鈴置論考に見る、韓国の危険な先進国意識と綱渡り外交

6月に入り、韓国では輸出管理適正化措置を巡る対日WTO提訴手続が再開したことに加え、自称元徴用工訴訟では差押資産の売却処理をにらんだ公示送達の手続を取るなど、ここにきて日本に対する敵対的な行動が再開しています。こうした状況を踏まえ、韓国観察者の鈴置高史氏が『デイリー新潮』に寄稿した最新論考をベースに、あらためて韓国の「綱渡り外交」の危うさを確認してみたいと思います。

国交断絶論

「信頼関係が崩壊したらお終い」は国も人も同じ

外交関係は人間関係と同じで、どんな国であっても、友好国として外交関係を結ぶ際に必要なのは、信頼関係です。ところが、こうした信頼関係が失われれば、どんな国であってもすれ違いが生じ、最悪の場合は国交断絶や戦争などに発展することがあります。

また、人に性格があるように、国にも性格があります。いつも約束を破ってばかりの人やいつもウソばかりついている人が信頼されないのと同様、いつも約束を破ってばかりの国やいつもウソばかりついている国とは、信頼関係に基づく友好関係など成立しません。

これは、古今東西ありとあらゆる国に当てはまる鉄則のようなものでしょうし、現代社会であっても例外ではありません。そして、あくまでも個人的な見解ですが、日韓関係は現在、まさに「信頼が壊れていく」過程にあるように思えてなりません。

いや、「信頼が壊れていく」という表現は、厳密には正しくありません。もともと「信頼すべきではない相手国」を、日本が勝手に「信頼に値する国」に位置付け、信頼して来たという点こそが、現代における日韓関係を巡る齟齬だったからです。

輸出管理適正化措置を輸出「規制」と呼ぶ国

一例を挙げましょう。

日本政府が昨年7月1日付で韓国に対する輸出管理の適正化・厳格化措置を発表してから、もうすぐ1年が経過します。日本政府がこの措置を発動した理由は簡単で、韓国の「輸出管理体制」を「信頼することができなくなったから」であり、これは政府公式発表にちゃんと書かれています。

日本政府が要求しているのは、「グループA(旧ホワイト国)」に相当するきちんとした輸出管理体制を作って運用し、実績を積むことですが、韓国政府はこれにほとんど真面目に応じようとせず、それどころか日本政府が講じた措置をいまだに「輸出『規制』」と呼び、その白紙撤回などを求め続けています。

ただ、こうした点を突き詰めていくと、そもそも韓国を「信頼に値する国」だと位置付けたこと(輸出管理の例でいえば、韓国を2004年から2019年まで「ホワイト国」に位置付けていたこと)自体が間違いだったのではないか、という点に行き当たります。

たとえば、韓国政府は以前から「①韓国は日本の輸出『規制』ではまったく困っていない」が「②韓国は今後脱日本化を進める」などしており、さらには日本に対し「③日本は速やかに輸出『規制』を撤回すべきだ」などと主張しているのですが、いろいろ支離滅裂です。

もし韓国が日本の「輸出『規制』」で困っていないのならば、「輸出『規制』」撤回を求めるというのも意味がわからない反応ですし、「脱日本化を進める」と言いたいのならば、わざわざそう宣言せずに、粛々と進めれば良いだけの話だからです。

そもそも韓国を「信頼した」のが間違い

ただ、ここをもう少し突き詰めていくと、韓国政府の支離滅裂な反応を見ている限り、私たちの国・日本と「話が通じる」という前提で韓国を一時的であれ「ホワイト国」に位置付けていたこと自体が大きく間違っていたのではないか、という仮説が浮上するのです。

いずれにせよ、私たちはこの厄介な隣国について、その行動原理をもっと研究しなければなりません。

「戦争ハンターイ」とシュプレヒコールを上げていれば戦争がなくなるわけではないのと同様、「韓国なんか無視しちゃえ!」と言っていれば、韓国が日本に対して不法行為を仕掛けて来るのをやめる、というものでもありません。

さしあたっての疑問は、韓国がしつこく日本の「輸出『規制』」撤回を求める理由です。

じつは、当ウェブサイトではすでに先月の『鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由』でも述べたとおり、「韓国が最近になって、妙な先進国意識を持つようになり、日本が韓国に対して何らかの報復をしてくるのが許せない、という気持ちにあるのではないか」という仮説を提示しています。

そして、その仮説を立てるベースとなった論考が、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が執筆した、次の論考です。

韓国は「防疫の模範」が裏目でクラスター、それでも「世界を先導」という自己暗示

韓国を新型肺炎の第2波が襲う。「世界を先導する防疫模範国」の自信は揺らぐのか。韓国観察者の鈴置高史氏が読む。<<…続きを読む>>
―――2020年5月19日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

この鈴置論考にある、次の『「先進国に昇格」で支持率上昇』という一節を読むと、こういうことが指摘されています。

鈴置:『ITの駆使』を含め、韓国の防疫法が世界でもっとも優れたものであり、世界が学んでいる――との誇りを韓国人が持つに至ったからです。/5月10日の就任3周年特別演説で、文在寅大統領が『我々は防疫で世界を先導する国になっています。K防疫は世界標準になったのです』と国民に呼びかけました。/『K防疫』という単語は『K-POP』の転用ですが、『K』とは単に『韓国独自』の意味に留まりません。韓国人にとって『自分の国が世界をリードする先進国になった』ことの象徴なのです。

古い話なので忘れてしまったという方もいらっしゃると思いますが、この「K防疫」とは、先月頃まで韓国社会で流行(?)していた単語で、「韓国のコロナ防疫法が世界で最も優れており、世界中が学んでいるものだ」という「幻想」で出てきたものです。

余談ですが、あとから読み返すと、「K防疫」を誇っていたはずの韓国で、今月に入り、徐々にコロナ新規感染者が増える傾向を見せているように見えるのは気になる点ですね。

それよりも、鈴置氏の指摘によれば、韓国は「K防疫」を通じ、「先進国意識」を持つようになったようなのです。すなわち、文在寅(ぶん・ざいいん)政権は、韓国国民が持つ「先進国というステータス」への憧れを逆手に取り、「K防疫」なる用語をでっち上げた格好ですね。

そして、こうした歪んだ「先進国意識」が転じ、日本に対して「見下す」という姿勢が出て来たのが、昨年7月以降の「ノージャパン運動」なのだ、と考えると、辻褄が合います。

(※余談ですが、当ウェブサイトに土曜日に掲載させていただいた『【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」』でも、著者である「韓国在住日本人」様が似たようなことを指摘されていましたね。)

【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」

最新鈴置論考

綱渡り外交の危なっかしさ

いずれにせよ、歪んだ先進国意識を持つのは勝手ですが、最近、私たち日本人の多くは、「それを日本に対して振り向けて来ないでほしい」、「あまり関わり合いになりたくない」、などと考えはじめているのではないでしょうか。

ただ、先日の鈴置論考については、当ウェブサイト的には「輸出管理適正化措置を輸出『規制』と呼び、その白紙撤回を求めて来るという、韓国の不思議な行動」の解明に使わせていただいたのですが、ここでもうひとつ、重要な疑問が出てきます。

それは、韓国が困るのは「対日外交」だけでなく、対米外交、対中外交などでも同じではないか、という疑問です。とくに、さまざまな大国の間で「綱渡り」をしているつもりになっている韓国外交に、盲点はないのでしょうか。

これを巡っては昨日、鈴置氏がこんな論考を発表されています。

文在寅の懲りぬ「米中二股外交」 先進国になった!と国民をおだてつつ…

文在寅(ムン・ジェイン)政権が米中二股外交に突き進む。国民は「先進国になった」とおだてられ、その危うさに気づかない。韓国観察者の鈴置高史氏が怪しげな「綱渡り」を解説する。<<…続きを読む>>
―――2020/06/08付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

まさに待望の論考です。といっても、本稿ではリンク先の全文を紹介するつもりはありません。リンク先は7000文字を超える長文ですが、いつもながらすっきりとまとまった文章であり、負担を感じることなくあっという間に読了できてしまうことは保障します。

とくに、韓国は6月2日に対日WTO提訴手続を再開し(『韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か?』等参照)、自称元徴用工問題を巡っても日本政府が国際法違反と位置付ける公示送達の手続が進みました(『日本企業の在韓資産売却がいまだ実現しないのはなぜか』等参照)。

今回の鈴置論考、タイミング的に、思わず「待ってました!」と叫んでしまったほどです。

WTO提訴は「かなりの悪手」

少しだけ論考を紹介しましょう。

気になっている論点のうちのひとつである対日WTO提訴について、鈴置氏は「かなりの悪手」としたうえで、次の点を列挙します。

  • WTOに提訴し、紛争解決のためのパネルの設置に成功しても、負ける可能性が高い
  • そもそも輸出管理は日本政府の権限であって、外国政府が口出しできる問題ではない
  • 審理には平均で2年かかるうえ、上級委員会は機能不全に陥っている
  • 日本としても、このまま放っておいて何の損害もないため、韓国には譲歩しないだろう

…。

明快な答えですね。

そして、『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)を破棄するというカードは米国の強い反対により取り出すことすらできない状況であり、韓国はこの問題で手詰まり、というわけです。

自称元徴用工問題は「内輪もめ」も

韓国が抱えている問題は、これだけではありません。

自称元徴用工問題を巡り、韓国の裁判所は今月、原告側が差し押さえている日本製鉄の在韓資産(PNR社の株式約19万4000株)の現金化に向けた公示送達の手続をとりましたが、これについて鈴置氏は、次のように述べています。

――現金化は進みますか?
鈴置:敢えて進めない可能性が高い。訴訟を担当した弁護団の真の狙いは、日本の政府や企業にカネを出させ『徴用工財団』を作って原告以外の自称・元徴用工にも賠償金を配ることにあると見られています。

このあたり、鈴置氏が指摘する、「現金化は財団づくりのための脅しの手段に過ぎない」とする見解は、当ウェブサイト風にいえば「瀬戸際外交」のようなものでしょう。ところが、鈴置氏のすごいところは、さらに一歩進んで、

原告と弁護団の間で内輪もめが起こるかもしれない

と指摘していることです。

自称元慰安婦の支援団体である「(旧)挺対協」の尹美香(いん・びこう)元代表(※6月から国会議員に就任)が資金使い込みで「内輪もめ」しているのを思い出しますね。

日本側から「対韓譲歩」という「エサ」が与えられなくなった瞬間、内輪もめをし始めるのは、まさに彼らのカルチャーのようなものなのかもしれません。

放っておいてよいのか、放置してはならないのか

以上のように、韓国の現状に関し、スパスパと斬っていく鈴置論考の小気味よさは、実際に文章を読んで味わっていただきたいと思います。

それより、ここでは個人的に以前から感じている疑問を巡って、この鈴置論考をベースに少し考察しておきたいと思います。

当ウェブサイトでは以前の『日韓関係を「自然消滅」させるというアイデア』で、日本政府が現在の日韓関係を巡り、関係改善を急がず、韓国の瀬戸際外交を積極的に放置しているフシがあるとしたうえで、「安倍政権は日韓関係の自然消滅を狙っているのではないか」と申し上げました。

ただ、それと同時に『米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由』でも述べたとおり、今後、米中対立が深刻化するとみられる点に加え、米国で政権交代のリスクもあるため、あまり長い間、日韓関係を放置するわけにもいかない、という事情を説明しました。

はたして、日韓関係は、放置して良いのか、良くないのか。

結論的にいえば、「放置できる局面」では積極的に放置し、「放置できない局面」が到来しそうになったときに備え、いつでも「次のステップ」に行けるよう準備を進めておく(たとえば対韓経済制裁パッケージを準備しておく)ことが必要だ、という、非常に苦しい答えにならざるを得ないのです。

これについて考えるまえに、以前から当ウェブサイトで使用している「3つの落としどころ」という類型をベースに考えてみましょう。

日韓関係の3つの「落としどころ」
  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

まず、①についてはそもそも期待できませんし、国際社会において「相手を変えさせる」ということは不可能に近いと考えた方が良いでしょう(※余談ですが、それが「できる」と盛大に勘違いしている国のひとつが米国なのだと思います)。

次に、②については、日本が韓国に対し、少なくとも、自称元徴用工問題では1ミリたりとも譲歩してはならないことは間違いありません。この点、鈴置氏は次のように指摘しています。

鈴置:韓国最高裁の判決は日本に仕掛けた罠です。慰謝料を支払えとの根拠は『不当な植民地支配に対する精神的苦痛』。『給料を支払っていないから』ではないのです。ここを勘違いしている人が日本にも韓国にも実に多い。

韓国だけではありません。『待っていました』と出てくるのが北朝鮮です。北朝鮮は国連制裁で外貨獲得の道を閉ざされている。日本と国交正常化して賠償金を取り立てる作戦も、日本人拉致の発覚や核・ミサイル開発で頓挫した。しかし、個人の慰謝料という形でなら日本からカネを取り立てられると皮算用していることでしょう。

じつに邪悪ですね。

たんに韓国に対し、譲歩してはならないだけでなく、むしろこうした韓国の仕掛けてくる「罠」は積極的に見破って行かなければならないという意味では、じつに厄介な相手でもあるのです。

米中二股外交宣言、でもこれって米国が悪いのでは…?

そして、こうした厄介な綱渡り外交の相手となるのは、日本だけではありません。

ここにきてリスク要因のひとつとなっているのが、トランプ政権です。

――トランプ(Donald Trump)大統領が文在寅大統領をG7に招いたのも……。
鈴置:懐柔作戦の一環です。韓国人がのどから手が出るほど欲しがっている『先進国』の称号を与える。その代わりに中国包囲網に加われ。ことにシステム半導体を華為に売ってはいかんぞ――と言い渡す構図です。

ドナルド・J・トランプ米大統領が韓国を秋のG7に招いたという話題ですが、これについて鈴置氏は「G7に参加して先進国の称号を得たうえで、華為とも取引する」という、いわゆる「二股外交」で応じるだろう、と予想します。

まったくそのとおりだと思います。

二股外交や食い逃げ外交は韓国にとっての十八番(おはこ)です。正直、このあたりは読んでいて、「韓国なんかを味方に引き込もうとするトランプ政権の自業自得ではないか」という気がしてなりません。

そして、韓国はこれからも懲りずに米中二股外交を続けるでしょうし、何だかんだで経済成長を続けるような気がしてなりません。鈴置論考は、こう締めくくられています。

「(経済成長に失敗すると)また自信を失い、精神が不安定になるでしょう。恨みのこもったまなざしでこっちを見ながら『先進国になれないのは日本が邪魔をしているからだ』などと言い出しかねないのです。仮にも、経済成長を続けることに成功すれば、日本を上から目線で罵倒したり、無理難題を吹っ掛けてくるでしょう。/どちらに転んでも韓国は厄介の素です。日本にとっては困ったことですが、これが現実です。

リスク管理しかない

ただ、鈴置論考はここで終わっているのですが、それと同時に非常に重要な点を指摘しています。

  • 韓国が経済発展すれば無理難題を吹っ掛けてくる。
  • 韓国が経済発展に失敗すれば逆恨みしてくる。

どのみち韓国が日本に敵意を向けるならば、無理難題を仕掛けてこないような環境を作っていくしかないでしょう。つまり、韓国には貧しいままでいてもらいながら、極力日本と関わらないようにしてもらうのが正解です。

つまり、先ほどの①~③でいう「③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する」というシナリオしかあり得ないのならば、日本としては交戦状態などの最悪の事態をうまく避けつつ、日韓関係を軟着陸させるしかありません。

このように考えていくと、武漢コロナ禍を契機に日韓両国が相互入国規制措置を講じている状況は、あながち悪いものとは言い切れません。疫病を理由とした入国制限が続けば、産業界もサプライチェーンの組み替えをせざるを得なくなるからです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

とても当たり前の話ですが、私たち日本人としては結局のところ、「国益」を基調に動いていくより方法はありません。日本のために日本の国益を最大化してくれるという物好きな国は、地球上には存在しないからです。

いや、それどころか、米国、中国、ロシアも含めて、地球上にはあわよくば自国の国益を最大化しようとする国で溢れかえっていますし、外国が(国際法を守りつつ)自国の国益を追求すること自体は、なにも悪いことではありません。

そして、日本も同じように、国際法を守りながら日本の国益を追求し続ければ良いだけの話ですし、国益を損ねるような国とのお付き合いは謝絶する(あるいは最低限の付き合いに留める)、ということを繰り返していけばよいだけの話なのではないでしょうか。

日本の隣にわけのわからない国が存在していることは不幸ですが、それと同時に、日本も国際社会で生きている以上、「日本の国益が第一」という前提で、韓国や北朝鮮などとの問題をうまく処理していくくらいの能力を、そろそろ持っても良いのかもしれない、と、最近になって感じ始めているのもまた事実なのです。

読者コメント一覧

  1. 門外漢 より:

    >この4人に慰謝料を支払えば「日本側が植民地支配は不法だったと認めた」ことになります。すると「当時、植民地支配により精神的苦痛を受けた朝鮮人と、その子孫すべてが慰謝料を受け取る権利がある」との理屈が成立します。韓国の個人から慰謝料請求が相次ぐのは間違いありません。

    よくぞ書いて下さいました。私が最近カキコしたのと同じ論です。と言うより、私が鈴置氏の説に傾倒しているだけなのですが。
    戦時労働者問題は非常に根が深い問題なので、政府・官邸が揺らがないことを期待します。

    EPNについても言及されています。ファーウェイ(=中国)包囲網ですね。
    グズグズしていた英国もこちらに戻って来ましたし、この分野で韓国と世界を分ける台湾が旗幟鮮明なのも良い傾向です。これで韓国が居なくても問題ない事になりました。
    ただ、これを理由として韓国への輸出「管理」をさらに厳格にするには、日本もEPN入りを明確にする必要がありますが、どうも動きが弱いようです。まだ親中派がコソコソしているのでしょうか?

    1. 匿名 より:

      日本は「良い警官」路線だと思います。また韓国が羨む「米中を股にかける国格」をさらっと演じてしまうことになるのでは。日本もEUも「コロナで大変なときなので」という言い訳を共有できるので、日本だけがアメリカの攻撃にさらされるわけでもないですし、中国も日本の手口はお見通しでしょうから必要以上に近寄っては来ないでしょう。来たら来たでアメリカに怒らせて「いや~上司が首を縦に振らなくて」と逃げればいいし。

      1. 門外漢 より:

        匿名様へ

        >「いや~上司が首を縦に振らなくて」

        この上司は時に身内にも鉄拳制裁も喰らわしますからね(笑)。

        1. j より:

          今までアメリカとは何者であるか。
          自分には納得いく答えがございませんでした。

          鉄拳制裁もあり得る上司。

          うまい。

        2. 匿名 より:

          ああいう荒御魂を鎮めるのは日本が長くやってきたことですから。

    2. kazusa より:

      判決文を読めばすぐわかる事実を政府もマスコミも一部人間を除いて言及していませんでした。
      政府は当然わかっていたのでしょうが泥沼に嵌るのを恐れ、建前で日韓請求協定で解決としか言わないのでしょう、広義の意味では間違っていませんが、誤解を生じます。
      韓国は判決を受け入れる敷居を低くするために表立って表明しません(ここが罠)
      わからないのがマスコミで勉強不足なのかどうか知りませんが韓国と同じで不法な植民地支配による慰謝料請求とは言わず賠償金と報道。

      情報を知らされない人たちは
      ・賠償金はすでに韓国に支払ったが国民には支払わなかった、韓国国内の問題だ。
      ・賠償金の2重取りだ、いつもの韓国らしい。
      で、済ましてしまってます、中にはわずかな金だから支払って解決すればよいとの意見も。

      もしこれが不法な植民地支配による慰謝料請求と知らされれば別の議論や反発が起こったことは想像に難くありません。

      新日鉄住金徴用工事件再上告審判決の和訳版です。
      http://justice.skr.jp/koreajudgements/12-5.pdf

      11頁の上告理由の三点目イ項(1)にはハッキリと不法な植民支配および侵略戦争の慰謝料と書いてあります。
      (1) まず、本件で問題となる原告らの損害賠償請求権は日本政府の韓半島
      に対する不法な植民支配および侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道
      的な不法行為を前提とする強制動員被害者の日本企業に対する慰謝料請求権
      (以下「強制動員慰謝料請求権」という)であるという点を明確にしておか
      なければならない。原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求している
      のではなく、上記のような慰謝料を請求しているのである。
      -以下省略-

      12-13頁には日韓請求権についても言及しています。
      サンフランシスコ条約締結後、まもなく第1次韓日会談(1952 年 2 月
      15 日から同年 4 月 25 日まで)が開かれたが、その際に韓国側が提示した
      8項目も基本的に韓日両国間の財政的・民事的債務関係に関するものであ
      った。
      -中略-
      従って、上記の「被徴用韓国人の未収金、補償金およびその他の請求権の弁済
      請求」に強制動員慰謝料請求権まで含まれるとは言いがたい。

  2. 豆鉄砲 より:

    本日のBSプライムニュースに真田教授と共にしゅつえんされますね。必見ですね。

    1. 心配性のおばさん より:

      豆鉄砲様 サンクス(笑)。

      早速、ロックオンいたしました。

    2. イーシャ より:

      真田さんの「とどめさした方がいいです」に共感しました。

      更に言えば、国にではなく民族にとどめをさすのが、後腐れなくていいと思います。

  3. はにわファクトリー より:

    「あれは罠です」
    鈴置氏は簡潔にこう言ってます。そこで新たな新聞用語を思いつきました。「気をつけよう。その思い込みはただの罠」

  4. イーシャ より:

    > ・韓国が経済発展すれば無理難題を吹っ掛けてくる。
    > ・韓国が経済発展に失敗すれば逆恨みしてくる。

    なら、答えは一つ。
    逆恨み以上のことを何もできないほど、経済困窮させる。
    更には、今日食う飯のことしか考えられないところ(併合前同等)まで、逆恨みする余裕さえないところまで、つき落とす。

    もうすぐ、入国制限して90日が経ちます。
    それ以前にノービザで入国した韓国人・中国人は違法滞在となります。
    その数を洗い出し、信頼できない国として恒久的にビザを復活させて欲しいものです。
    韓国は「先進国なのに後進国扱いされた」と怒り狂い、日本に対してビザを復活させるでしょう。それで人の往来は恒久的に減り、経済関係も一層縮小するでしょう。セルフ制裁を誘発させるわけです。
    日本が韓国をビザ必要国に戻せば、韓国に不快感を募らせている他の国々も続く可能性さえあります。

    米国が韓国に対する怒りをあらわにしたときがチャンスでしょう。
    瀬戸際でぐらついたとき、手を差し伸べたりせず、ちょっと押してあげましょう。
    海に落ち、ずぶ濡れになって体力を消耗すればいいのです。
    あっ、韓国人って泳げないんでしたっけ。

    1. 匿名 より:

      アメリカに縄をつけられてルビコン川に放り込まれる所を想像してしまったw

    2. はにわファクトリー より:

      おれたちは先進国なのに、ぐやじー、ぎりぎり
       →そして自傷行為に走る。

      2020年代残りの半分はこの路線で確定ですね。どんな花火が飛び出すやら。

    3. もう駄目あの国 より:

      イーシャ様
      ≫ 米国が韓国に対する怒りをあらわにしたときがチャンスでしょう

      韓国は先のGSOMIA破棄騒動の時に、我々の期待に反して米国に簡単に引戻されてしまいました。また今回のG7ご招待も韓国は蝙蝠精神で喜んで踏絵を踏むかと。米は蝙蝠の習性に注意を払っているでしょうが、当の米国は韓国の価値を今も地政学に見ているものと思います。米国はTHAAD配備に執着が見られる様に、韓国国家の事はどうでも良く、対中に備えて『米軍が自由に活動出来る権利のある土地』として見ているならGSOMIA破棄が最大の怒りのポイントかと思います。

      1. イーシャ より:

        もう駄目あの国 様

        米国は、あの半島を緩衝地帯としてしか見ていないでしょう。
        言うことを聞くなら、国と認めてやってもいい。
        聞かないなら、経済焦土化して借金のカタに地べたを取り上げ基地化する。
        韓国がこうもりを続ければ、後者に移行すると思います。

  5. カズ より:

    他稿で¨だんな様¨がコメントされてたように、「その時々での『利益の最大化』」が彼らにとっての正義なのであれば、考え方次第では彼らに約束を守らせるためには「常に鼻もとに人参をぶら下げて置けばいい」ってことになるのだと思います。

    そう考えるのならば、韓国をホワイト国扱いしエサを与え続けたのは「用韓論」という思考からくるものだったのかもですね。

    *用韓論=エゴノミックアニマル(韓国)を操りし、エコノミックアニマル(日本)という構図・・。

    *****

    新興国として忖度されることで中進国としての立ち位置まで経済発展を果たした韓国。
    「真の先進国入り」を果たすためには相応の国際貢献が必要なのだと思うんですけどね。

    権利だけ主張して義務の履行を果たさないうちは、先進国入りなんて夢のまた夢です。
    それに、確定した数字以外による感覚的な評価は他者が決めるものなのですしね・・。

    *日本語的に漢字を当てれば、彼らの望むのは「K=敬」。でも本質は「K=傾」なのかもです。

    1. はにわファクトリー より:

      >先進国入りなんて夢のまた夢

      湾岸戦争のときは締め上げられてしまいましたね。あのとき日本の政治家は、国内世論をまとめる度胸も力量もなかった。

      1. カズ より:

        確かに湾岸戦争時の日本による経済的支援は、あまり国際評価されなかったですね。
        同じことをするにしても、表明が早ければ評価も違ってたのかもですが・・。

        でも、今は同じ轍を踏まない立ち回りはできてると思っています。

      2. はにわファクトリー より:

        >湾岸戦争時の日本による経済的支援は

        ひどいこと言われて悔しい思いをしていたことを思い起こします。Show the flag 発言に端的に示されていました。あのときの首相は。ああ彼でした。

        >今は同じ轍を踏まない立ち回りはできてると

        足を引っ張るろくでなしたちを考えると、これまでのところうまくやれていると当方は評価しています。米国議会演説の成功は、我が国の画期になりました。

        1. 匿名 より:

          Show the flagはイラクですよ。

    2. だんな より:

      カズさま
      韓国をホワイト国にしたのは、アメリカの影響だと思います。
      指令の流れは、アメリカ政府→日本政府→経産省。
      昔は、アメリカの日米韓の安全保障構想が強く、韓国が、アメリカに頼み込んだんだと思います。

      1. カズ より:

        日本視点だと・・

        ①2004米国からの要望で韓国をホワイト国指定した。
        ②2019米国からの要望で韓国をホワイト国除外した。

        ってことですか?

        *この件で米国から何も言及(苦言)されないのは、そういうことなのでしょうね。

  6. 匿名 より:

    韓国がG7に参加すればサード二の舞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d784104352b3942abf3a2846acc883a845b170c2

    中国がさっそく脅しをかけてきました
    さて、先進国扱いされて喜んで参加に手をあげたはいいが後先のこと考えてなかったかな?w

    1. 門外漢 より:

      ホルホルと 飴と鞭とを比ぶれば 恥ずかしながら ホルホルがさき

  7. 非野阿礼 より:

    韓国人に「先進国意識」は無いと思います、先進国より上手く処理出来たから韓国が「上」と言う単純な錯覚でしか無いと思います。
    サムスンがトヨタの売り上げを超えた時、韓国は日本を超えたと錯覚しています、朴大統領が告げ口外交を展開している時も外交は韓国が「上」更にローソク革命成るものを国連で恥も無く演説、日本には出来ないから(日本はローソクでなく選挙でやりますから)韓国が「上」AグループからBグループに格下げされたから勘弁成らんと言う単純な話だとおもいます。
    韓国の思考回路は歪んでいると思います。

    1. だんな より:

      非野阿礼さま
      先進国よりも、「世界一優秀な民族」の妄想の方が、強いと思いますけどね。

    2. 匿名希望の平民 より:

      非野阿礼様

      >韓国人に「先進国意識」は無いと思います。
      朝鮮人は、「儒教」の教えを自分たちに都合がよいように、作り変えて
      「相手が自分より上」か「相手が自分より下」かを、自分勝手に判断し
      それにより利益を得ようとしているのだと思います。

      「事大主義」は、朝鮮人にとって・・・・
      中国人は、自分より上
      日本人は、自分より下の下等民族だと勝手に考えています。

      自分たちより、日本人は、下等民族であると勝手に決めつけ、
      自分より下の人間は、当然、自分たち上等民族の朝鮮人様に
      貢がないといけないと考えているのです。

      朝鮮時代の身分制度で、「両班」が朝鮮人、「賤民(奴婢、白丁)」が
      日本人ということでしょうか。

      だから、韓国にとって日本に対しては、何をやってもよいということに
      なるのです。これは、韓国の小学校からの教育により、深層心理に
      そのように刷り込まれています。

    3. 非野阿礼様 だんな様 匿名希望の平民様

      海外進出韓国企業、相次いで大事故… 企業イメージ低下化懸念
      https://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2020/05/11/2020051100942.html
      https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12602966089.html
      https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12602987718.html
      チェ・ジヒ記者 入力2020.05.11 10:00

      自分たち原電事故収拾でも,上手にしろと言いたいね
      死んだ人々の補償もしなくなっていて
      現在死んでいく放射能被害者補償もしなくなっていてながら、どこで入れ知恵質なの? 承認 10

      韓国国内の場合、オキシー・レキット・ベンキーザ(Oxy Reckitt Benckiser, RB)の加湿器殺菌剤の事故事例が代表的である。

      米国最悪の環境惨事に記録された「ディープウォーター・ホライズン」の爆発事件は、責任の所在を置いて、まだ法的攻防が続いている。

      R&Bファルコン社の発注で1998年末から韓国蔚山(울산,Ulsan)の現代重工業が建造
      システムが正しく作動しなかったために,リグ火災と沈没,原油流出事故というインシデントに到った
      namu.wiki딥워터 호라이즌 폭발 사고,
      事故原因の一つ韓国蔚山(울산,Ulsan)の現代重工業については記述なし。

      相変わらず、姦酷人らしさ全開のコメント

      1. だんな より:

        二日市保養所さま
        韓国人の考えるのは、「企業イメージ低下化懸念」で、問題の本質である「事故が起きた事」では有りません。
        企業の代わりに、「韓国」「韓国人」を当て嵌めても同じ事です。
        韓国自体が、虚像の国なので、イメージが重要で、本質はどうでも良いのです。
        詐欺師の格好は立派な方が、人を騙しやすいんだと思います。

  8. ボーンズ より:

    もしもの為の準備をしつつ少しずつ離れていく…ここ1,2年間位の状況を考えるとベターな選択肢です。
    (本当は一発殴ってやるくらいの方が良いかも知れませんが)

    政府と企業には、大陸(半島を含む)国から損失を抑えつつ脚を抜く方針を貫いていただきたい。

    1. イーシャ より:

      ボーンズ 様

      殴るなんて力ずくは、米中がやることです。
      日本は技を極めて、経絡秘孔を突きたいです。

      1. ボーンズ より:

        イーシャ 様

        秘孔を突いた後、どういうぶっ飛び方をするのか楽しみでもあります。
        「ひでぶ」では無いのは確かですけど。

        1. イーシャ より:

          ボーンズ 様

          ですね。
          韓国相手に、有情拳だけは無しで。

  9. 匿名 より:

    本当に気持ち悪いです……
    正々堂々と立ち向かってくる敵ならまだ向こうに回しても焦燥感と同じくある意味の爽快感がありますが
    粘着質の寄生虫のような相手は本当に気持ち悪いです
    ストーカーに執着される優秀な人はこんな感じなんでしょうか
    せめて早くビザ復活させてほしいです

  10. sey g より:

    皆さんは狂人と会話した事が有りますか?
    自分は有ります。

    躁鬱の躁になると、自分の妄想が絶対正義でそれに反対する理論は全て敵。コチラが論理的に整理して解りやすく説明しても、自分の妄想以外は受け入れません。
    昔、父が躁鬱になり 入院前の会話がこんなでして。

    日本は、ハッキリとグループAはキチンと貿易管理する能力を持っていること。そして、日本が、その能力を信頼している事。と必要十分条件を説明し、韓国が国際法違反の状態を改善し、それを信頼出来るだけの実績、行動の改善を積み重ねた結果、信頼を回復した暁には戻れる可能性が有ると 何度も何度も説明してること。
    会話が通じない状態が昔の父との会話を思い出します。

    恐らく、かの国に信頼という概念が無く、利用するかされるかしかないので、日本が何度も信頼関係が大事と言っても通じないのです。

    この状態は会話でも、暴力でも治りません。
    但し、コチラに迷惑がかからない方法が有ります。
    それは昔の李氏朝鮮時代に戻る事です。その状態であれば、力無く 向こうの声がコチラに届かないので、平和になると言うものです。

    1. はにわファクトリー より:

      >かの国に信頼という概念が無く、利用するかされるかしかないので、日本が何度も信頼関係が大事と言っても通じない

      安っぽい宮廷ドラマがありますが、あれを目にするたび自分はこう考えてきました。あれが社会全体の縮図になのでしょう。ならば彼らの常とう句「後頭部を殴られる」の含意が分かる。いつもそうやってきた。そしてこれからもずっとそうなのでしょう。

      1. sey g より:

        はにわファクトリー様

        ありがとう御座います。
        自分はかの国のドラマを一度も観ていないので、わかりませんが そうなんですか。
        宮脇先生の韓国歴史ドラマの虚構を暴いた本が有って、歴史考証なにそれ美味しいの?な感じが好みに合わず観ていなかったのです。

        世の中には、信頼と協力が時にはスゴイ力を発揮します。
        かの国には、信頼も協力も無いので、永遠に『時には』は来ません。日本からの信頼と協力が無くなれば 李氏朝鮮状態になるでしょう。
        奪うか、奪われるか 人権も所有権もないガチガチの身分制度がたゆたう修羅の国に。

        自分の代で 恐らく見られるなんてラッキー思いませんか?

    2. 匿名 より:

      朝鮮人は日本人から見ると理解し難い価値観の持ち主というだけで、決して狂人では無いよ。
      狂人には会話も暴力も通じないかもしれないが、朝鮮人に対しては、暴力を交えた会話は
      ちゃんと通じる。
      中国がやっているように、常に上下関係を思い知らせ、属国としての文在を弁えない
      行為に出てきたら、無言で殴りつけて調教する。

      1. sey g より:

        匿名様
        ありがとう御座います。

        狂人との会話は、地味にコチラの体力を削ります。
        かの国を黙らせる暴力、それは難しいこと。
        朝鮮出兵の時も変わらず、日露でも第2次でも変わりませんでした。清が明に勝ったときも変わらず、清の支配が何百年続いてから、やっと 理解出来るのです。
        狂人は自分に都合のいい妄想が真実で、不都合な現実は決して 狂人にとっての真実にはならないのてす。

        かの国が現実を知る為には、何百年も日本が暴力を奮って やっと理解出来ると思いますが そんな事日本には無理です。

        だから、かの国の考え方を変えるより、日本が関係を切る事で、国力をトコトン削ぐ方が 日本に合ったやり方かなと思う次第です。

        かの国の、自国は日本より上と言う考え方は、何百年も続いて来た常識です。
        たった1回の暴力で覆るものでは、ありません。宗主国様の様に何千年もかかるんです。
        38年でも、理解出来ないものが 宗主国様の真似しても無理と言うもの。
        日本には、日本に合ったやり方が有ると思いませんか。

        1. 匿名 より:

          自分も、日本が韓国の価値観と考え方を変えることなど到底
          不可能だし、中国の韓国への扱いが最適化された手段だと
          日本国民の間でコンセンサスになる可能性も皆無だと思うよ~。
          中国は基本的に横暴で尊大な国だが、それでも日本や欧米諸国に
          韓国に対するような極端な振る舞いはしない。
          それは、海に隔たれた日本と違って、本当の意味で韓国(朝鮮)と
          隣国であった中国が、それだけ煮ても焼いても食えない、『ゴブリン
          スレイヤー』のゴブリンのように、始末に負えない民族だと認識
          している事の表れでもあると思う。
          中国のような強硬姿勢が取れない事を前提とすると、今の日本の
          基本方針の「丁寧な無視」はそれほど間違っていると思わない。
          韓国に何度も煮え湯を飲まされ、首脳会談での飯抜きなど、かの
          民族の嫌らしさと不快さを身をもって知っている安倍総理が
          居なくなった後で、どこまで継続出来るかはわからないが。

  11. 愛読者 より:

    本文中にもありますが,トランプ政権がレームダック化しているため,バイデン大統領誕生までは,韓国はのらりくらりとコウモリ外交を続けることが可能です。新大統領になっても,しばらくは交渉期間として時間を稼げると思います。トランプ氏の中国経済制裁も,そんなに思うようには進まないと思うので,韓国経済が早急に危機に陥ることはないと思います。サムスン電子副会長の逮捕状請求の理由には,韓国政府によるサムスンのコントロール強化がある,という分析は納得できるところです。サムスンは早めに海外移転しないとまずいかも。

  12. 七味 より:

    防疫は、どんなに頑張っても波が来るもののような気がするのです♪

    G7とかは、曲がりなりにも合意をして参加国が履行するからこそ、それ以外の国にも影響を持つんだと思うのです♪韓国は、目先のことしか考えないから、合意形成の邪魔だし、合意を平気で破るので影響力低下に繋がるのです♪
    だから、中国が韓国の参加に反対するのはよくわかんないのです♪むしろ、中国にとっては利益だと思うのです♪

    1. 団塊 より:

      分かっているくせに
       なん万年支那の奴隷植民地(人肉放牧半島)朝鮮半島…がG7に呼ばれる、ふざけるな!と。
       まあ、支那は皇帝ひとり、他は皆奴隷という奴隷制。半島奴隷の扱いなどお茶のこさいさい!
       日本は奴隷制度の経験がない真っ正直の潔癖症。なん万年もその場しのぎの嘘捏造だけ糞まみれで生き延びてきた奴隷人種の扱いは、無理。

  13. イジワルばあさん より:

    (自称)慰安婦問題も、(自称)徴用工問題も韓国は解決する気がないというか、むしろ解決してしまったら困るのは韓国自身なのだとずっと思っていました。何故なら韓国が日本に対して「道徳的優位に立っている」と信じることができるカードであり、日本から金をむしり取ったり様々な韓国の不当で理不尽な要求を実現する便利カードでもあるからです。また国内反日世論を煽って政権の支持率を上げるためにも便利な存在として最大限利しています。だからこのカードがなくなると、韓国のアイデンティティーが危機に瀕してしまうのです。つまり日本より韓国の方が格上だと主張できるものがなくななってしまうのです。
    そして、(自称)慰安婦問題は、2015年の合意で最終解決が図られたわけで、そのときは、(自称)慰安婦の方たちも高齢になり存命者も残り少なくなっており、慰安婦問題の先細りは明白でしたから、目先の金を日本政府から巻き上げるために合意したのだと思います。そして(自称)慰安婦問題に代わるカードとして用意したのが(自称)徴用工問題です。(自称)徴用工問題では、個人賠償請求権を幅広く認めさらには賠償権が遺族や子孫が受け継げるという判決を出して未来永劫このカードを利用できるようにしました。ただ(自称)徴用工は、韓国内でも国際的にも(自称)慰安婦問題ほどのインパクトはなく、代わりのカードになり得てないのが現実です。さらにはこのカードを作ったが故に日韓基本条約や請求権協定を否定するしかなくなり自ら国際法違反状態を作り出してしまったのです。これでは米国も日本も妥協することはできないし、国際社会も味方してくれません。それでも韓国政府は国内反日世論を煽るために利用したけど効果があまりなく、慰安婦合意を一方的に否定したり財団を解散したりと慰安婦問題を蒸し返すしかなかったし、それが国内反日世論を高め国民を纏めるにはまだまだ効果があったわけです。そうしているうちに、戦略物資の横流しや北朝鮮制裁破りなどがバレてしまい、輸出管理が厳格化されホワイト国から外されてしまい、半導体製造の核心材料を我が国が握っている(つまり韓国経済を支えている最重要産業の生命線を日本が握っている)ということを突き付けられたわけです。格下の日本からそういう仕打ちをされたことでプライドは痛く傷ついたし、韓国経済の心臓である半導体産業の息の根をいつ止められるかわからないという極めて不安な状態になってしまったのです。そこでGSOMIAの破棄を梃子にしてアメリカを自国に有利に動かそうとしたけれど、思いとは逆にアメリカから逆に追い詰められる状況を招いてしまったのが今の状況だと思います。そして我が国からお金を取れると思っているうちは、(自称)慰安婦と支援団体も、(自称)徴用工と支援団体も一枚岩でいられるけど、どうもこれ以上お金が出そうになくなったので、責任の擦り合いで内紛が起こるというお定まりのコースを進んでいるように思えます。ここで我が国は決して妥協せず、戦略的無視を貫くことがこの2つの問題を断ち切ることに繋がると思います。それなりに時間は必要でしょうが、旨みがないとなれば、これらの活動も徐々に下火になって消えてゆくと思います。むしろマイナスの反応であれ我が国が反応を示せば、揺すぶりの効果があると考えて付け入ってくるのがかの国のやり口ですから。やれやれ、本当に面倒臭い。

    1. 匿名 より:

       GSOMIA破棄カードを切ることで【対話】という名の韓国にとっては【日本との協議】の場に日本を引きずり出すことに成功している。で、なぜホワイト国から滑り落ちたのか日本政府の見解を引き出し、それに基づく組織整備、審査体制を整備したからホワイト国に復活させろと因縁をつけられる状況にまで持ち込んだんですよ、韓国にしてみれば。

       だから、韓国がもう一度GSOMIA破棄を言い出す可能性は充分ある。またアメリカに殴られるけれど替わりにもう一段の日本の譲歩を引き出すよう仲介してもらえる可能性がある。

       連中は連中なりにシミュレーションしてるのであって、短慮で行き当たりばったり出たとこ勝負している訳ではない。日本はそのことを頭の中に入れておかないといけない。

  14. j より:

    10万人登録の韓国人ユーチューバーが言ってました。

    日本は強くでたほうが良い。
    そうでないと、韓国は絶対に変わらない。

    呉善花さんも、同じように言ってました。

    実際中国は強く出て、韓国はおとなしいです。

    情けで併合して、良い国にして、その後も言う事を聞いて良かったでしょうか? 結果的には、良くなかったとおもいます。

    これからは強く出たほうが、良いのではないでしょうか?

    私は銀行が信用状を取り消せば、韓国は潰れる。と良くネットで見ますが、本当なら早くすれば良いとおもいます。

    韓国も日本に頼ることから卒業できます。
    お互いプラスでしょう。

    1. イジワルばあさん より:

      jさま

      その意見は正しいと思います。が、やはり日韓関係は、米国を抜きにして我が国独自で動けないことがなんとも我が国にとって悩ましいのです。韓国はそもそもが米国と当時のソ連の冷戦が背景にあって西側陣営の防波堤として米国が建国させた国ですから。そして米国にとってのアジア政策の足ががり、現在は対中・ロシアへの牽制の地としてその位置付けが変わっては来ましたが、米国の戦略の足場であり続けていますからね。
      特に我が国は第二次世界大戦の敗戦国であり、国連の敵国条項が適用されている唯一の国でもあります。つまりアメリカの意向で日韓の国交回復交渉が始められた1955年頃はまだまだ国際社会では、第二次世界大戦の戦犯国、敵国であり、軍事力をもったらまた戦争を起こすのではないかと危険視され警戒されていたころです。当然米国にも同様な思いがあったはずです。それで我が国は日米安保条約によって首根っこを押さえられコントロールされてきたわけです。そういう中で10年の歳月をかけてやっと成立したのが日韓基本条約であり、日韓請求権協定でした。だから韓国側には、まだ日本と国力の差が大きかったときに結ばされた不平等な条約だとの不満(文在寅が言ってます。)があるし、日本としては、日本側の主張に配慮されず多大な賠償金や経済協力をさせられた不公平なものだという不満があると思います。(だからと言って一方的に条約を破棄してよいとはなりません。)そして我が国は軍事力を持たない分、ODAや経済支援、技術供与、災害や紛争地域における人道支援によって官民あげて国際貢献するべく努力をしてきた結果国際社会から先進国として信頼をされるようになったのです。だから我が国が信頼される国際社会の一員と認められるまでには長い時間が必要でしたし、その過程で韓国から慰安婦問題が提起されたら国際社会は、韓国の主張は聞くけど、戦犯国の言い訳は聞く耳を持たない、米国も裁判ではないから、事実関係を軽視して被害者が名乗り出ているのだからということで、我が国に謝罪と賠償を命じて来たわけです。それで韓国は、米国もその他の国も韓国の味方だと勘違いしてこの問題を繰り返し繰り返し蒸し返して問題を大きくしてきたのです。しかし、あまりもやり過ぎたためドン引きされる羽目に陥ったし、ここへきて韓国の大嘘つきがバレたというわけです。だから今が日本にとって初めて訪れた反撃のチャンスだと言えます。だからと言ってヒステリックに制裁を繰り出せば、日本も韓国と同レベルと見なされ、バカとアホウの感情的な喧嘩と思われてしまい、日本が信用を落とすことになります。だから歯がゆいけど、我が国は国際法を遵守して粛々と対応して国際社会からの支持を受けられるように慎重に行動する必要があると考えます。

      1. j より:

        わかりました。
        ありがとうございます。
        慎重に国際社会に受け入れられるように、少しづつでも日本が良くなるよう希望いたします。

      2. 門外漢 より:

        えーーいっ、もー鬱陶しい!
        日本が軍備強化して半島の赤軍を一手に引き受けてやる、と言えばアメも安心して韓国離れが出来るのでしょうか?

        1. 団塊 より:

          能ある鷹は爪隠す

          今の地球は
           白人先進国が、大日本帝国軍に奴隷植民地アジアから瞬時に追い出され、地球上全ての奴隷植民地を失った。

          いう前提、超戦闘人種日本という前提(畏れ)があって成り立っている。

           我が国が自由に再軍備すれば一瞬にして殲滅されると支那朝鮮は戦々恐々だが、それをやってしまうと
          全白人先進国がビビる。→また日本が孤立する

           

  15. ばぷた より:

    新宿会計士様
    いつも、鈴置氏の論考の紹介を始め、興味深い記事をありがとうございます。
    細かい話ですが、「これを巡っては昨日」の後、呼び捨てになってしまっていますから、ご修正されてはいかがですか。

    1. 新宿会計士 より:

      ばぷた 様

      まったくご指摘のとおりです。さっそく修正します。ご指摘大変ありがとうございました。
      引き続きの当ウェブサイトのご愛読ならびにお気軽なコメントをお願い申し上げます。

  16. ポプラン より:

    毎週月曜夜に当直に向かう道すがら通過する町に、
    韓国酒場の看板があります。
    「恩情」と書いて「おもいやり」と読みがついています。
    いつも違和感を感じていました。
    思いやることは、上が下にかける恩情とは違うだろうという
    違和感です。
    温情、思いやりは人として水平な関係で成り立つもので、
    上から下賜するものとは思えないのです。

    1. はぐれ鳥 より:

      ポプラン様

      温情と聞いて、フト思いました。半島が日本の一部だった時代を知っていた戦後の日本人が、様々な形で韓国を支援したのは、彼の地に対する温情の感情があったからだろう、と。確かに、この言葉は、目上の者が下の者に、富める者が貧者に、能力あるものが劣る者にかける情けですよね。だとすれば、これは、「下に見られることを嫌う性向」を持った韓国人には耐えがたいことだったのでしょう。日本人は情けをかけた積りでも、韓国人にとってはむしろ恨を積むことでしかなかったということです。因果なものです。

      1. 門外漢 より:

        はぐれ鳥様へ

        その考察はなかなか興味深いですね。

  17. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    戦時労働者問題は根が深い問題ですが、「個人の請求権は認めよ」が韓国の狙い目。日本は1965年の日韓基本条約を盾に絶対、一言も引いてはいけません。コレは米国が結ばせた条約でもありますが、日本国が揺るがないことが肝です。

    それと、【韓国が経済発展すれば日本も発展し、友邦国となる】→なりません。第一、韓国は以前の新興国以上先進国ギリギリグループから陥落しています。

    この扱いが韓国は腹が立つんでしょう。もう1ランク〜2ランク下げても良いです。我関知せず、日本は他のアジア、環太平洋、欧州にシフトする。

    【韓国が経済発展に失敗すれば逆恨みしてくる】→当たり!(笑)。
    しかし自分が撒いた種です。イチャモン付けるのはオカシイ。日本も二度と技術供与や生産地として半島・シナ大陸を考えない事。大量の難民は水際で射殺出来ませんので、対馬海峡は封鎖です。海自+海保+武装貨物船で。

  18. 名無しの権兵衛 より:

     最新の鈴置論考の中で、日本が輸出管理を強化した3品目のうちフォトレジストは、韓国での国産化が当分困難で日本のメーカー5社が世界の9割のシェアを占めており、これを自由に輸入できるかが、韓国(半導体産業)の未来を左右することを、韓国がWTO提訴手続きを再開した理由の一つに挙げておられます。
     米中覇権争いが激化し、アメリカが中国5Gの旗手・華為技術潰しを図る中で、台湾のTSMCが今年9月半ば以降、華為技術に対する(中国企業の技術では生産できない)システム半導体供給を停止して、アメリカ陣営に加わることを明らかにしたことから、今後、サムスン電子が華為技術にシステム半導体の供給を企てた場合に、アメリカがフォトレジストなど半導体素材の対韓輸出を日本に禁じる可能性があることが背景にあるということです。
     仮に、これが事実であれば、韓国政府(サムスン電子)は、今後、相当厳しい綱渡りを強いられることになりますし、差し押さえた日本企業財産の現金化など夢のまた夢に終わりそうですね。
     これは、バイデン大統領になっても同じで、日本としては、韓国の綱渡りの様子を高みの見物で良いと思います。
     

    1. 匿名 より:

       日本が輸出規制強化で輸出を減らしたフォトレジスト、埋め合わせるかのように輸出を増やしているのはアメリカとベルギー。世の中そんなに単純ではない。

      1. 団塊 より:

        単純ですよ。
         日本以外のどこの国からでも輸出してもらえるならして貰えばいい。
         我が国は関係ない。

    2. はにわファクトリー より:

      >日本が輸出規制強化で輸出を減らしたフォトレジスト、埋め合わせるかのように

      会計士どのが繰り返し言及されてきた対韓輸出3品目、昨年は数字に特に怪しい動きが感知されておりますが、重要性は変わっていません。ところで、シリコンウエハー上位2社は日本企業、そして第3位が台湾企業です。日台の経済産業連携はこのさき強まって行くでしょう。よって韓国半導体産業は生殺与奪を外国に握られているのです。近隣国との良好な関係を損なうは自傷行為である好例と思います。

      1. 羊山羊 より:

        こと5ナノプロセスに限ればウエハーは日本の2社に限られます。あと、米国のフォトレジストは使い物になりません。ベルギーってのはJSRとIMECの合弁会社だと思います。技術力はあると思いますが生産能力は?です。日本だけでも致命的なのに日米に蓋閉められたら終了です。

        1. りょうちん より:

          >こと5ナノプロセスに限ればウエハーは日本の2社に限られます。

          ウェハーとプロセスルールって関係あるんですか?
          ナノスケールに耐えられる品質のウェハーを生産できる会社が2社しか無いというのは理解できるのですが、5ナノと7ナノで、違う品質のウェハーを使うもんなんでしょうか。

        2. 羊山羊 より:

          りょうちん様

          5も7もEUVを使うので品質(純度、平坦度、鏡面性等)はいいものを使います。何に効くかと言うと歩留りです。高い装置、高い材料を使うので死活問題です。多分、納品後にスクリーニングしてより良い品質の物だけ5ナノに使われていると思います。カーリングのストーンも一見同じに見えますが、癖のあるのはリード、癖の少ないのはスキップが使うようなものです。例えが判りづらかったらすんません。

        3. 羊山羊 より:

          補足すると、ウエハー上に幾層もの膜を付けるのですが平坦度が悪いと膜厚均一性に影響が出てきます。Siの原子層の方向も揃えないといけないです。

        4. 羊山羊 より:

          何度もすいません。回答になってなかったです。正直わかりませんが違っててもおかしくないと思います。半導体メーカーがウエハーメーカーにどんなスペックを要求してるかは極秘事項なので漏れて来ません。

  19. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (私は自分が間違う存在と自覚しているので)

     対韓国関係に限りませんが、日本は(小さくても、リスクがゼロになら
    ない)リスク管理が出来るのでしょうか。多少なりともリスクがあること
    を問題視して、「(建前にしろ)リスクがゼロでない限り、何もするな
    (意訳)」と言い出す(野党なのか、日本マスゴミ村なのか、市民団体な
    のかは分かりませんが)集団が出てくるのでは、ないでしょうか。(その
    集団が、本当に実施した時のことを考えているのか、自分たちの過去の言
    動から引っ込みがつかなくなって、意地になっているのかは分かりません
    が)

     駄文にて失礼しました。

  20. 心配性のおばさん より:

    ≫訴訟を担当した弁護団の真の狙いは、日本の政府や企業にカネを出させ『徴用工財団』を作って原告以外の自称・元徴用工にも賠償金を配ることにあると見られています。

    あら、肝心なことをお忘れですわ。鈴置様(笑)。彼らの真の狙いは、ご自分達の運動資金ですわよね。そして、Web主様おっしゃるところの彼らのカルチャーに照らせば、この”自分達の運動資金”が、特定個人の”自分の財テク資金”となるには、2、3年もあればよろしいのではないかしら(笑)。

    ≫原告と弁護団の間で内輪もめが起こるかもしれない

    非常にタイムリーですわね(笑)。自称慰安婦の皆さんと、その保護団体??である挺対協(現正義連)では、”内輪もめ”(笑)が起こっております。

    ≫韓国だけではありません。『待っていました』と出てくるのが北朝鮮です。

    つまり、文在寅政権は、韓国の自称~や、日本による植民地支配による韓国人のプライドだけでなく、北朝鮮財政のためにも頑張っていることになります。これは後に引けない訳ですわね(笑)。

    ≫その代わりに中国包囲網に加われ。ことにシステム半導体を華為に売ってはいかんぞ

    韓国が表面で包囲網に加わったところで、守るハズはございません。(きっぱり!)北朝鮮制裁破りをなかば公然と行っている国なのですよ。そのことは、トランプ政権の方々であれば、よぉ~くご存知のことですわよね。これは、対中強硬に舵を切れないドイツのメルケル氏への、トランプ大統領のあっかんベーかもしれません(笑)。まあ、所詮、あっかんベー(言ってみただけ)でしょうね。さすがに、ロシア、インドは、トランプ大統領の軽口には引っ掛からない。引っ掛かったのは雑魚(韓国)ばかりなり(笑)。

    鈴置氏の論考ご紹介とあって、最近になく読み込ませて頂きました。ただ、Web主様の締めくくり

    >「日本の国益が第一」という前提で、韓国や北朝鮮などとの問題をうまく処理していくくらいの能力を、そろそろ持っても良いのかもしれない、と、

    これに、暗澹たる思いが致しました。従来から言われておりますが、日本国内には、多くの半島出身の不法滞在者が生活しており、既に3代にまでなろうとしているとか。彼らは、既にメディアや政治にも深く浸透しております。彼らの心が半島人である以上、これからも日本国内から日本の国益を阻んでいくことかと存じます。それらの障害を退けながら、日本の政治家がいえ、私たち日本人が「日本の国益」を守り抜くことができるか。皆様、自信がございます?

  21. 呉下阿蒙 より:

    鈴置高史氏の
    「文在寅の懲りぬ『「米中二股外交』先進国になった!と国民をおだてつつ…」
    の記事を要約して箇条書きにしてみた。

    ・台湾のTSMC(台湾積体電路製造)は、
    中国の華為(ファーウェイ)に対してこれ迄にシステム半導体-電子製品の主要な回路を載せた半導体を一手に供給してきたが、最近米国の要請を受けて2020年9月半ば以降は供給を止める予定である

    ・現在、細い線幅の半導体は中国企業では作れ無い為、
    華為はシステム半導体分野でTSMCを追撃しているサムスン電子に供給を依頼するとの観測が韓国で出ている。

    ・少し前までなら、
    華為とサムスン電子はスマホ分野で世界1の座を争う汎用品のメモリー半導体ならともかく、
    中核部品であるシステム半導体の供給を華為がライバルに依存するだろうかとの疑問が湧いたが、結果的に両社はスマホの世界市場で住み分けを始めた

    ・サムスン電子は地元企業に押されて中国での生産・販売を急速に縮小しているが、一方華為は、
    米国が国内で華為の基地局やスマホは売らせない事や、華為に対して技術や半導体などの中核部品を売らないよう同盟国に説いている事による中国以外の市場で締め出しを食っている為、両社でこのスマホでの地理的な住み分けがシステム半導体での協力につながる可能性が出てきた

    ・華為は次世代通信規格5Gの旗手で、
    技術覇権を維持したい米国にとってもっとも目障りな会社である為に、
    米国政府は中国の華為技術をいじめ殺すつもりで、サムスン電子と韓国政府に対して華為いじめに加われと圧力をかけてきて、それに拍車をかけている

    このような中で
    ①先日韓国駐米大使が
    「(米中の間で)選択を迫られる国ではなく、もはや我々が選択する国になったとの自負心を持っている」と堂々と「米中二股外交」を宣言したが、これはトランプ大統領のG7サミットへの韓国招待に先進国扱いされたという気負いからの発言とも取れるが、外交官としては余りにもお粗末で全く意図が不明である。
    これに続いて、
    ②現在経済の落ち込みで先行きが見えない中で、唐突な韓国検察による韓国経済をけん引するサムスン電子の副社長の裁判所への逮捕状請求も全く意味不明である。
    しかし、鈴置高史氏の記事を要約した箇条書きを読み返すと、この①・②はどこかで繋がっているとの推測は余りにも考えすぎだろうか?

    1. だんな より:

      吾下阿蒙さま
      以下妄想なんですが。お付き合い下さい。
      サムソン副会長が、逮捕されなかった理由は、中国が関係していそうな気もします。
      また北朝鮮が、ビラ風船絡みで、韓国を非難していて、中国から以下の発言が、ありました。

      華報道官は「南北はひとつの民族で、南北関係は韓半島情勢に影響を及ぼす重要な要素。近い隣人として中国は一貫して南北が対話と交渉を通じ相互関係を改善することを望む」と話した。

      華報道官の話は、建前話に過ぎませんが、中国がやらせているのではと、勘繰ってしまいました。
      米中摩擦で韓国がどちらに付くかの時に、中国は北朝鮮を利用出来るように思います。
      文政権は、統一を正義としていますので、統一の助けをしてくれた、中国様について行くのが、正しい事で有ると、朝鮮時代と同じようなことを、言い出す気がしてなりません。
      まだ頭の中で纏まっていない話で、失礼しました。

      1. だンな より:

        この妄想だと、中韓北のプロレスですね。

        1. 門外漢 より:

          興行主が中国で、南北はリングに上がらされているのでは?

  22. 心配性のおばさん より:

    お題違いでは、ございます。先日来、サムソン副会長の逮捕があるのかないのか、NewsUSさんが取り上げてみえました。結果として、逮捕は見送られたのですが、その理由の一つに逃亡の怖れがないことがあげられていました。

    韓国検察の無理な試みだったのか…18カ月間の捜査にもサムスン副会長の逮捕状棄却
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2ad4b35bd7801464fe8c93ce6cdccc471d525e72

    たしかに、日本を含め諸外国ではコロナ防疫のため、入国制限を行っておりますものね。辛うじて、空いている扉は中国ぐらいでしょうか。逃亡するとしても、サムソン副会長は脱税の嫌疑が掛けられているのですよね。であれば、日米は韓国と犯罪人引渡条約を結んでいます。逃げてくることはできませんよね。

    文在寅政権としては、外資に吸い上げられてしまう前に国有化を急ぎたい・・・と思っておりましたので、
    ちょっと、びっくり致しました。まあ、半導体産業のような難しい企業の運営を、国有化して一日でも文在寅政権が持たせることはできないのじゃないかしら?そんなこと、サムソンの半導体を失う訳に行かない中国ファーウエイが看過する訳が無い・・とか素人ながら考えてしまいます。

  23. ブルー より:

    輸出カテゴリーもGISOMIAも、日本の友好言説だけじゃ韓国の思うようには変えようがないってのがミソですな。今後そういう事が増えてくのでしょう。

  24. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (自分でもまさかと思っているので)

     本日の『プライムニュース』、真田&鈴置ペア出演の番組を視聴しま
    した。そこで感じたことですが、日本マスゴミ村や害務省は当然として
    も、財界と呼ばれる大企業の経営陣は、(対韓国だけではありませんが)
    100%ではないにしろ、村のなかで出世競争だけしているのではない
    でしょうか。そして村の外とは、村の論理に従って付き合っているだけ
    なのです。(今の日韓関係が、米中代理戦争であるという、発想自体、
    ないのかもしれません)

     蛇足ですが、(曖昧な記憶で申し訳ないのですが)前に誰かが、ある
    日本の社長が、海外のことを知る人材を求めていたが、その企業の経営
    陣は本社から出たことのない人ばかりだった、と言っていました。

     駄文にて失礼しました。

  25. 匿名 より:

    日本人の基本的な国民性とメンタリティーは、閉鎖的で相互監視の厳しい古代~中世の
    ムラ社会で育まれたものが、既に状況が大きく変わって本来処世術も変わって然るべきの
    現代でもしぶとく生き残っているのが重要な要素だと思う。
    政治家にとっても財界人にとっても、国益だの国民生活だの外交関係だのは、ムラ社会の
    利害損得の外側にある事象で、あまりにも抽象的に過ぎる。
    そもそもの重要性を理解し難く、重要だと思っていても現実にはムラ社会の論理における
    優先順位としては、下下下の下になってしまうものなのかもしれないね。

    1. 門外漢 より:

      >閉鎖的で相互監視の厳しい

      よく言われるように、事が起これば欧米(契約社会)は既に決めてある契約書に則って処理するが、日本(ムラ社会)は長老が寄り集まってどうするか話し合う=契約なんて不要。
      やはり特殊な社会なんですかね?コロナ対策でもそんな風が見えましたけど。

  26. オブ より:

    韓国だけでなく国際社会というのは日本のように約束を律儀に考える国も少く、嘘でもまことしやかに騙り主張しどのように出し抜こうか考える国が多いのだと思います。価値観の違いともいいますがそれだけシビアだと言うことだと思います。心配は現政権は長期政権でそれなりに外交成果をあげ周辺のリスクマネジメントも不十分ながら行っていると見ているのですが、代わった場合スタンスが維持できるか心許ない点です。その場凌げれば謝ってもいい、譲歩できるところはしたほうがよいという人もまだ少なからずいますからね。現状を否定的に見る人ほど反対に触れないか心配しています。

  27. 匿名希望の平民 より:

    心配性のおばさん様

    >韓国が表面で包囲網に加わったところで、守るハズはございません。

    その通りだと思います。昨日のBSプライムニュースで、鈴置さんもそう
    おっしゃつていました。韓国は、ずる賢い国なので、米中対立で両国から
    利益を享受することだけに注力し、そもそも、協定など守る気など、
    まったくありません。

      そして、それを米国から、咎められたら・・・・
    「日本のせいニダ!!」
    「日本が、不当な圧力をかけてきたので、そうせざるしかなかったニダ」
    「すべては、日本が悪いのであって、ウリの国は、まったく悪くない」
    「米国は、ウリではなく、日本に制裁するべきニダ!!」と

    いつもの、とんでも理論で、日本を悪者に仕立てる気、マンマンです。

  28. より:

    > もともと「信頼すべきではない相手国」を、日本が勝手に「信頼に値する国」に位置付け、信頼して来たという点
    これまで日本が韓国を「信頼すべき国」として取り扱ってきたことは間違いありません。しかし、なぜそのようにしてきたのかという点も考えておくべきだと思います。
    まず、日本が底抜けにお人好しの国であり、弱肉強食の国際社会ですら性善説に則りたがり、友好という言葉の響きにまんまと乗せられがちな間抜けであるというのは否定しがたいところですが、日韓関係については、以下の2点も考え合わせるべきでしょう。

    ・アメリカによる有形無形の圧力
    ・李氏朝鮮時代の惨状をよく知る世代の政治家や官僚たちが韓国を「可哀そうな国、助けてあげなければならない国」と認識していたこと

    アメリカの圧力については改めて説明するまでもありませんが、明治大正世代が朝鮮半島に対して感じていた「憐憫の念」も日韓関係を歪めてきた一つの要因だと思います。浦項製鉄所建設からインスタントラーメン製造技術の供与に至るまで、過去に実施された惜しみない支援は、単なる善意というよりは、貧しく遅れた朝鮮半島への憐憫の念が為せる業と捉えた方が適切でしょう。
    結果として現在の日韓関係があります。今後を考える際に、以上のような経緯も頭の片隅にくらいは置いておくべきだと思います。

    1. 団塊 より:

      >アメリカの圧力については改めて説明するまでもありませんが

       ある日突然、富士通の社員二人が後ろ手に手錠され突き飛ばされている写真が、新聞紙上にあった。←ここまでは、記憶。以下は、単なる閃き、根拠などない

       あのとき富士通だけでなく日本中の企業人が、我が国の政府はあてにできないと思い知った。
       あれに懲りて我が国の企業は次第に半導体そのものに冷めていった、半導体や情報処理関連はアメリカの最重要軍事技術であり極めて危ないと。
       軈てアメリカからの圧力に渡りに舟と大韓民国ホワイト化に乗って半導体そのものから手を引き出して、真似のできない半導体製造装置や素材を主力へと転換していった。
       今になるとこれが大成功だったと分かりますね、5Gのファーウェイはアメリカに潰される寸前、高度半導体工場建設をアメリカから支那に乗り換えた三星の扱われようをみれば。

       今やアメリカに軍事技術(半導体や5G機器製造)が潰されようが、今の我が国の企業に大した影響はない。
      単に、納品先が変わるだけ。←大成功。凄い!

  29. りょうちん より:

    「危険な綱渡り」と韓国を笑えますかねえ。
    香港・国家保安法への非難声明に連名しなかった日本が・・・。
    ファイブアイズ入りか?!なんて喜んでた頃が無邪気すぎです。

    1. 匿名 より:

      りょうちんさん、それ共同通信の虚報やでwww

      1. りょうちん より:

        そうなんですか。週末~昨日まで寝込んでたので、うかつにも新聞しか読んでませんでした・・・。

        1. 団塊です より:

          新聞 詠むんだ!   と脳内で…

    2. 名古屋の住人 より:

      りょうちん様

      何方かが、前の記事の読者投稿で青山繁晴議員のブログを紹介してました。

      こちらに香港をめぐる共同通信の虚報に関する事実関係が記されています。

      https://shiaoyama.com/essay/

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。