某有名人からのご要望「140字にまとめてほしい」

昨日、『新宿会計士』のツイッターを眺めていた方々は、ちょっとした異変に気付かれたのではないかと思います。百田尚樹氏、上念司氏という「ビッグネーム」でそれぞれ取り上げられたからです。このうち、誠に残念なことに、百田氏からは批判されてしまい、それで数人の人々からは結構な罵倒を受けてしまいました(※べつに罵倒されること自体は大した問題ではないのですが…)。ただ、その一方でツイッターのフォロワーが激増し、上念氏からは『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』を絶賛していただき、「科学が風評に負けないようにしよう」というエール交換もしたという意味では思わぬ効果も得られたので、結果的にこの騒動は痛しかゆし、といったところでしょうか。

ツイッターの使用

ツイッターの仕様の特徴と限界

以前から説明しているとおり、私自身は当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』に軸足を置いてウェブ評論活動を行っているのですが、ツイッターにアカウントを持っていて、記事の更新などをフォロワーの方々にお知らせするなどの目的で、補助的にツイッターを利用しています。

ツイッターは思ったことをすぐに発信することができるなど、インターネット上のツールとしてはなかなか便利なのですが、その一方で、大きな欠点が1つあります。それは、発信できる情報が140文字に限られていることです。

当然、情報を読んだ人としては、そのわずか140文字をもとにすべてを判断しなければならないわけであり(※)、思っていることを多くの人々にうまく伝えるためには、とにかく140文字以内におさめて短く発信するという能力が求められます。

(※なお、返信ボタンなどを使えば、連投することもできるのですが、多くの人々は忙しいので、連投についてはすべてのツイート内容を読んでもらえないと思った方が良いでしょう。)

保守派論客を批判する、しない理由

こうしたなか、昨日は『ウィルス騒動で久々に見た「韓国の壮大なブーメラン」』のなかで、一部の保守論客の間から、最近のコロナウィルス騒動を巡って「安倍政権はなぜすぐに中国人の入国者をすべて排除しなかったのか」、といった趣旨のツイートが発信されている、という話題を紹介しました。

一部の読者の方からは、「政権批判をするという意味では百田尚樹氏が舌鋒鋭いが、なぜ百田氏のツイートを紹介しないのか」、という疑問を呈していただいたのですが、なぜ昨日の時点で百田氏のツイートを紹介しなかったのについては、特段の理由はありません。

いや、強いて言えば、わざわざ当ウェブサイトで取り上げる「理由」がなかったからでしょう。

当ウェブサイトでは、ツイートを紹介する際には、何らかの理由、目的などがあります。

たとえば、ドナルド・J・トランプ米大統領のツイートについては、アメリカ合衆国大統領という立場にありながら、記者会見ではなくいきなりツイッターで米国の方針を直接、全世界に向けて発信するという面白さがあるので、「情報源」として引用することがあります。

河野太郎防衛相、世耕弘成前経産相らわが国の政治家のツイートについても、当ウェブサイトでは好んで引用しているつもりですが、理由はそれと同じです。

また、有本香氏や門田隆将氏のツイートを取り上げたのも、普段の彼らの情報発信内容と比べて議論が少し稚拙ではないかと思ったからであり、裏を返せば、有本氏や門田氏の発信する情報は傾聴に値すると考えているということでもあります。

しかし、百田氏については、正直、大人気インターネット報道番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』のレギュラー・コメンテーターでもありますが、個人的にはあまり彼の出演界を視聴しようとは思っていません(※もっとも、このあたりは個人的な好みということもあるのだと思いますが…)。

したがって、百田氏のツイートについても、「何か安倍政権を批判しているなぁ…」という思いで眺めていたのです。

百田さん、そのツイートはいくらなんでも酷いです

ただ、昨日は事情が違いました。

百田氏の次のツイートを読んで、「ちょっとこれは酷いのではないか」と思ったのです。

専門家というわけのわからん奴らが、「まだそんなに危険ではない」と言ってるわけか。
で、政府もそれを聞いて、「ああ、そうですか、よかった」と。
マジで頭くらくらしてきたよ。
―――2020年2月16日 11:49付 ツイッターより

百田氏は日々、たくさんのツイートを発信されていて、中には傾聴に値するものもあるのですが、「わけのわからん奴ら」などの言葉遣いにより、専門家会議の決定をこっぴどく批判しているのを見て、失礼ながら百田氏は科学的な知見をもって批判しているようには思えなかったのです。

おりしも私自身、「ケロお」様というハンドルネームのコメント主様からの『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』という秀逸な読者投稿を読んだ直後でもあったので、僭越ながら、次のようなツイートを発信しました。

百田先生。科学が風評に負けてはならないと言いますが、あなたがやっていることは、科学的知見に基づかずにぎゃーぎゃー政府を批判しているという意味で、「反原発活動家」らとまったく同じですよ。
―――2020年2月17日 10:59付 ツイッターより

プチバズ

新宿会計士、百田氏のファンからの批判にさらされる!

最近、有名人の方々には積極的に絡んだりしないのですが、百田氏に関わって少し後悔することになります。というのも、百田氏自身から、こんなご返信を頂いたからです。

出た!「科学ガー」

私も科学を信じます。
ただ、今のところ、信じるに足るデータや情報が出揃ってないのが実情。
過去のインフルのデータなんか参考程度にしかならない。
―――2020年2月17日 11:18付 ツイッターより

科学を「信じる」って…。

この百田氏のツイート以降、賛否両論が渦巻き、ちょっとした「バズ」状態になってしまったのです。百田氏自身というよりも、百田氏のファンの方々から、いっせいに攻撃を受け、ちょっと疲れてしまいました(笑)

ただ、ツイッター上では当ウェブサイトを見て頂いた方々のうち、「百田ファン」と思しき方々が、百田氏の言葉をもとに、「数字は過去のデータ」だの、「科学は信じるに値しない」だの攻撃してきたという事例もありました。

(ちなみに当ウェブサイトでは、「数字」については議論を補強するのに使っているのであって、「数字を絶対視」したり、「未来を予測する」のに使ったりした記憶はありませんが…)。

百田氏自身の「140字にまとめて」

しつこく反論して来られる方には、失礼も承知のうえで、ケロお様の『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』などのリンクを示し、「もしよければこれを読んでから、それでも反論があったら教えてくれ」などと返したこともあります。

ちなみに、やや感情的な人もいるにせよ、さすが保守系論客だけあって、議論自体が通じる人も多く、当初は批判的だった人が、当ウェブサイトの論考を読むなどして、途中から考え方を変えて、「参考になった」などとおっしゃって下さる方もいらっしゃいました。

もっとも、罵詈雑言を交え、最後まで感情的にかなり厳しく攻撃して来た方もいて、正直、辟易しました。まるで『「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた』などでも紹介した、日本共産党の支持者の方々のようですね(といっても10人弱くらいでしたが…)。

ところが、もっと驚いたのは、この百田氏のツイートです。

140字以内で要約して。
―――2020年2月17日 17:35付 ツイッターより

もちろん、当ウェブサイトに掲載した1万文字前後の記事を読めと一般の方に要求するのは失礼ですし、また、当ウェブサイトではグーグルなどの広告配信システムを使用し、収益化していますので、「アフィリエイト狙いではないか」との批判があることは重々承知しています。

しかし、仮にも百田氏のような大作家(※)であれば、たかだか1万文字くらいの(しかも非常に簡単に書かれている)文章すら読まずに、「140文字に要約せよ」とは、ちょっと驚いてしまいました。

(※そういえば百田氏のツイッターによれば、百田氏は2019年に63歳で小説家を引退されているようですが…。)

また、しばらく百田氏の返信に反応せずに、その他のツイッター・ユーザーとやりとりをしていたところ、百田氏は次のようなツイートも発信されました。

なんで、私が見ず知らずのあなたの長文を読まないとあかんの?
140字以内で要旨をまとめてくれと言ったよね。
140字以内で結論を書けないようだと無意味。
―――2020年2月17日 19:27付 ツイッターより

これに対して、私自身が返したコメントが、これです。

百田先生、直々のメッセージありがとうございます。ですが、いきなり「140字にまとめてくれ」とは正直驚きましたよ。逆に、この程度の文章が読めないで安倍政権の対応を批判なさっているのには、正直、失望しました。
―――2020年2月17日 19:43付 ツイッターより

たしかに当ウェブサイトは一般のウェブ評論サイト、ブログサイトなどと比べて、1つの記事あたりの文字数が多いのは否定しませんし、「こちらに書いてあるからこれを読め」というのも失礼千万な話だというのはそのとおりだと思います。

しかし、本当に「この程度の」文章すら読もうとせずに、安倍政権の対応を批判されていたということであり、何だか脱力してしまった次第です。

「プチバズ」の結果…

ただ、この「ツイッター騒動」、最後までしつこく批判してくるツイッター・ユーザーも複数人いたものの、もっと大きな結果が、フォロワー数の激増です。具体的には、2月16日時点で2125人だった『新宿会計士』(@shinjukuacc)のフォロワー数が、一気に30人ほど増えたのです。

この増え方は、かつて日本共産党に対する批判ツイートを発信したときなどと同じくらいの大きなものであり、また、新たにツイッターのフォロワーになって下さった方々の中には、当ウェブサイトの主張に対する賛同意見も散見されました。

それだけではありません。

私自身も尊敬する経済評論家の上念司氏が、こんなツイートを発信して下さったのです。

@shinjukuacc さんのこのブログは必読です。政府の対策についての論評、今できることのまとめが秀逸。ちょっと長いですけどぜひお読みください。
―――2020年2月17日 12:59付 ツイッターより

今回のコロナウィルス騒動において、上念氏はかなり早い時期から「科学的知見」に基づく情報発信の重要性を強調して来た方であり、当ウェブサイトにおいて読者投稿でりょうちん様やケロお様、イーシャ様などが執筆して来られた「客観的な事実関係」を元にした考察の重要さを共有できた気がしました。

これに対し私自身は次のようなツイートを発信しました。

すると、上念氏からは、このようなご返答を頂いたのです。

ありがとうございます。私も科学が風評に負けてはいけないし、「安全より安心」なんて暴論がまかり通ったら日本は終わると思っております。今後ともよろしくお願いいたします。
―――2020年2月17日 13:07付 ツイッターより

体力を消耗する

以上、私自身が巻き込まれた、昨日のツイッター騒動について簡単に振り返ってみました。

正直、インターネット空間にはどんなユーザーがいるかわからないので(※この点についてはウェブ評論サイト、ブログサイトなどを通じた情報発信と同じかもしれませんが…)、とくにツイッターという場で迂闊な情報発信をすると、思わぬバズ騒動で精神的に疲れてしまいます。

とくに百田尚樹氏はフォロワー数が50万人近いという、大変な影響力を持つ人物であり、そのような人物と批判的な応酬を行ってしまうと、こちらのような弱小ユーザー(笑)としては、クルーザー船に翻弄される小舟のようなものでしょう。

ちなみに今回の騒動では、百田氏が発したツイートはほんのわずかでしたが、「百田ファン」と思しき方々からさまざまな批判にさらされ、なかでも酷いものには個別に反論したものの、最後には「朝鮮会計士」などと罵ってくるユーザーもいました。

ただし、相手がどんなビッグネームだからといって、相手が発信したツイートがおかしいと思うのならば、それに対しては敢然と指摘するという態度も、言論空間では必要でしょう。私はこの点、「その人の立場」ではなく、「その人が発信している内容」で勝負する、という態度を変えるつもりはありません。

というよりも、百田氏のような「メガユーザー」であっても、こちらがちゃんとした議論の姿勢を示していれば、しつこく絡んでくるユーザーはせいぜい10人もいないくらいだ、ということがわかったのは、非常に大きな収穫だったと個人的には考えています。

いや、むしろ30人もフォロワーが増え、百田氏の「ホームグラウンド」であるはずのツイッターで100件前後の「いいね」をいただいたということ、上念氏から直接メッセージを頂いたことなどから考えれば、それなりに精神を消耗した価値はあった…のかもしれません。

ただ、昨日の騒動で改めて思いましたが、私自身、ウェブ言論活動はあくまでも当ウェブサイトを「主」にしつつ、ツイッターはあくまでも「副」に留めるように努めたいと思います。やはり、コロナウィルス騒動を140文字でまとめろという百田先生の要求には答えられそうにありません(笑)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、くどいですが、百田氏が今回のコロナウィルス騒動で安倍政権を批判するときに、専門家を「奴ら」などと罵り、科学的知見を軽視するかのような意見発信をしたことが、私自身が最初に百田氏を批判したポイントです。

したがって、他の問題に対する百田氏の見解についても、もし当ウェブサイトで取り上げる価値があれば、是々非々で取り上げるつもりです(※もっとも、「取り上げる価値があれば」、ですが…)。

(※なお、百田氏が『虎ノ門ニュース』に出演されると、えてして他の出演者の話を妨害するという姿勢が目に付くので、個人的には百田氏の出演回を視聴することはないのですが、これはあくまでも「個人的な意見」です。)

無事、ブロックされました

以上で本稿を締めるつもりだったのですが、いくつかリンクを確認していて、異変を確認しました。なんと、「新宿会計士」が百田尚樹氏からブロックされてしまったのです(笑)

図表 ブロック

時間的に考えて、おそらく昨日の深夜か今朝未明のことだと思うのですが、いずれにせよ本稿で引用したツイートについては、すでに私が確認することはできません。

できれば「科学的見地に基づいた防疫」などについて、百田先生と議論を交わしたかったのですが、本当に残念です。まさか、保守系の論客として知られる人物がなさっていることが、某左派メディアの論説委員の方とそっくりだというのにも、正直、ちょっと驚いてしまった次第です。

やはり、左派、右派を問わず、「議論を拒絶する人」は存在するものなのですね(笑)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。