韓国自治体の日本を糾弾決議に「五輪ボイコット」なし

韓国のとある地方自治体で、東京五輪「竹島地図」問題を巡り、日本を糾弾する勇ましい決議がなされたようです。中国共産党や北朝鮮と同様、口だけは達者なお国柄でもありますが、そんな国の、しかも一地方自治体の動きについて、いちいち相手にするのがどうかという話はさておき、いちおう、「こんな決議がありましたよ」、という注意喚起も兼ねて、竹島問題を簡単に振り返っておきましょう。

五輪ボイコット問題

韓国による「東京五輪ボイコット」問題は、当ウェブサイトでもかなり以前から、何度となく触れて来た論点です。

ことの発端は、東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルウェブサイトに掲載されている日本地図の、島根県竹島の場所に、白っぽい斑点のようなものが描かれている(図表の赤丸部分)として、韓国で一部政治家が問題にしたものです。

図表 例の日本地図(クリックで拡大、赤丸は北方領土、竹島、尖閣諸島らしき点)

(【出所】東京オリパラ組織委員会公式ウェブサイト画像ファイルを著者が加工)

確認した限り、「五輪ボイコット」を呼びかけているのは、丁世均氏以外にも李洛淵(り・らくえん)元首相や、次期大統領選における左派の最有力候補のひとりと目される李在明(り・ざいめい)京畿道知事らです(『韓国前首相が日本に「偏屈、恥知らず」など暴言を吐く』等参照)。

ただし、この問題を巡っては、国際五輪委員会(IOC)が「問題なし」とする書簡を韓国側に返送したこと(『中央日報「IOCが五輪地図に政治的意図なしと回答」』等参照)などをもって、事実上、決着してしまいました。

竹島を韓国が不法占拠する「意味」

そもそも島根県竹島は、歴史的に見ても法的にも、れっきとした日本領ですが、戦後ある時期以降、韓国が不法占拠しています。

これについて日本政府は韓国政府に対し、なんども国際司法裁判所(ICJ)への付託を呼びかけていますが、韓国が逃げ回っていて、いまだに実現していません。

よく韓国は日本に対し、「わが国は侵略を受けた」「歴史問題でわが国は被害者、日本は加害者だ」と騙るのですが、少なくとも竹島領有権問題に関していえば、韓国が「加害者」、日本が「被害者」です(しかも韓国の侵略行為は国際法的にも明らかに違法です)

その意味で、当ウェブサイトではよく、「文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国が日本に対し、国際法に照らして違法な行為の数々を仕掛けて来ている」などと述べていますが、「韓国が違法行為を日本に仕掛けて来る」のは、べつに、いまになって始まったことではないのです。

こうしたなか、韓国が不思議なのは、自分の国が加害者であるという事実を、結果として国際社会に喧伝している点にあります。

韓国の立場になりましょう。合理的に考えて、問題の島については自分の国が実効支配しているわけですから、もしも本気で竹島の領有権を獲得しようと思うのであれば、大騒ぎせず、静かにしているべきです。

それなのに、機会があるごとに、「独島(※竹島のこと)を守る」と言ってみたり、防衛訓練をやってみたりする韓国の行動を眺めていると、なにか「違う意図」でもあるのではないかと疑わざるを得ないのです。

うがった見方ですが、韓国自身も竹島の領有権を日本が主張し続けているという状態を望んでいるのではないかと思います。「日本には憲法第9条の制約があるので、どうせ絶対に独島を武力で奪還したりしない」と見越し、わざと日本を挑発し続ける、というわけです。

韓国は日本に勝ったことがない

では、なぜ?

歴史上、少なくとも日本の明治維新以降、韓国(朝鮮)は戦争で日本に勝った事実はありません(というよりも、大日本帝国が朝鮮王国、大韓帝国などに対し、宣戦布告した事実自体がありません)。

この点、米国の政治学者で米戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアアドバイザーでもあるエドワード・ルトワック氏が著書『中国4.0』(文春新書、2016年3月20日第1刷発行)で指摘した次の内容が、個人的には最も腑に落ちます。

日本の謝罪問題についても一言言っておきたい。日本は韓国に対してすでに十分すぎるほど謝罪したし、これからも謝罪しつづけなければならないだろうが、それらは結局、無駄である。なぜなら韓国がそもそも憎んでいるのは、日本人ではなく、日本の統治に抵抗せずに従った、自分たちの祖父たちだからだ」(同P129)。

要するに、韓国にとっては(ウソでも良いから)「日本に戦って勝った」という「輝かしい歴史」が欲しいのであり、それも実際に自分たちで戦ったわけではないことを無意識で理解しているからこそ、その「偽りの歴史」を担保する手段が欲しいのではないか、という仮説が出てくる、というわけです。

日本に対し、過去の問題でグチグチと蒸し返してくる国は、地球上ではほかに北朝鮮と中国くらいしかありません。北朝鮮と中国も、「自力で日本に勝利したわけではない」という点を、おそらく無意識に、深く理解しているのではないでしょうか。

ベトナムが米国に対し「ベトナム戦争での蛮行を謝罪せよ」と呼びかけているという話を聞いたことはありませんが、このあたりが、「自力で勝ったことがある国」とそうでない国の決定的な差なのかもしれません。

いずれにせよ、韓国にとっての竹島問題とは、「『日本に戦争で勝った』という『偽りの達成感』を担保する手段である」、と考えるならば、竹島問題を巡る韓国のすべての行動がすんなりと説明できてしまうように思えてならない、というわけです。

韓国の自治体で日本政府糾弾決議

ただし、「韓国が戦争で日本に勝った」という歴史的事実はありません。

だからこそ、韓国ではときどきこんなことをやる人たちが出て来ます。

韓国全州市議会、日本政府糾弾決議案を採択…「領土主権は侵害、挑発」

―――2021.06.21 16:08付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された記事によると、韓国の地方自治体の議会が21日、日本政府による竹島に対する領有権主張を糾弾する決議案を全会一致で採択した、という話題です。

中央日報の報道をもとに、この市議会の決議内容を見ておきましょう。

  • 独島は歴史的にも地理的にも明白な大韓民国固有の領土
  • 独島に対する領有権紛争は決して存在せず、外交的交渉または司法的解決の対象にもならない
  • 東京五輪の公式ホームページは、わが政府の強い抗議にもかかわらず、独島を日本領土と表記した
  • これは明白な大韓民国領土主権に対する侵害であり挑発

なんだか意味不明に舌鋒鋭い文章ですが、事実認定をおざなりにして、韓国国内でしか絶対に通用しないような理論を振りかざしたところで、正直、「はぁ、そうですか」としか反応のしようがありません。

ただ、市議会の決議文には、こんな記述も入っているのだそうです。

日本政府の独島領有権侵奪は世界の祭りの五輪の崇高な精神を黙殺して毀損した行為。今からでも誠意のある謝罪と即時是正で応えるべきだ」。

口先だけは勇ましいというのは北朝鮮や中国共産党とソックリですね。

日本政府も国際五輪委(IOC)も、韓国側から出ているこの手の要求にすでにゼロ回答で応じてしまっています。日本政府が「誠意ある謝罪と即時是正」とやらに応じる可能性はゼロでしょう。

ただし、見たところ、今回の決議案とやらには「五輪ボイコット」を韓国政府に促す宣言が含まれてません。残念ですが。

というよりも、現時点だと韓国が五輪ボイコットというのも非現実的でしょうから(『「韓国が五輪代表団を確定」…言行不一致の極みでは?』等参照)、もはや焦点は、五輪後の日韓関係が今よりもさらに悪いものとなってしまわないかどうかについて、真剣に楽し憂慮するかどうか、といったところではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 新宿会計士 より:

    1. 迷王星 より:

      情報有難うございます。早速、読みましたが、相変わらず明快で読みやすく洞察に富んだ対韓分析ですね。

    2. G より:

      読みました。
      今回の鈴置さんの文章はかなりぶっ飛んでますね。
      ここまで書いたら流石に韓国も反応あるんじゃないかなと。それを狙って鈴置さんも文章書いてる感じがします。

      突然、金正恩がオリンピック来日… 思いつきませんでした。ただ、食糧にも困る状況ですから、そういうウルトラCで状況逆転を狙う。あるやも知れません。もし、韓国を完全に除外できるのであれば日本も乗るかも知れません。その後の展開までは想像できませんが・・

    3. チキンサラダ より:

      来ましたね!
      今回も勉強になるところが満載です。
      ただ、今回は短めなのが少し悲しいですね。

  2. 迷王星 より:

    日本としては取り敢えずは、件の日本地図での竹島を元のサイズ(拡大せずとも見えるサイズ)に戻すのが宜しいのでは?

    そうして差し上げれば、韓国側にとっては渡りに船とばかりに五輪ボイコットを決断する千載一遇の切っ掛けになると思いますよ。

  3. マスオ より:

    せめて地方から(ボイコットの)声を上げてくれればよかったのですけどね。
    残念です。

    日本には、韓国と165の姉妹都市の提携があるようですが、もういいかげん敵国認定されていると気付いて、提携を解消するべきではないでしょうか。

    惰性で続けているのか、意識的に続けているのか、もし視察等で税金を入れているとすれば、なおさらですね。

    ・データ 一般財団法人自治体国際化協会
    http://www.clair.or.jp/j/exchange/shimai/countries/
    姉妹提携データより

    1. より:

      とても”曇った”見方であることを先にお断りしておきます。

      コロナ禍以前の話ですが、地元の空港に国際空港という”ステータス”が欲しいというだけの理由で、補助金をたんまり出し、さらには県庁職員に利用を”奨励”するだなんて真似をしていた県もありました。それと同様に、「これからは国際化の時代だ」という根拠のない煽りを真に受け、「お、おらが町も国際化とやらに向かわねばならねぇだ」と狼狽えたはいいけど、特に伝手があるわけでもなく、然るべき由来もないような市町村が、手っ取り早く隣国のテキトーな都市と姉妹都市提携を結び、「これでおらが町も立派に国際化に対応しただ」と胸を張っているのではないかと。な~に、姉妹都市提携ならば、空港への補助金に較べれば安上がりですし。おそらく9割以上はそんなもんでしょう。すぐさま解消すべきですね。

      (*) 嘘の方言を使っているのには、特に他意はありません。

      1. マスオ より:

        すみません、方言に笑っちゃいましたw

        なるほど、そんな経緯があるんですね。
        もう時代に沿わないと思うし、となればすぐにでも解消してほしいですね。

    2. POPNPON より:

      マスオ様

      少々古いニュースですが、DHCの会長の嫌韓発言に抗議して、高知県南国市等が、災害発生時に栄養剤などをDHCから供給してもらう包括連携協定を破棄する例もありましたね。

      https://news.yahoo.co.jp/articles/3e9c8944fddce00f930a2d97401ed40b7f1592cc

      抗議するのは自由かと思いますが、市民の安全確保を阻害する契約破棄には疑問があります、そこまでやるかと。。

      ちなみに私は安くて品質の良いDHCの各サプリメントを愛用しています。今日もamazonプライム祭りで、DHC商品をたくさん買いました。

      1. マスオ より:

        POPNPON様、レスどうもです。

        さいたま市も、ふるさと納税の返礼品からDHCを除外しましたね。
        ・さいたま市、ふるさと納税の返礼品からDHC製品外す(東京新聞)
        https://www.tokyo-np.co.jp/article/106544

        何でしょうね。日本人が日本の主張をするとヘイト認定される世の中って。
        逆に国際法違反の言いたい放題の件は何も触れず。。。orz

        私もDHC商品応援してます。安くていい商品だと思います。

        1. 某都民 より:

          >何でしょうね。日本人が日本の主張をするとヘイト認定される世の中って。

          これって言論の自由に反するのではないかと思いますが、違うのでしょうかね。
          いずれにせよ、そんな左翼なさいたま市に、1円たりともふるさと納税する気にもなりません。別に大した特産品もあるわけでないのに(笑)

  4. チキンサラダ より:

    ルトワック氏のこの名言は、ぜひ何度でも繰り返し引用して、日本人の大半が丸暗記するくらいまで広めたいですね。そうすれば、自ずと韓国にも広まります。

    しかし、韓国は自国のアイデンティとなる場所が、白頭山といい、竹島といい、隣国との境界にある、もっといえば領有権すら怪しいものばかりですね。

    これには何か韓国らしい理由があるのでしょうね。

    伝説の白頭山の本来の位置が今の白頭山とは違うというのも、何か竹島との相似を感じますね。

    1. 世相マンボウ より:

      仰る通りです。
      ただ、有史以来
      ほぼ中国の属国の歴史の中で
      醸成されたその特性は教えてやって
      まともに変わるものではなさそうです。

      ただ、そんなおかしな特性が
      そぐわないこの日本において
      あるものは是正の必要があります。

      朝日新聞のその社旗は

      朝 鮮 の 朝 の 字 を
      白 頭 山 の 白 色 で
      旭 日 旗 モ ド キ に 染 め 抜 い た もの

      と、これまでのその社の歴史から
      認識されるのが妥当なものですが
      それならそれで少数なのに
      滑稽な多数派騙りをせず堂々と
      韓流メディアであると宣言を
      いただきたいと考えます。

  5. 徳明 より:

    基本的には自分のことしか考えない、考えられない輩の集まりですから、
    自分とは無関係な体育相の苦労に思い至ることなく、
    自分が言ってて気持ちよくなる「ボイコット」を
    無責任に言いっぱなしで終わることが容易に想像できます。
    そして、こうした放言に簡単に踊らされる向こうの有権者の浅はかさも同罪でしょう。

    今後の焦点は、ブン災害小酋長の訪日についての綱引きになると思われます。
    国と国の約束を反故にし、国際法や条約違反を放っておいている張本人が、
    なんの説明もないまま日本に入国するなんていうふざけた事態にならないように、
    日本政府および外務省には、厳しい態度で臨んでほしいと有権者の一人として切に願います。

  6. 農民 より:

    >領有権紛争は決して存在せず
    >これは明白な大韓民国領土主権に対する侵害であり挑発

    えーっと……

  7. めがねのおやじ より:

    ヤラセ記事の写真(竹島のヘリポートみたいな所で、韓国兵士が自動小銃を担いで撃つ格好をしている)全然緊張感が無いんですけど(笑)。あんな小銃如きで守り切れるはずも無し。

    遠方から艦艇の8インチ砲、30mm機関砲を撃ち込まれたら、皆さんミンチですヨ〜。200〜300人の守備隊で守れるはずも無し。日本が絶対攻めて来ないからバカにしてるんです。

    「一発なら間違いかもしれない」として、3〜4発デカイのを撃ち込めば逃げて居なくなるでしょう(笑)。

    1. 太郎 より:

      (ぼそっと)やるなら一応、憲法変えてからですよ。戦争覚悟で。

      国際紛争の解決手段としての武力は放棄していますし、この規定はこれでこのまま維持して国益になると思っています。(改憲自体は大いに結構ですが)
      警察力という言い訳は自衛隊を使った時点で、また実際そこに日本国民が住んでおらず相手は自分の領土だと主張して他国のしかも軍隊が駐留している土地なので、相当に苦しいです。

      もちろん軽口の類でしょうが、現実的には相手が居座る限り、こちらからの開戦覚悟じゃないとそれは不可能な方法ですよと無粋ながらセンシティブな軽口ですのでツッコミ失礼。

      #やるなら腹くくって、「警察官が」「職務質問」かなあ。命がけですが。やらせるわけにはいかんでしょう。政治家が自己責任で行こうとしても政府が止めるくらいで。ん?・・・今ならもしかしたら止めない可能性もあるか。(これも無責任な軽口ですね。失礼)

      1. 太郎 より:

        ↑ これ、尖閣の話ですな。さすがに竹島に(韓国経由せず)行こうとした日本の政治家はいないか。それくらい無茶か。
        うーん。実効支配

        1. ちょろんぼ より:

          太郎さま

          視察に行こうとした自民党の政治家がおりますが、韓国についた時点で
          強制送還されましたので、自民党の政治家で行った方はいないと
          思います。 他党の方は強制送還されませんから、もしかしたら
          行った事がある議員もいるかも知れません。
          だって、竹島に行ったら韓国の嘘がハッキリするでしょう?
          だからダメなんです。 
          スペインで大統領が見せられた地図を見ても、どこが竹島かわからない
          人達なんです。

          1. 太郎 より:

            韓国経由で行けばそりゃそうなりますし、それはするべきではありませんよね。

            日本から漁船などチャーターでもして直接行くことは、おそらく日本国内の法に、(また国際法にも)触れないのではないかと。
            もちろん韓国の法には触れるんでしょうが。そこで紛争ですよね。

            尖閣は日本でも立ち入り禁止の法律か条例があったみたいなこと読みましたが、竹島はどうなんでしょうね。

    2. 太郎 より:

      もちょっと素人ながら考えてみました。

      何も最初から人に向けて銃弾を打ち込む必要もなく、やろうと思えば竹島周りの「領海」に韓国船の立ち入りを禁止すればよいのですね。
      自給自足できない島ですので、仮に備蓄があったとして10年も補給が無ければ無人島です。
      それこそ海上保安庁だけじゃなく自衛隊で警備して問題ない。日本の領海警備です。

      そこで仮に韓国の補給船や警察船・軍艦と揉めればそれこそ「領土紛争」です。どちらも「領土侵犯」を言い立てますわな。ここが入り口かなあ。平和が一番。

      1. ちょろんぼ より:

        太郎さま

        韓国船が竹島周辺に侵入する事を防ぐ事は難しいので
        そんな手間をかけるより、竹島周辺に機雷を撒いて、この周辺に機雷を
        撒きましたよと宣伝すればいいだけです。 そうすれば侵入できなくなります。
        竹島への補給はヘリだけになりますし、韓国に機雷撤去技術があまりないので
        効果的ですよ。(機雷撤去技術があるのは先進国、東アジアでは日本が
        一番です。)

    3. りょうちん より:

      どうでもいいですが、現在は8インチ砲は退役していますよ。
      艦船の砲熕兵器は5インチ砲にほぼ統一されており、ズムウォルト級に155mm砲が載せられたのみです。

  8. めがねのおやじ より:

    鈴置氏のデイリー新潮の出稿文、スラスラ読めました。日本、北朝鮮のストーカーですか文大統領は。もうゲームセットですよ。何しても無駄。貴方のやった事は、日韓関係を粉々にぶち壊しただけ。さすが組合弁護士出身、イカれた頭で、「日本には恨み半万年!」と突進したんですね。

    噂によると、英語もほとんど話せないようで(失笑)。監獄行きか海外逃亡かは知りませんが、二度とソウルのシャバの空気は吸えないでしょう。

    もう遅いけど、金正恩総書記を東京五輪に呼んで、日米と和解劇を繰り広げる。そのプロデューサーが韓国(笑)?コレが「ノーベル賞級の実績」、無理無理!まず、アンタが五輪に招待されないと思うわ。次期大統領はどうせ反日か用日でしょ?菅総理はムスッとしたまま、今迄通り、どんな新大統領でも「韓国が考えよ」は変わらない。態度不変と思います。

  9. 名無しさん より:

    どこら辺りからタガが外れたのでしょう? 何となくですが韓国政府、韓国マスコミ、韓国の「市民団体」の言葉がもはや日本人には理解不能レベルになって来た気がします。先ず日本側の言葉を認めずに歪曲、更に問題自体の意図したか無自覚か歪曲、最後の決め手は邪悪な悪罵と身勝手すぎるあからさまな物言い。
    見苦しく、愚かしく、必死でウソばかり騒がしく撒き散らして決して自己を直視しない。大手のれっきとしたマスコミが不思議なぐらい「日王」呼びに固執する事一つとってもそれは言えるのですが。兎に角言葉が通じない。

  10. 世相マンボウ より:

    まあ町でも、任侠道からは外れた
    ただのチンピラやくざさんの場合は
    すごい剣幕でインネン付けてはきても
    それが通らずみっともないと気づいた場合
    しれっとこっそり引っ込めて 
    でも次の機会を狙うものです。

    価値観を共有するもっと大切な国でもなく
    ほかのまともな国と違った態度で頑張る韓国さんや
    そのお仲間の日本の韓流方面には
    そうした対応が適切でしっくりくる
    ものなんだなあとあらためて感じます。

    1. 常識ある匿名 より:

      世相マンボウさま
      日本で暴れまくっているやくざのカシラはほとんど在日だそうですよ。
      暴対法(文在寅ご一統が考えるような下品な法律ですが)に外国人構成員は居住権を剥奪し強制送還するという条文がないのが不思議です。どうせその筋のロビー活動の結果でしょうがね。

  11. 匿名 より:

    韓国の反日団体が韓国選手団の出国を妨害してくれないかな?
    正直来ないでほしい。

    1. 匿名 より:

      本当にみんな来なくてよろしい。シッシッ!

  12. だんな より:

    日本を糾弾して来る韓国自治体と姉妹都市になってる日本の都市は、姉妹都市解消を含めて行動すべきだと思います。
    黙っている事は、受け入れている事と同じ事。

    1. より:

      上の方でマスオ様が提示してくれた資料によると、以下のような姉妹都市提携がなされていますね。

      全州市 – 金沢市
      昌原市 – 姫路市、呉市、山口市

      さあ、市民の皆さん、市役所に抗議の声を届けましょう。

      それにしても、リストを見ると、本当に「何で?」というものばかりで、私が上の方で冗談半分に書いた「事情」は、案外本当にそんなもんだったのかもしれません(苦笑)

      1. 匿名 より:

        ダメです、視察・交際接待名目で旅行に行けなくなっちゃいます。 秘書課。

  13. めたぼーん より:

    地方政府が超上目線で日本政府に何かを要求か。それも何の占拠している根拠も占めさず、感情フルスロットル。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。