がけるとよいかと思います。
      くり返しなりますが、数字を羅列するけでは意味はありません。数字の意味を理解して利用しなければ、あなたが大好きな「失当」に陥ります。

      今回のコメントであげられた数字がどうして意味をなさないかは別コメントで詳しく説明します。

      # IT 業界の知識について
      ある程度知識のある方だとは思うのですが、非常に失礼ながら知識が表層的です。製品のメニューを見て、あるいは Gartner あたりの bullshit に満ちた deck を見て IT 業界を理解した気になられてるようです。また、日本以外のマーケットをあまりご存知ないようです。
      今日の IT 業界、中でもソフトウェアを語るならアメリカ市場やアメリカ企業での経験がなければ偉そうなことは語れません。
      書き込みを見ればあなたがどの程度の経験か、おおよその想像はつきます。生半可な知識で背伸びしてコメントするから「失当」な内容のコメントになるのです。

      アドバイスをまた一つさせていただくと、謙虚になったほうがよいです。このブログにはかなりの専門家が集まっています。あなたの経験など鼻で笑われるようなものだと感じる専門家もいておかしくありません。自分よりよほど詳しい人間がいる可能性に注意した方がよいです。私も大した経験はないです。が、日米の二カ国の IT 企業で20年以上働いてきました。私自身は凡庸な人間ですが、あなたも名前を知ってるような専門家と何人も仕事をしてきました。私自身は本当に大したことはないですが、そういう人たちのお陰で学べたことが数多くあり、そういう知識と経験を共有させて頂いてる次第です。

      # 日米のソフトウェア産業の差
      「どこかで聞いたような日本のITダメダメ論及びアメリカのITスゴイ説」と来ましたね。残念ながらあなたの考えは「失当」です。私が言っているのは、よく聞くような安易な「日本ダメダメ。アメリカスゴイ」ではないのです。
      むしろ現実は、あなたが思っている以上に日本とアメリカのソフトウェアの差は大きいのです。これは私の実体験に根ざした話です。主観的と批判されるかもしれませんが、もはやそれ以前の差があります。

      なお、日米のIT企業の差と、それぞれの良さ悪さについては私は頻繁に講演していまして、その中では日本企業の良い点もいくつかとりあげています。「日本なら何でも悪い。アメリカなら何でも良い」と考えてるわけではないのにご注意ください。日本企業の良い点については、こちらのブログでも今後折にふれて紹介させていただきます。

      またまたアドバイスさせていただくと、自分と違う意見だからといって、どこかで聞いたような説と同じだと決めつけないことです。もしかしたら自分が知っている説と全然違うところがあるのかもしれない、と思って読む姿勢が大事ですね。ハンギョレの記事だからといって無条件に反発するのではなく、中にはキル・ユンヒョン記者のように意味深い内容を書く記者がいるのと同じです。

      とりあえず前から気になっていた、「へちまはたわしのみに非ず」さんの問題点はこんなところですね。
      以上、少々失礼なことも書きましたが、怒ったらだめですよ。あなたの失礼な言動が理由なのですから、文在寅大統領と同じくオ○ニーしながら耐えてください♥

      次に、コメントの内容への具体的な返信を書きますね。

    2. へちまはたわしのみに非ず より:

      チキンサラダ 様

      私としては疑義あるところをコメントしたまで、特段喧嘩腰のつもりはありません。
      過去チキンサラダ様とコメントが交差したのは記憶の限りでは以下2件、どちらもIT技術関連でしたがそちらでも同様です。

      ampの件ではampページでなくampのバグという珍説の提示には面食らいましたが、私のコメント後にチキンサラダ様はWordPressプラグイン主犯に修正されました。
      https://shinjukuacc.com/20210615-00/#comment-167517

      googleインデックスの件についてはチキンサラダ様が「これが正解かな」とコメントされた翌日に折からの実例でお説を木端微塵にしてしまいました。
      https://shinjukuacc.com/20210615-00/#comment-167639

      本件では、是非「よく聞くような安易な日本ダメダメ。アメリカスゴイではない」を具体的論拠をもってご解説くださるよう期待しています。

      1. 阿野煮鱒 より:

        /ampの件は、私が元ネタでした。論争の元を作ってしまい、まことに恐れ入ります。

        昨日この記事にコメントしたように、私は元組込屋でして、IT方面には疎いため、お二人の主張を裁定するような、力量に合わぬことはできません。

        しかしながら、へちまはたわしのみに非ず様の主張を否定する「気持ち」はありませんが、私の実感は先述したとおり、チキンサラダ様の意見に近いものになっております。これは心証に過ぎず、裏付けとなるデータを提示できませんので、お二人の議論を傍観することをお許しください。

        1. チキンサラダ より:

          阿野煮鱒様、

          どうぞお気になさらず。こういうのも自分の知識を再整理するよい機会ですので。
          まあ、今回は相手のレベルがちょっとアレなのですが。

          ところで、ちょっとお伝えしたいことがあります。一度メールをいただけないでしょうか。

          1. 阿野煮鱒 より:

            メールをお送りすることはやぶさかではありませんが、一般に対して機密を保ったまま、私がチキンサラダ様のメールアドレスを知るにはどうすればよいでしょうか?

          2. チキンサラダ より:

            あれ? メールアドレス、表示されてないんですね。
            じゃあ、書きます。

            とりあえずお送りください。ナリスマシでないことを確認する手段はメールでお伝えします。

          3. 新宿会計士 より:

            チキンサラダ 様

            コメント本文のメールアドレス部分だけを削除しました。

          4. 阿野煮鱒 より:

            ありゃ、オープンにしちゃって大丈夫でしょうか?
            取り急ぎメールいたします。

          5. 阿野煮鱒 より:

            チキンサラダ様、
            某サービスプロバイダから支給された暗号みたいなメールアドレスを使ってメールをお送りしました。
            もし、spam扱いされて届かないようでしたら、こちらにご連絡ください。

          6. 阿野煮鱒 より:

            チキンサラダ様
            キーワードは fireflies でした。

      2. チキンサラダ より:

        いえ、反論の問題ではないです。(そもそもあなたの稚拙な反論くらいなんとも思いませんし… )

        私が喧嘩腰というのは、あなたの書き方ですね。
        自分の稚拙な論にそこまで価値があると思えるところがめでたいと言うか、韓国的というか。

        amp の件は続きがしたいのであれば、全然構いませんよ♥
        読者雑談専用記事通常版でやりましょうか?

        1. チキンサラダ より:

          ヘチマ様、

          AMP の件も Google のインデックスの件も返信しておきましたよ。

          https://shinjukuacc.com/20210615-00/

          ちゃんと読んでくださいね💗

          なお、私もつい釣られて書いちゃいましたけど、amp じゃなくて AMP です。

      3. チキンサラダ より:

        ヘチマ様、

        > 私としては疑義あるところをコメントしたまで、特段喧嘩腰のつもりはありません。

        いえ、問題なのはあなたの言葉使いです。私にだけかと思っていましたが(すいません、あなたに興味もなかったので注目もしてませんでした)、ちょっと見てみたら他の方にも喧嘩腰のようですね。

        無用なトラブルや誤解を避けたければ、喧嘩腰は慎むことです。

        繰り返しますが、論理的な反論であれば問題ないのです。あなたの問題は言葉使いです。

        amp の件は、当該スレッドに移動しましょうか? その方が前後関係もわかってよいですから。
        私に木っ端微塵にされたヘチマ様が、その逆の認識とは、まさに韓国的な方ですね。

        > 本件では、是非「よく聞くような安易な日本ダメダメ。アメリカスゴイではない」を具体的論拠をもってご解説くださるよう期待しています。

        突然喧嘩腰で書いてくる韓国的な方の期待に応える筋合いはさらさらないのですが、私が根拠なく言っていると思われるのも嫌なので、大項目だけ書きますね。

        1年ほど前から日本のソフトウェア産業にも少し関わるようになったのですが、そこで感じた日本のソフトウェア産業のダメさの代表は以下のとおりです。

        * UI/UX + User Analytics の欠如
        * Agile Culture の欠如
        * maangement の決断の遅さ

        この中で、好きな項目を選んでください。全部書くとすごい分量になるのですが、かいつまんでならお話しようと思います。

    3. チキンサラダ より:

      へちま様、

      見事なほどに数字の使い方を間違ったコメントありがとうございます。
      失当極まりないですね。

      まず、私の論点はこちらです。
      * 日本で作られるソフトウェアの質が米国などに比べて相当に低い

      これに対して、へちま様は「日本の情報サービス業の売上高推移」をあげられてます。
      これにはいくつもの問題があります。

      1. ソフトウェアの質と売上高は直接関係ない

      売上高のデータではソフトウェアの品質ははかれません。
      売上高が多ければ品質も上なんですか? 松屋はミシュラン五つ星のレストランより美味しいのですか?

      売上高ってマーケットサイズとは高い相関関係がありそうですけどね。
      つまり先進国であればマーケットサイズが大きいので、売上高も大きくなる。でも、それは作られるソフトウェアの質とはほとんど関係ないのです。

      つまりね、この場合売上高というのは需要の大きさを表すのであって、供給側の質を表す数字ではないのですよ。
      インドから高品質なソフトウェアが日本に提供されていたとしても、定額なら売上高は大きくならないでしょう? 日本とインドでソフトウェアエンジニアの人件費は数倍違いますよ。ご存じないですか?

      日本に常駐するインド人が作った製品は、日本の売上高として計上されますが、それは日本のソフトウェアの品質とは関係ありません。むしろインドのソフトウェア品質と関係あります。

      需要の話と供給の話をごっちゃにして、反対側の数字を持ってきているところはあまりに失当です。

      もちろん両者にある程度の因果関係はあってもおかしくないとは思います。が、その関係性がある程度わからなければ、数字を持ってきても意味がないのです。

      なお、「売上高がソフトウェアの品質と強い相関関係がある」とした場合でも、日本のソフトウェアの質が米国に比べてもそこそこ高いということにはなりません。その理由について以下に書きます。

      2. 日本だけのデータでは比較にならない

      アメリカと日本の比較で、日本のデータだけとってきてなんの意味があるんですか?
      まさに失当。的外れもいいところ。全く意味をなしません。
      アメリカと比較しないと意味がないでしょう?

      30年間成長を続けてるかどうかなんて関係ないんですよ。現時点の質の話をしてるわけですから。
      ブータンのIT産業もきっとこの30年成長し続けてると思いますし、きっと日本以上の成長率を示してると思いますが、それだからといってブータンのソフトウェアが日本のソフトウェアより上だと思いますか?

      現時点でのアメリカとの比較をしないと意味がない。
      そして売上でアメリカと日本を比較すれば、日本はアメリカの1/4に過ぎません。

      https://www.statista.com/statistics/270567/it-revenue-per-country/

      別にそれは質をあらわしてるわけではないですけどね。あなたの珍説に従って、売上高がソフトウェアの質に関係してるしても、アメリカは日本より遥かにソフトウェアの質が高いということになります。

      関係ない数字を書いても、ただの失当です。日本の売上高だけで日米のソフトウェアの品質の差を測るとか、どんな冗談かと思いますよ。正気ですか?

      繰り返しになりますが、売上高とソフトウェアの品質は直接関係ありません。ある程度の相関はあるとは思いますが、関係がはっきりしない以上、細かな数字に意味はありません。

      3. IT 業界とソフトウェア業界の違い
      既存製品をちょこっと触ってIT業界をわかったつもりになってる人にはわかるはずもないのでしょうが(別にへちま様のことを言っているのではありません)、IT 業界とソフトウェア業界って違うんですよね。
      もちろん重なりますよ。包含関係にあります。
      まあ、包含関係なんて小学生でも習う言葉も難しすぎて理解できないのかもしれませんが…

      というわけで、まとめます。
      * 日米のソフトウェア品質の比較をするのに売上高というデータを見るのは失当

      その理由は以下の三点です。
      * 売上高はマーケットの大きさを表すものであって、供給側の品質をあらわすものではない。
      * 日米の比較をするのに日本のデータしか見ないのはあまりに意味がない。
      * IT 業界とソフトウェア業界の区別もついていない。

      日本の売上高の数字を出してきてもほぼ何も関係ないということが理解できたでしょうか?

    4. チキンサラダ より:

      ヘチマ様、

      日米のソフトウェアの品質を比較するのに、ほとんど関係ない日本のIT産業の売り上げ高だけを出してくるのにも驚きましたが、もっと驚くのは、貿易収支を出してきたことです。
      本気でこんなものが、ソフトウェアの品質に関係あると思ってますか?

      国際収支は赤字
      へちま様があげられた数字はすべて、マイナスなんですよ。つまり日本がITサービスを輸入している例です。
      これらの数字がマイナスの時点で、日本の IT はむしろ遅れていることを傍証しているともいえます。
      マイナスの数字でおかしいと思わないのですか?

      アメリカの産業を測るのに、日本だけのデータでは意味がない
      アメリカの IT 産業の強さを見るのに、日本のデータをみてどうするんですか?正気ですか?
      アメリカの IT 産業の強さ/弱さをみるなら、世界全体の中でのシェアを見ないと意味でしょう。
      まさかとは思いますが、この「国際収支」を各リージョンの売上とかと勘違いしてませんか?
      これ、あくまで日本の国際収支ですよ。頭大丈夫ですか?

      IT産業の国際収支とソフトウェアの質は直接関係ない
      因果関係はあるかとは思いますが、質より量が優先されるオフショアも盛んな業界なのでおそらく、高い相関関係を見出すのは難しそうです。

      北米の数字低下の疑問
      2020年は確かに北米の数字が落ちていますが、2020年はコロナという要因があったので利用するのは難しいでしょう。
      そもそも2019年まで絶対額では北米からの輸入超過は増えていますよ。

      また、北米からの輸入が鈍化してもその分アジア、欧州から輸入が増えている現状、これのどこが日本のソフトウェア品質の高さを表しているのでしょう?

      まとめると、またしても、へちま様は意味のない数字を引用してきていました。
      なぜ意味がないかと言うと、以下の三点が理由です。

      * 日本の国際収支が赤字なのに、それが日本の強さをあらわすと逆の勘違いをしている
      * アメリカの産業の強さ/弱さを測るのに、日本のデータを使っている
      * そもそも IT 産業の国際収支とソフトウェアの質の優秀さは直接関係ない。

      なお、私はアメリカのものなら何でもよいと思ってるわけではありません。
      普段のスタンスはむしろその逆です。
      しかし、へちま様のあまりに的外れな数字の使い方と、無茶苦茶なロジックの間違いはどうしても指摘せずには済まないのです。

      さらに、失礼な言葉もあったかと思いますが、これはヘチマ様がなぜか突然喧嘩腰で絡んできて、失礼な言葉を書かれたことに対する返礼です。反日オ○ニーばかりしている文在寅大統領も日本に冷たくされて憤慨しているようですが、へちま様もオ○ニー大統領のように耐えていただきたいと思います♥

    5. へちまはたわしのみに非ず より:

      チキンサラダ 様

      まず、先のコメントでは「よく聞くような安易な日本ダメダメ。アメリカスゴイではない」と構えられましたので期待していましたが、ほぼこちらの提示した資料への反論に留まったことは残念です。

      私としてはダメダメでない論拠として売上高推移を用いたものですが、売上と品質の相関はチキンサラダ様も嫌々「直接関係ありません。ある程度の相関はあるとは思いますが」と認めるところです。
      いくら相関の濃淡を論じたところで、より説得力ある論拠を提示できなくば客観性を欠いた「安易な日本ダメダメ アメリカスゴイ」はチキンサラダ様の主観に過ぎません。

      また、ひとまずお説を容れたとしてご提示の資料によれば2010年時点のIT売上高で日本はアメリカの1/4ですが世界第2位。この事実はむしろ日本ダメダメではない証左にしかならないでしょう。
      読み取れる事実は、お説によると「日本のソフトウェアに関しては絶望的な心境」で「根本的に日本人はソフトウェア開発には向いてない」のに世界第2位な訳ですので。

      次に、地域別の通信・コンピュータ・情報サービス国際収支においてアメリカがアジア・欧州に劣ることは事実です。
      収支の赤字が読み違えの可能性をご指摘ですが、誤りなくアメリカが他地域に劣ることを示しており、コロナの影響を措いても北米が劣る傾向は2016年から変わりません。
      よって、このことから読み取れる仮説は以下の2通りです。

      a:日本が米に他地域より売りつけている     ≒ 日本ダメダメではない
      b;素敵な品質の米国産は他産より日本に売れない ≒ アメリカスゴイではない

      a説b説どちらにしてもチキンサラダ様のお説とは相反しますし、国際収支が赤字ながらも日本のIT売上高推移は伸長している事実から相応の内需があるとすれば私としてはb説を採るところです。

      つまりは日本は国内需要だけでも未だ成長の余地があり、販売という形で評価されているのは国産、次点でアジア・欧州産、チキンサラダ様曰く素敵な品質の米国産はその次であろうということです。

      1. チキンサラダ より:

        ヘチマ様、

        言葉遣いがようやく少し直ってきましたね。まだまだ挑発的な口調が散見されますが、とりあえずは評価します。

        > ほぼこちらの提示した資料への反論に留まったことは残念です。

        そりゃそのコメントは反論のコメントですから。
        具体例については上記にメニューを示しましたので、お好きなものをお選びください。

        > 嫌々… と認めるところです。

        まさにこれはヘチマ様の主観ですよね。あなたの問題は客観的データを使いたいという意思は感じますが、現実に論理構成力も理解力もなく、数字を読む力もかけているので完全な失敗に終わってるということです。

        > いくら相関の濃淡を論じたところで、

        少なくとも高い相関関係があることを示していただかないと、再反論になりませんよ。ここはIT産業の売上高というソフトウェアの品質とほとんど関係なさそうな数字をだしてきた、あなたへの反論ですから。

        > アメリカの1/4ですが世界第2位。この事実はむしろ日本ダメダメではない証左にしかならないでしょう。

        ちゃんと文章読んでます? 売上高はほぼほぼマーケットサイズを表しています。日本がソフトウェアに関して大きなマーケットだというのは確かです。それはお客として大きいという意味であって、製造側として優秀かどうかは全く別の話です。

        この部分のヘチマ様の勘違いはかなり致命的です。需要と供給は違うって理解できます?

        > 収支の赤字が読み違えの可能性をご指摘ですが、

        つまり収支が赤字なのを気づいてなかったのですね。

        > アメリカが他地域に劣ることを示しており

        ソフトウェア品質と売上は直接の関係はないですよ。そもそもこれは収支なので売上ですらないですからね。国際収支というからには、輸出と輸入を相殺した金額ですよ。輸入が大きくても、輸出も大きければ金額は小さくなるのですよ。わかってます?
        IT というからにはハードウェアも入っているでしょうから日本の対米輸出も大きいのかもしれない。
        相変わらず IT とソフトウェアを混同している、へちま様には理解できないですかね。

        あと、繰り返しになりますが、アメリカの強い弱いを言うならば、世界の貿易収支を見るべきです。日本の国際収支を見てどうするんですか? 気は確かですか?

        今回も木っ端微塵にしてしまってごめんなさいね💗

    6. チキンサラダ より:

      検証を検証した結果、へちま様の引用する数字の出鱈目さがはっきりしてしまいましたね。
      木っ端微塵にしてしまってすいませんw

      でも、あまりに失当な内容ばかりを失礼な口調で書くものだから、つい返答しちゃいましたw

    7. チキンサラダ より:

      へちま様、英語もかなり弱そうですが、日本語も弱いのかなと思ってます。

      > あー…「URLはGoogleに登録されています」で撥ねられているということは、Google様の琴線に触れたっぽいですね。

      > インデックス済みの割と琴線に触れそうな記事二つを行毎に検索に掛けてみると、前者は全行ヒットの反面で後者は2割が外れてます。
      > “参考資料”はおそらく削除済みの別記事のインデックスが邪魔しているだけなので、”はじめに”あたりが琴線の核心部だろうと思います。

      「琴線」の意味、間違えてますよ。当時は笑いながらやり過ごしてましたけど、あまりに失礼な態度で絡み続けてくるので、軽くお返ししておきますね。

      ま、へちま様の問題点の本質は英語力、国語力の欠如ではなく、以下の3つですけどね。

      * ソフトウェアのことをほとんど知らないのにソフトウェアを語る
      * 数字の意味もろくに知らずに数字を引用する
      * 言葉使いが失礼

      反日オ○ニーに邁進した結果、日本にちょっと冷たくされ、それで発狂しそうになってる文在寅大統領みたいにならないでくださいね💗

    8. チキンサラダ より:

      そういえば、へちま様が最初に私に絡んできたのは、アメリカ在住の方が英語の敬語表現について書いたときだったかと思います。
      最初からえらい喧嘩腰で、偉そうに絡んできたのを思い出します。

      あの時も実例を出せと言ってましたね。既にわかりやすい実例を先に書いてる人がいましたし、私もその後実例を書いていますが、その部分は見事にスルーなんですね。都合の悪いことは読まない韓国的人間なのでしょうか。

      今回も私が書いた実例は例外だとか、GitHub は(へちま様の考える)運用環境じゃない!wと屁理屈をつけて実例を書いたことを認めてないですね。

      ともかく英語の件ですけど突然人に喧嘩腰で絡んでくるからには、へちま様の実例も当然お持ちなのでしょうね。
      ぜひ拝見したいものですが。

      また、失当極まりない内容で木っ端微塵にされるのが怖いですか?

    9. チキンサラダ より:

      返事がないようですね。結局の所、へちま様はこういう方ということですね。

      * 突然喧嘩腰で絡んでくるが、謝りもしない。
      * 数字を使ってるようで、ほとんど関係ない数字を無理やりこじつけてるだけ
      * 反証を示されると「それは例外だ」「それは自分の考えてたシステムとは違う!」と逃げまわる
      * 相手の論点を曲解して勝手に勝ち誇る。

      まるで韓国を体現しているかのような人ですね💗

    10. へちまはたわしのみに非ず より:

      チキンサラダ 様

      珍奇な修辞を弄して激するばかりでは議論になりませんし、多量かつユニークなコメントから口惜しさは伝わりはしても、論理なき激昂は無益でしかありません。
      これでは論理的なご見解は期待できるとも思えず、残念ながらこれで議論を打ち切らせていただきます。
      短い時間でしたがお付き合いに感謝いたします。

      1. チキンサラダ より:

        ヘチマ様、

        「珍奇な修辞」という言葉が珍奇な修辞ですよ。あなた、自分の文章がかっこいいと勘違いしてるのかもしれないけど、誤りと珍奇な表現だらけで噴飯ものですよ。

        最初から突然喧嘩腰で絡んできたのはあなたです。意趣返しをされたら、謝りもせずに逆ギレですか?まるで韓国ですね。

        ほとんど関係のない数字を無理やりこじつけようとして木っ端微塵になったり、反論されると「例外だ」「想定してないサービスだ」と逃げ回ったり。
        アメリカの話をするのに、日本の統計を出しておかしいとは思いませんか?小学生でもわかる話ですよ。
        また、クラウドテクノロジーのほんの断片しか知らない癖に背伸びして大嘘ばかり書いて恥ずかしくないですか?知能が類人猿並ですね。

        と書いたら類人猿に失礼かなw

        なお、データが保存されるリージョンが開発者にもわからない(勝手に割り振られる)例として、こういうものもあります。

        https://aws.amazon.com/dynamodb/global-tables/

        こういう例を何回見せても、「例外だ」「想定してないシステムだ」と、見苦しい逃げを打つんでしょうね。

        あなたは逆ギレしてますが、全てあなたから吹っかけて来たことですからね。自業自得です。

      2. チキンサラダ より:

        ヘチマ様、

        論理がないのはあなたの方ですよ。
        アメリカのソフトウェアの話をするのに日本の統計を出してきたり、マーケットの供給側の品質の話をするのに、異なるセクターの国際収支を出してきたり。
        私が例を出しても「例外だ」「想定していたシステムと違う」と、逃げ回ってるだけではないですか。

        今日のクラウドサービスでサーバーやデータがどこにあるかわからないなんてことは日常茶飯事です。

        AWS のメニューにリージョン設定があるから、すべてのクラウドサービスは同じリージョンで動くと 盛大な勘違いしたというところなんでしょう。

        屁理屈に屁理屈を重ねても通用するわけもなく、またまた珍妙な言い訳をこねて逃げ出したわけですね。

        これに懲りたら、いきなり喧嘩腰で、自分がろくに知らないテーマで絡んでこないことです。

        なお、あなたが得意のテーマなら、喜んで謙虚に学ばせて頂きますよ。本当に。

        ソフトウェアに関してはあなたのようなド素人が背伸びして知ったかぶりしても、恥を晒すだけなので黙って置くのが賢明でしょうけどね。

    11. チキンサラダ より:

      失当なコメントを繰り返した挙げ句に、問題点を山程指摘されて木っ端微塵になった「へちまはたわしのみに非ず」様ですが、「珍妙な修辞」の言い訳をして逃げ出してしまいましたか。

      アメリカのソフトウェアの品質の話をするのに、ハードウェアも含む IT 業界の、しかも日本のデータだけ持ってきても意味がないって、小学生でもわかる話ですよ。

      日本のIT業界(含むハードウェア)が過去30年成長してきたことと、日米のソフトウェア品質の差が大きいか小さいかなんて、ほとんど関係ない。少しでも論理的に考えられる人間ならわかることです。

      日本のソフトウェア産業のどこがどう駄目なのか、具体例を私もこれまで書いてきてるし(この記事のコメントの下の方でも書いています)、他の方も時折書いてらっしゃいます。日米の差は絶望的なほどです。

      ソフトウェア業界にいる人間なら、誰もが簡単に体感できるその事実を認めようともせず、ほぼ関係ない数字を引っ張り出してきて、珍妙な「日本のソフトウェア凄い!」説に固執してるようでは、呆れられて当然です。

      こっそり見てるの、わかってますよ、「へちまはたわしのみに非ず」様。これに懲りたら、珍妙な説は言い出さない事です。今後見かけたら、今回のように木っ端微塵にしてあげますから♥

  13. 匿名 より:

    顔データがハックされて、行ってもいないところで買い物されたり、とか考えてしまった。米国だとそういうのは基本的に消費者がプロテクトされてて問題があまり起こらないけど、日本ってその辺のフェイルセーフってあってないような感じ。

  14. りょうちん より:

    顔認証以上というと、DNA認証かなあと思ったけど、生体かどうかの識別がかえって難しくなりそうですよねえ。
    顔認証は瞳認証で生きてる人間かどうかを確認しているようですし。
    掌紋認識・虹彩認識の組み合わせが現在の技術では限界でしょうか。

    1. チキンサラダ より:

      iris recognition が10年ほど前に社内にあったのですが、使えるレベルでしたよ。しかし、その後広まってないところを見ると何か問題があったんでしょうね。値段.. かな?

    2. りょうちん より:

      指紋認証は、ハリウッド映画なんかで、指を切り取ったり、不倫ものマンガでは夫が寝ている間に勝手に指を形態に認識させるなんてシーンがよく見かけます。
      なんで不倫ものマンガなんてよく読んでいるツッコミを受けるなら、最近では「サレタガワのブルー」をお勧めしときます。
      マンガmeeで無料で全話読めますよ。

      1. チキンサラダ より:

        旦那が寝てる間に指を合わせるのは現実世界でも日常茶飯事かとw

  15. りょうちん より:

    つい今まで、次期電子カルテの説明を受けていたのですが(知らないうちに電カル更新委員会の委員長にされていた)、質疑応答で、

    「温度板ってクソ見にくいんだけど、どこのベンダーもアレなんとかしようとか考えなかったの?」

    https://fds-support.com/detail/?an=5145

    紙にプロットするしかなかった時代のUI/UXを踏襲することしかしてこなかった電子カルテ開発者に絶望しましたw。
    米国の電子カルテって一度、見てみたいです。

    1. チキンサラダ より:

      アメリカの EHR 入力見たことないですか?
      画面構成はとてもシンプルで、基本テキストで書きまくるだけ。
      でも、やることが単純化されてるので、お医者さんが短時間で書き込める情報量が多い。

      この前日本で何件かの病院に行きました。EHR もちらっと見ました。やたらと機能は沢山あるんですよね。オートコンプリートとか、タッチパネルとか、絵が描けたりとか。
      でも、総合的な使い勝手が大きく劣るので、入力にやたら時間がかかってますね。

      1. りょうちん より:

        点滴500ml×3の指示に三回オーダーを作らないといけないクソシステムとか、細かいことを言ったらキリが無いですが、クソなシステムを、現場の運用でなんとかしてしまうのが、日本の悪い点です。
        長文を書く精神科の先生は、なんと、すべて紙に書いて、スキャナーで全部取り込ませていたのには笑いました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。