「前夜祭疑惑」は検察によるメディアリークなのか

相変わらずの「桜を見る会」追及です。捜査中という事もあり、本件について予断をもって述べることは適切ではありませんが、連日の「前夜祭」報道を見ていてふと感じたのが、「検察によるメディアリーク」の可能性です。

本稿は、ちょっとしたメモです。

ここ数日、安倍総理の「桜を見る会」の前夜祭に関する話題がメディアを賑わしていますが、正直、使い古された手を見ている気がします。「もりかけ問題」と同じく、情報を小出しにすることで、連日のように「怪しい」、「怪しい」と大騒ぎするというあの手法です。

「事件」の概要は、例年、安倍総理が主催していた「桜を見る会」の前夜に、安倍総理の個人的な支持者らを集めた「前夜祭」が行われていたところ、この「前夜祭」に安倍総理の事務所が5年間で合計800万円超を負担していた「疑い」がある、というものです。

もしこれが事実であり、政治資金規正法違反などとして立件され、有罪が確定したら、とんでもない話であることは確かでしょう。とくに内閣総理大臣という地位にあった安倍総理は、資金管理には非常に慎重であるべきでした。

ただ、そもそも、『「桜を見る会」で各社が一斉に同じ内容報じる不自然さ』でも紹介したとおり、主要メディアがほぼいっせいに、「関係者による調査の結果」として、ほとんど同じような内容のことを報じている時点で、これが検察当局による情報リークである証拠でしょう。

「桜を見る会」で各社が一斉に同じ内容報じる不自然さ

あるいは『「やっぱり安倍は怪しい」?うさん臭さ漂うリーク記事』でも紹介したとおり、安倍総理の事務所が費用を補填していたとしても、さすがに「5年間で800万円」という金額は、非常に不自然(というか中途半端)です。

安倍総理くらいの人物であれば、そんなはしたカネを使わなくても、衆議院議員として十分に当選できてしまうでしょうから、「有権者を買収するために、5年間で800万円超を支出していた」というストーリーが成り立つかは微妙と言わざるを得ません。

もちろん、次のようなストーリーは成り立つと思います。

安倍総理の事務所が見込み違いで1人5000円の料理を800人分発注してしまったが、実際には600人しか集まらなかった。ホテルからは800人分の費用(400万円)の支払を求められたが、客からは600人分(300万円)しか集まらず、やむなく100万円を事務所が負担した

本来であれば、このようなことがないように仕切るのが事務所の役割なのだと思いますが、行き違いでこのようになってしまったという可能性は否定できません。もしこれが真相だとしたら、総理大臣の個人事務所として仕事がずさん過ぎる気がしますが、それと同時に政治資金規正法違反が成立するかは微妙です。

そこで、検察側が情報をわざと小出しにリークすることで世論を喚起し、「安倍は有罪」という雰囲気を作ろうとしている、あるいは何らかの政治的意図を持って「安倍政権(とその後継政権である菅政権)は怪しい」という空気を作ろうとしている、というのが、もっとも可能性が高いところではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    検察とマスコミは、日本を韓国みたいにしたいんでしょうね。

    1. はにわファクトリー より:

      匿名さま

      その仮説を当方も支持します。

      あと、アメリカのような「デモクラシー先進国」のようにしたいとも意図しているのかも知れません。アメリカは戻ってきたとの発言が次期大統領候補からあったそうですが、アメリカが戻ってくるなら、そら逃げろ。と当方は警戒心満点でなりません。

    2. 匿名 より:

      検察とマスコミは懲りずに賭け麻雀に同席してるんでしょうね

      レート下げれば捕まらないそうですから

  2. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、朝日新聞と違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     本日の朝日新聞に、津田大介氏の論評を集めたページで、「文春前編集長が、「朝日新聞は、ファクトよりオピニオンに軸を移していて、そのオピニオンも懐メロである」と書いていた」と、書いてありました。もちろん、懐メロと一口に言っても、老若男女に受け入れられる懐メロから、特定の人にしか受けずに、若者に相手にされない懐メロまであります。(ここからは個人的な見解ですが)朝日新聞の懐メロは、(「朝日新聞は総理の任期を決めることができる」、「朝日新聞が報道したことが事実になる」という既得権を信じて、その朝日新聞と一体化している)朝日の中年会社員や朝日新聞OBしか受けつけない懐メロではないでしょうか。その懐メロのために、「桜を見る会」や「モリカケ問題」を繰り返しているのではないでしょうか。(朝日新聞内部の中には、今後の保険をかけるために、本日の記事を黙認した人がいたのでは、ないでしょうか)
     蛇足ですが、新型コロナのなか、もし、野党が今回の『前夜祭疑惑』ネタに飛びついたら、野党の政党支持率はどうなるのでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       もし野党が「新型コロナ不況をほっといて、前夜祭疑惑だけをやっている」と批判されたら、苦し紛れにベーシックインカムに(何の考えなしに)飛びつくかもしれません。もちろん、財源のことは考えていませんし、もしかしたら、ベーシックインカムの意味自体、分かっていないのかもしれませんが。
       駄文にて失礼しました。

  3. 引っ掛かったオタク より:

    員数読み違い説に1票デス
    どうも件の秘書氏は事務所では長い方らしいと報じらていますが、
    「足らんより余る方が…」的発想の持ち主で…
    しかしながらだとするとひとつ疑問は、秘書が払った代金の原資は?
    ですかねえ
    政治家さんの事務所の金銭出納がどうなっているのかまったくわかりませんが、毎年そんな額の使途不明が出てるとは考えにくいのですが??
    秘書自身が後援団体なりの出で足らずはそっちで埋めた、とか???

  4. 匿名29号 より:

    庶民の感覚としては、そんなこと どうでも いいがな。
    マスコミも野党も、もっと建設的なことに労をさくべきと ちゃうんかいな。今の日本はそんなに平和なんかい ?

  5. 名前はまだない より:

    捜査中であり、事実関係はわかりませんが、補填したことはどうやら事実のようですね。それが安倍前総理の逮捕、有罪にいたるかは今はわからないですね。
    皆様は「アゴラ」という言論サイトをご存知でしょうか?いわゆる右も左も入り混じって評論が載っています。この中で新田哲史氏の「桜の再燃、実現は官邸のシナリオ通り?」という論評が現実味があるかなと思います。
    検察のリークから秘書の安倍前総理への虚偽報告(補填はない。この報告をもとに国会で答弁した)という筋書きで、それで検索も官邸も終わらせてようとしている、と。
    アゴラには他の人の論評もあり安倍前総理は終わりと書いているのもありますが、この新田氏が妥当かと私は思います。
    まあ安倍前総理には再登板とは言わずともまだまだ活躍して欲しいとう願望もあって安倍前総理がこれで終わりになって欲しくないから縋っているのですが。
    総理である中、細かい資金まで把握できなかったでしょう、とも思うなか、なんとか安倍前総理には踏みとどまって欲しいと思ってます。

    1. 匿名 より:

      すみません、論評のタイトルは「桜の再燃、実は官邸のシナリオ通り?」でした。

    2. 農民 より:

      >他の人の論評もあり安倍前総理は終わりと書いているのも
       郷原信郎氏の投稿ですかね。新田氏の論評内でも触れられていますが、「政治資金や公選法の捜査を手がけてきた郷原氏の見識は信頼している」としつつも「将棋の盤面解説という趣向は正直面食らっているが~」とあるように、正直、将棋の例えと論理展開はかなりヒドイです。
       単に自分が言いたい事や状況の認識を駒に見立てたというだけで、無意味好き勝手に王(安倍)を飛車角の筋に置いて「困ったヨー」「詰んでるのに投了しない往生際の悪さ!」とさせてるだけ。なぜそこにその駒があるかなどを完全無視していて、例えとする意味が全く無い。そしてすさまじく冗長。例えのせいで単に説明が倍になってしまっている。もう例えない方がマシ。結論として「菅もダメ」というのも論理性に欠けてベクトルを感じます。

       どうも郷原氏のこれまでを見ると「セイギノミカタ」というか、(彼の中の)正義を頑として貫き通す御仁であるようで、TBSやら小沢一郎やらにもかたっぱしから噛みついているので、青木理などと仕事してはいても、単なる民主党派やアベガーではないようなのですが。検事+弁護士の来歴があるにしても、彼の「悪は滅ぶ!アベ終わり!」はかなり願望が勝っているので、本件ではあまりアテには……
       新田氏の結びのように、反アベ界隈のぬか喜びが濃厚かなと。

  6. まる より:

    菅・二階による、影響力の大きい安倍前首相を引きずり落とすためのクーデター説はいかがでしょうか

    1. 匿名 より:

      両氏のメリットが今一つピンときません。

      菅氏は継続内閣を自任してますから、安倍氏が罪に問われればダメージあるでしょう。
      今時、首相が権力を独り占めしても、大していいことありません。
      改革進めるなら外野の安倍氏健在がプラスだと判断するでしょう。

      二階氏にしても、安倍氏が罪に問われれば自民党にダメージになり、選挙は苦しいでしょう。
      幹事長としての責任は問われます。二階派が勝ちやすくなるわけでもなく。
      ただ、二階氏の場合は安倍氏が勝手にコケるのは傍観してるかもしれませんが。

  7. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    一人会費5,000円だが、もっと高い料理だ?5年間で800万円事務所か払った?

    あのね、天下の7年8か月総理総裁やられた方ですよ!ハナシが小さすぎるわ。億単位、いや数十億円単位でも見逃した議員もいたでしょう。

    参加人数を間違えたのもあり得る。それに今年じゃなく昨年以前の件でしょ?私としたら、別にどうでもいいです。マスコミ使って、姑息な手を使うな。

    検察はそれよりも野党の連中、洗って下さい。日本共産党が何故未だウロチョロ徘徊、跋扈しているんですか?立憲民主党は反日ですよ。

    スグに逮捕、拘束しなさい。叩けば埃の出る奴らばかりだ。

  8. みったぁ より:

    なんか早速撤退戦を始めたように感じたのですが、どうでしょう?
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e40548e58a8c3b416cc878f330a811c4f42d355
    本来は\7,800~\8,300のところを会費としてはキリのいい\5,000に丸めて差額は黙っててこちらで負担してました。
    う~ん、特捜部が出張る案件にしてはショボ過ぎる…
    野党の皆さんはそんな太っ腹なことしない(出来ない?)から、ブーメランにならない希少な例かも。

    ところで裏は取れていませんが、いまの林検事総長って席取りに敗退したものの、前任の黒川さんが賭麻雀で討ち取られたために就任していますが、マスコミに良く喋る人と言われていませんでしたっけ。

    1. ad より:

      リークする側もそれを頂く側も常態化しすぎて感覚鈍ってますね
      もう情報垂れ流し状態じゃないですかこれ

  9. 匿名 より:

    法律関係を割と扱ってる某所では利益供与としては弱いのであくまで記載の問題としてやるだろうとの事だったな
    そして次に一々安倍さんに報告してるかどうかの問題があって

  10. ぷー より:

    これ、◯◯社から何億円のリベートを受け取りました!と比べて規模が小さすぎて、他のことそっちのけで追及する必要があるの、今?と言うのが率直な感想。

  11. だいごろう より:

    政治資金規正法のどの条項に引っかかるのか素人なりに調べてみました。

    素人目には第十二条第1項第二号(支出の報告)と同第2項(支出報告書の添付書類)に違反しているように見えます。

    罰則としては第二十五条第1項第二号(報告内容の記載漏れ)と同第2項(監督責任)が該当しそうです。

    事務所が800万円を支払っていたことが事実で有るならば政治資金規正法には違反しているように思います。
    ただ、政治資金規正法について議論する限り、新宿会計士様が仰るような「有権者を買収しようとしていたか否か」は論点にならないのではないでしょうか。
    よくある「事務手続き上のミスですごめんなさい」で終わりそうですね。

    買収については公職選挙法の第二百二十一条第1項第一号の罰則に引っかかるかもしれませんが、「当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて」をどう証明するのかはよく分かりません。
    判例等に詳しい方がいたら教えて頂きたいです。

    【政治資金規正法】
    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=323AC1000000194

    【公職選挙法】
    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=325AC1000000100#Mp-At_30

    1. だいごろう より:

      ↓の記事で紹介されていた朝日の報道で端的に解説されてましたね。
      失礼致しました。

      https://shinjukuacc.com/20201127-01/

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。