メダルラッシュなのに新聞に広告入らず=日刊ゲンダイ

さきほどの『東京五輪でオールドメディアが見せる「手のひら返し」』では、オールドメディア、ジャーナリスト、メディア御用達のコメンテーターの皆さんが、ほんのちょっと前までご自身が何を主張していたのかを忘れてしまっているように見受けられる、という話題を取り上げました。本稿はその「補足」として、もうひとつ、『日刊ゲンダイ』さんに掲載された、ジャーナリストの木野活明氏のレポートについても紹介しておきます。

日刊ゲンダイさん「1日100万回接種は荒唐無稽」

以前からしばしば言及しているとおり、『日刊ゲンダイ』さんといえば、菅義偉総理大臣が5月7日の記者会見でぶち上げた「1日100万回のワクチン接種」を巡り、「口から出まかせ」で「荒唐無稽」だ、などと舌鋒鋭く政府を批判したという実績があります。

菅首相がシャカリキ「ワクチン1日100万回」計画の荒唐無稽

―――2021/05/11 13:25付 日刊ゲンダイDIGITALより

この点、医療従事者等向けにワクチン接種が始まった2月17日の接種回数はわずか125回に過ぎず、また、高齢者向けのワクチン接種が始まった4月12日の時点でも、累計接種回数は1,694,041回に過ぎませんでした。

ところが、その4月12日から39日後の5月21日に、ワクチン接種が1000万回を超え、さらに2週間後の6月4日に2000万回を、10日後の6月14日に3000万回を、6月中に5000万回を突破。

今週月曜日には無事、8000万回を超え、とくに6月から7月の1日の単純平均接種回数は130万回を超過している状況です(平日に限定すれば150万回を超えていると思しき日もあります)。

そういうわけで、「口から出まかせ」で「荒唐無稽」なのは、菅義偉総理大臣ではなく日刊ゲンダイさんの方ではないか、日刊ゲンダイさんはこの記事を撤回したうえで菅総理や日本国民に陳謝すべきではないか、というのが、当ウェブサイトからの老婆心ながらの日刊ゲンダイさんに対するアドバイス、というわけです。

ジャーナリスト・木野活明氏「メダルラッシュでも広告入らず」

ただ、日刊ゲンダイさんはときどき、なかなか辛辣な記事を発信することもあります。

その典型例が、本日午前9時過ぎに配信された、次の記事でしょう(haduki様、情報のご提供ありがとうございました)。

メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

―――2021/7/29(木) 9:06付 Yahoo!ニュースより【日刊ゲンダイDIGITALより】

執筆されたのはジャーナリストの木野活明氏ですが、先ほど紹介した記事と異なり、非常に鋭くて参考になる指摘です。

というのも、日本人アスリートの金メダルラッシュにも関わらず、「創業以来最大の赤字を出した朝日新聞をはじめ厳しい経営が続く新聞業界は、期待したスポンサー企業の広告が入らず困惑している」、というのがこの記事の指摘だからです。

木野氏は、次のように続けます。

東京オリンピックの最高位スポンサーを務めるトヨタ自動車は、すでに大会期間中のCMの見送りを明らかにしたとともに、同社の豊田章男社長をはじめ幹部の開会式への出席も見合わせた。このトヨタ自動車の対応に同調するように他のスポンサー企業も広告の出稿を控えているのだ」。

このトヨタ自動車の件については、当ウェブサイトでも『五輪ヘイト煽るメディアに「広告主離れ」のブーメラン』で取り上げていますが、あくまでも第一義的に自粛するのは五輪関連のCMだ、ということだと思います。

ただ、木野氏が取り上げる、「大手新聞社の幹部」の次のような証言を聞くと、状況はわりと深刻なのかもしれません。

通常ならスポンサー企業が連日ご祝儀広告をがんがん載せてくれるはずでした。ところがほとんど入らず新聞業界は大打撃です。朝日新聞の五輪批判がスポンサー企業に好感されるはずがありません」。

木野氏によると、広告の出稿は電通が仕切るため、「1社でも広告が出せなければ他社も横並びになる」、「企業の朝日新聞への反発が他の新聞社にも直接響いてきている」のだそうです。

こうした視点は、なかなか参考になりますね。

オールドメディアは自分で未来を食い潰す?

さて、以前からしばしば報告しているとおり、コロナ禍はオールドメディアの経営にも大きな打撃を与えています。

コロナ禍でのテレビ局経営:在京5局はすべて減収減益』でも触れたとおり、在京キー局(の持株会社)は2021年3月期決算で、いっせいに減収減益に陥りました。

とはいえ、在京キー局に関してはいずれも経営基盤自体が安定しているため、すぐに経営破綻するという状況にはありません。

また、大手新聞社の中で唯一有価証券報告書を提出している株式会社朝日新聞社の場合、『株式会社朝日新聞社の決算:一過性要因とその他の要因』や『株式会社朝日新聞社の有報を読む』でも述べたとおり、同社としては過去最大級の最終赤字を計上しています。

ただし、朝日新聞社に関しては赤字は一過性のものと考えられますし、自己資本比率や流動性なども観点からも経営状態は極めて健全であり、また、莫大な含み益を有する優良資産も多いと想定されるため、ただちに経営破綻することは考え辛いでしょう。

しかし、『某新聞社、4期連続営業赤字で自己資本比率も3%割れ』などでも述べたとおり、かつて大手新聞の一角を占めた某新聞社は、おそらくは実質債務超過であり、倒産寸前の状況に追い込まれています。

このように考えていくならば、これから10年も経たずに、いくつかの社は経営破綻するかもしれませんし、あるいは「救済合併」がなされ、じわじわと体力を削られていくのかもしれません。

いずれにせよ、東京五輪自体も「五輪中止」を煽ったオールドメディア自身がみずからの未来を食い潰しているようなものです。今から10年後、オールドメディア業界がどうなっているかを、楽し心配に待つことにしましょう。

読者コメント一覧

  1. たか より:

    日本の新聞社は民間の営利企業のくせに営業部のステータスが非常に低い、と某ブログで読んだことがありますが、さもありなんといったところでしょうか。

  2. G より:

    そういう経営判断したんだから、結果を甘受するしかありません。普通の一般企業でも同じですね。

    ノーリスクで記事書き散らしていたツケが来ましたね。

  3. 雪国の会計士 より:

    TOYOTAもソフトボール決勝はCM出してましたね。
    日米両チームにTOYOTA所属の選手が出場してたので。
    でも、トヨタイムズのCMで、五輪特別版ではなかった。

  4. sqsq より:

    「ゼロコロナという病」藤井聡、木村盛世著によれば、2021年3月期の民放キー局5社の広告収入はすべて前年比マイナス。タイムよりもスポットの収入の落ち込みが大きいとのことです。タイムは番組提供関係の広告収入のため、その番組が続くかぎり続きます。スポットは景気に影響を受けます。コロナをあおって経済を落ち込ませて収入減。それと毎年冬に多い風邪薬のスポット広告、この冬はほとんど見ません。これもコロナの影響と言えるかもしれません。(みんなマスクをするので風邪、インフルエンザがはやらない)
    正義漢面して五輪は中止などという世論工作をしておいて五輪関係の新聞広告(例えば「xxxは東京2020を応援しています」のようなイメージ広告)がもらえるわけがない。広告が減れば新聞はもたない。いずれ壁新聞になるでしょう。

    1. 迷王星 より:

      内容は既に壁新聞レベルですね.

      1. なんちゃってギター弾き より:

        sqsq様、迷王星様

        こんばんは。
        とりあえず壁新聞に謝ってください(笑)

  5. めがねのおやじ より:

    以下、開催前の新聞社の論調を3つ。

    「東京五輪開催反対!」
    「今、何故五輪開催なのか?やっていいのか?」
    「コロナが終息せず危機的状態でも開催したい人々」

    、、、でも開催したら国民は応援してます。日本選手だけでなく、外国選手も。1964年東京大会も前評判は悪かったと思います。ポスター見ても「ふ~ん。それで?」でしたね、子供ですから(笑)。

    正直言って、日本のメダルは前1964年東京大会に及ばないだろうなぁと思ってました。しかしごめんなさい。選手の皆様の限界を超えた努力、素晴らしいです。

    新聞社にご祝儀の広告収入が入らないのは、まず最大手のトヨタ自動車が「出稿しません」と言ったため。以下の企業は右に倣えした。日本選手が活躍しようと、このご時世広告をバンバン出しませんよ。広告代減って良かったね、じゃないですか。

    でも、中には手のひら返しをしない新聞もあります。そう、中小企業並みの資本金に減資したM
    新聞社は、未だに五輪反対キャンペーンまがいの記事を載せています。ココまで来ると、反社会的組織、国家転覆を謀る秘密結社では無いでしょうか。

    来年には吸収されて、「朝日新聞+M」に題字が変わっているかも(笑)。

    1. 迷王星 より:

      毎ちゃんが潰れようと御自由にだけど,朝ちゃんが救済合併して毎朝新聞になるのだけは勘弁してね.

      過去の少なからずのドラマが再放送候補のリストから外されかねない.少なくとも東京キー局系列の地上波やBSでは.

      1. 凡人封 より:

        迷王星さま

        うわー!マイチョウ新聞!ツボです!
        むしろ他の架空新聞会社を思いつくことが出来ないくらい私の中ではメジャーです(笑)

        1. がみ より:

          毎日系(?)なのか、TBSテレビの例の関口宏のサンデーモーニング…凄かったらしいですね。
          五輪始まって最初の放送の冒頭で

          「お伝えしなければなりませんが…」

          の捨て台詞で始まったそうです!

  6. 無知無恥 より:

    まあそのスポンサーに忖度しないジャーナリズム精神はすばからしいと思いますよ

    1. より:

      教祖様(中華思想・小中華思想・反日教の)だけに忠実な宗教新聞ですから当然かも。

  7. だんな より:

    まあ、他のスポンサーからのお恵みの為にスポンサーになるのは、他のスポンサーと比べて不純だと思います。

  8. ひろた より:

    私はこの新聞社幹部のコメント見て、こんなんだから経営難になる訳だと改めて思いました。
    ちなみにトヨタの新聞広告は博報堂が多いしハウスエージェンシーも持ってます。
    トヨタはすでに新聞からは遠ざかってもいます。若者の車離れを少なくしたい。だからネット中心のオウンドメディアにシフトしています。テレビ広告との連携もしています。他のスポンサー企業もその傾向ですから新聞はどのみち。広告効果が見込まれない媒体との認識です。最近、トヨタはハウスエージェンシーと電通でネット関連の新会社も設立しています。
    日本の新聞社は新聞紙から出ることができません。
    ただアメリカは、事情が違ってテレビでもオリンピック関連の広告だしてます。

  9. がみ より:

    朝日に代表される左派マスコミはテレビも含めて「東京五輪中止」を求めながら、本当に中止になった時にどう自社経営するつもりだったのでしょう?

    野党と同じく、反対の為の反対をしつつ実際は開催される事を見越して主張はするけど自分の財布の皮算用はするつもりだったとしか思えません。

    トヨタとトヨタの広報戦略部門は全てを見越していたのではないでしょうか?
    現に五輪公式と銘うったCMこそ止めたようですが、トヨタに必要な広告はほぼ減っていないようです。
    ご祝儀やめただけでしかないという…

    新宿会計士様の記載から日刊ゲンダイDigitalの記事に飛んでみましたが、Yahoo!のコメント欄最上位に掲出される「オーサー」と呼ばれる記名投稿で高田浩三なる方が「企業のマーケティングリテラシーがけしからん!」調の文言を書いておりますが、企業のマーケティングリテラシーがボンクラなのはマスコミ各社の方なのではないですかね?

    (ちなみにYahoo!ニュースのコメント欄は世論誘導のツールでもあるらしく、五輪関連の記事のコメントを読んだところ、「五輪に関する政府与党はけしからん」「管政権を終わらせよう」「政権交代!」「それにしてもコロナ爆発」「北京五輪は大丈夫!」の匿名コメントのオンパレードで、よくある左派論調の如く基本構成文を多数意見であるかのように見せて実はコピペのキャッチフレーズ繰り返しのプロパガンダ羅列で溢れかえっていました。)

    朝日新聞社は社名とは裏腹に実際のところ中央区を中心に不動産業(サントリーが元株式会社壽屋なる非上場の不動産屋さんの如く)ですから五輪や五輪後再開発で中止になろうがどうしようが潤う(そういえば築地再開発及び環状二号線辺りの利権に食い込んでいるのは、あの前川喜平元文科省次官の親戚のやってる株式会社前川ですね。)し、テレ朝やフジテレビも不動産利権でセーフですが、中小企業毎日新聞社とかは飛びかねないですね。
    只でさえ、毎日新聞社は聖教新聞の印刷を受注出来ないと成り立たないというのに…まぁ地方紙等も聖教新聞印刷と地元折り込み広告頼みなのは変わりませんが。

    そうこうするうちに、武田が新型コロナ治療薬に進んでいて、臨床結果次第ではもはやPCR検査陽性であることに意味が無くなりそうなのですが、そういった真の朗報については報道しない自由を行使中です。
    現代はじめマスメディアのこれまでの論調が粉砕されかねないほど日本や世界は日々変わり続けているのに、マスコミや左派知識人の文言は時間がいつもどこかで止まっている様ですね。

    せめてデータに基づかない出鱈目と時間軸の切り取りはやめて欲しいものです。
    誤報や自社不祥事についても現代のように忘れ去られるのを待ったり北海道の新聞社のように「社内調査して謝罪したつもり(非公開)」は本当にやめていただきたい。

    1. haduki より:

      某中小企業さんは強力なスポンサー様がいるので大丈夫でしょう
      https://www.theguardian.com/news/2018/dec/07/china-plan-for-global-media-dominance-propaganda-xi-jinping

    2. 凡人封 より:

      がみさま

      最近のヤフコメはさらにやられてる気がします。
      以前はあからさまなC国アゲ日本サゲコメントには、青ポチ(否定の意)が多く付いていましたが、このところは赤ポチ(賛同の意)が上回る事が多く見受けられます。

      あちら様の手回しが細かくなったのか、染まった日本人が増えたのか、後者なら少し怖いです。

      1. がみ より:

        haduki様
        読んで来ました。
        なるほど、これは知らなかった。
        毎日安泰か…伊藤氏vs山口氏裁判で奇しくも明らかになった「正規の入社じゃなく実績すら無くても、飲み会で意気投合すれば貴方もジャーナリストになれるかも制」の印刷会社の生きる道でしょうか?

        毎日新聞本社やあの法政大学が皇居や靖国神社至近の都内要衝に立地しているだけでも心配なんですけどね…

        凡人封様
        コメだけでなく、Yahoo!及びソフトバンクグループ自体が迷走中かつ断末魔っぽいですね。
        万年赤字の韓国クーパン米国市場上場は韓国国内で一時禁止された空売りを米国で上場してご祝儀相場で内緒で売り逃げ現金化だと思いましたし、アリババ等中国で過剰に投資していた企業は中共政府の「外国市場に中共の許可無く上場しちゃ党の利益にならないし制御面倒だからダメ!」政策で頓挫中。
        非上場会社を資本支配して付加価値有るように見せかける広報して上場して儲ける錬金術ビジネスシステムが破綻したんでしょうか?

        余波でYahoo!ニュース検閲権や便衣兵・土台人コメント優先権に魂売り渡したんでしょうか?
        元から魂無いか…

        Yahoo!ニュースで唯一評価出来るのは他社記事引用ですが天気予報だけになりました。

        毎日新聞については本気で腹にすえかねていることがあるのですが、それは後日別投稿で書きます。
        新宿会計士様にご迷惑かける可能性があるほどヤバいネタかも知れないので…

  10. WindKnight.jp より:

    インターネットというライバルが現れて、
    従来の新聞や商業放送が、”どのようにスポンサーに媚びるか?”は、大きな課題ですね。

    1. がみ より:

      WindKnight.jp様

      反面「スマホは愚者のSNS発言権乱用器」という問題も発生しているようで、アスリートや著名人のかたは大変なようですね。

      今回も五輪選手への誹謗中傷は恐ろしい状況らしいです。

  11. sqsq より:

    毎は確か聖教新聞の印刷下請けしてなかった?

  12. 125 より:

    主旨から外れますが、、、
    毎度話題のあれで、今朝も嫁(還暦越)は一番最初にちらしから読み出し、次に番組欄へ。日曜は、求人ちらしを熱心に見るのでなく、読んでいます。すでに対象から外れているにもかかわらず。ニュースは、朝一にスマホで確認しているようです。なのに、まだまだ更新が続きそうです。

  13. 通りすがりの地方公務員 より:

     たまたま今日(7月30日)新聞切り抜き業務を担当していたので、全国紙5紙+東京新聞の紙面を全て確認したのですが、五輪関係の新聞広告は腕時計ブランドのOMEGAが朝日新聞に一面広告を載せていただけでした。むしろ、五輪と全く関係ない都民共済の広告は各紙に載っていました。あと、なぜ朝日に載せた…?

     どうでもいいことですが、どこの新聞か忘れましたが、長野県庁の公務員試験の広告がなぜか載っていました。東京からのUターン希望者向けなのかもしれませんが、そんなとこに載せても若い人は見ないでしょ…

    1. 裏縦貫線 より:

      >>どこの新聞か忘れましたが、長野県庁の公務員試験の広告がなぜか載っていました。
      「東京からのUターン希望者向け求人活動を行った」ことの明確なエビデンスとなりますので、庁内営業には効果的なツールなのかも知れません。

      1. がみ より:

        以前、朝日新聞は国立の茨木大学入試要項変更をタイトルだけ書いて有料記事にしていて驚きました。

        こういう国の広報とか掲載するから消費税免除の公共報道機関扱いの特権があるんじゃないですかね?

        国立大学の入試要項って取材報道でもあるまいしなぜ有料記事?

        1. 裏縦貫線 より:

          内容がなにであっても記事を無料にするか有料にするかは新聞製造会社の自由ですからね….国の広報を伝える観点からは、官報こそ、軽減税率どころか免税が相応しいと思います。
          なお、紙新聞ならば号外を除き「全て有料記事」であります。

          1. がみ より:

            裏縦貫線 様

            国公立大学を進学先に志望する受験生から「募集要綱の変更」のお知らせをネット配信記事で有料にして金銭巻き上げるのを「無料にするか有料にするかは新聞社の自由」だと本気で思っているのですか?

            有料配信にしたいほど書きたくないのなら元々記事にしない自由は百歩譲ってあるかもしれませんが…

            受験生から募集要綱記事で金ぼったくる自称公共機関の新聞社が、同じ口で「大学無償化」を吐きやがるんですよ?
            「貧困」だの「大卒資格が無いと就職に不利」とかの理由で。
            「大学受験には天声人言掲載の朝日新聞購読料が有利」とか言いながら。

            頭に思いついた自らの思想信条は事実・真実で無くても書き散らし、公器としての書くべき当たり前の公共のお知らせを「有料にするか無料にするかは自由」とか「新聞は全て有料」とか主張するなら新聞記者は自分のサイトでブログでも書いてりゃいいんです。
            広告収入や有料記事のインカムを正確に申告し納税して。

            大手新聞社の朝刊が今は月額4000円くらいでしょうか?
            一契約あたり月に400円も消費税を回避しているだけでなく、課税が無いゆえに発行部数の嘘自己申告の温床になっています。

            一部あたり月額400円の代理納税をしてまで、押し紙も含めて発行部数虚偽なんか出来ますか?
            虚偽であっても発行部数で本記事元ネタに関連する「新聞広告」収入が決まって来るんですが?

            国公立大学の受験募集要綱なんて志向する特定の政治的思想信条などとも全く関係無く、知らせなければならない事ではないですか?

            貴兄の御意見には全く賛同しかねます。

            驚くべき御仁です。

          2. 裏縦貫線 より:

            がみ 様

            新聞製造会社とその役員・従業員や出入りの関係者が自分たちのことを公共機関だ公器だ木鐸だと言ったところで、私は彼らを公共機関や公器や木鐸とは思っていませんし、彼らの振る舞いについて、公共機関・公器・木鐸としてかくあるべしというような期待も持っておりません。この点でがみ様と私で立ち位置が異なっているので話は噛み合わないと思います。

            読者中の何%居るかもわからない当該国公立大学受験生とその家族や教育関係者に向けて「募集要項の変更があるよ」って事をタダで教えてくれるとは随分親切な新聞ではあります。変更の詳細を当該新聞の有料記事でなければ知ることが出来ないのならば、酷い国公立大学だと思いますが…..

          3. がみ より:

            受験生は官報で募集要項を知れと?

            新聞協会は「公共機関として国民の知る権利を担保するものかが新聞であるから」という理屈を自ら持ち出して、消費税減免の根拠としているんですがね。

            配布された資料をそのまま配信する際に、受験生が少ない弱小国立大学だと新聞社が思えば、報じない自由が成立してしまう分野ではないと思うのですが。

            そもそも揚げ足とってマウントするつもりだっただけなのに反論されると合理的ではない屁理屈ですか?

          4. 裏縦貫線 より:

            がみ 様

            私のコメントを「そもそも揚げ足とってマウントするつもりだっただけ」と受け取られたのですね。ご気分を害したこと、失礼致しました。

  14. くろくま より:

    お濠端のあの建物が無くなるのですね。うれしいかぎりです。

  15. 楽隠居間近 より:

    救いがないことに、トヨタさんの判断は、経済合理性からではないかと思われます。トヨタさんがCMを届けたいのは、今後50年近くにわたってお得意様になってくれるであろう、20代の方々や、ファミリー向けの少し大きめで、ちょっと高価な車を買ってくれたうえで、30年くらいはお客さんになってくれる30代・40代ですが、この層はテレビを見ない以上に新聞を読みませんから。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。