「韓国は在外公館の不可侵に敏感」、ギャグですか?

外交に関するウィーン条約というものがあります。これは、外国公館(大使館や領事館など)の前で大騒ぎしたり、その国を侮辱する行為をしたりしないようにしなければならない、という万国共通のルールですが、これを公然と破っている国が、韓国です。その韓国で、「韓国政府は在外公館の不可侵に敏感だ」という発言が出てきたようです。思わず呆れてしまいますね。

日本は韓国から大使館撤収?

当ウェブサイトの「読者投稿」欄に、在韓日本人ならではの論考を投稿し続けてくださったのが、「韓国在住日本人」様というハンドルネームのコメント主様でした。

ただし、『【読者投稿】「韓国在住日本人」に「元」がつくまで』でも報告したとおり、このコメント主様の現在のハンドルネームには「元」がついています。先日、ネコちゃんと一緒に無事に帰国されたからです。

写真1 ネコちゃん

(【出所】元韓国在住日本人様の投稿。以下同様)

いずれにせよ、無事のご帰国をお慶び申し上げたいと思う次第です。

さて、その韓国在住日本人様の韓国在住者としての「最後の投稿」が、『【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」』です。

このなかで、韓国の首都・ソウルの旧日本大使館前の公道上に、相変わらずポツンと慰安婦像が建っている様子が確認できます(写真2写真3)。

写真2 慰安婦像(正面から)

写真3 慰安婦像(後ろから)

ただ、この慰安婦像が睨み付けている敷地をよく見てみると、囲いがしてあって、その先には何も建物がありません(日本大使館は現在、隣接する建物に仮住まいしています)。

その理由は、現在、ソウルの日本大使館が建替え工事のために解体撤去を済ませたものの、依然として工事に取り掛かれていないからです。昨年の『朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか』などでも触れたとおり、事実上、日本政府は大使館新築計画を放棄したとの報道もあります。

当時の韓国メディアの報道によれば、日本大使館の建物自体は2016年にすでに撤去され、また、2015年の時点で大使館の建築許可が出ていたものの、着工がなされておらず、最終的には2019年4月ごろにいったん建築許可が失効してしまった、というものです。

本件についてはその後、続報がほとんどなく、また、元韓国在住日本人様の今年6月時点の写真でも着工の様子が確認できないため、現時点においては「日本政府はソウルの大使館新築を放棄してしまった」と見られてもしかたがない状態が続いているのです。

(※個人的にはソウルの日本大使館はもう撤収し、北京の在中日本大使館と兼館にすれば良いと思いますが…。)

大使館の尊厳を侵害する国

ではなぜ、日本政府は大使館の新築を「放棄」(?)してしまっているのでしょうか。

これについては外務省のウェブサイトなどを見ても、明確な説明は見当たりません。ただ、ひとつのヒントがあるとすれば、1961年に成立した「外交に関するウィーン条約」です。

これは、「外交使節団」が「その国を代表し、相手国との友好関係の発展に貢献する」という任務を果たすうえで、古くから国際慣習法などで成立してきたルールなどを、改めて明文化したものと位置付けられています(「外交使節団」とは、要するに、大使や領事などのことだと考えればよいでしょう)。

この条約は全部で53条に及ぶ長文ですが、そのなかでも大使館や領事館などの「外国公館」に関する規定が、第22条に設けられています。

Article22 of Vienna Convention on Diplomatic Relations, 1961
  1. The premises of the mission shall be inviolable. The agents of the receiving State may not enter them, except with the consent of the head of the mission.
  2. The receiving State is under a special duty to take all appropriate steps to protect the premises of the mission against any intrusion or damage and to prevent any disturbance of the peace of the mission or impairment of its dignity.
  3. The premises of the mission, their furnishings and other property thereon and the means of transport of the mission shall be immune from search, requisition, attachment or execution.

(【出所】国連ウェブサイト “Vienna Convention on Diplomatic Relations, 1961”)

外交関係に関するウィーン条約 第22条
  1. 使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない。
  2. 接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。
  3. 使節団の公館、公館内にある用具類その他の財産及び使節団の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。

(【出所】外務省ウェブサイト『外交関係に関するウィーン条約』)

この条約、難しいことばで書かれていますが、早い話が「外国公館に無断侵入させるなよ」、「外国公館を侮辱するな、外国公館前で大騒ぎするな」、「外国公館には強制執行をするな」、と述べているのであり、これは万国に共通する外交の原則なのです。

外交に関するウィーン条約は「接受国に」義務を課す

そして、この条約の重要な点は、その「主語」にあります。

たとえば、第22条第2項には「接受国(the receiving State)」という用語がありますが、これはもちろん、その外国公館を受け入れている国、という意味です。ソウルの日本大使館の場合、公館の安寧の妨害または威厳の侵害を防止するための措置を取る特別な責務は、韓国政府に課せられています。

それなのに、日本を公然と侮辱する慰安婦像のような建造物が、日本が東日本大震災の後遺症に苦しむ2011年12月に突如として設置され、さらに2016年12月には釜山の日本総領事館前にも同じような像が設置されたことは、韓国自身がウィーン条約を踏みにじっていることとまったく同じです。

このような観点から、当ウェブサイトでは、韓国には「外国公館の尊厳」を守る意思がないと考えていますし、外国の韓国大使館や韓国領事館に、「サウス・コリアン・プロスティテュート像」なるものが設置されたとしても、彼らには文句を言う権利はないはずです。

(※もちろん、日本の場合は法治国家ですので、韓国と同じレベルの国際法違反かつ下品な行為をすべきではありませんが…。)

外国公館の尊厳を侵害する国が「在外公館の不可侵に敏感」

さて、当ウェブサイトでは先日、『NZセクハラ事件:被害者に寄り添わない加害者・韓国』で、韓国の外交官の性犯罪疑惑について取り上げました。

これは、2017年にニュージーランドの韓国大使館で勤務していた男が「セクハラ事件」を起こし、その後、韓国政府はこの者を直ちに異動させた、などとする事件ですが、同国のジャシンダ・アーダーン首相が文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領との電話会談で問題提起したことで、注目が集まったものです。

韓国政府はこの容疑者をニュージーランドに引き渡していません。それどころか、康京和(こう・きょうわ)外交部長官に至っては、国会で「他国に外交部長官が謝罪するのは国家の品格の問題。今この場で謝罪することはできない」などと述べ、謝罪すら拒否したのです。

呆れて物も言えませんね。

これに関連し、韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に今朝、こんな記事が出ていました。

「NZに謝罪しない康京和外相、文政権の自己矛盾を示している」

―――2020/08/28 07:09付 朝鮮日報日本語版より

(※朝鮮日報の記事は数日経過すると読めなくなるようですので、原文を確認しようと思う方は、早めにどうぞ。)

朝鮮日報によると、この康京和氏の発言に対し、韓国国内でも「批判する声が高まっている」などとしているのですが、この記事の中で理解に苦しむのが、次の記述です。

ある元外交官は『在外公館の不可侵にこれほど敏感な政府が(公館同様の)開城南北共同連絡事務所爆破時はなぜ何の行動も取らなかったのか、理解できない』と言った。

…「在外公館の不可侵に敏感な韓国政府」???

ソウルと釜山にある日本公館に対しては、公然と侮辱する奇妙な像の設置を許すだけでなく、公館敷地内でデモ行動が発生したり、大使館付近で車両を炎上させる事件が発生したりするような国が、外国公館の不可侵に敏感も何もあったものではありません。

ちなみに朝鮮日報の記事によれば、与党関係者の間からは康京和氏を擁護する声も上がっているそうであり、とくに「ともに民主党」の議員はフェイスブックで、次のように主張したのだそうです。

  • (韓国外交部長官として)相手国に対する謝罪はたやすく決めるべき問題ではない
  • ニュージーランド政府が過度な要求をしていることも外交的に無礼だ
  • ニュージーランド政府は、実際には(国際司法共助)要求はせずにメディアを通して問題を提起している
  • 外交的な一線を超える部分だ

外交的に無礼な国の国会議員が、外国政府に対して「外交的に無礼」というのも、なかなか「笑えないジョーク」にしか見えないのは、気のせいでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、韓国という国が、(虚偽の)歴史問題などで「被害者だ」と騙り、日本を普段から舌鋒鋭く批判していることはたしかですが、その韓国が外国に対してはれっきとした加害者であるという事実は、看過できません。

例のセクハラ問題は、第一義的にはニュージーランドと韓国の問題ですので、本来であれば、私たち第三国の人間がなにか介入すべき話ではありませんが、それでも、虚偽の歴史問題の数々で名誉と尊厳を現在進行形で傷つけられているわが国にとっては、他人事とも思えません。

また、他国の悪口を世界に喧伝するのは、本来ならば「はしたない」話ですが、日本の場合は、「韓国がウソツキ国家である」という事実を全世界に広めなければならない理由があります。慰安婦問題が韓国などの捏造であるという事実を世界に知らせなければ、日本の名誉と尊厳の回復が図れれないからです。

ただ、今回のニュージーランドのセクハラ事件だけでなく、ラオスのダム崩壊事件、インドのスチレンガス漏洩事件などのように、放っておけば、「反省しない加害者・韓国」の実情は勝手に広まっていくのかもしれませんが…。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    日本大使館のみならず、アメリカ大使館にも不法侵入して、警察が適切な対応をせずに、司法も甘い判決していますし、なんの寝言ですかね。
    外交じゃないんですよね、内政の延長。
    国際法は、都合の悪い時は、お構い無し。
    最近の外交部の対応は、朝鮮人の価値観を理解していれば、とても分かりやすい話で、朝鮮時代はこうだったんだろうなと思わせますよね。
    話は変わりますが、「土下座する平和の少女像」を作って、私有地に置けば「表現の自由」になるんですよね。

  2. 心配性のおばさん より:

    >また、他国の悪口を世界に喧伝するのは、本来ならば「はしたない」話ですが、

    プラス日本人の性向としては、難しい。なにせ、小学生の頃から「他人を呪わば穴二つ」とか、「物言えば唇寒し秋の風」とか、その手の行動をきつく戒めることを散々言われて育っているのですもの。

    それに、日本人は綺麗好きなので、ばばちぃものには触りたくない(笑)。

    なので、セルフ報復ではありませんが、韓国自身が自らを追い込んで自滅するのを忍耐強く、待っている。待っている(笑)。

    1. 門外漢 より:

      心配性のおばさん 様へ

      >ばばちぃものには触りたくない

      大祓の祝詞によると、汚れは土地の神様が境へ持って行って川に流す。
      川の神様がそれを海に流す。
      海の神様はそれを底に沈めてしまう。
      海底の神様が最後に受け取るのだが、この神様は物忘れが酷い。どこへ仕舞ったか忘れてしまう。
      行先の分からなくなったものは、亡くなったと同じ事。めでたし、めでたし。
      と言うもので、大和民族の大らかさと良い加減さが判ります。

      つまり、汚れた物は目につかないように、手に触れないようにすることで、汚れから逃れられるという考えです。
      今風に言うと、丁寧な無視ですかねえ。

      1. 心配性のおばさん より:

        門外漢様 祝詞ですか、本当にこちらの方は博学でらっしゃる(笑)。

        半島ネタは、同じところをループしているようなところがあり、ウンザリすることもあるのですが、すぐそこの本物の脅威から一時目を休めるにはもってこいだと思いましたの(笑)。

        アメリカというバックアップを離れたら、国際社会から本来の評価が示される。それに、気付くこともなく、開き直って被害国に噛みつく。

        韓国にとって、本当の脅威はこの状況だというのにね。

      2. だいごろう より:

        門外漢さま

        非常に面白い寓話ですね。
        古代日本人なりの地質学といった感じに思えます。

  3. 匿名希望の平民 より:

    【独自】NZセクハラ被害者側「康京和外相、実に不愉快」
    被害者の代理人が本紙に電子メール「文大統領と韓国国民には謝罪したのに…私にだけしていない」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/26/2020082680004.html

     自分たちが悪いことをしたのに、被害者に謝罪しない国。醜い民族ですね。
     韓国人たちが共有する常識は、世界常識から、かけ離れています。
     この際、どんどん、韓国人の非常識を世界にアピールしていくべきだと思います。
     

  4. 七味 より:

    >在外公館の不可侵にこれほど敏感な政府
    何かのギャグなんでしょうか?

    外交施設の不可侵って、外交にかかる業務を適切に遂行するためのものに過ぎないと思うのです♪
    なのに、当の外交官をさっさと逃亡させて、その人が居なくても外交業務に影響無いことを、見せつけてる訳なのです♪

    それともセクハラは入り口事件で、それをきっかけにNZへのスパイ活動をしていたのがバレると不味いみたいな裏事情でもあったのでしょうか?

    冗談のつもりで書いてて、無いと言えないような気がしてきたのです・・・・・(੭ ᐕ))?

    1. 心配性のおばさん より:

      七味様 面白い!

      >それともセクハラは入り口事件で、それをきっかけにNZへのスパイ活動をしていたのがバレると不味いみたいな裏事情でもあったのでしょうか?

      いくら、NZがおおらかでも、ファイブアイズの一画である国が韓国のようなこそ泥的なスパイ活動を許すとは思えません(笑)。

      いや、待てよ。偽情報を与えて、監視カメラにとっていたかもしれませんね。知らぬは韓国ばかりなり(笑)。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    在ニュージーランド韓国大使館員のホモ男を、韓国の与党議員は「我々は男同士、お尻を触ることもある」(無いわッ!)。「股間を叩くのは韓国人のジョークだ」(変態?)と援護してます。

    こういうセクハラ、パワハラ、ホントにタチが悪い。やられた方が悪い、要領が悪い、気が小さい、やり返す気が無いのか、、、なんでそれがメジャー級に大きく煽られるの?被害者にまず、謝罪をせよ。

    それと性犯罪は薬物使用と同じで、再犯率が高いです。フィリピンでもやらかしますよ!(笑)ドゥテルテ大統領なら、「切れッ」って言うかも(爆笑)。

    不遜・不実の韓国大使館員なら別に構わないでしょう。それぐらいの罰を与えないと。

    日本にはやりたい放題やっといて、汚物像の撤去もしない。暴徒は日本大使館には不法に入り込む、大声で叫ぶ。

    韓国とは更に疎遠になり、行き来が今の数パーセントにまで落ちるんなら、大使館は要らない。作る必要無いです。北京で対応させるで十分。(北京もどうなるか保証は出来かねるが 笑)。

     

  6. とっつぁん より:

    >在外公館の不可侵にこれほど敏感な政府

    朝鮮日報の記事を読むと、「在外公館=在NL韓国大使館」という意味ですね。

  7. 迷王星 より:

    韓国人にとっては、自分達が世界で最も優秀な民族(つまり世界最上位者)と信じており、同時に朱子学的倫理観からの帰結として「約束や契約(法や国際条約も含め)は上位者が下位者を縛る為の道具・手段であり、それらを用いて下位者が上位者を縛ることは許されない」となるわけです。

    韓国人ならではのこれら2つの公理を組み合わせると、「韓国人(とその総体としての韓国という国家)を他の国が国際条約で縛ることは許されないが、他の国々を韓国が国際条約によって縛ったり(破った場合に)掣肘を加えることは許される」という命題が確かに導かれますからね。

    まあ公理を認めるか認めないかは個々の国家の自由なわけで、他の国々が認めない公理に基づく命題によって他国に対して要求をしても単なる身勝手や我が儘、更には某西欧国家の大統領が会談後に言ったように「あいつ頭がおかしい」と思われるだけですが、そう思われるのも韓国の自由ということで。

    こういうことを繰り返すことで韓国という国家の国際的な信用がどんどん失われるということを(韓国以外のどの国も認めないというプラグマティックな意味で)間違った公理を信奉している韓国人は認識できないのでしょう。

    それにしても井沢元彦ではありませんが、朱子学というのは恐ろしい代物ですね。冗談抜きに国家を滅ぼし得る害毒という意味で。

    しかも現在の韓国は朱子学だけでなく同様に独善的で毒性の強い共産主義もが国民多数派の信仰となってしまっているから実に”素晴らしい社会”へと一気に突っ走ってくれていますからね。

    人類史上でも恐らく稀にしか見られない壮大な社会実験が我々の眼前でリアルタイムに展開されている幸運に個人的には感謝しています。

    我が国にとって残された課題は、そういう「頭のおかしくなる」独善的な2大宗教に染まった人間、特に若者が祖国で職にあぶれ我が国に来て職を得て定住してしまい社会の危険分子と化して行く事態をどうやって排除するかです。

  8. 元韓国在住日本人 より:

     小生が慰安婦デモの横で行われている、伊美香強弾集会で韓国人に質問した事があります。その時、集会は昼の12時に初めて13時に終わるから、大使館の業務に支障はないと言った事を話していました。

     彼らは記者会見と言いながらシュプレヒコールをあげていました。

     結局、左派でも右派でも知識人でも、国際条約の内容を熟知しておらず、「昼の休憩時間なら何をしても業務に差し支えない」という、勝手な解釈でウイーン条約を理解しています。

     もし、ベトナムの韓国大使館前でベトナム国民に同様な事をされたら、自国がやっている事は棚に上げて、韓国は政府も国民も劣化の如く怒るでしょう。

     韓国人はほとんどの人が心に棚を持っており、いつでも自分を棚の上に上げています。タクシーの運転手が「詐欺をしないと、生活が苦しい」と小生に打ち明けた事があります。韓国でタクシーの運転手はかなり下の職種です。しかし、そこから這い上がろうとする努力の話はしません。韓国人は地道な努力を嫌います。従って、いつまで経ってもタクシーの運転手であり、努力をしない自分を棚に上げて、詐欺を働き続けます。

     このように心に棚を持っている人間が多いので、批判されるよりも同情を買います。便利な国だと小生は思います。無論、そのような人間には成りたくありませんが。

     駄文にて失礼します。

    1. 老害 より:

      元韓国在住日本人 さま

      >劣化の如く怒るでしょう。

      確かに「劣化」しているので、正しい表現です。(失礼しました)

  9. ケロお より:

    シンプルに「国際秩序の敵」という言葉が頭に浮かびます。そういう国ですね。

  10. 名無しのPCパーツ より:

    身内(ウリ)に甘く、他人(ナム)に厳しい。
    これで説明がつきます。

  11. 匿名 より:

    単純に ニュージーランド 頑張って で良いと思います。

  12. 匿名 より:

    誇らしい慰安婦像を韓国大使館の前に設置してなんの問題が?むしろ大使館側が率先して設置するべきでしょう。大使館に続く通りを慰安婦通りと改名し、各電柱にミニチュア慰安婦像をズラッと並べてあげるのもいいかもしれません。

    1. クロワッサン より:

      >大使館に続く通りを慰安婦通りと改名し、

      慰安婦の個人名を付けた通りで良いと思います。

      何せ、朝鮮民族にとって慰安婦は最高権威ですから、その名を首都の大通りの名前に付けても問題無いでしょうし。

  13. クロワッサン より:

    >ただ、今回のニュージーランドのセクハラ事件だけでなく、ラオスのダム崩壊事件、インドのスチレンガス漏洩事件などのように、放っておけば、「反省しない加害者・韓国」の実情は勝手に広まっていくのかもしれませんが…。

    韓国とは「反省しない加害者」ではなく「被害者面する加害者」ではないでしょうか?

    1. 迷王星 より:

      クロワッサン様
      >韓国とは「反省しない加害者」ではなく「被害者面する加害者」ではないでしょうか?

      これは実に鋭い指摘ですね。言われてなるほどと唸りました。シンシアリー氏がブログや著書で書いておられる韓国人の思考パターンや価値観を考えると確かに御指摘のように韓国人が振る舞うのは必然的なのですね。

      全てにおいて甲乙(上下)を付ける韓国人の性理学(朱子学)の考え方では被害者は甲で加害者は乙、つまり被害者は被害者であることによって加害者に対してどんな無理難題を求めても良い上位者になれる、となりますから、韓国人は常に自分こそが被害者面だと主張したがることが論理的に帰結されます。

      1. クロワッサン より:

        迷王星 さん

        ありがとうございます。

        日韓関係についても、清算済みの歴史問題を掘り起こし続ける事で、竹島への侵略行為や棄民した自国民の世話を日本に押し付けた加害者ポジションを被害者ポジションにすり替える事をしてます。

        川崎でヘイトスピーチの被害者面をしているコリアン達も、税務署員をぶっ殺したりした加害者としての側面を無視して被害者コスプレ街道爆進中ですし、ホントクズの中のクズだと思います。

        既に更新を辞めたみずきさんがちょくちょく書いてましたが、「何かにつけてするする〜っと被害者ポジションに回り込んで被害者面する」彼らに被害者コスプレイヤーという呼称はとても相応しいと思います。

  14. きたたろう より:

    >ニュージーランド政府が過度な要求をしていることも外交的に無礼だ

    これはひどい!もしかすると小さな切れ目が大きな裂け目になるかも。どこか牧歌的なイメージがあるニュージーランドですが、なめては行けません。日本の様に「曖昧さ」を許す事はないかもね。どうなっても知らないよ、って私が言う事でもないですが···

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。